鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

逗子市逗子|招き入れる家お引き渡し☆

なんと言いますか、はっきり言って超特急並みのスピードで新築注文住宅の家造りが終わった感たっぷりのお宅でしたね(笑)
だって中尾建築工房と家造りをするって話になったのは、去年の9月頃でした。
そんでもって2月末には引き渡しでしょ?!
プランニング期間とか建築確認申請期間とか、さらには工事期間も、もろもろ含めて全部で半年(笑)
しかもフラット35だった事もありますので、ほんっと厳しいスケジュールのお宅だったんだなぁって感じ。。


まるで建て売り住宅並のスピードで家造りが終わってしまった感じなんです。

たしか以前にも残り半年で家を建ててって言われて建てた家はありました。
でもその家は建物のサイズも20坪台ですからなんとかなった。

でもこっちの家は施行面積的にも35〜6坪位ありますから。。

はっきり言って中尾建築工房スタッフもよく頑張ったかと思います。

西井が設計を担当して、プランを造り、申請を行っている段階で、私がデザイン面や仕様面を確定させつつ、工程表もなども造りました。

その段階の早業があったからこそ、無理な工事にならない様な工程が出来ていたので、なんとかなった感じですかね。

そんな超ちょっぱやペースで建ち上がった招き入れる家。

外観はこの様な感じの家になっておりま〜す☆

zushishi-zushi-k-ohikiwatashi.jpg

なんと言いますか、イケメンの家って感じがしません?!
オールOK自画自賛(笑)

ではでは、いつもの感じで〜

2014年2月28日に逗子市逗子にて招き入れる家のお引き渡しを無事行わせて頂きました!

まぁ、前文でどれほど短期間だったのかって言う事は書かさせて頂きましたけど、ではそんなにシンプルな家かと言えばそうでもなくないですか?

私的には適材適所にウッドラインを入れておりまして、シンプルの中にまとまった印象を持っています。
て言うか、ある意味私の趣味も入っているんですけどね(笑)

この家で一番脳みそを使った場所と言えば。。


そうだな〜

やっぱりここかな。。


逗子市逗子『招き入れる家』上棟☆

2013年12月5日の建築吉日に、私の住んでいる逗子市逗子にて、『招き入れる家』が無事棟梁達の頑張りにより上棟作業が行われました!

zushishi-zushi-sinchiku-ikkodate-chuumon-jyuutaku-k-jyoutou.jpg

え〜、中尾建築工房の家造りでは、基本的にヒアリングシートなるモノをご記入頂きまして、申込書なども頂きまして、プランニングに入る訳なのですが。。

こちらのお宅に関しては、実はそんなの一切無しで突発的に家造りが始まってしまいました。。

と言うのも、土地を買い、複数の設計事務所や工務店さんと打ち合わせを進めてた。

『これで家が建つと思っていたけど、なんでこうなる??』

との疑問から、またさらに色々と施工業者さんを当たっていたみたいなんです。

そうすると、複数の業者さんと打ち合わせをしてきた期間も当然ありますから、全部が全部無駄になるとは思わないけど、それ相当の時間を割いて来てしまっている訳です。
その期間たるや、土地購入から数えておよそ半年を経過。
当然フラット35住宅ローンの関係もありますので、少しでも時間の節約は必須になります。

そう言った土地を購入してからの経緯を聞いた私の脳みその中では『はぁっ?、なにそれ!?、そんな人居るの??』って感じの印象な訳なんです。

そこで私達のいつもの流れをやるには、ちょっと時間が足りないなぁって思いまして、私と西井のツートップで、今回は対応をさせて頂いたって訳なんですよね。

もう少し、時間の節約が出来たら、なお良かった訳なのでありますが、さすが注文住宅ともなれば、この位がMAXのスピードだったのかもしれませんね。。

そんな経緯がありますから、当然オーナー様から家のタイトルについては聞けておりません。

でも、私がヒアリングさせて頂いた内容を考えてみると、どうもしっくりと来るのが『招き入れる家』なんです。

意味的な解説をするとですね。。

人を招き入れるとか、幸せを招き入れるって意味なんです。

ご主人のお仕事的にも、技術系の店舗を複数経営されているとの事で、そこでお勤めになられているスタッフの方々とも、バーベキューをしたりとか、まだ逗子に来られて一年ちょっとの間に、パパ友やママ友も結構な人数が出来たとの事。
と言う事は、そういった関係の方々も含めて、この家に遊びに来れば、ついでに福も持って帰れるよ〜的な意味合いが強い感じでタイトルを付けさせて頂きました。

