鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

便利なキッチン家電製品|ディスポーザーの解説

今回はキッチンをより便利に。

キッチンでのワークフローは、こんな流れになりますよね。

○冷蔵庫やパントリーにしまっておく食材の管理。

○食材の調理

○食後の食器&調理器具洗い+清掃

○ゴミ出し

この流れの中で、私が苦手としてるのが生ごみのゴミ出し・・・

買い物も好きですし、調理自体も嫌いでは無い。

なんなら、釣れた魚の調理もどんと来い!

と言う方です(笑)

なのですが、ゴミだけは・・

夏場、三角コーナーからの異臭だったり。

ゴミ箱にしまっても、ゴミ出しまでに数日あると。。

コバエが、ゴミ箱周辺を飛んでたり。。

これが理由で、調理はあんまりしない。

そんな方も居らっしゃると思います。

そこで便利な設備機器と言うのが、ディスポーザーなるもの。

dsp-tsukaeru.png

ま、確かに便利な品物だと思います。

欧米では、住まいにディスポーザーがついてて当たり前。

けれども。

昨今の日本国内では、あまり推奨はされておりません。

むしろ。

「使わないでもらいたい。。」

的な事を、市町村や自治体で言われてしまいます。

都内の比較的お高いマンションなどでは。

逆にディスポーザー付きなんて、当たり前〜♪

と言う風潮もあったりします。

そりゃー、そうです。

都内の億ションなどを購入して。

ゴミ出しの日には、エントランスにゴミの汁がポタポタ・・・

まぁ普通に考えて、それは無いなと思ってしまいます(笑)

この「使わないでもらいたい。。」の理由とは。

下水道の本管に油分が付着したり。

本管に固形物が残ってしまったり。

下水道処理能力の低下を招く。

こんな事が概ね「使わないでもらいたい。。」の理由です。

ちなみに中尾建築工房の施工エリアになる市町村では、ほぼ「使わないでもらいたい。。」に該当します。

鎌倉市だけですかね、原則禁止としているのは。

せっかくですから、各市町村のリンクを張っておきますね。

葉山町

逗子市

鎌倉市

藤沢市

茅ヶ崎市

横須賀市

三浦市

横浜市

三浦市の「!」の多さには、おもわず笑ってしまいます(笑)

これ、ディスポーザーのモノにもよるのですが。

この辺りの市町村は、こんな感じのディスポーザーは「使わないでもらいたい。。」となります。


逗子市桜山湘南モデルハウス|キッチンの設備機器選定

ご覧の様に、看板設置済みの湘南モデルハウス用地。

zushishi-nakao-model-setsubi.jpg

着々と準備は進めているものの、規模が規模なので。。

なかなか、進まないのがホントのところ。

そんな中、キッチンの設備機器を選定しておりました。

この湘南モデルハウスは、私が実際に住んでみて。

その良さを体験する場所でもあります。

そして。

今までに使った事の無い素材を。

実際に住む事で、良いか悪いを判断する。

そんな事もやっていく為に、建てる事になりました。

今回はキッチンの設備選び。

まだ予算の都合がつくかどうかは分かりませんが。

今のところは、様々な設備機器を導入しようかと検討しております!

まずは一つ目、クックトップはどうするか?

んー、私は基本料理もしますので。

本来なら、ガスの方が好きだったりします。

けれども、今回は。

IHを選択する事にしました(笑)

これね、結構自問自答したのですよ・・・

心の声
「だいたい、お前は料理して掃除が苦手でしょ?
ガスだと、さっと一拭きって訳にはいかないよ?!
それでも火力を選ぶのかよ?!」


「でも個人的には、ガスコンロの方が好きなんだよなぁ。。」

心の声
「これ、モデルハウスだから、コンロが汚かったら印象悪いでしょ?!」


「確かにっ!」

自問自答と言っても、こんな程度なんですけどね(笑)

そして選んだクックトップのIHヒーターはこちら。


神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!PARTⅡ

zushi-private-lounge-kanagawa-tateru-keisai-nikaime.jpg


前回も神奈川で建てるに掲載された、逗子に建つPrivate Loungeのある家。

あまりにも建物の規模が大き過ぎて。

次号に載せきれなかった部分を、続けて掲載される事が決まっておりました。

前回記事は下記のリンクでご覧下さい。

神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!

さて、前回に比べて。

どんなところが違うかと言えば。。

「ラウンジばっかりで、私がこだわったお手洗いの可愛いタイルとか、全然出てない・・・」

と言う奥様の意見をディレクターさんにお伝えして。

ディレクターさんも。

「私も分かってるつもりなんですが、載せきれないので。。
次号でもう少し、載せようかと思っているんです・・・」

との事でした。

今回は奥様こだわりのキッチンだったり。

和室の組子だったり。

ランドリーやトイレなども掲載されております!


逗子に建つ湘南モデルハウス|プレカット図チェックの巻PARTⅡ

前回、私があんぐりした感じで見ていたプレカット図(笑)

zushishi-sakurayama-moderu-purecut-check6.jpg

プレカットについては、前回記事にて詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください。

逗子に建つ湘南モデルハウス|プレカット図チェックの巻

補正したモノが帰ってきましたので、再度の考察。

まずは平面図とプレカット図を、各フロアごとに重ねまして。

zushishi-sakurayama-moderu-purecut-check7.jpg


湘南モデルハウス用地の状況報告

今日は日曜日。

時期も10月に入り、雨季は過ぎました。

なので、湘南モデルハウス用地の状況を見に行く事に。

週末の湘南、特に海岸線はとっても混み合います。

ジモティですから、朝は早めに現地に到着。

あまりの雑草の伸びっぷりに、前回は私が雑草を草刈機で伐採したのだけど。

梅雨時、秋雨前線時は、やたらと草が伸び放題になる季節。

さて湘南モデルハウス用地は果たして・・・

nakao-ac-modelhouse-kusakari.jpg

さすが!

期待を裏切らない、草ボーボー状態・・・

私的には看板下に敷いた芝生が伸びてるかな〜

と思いつつ、見に来た訳なのでありますが。



神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!

リアルですごい家は、雑誌に掲載されてもやっぱりすごい!

現在、好評発売中の神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!

zushi-private-lounge-kanagawa-tateru-keisai.jpg

取材時のブログ記事はこちら。

Private Loungeのある家は、中尾建築工房の湘南モデルハウスと隣接する事になるのですが。

オーナー様は、私より先駆けて突き抜けてしまいましたので。

やり切った感満載の家になっております!

それだけに、取材陣の方も、か・な・り・

頭を悩ませた誌面構成だと言うのが、手に取る様に分かります。

理由その1

とにかくデカイ(笑)

ただデカイだけならまだしも、複雑なフォルムを持ちつつリアルにデカイ(笑)

それだけで焦点を絞りきれないのが、良く分かります。

理由その2

突き抜け過ぎてしまってる(笑)

普通ならリビングのみ一点豪華主義とかで、リビングのみを大きく写したりするのだけど。

Private Loungeのある家は、リビングどころか・・・

ありとあらゆるところで、やり切ってしまっている家になりますので。

どこに焦点を置けば良いのか、プロの取材クルーでも決め切れない。

理由その3

これが最たる理由になると思うのだけど。

オーナー様の日常、とにかくぶっ飛び過ぎ(笑)

取材クルーには前もって言わなかったけど、人によって普通とか日常の常識とか、価値観ってもんが全然違います。

Private Loungeのある家のオーナー様は、これが日常の家になってるから。

あまりの普通じゃない感があり過ぎて、取材クルーもついていくのが精一杯(笑)

そりゃーそうです。

だって、作り手の私たちもね。

この家を提案するのに、かなりぶっ飛ばないといけませんでしたからね(笑)

おかげさまで、私のぶっ飛び度合いも大きく飛躍をさせて頂いているのですが(笑)

そんな本誌では、こーんな感じで掲載されておりまーす。


逗子に建つ湘南モデルハウス|プレカット図チェックの巻

中尾建築工房で建てている、多くの建築物は木造住宅。

木造住宅には、数種類の工法があって。

木造軸組在来工法だったり。

2×4工法、2×6工法なるモノもあり。

木質パネル系工法。

ログハウス工法などなど。

いろんな工法があったりします。

その中でも中尾建築工房では、木造軸組在来工法で建てる住宅になります。

私は元々、地元で働く大工さんだったから。

ほとんどの工法の家を建てて来たけど。

大工の目から見ても、間違い無いなー

と思うのが、木造軸組在来工法なのです。

この木造軸組在来工法、私が大工修行をしていた頃はね。

墨付け、刻み

これを大工が行っておりました。

設計屋さんが作った平面図、立面図を建てる大工が頭に読み込んで。

フレームを3D化する事で、骨組み用の図面を作るのです。

その図面と言うのが、手板と呼ばれる大工専用の図面。

zushishi-sakurayama-moderu-purecut-check.jpg


逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト|実は中尾建築工房の湘南モデルハウスです!

最近になり、逗子市桜山のPrivate Loungeのある家が建つ渚橋周辺では。

パスタの洋麺屋五右衛門さんが牛タン屋さんになったり。

あちらこちらに家が建つなど、割と動きがある様に思います。

古河電工さんの保養所なども、逗子から派生した某居酒屋groupが購入するなど。

また逗子海岸の顔が変わってくる印象を受けますね。

そして中尾建築工房で設計中の家。

逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクトなのですが。

建築確認が降りたあたりで、公開をしようとも思いましたが。

実は中尾建築工房の湘南モデルハウスです!

これね。

zushishi-sakurayama-9kukaku-model-kanban.jpg

ちょいと私の意匠設計案が度鋭過ぎて・・

全然工事に到れないのが、悩ましいところではあります・・・

でもですね。

やるからには、徹底的にやってやろうと思いまして。

業界史上初の試みとなる、圧倒的なモデルハウスを建てる事を決意したのです!

実はかれこれ1年半ほど前に土地は購入したのですが。

たまたま私よりも早く、この分譲地を購入されたPrivate Loungeのある家のオーナーご主人様がいらっしゃいまして。

お話をさせて頂いた上で、設計施工の依頼がありまして。

「№9区画、実は私が購入したんですー」

「今までにやらなかった事全部やるんですー!」

なんてお話をしたら。

Private Loungeのある家は、なぜかあの様な凄過ぎる家になってしまいました(笑)

ノリと言いますか、波長と言いますか。

Private Loungeのある家の奥様曰く、ご主人様の言動や行動など。

私も似てるのだとか(笑)

ありがたいですねぇ。

成功者の方に似れるって言うのは、大変ありがたい事だと思います!

そう、そんな経緯で今日に至るのですが。

このモデルハウスは、中尾建築工房のモデルハウスとしてだけでは無く。

私自身が住んでみて、色々と実験をしたい事やら。

良い所、悪い所を検証したいと思ってます。

そして良ければ、クライアント様にもご提案をすると言う。

在宅型の実験的モデルハウスとなります。

また3Fでは、オープンスペースが用意されておりますので。

イベントやヨガ教室、料理教室やパン教室なども定期的に開催する予定でございます。

工事自体は、夏以降には着手したいところではありますが。

私の購入した№9区画は、国道134合線沿いになります。

信号が赤になると、お車の方は必ずこちらをチラ見します。

そこで私、思いつきました!

