鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

防火設備の価格上昇、その後

いわゆる、窓の事ですからね。

もうだいぶ前の話になるのですが、防火、準防火地域に建てて、かつ延焼のおそれのある部分に関しては、防火設備(窓の事)の価格が上昇するって話があったかと思います。

※延焼のおそれのある部分とは?
隣接する建築物等が火災になった場合に、延焼する可能性の高い部分のことで、隣地境界線又は前面道路中心線から、1階は3m以下、2階以上の場合は5m以下の距離にある部分のことをいいます。

これね、あんまり詳しく話せない部分も多々あるのですが。。

要はね。。

ま〜、民主党が政権を勝ち取って、開けてはならないパンドラの箱を開けちゃった訳なんですよ。

様は国が定めた基準が低いんじゃないかって事になって、防火設備(窓の事)を造る各メーカーを問いただした訳なんです。

当然、メーカー側としては基準をクリアした窓を造っていたのに、いきなりそんな事言われたら怒りますわな・・

そこで各社共に、新たなライン(工場)にて、新しい防火設備(窓の事)を造る事になったんです。

でも、そこで某メーカーが国に噛み付いたっぽいんですよね。。

こういった時の場合、やはりどのメーカーも足並みを揃えて商品を販売したいのが本音だと思います。

国に噛み付いたメーカーは、お墨付きを貰えないから、お墨付きをもらっているメーカーもうっかり販売出来なくなってしまいました。

それでもようやく話もまとまりまして、中尾建築工房でも新たな防火設備(窓の事)を採用するべく、メーカー側との打ち合わせを行いました!

ちなみにこの窓、前評判では価格は3倍、窓の重量は2倍との前評判があったのです。
さすがの私も『まいったなぁ・・』って感じだったのですが。。

bouka-setsubi-kakaku.jpg


横須賀市浦賀丘フラット35Sの選択肢を考え中

んー、建て売り住宅みたいな閉鎖的な間取りほどフラット35Sの技術基準はクリアしやすいんです。

でも、そんな建て売り住宅の様な万人受けする家を望む方が果たして中尾建築工房に来る果と言うと。。

それはまず無く、ほぼ100%の確率で、開放感のある家を望まれますし、より開放的な窓開口を求められるのです。

そこでフラット35Sの技術基準の話になると。。

建て売り住宅=ありとあらゆる部屋が狭いので、壁がいっぱいある。

注文住宅=どっかーん!っと開放感のあるリビングを!
さらには大きな吹き抜けがあって、夏涼しくて冬は暖かくて。。

なんて注文が多い訳です。
そして更には風水などの条件も加わった事を加味して行くと。。


横浜市港南区港南台|patioのある家上棟☆

いやー、とうとうあの噂の家が建ち上がってしまいましたねぇ・・・

ここ最近に中尾建築工房に訪れたOBのオーナー様や、打ち合わせ中の方なら間違いなく知っていると思いますが、噂のあの家が今回上棟でございます。。

建物のサイズやデザイン、そして性能面はおいておいても、建築場所は横浜市は港南台という大変閑静な住宅地でございます。
しかもすぐ近くには大手ハウスメーカー様が集結をしているtvkハウジングプラザや、近隣には高級住宅専門の工務店様もいらっしゃるエリアでございます。

そんな横浜の中では閑静な住宅地であるエリアに、横須賀の山奥にある設計事務所+工務店が今回の案を計画させて頂いた訳でございます。

が、しかーし!

『いいのか、ここは港南台だぞっ!横浜の高級住宅地なのにも関わらず、俺たちが行っちゃってもいいのか?!』
そんな葛藤はちょこっとだけございましたが、依頼を受ければ施工エリア内なら行くのが中尾建築工房!

そんな訳でー

2012年4月19日の建築大吉日、に横浜市は港南台にて『patioのある家』が上棟しましたー☆

パティオ=中庭という解釈なのですが、外観から見るだけでは中庭の存在は分かりません。
なのでそのまんま床面積として考えると、大変大きく見える訳なんですね。

もともと延べ床面積だけでも充分大きいだけに、躯体が建ち上がった様を見るととてつもなく大きく見えてしまいます!

yokohamashi-kounandai-jyoutou-n.jpg


横浜市保土ヶ谷区|地鎮祭を執り行いました!

2011年10月20日の建築吉日、横浜市保土ヶ谷区西谷にて地鎮祭を執り行いました!

今日は平日になりますが、地鎮祭を行なっています。
よく一般的には土日に地鎮祭を行なう傾向が強い様ですが、そこはやはり私が元々大工の棟梁という事もあって、吉日を選びます。

その吉日の中でも建築吉日の良き日を選ぶ事が多いんです。

やぱり地鎮祭とか上棟とかは、縁起の良き日に執り行って、最高の環境を造りたいのが造り手としての本音なんですね。

その建築吉日に、横浜市は保土ヶ谷区で地鎮祭を執り行う事になりました!

この保土ヶ谷区に建てるオーナーのTOKOMA さん☆

今日の日の為に気合いが入ったのか、スーツで登場です!!

hodogaya-jichinsai-nishiya.jpg


UFOさんLAさん、頑張ってます! inHAYAMA

やっぱやるときゃやるよね〜☆

そうそう、やっぱりこういった作業はご夫婦で仲良くやらないとね。

いろんなお宅があるんですけど、今回はとっても期待出来ると思うんですよね、私的に。。

実は昨日、現地に行って作業の様子を見に行っていたんです。

そしたらお二人で仲良く作業されていた所をお邪魔した訳なんですが、なかなかいい感じで仕上がっている感じです!