鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

木の家|木割れの音や反り縮みのお話。

たま〜に、こんな事を聞かれる事があるので。

アンサーをここで書いてみたいと思います。

夜、寝室で寝ようかと思ったら、すごい大きな「バチーン!!」と言う音がしたんです!

家が壊れているんじゃないかと思って・・・

なるほど(笑)

確かに、いきなり大音量の音が鳴るのは、びっくりしますよね。

しかも、見えない構造体の方から音が鳴る訳ですから。

普通に考えて、驚かれるのも無理が無いでしょう。

これね。

実はね。

大きな音が鳴る原因は、柱や梁、土台から出された音なんです。

やっぱり!

だったら、うちの家は大丈夫なのでしょうか?

取り替えてもらった方が良いんですよね?!

と思う方もいらっしゃるでしょう。

結論は。

特に問題ではありません。

って事です。

では、何故にそうした音が鳴るのかって事なのだけど。

木材って言うのは、いろんな産地があって。

まともな木材であれば、少なからず50年以上を産地で生息する訳です。

良く言われるのは、山を育てる山師さんが居て。

木の苗をおじいさんが植えたのであれば。

それを伐採するのはお孫さん世代。

な〜んて事を言われる位、おいそれと育つモノではありません。

それでも、日本は比較的若い木材の伐採をしてるんですよね。

んでね。

必ずしも産地が建築地と一緒である事は。

なかなか、無いかと思うのです。

産地と建築地が違えば。

当然ながら気候風土も違います。

音が鳴る原因の一つとして、そこに順応しようとしている証拠。

とも言えるでしょう。

もっと言うとね。

音が鳴る原因は、たいていの場合芯持ち材に多いのよね。

mokuzai-shin-nari-ware-sori.jpg


葉山で自然素材のリノベーション計画悩み中・・・

家って面白いもんですよね。

新築で建てる家もあれば、既存の家をメンテして住むと言う選択肢もあります。

その中でも、小さなリフォームで済ますお宅もあれば、本気モードで全面をガラりとかえてしまう全面リノベーションを希望される方もいらっしゃるんですよね。

今回は居住中のお宅をフルリノベーション選択された方がいらっしゃるのですが、これがまた悩みの種だったりします。

なにを悩んでいるかと言うと、立地条件と要望、さらに将来的な資産価値を検討すると。。

この規模のリノベーション工事を行なって、本当のオーナーの資産価値として良いモノとなるかって事なんです。

ましてや建築する土地が葉山なので、大工の修行中の頃から地形と風土を知りすぎている性もあると思うんですね。。

今回、お宅を拝見させて頂いていたのですが、どうも不同沈下している所が多いんですよね。。


横須賀市の高台に建つ! 2棟のジブン•Style☆

あんまりこういった偶然は、なかなか無いと思うんですけどね。。

中尾建築工房は一切の建て売り分譲住宅などを手がけません。
基本的に棟数を競い合っている訳でもないですし、あくまでも新築注文住宅の設計施行屋としては、設計のスキルや施工の能力で評価して頂きたいのが造り手としての正直な本音。そんな私たちが追求しなくてはならないのは、本物の家を造り続ける事とオーナー様の満足度でなくてはならないのです。

だからあんまり同じ場所に2棟や3棟建つって事が少ないのです。

でもたま〜に。。

ほんっとたま〜になのですが、三浦や横須賀市の某土地では、中尾建築工房の家が向かい合って建っていたり、数件先に建っていたり。。

そんな偶然があったりします。

そして今回、横須賀市内の某高台にて2棟同時に着工を迎えるお宅の模型が完成しました!
しかも宅盤自体は揃っていて、ホントに隣同士の家が建つ事になったのです!
IMG_9743.jpg

1棟は贅沢な平屋の家であり、もう1棟は2Fリビングで南面には遮るモノが一切無い開放的な空間!2棟共に中尾建築工房が得意とする自然素材の漆喰珪藻土や、無垢の床材をセレクトした気持ちの良い家として建つ予定です!こだわりのある自然素材の注文住宅は見所が盛りだくさん☆


横浜市戸塚区『団欒を引き立たせるクリの無垢板を削ってます!

とは言っても私が直接的に削っているのではないんですけどね(笑)

横浜市戸塚区にて現在着工中の団欒の家。
その団欒を引き立たせる為にチョイスされたのが、掘りごたつのある小上がりスペース。
この小上がりにはクリの一枚板をローテーブルとして採用する事になってました。

そして今日、現場の段取り上、無駄になりそうだったので事務所に戻って来た江上棟梁。

戻って来るなり『週末に予定してた無垢板、今から削ろっかな〜』といきなり言われて、事務所に居た私と高橋とで道具を出したり、いきなりドタバタが始まりました!

そしていきなり削り始めるのですが、この時中尾建築工房に居たのは元大工の私と高橋、そして現役大工の江上棟梁です。
大工が三人ですから、会話も実に面白いんです!