ついでに、もっと言うとね。


逗子市逗子|地鎮祭☆

今日はなんだか芳しくない天気でしたね〜

こんな日はおうちで、たくわんでもポリポリつまみながら、緑茶をすするなんてのも良いのかなと思ったりする中尾です。。

ところがどっこい、そんな悠長な事は許さない!と言わんばかりに。。

2013年11月2日に逗子市逗子にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!

いや〜、なんだか超急ピッチでここまで辿り着いたかなぁって感じ。。

だってねぇ。。

ご相談を受けたのが8月の後半になってからだったんです。
そこから色んな話を聞きつつ、約2ヶ月ちょっとで地鎮祭までこぎつけて、フラット35の案件にも関わらず建築確認までも降りちゃったというスピードですから。。

一般的に注文住宅と言えば、打ち合わせに要する時間がもっとあったりするのが一般的。

当然人にもよる部分は多々あれども、ここまで内容を充実させた上でのこのスピードは、久々に高速で仕事をこなさせて頂いたなぁ感がいっぱいです(笑)

でもホントに良かったですよ。。

今までに数件の設計事務所や工務店さんに廻って、大いに無駄な時間を使ったオーナー様的の心情も良く分かる。。
出来なきゃ出来ないで、最初にはっきりと言ってくれれば良いのに。。って。

そりゃ〜、建築業界自体に不信感を持たれてしまっても致し方がない事です。

でもそういった部分を正直に伝えて『中尾建築工房の家造りは、そんな詐欺師みたいな真似はしないっす!』という言葉が届いたのか、はたまたご主人と奥様の関係が私と似ているって事もあるのか。。

共通の目標点を持てて、ここまで辿り着いた事自体がほんとに嬉しく思います!

zushishi-zusi-k-jichinsai.jpg

日時:2013年11月 2日 22:07
続きを読む"逗子市逗子|地鎮祭☆"

横須賀浦賀丘|緑に囲まれた家 御引き渡し☆

yokosukashi-uragaoka-k-ohikiwatashi.jpg


2012年12月20日の建築吉日の日に、横須賀市は浦賀丘に緑に囲まれた家の御引き渡しをさせて頂きました!

師走の中での御引き渡しとなったのですが、このお宅の御引き渡しは私中尾としては、かなり印象の強い御引き渡しとなりました。

印象の強い理由って言うのが、かれこれお付き合いが4〜5年になる位永いからなのです。

土地の無い方でも、たいていの方は一年くらいのお付き合いで、御引き渡しをするのですが、その4〜5倍の歳月が流れている訳ですから、印象が薄い方がおかしいんですけどね(笑)

要望も知っていたし、やりたい事も分かっていた。
それだけに、こうして家が完成して、引き渡しが済んでしまった事が信じられないくらいなんです。

でも、さすがに永い間、色んな家を見て来ただけあって、いい感じの家になりましたね!


横須賀市浦賀丘に建つ自然素材いっぱいの注文住宅

今日は私もちょいと時間がありましたので、引き渡し前の現場に偵察に行きました。

ちょうど私が行った時間帯にハウスクリーニングの清掃部隊に電気屋さん、サッシ屋さんと言う業者さんが居て、それぞれの作業を。
クリーニング屋さんはもちろん掃除をするのが仕事だし、電気屋さんは外の仮設電柱を撤去したり、サッシ屋さんは網戸を入れたりの作業をしておりました。

そんな頃合いでしたので、あんまり邪魔をする訳にも行きません。

ただちょこっとだけ覗かせてもらおうと思い、早々に退散(笑)