まだ決める事がたくさんあるし、草むしりだけに用地を放っておくのは。

何気にもったい無いんじゃ無いか・・・

だったら自分の土地なんだし。。

葉山マリーナに負けない看板造っちゃう?!

えぇ、まさにこんなノリで決めてしまって。

やると決めたら即行動出来るのが、私の良い所。

なので、いきなり着工する看板現場の監督は私(笑)

購入した時には、国道側は全て植栽がありまして。

まずは中尾建築工房で家を建てた、造園職人の吉田造園さんに植栽のカット&敷地内の草刈りをお願いしまして。


逗子市桜山 Private Loungeのある家が取材を受けました!

今日は雨的な予報でしたが、1日持ちましたね。

私、なんでか分かりませんが、雑誌の取材だったり。

地鎮祭だったり。

上棟だったり。

なぜか、私が行くと雨が降りません・・・

仮に雨が降っていても、その現場周辺だけは雨が降らず。

周りは雨が降っていたりと、不思議な事に悪天候には恵まれません。

そんな本日も、Private Loungeのある家の奥様からは。

雨降るよ〜、雨が降ったら、外の撮影もう一度来てもらうのは大変だよねぇ・・・

と、事前に天気の事を気にされる話を聞いてましたが。。。

基本、雨は降らないと思っている私は、そんなの1ミリも気にしません(笑)

その結果、やっぱり晴れ(笑)

人間、何でもそうですが。

気の持ち様も大事だったりするのです!

さて、そんなお天気の心配などは一切せず、雑誌の取材は始まりました。

今回、取材が入ったのは、逗子のPrivate Loungeのある家。

この家、中尾建築工房のノウハウがガッツリと詰まった家でして。

凄過ぎるスペックを持つ家になりますので、取材はおそらく長引くであろうと。

私的には予測をしておりました。

そこで私が持ち出したのは・・・

zushishi-sakurayama-private-lounge-ie-shuzai.jpg

Private Loungeのある家の中庭デッキ部分に陣取りまして。

あともう少しで本格的な開幕を迎えるであろう、相模湾ルアーマグロ船の準備を。

ちょうどお取り寄せしていたルアーが届いたばっかりだったんですよね・・・

ルアーにフックを取り付けたりして、万全の準備をしているところです!

これさえやっておけば、あとは出船を待つばかり(笑)

そんな冗談はさておき、取材は撮影から始まりまして、どこのアングルから撮影をすると良いのか・・

そんな部分に時間が掛かっておりました。


逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト|構造設計最終段階まで到達!

長らく設計中の逗子市桜山に建てる、プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト。

zushishi-sakurayama-9kukaku-model-kouzou.jpg

60坪越えの敷地に、目一杯の大きさで建つプランニング。

国道134号線沿いだから、家が建つとかなり目立ちます。

こちらの家は一般的な家と比べて、あまりにも構造が複雑な事。

プランニング自体、大開口が多い事。

意匠性を高める意味もあり、外観シルエットも曲線重視。

つまり、壁量がさほど取れる場所も無い事から、構造の検討に時間が掛かっているのです。

構造のCadに関しても。

通常のCadに落とし込んでも、不成立。

なので新たなCadに変更をして、構造自体の考え方を変えてみたり。

がしかし。

ここまで構造設計に時間が掛かると言う事は。

難易度のレベルが、あまりにもハイクラス。

すると。

それを受理出来て、考え方を理解してもらえる指定確認検査機関が。

事実上、見当たらない。

そもそも家を建てるには、確認申請を出す必要があります。

市町村の特定行政庁、又は指定確認検査機関に提出して。

構造から何から、すべて了承を頂かなければならない。

そんな理由から。

私たちの考え方を理解して頂ける、指定確認検査機関に出さないと。

他、普通の指定確認検査機関では、確認済証が降ろしてもらえない。

今回は難易度の高い、木造の4F建てや5F建ての建築確認申請に手慣れている。

構造設計担当者の諸富先生イチオシの、指定確認検査機関に提出する事になりました!

全ての整合性を確認する意味もありまして。

諸富先生は都内の構造設計の先生。

私たちは横須賀の意匠設計。

なので、中間地点の横浜で、構造の最終打ち合わせを行う事にしました。


2017年逗子海岸花火大会in Private Loungeのある家⭐︎

昨日は逗子海岸の花火大会でした!

花火は毎年見に行く訳では無いのですが。

今年は、花火を見るにはベストポジション!!

の、オーナー様からお声掛けを頂きまして(笑)

ご自宅から花火を堪能させて頂きましたよー♪

zushi-kaigan-hanabi-menomae-house.jpg

逗子や葉山を探索される方なら、一度は見た事があるであろうPrivate Loungeのある家。

zushi-kaigan-hanabi-menomae-house2.jpg

いつもは釣りのシーンを撮影する為に使っているGoPro。

早速、ハイルーフバルコニーのロートアイアンで造作した手すりにセットを致しました!

お呼ばれすれば、当然何かしらの手土産はお持ちするのですが。

この日は午前中の打ち合わせを済ませて。

事務所で色々と即興おつまみを調理してからお出かけ。


逗子市桜山|Private Loungeのある家完成見学会ご報告☆

4月22、23日と連日ともにお天気にも恵まれまして、逗子市桜山の完成見学会を無事終える事が出来ました!

zushishi-sakurayama-private-lounge-kansei-kengaku-houkoku.jpg

連続して掛けられた大屋根が特徴のPrivate Loungeのある家。

レッドシダーで製作したLoungeの門は、インパクトがありますよね!

今回の完成見学会は、オーナー様の多岐に渡る要望が反映された家となっておりまして。

ちょっとどころか・・・

全然、ふつーでは無い家になってしまいました(笑)

zushishi-sakurayama-private-lounge-kansei-kengaku-houkoku2.jpg


逗子市桜山完成見学会|イベント情報の更新です。

4月に入りました!


今日は肌寒かったですけど、明日くらいからあったかくなるみたいなので。

寒いの嫌いな私にとっては、最高にありがたいシーズンの到来です!

そして、4月と言えば!

逗子市桜山のPrivate Loungeのある家の完成披露見学会がございます☆

通常、中尾建築工房の見学会と言えば。

時間帯予約制にして、見学をして頂いているのですが。

実はですね。

たいていの見学者の方は、お車でご来場される事が多いのです。

そうするとね。

オーナー様宅は、一戸建ての家になりますので。

立地にもよりますけど、たいていの場合は敷地内の駐車スペースが1〜2台くらいなんです。

そうすると、良いとこ止めれて1台、または2台程度しか駐車スペースがありません。

なので。

入場制限を行いまして。

時間帯予約制にしまして。

混雑がない様にさせて頂いております!

ところが今回は、駐車スペースがとっても広くございまして。

Private Loungeのある家と同じ分譲地にて現在、構造計算中の9区画がございます。

こちらの敷地、お貸し頂けますので。

今回に限っては駐車スペースに限りがございません!

敷地も60坪以上ありますからね。

9区画のオーナー様、とっても良い方です!

と言う事で、中尾建築工房の建てている家を見てみたい!

そんな方は、こちらからお申し込み下さい!

そして。

ちょっと普通じゃない建築設計事務所であり、工務店でもある中尾建築工房。

この様なイベントには、ノリノリ絶好調になってしまう人が約1名おりまして。

また逗子葉山には、中尾建築工房のオーナー様が多数いらっしゃいます。

それを知ってか、今回はオーナー様からこの様なお話がありました。

22日は葉山マリーナの美味しいお寿司職人さんを呼んで、お寿司が頂けるそうです!

また23日には、見学会終了してから18時より。

なんと、ジャズライブがあるんだそうです(笑)

なので、中尾建築工房のオーナーの皆様。

ある程度の人数を把握したいので、お越しになられる方は私か、スタッフにご一報頂きたいと思います!

そして本日、設計と施工スタッフが現地での残工事打ち合わせをオーナー様とさせて頂いたのですが。


オーナー様
「中尾さん、なんだかマグロ釣って来るなんて言ってたけど、本気で言ってるの?」

設計スタッフ
「あ〜、なんだか着々と準備を進めているみたいですよ(笑)」

オーナー様
「本気じゃないよね?!」

施工スタッフ
「いや〜、社長は本気ですよぉ〜」

なんて会話があったんだそうです(笑)

そっかぁ、俺はエイプリールフールだからと言って。

基本、嘘は大嫌いな人ですから、こちらではっきりと申し上げておきましょう!

やるよっ!!

状況を説明するとね〜

空の便は予約済みでしょ〜

船は抑えたでしょ〜

ホテルも予約済みでしょ〜

レンタカーも手配したでしょ〜

足りない道具はほとんど揃って、仕掛けもプロショップにオーダーして造ってもらったでしょ〜

リンク先のショップブログで、遠征で本マグロ釣りに行かれる御客様って書いてありますけど。

それって、わ・た・し・(笑)

とは言っても、今日は4月1日のエイプリールフール。

俺は嘘をつかない人なんだけどなぁ・・

とは言ってもね。

またまた〜ってなりそうだから(笑)

わたしが個人的にSNSでアップした画像を乗っけておきましょう!

1ensei-tackle.jpg



逗子市桜山|Private Loungeのある家お引き渡し☆

2017年3月7日六曜では大安の良き日に、逗子市桜山にて長期間の工事中だったPrivate Loungeのある家をお引き渡しさせて頂きました!

zushishi-sakurayama--private-lounge-ohikiwatashi.jpg

こちらのお宅、建物の大きさもさる事ながら。

本邸宅とloungeとが分かれている家となっております。

そしてご覧の様に、幾つもの大屋根が舞うかの如く掛けられた家です。

もちろん普通の家とは違い、外観のフォルムが変わっているだけではなく。

内装も、設備も、ありとあらゆる装備も。

はっきり言って、半端ございません。

さらに。

ほぼプランニングがコンプリートした段階で。

私の必殺の一言!

「これ、loungeの大屋根伸ばしちゃえば?!」

この一言によって、延床面積も80坪超え80坪超えのサイズになってしまいました(笑)

これだけとてつもない大きさと、内容も複雑な工事でしたので。

工事期間も普通の工期では無かったと言う訳です。

葉山港の船頭山ちゃんにも。。

「中尾さん、あの現場進んでんの?」

なんて言われてしまったのにも、無理は無いんですね。

今現在ご入居は頂いたものの、外構工事も平行して行わさせて頂いております。


逗子市桜山|Private Loungeのある家内覧会情報☆

見学会、やらないんですか〜?

と良く言われるのですが。

はい、今年は春になったら開催させて頂きます。

今回も、オーナー様のご好意により。。

なんとっ!!

