鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

湘南に家を建てる!夫婦で仲良くコストダウンは出来るのか?!

ま、誰とは言わないですけどね。。

先週末に、とあるお宅の設計見積打ち合わせがありました。

shounan-tateru-nakayoku-uchiawase.jpg

最近は割りとご夫婦で、じょ〜〜ずに。

コストダウンを打ち合わせでされるお宅もあれば。

中々どうして。。

上手くいかないご家庭もある様でしてね・・・

それもね。

パターンが決まっているのだけど。

ご主人様の方は。

「いいよ〜、それが良ければそのキッチンを選べば良いよ〜♪」

と。

かなり寛大に、奥様の優先度を重視されています。

そしてご主人様の要望にあったペレットストーブは。

諦めるかなぁ・・・

それとも数年経った後、入れられる様にしておこうかなぁ。。

と言う様な、奥様優先のパターンだったりします。

私はその際、特に打ち合わせに参加するって感じでは無かったのですが。

「どうせ買ったって、使わなくなるでしょ?!

それだったら、要らないでしょ?!」

=( ̄□ ̄;)⇒


週末の建築設計事務所+工務店のお仕事

中尾建築工房と言えば、三浦半島、そして湘南の注文住宅を新築する建築設計事務所であり、工務店でもあります。

今日は午前中には葉山町。

午後は鎌倉へ。

つまりは湘南方面でのお仕事でした。


葉山では、葉山で土地探しをされている方からの要望で、中尾建築工房の建物を見て回っておりました。

中尾建築工房の建てる家の構造を見る為に、葉山町長柄に建つ現場へ。

そして完成前のお宅に関しては、秋谷の家の両方を見ていただいたんですね。

家は建てたい。

けれど、今は土地探し中。

そんな中、土地探しをいかに楽して、良い土地を見つけるか?

その土地に建てる家を計画する上で、どの様な方法が一番家造りが楽しめるか?

そんな説明をさせて頂いていたんですね。

2〜3時間の間でしたが、かなり家造りの知識は持って頂けたのではないかなって思います。

見学場所でお会いした葉山町長柄の緑と風の家オーナー様。

通りかがった大人の休日オーナー様+造園業者のオーナー様。

あの狭い道で偶然にもすれ違ったSuccess Ai,s Residenceオーナー様。

見学の方の時間の関係もありましたので、今度またゆっくり時間が作れればなーと思います!

そして午後からは鎌倉のお引き渡し済物件の外構工事打ち合わせに。

kamakura-lunch-osusume.jpg

鎌倉の海は若干風の影響で、沖合は時化ておりました。

で、私は葉山から鎌倉に移動する際、お昼ごはんを鎌倉で頂きました。

今日のランチはこちらー


一級建築士事務所|中尾建築工房建築研究室施工事例のホームページが間もなく!

なにげに中尾建築工房の施工事例が載っているホームページが無い。

そう言われ続けているにも関わらず、なぜか忙しい中尾建築工房です。

もしかして施工事例をホームページに掲載する必要なんて無いんじゃないか?
そう思ってしまうのですが、さすがに何年もそれではマズいであろう・・・

そう思い当たる節がございまして、現在プロの製作会社さんにお願いして、ごくごくシンプルなウェブサイトを作って頂いております。
すでにベースみたいな形は出来上がっておりまして、後は画像を差し込んでいくだけになっています。

さて、どんな感じのホームページなのかって言うと。。


1kyukentichikushijimusho-nakao.jpg

これは私のMacの画面に写った画像を加工したモノなんですけど、基本的には画面いっぱいに画像が色々と差し替わる感じになっております。

めちゃめちゃシンプルを目指した施工事例のみ掲載する為のホームページ。

右下部分には3つのアイコンを並べまして、右からメールソフトを起動させるアイコン
真ん中はフェイスブックにリンクさせるアイコン
一番左にあるトンカチのマークをクリックすると、現在稼働中の中尾建築工房のホームページに行けるアイコンになっております。

あとは建築設計事務所としてのプロフィールでしょ〜

ワークスってなっているのが施工事例集へのリンクでしょ〜

プロジェクトって言うのは、現在設計案件の模型とかをアップさせる為に造ったリンクでしょ〜

そしてコンタクトは、お問い合わせフォームになっております。


中尾建築工房で家を建てたオーナー様からこんなmailを貰いました。

今年の6月でお引き渡しをしてから丸四年経過する、湘南の中でも西の方で新築の注文住宅を建てたオーナー様から、こんなmailを頂きました。

***ここから***

中尾さん

お久しぶりです。○○です。

突然ですが、

問題です。

ジャジャン!