そんな浦賀丘の家はどんな家になったのかって言うと。。

でもあんまりおおっぴらにするのもなぁ。。

と言うのが実は多分、オーナー様もこの家の状態はご覧になっていないはず。

今までは床の養生が貼られていたりするので、なんとなくでしか分からないかと思うんです。
でも今の状態は床の養生は全て取れて、真っ白な壁と欧州パインの明るい組み合わせが、とっても心地よい雰囲気を既に出しているんです。

だから、オーナー様も見ていない部分をあんまり先に出すのもねって事で、ちょっとだけご覧頂きましょう!

yokosukashi-uragaoka-k-hikiwatashimae.jpg

ちょっと外壁の塗り壁もパターンを変えているのですが、離れているので画像で違いを見るのは少々難しいですなぁ。。

クリーニング屋さん、ねじりはちまきで作業を一生懸命されています!



横須賀市浦賀丘|緑ある環境に建てるジブン•Style!☆家造りStudy見学会のお知らせ☆

現在横須賀市にて新築一戸建ての注文住宅を建てているオーナー様のご好意により一日限り工期させて頂きます!

場 所: 横須賀市浦賀丘  (雨天決行)
日 時: 2012年11月11日(日)
時 間: 10:00~17:00
立 地: 高台の閑静な住宅地
内 容: 自然環境と共に暮らすジブン•Style☆
建 物: 緑に囲まれた家☆

☆緑に囲まれた家の特徴☆
今回のオーナー様は、中尾建築工房にかれこれ4年以上もおつき合いのある方になります。
横須賀市内に家を建てる!
その方向性だけは変わらないのですが、長い期間を経て様々な方の家造りをご覧になり、今回の土地を巡り会いました。
高台にあるその土地は、緑に囲まれた自然な環境であると共に、大人も子供も週末が楽しみな暮らしが想像出来る場所にあります!きっと見学される方へ家造りの楽しさを教えてくれる事でしょう!
構造躯体は中尾建築工房が誇るオール4寸の木造軸組で建てる無垢材の家
そして内壁には中尾建築工房こだわりの漆喰珪藻土をチョイス!
無垢の床材はいつもの杉や唐松と違い、パイン材をチョイス!パイン材と言っても格安で出回っているロシアや中国産のモノではなく、高い品質で名高いヨーロッパ産の赤松を!
そしてナチュラルな天然素材の漆喰珪藻土仕上げは、湘南、三浦半島に建てるなら、快適に暮らす必須の選択肢☆
要所要所にこだわりを見せる緑に囲まれた家は見所がもりだくさん☆
暖かみのあるパインの無垢床材と、ナチュラル性にこだわったドイツのマイスターと日本の大工が造る珪藻土で仕上げて行きます。
緑に囲まれた家☆
フラット35Sエコの超高性能と、自然素材や断熱なども重視した暮らしやすい家となっています。
これから30〜35坪程の家をご検討されている方には、必見する価値アリッ!!


横須賀市浦賀丘フラット35Sの家|地鎮祭☆

2012年8月19日の建築吉日に横須賀市は浦賀丘にて地鎮祭を執り行いました!

やっぱりオーナーの日頃の行いが良いせいもあって、天気はバッチリのこれ以上無い快晴でございます。

そんな天候ですから、ばったりと倒れてしまう人が出てはいけませんので、テントを張り〜の、日影造り〜のと言う感じで神主様と共にオーナーご夫妻をお待ちしておりました。
そしてきっちりとした性格のご一家ですから時刻前には到着。

そして恒例の地鎮祭がスタートです!

yokosukashi-jishinsai-uragaoka-k.jpg

ほんっと日影を造っておいて、つくづく良かったと思います。
私たちみたいに現場慣れしているタイプの人ならまだしも、日々デスクワークの方にとっては、殺人的な日差しですしね。。

さて話は本題に戻りまして今回建築される家は、中尾建築工房で建てるフラット35s+自然素材を採用した家となっております。
平坦部分の敷地いっぱいに建てられる家は、さぞかし大きくて生活しやすい家となる事この上ない訳です。

でも今はまだ、全部を公開できませんので。。。


横須賀市浦郷町|遊びの家(skip floor)上棟!