逗子市桜山に建つ、Private Loungeのある家を内覧させて頂ける事になりました!

zushishi-sakurayama-i-complete-ibent.jpg

この家、ハンパ無いっすよ〜

先に言っておきますけど、めちゃんこすごい家ですから。

人生観、変わっちゃうかもしれませんよ〜♪

この家を見て、自分の家を建てるのと。

そうで無いのでは、家が全然変わっちゃうかもしれませんよ〜♪

今回のオーナー様は、要望がと〜っても!

突き抜けた要望だったんです。

その、突き抜けっぷりを感じましたので。

中尾建築工房も、意匠設計開始から。

全力で突き抜けさせて頂きました!!

すでに工事中から、たくさんの方が気になって。

現場をご覧になられている方が多数居らっしゃいまして。

この家をチラ見した事をきっかけに。。

中尾建築工房で家を建てたい!

そう言われる方も居らっしゃる位、目立つ家です。

逗子のレッドロブスターやファミマの近くって言えば、分かりやすいかもしれませんね。

しかも。

中尾建築工房のイベントは、ご入居されてから家具も設置されたり。

生活が始まってからの家がご覧になられますので。

とってもリアルな家を見れると言う事になります。

そしてなんと言っても。

海好きな方にとっては、大変参考になる家だと思います。

自宅のスーパーハイルーフバルコニーからの眺望は。


逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト外観の確認作業

今年の相模湾、カツオ・マグロ釣りは昨日で終了!

釣果?

釣れなくなるから、止めるんですから。

最終日なんてもんは、釣れる訳が無いんです(笑)

と言う事で、本日は私が担当している逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクトの外観模型を確認しておりました。

私が気に入らない点として、今一。。

浮遊感が足らないかなぁって事・・・

大屋根の陸屋根は、船の船底をイメージしているので、軒先きは反り上がっております。

その下は全面ガラス張りとする事で、ライティングを全灯する事で、浮遊感を強調。

なのだけど。

どーも。

今一、気に入らない・・・


「もうちょっと、やりようがあるよな〜」

そう考えたこの私。

まずは模型を修正しまーす!

zushishi-sakurayama-9kukaku-model-ishou-gaikan3.jpg

私は意匠設計を行うと同時に、ライティング計画も同時に進めます。

出して強調する部分もあれば。

後退させて陰影を造る事もある。

今回はまず、外構部分の植栽が彩られた部分を着目しました。


逗子市桜山| Private Loungeのある家上棟☆

2016年9月2日に逗子市桜山にて、Private Loungeのある家が上棟しましたっ!

zushishi-sakurayama-i-k-jyoutou.jpg


ただでさえ、木造のフレームにはこだわりのある中尾建築工房。

それに加えて、Private Loungeのある家は3F建て。

それだけに構造計算上、木材の立法数は。

普通の家に比べて、とてつもないボリュームを誇ります!

ここは鼻血出してでも、しっかりとしたフレームを組みたい。

中尾建築工房のこだわりになる部分であります!

今回上棟させて頂きましたPrivate Loungeのある家。

あえてシンプルなタイトルにさせて頂いたのですが。

まさにやりたい事MAX!!

で、建てるプラニング。

その大きさたるや。

1F、2F、3F、PH階。。

これら、全部合わせますと、延べ面積では80坪越え!

畳の帖数で言えば、165枚分と言う事になりますっ!

ただ、大きいと言うだけではなく。


逗子市桜山4、5区画|地鎮祭☆

2016年6月27日建築吉日ひらくの日に、逗子市桜山にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!

zushishi-sakurayama-i-k-jichinsai.jpg

ここは国道134号線沿いの分譲地となりますので。

逆立ちしたって、目立ってしまう分譲地になります(笑)

レッドロブスターさんとか、渚橋コーヒー(旧逗デニ)さん、パスタ屋さんの五右衛門さん、そして私ご愛用のファミリーマートさんもある、湘南の入り口的な場所。

誰もが気に入るであろう立地ですから、土地の価格も当然ハイコストになるのですが。

なんと!

こちらのオーナー様、土地を1区画購入されてから。。

「ん、隣の土地も売ってるのかなぁ。。」

「まだ売ってんだ?そっか、じゃぁ、買っちゃうか!」

そして本気で2つ目の土地を購入されまして、めでたく2区画を購入してしまったという経緯があるそうなのですが。

私もかれこれ10年以上も、湘南スタイルマガジン 湘南家造り相談室を担当してまして。


逗子市に建てる新築の注文住宅|植栽の相談

現在進行中の逗子市桜山プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト。

そろそろ植栽の相談もしておこうかなと思いまして。

中尾建築工房で家を建てたオーナーでもあり。

かつ、造園一筋4代目となる、造園職人の吉田さんに相談に行きました!

吉田さん、実は芸能人さんの家も造園を依頼されておりまして。

元々、デザイナーからの職人さん入りの方ですから。

頑固なガチンコ職人さんと言うイメージではなく。

センスも良いし、話も出来る職人さんと言うのが私のイメージ。

だから、造園の相談を受けると。

そのまんま、丸投げ〜の。

後は勝手にやっておいてー!

となるのです(笑)

で。

私が中尾建築工房の事務所から、逗子へと向かう時。

ちょうど中間地点の辺りに居らっしゃったので、立ち寄る事にしたのです。

zushishi-sakurayama-shokusai-soudan.jpg

9区画の図面を見てもらいつつ、案を検討してもらっています。

この日はあまり時間が無かったせいもありますので、私は図面を置いて逗子の現場へと向かう事にしました。

少し気になったのは、少々お疲れなんじゃないですかね?

って事でした。

それからしばらくして、たまたま逗子の現場から横須賀に来る機会がありまして。

吉田さんが事務所にお越しになられたのです。

お弁当買ってきて、ご飯を食べて。

話も色々と聞いてはみたのですが。。


逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト3Fバルコニー部の設計変更後

現在、プランニング中の逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト。

前回は、再度の景観確認を経て、ルーフバルコニーの調整を行なったのです。

海の近くに建つのだから、敷地の持つ最高の眺望を得たい。

再度の景観確認をした結果、3Fからの景色はほんの一部だけ海が見えるのだけど。

それ以外は建物に視界を阻まれてしまう為、海が見えるなぎさ橋珈琲方面のみ、ピクチャーアートの様に切り取ろう。

そして、中尾建築工房が得意とする10mハイルーフからは、完全なるパノラマの景色を得られる様に。

こうして、全体像が見えて来た逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト。

国道134号線側から見た外観は。

zushishi-sakurayama-9kukaku-model-ishou-gaikan.jpg

今回、私は平面プランニングはさておき、外観シルエットを重視して基本的なプランニングを行なった。

理由は立地にある。

この建物は、横浜横須賀道路から逗葉新道を経由して、湘南に遊びに来られる方にとって。

湘南の入口となるランドマークになるからだ。

この外観シルエット。

以前の私なら、やらないであろうシルエットだと思う。

何故なら、コンクリートや鉄骨造なら、問題無く建つであろうプランニング。

それを木造で出来ないか?


逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№4、5区画100/1模型の制作

中尾建築工房のプランニングでは、平面プランを充分に検討して頂いてから、50/1サイズで模型を制作しています。

延床面積30坪程度の家であれば、ちょうど50/1サイズが手頃で分かりやすかったりするんです。

けれども、建物のシルエットが複雑であったり。

そこに高さ関係が変化に富んだ家となれば、なかなか平面図と立面図で理解をしようとするのは難しかったりするんです。

現在設計中の、逗子市桜山プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ分譲地では、№4、5区画と№9区画の2棟が設計中です。

この2棟、揃いもそろって。

かなりインパクトのある外観イメージを誇っているのです。

それだけに。

小さくても良いから、外観シルエットを確認出来る模型を造った方が良いのではないか。

と言う事になったんですね。

№9区画の方は、まだ私が色々と手直しをする部分が多々あったりします。

№4、5区画の方はほぼほぼ、プランニングがハマってまいりました。

なので、さっそく小さい模型を制作させて頂く事に。

皆さん、あまり模型を制作している所って、見た事が無いと思うんです。

なので、ここでは私の能書きブログを控えさせて頂きまして。

画像をご覧になって頂きましょう!

これは、建築模型用のスチロール材に各部材を貼り付けたモノになります。

これをカットして、形にしていくんですね。


逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクトプランニング中

家造りのプランニングは図面を起こしてから、数回の打ち合わせを経てコンプリートする。

そして模型制作の流れになるのが一般的なのですが、そのプレゼンをする前の段階で仮の模型を造る場合もあったりする。

特に、建築地の周辺でランドマークとなりうる建築物を計画している場合。

ランドマークだけに、外観のシルエットも気になってくる。

プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画、実はこちらのプランニングは私が担当。

ちょっと、突拍子も無いプランニングにしてしまうかと言う話になりまして。

今回のみ、コストは度外視。

更に、自分たちの持っている設計原則を取り敢えず外してみて。

やりたい様なシルエットを持つ家をデザインしたら、どの様な家になるか。

そんな感じで計画を進めているんですね。

では、仮の模型はどの様な形になっているのかって言うと。。

zushishi-sakurayama-plaim9.jpg

ほとんど敷地いっぱいに計画されているプランニング。

そして3F建てになるので、構造計算を行った上で、構造を決めようと思っている。

いつもの木造でイケるかと言えば、いつもの木造ではイケないと思う。

基本仕様のまんまでは、見るだけで不可能なのは充分に分かっている(笑)

では、それをどうやったら可能になるか?

そんな部分を追求して行くのも、建築の面白い部分でもある。

やっちゃって良いと言われている以上、想像を超えるモノを造らないとね!


葉山町堀内|オーナー様宅に見学をさせて頂きました☆

つい先日、中尾建築工房で家を建てた葉山のオーナー様宅に、スタッフと逗子にて設計中の方とで見学をさせて頂きました。

ホントは私が一緒に行くはずだったのですが、水没させてしまったスマートフォンのスケジューラー。

なんと、同期が追いついていなくて予定がダブルブッキング・・

なので設計スタッフに変わりに行ってもらう事にしたのです。

なんの為に見学をさせて頂いたかと言いますと、中尾建築工房の10mハイルーフを体感する為なんですね。

10mハイルーフの家は、普通の2F建ての屋根部分にルーフバルコニーがあるのではありません。

地盤面から10mの部分にルーフバルコニーの手摺高さとなります。

つまり、普通のルーフバルコニーと比べて、高さが段違いにあるのです。

そうすると、高さもある事から階段が二つほど多くなってしまう高さになるのですが、そのイメージが一般の方にはなかなか伝わりません。

であれば。

実際に10mハイルーフで建てた家を見学させて頂いた方が早いよね!