まずは、添付ファイルを見てください。

さて、誰でしょう?

チッ

チッ

チッ

チッ

チッ

チッ

正解は、

○○ 祭(まつり【長男】)です。

2月6日に産まれました。

ビックリしました?

しばらく会わないうちにこんなことになってました(笑)

hiratuka-matsuri.jpg

***ここまで***


湘南エリアの建築確認申請|ふざけんなよっ!の巻

今日は葉山町長柄方面にて一件の上棟がありました!


当然、上棟のブログを更新しようかと思ったのですが、私の画像加工ソフトであるphotoshopがフリーズしてしまいして...(((・・;)

上棟ブログだと『画像位ないとね?!』って事て、photoshopを明日にでも治し次第に更新させて頂きたいと思います。


という事で本日は、たまたま、突発的にあった出来事を紹介したいと思います。

実は現在、湘南の某市町村にて、建築確認申請をだしている現場があります。


詳しい市町村の名前はここでは公開できないのですが『それって普通じゃねーだろ!!』ってくらいのトラブルが起きました。

さてどんな内容かというと。。。


湘南に建てた新築一戸建ての注文住宅お引き渡し☆

2013年の3月15日に湘南にて、ひたすら壁塗りに専念をされていた『人が集まる家』が、難関とも言える壁塗り作業を終えられまして、無事お引き渡しをさせて頂きました!

shounan-shinchiku-chuumonjyuutaku-hikiwatashi-k.jpg


なんだかんだと上棟から数えると、半年間ほどの時間が経過していたため、永かったな~と言う印象がとても強い家でした。

しかし期間を掛けた分だけ仕上がりのクオリティは、ほぼ左官職人さんが施工したのと変わらないのではないかと思う位、非常にレベルか高い仕上がりとなっています。


以前にもご紹介した通り、こちらのお宅は奥様が現場作業のほとんどをこなされたのですが、私が見ていた感じでは『根性あるから、イケんべっ!』と言う感じの印象がありました。

なんだかんだと、私の予想は見事に当たりまして、実に最後まできちんとヤりきったところは奥様ならではの強い気持ちが、家づくりの難関とも言える施主施工の作業に打ち勝ったとも言えるでしょう。


ここまで言えば、人が集まる家の仕上がりが気になる所だと思います。
でも、画像でアップしてもなかなか分かりにくいんですよね...

ま~、強いて言えば。。


湘南スタイルマガジンの家造り相談室締め切り前。。。

春夏秋冬の年に4回ですが、非常に悩ましい仕事があります。
大好きな湘南に新築の注文住宅を建てる!

その家造りに悩まれる方の相談に乗るのは、特に問題はないのです。

相談を受けて、回答する事によって家造りの方向性が正しい方へと進んで頂ければ、私たちとしてはとても嬉しい事なのです。

でも悩ましいのが、以前にも書き込んだ事も有る様にページの編集をしなくてはならないのです。。

この辺りの詳しい話はこちらのリンクから、ご覧頂ければと思います・・


まー。湘南方面などは他の地域と違って、割と土地の整備がなされていない状態での土地契約を促す傾向が多い様で、安い土地と思っていても、後から調べてみるととてつもなく家造りの予算をぶっちぎる土地が存在したりします。

横須賀や横浜に比べると、やはりこの辺りは湘南ブランドと言う事もあり、注文住宅を検討される方にとっては割と困難に出会うケースが少なくありません。

今回、掲載されるお宅も相談内容も、総予算に対してと、将来的なランニングコストの事でのご相談でした。

でも、これをページ制約通りにまとめるのが、困難な作業なんです。


湘南流|正しい施主施工(セルフビルド)支援型設計事務所+工務店!

自慢じゃないですけど、割とガチンコ系なんです(笑)

でも先に言っておきますけど、全てのオーナー様が施主施工をやられている訳ではありませんからね(笑)

過去記事のどこかにも書いた記憶があるのですが、希望される方かつ熱いオーナーに対しては、熱い職人として私たちも正面から応援したりします。

でも中途半端にリビングだけとか、ちょっとやってみたい程度の方の場合には、あんまり応援をしないんです。

だって本気のやる気が感じられなかったら、とことんサポートしようなんて思える訳無いじゃないですか!