2012年8月11日の吉日に横須賀市浦郷町にて、遊びの家(skip floor)が無事上棟しましたー☆

もー、このお宅ったら、なにしろご夫婦のパワーがすごいんですよ、これがまた•••

なんと言うか圧力と言うか、プレッシャーと言うか。。

私達も何軒もの注文住宅を携わっておりますけど、様々なオーナー様がいらっしゃる訳です。


割と控えめで、私たちのお勧めでほとんどが決まってしまう方。

風水を徹底的にこだわりたい方。

設備だけは絶対に譲らない方。

史上最強の防音室を造る為に、防音の資格まで取得してしまった方などなど。。

ほんっとに色んな方が居らっしゃる訳なんですけれども、このお宅はパパ&ママも相当すごいパワーの持ち主なのですが、特に〜


横浜市保土ヶ谷区|段暖の家(フラット35S省エネルギー)お引き渡し☆

2012年8月11日の吉日!

竣工する家もあれば、この良き日を迎えて上棟するお宅がありました。

でもまずはお引き渡しを優先させて頂きましょう!

お引き渡しをさせて頂きましたお宅は、横浜市保土ヶ谷区にて見学会なども行った段暖の家!

施主施工の珪藻土も無事終わり、オーナー様のお仕事の都合で引き渡し日程が決まりませんでしたが。。

昨日、無事竣工とさせて頂きまして、この良き日にお引き渡しを迎えさせて頂きましたー☆

段暖の家と言えば、着工から竣工までの期間がとっても長かった様な気がするお宅です。

それはそうです、昨年から工事を始めて。。
もう8月ですからね•••

冬を渡り、春を超えて、夏になってのお引き渡し。

自然塗料をご自身でこだわりながら塗り込んだり、壁の珪藻土は『とにかく2㎜だよっ!』と言う言いつけを守って頂いたからこその仕上がりです。

一つ一つ積み重ねた結果、こうして無事完成をしたのですが仕上がりも良くて、ご本人も満足されているのではないでしょうか!

段暖の家と言うネーミングの通りに、玄関を開けたらスキップさせたホールが出迎えてくれるのが最大の特徴です!

yokohamashi-hodogayaku-m-shunkou.jpg

天井のレッドシダーにオーナーのTOCOMAさんがチョイスしたシーリングファン
高い天井までは壁一面に真っ白な珪藻土を。
珪藻土はマットな感じで仕上がっておりますので、段暖の家らしい間接照明がとても映えてくれていますね!



横須賀市浦賀丘フラット35Sの選択肢を考え中

んー、建て売り住宅みたいな閉鎖的な間取りほどフラット35Sの技術基準はクリアしやすいんです。

でも、そんな建て売り住宅の様な万人受けする家を望む方が果たして中尾建築工房に来る果と言うと。。

それはまず無く、ほぼ100%の確率で、開放感のある家を望まれますし、より開放的な窓開口を求められるのです。

そこでフラット35Sの技術基準の話になると。。

建て売り住宅=ありとあらゆる部屋が狭いので、壁がいっぱいある。

注文住宅=どっかーん!っと開放感のあるリビングを!
さらには大きな吹き抜けがあって、夏涼しくて冬は暖かくて。。

なんて注文が多い訳です。
そして更には風水などの条件も加わった事を加味して行くと。。


横浜市保土ヶ谷区|段暖の家見学会中!

と言う事で、今日は横浜市保土ヶ谷区に建てた段暖の家見学会だったのですが、駐車スペースが無いと言う理由で10組限定とさせて頂いた訳であります。
限定効果もあってか、本日の土曜日に予約が集中して、明日は割とゆったり見れる形となりました。

ご覧頂いた方には、中尾建築工房の家造りイズム的な部分が伝わった様で、良かったです!
まだ明日もご覧になる方がいらっしゃいますので、あんまりここで詳しくは書きません。
でも道下を逆手に取った平面計画や、立面の利用方法はとても参考になったのではないかと思います。
聞かれた方には詳しくお話させて頂きましたが、この家はフラット35Sエコ対応+中尾建築工房だからこだわる床下部分での秘策。
これは。。

話すと長くなるから、ここで書くのはやっぱりやめておきます。
とまぁ、段暖の家自体はとても高性能で、かつフォルムが美しい家だと自負しております!

yokohamashi-hodogaya-m-kansei.jpg


横浜市栄区に建てた長期優良住宅が神奈川の注文住宅に取材を受けました!