まずは私が選んで来た板を見るなり。。

江上棟梁
『おーいいじゃん、まっすぐだし平らじゃん』

中尾
『ん〜とさ〜、ちょっ〜とだけ、てってない?端っこんとこ』

江上棟梁
『いや、平らだよ』

中尾
『そっかな〜、でもてってるんじゃない?!
てってるとこだけ電気ガンナで削って、ベルトサンダーで仕上げた方が良くね?!』

江上棟梁
『いや、こんだけまっすぐならサンダーでイケんべ!』

そして。。


自然素材の無垢板が中尾建築工房に到着☆

前回のブログでご紹介させて頂いた無垢の板材達が、週明けの昨日に中尾建築工房へと配送されましたー☆


今回は2t車をチャーターして新木場から無垢の板材達を持ってきたのですが、このトラックにはユニック車の様なクレーンなども無い•••


なのでちょうど事務所に居るスタッフだけの手卸作業で運びました!

重たいんですよね。。この板達。。。

CA3F0014.jpg

どうです?

これだけたくさんの板をまとめて購入してきましので、相場からすると相当なコストパフォーマンスになっていると思います!


自然素材の無垢板を探し求める設計事務所+工務店!

可能な限り良いモノを。

出来るだけ上質な無垢材を。

それも全て予算内で!

そんな方が中尾建築工房に訪れていると思っています。

そういった期待になんとか応えるべく、私たちの場合は色んなルートを探します。

岩手県の森林連合組合にも聞いたり、岐阜の市場にも聞いたり、新木場の問屋さんにも聞いたりします。

ただどこで聞いてもやっぱり共通している事は、長さや横幅、厚みなどの寸法や樹種(木の種類の事ですね)を指定して、製材に廻してもらうと結構な金額を言われてしまいます。

でもそこまでの予算は掛けれないしなぁ。。

そこで今回は、主に座卓などで利用出来る板やカウンター材、ちょっとした洗面ボールに『これ、何に使うの?!』って思われるであろう無垢板を探し求めて新木場へと行って参りました!

PAP_0577.jpg

無垢の板材を扱えられる方なら、よだれが出そうな無垢板ゾーンに侵入します(笑)


無垢の飾棚を造ってみました!

きれいな無垢の板って言うのは、お金を出せば値段相応のモノが購入できると思います。

でもきれいな無垢の板ではなく、アンティークな無垢板を望んでいる方も中には居ます。

そうした板って言うのは、お金を出しても早々売っている訳ではありません。

では、アンティークな無垢板を欲しい方はどの様にしたら良いのでしょう。

その答えがここにあります!

CA3F01180001.jpg


大きな吹き抜けのある家、取材されました☆

以前に某湘南○○にて、大きな吹き抜けのある家を建築させて頂きました。

このオーナー様のお宅が次回の神奈川の注文住宅に掲載されるので、リクルートさんが取材に訪れました!

IMG_4227.jpg

左側の隅っこに、カメラマンさんが撮影をしている様子が分かりますね☆
撮影の際には、オーナーはみなさんとても緊張される様ですが、お子さん達は元気げんきっ!


杉の無垢板材は完売です!

週末の今日、中尾建築工房には打ち合わせ希望のオーナー様が押し寄せました(笑)

本当の目的は打ち合わせ。。

でもオマケの打ち合わせがありました!

それは昨日、入荷したばかりのこの板です。


YOKOHAMA|鶴見見学会終了しました!

こんばんは〜

ようやく事務所での片付けが終わりまして、ブログを更新出来る時間となりました。

今回の見学会、中尾建築工房では初の横浜エリア見学会だったので『どうなんだろうな〜』って思っていました。

そしたらやっぱり横浜も湘南も変わらないんですね。

多数の方といろんなお話をさせて頂きました。

模型と図面をにらめっこして打ち合わせされる方有り『実際のところどうなの〜?』って聞かれる方有り、住宅相談が人生相談になってしまった方有り、現在打ち合わせ中で生まれたばかりの赤ちゃんをすっごい揺さぶりしながら遊んでいる方有りといった形で、いつもとなんら変わらない見学会を終える事が出来ました(笑)

また会場をお菓子頂いた・・

いやいや、お貸し頂きましたの間違いですね。
お菓子の家なもんで、変換が癖になっているようです・・

会場をお貸し頂きましたJ様、ありがとうございました!
見学会に来られた皆様、あの梁に圧倒されてましたし大変勉強になったそうです☆


すごい土地出ました|逗子市 本当にこの価格なの?!!