って事で、オーナー様宅へとアポ入れさせて頂いたんです。

hayama-horiuchi-hikiyose-kengaku-roof.jpg

こちらは葉山の引き寄せの家になります。

シンボルとなる10mハイルーフに上がって頂くと、イメージが湧いた様ですね。

『あっ、江ノ島が見える〜♡』なんて感じだったんだと思います(笑)

そうなのよねー、それをこの場所で見たいからこそ、こちらの引き寄せの家は鼻血出しまくった訳ですからね(笑)

この家は、周囲でもかなり目立つ家なんです。

夜になると、ライティングリフレクターが活躍するので、ボワンと美しい間接照明が楽しめてしまったりとか。

そんな10mハイルーフを体感して頂いて、高さ関係はおそらく掴んでいただいたのではないかと思います。

そ・し・て・


逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクトスタート☆

前回は逗子市桜山の分譲地であるプライムアベニュー逗子海岸Ⅲ

№4、5区画プロジェクトをご紹介させて頂きましたが、今回は別の区画になる№9区画になります。

細長い敷地の区画になるのですが、それはそれでどうこう無い。

こちらの敷地は前回の№4、5区画に比べて、おそらく海の見え方的には厳しい部分があるのかなって思う土地でした。

まぁ、四の五の言っても仕方がありませんので、まずはリフトアップを試みました!

zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin.jpg

zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin2.jpg

zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin3.jpg

持ち上げて見ると、やはり海は見えなくないものの、景色的にごちゃごちゃ感があるのは否めません。

こういった敷地を見てみると、私的には割り切り感が大事なんじゃないかなって思うのです。

例えばめっちゃ良い景色が望めるのであれば、海側の方向に対して家の向きを開くとか。

けれども、さほど景色が楽しめないのであれば、むしろ家のセンターを開いてしまって、外は閉鎖的な状態にしてしまうとか。

今回の敷地に関して言えば、おそらく中に開く家にしてしまった方のが、プライバシーが確保出来るのかなって思う節があります。

その理由は2つあると思っている。

例えばこちらの方向には。。


逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№4、5区画プロジェクトスタート☆

逗子市桜山にて京急不動産が開発工事を行って分譲されたプライムアベニュー逗子海岸Ⅲ

海近の立地になるのですが、№4、5区画のプロジェクトがスタートします!

なんて簡単に言ってしまってはいるのだけど、普通の人は2区画なんて買わないですよね(笑)

むしろ買えないと言った方が間違いないかもしれない。

ではその2区画中の、海への景色は一体どんな感じになるのだろうか?!

これは絶対に体感しておいた方が良いと思うので、お誘いさせて頂いたと言う訳なんです。

こんな事を毎回やっているので、海前、海見えの家造りには正直言わせてもらうと結構な自信がある。

先に分かっていれば、プランニングにも大きく影響が出るのは間違いないですしね。


私の経験上では、想定する海の見え方。

そして実際に上げてみて、見える景色ではね。

場所によっては大きな差が出る場合もあり、さほど差が無い場合もある。

と言う事で、またまた今回もリース屋さんにお願いしまして、高所作業車を現地に持ち込んでしまいました!

zushishi-sakurayama-i-shikichi-keikan-kakunin.jpg

今回、ご主人様は海の景色はさほど興味が無いので、高所作業車には奥様と私とでリフトアップさせて頂きました。

これはちょうど2Fリビングの高さの景色を見ている状態。


逗子市桜山|湘南スタイル的な海見えの家造り

海の近くに住みたいなぁ・・

そんな風に思う方も居れば、全然海には興味が無いって方も居る。

僕はどちらかと言えば海好き派。

なので、海の近くに建てる建物には、海から来るであろう塩害対策を取る事によって、より快適な暮らしが出来る様に推奨させて頂いています。

そして海好き派としては、やっぱり気になる部分がある。

それは建てる家から見えるであろう海の見え方なんですよね。

これについては、現地に足場を組んじゃったり、高所作業車を突っ込んでしまったりと、まぁまぁこだわりのある方だ。

どうせ見るなら最高、最善の見え方であった方が、納得感も違うと思いますしね。

今回の逗子市桜山に建てるプロジェクトは、この立地でこの坪数?

と、業者の僕らもびっくりしてしまう様な敷地構成。

なぜなら。。

zushi-sakurayama-i-k-umimie-project.jpg

普通に考えて、土地って言うのは一区画を購入して、そこに一棟の家を建てるのが一般的。

けれども、こちらのプロジェクトでは二つの区画を購入してしまい、そこに一棟+@が建つ計画。

なんと贅沢なお話なんでしょう!


とするならば、それだけ壮大な計画がある訳でして。。

そこで中尾建築工房としても、計画が大きい小さいに限る訳ではないのだけど、残念な形にする訳にもいかない訳でして。。

と言う事で、さっそく現地で30分ほどふらふら歩いて参りました!


逗子市桜山『きーもちぃー家☆』を見学させて頂きました!

ホントに申し訳ないんですけど、中尾建築工房には展示場なるモノがありません。

通常、工務店さんって言うのは、会社自体が展示場になっていたりしますよね。
もしくは会社の敷地内に展示場が建っているとか。

ところが中尾建築工房の場合は、元々私がガチで大工の棟梁。

大工の棟梁に必要なのは、展示場ではなくて資材がたくさんストック出来る作業場が必要。

だけど首の骨を折ってしまったから現役を退いて、今は監理側に廻っています。
そんな理由からせっかく建てた作業場をリメイクして、事務所として使っているんですね。

だから事務所ではだいたいのデザイン位は見れるけど、実際に建てている家ってどうなのよ?!って言われる事があるんです。

そんな時にはお住まいになられているオーナー様宅にアポイントさせて頂きまして、もしも良いよ〜と言われた場合だけ、見学希望の方をお連れする様にさせて頂いてます。

つまりオーナー様がお休みの所に時間を割いて頂く訳でして、手ぶらで行けるはずもございません。

いつもの様に安田養鶏場さんで購入している野菜と卵のセット大盛に、超低温冷凍庫に入っていたアジを持参して手土産にさせて頂きました。
ただ、時期的にあんまり多種多彩っていう時期では無いんですよね、今時って。
これから夏野菜を育てる時期に切り替わる時だから、種類がどうしても限られてしまうんです。

中尾建築工房の目の前にある畑の方たちも夏に向けての収穫のために、種を撒いてる位ですから。

そんな理由で種類はさほどでもないけど、めずらしいモノもありました。

zushi-sakurayama-kimochiie-kengaku.jpg

これ、フェンネルって野菜なんですけど、敢えて混ぜさせて頂きました。
何故かといえば、きーもちぃー家のオーナー奥様が、イタリアンに興味があるとか、働いているとか。

だったら、これ分かるよねーって事もあり、差し上げる事にしたんです。

でも実は知らなかったらしい・・

フェンネルって言えば、茎の部分はセロリみたいにして食べれる野菜です。
葉っぱの方は濛々としているので、よく衣を落として天ぷらにすると美味しいです。
人参の葉っぱみたいな使い方が望ましいんですけど、おひたしは向いてないんですって。
なぜから濛々としているから食べにくいんだそうです。
後はイタリアンとかフレンチなんかでも、肉や野菜の下に葉っぱが敷かれて出てくる場合もありますよね。

とまぁ、そんな手土産の話はそんな所にしまして、さっそくお宅を拝見させていただきました。

やっぱりこういった実際に建てて生活されている家を見るのって、結構参考になるんですよね。
色んな理由があって、ここはこーしたとか、あそこはこだわったとか。
そんな話も聞けますし、見学される方と、お宅を公開してくれるオーナー様と、ざっくばらんに話をしてくれるから・・


湘南Styleに逗子市逗子の招き入れる家が取材を受けました!

これは昨日の事なんですけど、以前に中尾建築工房で建てたお宅が湘南Styleに取材を受けまして、湘南の暮らしと家なるコーナーに掲載される事になりました!

zushishi-zushi-shounan-style-k-shuzai.jpg

ちょっと事情があって、打ち合わせも突貫、工事は突貫になるちょっと手前・・
なので通常ではあり得ない位の急ピッチで進んだ家造りだったのですが、ご覧の様なスタイリッシュな家となりました!

引き渡し当時は引っ越し優先でしたので、なにしろ細かい外構工事は後回し。

でも今は逗子の造園屋さんで、まぁまぁいい感じの仕事をし、かつ喋れる職人さんが、なかなか雰囲気の良い外構を仕上げてくれました(笑)


強いて言えば、ちょっともう少しだけ品があると良い方なんですけどねー(笑)


さてと、そんな話は置いておいて。
こちらのお宅は私の暮らす賃貸マンションのすぐ近くにあるお宅なのですが、ご主人が美容系のお仕事をされておりまして、複数の店舗展開をされているバイタリティ溢れるご主人さん。

お子さんも元気いっぱいな子どもたちが三人も居らっしゃる楽しそうなご家族です。

湘南Styleと言えば、クリエィティブ系のお仕事をされている方の湘南の暮らし方を好む媒体ですので、今回の逗子市逗子のオーナー様は、まさしくピッタリの方だと思います。

この日はちょっとだけ天気が良くない事もあり、女性のカメラマンの方が最高のアングルを探すべく、ブロック塀の上に登って写真を撮影されておりました(笑)

室内では、ご主人様と湘南Styleマガジン編集長の富山さんとで、対談が始まっておりまーす☆


逗子市桜山に建てた『きーもちぃー家☆』注文住宅 神奈川で建てるの取材を受けました!

昨日に続きまして、連日での取材対応になります。

中尾建築工房のブログを2年以上前に遡って御覧頂いている方であれば、この家の事を『あ〜、そう言えば合ったあった!』と思われる事でしょう。
引き渡し自体は結構前に終わっていたのですが、お子様の学校等の問題もありまして、ご入居されてからまだ一年も経っておりません。

施主施工が割りと激しい家ではあったものの、ご主人さまの頑張りにより、かなり形になって来ております!


zushi-sakurayama-t-shuzai.jpg

玄関先には通常の玄関ポーチと言うよりは、ウッドデッキが造らておりまして、施工はもちろんご主人施工(笑)

今日も例の如く、私は4本ほどの包丁研ぎをボチボチとさせて頂きまして、後は特になんにもやる事無し。。

ただただ、取材風景をボケーっと見ているだけでした。


逗子市逗子|招き入れる家お引き渡し☆

なんと言いますか、はっきり言って超特急並みのスピードで新築注文住宅の家造りが終わった感たっぷりのお宅でしたね(笑)
だって中尾建築工房と家造りをするって話になったのは、去年の9月頃でした。
そんでもって2月末には引き渡しでしょ?!
プランニング期間とか建築確認申請期間とか、さらには工事期間も、もろもろ含めて全部で半年(笑)
しかもフラット35だった事もありますので、ほんっと厳しいスケジュールのお宅だったんだなぁって感じ。。


まるで建て売り住宅並のスピードで家造りが終わってしまった感じなんです。

たしか以前にも残り半年で家を建ててって言われて建てた家はありました。
でもその家は建物のサイズも20坪台ですからなんとかなった。

でもこっちの家は施行面積的にも35〜6坪位ありますから。。

はっきり言って中尾建築工房スタッフもよく頑張ったかと思います。

西井が設計を担当して、プランを造り、申請を行っている段階で、私がデザイン面や仕様面を確定させつつ、工程表もなども造りました。

その段階の早業があったからこそ、無理な工事にならない様な工程が出来ていたので、なんとかなった感じですかね。

そんな超ちょっぱやペースで建ち上がった招き入れる家。

外観はこの様な感じの家になっておりま〜す☆

zushishi-zushi-k-ohikiwatashi.jpg

なんと言いますか、イケメンの家って感じがしません?!
オールOK自画自賛(笑)

ではでは、いつもの感じで〜

2014年2月28日に逗子市逗子にて招き入れる家のお引き渡しを無事行わせて頂きました!

