鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

雰囲気の出る間接照明|ご入居後のランプはどこから買うか?

中尾建築工房では、雰囲気の出る間接照明にしたいっ!!

と、リクエストがあった場合は。

私や設計職から、間接照明のプレゼンを行っております。

必ずやった方が良いと言う事では無いのだけど。

中には。

「照明は普通でいいや〜」

と言われる方も居らっしゃいますので。

その場合は、極力照度の不足が無い程度の器具を選定しております。

でも、せっかく新築の家やリノベーションをするのだったら。

どこかに間接照明を入れて。

雰囲気を楽しむ!

と言った、心のゆとりがあっても良いかと思います。

ただ、この間接照明はですね。

ランプも器具も、その辺の家電屋さんでは購入出来ません。

どちらかと言えば、私たちの様な建築の業者から購入する事になります。

私が採用している間接照明は、主に DNライティングと言うマニアックな照明メーカー。

※DNは2013年にダイア蛍光(株)とニッポ電機(株)が統合されて出来た会社です。
それ以前に建てている方は、NIPPOってブランドですからお間違いなく!

このメーカー様は元々、住宅用ではなくて。

店舗や公共工事、ホテルや結婚式場に使われるモノが殆ど。

私の場合は、それを住宅に採用出来る様に工夫しているから。

住宅でも、間接照明が成立してしまってる訳なんですね。

つまり、元々が住宅用で無いから、家電屋さんでは購入出来ないと言う訳なんです。

ではでは、間接照明を見た事が無い!

そんな方の為に、こんな感じですよーと。

複数の画像を掲載したいと思います!

kansetsu-shoumei-lamp-koukan.jpg


葉山町堀内屋上ルーフバルコニーの照明を検討する

昨日、同じ葉山町内の下山口にて地鎮祭を執り行いまして、その後は夜しか試す事の出来ない現場に行きました。

場所的には葉山町堀内のお宅になるのですが、こちらのお宅はルーフバルコニーを取り付けた家になりまして、そこの照明を出来るだけグレアを感じない照明にしたいかなと。

でも、既成品の照明には、該当する照明器具もありませんで『さてと、どうすっか・・・』と検討していた照明になります。

実際に現地に行きまして、一体なにを試すのかって言うと。。。

hayamamachi-horiuchi-m-roof-shoumei.jpg

まるで夜中に真っ暗の中で怪しい事をしている二人が見て取れると思います。
おそらく犯罪者では無いかと思うのですが、建築工事中の現場最上端にて外壁に照明を当てたり、空中にライトを流したり、反射効率を確かめながら色々と検討をしております。。

これ、室内であれば、壁面の反射効率が黙っていても分かるんだけど、外部になると反射するモノがなにも無いのよね・・

なので間接照明を造るのがとっても難しいんですけど、なにもやらないよりは、やった方が言い訳で・・・

一番有効なのは外壁と同素材で反射板を作れれば良いのだけれども、すでにルーフバルコニーをMAXの高さにしてしまっているせいもあって、外壁と同素材では反射度合いも見込めない・・

では、どうっすかって事になりまして・・


デザインのある家には照明でアクセントを!

いいプランニングが完成したら、そこで満足するのではなくて照明案なども力を入れると家の見栄えや完成度も高まります。

私が照明のプランニングをする場合、気をつけている事があります。

それは家々によるのですが、お金をちょっと余分目にかけて、更に良い感じの演出をしたりとか。。

そんなの全然興味が無いよ〜と言う方の場合には、それこそ裸電球を使ったりしています。

これはあくまでも個人差がありますので、一概にはなんとも言えません。

でも、やっぱり力を入れた感じの照明案を入れる場合は、同じStyleの家でも全然印象が変わったりするんですよね。

shoumei-keikaku.jpg

この家は外観などに建物からの照明ではなくて、アッパーライトを建物の外から当てている感じですね。

家の周囲にアッパーライトを5発当ててみると、こんな感じの雰囲気が出せたりします。

shoumei-keikaku2.jpg


ここは本やCDを収納する棚を造った所にアッパーライトで間接照明を入れると、非日常的な灯りが演出できたりします。