なので室内の壁や天井の全てを希望される方は、くじけない様にフォローをしたりする訳です。

実は昨日、湘南に建築中の現場へと行きました。


こちらは奥様の人温度と言うか、ノリと言うか、あらゆる意味で『私と同じだからだいじょうぶ!』と思えたオーナー様でございます。

どんな所が同じかと言えば。。



湘南に建てる施主施行!漆喰や珪藻土を塗る為の試練☆

まー、中尾建築工房で家を建てられている方で、かつ施主施行の漆喰や珪藻土の壁を塗っている方は恵まれている方だと思いますけどね。

だって、通常は工務店と請負契約を行なって、下地の状態で引き渡しとなります。

そこから工務店の業務は無くなり、後は施主が好き勝手に仕上げれば?と言うのが、湘南に建てる施主施行のお約束になります。

では、この様に施主に『あとは頑張ってねー』で、放置をし、かつ施行完了がするかと言えば、多分やりきるのは相当難関をくぐり抜けなくてはなりません。

たいていの方が特殊な力を持っている訳ではありませんので、期間的に2年や3年、さらにそれ以上を家造りに時間を掛けている方の話も知っています。

では、それって本当にコストダウンになっているのでしょうか?

何年もとか、数ヶ月もご主人や奥様が休みを無くして、時には作業が原因で喧嘩になったりする事もあるかと思います。

そういった部分を考慮すると、ある意味一般サラリーマンの収入を超える方は、施主施行などやらない方が得策になる場合も有ります。

ところが、そこには理屈だけの問題ではなく、施主施行を希望される方が居るのも事実。

ではそう言った方をくじけずに、かつ工事を完了させる為には。。



湘南•土地事情の裏側は。。

ぶっちゃけると、あんまり良くはないですよ。

震災前は湘南=ブランド化した独特の地域でした。
雑誌などにも○○スタイルなる本が出ておりますので、あの雑誌の影響でブランド化が進んだのもかなり影響しています。

そんな湘南地域、震災前と震災以降ではどれほど土地事情は変わっているのでしょうか?

実はまぁまぁ、変わっているのです。

以前は海岸線側と言えば、とっても高級な土地価格のエリアでした。

でもそういった所に住まわれている方も、売りに出していたりするケースも多いのです。

私は仕事柄、土地探しからお手伝いをする事が多いのですが、物件自体も以前は市場に出る前に売り抜けていたレベルの物件でも、今はなかなか売れずにじわじわと価格を下げざる得ない状況に陥っています。

逆にあまり人気のなかった北側や高台の物件が人気となっております。
ある意味、逆転現象が起きていると言う事になりますね。

でも、この逆転現象はいつまでも続くかと言えば、そうでもないかと思います。

それは何故か?!


湘南に建てる新築の注文住宅|地鎮祭☆

shounan-jishinsai-misumi-k.jpg

2012年8月5日の建築吉日に湘南に建てるオーナー様が無事地鎮祭を迎える事が出来ました!

湘南と言えば、イメージ的にサーフィンのメッカでもありますよね。

それだけに海にも近いし、塩害もある。

海に近い=湿気もまた多いエリアでもありますので、家を建てる際にはかならず調湿する素材で家を建てる事が最も重要視されるのです。


こちらのお宅も当然ながら例に漏れず、調湿出来る素材の無垢材や環境先進国ドイツ生まれのナチュラルな珪藻土で仕上げて行くお宅になります。

それにしても当日はドッピーカンっ!て言わんばかりの暑さでしたから、倒れる人も出るのでは?!って位、強烈な天気でした。

これはご夫婦のどちらの行いの成果なのでしょうねぇ。。


横浜•湘南方面で設計ミス多発?!

なんと言うんでしょうか。。

私たちも人事ではない話です。

でもあまりにも『これは。。。』って思う設計が多い様に思います。

今月に入って3件ほど、横浜や湘南方面に家を建てる方の相談を受けました。

そしてみなさん、色んな設計事務所やハウスメーカー、地元工務店に設計を依頼されて、夢の注文住宅を夢見ている方達です。

そうした新築の注文住宅を検討されている3件の方のうち、2件の方は契約をしてしまったけど、設計に不手際があって図面通りの家が建たないと言う、なんとも不可思議な設計になっていました。

そこでどうにもならなくなって、誰を頼って良いか分からなくなって、中尾建築工房にお見えになったのです。


設計作業をする上では、建ぺい率に容積率、この他にも斜線制限の確認を行います。
建築基準法をクリアするだけではなく、建築協定だった無視出来ません。

こういった内容はプランを作成した段階からチェックを入れるのですが、多少也とも変更があった場合は必ず再確認を取ります。

でも、そういった確認作業を怠っていると。。

yokohama-shasen.jpg


私の想う湘南Style

今日は朝から湘南の海岸線を通って、以前に御引き渡しをさせて頂いたオーナー様宅の点検に伺いました。

自宅の逗子から134号線をずっと行くのですが、やはりこの海岸線の景色は良いですね。

私は十代の頃から、この海岸ルート134が大好きでした。

若かりし頃には江ノ島を目指して、私の住んでいた横須賀から単車。。
いやいやバイクで良く出向いたモノです。

そんな海岸線に私の想う湘南Style的な定義があります。

元々、湘南という名称は大磯が発祥の地と言われています。

でも私的には横須賀から大磯は非常に遠かった記憶があるんです。
だから発祥の地でも、あんまり大磯に行く機会とかは有りませんでしたし、好きな場所でもありませんでした。