まぁ、前文でどれほど短期間だったのかって言う事は書かさせて頂きましたけど、ではそんなにシンプルな家かと言えばそうでもなくないですか?

私的には適材適所にウッドラインを入れておりまして、シンプルの中にまとまった印象を持っています。
て言うか、ある意味私の趣味も入っているんですけどね(笑)

この家で一番脳みそを使った場所と言えば。。


そうだな〜

やっぱりここかな。。


逗子市逗子極塗見学会終了!

週末に続けて開催されました逗子市逗子極塗見学会ですが、たくさんの方にご来場頂けました!

今まさに引き渡し前の状態で、施主塗りの事を体験出来る、良い機会だったかと思います。

建て売り住宅は嫌だ!

私たちは新築の注文住宅を建てたい!

そんな方々には、リアルな新築の注文住宅を見る事ができたんじゃないですかね。

家造りを始められるタイミングは、ほんっと人それぞれでして、今回ご来場頂いた皆様には、私が常日頃から申し上げている内容が直に伝わったのではないかなって思います。

基本的な考えとして、私は自分で言うのもなんですが、結構良い人です。

そして人の気持ちが分かる建築設計事務所であり、工務店でもあります。

今日、私の口から直接アドバイスをさせて頂いた皆様は、その通りに実行して頂ければ、まず家造りでの失敗は無いと考えて頂いて良いかと思いますよ。

でも、こんな事を言っていると、現在着工中の金沢八景のオーナー辺りから『またこの人こんな事言っているよ、自画自賛大好きだよね〜』なんて言われてしまいそうですが、正しい事は正しいので(笑)

なんと言うか、読みも鋭いっていうか、私にはきっと体内にソナーが備わっているんでしょうね。。

そのソナーから発信した反応により『この人の場合は•••こうだな。。』とか『あなたの場合は、間違いなくこっちです!』とか、分かるんですよね。

と言う事で自画自賛から切り出しまして、見学会終了のお知らせになるのですが『中尾建築工房って実際の所どうなの?!』と思われている方が、この土日に来場して頂いた上で『ブログで書いている事と、実際に会って話をするのとは一緒』って事が分かったかと思います。
基本、隠し事はありませんし、出来るモノは出来るし、出来ないモノはなにゆえに出来ないかときちんと説明をします。

そんな事もありますから、OBのオーナー様も足を運んで頂けますし、着工中のオーナー様も、遊びに来てくれています。

建築設計事務所+工務店のスタイルとしては、珍しいスタイルだとも思いますけど、このスタイルはこれからも続きますし変わりませんし、初めて中尾建築工房に訪れたり、見学会に参加しようと思っている皆様は、取って喰われる訳ではございません(笑)
安心してお越し頂ければ、より良いアドバイスを差し上げたいと思っています!

そんな見学会を切り上げまして、私は某葉山町の気になる土地に、敷地調査に出向きました。

hayama-shimoyamaguchi-umimie.jpg


逗子市逗子|造作シンプルなタモ材で造るテレビボード

体が痛い•••

やはりよる年並ってやつには、なかなか敵うものではありません。
それは元大工であった私にも同じなんですよね。

現役の頃のイメージだけは持っていて、そのイメージ通りに体を動かそうとする訳だから、後から究極に体が痛くなってくるんです。

ほんと、自分でも『そろそろ自覚しろよな〜』と言いたい位、単純な細胞体の集まりであるこの私。

さて、そんな私が,逗子市逗子に新築の注文住宅を建築中のオーナー様に依頼されていたシンプルなテレビボード。

打ち合わせをしていて、その程度のもんだったら、そんなにめんどくさくない。
それに私の家とも近いと言う理由で『私が造れば、手間無しでいいよ〜』と安請け合いをしてしまったんです。

造りは確かにシンプルなんだけど、中尾建築工房で扱っている本物の無垢板はとにかく分厚くて重い•••

それだけに重さを計算してないから、体も痛くはなりますわな••


zushishi-zushi-k-tvbord-zousaku.jpg

まずは中尾建築工房1Fの作業場にて、タモの無垢板をプレーナーで削って行きます。

※プレーナーとは?
木材の厚みを整える機械。
刃は常に切れる状態にしてありますけど、幅広の板の場合はゆっくりゆっくり、ちょっとずつちょっとずつ、厚みを落として行きます。
板はねじれもありますから、全てがきれいに削れると、今度は反対面を削りまして、ねじれのない板として整えられる機械になります。

現場では、プレーナーで削った板を、今度はベルトサンダーと言うサンディング専用手工具にて削りまして、何枚ものサンディングベルトのペーパーを交換しつつ、半日以上は板を削りました。

そうすると当然木材の表面はツルツルになります!

そして組み上がったテレビボードは。。


逗子市逗子|極塗り見学会のお知らせです☆

昨日、三浦市三崎町の楽園を見学して頂きまして、新たに見学会情報の更新となります!

楽園の方は、まぁはっきりと言いまして、尋常ではないハイクラスなデザインと仕様に性能、ありとあらゆる部分に妥協の無いクオリティになっておりますので、それはそれは目ん玉ぶったまげるって言葉が表現方法としては合っているかな。。って思います。

んで、今回新たに告知させて頂く逗子市は駅の近い逗子に建てられている『招き入れる家』は、おそらく見学される方にとって、さほど心臓には悪くない家かと思います(笑)

と言う事であらたに見学会情報の更新!
zushishi-zushi-ivent-kyokunuri-k.jpg

湘南に家を建てる!! 初めての家造り。。 失敗させない方法を工務店が教えます!

場 所: 逗子市逗子  (雨天決行) 
日 時: 2014年2月22、23日(土日)
時 間: 10:00~17:00(最終受付16時まで)
立 地: 駅近の便利な住宅地
内 容: 高品質の家を少しでもローコストで!逗子に家を建てる私たちのジブン•Style!☆
建 物: 『招き入れる家』☆

詳しくは下記のリンクからご覧下さいませ〜☆

パソコンの方
スマホ、タブレットの方
ガラゲーの方


逗子市逗子|施主施行の珪藻土でローコストな自然素材の家を建てる方法

今日は午前中に、年越しの際に各現場へ飾っておいた正月飾りのお炊き上げなどをしに、鎌倉市の鶴岡八幡宮へ。

そして午後には、私の自宅近くにあります、逗子市逗子の現場をチラ見に。

こちらの現場は2月22、23日に極塗(きょくぬり)と称しまして、壁塗りの見学会を開催します。
実際に天然素材の珪藻土と言われる商材は多々あれど、中尾建築工房で使われている珪藻土の様に○○させてまで練り込んでいく珪藻土は他にななかなか無いと思うんです。
これから新築やリフォームで天然素材の珪藻土を採用したいと思っている方にとっては、目からうろこの見学会となっておりますので、是非気になった方はご参加される事をお勧めします。


んで、逗子の現場のお話に戻しましょう。
やはり注文住宅を建てる上では、人それぞれに色んな要望が多種多用なんだと思う訳ですよ。
こちらのお宅は、外見はやっぱり気にしたいって事もありつつ、軒天井が木目のいい感じ仕様にしています。
その代わりに内装の壁塗りは、自分たちで作業する事により、コストダウンを目指す。
昨今では壁塗り体験会などの機会をイベントで行う施行会社さんも増えてきましたけどね。
でもですよ、中でもクオリティを重視したりする施行会社さんはあんまり無いかと思います。
まぁ、ある意味で言えば、体験するってところで話が終わる所ではありましょう。
そこで中尾建築工房の場合はどうかって言えば、実際にクオリティにもこだわった上で、綺麗に塗れる様になって頂きましょう!ってイベントになります。
一般の施主様でも塗れる様になってしまうノウハウがあるのは、中尾建築工房が元祖だと自負しております!

さらに見れるだけではなくて、施行のしかたもズバリ分かってしまう訳なので、それはお得な見学となっている訳なんですね。

その現場に行きますと、すでに大工さんの方は木工事自体も完了に近い状態でして、外部ではペンキ屋さんが軒先の塗装を行っておりました。

zushishi-zushi-sinkou-jyoukyou.jpg

軒の天井に張り巡らされたレッドシダーの板が、とても綺麗に映えて見えます!

外部の軒先をこういった板材にするのも、ちょっと贅沢感があって良いものですよね、私は個人的に好きなタイプです。

そして中に入りますと、たまたまオーナーご主人が施主施行の珪藻土塗りを始めておられまして、特に約束してその場に来たと言う訳ではないのですが、ちょこっと作業のコツをお教えさせて頂きました。


新年会企画!

と言う事ですが、なんかご希望などはありますかね?

中尾建築工房も、ここまで来るとオーナー様もたくさんいらっしゃいます。
そしてさらにオーナー様同士が仲が良い事もありまして、私の知らない所で通じ合っているらしいんです(笑)

そこでなにやら、私が書いた『忘年会はさすがに無理だから、新年会だったら••』って言うのを見逃さなかったオーナー様が数名いらっしゃった様なんですね。

その事を教えて頂いたオーナー様に連絡を頂きまして、さらに私の近況もご存知のオーナー様でしたので、ごちそうまで頂いちゃいました!

bangohan-plezent.jpg

頂いたオーナー様は、誰とは申しませんけど、相変わらず奥様の手料理は手が込んでますなぁ••

日時:2014年1月10日 23:41
続きを読む"新年会企画!"