ちょいと遡りますけど、以前に横浜市港南区港南台のオーナー様宅が神奈川の注文住宅から取材を受けました。
そしてその翌日、同じく横浜市栄区の方で中尾建築工房の建てた長期優良住宅のオーナー様宅も続けて取材!

なので週末は取材のラッシュでもあり、包丁研ぎに専念をしていた訳でありますが。。

こちらのお宅もお庭には、かなりの力を入れているんです。

こんな感じでくつろげるなんて、本当にうらやましい限りですよね!

いいなぁ、土地があると建つんだよね、家。土地があると出来るんだよね、緑が心地良い庭。。

とまぁ、そんな事を言っていても自分の土地が見つかる訳ではありません(笑)
なのでほんのちょこっとではありますけど、ご紹介しましょう!

yokohamashi-sakaeku-kuden-shuzai-t.jpg


横浜市保土ヶ谷区|段暖(だんだん)の家上棟☆

あ〜、とうとう、やっちゃった家が上棟しちゃいましたねぇ(笑)

2011年12月3日の建築吉日、天候は午前中が怪しかったですが、横浜市保土ヶ谷区にて『段暖(だんだん)の家』が無事上棟しましたー☆

yokohamashi-hodogayaku-m-jyoutou.jpg

段々じゃないですよ!
段暖の家なのです。


今回、めでたく上棟を迎えたのはTOKOMAさんが建てるジブン•Style☆

TOKOMAさんが購入された敷地は、道下と言って前面道路と敷地がフラットではなく、一段下がった形です。
そこの段差を利用して、簡単に説明すると玄関部分が中2階になっている感じと言えば分かりやすいでしょうか?
中2階の玄関から階段を降りるとリビングが広がっています。

そして中2階の玄関から階段を上って行くと、高い勾配天井に張り巡らせるレッドシダーの板貼り仕上げ。

いわゆるスキップフロアになりますね!

これが段暖の『段』

そして段暖の『暖』
これはTOKOMAさんの建てる注文住宅はフラット35sの20年金利引き下げ仕様で建てる家。
しかも中尾建築工房の長期優良住宅と同等の仕様で建てています!

高断熱に高機密、しかもいつものフラット35sとはひと味違う施行方法を選択しておりますので、かなりの断熱性能を誇ります。

これが段暖の『暖』と言う訳ですね。

併せて段暖の家となる訳です!


横浜市保土ヶ谷区|地鎮祭を執り行いました!

2011年10月20日の建築吉日、横浜市保土ヶ谷区西谷にて地鎮祭を執り行いました!

今日は平日になりますが、地鎮祭を行なっています。
よく一般的には土日に地鎮祭を行なう傾向が強い様ですが、そこはやはり私が元々大工の棟梁という事もあって、吉日を選びます。

その吉日の中でも建築吉日の良き日を選ぶ事が多いんです。

やぱり地鎮祭とか上棟とかは、縁起の良き日に執り行って、最高の環境を造りたいのが造り手としての本音なんですね。

その建築吉日に、横浜市は保土ヶ谷区で地鎮祭を執り行う事になりました!

この保土ヶ谷区に建てるオーナーのTOKOMA さん☆

今日の日の為に気合いが入ったのか、スーツで登場です!!

hodogaya-jichinsai-nishiya.jpg


横浜市栄区公田|『リビングアートのある家』見学会初日!

と言う事で見学会の初日を終える事が出来ました。

今年の夏場はとても暑かったので、見学会は控えさせて頂いてました。

だって中尾建築工房の見学会に参加される方は、小さいお子さんが居る方がとても多いので。。

見学会場でバタっと倒れてしまっては、良い見学会にはなりませんからね!

そして今回、涼しくなった見学会では、みなさんかなりゆったりと見学が出来たのではないかと想います!