週末の夕方に一本の電話が掛かって来ました。

電話の主は中尾建築工房の見学会に何度となく足をお運び頂いてるK様。
K様は土地を鎌倉や朝比奈方面や逗子といった感じで広範囲で探していたんですね。

なんどか物件を見つけては連絡をもらい、足も運んでは見たんだけれども。。

どうもなかなか良い土地に巡り会わないんですね。。

でもって週末の電話では『なんかさ〜、すっごい良い土地だと思うんだけど逗子なんだよね〜
価格も○○○○万円で50坪もあるんだよね〜
あたしたち、今日ず〜っとこの土地の所に居るんだけどさ〜
一回、中尾さんに見てもらった方が良いかと思って。。。』


横浜 鶴見区に建つ家 上棟しました! 

IMG_3808.jpg

本日、お日柄もよい大安の日に横浜市鶴見区の『お菓子の家』が上棟しました!

9月の上棟と言えば、心配になるのが秋雨前線や台風シーズンという事です。

でも今日は快晴の中で、中尾建築工房の大工さんが大活躍です☆

現場では率先して、綱雄棟梁が軸組を組み上げてくれました。

やっぱり無垢の木で建てる軸組は香りも良くて、見る者に癒しを与えてくれますね〜



自然素材の無垢板はこう使う!

今日は着工を10月に控えた横浜市旭区のオーナー様と打ち合わせでございます。

世間ではシルバーウィークです。

出来たばかりの連休を使って、打ち合わせに精を出されている方もいらっしゃいますね。

このオーナー様は、やっぱり自然素材が好き!

なので対面キッチンカウンターに選んでいた赤タモから、どうせならと言う事で岩手県産のクリ材をチョイスされました〜



必見です!!無くなったらごめんなさい・・・

ちょっとだけ更新率アップ!(笑)

別に暇になったと言う事ではないんですけどね。

今日はかねてから設計打ち合わせ中の方との約束を果たしに、朝から動いておりました!

みなさんからの要望はぁ。。


『無垢材の板をまとめて買って来て!』

という約束をしてたんですね。

さて、それではどこに行っていたのか?!

実は木材の市場に行って来ました〜☆


三浦市のマーク様邸が本日放送されました☆

今日も一日、暖かかったですね〜

そんな日曜日の今日、例の番組が放送されました!

普段は放送時間になると事務所で仕事をしている私ですが、今日は自宅できっちりとテレビを見てましたよ〜


こんな家造りも・・・

hayama.jpg

私は個人的に好きですね☆

なんというか・・・

家族の形というか。。

日時:2009年4月 6日 22:04
続きを読む"こんな家造りも・・・"

Design koumuten|今日も一日が始まっています☆

現在、数組の方のプランを作成中!
中尾建築工房事務所からです☆

IMG_2735.jpg


川崎市のU様邸が「田園都市生活」に掲載されました☆

昨日は膨大な資料が机の上にあり、お片づけに四苦八苦していた一日でした。

そして今日、送られていた資料の中に一冊の本を見つけたんですね。

それがこの本です☆


見学会終了しました☆

今日も朝から家造りに熱心な方々が、時間の途切れる事なくご来場されました☆

現地の葉山現場には私と今野が。

そして本日、鎌倉のオーナー様がテレビ取材の日だったので、施工管理の高橋が現地で立ち会いをしていました。


なんと鎌倉のオーナー様は3月8日に放映が決まったそうです〜☆

日時:2009年2月 8日 18:03
続きを読む"見学会終了しました☆"

葉山 無垢材で建てる注文住宅 着工しました!

昨日は風が強くて、とんでもない天候でしたが本日は快晴!

天気も良いので、葉山で着工を開始した「ハンモックの似合う家(私スタイルてんこもりバージョン)」へと行ってきました。

葉山は個性的な住宅が建つエリアですが、私たちのオーナー様も限られた予算の中でこだわりの健康住宅を目指されています。
このお宅、自然素材の使い方としてはいつもの唐松とは違い、杉材を多く用いています。
月日が経つと共に趣きを増す杉無垢材は、味わい深いテイストを醸し出してくれるでしょう。


無垢材とデザインにこだわる事

今日もプランを考えてたら、こんな時間になってしまった・・・

夜遅くになると、廻りがシーンとしているせいか・・

普段、頭の中で考えている事がふいに出て来たりする。


「神奈川の注文住宅」が取材にやって来た!

先月の末あたりに「神奈川の注文住宅」を編集しているリクルートさんから連絡を頂いた。

「来年一月発売予定の神奈川の注文住宅の特集があるのですが、中尾さんの所で施工されたお宅の中に、子供達と楽しそうに暮らしを楽しんでいるご家族って居ますか?」

なにやら自然素材を取り入れていて、健康に配慮した健康住宅である事が今回のテーマらしいのです。

えぇえぇ、ありますよ、ありますよ〜♪

と言う事で、さっそく2軒ほどのお宅をピックアップした!


そして二週間程経ったある日、リクルートさんから一本の電話が・・・

「葉山のMさん邸、取材させて下さい!」とのお返事・・・