某メーカー様|建築設計事務所と工務店への対応の違い・・・

今回は某メーカー様に逗子市逗子にて着工中のお宅で使う、床材のサンプル依頼を出しました。

そのサンプルはこちらになります。

床材の塩ビタイルなのですが、無垢の床と並べてみたいって事だったので、お持ちする前にこちらで公開しておきましょう。

mukuyuka-enbitairu.jpg

シルバーベージュとウォームベージュは、ほぼほぼ似たりよったりですな・・

んで、表題の某メーカー様|建築設計事務所と工務店への対応の違い・・・

なんて言うかね〜

そこまで態度を変えなくてもいいんじゃないかなって思うのですが、ある某メーカー様は実にはっきりとその対応が違うんです。

例えるとですね。

私がオーナーから依頼をされて、サンプルを取り寄せるとします。

そうすると、一般的なメーカー様の受け答えの場合『いつもお世話になって、ありがとうございます!』って感じになるのが、まず普通

でも、某メーカー様は、まずこれが極端に分かれます。

中尾建築工房の場合、建築設計事務所も工務店も兼ねていますので、こちらからメーカーに連絡する時には、こんな感じで始まります。

『お世話になります、設計事務所の中尾建築工房ですけど〜』

『お世話になります、工務店の中尾建築工房ですけど〜』

このどちらかになりますね。

まぁ、ご覧の通りに名前が変わる訳でもないですけど、設計事務所と言うのか、それとも工務店と言うのかって事だけに分かれます。

まず、設計事務所と言うと、何故か営業の方の対応が実に良いんですよね(笑)
それこそ『いつもお世話になって、ありがとうございます!』って感じ。

でも、工務店の・・・って話をすると、なぜかちょっと感じ悪し・・
『あぁ〜、はい、なんでしょうか・・』

ちょっといくらなんでも極端過ぎるのではないかと思います。


これ、なぜなんだろうと思いまして、ちょっと色々と想像をしてみました。



逗子市逗子『招き入れる家』上棟☆

2013年12月5日の建築吉日に、私の住んでいる逗子市逗子にて、『招き入れる家』が無事棟梁達の頑張りにより上棟作業が行われました!

zushishi-zushi-sinchiku-ikkodate-chuumon-jyuutaku-k-jyoutou.jpg

え〜、中尾建築工房の家造りでは、基本的にヒアリングシートなるモノをご記入頂きまして、申込書なども頂きまして、プランニングに入る訳なのですが。。

こちらのお宅に関しては、実はそんなの一切無しで突発的に家造りが始まってしまいました。。

と言うのも、土地を買い、複数の設計事務所や工務店さんと打ち合わせを進めてた。

『これで家が建つと思っていたけど、なんでこうなる??』

との疑問から、またさらに色々と施工業者さんを当たっていたみたいなんです。

そうすると、複数の業者さんと打ち合わせをしてきた期間も当然ありますから、全部が全部無駄になるとは思わないけど、それ相当の時間を割いて来てしまっている訳です。
その期間たるや、土地購入から数えておよそ半年を経過。
当然フラット35住宅ローンの関係もありますので、少しでも時間の節約は必須になります。

そう言った土地を購入してからの経緯を聞いた私の脳みその中では『はぁっ?、なにそれ!?、そんな人居るの??』って感じの印象な訳なんです。

そこで私達のいつもの流れをやるには、ちょっと時間が足りないなぁって思いまして、私と西井のツートップで、今回は対応をさせて頂いたって訳なんですよね。

もう少し、時間の節約が出来たら、なお良かった訳なのでありますが、さすが注文住宅ともなれば、この位がMAXのスピードだったのかもしれませんね。。

そんな経緯がありますから、当然オーナー様から家のタイトルについては聞けておりません。

でも、私がヒアリングさせて頂いた内容を考えてみると、どうもしっくりと来るのが『招き入れる家』なんです。

意味的な解説をするとですね。。

人を招き入れるとか、幸せを招き入れるって意味なんです。

ご主人のお仕事的にも、技術系の店舗を複数経営されているとの事で、そこでお勤めになられているスタッフの方々とも、バーベキューをしたりとか、まだ逗子に来られて一年ちょっとの間に、パパ友やママ友も結構な人数が出来たとの事。
と言う事は、そういった関係の方々も含めて、この家に遊びに来れば、ついでに福も持って帰れるよ〜的な意味合いが強い感じでタイトルを付けさせて頂きました。

ついでに、もっと言うとね。


逗子市逗子|地鎮祭☆

今日はなんだか芳しくない天気でしたね〜

こんな日はおうちで、たくわんでもポリポリつまみながら、緑茶をすするなんてのも良いのかなと思ったりする中尾です。。

ところがどっこい、そんな悠長な事は許さない!と言わんばかりに。。

2013年11月2日に逗子市逗子にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!

いや〜、なんだか超急ピッチでここまで辿り着いたかなぁって感じ。。

だってねぇ。。

ご相談を受けたのが8月の後半になってからだったんです。
そこから色んな話を聞きつつ、約2ヶ月ちょっとで地鎮祭までこぎつけて、フラット35の案件にも関わらず建築確認までも降りちゃったというスピードですから。。

一般的に注文住宅と言えば、打ち合わせに要する時間がもっとあったりするのが一般的。

当然人にもよる部分は多々あれども、ここまで内容を充実させた上でのこのスピードは、久々に高速で仕事をこなさせて頂いたなぁ感がいっぱいです(笑)

でもホントに良かったですよ。。

今までに数件の設計事務所や工務店さんに廻って、大いに無駄な時間を使ったオーナー様的の心情も良く分かる。。
出来なきゃ出来ないで、最初にはっきりと言ってくれれば良いのに。。って。

そりゃ〜、建築業界自体に不信感を持たれてしまっても致し方がない事です。

でもそういった部分を正直に伝えて『中尾建築工房の家造りは、そんな詐欺師みたいな真似はしないっす!』という言葉が届いたのか、はたまたご主人と奥様の関係が私と似ているって事もあるのか。。

共通の目標点を持てて、ここまで辿り着いた事自体がほんとに嬉しく思います!

zushishi-zusi-k-jichinsai.jpg

日時:2013年11月 2日 22:07
続きを読む"逗子市逗子|地鎮祭☆"

逗子市逗子|新築一戸建ての注文住宅最終確認の巻!

と言う事で、ホントは三連続でお引き渡しブログの予定でしたが、ちょっと割り込みさせて頂きます。
実は昨日、私と西井とで朝一番から終日打ち合わせをしていたお宅がありました。

いつもは中尾建築工房の事務所にて打ち合わせをするのが一般的なのですが、こちらのお宅はお子さんもいっぱいいらっしゃいますし、スケジュールの面でも極めて縮めたいお宅になります。
なので私と西井の二人でパソコンを持っての、設計&見積もり打ち合わせを同時進行で行わさせて頂きました。

あんまりこういった事は無いのですが、ま〜たまにはいいですかね(笑)

やはりリアルタイムで変更した際の見積もりの変動が分かれば、依頼される側としてはとっても安心感があるかと思います。
高くなるなら『だったら要らない!』って言えますもんね。

そんな事で終日の打ち合わせを終えた翌日に、奥様から要望を頂きました。

なるほど、そういった事ですね。

でもスケジュール的に時間も無いですし、奥様のみがご理解して頂いても、ご主人様は。。

って事にもなりかねませんので、ご主人様も一緒に見れる様に、こんな感じで更新させて頂きましょう。


zushishi-zushi-sinchiku-chuumonjyuutaku-k-uchiawase.jpg


まずは玄関廻りの壁配置について

オープンな造りが良いとの事でしたので、わりと隠す場所が無い玄関ホールからリビング廻り

これを。。



逗子市逗子プロジェクト始動!

私も良く知る逗子市内の某土地。

この土地を購入された方から、新築のプラン依頼がありました。

土地購入の際には、その土地について重要かつ正確な説明を受ける必要があるのですが、その書類の事を重要事項説明書と言います。
この書類を宅地建物取引主任者に紙媒体と口頭の双方で説明を受けるのが通常です。
大きな買い物になる土地の事ですから、一般の方にもきちんと理解が出来る様に説明しなくてはなりません。
ところがとても重要な事項の説明がきちんとされていなかったらしく、私が書類を見て確認した内容と、土地を購入されたオーナーの解釈が違ったりしています。

今回の土地自体は完成宅地ではなく、現状売りと言われるケースのため、よけいに一般の方には理解しにくい土地になります。
これでは湘南の不動産会社の方達も、モラルを疑われても致し方ありませんね。

すでに土地自体は契約も済んでおり、いつまでもほったらかしにする訳にもいきません。
なので早々に現地に行きまして、さっそく土地の視察を開始。
現地を見ると、やっぱり重要事項説明書に記載されているとおり、インフラの整備はされておりません。

引き込みの無い上下水道は『後は買った方が引き込みをしてね』と言う状態。。

これじゃぁ、よけいな工事費用が掛かってしまうため、せっかく予算があったとしても、よけいな工事に予算を掛けなくてはなりません。

こんなの本当につまらない話です。
はっきりと敷地内に上下水道は入っていないと言えば良いのに、言わないで説明はスルー。

よくありがちな話なのが 『敷地内には入っていないけど、全面道路にはきちんと入っていますよ』って、すっとぼけた回答。

ま〜、こんな説明をする様な不動産会社は、今後生き残る事は無いでしょうね。

もしもまだ土地を購入を検討している段階の方は、この様な事が無いよう土地の契約前にお声を掛けてくださいね。

今回、土地の視察をする時に私たちが必ず行うのが、敷地の高低差や隣地の境界確認、敷地はもちろんの事ですが、その周辺などもチェックします。
こういった事をおろそかにしていると、後々なにかしら問題がおこります。
それを防ぐ為にも、まずは敷地調査がとっても大事になる訳ですね。
この辺りが適当になっていると、いざ工事を開始した際に、現場の職人さん達がこまってしまったりします。

それにしても、多少なりとも気温が下がっていると言われた今日でしたが、小一時間の草刈りをしただけで、汗でTシャツがびしょびしょの状態になりました。

今時期の更地は、必ずと言って良いほどブタクサなども荒れ放題になります。
ブタクサがあると、測量するレーザーの光がブタクサに邪魔されて、オートレベルが読み込めなくってしまうんです。
なので敷地のレベルを測る為には、草刈りから開始しないとなりません。

そんな事情もあり、ヤフーの熱中症情報が連日メールで送られてくる中、汗びっちょりになりながら草刈り作業を行いました!

zushishi-zushi-tochi-sisatsu.jpg


葉山っ子出産お祝い会!

週末前の金曜日に、逗子駅周辺にて中尾建築工房で新築の注文住宅を建てた逗子や葉山のオーナー様達とお祝いしようって感じの呑み会を行ないました!

ふつーの出産であれば呑み会にはならないのでしょうけど、私が自宅で一人で居る事や、UFOさんも一人だし、逗子や葉山の人達は盛り上がる事が大好きであろうと言う想定で企画しました。

全ての方に声を掛けた訳ではありませんけど、それでも結構色濃いメンツのオーナーに集まって頂きましたよ!


私は横浜廻りをしてから逗子に戻って来たのですが、19時30分を過ぎた頃に逗子駅前の立ち飲み屋さんに行ってみると。。

hayamakko-nomikai-zushi.jpg


すでに盛り上がっている方数名(笑)


湘南逗子•葉山|土地の販売状況を見て思う事

ようやく涼しい季節が来た感じですね。

日中は暑いけど、夜になったらかなり涼しくなって来てくれました。
こうなってくれると、僕らの仕事もだいぶ楽になってきます。
あんまり暑いと現場ではコンクリートや珪藻土、塗り壁材なども早く固まってしまうから、かなりの苦戦を強いられます。

やはり暑いも寒いも、ほどほどが一番って感じでしょうか。

さて、そんな涼しげな九月に入った訳ですが、私は毎朝逗子の賃貸マンションから葉山を抜けて、中尾建築工房に向かいます。
その間、葉山の海側を通ったり山側を通ったりしてルートを変えながら車を走らせます。
そして時間に余裕のある時には逗子市内をぐるっと廻って、中尾建築工房に向かう訳です。

そうすると、例年に比べて今年はなんだか古い家が壊されている所を良く見かけるんですね。

やはり震災の影響で逗子•葉山を痕にする方もいらっしゃれば、震災とは全然関係の無い理由で、相続した土地の相続税を支払う為に土地を売りに出す方も居らっしゃる様です。

それがまた大きい土地ばかりで『この土地でっかいなー、何坪あるんだろう••』みたいなサイズの土地である事が多いです。

サイズが大きすぎる為に一般の方では購入出来ない価格帯の為、どうしても土地売買の相手は建売専門の会社様か、開発工事専門の会社様が候補としてあげられます。
さらに消費増税が控えておりますので、販売会社様としては『増税前には駆け込みが期待出来るから、増税前に売れるだけ売ってしまえ!』と思っている事でしょう。

では実際に販売されている土地が売れているのか、売れてないのかを調べてみると。。


逗子市桜山|きーもちぃー家☆お引き渡し!