中には。。


フラット35Sが新たな金利優遇措置を導入する様です

***********************************************
国土交通省は7日、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の長期固定型住宅ローン「フラット35S」について、新たな金利優遇措置を年内にも導入する方針を決めた。


 現在は通常金利から0.3%分を差し引く優遇措置があるが、0.7%に拡大する。東日本大震災の被災地は1.0%にする。期間は当初5年間で、対象は省エネ性能に優れた住宅に限る。国交省は2011年度第3次補正予算案に約160億円の費用を盛り込む。

 金利優遇は景気対策として10年2月に導入され、通常金利から1.0%引き下げられていたが、9月末で期限が切れ、0.3%に縮小されていた。

***********************************************

これ、先週の某新聞からの記事なんですけどね。。

様はフラット35Sの20年という長期間の金利引き下げを受けて、住宅ローン全体の2割でフラット35Sの申し込みがあったらしいのです。
それがすでに申し込み期間短縮して、期限を終了してしまいました。


2011年10月のStudy完成見学会のお知らせ☆

家造りにおいて大切な事を学べるStudy見学会!!

これから家造りを始められる方にとっては、はじめの一歩を失敗させない情報が盛りだくさんで展示されています。

場 所: 横浜市栄区  (雨天決行)
日 時: 2011年10月15日、16日(土•日)
時 間: 10:00~17:00
内 容: 横浜に建てたジブン•Style☆
建 物: リビングアートのある家☆
中尾建築工房が建てる長期優良住宅の家造り!!

yokohama-sakaeku-ie.jpg



横浜市保土ヶ谷区|照明計画の巻!後編

今日は忘れずに、my Macintoshを持ち帰りましたので、横浜市保土ヶ谷区に計画中の照明計画をご覧頂けます!

やっぱりなんと言うか、嫁さんのWindowsに比べてMacintoshは良いですねー☆

キーボードのタッチや反応のスピード、全てがフィットしています。

やはりこの辺りはAppleのこだわり続けている人っぽいマシンという事なのでしょうね。

さて私のマシンの話はさておいて、保土ヶ谷区照明計画案でした。

hodogaya-shoumei3.jpg

こちは吹き抜け側の照明となります。
反対側は寝室になるのですが、この寝室と吹き抜けの壁を利用して間接照明用いて両方の部屋に明かりを入れ込もうと言う計画です!


横浜市保土ヶ谷区|照明計画の巻!前編

あんまり無いんですけどね。。

ほとんどの方は模型を造る頃って、間取りの変更は無いんです。

でも保土ヶ谷区のオーナー様、ものの見事に「あの~、ちょこっとだけ変更したいんですけど。。」

実際問題、ちょこっとではありませんでしたので、私もお付き合いして変更をしました。

でも模型は前のまんま。。

そしてさらには、注文住宅ならではの、%E


鎌倉市山崎|『Girl,s House 』上棟☆

2011年9月29日の大安に鎌倉市山崎にて『Girl,s House 』が無事上棟しましたー☆

時期的には活発なる秋雨前線の時期と被ってまして、天候とにらめっこしながら基礎工事の方を進めておりました。

そしてようやく上棟!

良いお天気にも恵まれて、敷地いーーーーーーーーっぱいに建てた『Girl,s House 』が姿を現しました!

kamakura-gh-jyoutou.jpg

このお宅、実は以前にお引き渡しをさせて頂いた、鎌倉市山崎に建つ土間のある家から歩いてすぐの場所にあります。

つい先日、土間のある家が神奈川の注文住宅から取材を受けた際に、あまりにも近いモノですから『○○で工事やっているんですよー』と私が言ったら。。

土間のある家奥様談
『え〜、もしかして○○さん?!あ〜、私○○さんのお姉ちゃんと同じ学校だったんだよー』との事(笑)

お互いに思いっきり地元なんですね•••

鎌倉つながりであり、長期優良住宅つながりであり、同じ建築設計事務所+工務店つながりであります!
なんとも奇遇な話でありますが、まぁめでたいって事でね(笑)


横浜市保土ヶ谷区に注文住宅の家を建てる!

建て売り住宅では満足なんて出来ない!