日時:2011年10月 1日 22:13
続きを読む"私の想う湘南Style"

☆葉山町堀内 和気あいあいの家上棟☆

こんばんは。
中尾建築工房 打ち合わせ担当の高橋です。


建築吉日である2011年8月19日、めでたく ある一軒のお宅が上棟を迎えました。

場所は葉山町堀内。
緑も沢山あって、しかも海まで眺められちゃうすごく環境のよいところです。

先日、お引き渡しを迎えたシーサーが屋根にのっているあの有名な『めんそ~れ葉山』のすぐそばなんです。

U2.jpg

ウッディーさん宅の2階からバッチリ シーサーが!
毎日拝んだらいい事ありそう(笑)


横浜市・湘南のオーナー様がお見えになりました!

今日は週末の日曜日。

プランの打ち合わせをされる方もいらっしゃいましたが、大工修行を希望されている方もいらっしゃいました。

修行を希望された方は横浜市戸塚区で、最近お引き渡しを終えた『ガルバリウムSTYLEの家』のオーナー様であるI様一家。

修行はパパのみだったのですが、まー、炎天下の中一生懸命に作業をされてましたよ。

今回の修行は無垢板のカウンターを造る作業だったんですね。

既製品の板であれば、こんな作業は要りません。
でも天然無垢の板を加工するとなると、いろんな加工が必要です。

そのため、私も若干手伝いましたが、ほぼパパのみで一日作業を満喫されてました(笑)


中尾建築工房の1F倉庫はさほど広くはありません。
だからお預かりしている無垢板を引っ張りだすだけでも大変。

さらに削り加工をする為に、設計の武藤がIパパと一緒に無垢板を引っ張りだし、さらに作業台に載せる為に手伝いをしておりました!

CA3F9860.jpg


湘南に建てたhauoli ohana( ハウオリ・オハナ)|注文住宅の取材☆

と言う事で。

今月に入って2度目の取材を受けた中尾建築工房のオーナー様宅でありますが、今日は湘南の西の方に建てたhauoli ohanaが神奈川の注文住宅から取材を受けました!


hauoli ohanaのオーナー様は、このブログでもコメントを頂いているちょっTさん。
hauoli ohanaの特徴と言えば、屋根や外壁に軒や破風など、外部に関わる全てをガルバリウム鋼板で仕上げたメンテナンスフリー仕様のお宅です。
そして3F建ての完全二世帯住宅でもあり、建物もかなり大きく見えるのです。
そのため、近隣と比べてしまうとかなり異色のオーラを放っている家なのです。

すでに一年ほど前にお引き渡しを終えているのですが、私もひさびさに伺わせて頂きました!

雑誌の取材と言っても、特に私がなにかする事ってないんですね。

何故かと言うと、建てたオーナー様がいろいろと取材を受けますから、私はほぼ置物と言いますか・・・

たまーに『これはどういった意図で?』という質問に『これは○○だよ〜』って、答える程度なのです。

なのでこの日はどうせ暇だろうし、これと言ってやる事もない。
これが明確に分かっていたので、私はマイツールを用意して現地へ行ったのです。
そのマイツールとは。。


鎌倉市大町|『鎌倉の家』上棟☆

2011年3月2日に鎌倉市大町という、鎌倉ならではの一等地に『鎌倉の家』が上棟しました!

いつもは○○の家とか、○○ハウスとかって言う感じになるのですが、やはりここはもう。。

正直言って大道過ぎるんですよねぇ•••だって鎌倉駅から徒歩で5分ですよ。。

まさに古都鎌倉という風情を感じられるこの地だけに、よけいな名前は必要ありません!

強いていうなら、ガルバリウムの家には自信アリの中尾建築工房が建てる鎌倉の家ですから、鎌倉スタンダードとも言えるのではないでしょうか。

そして実は上棟日が2月28日だったんです。
でも、当日は雨だったため、延期となりました。

そこで日の良い28日に柱を一本だけ建てておき、3月2日に晴れて上棟となった訳です!


某湘南のちょっTさんからのご質問にお答えしましょう!