2012年6月24日の建築吉日、逗子市桜山にて建築中でした『きーもちぃー家』が無事竣工を迎えました!

三月に建築中の見学会を行い、完成の見学会を多くの方からご要望頂きましたが。。

お引き渡しのスケジュール、そして施行中のスケジュールが合わない事もありまして、ごく一部の方のみ見学をしていたお宅でございます。

施行中のスケジュールが合わない=実は内装の仕上げが中尾建築工房ではありません。
このお宅は内装の珪藻土塗り壁を施主施行で行ないきったお宅なのです!

工務店としての作業はとっくに終わっておりましたが、施主施行の部分が終わる前に養生などをはらってしまうと、再度養生の作業に手間が掛かります。
そのため、内装の珪藻土塗り壁作業が終わるまで、ひたすら見守っていたのでした。

中尾建築工房の見学会に参加して、家造りを共にする事を決めた今回のオーナー様は当初からセルフビルドの壁塗りを要望しておりました。
やはり湘南地域に建築される訳ですから、海と山から繰り出される湿気対策は必須となります。

窓や断熱を重視、そして湿気対策を施した今回の家は、調湿された空間となっておりますので、湿気の多い湘南エリアでも過ごしやすい家となりました!


逗子に建てた自然素材の家|ナチュラルな漆喰珪藻土を施主が塗る!

と言う事で。

中尾建築工房ではお約束的な裏技とでも言いましょうか。

海と山の湿気が溢れんばかりに湧き出てくる、この湘南エリア。

やはりそういった場所に建てるなら、調湿出来る空間を作り出す事が望ましい訳です。

現在、逗子にて着工中のお宅もプロの左官職に任せず、オーナーご自身でナチュラルな天然素材の漆喰珪藻土塗りに挑戦をしている訳であります。

ただ、ちょっとペース的に難航しているかの如く受け取った中尾建築工房事務所では。。


逗子市桜山!! 湘南流家族で造る私だけの家造り☆


逗子市桜山!!

湘南流家族で造る私だけの家造り☆

場 所: 逗子市桜山  (雨天決行)
日 時: 2012年3月24日、25日(土•日)
時 間: 10:00~17:00
内 容: 湘南逗子に建てるジブン•Style☆
建 物: きーもちぃー家☆

きーもちぃー家☆の特徴☆
今回のオーナー様は、横浜市在住で、湘南に家を建てる為に土地購入の前から中尾建築工房にお見えになました。
選ばれた建築地は逗子市桜山!
以前から『こーしたい!あーしたいっ!!』を暖めて来ていたオーナー様が選んだ家はシングル葺きの屋根に真っ白なサイディング!
無垢の構造を活かして、玄関廻りの下屋根部分は垂木や梁に柱も露出させている個性的なデザインとなっております!
そして内壁には中尾建築工房こだわりの漆喰珪藻土をチョイス!


逗子市桜山|『きーもちぃー家』上棟☆

2012年1月25日に逗子市桜山にて『きーもちぃー家』が無事上棟を果たしましたー☆

この『きーもちぃー家』のオーナー様は、なんと言いましょうか。。
無垢材と漆喰珪藻土で仕上げる家なのですが、頑張る所自分達で頑張ると言う強者のご夫婦(笑)
でも普段は、ご夫婦が醸し出すほんわか感と言いますか、デザインもこだわるけれども、やっぱりこーしたいって感ありありの家となっています!

そうですねー、こだわり的には個人輸入する薪ストーブもあきらめない!

輸入住宅的無っぽい、かつその辺では見かける事の無い玄関廻りのデザイン!

そしてやはり湘南逗子に建てる家なんですから、やっぱりハイデッキも欲しい!

そんな想いをお持ちのオーナー様が、逗子市桜山の高級住宅地を購入して、念願の上棟です!


zushisi-sakurayama-t-jyoutou.jpg

まずはお昼くらいの時間帯では。。


鎌倉・逗子・葉山・横浜の工務店より|新年あけましておめでとうございますっ!

2012年の新年、あけましておめでとうございますっ!

本年もほったて小屋でデザインのある自然素材の家を建てる中尾建築工房をよろしくお願い致します!!

と言う事で年初めの昨日、まずは恒例の鎌倉八幡宮にてご祈祷や初詣に出かけました。
例年、私は個人的にと、法人的な2回でお参りをさせて頂いております。
個人的に私は厄年の最中にいる身でありますし、本年は後厄です。

だからこそ個人的に厄除をし、法人的には色んな意味を込めてお参りとご祈祷をさせて頂きました!

kamakura-sinnen.jpg

5日にもなりますと、多少は空いてきてますね。


そしてご祈祷を終えたら、事務所へ行く途中に私のお気に入りポイントの秋谷立石でちょっと一服。

akiya-sinnnen.jpg

ここ好きなんですよね〜

私が以前に秋谷に住んでいた理由は、ここの景色を見て頂ければ分かるかと思います。
ここは方角的に江ノ島は見えないけど、立石と富士山、そして松の木がかぶさって見えるんです。
その景色を見てたり伊豆大島や伊豆半島を見ていると、とても心が和みます。


逗子市桜山にて地鎮祭!

今日はとにかく寒い一日でしたねー

私はこんな時の為に、常に脂肪を蓄えている訳なのですが、これだけ蓄えがあるにも関わらず。。

今日はとにかく寒い!

そんな中、逗子市桜山にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!

逗子市と言えば桜山がかなり広い範囲の地名なので、一口に桜山と言っても端から端までって言うと、けっこう離れてしまいます。

で、今回めでたく地鎮祭を執り行ったお宅は、以前に中尾建築工房で家を建てたKさんまどさんの家の近くにある桜山方面と言った方が分かりやすいですかね!

高台だから風当たりも強いけど、そのかわりに敷地から眺めるビューも素晴らしい!

そして湘南に建てる家だけに調湿機能が溢れた無垢材の床に、漆喰珪藻土の壁。
そして熱い家造りとなっています(笑)


逗子→葉山→横須賀|設計事務所+工務店の通勤ルート

と言う事で私の通勤ルートは逗子→葉山→横須賀と言う感じで、海岸線を走って事務所に向かいます。

この海岸線を走っていると、やはり目につくのは『海』になります!

逗子湾をちょこっとだけかすめて、葉山の真名瀬(しんなせ)や、芝崎あたりの漁港をゆっくりと通り過ぎ、そして長者ヶ崎から秋谷を通って立石くらいまでは、海の良い雰囲気を楽しめます。

湘南には色んな海がありますけど、私的には鎌倉方面とか茅ヶ崎方面の海よりも、こっちの方が馴染んでいますので、割と好きだったりします。

この海岸線、以前から人気の高かったエリアですけど、震災以降はなかなか土地や一戸建ての売買が進まない様ですね。

海の人気はあるものの、買い時を見極めているのでしょうか。。
海前は土地の坪単価もなかなか下がりませんし、一般的なサラリーマンの収入では買える価格ではありません。


そんな中、最近ではコーポラティブ形式での土地販売や家造りを勧めているデベさんも多いみたいです。


逗子市の新築注文住宅打ち合わせ|てきよろ?!

こういう所で私はかなり後悔をしたりする事になります。

なんで若い時に『もう少し勉強をする方向に行けなかったのか・・・』

実は中尾建築工房のスタッフは、みんな結構な学歴を持っています。

専門的な大学卒なスタッフも居れば、かなり高名な海外の大学院卒のスタッフも居るし、某経済学部(?)のスタッフも居るくらいです。

だからぶっちゃけると、私自身の学歴を言うのが、恥ずかしくなる時があるんですね。。

でも基本的には隠すの嫌いなので、正直に言います。

私は高校までは行きました。

場所的には、roseyさんが建てた近くにあった県立高校に行きました。
でもなんと言うか、校長先生との考え方の違いからか、私は学校に行けなくなってしまったのです。。


逗子にていっぱいやりましたっ!

一昨日の月曜日、平日の晩ではありますが、私の自宅で例の呑み会を行わせて頂きました!

平日だしね。。

そんなにたくさんのオーナーさん達は来れないんじゃないかなって思っていました。

ところがどっこい、逗子、葉山チームのオーナー様達はやっぱり熱かった(笑)

いきなり開催した呑み会に参加された方は。。


逗子チーム

@320さん
Kさん

葉山チーム
もりたけ隊長
たま旦那さん
UFO&LAさん一家
たい三さん
シューさん

平日にも関わらず、そうそうたる面子で一杯呑ませて頂きました!


逗子にていっぱいやりますか!

なんと言うか。。

設計事務所+工務店ブログの自覚はあんまりありません。。

良く見かける工務店ブログとかでは素材の画像とか、造った家の施行例などを更新する感じですよね。。

これから建築しようかなって思う方や、この工務店の家はどんな感じなんだろうって思われる方には中尾建築工房のブログは合わないかもしれません。

というのも、私たちの場合は家造りを終えたOBのオーナー様とつながるブログであるとも思っています。

だからこれから建築を希望されている方には、実際に建てている現場を見てくださいとだけお話をしているんですね。

そして今回、表題の件。

私のパソコンメールや携帯メールにはOBのオーナー様から一日に3〜5件ほどのメールを頂きます。


逗子市に建てたオーナー様、掲載っ☆

この取材があったのって、相当前だったような・・・

たしか私も取材時には現地のお宅に伺いまして、その時の写真を見るとTシャツ一枚なんですよね(笑)

今回、掲載されているのはKさんまどさんのおうちです!

なんでも全国共通記事として、だいーぶ前に取材の申し入れがあったんですね。

その特集記事は『ゼロから建てる注文住宅の魅力、教えます!』と言った感じの記事でした。

私が聞いていた話だと、全国の中から7組ほどの設計事務所さんや工務店さんの施工事例の中から、審査を経て掲載されるって事でした。
各都道府県の本によって発売日も違うらしくて、今回の特集記事が最初に掲載されるって言うのが埼玉☆

じゃじゃーん!!


IMG_7128.jpg


逗子市桜山|『晴れの陽・大好きな家』の取材終わりましたっ!!