そんな方達が日々、中尾建築工房に訪れて来ます。

やはり注文住宅と言うのは、自分の要望の詰まった家を造れる訳です。

デザインだけでもなく、プランニングのみでもなく、基本性能だけでもない、私だけのオンリー1な家を造る。

そういったオーナーの為に中尾建築工房は存在し、日々オリジナリティ溢れる家を造り続けている訳ですね。

そして今日も横浜市保土ヶ谷区に家を建てるオーナー様との打ち合わせを行ないました!


住宅エコポイント復活?!

と言われてますね。

新聞やインターネットニュースなどでは一週間から10日間ほど前からニュースになっています。


*****************以下ヤフーニュースからの転載*****************

前田武志国土交通相は16日の閣議後会見で、復活させる方針を明らかにしていた住宅エコポイント制度について、2011年度第3次補正予算の要求項目に盛り込んだことを明らかにした。被災地を除く地域の新築についてはポイントを半減し、耐震改修も対象に加える。予算額は1千億円超となる見通しだ。

 同制度は、住宅の新築や改修時に、窓や外壁に断熱構造を設置するなど省エネ仕様にした場合、ほかの商品などと交換できるポイントを付与。これまでは省エネ住宅の新築で30万ポイント(1ポイントは1円に相当)、改修では工事内容に応じ上限30万ポイントとしていた。

 新制度では被災地の新築を30万ポイントで据え置いて優遇する一方、その他の地域は15万ポイントに半減。また「現在ある住宅の省エネ化が重要」として改修については上限30万ポイントで、耐震改修を行った場合はポイントを上乗せする。前田国交相は会見で、「持続可能な街づくりのスタートを切る」と力を込めた。

 住宅エコポイントは昨年3月に始まったが、急速な申請拡大で、予算枠(2400億円)を使い切り、当初予定より半年前倒しの7月末で制度を終えていた。

*****************ここまでヤフーニュースからの転載*****************


横浜市戸塚区|『団欒の家』お引き渡し!

2011年7月24日、快晴の中で横浜市戸塚区に建築させて頂きましたトツカーナさんの団欒の家がお引き渡しを迎えました!

この団欒の家は、夏の完成見学会を開催させて頂きましたので、参加された皆様には『どこが一体団欒なのだろう?』という事がご理解頂けたんじゃないかなって思います。

外観のデザインはシンプルかつ、嫌みのないホワイトとシルバーで仕上げたデザイン。
その反面、室内に関してはほっこり感を醸し出す為の様々な工夫がなされていました。

またデザインだけではなく、建物の性能にも驚かれた方は多かったと思います。

実際問題、温暖化が進んでいる日本ではありますが今年の夏は本当に暑い!
その暑い中、建物の中に入ると中尾建築工房の建てるフラット35Sの基準をクリアする高性能が肌で体感出来た見学会でしたね。

毎回毎回様々な家を建てていますが、本当にオーナー様が羨ましい限りですね!



横浜市戸塚区に建てた団欒家族の家造り☆完成見学会のお知らせ!

当ブログのコメントでもおなじみとなりましたトツカーナさんのジブン•Style☆な家造りがいよいよ完成を迎えます!

子育て世代が建てるリアルサイズの建物は、あなたの感性にビビビっ!!っと来てしまう事は間違いないでしょう!

では日時の更新をさせて頂きま〜す☆

場 所: 横浜市戸塚区  (雨天決行)
日 時: 2011年7月16日、17日(土•日)
時 間: 10:00~17:00
内 容: 横浜に建てたジブン•Style☆
建 物: 団欒の家☆
都市型デザイン+ほっこり感を出した家造り!!


横浜市栄区公田|地鎮祭☆

工事が竣工してお引き渡しを終える家もあれば、これから着工が始まるお宅もあります。

2011年6月9日建築吉日!!

横浜市栄区公田にて、無垢材のフレームで建てる長期優良住宅、そしてフラット35S20年金利引き下げに対応した家の地鎮祭を執り行いましたー☆

IMG_9346.jpg

そういえば、昨晩のビフォーアフターでこのお宅に近い焼き鳥屋さんが放送されていましたねぇ。。
もしかして今、横浜の中でも栄区は熱い場所なのか?!(笑)

でも天候にも恵まれたし、良き日に地鎮祭を迎えられた事は私たちも大変嬉しく思います!