お昼休みです。

ご飯食べながら、これを書き込んでみました(笑)

家を建てて、後から収納などの使い勝手を検討するっていらっしゃいますよね。

今回、某湘南に新築の二世帯注文住宅を建てたちょっTさんからこんな質問がありました。

*****************************ここから******************************
今回は、ダボレール取り付けについてアドバイスをお願いします。

3階トイレ横の収納スペースにダボレールを使い、棚を作ろうと画策中です。
2点ほど気になっていることがあります。

1.壁(壁紙の上から)に直接ダボレールを取り付けても問題ないですか?
  おそらく下地は石膏ボードだと思います。

2.その収納スペースですが、幅木が付いています。
  ダボレールを幅木の上にのせるような形で取り付けても問題ないですか?

*****************************ここまで******************************

ふんふん、なるほどですね。

質問の1に対しては、下地に固定する。
もしくは下地が無い場所に打ち込むなら、トグラーを購入する。

質問の2に対しては、巾木の上に棚柱を乗せた状態で固定する。

こんな答えになります!

でもそれだけだと職人さんじゃないから、なかなか分かりにくいんじゃないかなって思います。

簡単に言うと、収納の部分に棚ダボレールを取り付けて、可動の棚を造りたいって事なのでしょう。

今ではホームセンターなどでも棚のサイズを指定して、カットしてくれたり出来ますもんね。
であれば板のカットは問題ないとして、あとはどこにダボレールを取り付ける事が出来るかって事になります。

でも間違って壁に大穴を開けてしまうのも、悲しく切ない事になってしまいます。
という事でDIYで造る可動棚作成の段取りをお教えしましょうー☆


逗子市桜山|晴れの陽・大好きな家お引き渡し☆

たくさんのオーナー様の家造りをお手伝いしている中で、これから土地を購入される方や、プランを楽しまれている方、そして竣工を迎えて行く方達を見守っている訳なのです。

そして今回、逗子市に建築されたKさんまどさんの家がお引き渡しを迎えました!


あ〜、Kさんまどさんも家造り終わっちゃったんだねぇ・・・
土地を探している頃から一緒だったから、なんだか『もう?』って気がします・・

でもいつまでも家造りしている訳にもいかない訳なので、これはこれでおめでたい事なんですよね。


Kさんまどさんのおうちは1Fリビングで、大きな吹き抜けがあるのが特徴なんですね。
そして国産無垢材の床や造作材に、珪藻土の塗り壁がとても気持ち良い感じの家なんです!

ここらで画像をあ〜っぷ!!!!!


IMG_6605-2.jpg


ちょっT邸お引き渡し☆

約一年ほどの家造りでしたかね。。

ちょっTさんが中尾建築工房を訪れてからと言うもの、約一年でこの日を迎える事が出来ました!

ちょっT邸は木造軸組3F建の二世帯住宅です。

しかも外観はオールガルバリウムに包み込まれたシャープなデザインです。

カラーリングも私一押しで、中尾建築工房のほったて小屋と同じカラーをチョイスして頂きました!

かっこいーだろー(笑)

IMG_6144.jpg

日時:2010年6月21日 22:43
続きを読む"ちょっT邸お引き渡し☆"

実は週末に行って来ました。

人は誰でも平等に歳を重ねます。

そして歳を重ねる毎に、精神面では成長したり、体力面では衰えを感じたりすると思います。

どちらかと言うと私も例に漏れず、気だけは若いつもりでした。

そして健康面でも、不規則な生活を送っている割には根拠の無い自信を持っていたりもしました。

でも、こういった自信は実際に直面してしまうとガラスのごとく、もろく崩れて行くものなのだなぁと実感をしています。

こうなっては時既に遅し。

もう全身に転移している様では、自身の力ではどうする事も出来ない様です。

もう少しだけ早く、自身の体に気がついていれば、こんな事にはならなかったのだと後悔しても遅いですよね。

ちょっと無理を重ね過ぎちゃったのかなぁ・・・

この全身に転移した。。。


湘南|hauoli ohana( ハウオリ・オハナ)上棟☆

IMG_5630.jpg

2010年4月1日、湘南某場所にて私のブログにもちょくちょくコメントして頂いている、ちょっTさんの夢の詰まった家が上棟しました!

ちょっTさんが建てた『ハワイを感じるジブン・STYLE☆』


この家は木造軸組3F建てで、集成材を一切使わない構造オール無垢材で建ち上がっています。

ちょっT邸は二世帯住宅でもあるので、なにしろ大きい建物なんですね。。

模型を造っていた頃から私たちは『でっかいな〜、この家』と言っておりましたが、今日は○○分の1というよりも1分の1サイズで建ち上がっているので、とにかく大きいの一言ですね!