実は取材が終わったのは昨日なんですけどね。

お昼過ぎくらいから、逗子市のKさんまどさんのお宅で取材が始まりました。

んで中尾建築工房と一緒に家造りをしたオーナー様が取材を受けるときって、その取材時に私も呼ばれるんです。
でもぶっちゃけた話、たいした『なにか』をする事って無いんですね。

ただぼけ〜っと見ているだけで、ちょろちょろ〜っと聞かれた事に応える程度な訳ですよ。
でもそれではどうも時間を持て余してしまうこの私。

と言う事で、私が引き渡しを終えた家に対して出来る事。

元大工と言う事もあり、包丁を研ぎ上げて時間を潰しましょ〜作戦を決行してるんです〜☆



逗子市桜山|晴れの陽・大好きな家お引き渡し☆

たくさんのオーナー様の家造りをお手伝いしている中で、これから土地を購入される方や、プランを楽しまれている方、そして竣工を迎えて行く方達を見守っている訳なのです。

そして今回、逗子市に建築されたKさんまどさんの家がお引き渡しを迎えました!


あ〜、Kさんまどさんも家造り終わっちゃったんだねぇ・・・
土地を探している頃から一緒だったから、なんだか『もう?』って気がします・・

でもいつまでも家造りしている訳にもいかない訳なので、これはこれでおめでたい事なんですよね。


Kさんまどさんのおうちは1Fリビングで、大きな吹き抜けがあるのが特徴なんですね。
そして国産無垢材の床や造作材に、珪藻土の塗り壁がとても気持ち良い感じの家なんです!

ここらで画像をあ〜っぷ!!!!!


IMG_6605-2.jpg


kamakura|ご挨拶廻りの日

と言う事で行って来ました!

鎌倉はね。。

湘南の中でも、私個人的にとても好きなのです。

今日は新築のご挨拶廻りではなくて、これから解体工事を行う為に、ご近隣様にご挨拶に伺ったのですね。

その土地土地によって新築の時にでも良い所とか、そうでない所とか色々とあります。

あんまりにも密集している様な所に建てる場合は、当然先に行きますしね。。

そして今回は鎌倉と言う事もあり、やはりハイソなエリアでもある訳です。

なので私が直接行って来ました!

日時:2010年6月 4日 22:37
続きを読む"kamakura|ご挨拶廻りの日"

差しあげます!

昨日の夜中にこんなメールが来たんですね。

『画像の約900×1800サイズの座卓を欲しい方いませんか?
足は折れません。

実家駐車場にて保管中ですが邪魔なので欲しい方いましたら無
料でお譲りしますw

いてもいなくても返信お願いします。(なるべく早めに!)』

と言う事でこの座卓テーブルが欲しい方っていらっしゃいますでしょうか?

日時:2010年5月28日 09:21
続きを読む"差しあげます!"

逗子|『晴れの陽・大好きな家』上棟☆

2010年4月20日の建築吉日に、逗子市『晴れの陽・大好きな家』が上棟しました!

IMG_5764.jpg
画像はかる〜く加工してみたよ(笑)

残念ながらお天気は芳しく無かったけど、なんとか棟上げまでは持って行く事が出来て良かったです!

でもさぁ〜、中尾建築工房の上棟は基本、雨は振りません。。
だめだよぉ〜Kさんまどさん。。
変な所まで○○家に似ちゃったら。。


と言う事で無事上棟を果たしたこの『晴れの陽・大好きな家』はKさんまどさんのこだわりハウス☆

中尾建築工房のオーナーの皆様、覚えてらっしゃいますか?



逗子|Kanaloa(カナロア)の家に取材がやって来ました☆

中尾建築工房で建てた逗子の大きな家って、みなさんご存知でしょうか?

これがまた、大変便利で人目に付く立地に建っています。
なので葉山在住で逗子に行かれる方は『あ〜、あの大きくてブルーの外壁の家だよね〜』なんて事を言われたりしているKanaloa(カナロア)の家。


今回、お菓子の家に続いて、Kanaloa(カナロア)の家も注文住宅の取材を受けたんです!

IMG_5321.jpg

なにせこのお宅、リビングの広さがすごいっ!
双子のチビちゃん達が元気よく走り回れるほどの大きさを誇っています☆


ん〜、やっぱり広いな〜


地盤調査速報☆

はたしてこの結果に☆マークなど付けて良いものなのだろうか・・・

今日はこれから建築確認申請を提出するあるお宅の地盤調査速報が届きました。

土地的に考えると、必ずあるであろう土地と比べて、判定が微妙な土地も中にはある訳です。

んでもってたいていの方は地盤工事が無きゃ無いで嬉しい訳です。

と言う事で今日は逗子の某高台に建つお宅の地盤調査結果です!

日時:2010年2月19日 16:05
続きを読む"地盤調査速報☆"

カレーの日☆

今日は朝から事務所に籠りきりで、着工前の方の仕様書や図面確認の作業を一日がかりで行っておりました。

寒さも先週ほどではなく、なんとか我慢出来るくらいの寒さになって来たみたいですね。

でもやっぱり冬だし、寒波は残っています。

そんな一日を締めくくりには、あったかいご飯がとても食べたくなる季節なのであります!

と思っていたら、昨日こんな電話を頂きました。

日時:2010年1月19日 21:58
続きを読む"カレーの日☆"

逗子|Kanaloa(カナロア)の家お引き渡し☆

年末もここまで来ると『あ〜、今年も終わりかぁ・・・あっという間だなぁ〜』なんてコトバがあちこちで聞かれるみたいですね。

中尾建築工房でも例に漏れず、あっという間に今年も一年が終わろうとしています。

そんな年末の22日、逗子の家がお引き渡しを終えました〜

IMG_4482.jpg


逗子→葉山→横浜を駆け巡る工務店!

今日は朝から現場→現場→現場をひたすら巡りました。

まずは朝一番から逗子にて完成間近のお宅へ。

IMG_4288.jpg

この逗子の家、とても斬新な外観デザインだと思います。
新しい逗子のランドマークですね☆

室内に入ると内装工事を待つのみの状態!


赤パン必勝法!

日曜日のお昼過ぎです。

なぜか本当は打ち合わせで忙しいはずなのに、ブログの更新などしてみちゃっています・・

と言うのもちょうど午前中の打ち合わせの方と、午後の打ち合わせの方との時間が空いたからなんですね。。

しかも更新を早くする理由が問題です!

みなさんは赤パン伝説をご存知でしょうか?


日時:2009年12月 6日 11:47
続きを読む"赤パン必勝法!"

本当に良いの?!水栓金具が激安です☆

こんばんは〜

今日はですね。

現在建築中のオーナー様、たっての依頼でブログの更新する事になりました。。。

しかもこの記事のタイトル・・・

『本当に良いの?!水栓金具が激安です☆』ですから(笑)


実はこれ、あるオーナー様が特殊なキッチンを購入したんですね。。


オーナー様に注意を受ける工務店

たしかに仰られる通りだと思います。

もちろん、言い訳をするつもりもありません。

本当に@320さんの仰られる事は筋道が通っていると思います。。。



逗子市桜山『碧のランドマークハウス』上棟!

IMG_3957.jpg

10/16,17の二日間で逗子市桜山の家が上棟しました!

交通量がとても多い優良の土地ではありますが、工事をする側としては無事上棟出来た事を嬉しく思っています☆

今回、上棟した逗子市桜山|碧のランドマークハウスは延べ床面積なんと60坪!!
そして床面積もさる事ながら、大開口のスパンにも特徴があります☆
木造軸組なのに、柱無しの最大開口長さはなんと約6M!!
中尾建築工房の無垢材で建てる建築技術を余す事無く取り入れた碧のランドマークハウス☆
そのフォルムは碧のガルバリウムに包まれた、逗子市桜山のランドマークとも言うべき存在になる事は間違いないでしょうね。

今回のプランは敷地に対する交通量の多さや、車の駐車台数を考慮した所から外観デザインや間取りを構成していきました。


すごい土地出ました|逗子市 本当にこの価格なの?!!

週末の夕方に一本の電話が掛かって来ました。

電話の主は中尾建築工房の見学会に何度となく足をお運び頂いてるK様。
K様は土地を鎌倉や朝比奈方面や逗子といった感じで広範囲で探していたんですね。

なんどか物件を見つけては連絡をもらい、足も運んでは見たんだけれども。。

どうもなかなか良い土地に巡り会わないんですね。。

でもって週末の電話では『なんかさ〜、すっごい良い土地だと思うんだけど逗子なんだよね〜
価格も○○○○万円で50坪もあるんだよね〜
あたしたち、今日ず〜っとこの土地の所に居るんだけどさ〜
一回、中尾さんに見てもらった方が良いかと思って。。。』


続☆ともだちコレクション

先日、中尾建築工房スタッフをともだちコレクションに入れて頂いた逗子市のオーナー様。

今日は打ち合わせを行っていたのですが、前回居なかった野村と私のリニューアルバージョンを造ってくれたそうです(笑)

まぁはっきり言って爆笑しながらの打ち合わせですね☆

ちなみに高橋は私と野村の友達コレクションを見ながら一番笑っておりました・・
いいのか〜
そんな風に笑っていても〜!!


ん〜!!

とくにどうと言う事ではないのですが、施行管理の高橋がケータイカメラであるモノを撮影して参りました。

みなさん任天堂DSって知ってます?

私はファミリーコンピューター位までなら分かるのですが、DSなんてさっぱり分かりません・・・

でもこの任天堂DSと言うのがはやっているそうで、中尾建築工房のオーナー様でも半分くらいの割合で利用されているみたいなのです。。。


いや〜、しっかし持ち運び可能なゲームなんですってね。。

なんだか子供遊びもハイテクな時代に突入したんですねぇ・・

魔界村くらいしか思い浮かばない私は化石なのでしょうか・・・


日時:2009年9月15日 17:48
続きを読む"ん〜!!"

逗子|コートハウスの家☆

昨日今日とあっちでちょこちょこ、こっちでちょこちょこと。。

あんまり落ち着いた時間はないのですが、ちょっとした合間を縫ってプランの全体像をイメージしてもらう模型を作成しました。

なんだか模型を造るのは久しぶりだったので、カッターを触る手が少々震えてたり(笑)


週末の打ち合わせ☆

週末の今日、メール打ち合わせとリアル打ち合わせの方を含めて、4組の方との打ち合わせを行いました。

私としてはデザインとプランを担当している逗子の家が、「い〜感じじゃない〜☆」というお言葉を頂いたので、ほっとしている感じです(笑)

日時:2009年4月19日 20:42
続きを読む"週末の打ち合わせ☆"

意匠

今日は朝から土地探しの方と一緒に土地巡りをしていました。

世の中不況のあおりを受けているからでしょうか。

最近は土地の賢い購入方法もスムーズに行くので、良い傾向ですね☆

日時:2009年4月14日 21:54
続きを読む"意匠"

Design koumuten|今日も一日が始まっています☆

現在、数組の方のプランを作成中!
中尾建築工房事務所からです☆

IMG_2735.jpg


逗子|戸建て併用アパートメントプロジェクト始動!

今週は新たに始まる逗子の戸建て併用アパートメントの構想を、設計担当の古市と練り込んでいます。

駅にもほど近い立地は、誰もがうらやむ好条件の立地です。

アパートメントですから、オーナー様の収益性や、居住される方の使い勝手も重視しなければなりません。