横浜市戸塚区|『団欒の家』上棟☆

2011年4月19日建築吉日に横浜市戸塚区にて、トツカーナさんの建てるジブン•styleな『団欒の家』が上棟しましたー☆

IMG_9006.jpg

トツカーナさんと言えば、言わずと知れた土地購入の坪単価チャンピョンさん!

まーでも戸塚区の中では、かなり便利な所ですからね。。
チャンピョンになってしまうのは、なんだか分かる気がします。

この土地を見て、ものすごーく気に入ってしまったトツカーナさんは購入を決意!

そしてようやくここまでたどり着いたのですが、道のりはそんなに簡単じゃなかった。。

横浜市や横須賀市と言えば、海と山のある町な訳です。
山有り谷有りなので、坂道も多いんですよね。
そうした坂道対策だったりとか。。

土地購入時にオマケに付いて来た建物も、中途半端に新しかった。。。
付いているなら付いているで構わないのですが、建物が思いっきり古い方が良いのです。。
でもこれが私が大工修行を始めた頃の建物でして、一部にアスベストなんてのも含有してました。
アスベスト処分工事になると、それはそれは解体工事が進みにくくなってしまうんですね。。
写真を撮りながらとか、飛散防止もより厳重にやらなくてはならなし、廃棄物として処分する費用もアップしてしまいます。

でも、そのような出来事を乗り越えて、ようやくこうして上棟する事が出来ましたー☆
フラット35S20年金利引き下げ仕様のジブン•style☆な家となっていまーす!


横浜市戸塚区|塗り壁施主施行の漆喰珪藻土→反省•••した?

以前にこんなオーナー様がいらっしゃいました。

『お昼ご飯食べたばっかりだしなー
働けって言ったって、すぐには動けないしなー。

ここの勾配天井の所も塗るんだよなー。

出来るかなぁ分からないよなぁ。。』


このオーナー様は内壁に漆喰珪藻土を選び、かつコスト削減の為に自分たちでの壁塗り作業を選択されました。
中尾建築工房は基本的に、あきらめさせない家造りを推進しています。
漆喰珪藻土の壁塗りがやりたい!っと言われれば、コテやコテ板、漆喰珪藻土を練る為のかくはん機に大きめのバケツ、そして細かな作業に使うであろう、隠し味の利いた小道具全てをレンタルで貸し出しています。

こうした作業道具を施主が自ら揃えていたら、コストダウンなんて事は絶対に出来ません。
でも中尾建築工房で大切に使っていれば、施主施行を希望されているオーナーからオーナーへと受け継がれて行きますし、常に必要なツールとなります。
だから長い目をみて、必要であるという道具は常時3棟分ほど持っているのです。


横浜市戸塚区|ガルバリウムSTYLEの家 上棟☆

すでに上棟を果たしておりますが、昨年末に横浜市戸塚区にてガルバリウムSTYLEの家が上棟しましたー☆


SH3E0158.JPG


オールガルバリウムと言えば、ここ最近の中尾建築工房で建てる家ではめずらしくなりました。
以前はそれこそ『中尾建築工房ってガルバリウム専門でしょ?!』って言われるくらい、ガルバリウム率が高かったのです。

中尾建築工房で建てる家はジブン・style☆

当然メリットデメリットを理解した上で選んでいただける形ですから、どの家も個性
が光る家に建ち上がります。

ガルバリウムのメリットと言うと、メンテナンスが極力フリーになるという事。

でも建てる家のデザインにもよりますけど、割とガルバリウムの家は冷たい感じがするとか。。

鉄板だから錆びるでしょーとか。。

いろんな意見があるんですよね。。

でもやはりメンテナンスフリーであるし、冷たい感じも木とのコントラストをきちんと計画する事で、ガルバリウムと木の美しいデザインが完成します。

それに錆も施行の仕方によって防ぐ事が出来るのです。
もちろん職人の技術レベルが高い事と、丁寧な仕事をした上での事なんですけどね。

どちらかというと三浦や湘南の海側でガルバリウムの家は多いのですが、今回はなんと横浜市!

ソリッドブラックのガルバリウムで包まれる家が上棟です!