鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

住宅用照明器具にちょっと一手間掛けてみます。

住宅照明と言えば、各照明メーカーに記載されているカタログモノの中から、照明器具を選択しまして取り付けるのが一般的。

照明器具のワット数もそれぞれ違ったり、色温度なども様々なラインナップから選ぶ事が出来る時代です。

でも、注文住宅の場合って、必ずしもその室内の雰囲気にあうモノが必ずあるかと言えば、そうでもなかったりします。

例えば中尾建築工房の場合で多いケースがリビングの天井を板貼りをするケース。

そしてそこにダウンライトを入れる場合などは、私もちょっと悩んだりします。

なぜならダウンライトの縁って白とか黒のいずれか、もしくは和風な色合いの縁になってしまったりするんです。

その色合いが板貼りとあうかと言えば、ちょっと気になる。

そんな時、少しの時間があると、こんな事も出来たりするんですよね!

shoumei-dl-tosou.jpg


これ、箱から出した状態のダウンライトになります。
皆さんは仕上がった所のみご覧頂く事が多かと思うのですが、実際のダウンライトって天井の中に埋まっている部分がこれほどまでにある器具なんです。

へ〜って感じですかね(笑)


空間を柔らかな光で演出する間接照明|一石二鳥にするテクニック

間接照明と言えば、やはり柔らかい光が演出出来て、なんとな〜くリラックス出来ると言うか、大人な雰囲気を醸し出せる照明として、定評があるかと思います。

その間接照明がどういった所に多く採用されているのかって言えば、大抵の場合は結婚式場やホテルの主照明としてだったり、店舗などにある商品を陳列する棚の中に多くの間接照明が採用されているかと思います。

その間接照明、私も色んな間接の手法を使いますけど、個人的には二通りの使い方があるかと思っています。

一つは高級感を出す場合
これ、店舗などの照明設計ではよくあるんですけど、商品を間接照明で映えさせる方法です。
例えば、ローレックスなどの高級時計やエルメスの財布などに代表される様なブランドショップでは、壁面に設置されるショーケースの所に、ところかまわず多くの照明器具を入れまして、商品の高級感をより感じられる様な造りになっていると思います。
お店のセンター辺りにあるショーケースなんかの場合だと、天井からピンスポットタイプの強いグレアレスダウンライトを入れている場合もあります。

では、こういった照明ばかりが注文住宅とは言え住宅に合うのかって言えば、おそらく合わないかと思うんです。

よほど記念となっている画とか、写真を飾るなら話は別ですけどね。

でもそんなにライトアップする様なモノ、おそらく皆たくさんはお持ちではないでしょうし、そこまでモノを強調してどうするのって場合がほとんどだと思うんです。

でも、やっぱりせっかく建てる家には間接照明を採用してみたい!

こんな事もあったりしますので、私も割りとトリッキーな間接照明を使ったりするんですよね。


kansetsu-shoumei-techniqu.jpg

この画像を見ると、穴の開いた所から光がこぼれてきて、玄関ホールを明るく演出する雰囲気を漂わせております。
ちょうど壁の後ろにあるダウンライトからの光が、あたかもホールまで照らしてくれている。

と見えるんですけど、実はそれだけでは、ここまでは明るく出来ないんです。

ちょうど天井部分にもダウンライトが付いているのですが、このダウンライトが一役買っているんですね。
ぱっと見はランプが点灯していない様に見えるのですが、実はこれ、きっちり明かりを灯しております。
これ、グレアレスダウンライトと言いまして、私もバーカウンターを造る時や、テーブル席のテーブル中央を照らすのに良く採用する照明器具です。

一番奥の壁に天井から灯されるダウンライトの光が壁に反射をして、あたかもホール中央部分を灯しているかのごとく錯覚効果を狙ったライティングですね。


LED照明の納得出来ない価格改訂!

昨日、納得のいかないと思っていた照明器具がこちら。
これはリーズナブルだった照明器具なのですが、この後生産終了となりました。

ランプ自体はこの当時、別売りだったのですが、それにしても。。

LEDshoumeikigu.jpg

◆生産終了品
◆希望小売価格 税込1, 880 円 (税抜1, 790 円)
ランプ別売(E26)

これ、メーカーさんのホームページに記載されていた価格です。
んで、この器具が生産終了品となって、その後に出た照明器具がこれ。

LEDshoumeikigu2.jpg

◆生産終了予定品 (2013年10月生産終了予定)
◆希望小売価格 税込8, 190 円 (税抜7, 800 円)

これが後継の機種になって、ランプが付くようになったんだけれども、価格が4倍以上になってます・・

前のタイプはランプが別売りだけれど、口金がE26なんてタイプのLED電球なんて1000円も出せば充分に変える訳です。
だからこの時点での定価設定が、全く意味がわかんないんですよね・・


照明プラン|正しい間接照明の使い方

こちらでもアップさせて頂いたのですが、照明って結構奥が深いんです。

マニアックな専門用語を並べると、照度とか色温度、輝度と言った単語が数多く登場するんです。

これをトータルで計画する事で、オンリー1の照明設計が出来るんですね。

では、一般住宅の照明設計で必要な事ってなんでしょうか?

私が思うに、多分飲食店とか宝石店の店舗の様な、きらびやかな照明ではないかと思います。

むしろせっかく家を建てるのだから、どこかにはこだわった感じを出したいけど、電気代も消費電力も抑えたいんじゃないかなって思われる方が多いんだと思うんです。

では、出来るだけ消費電力も抑えて、でも少しは人とは違う間接照明をしたい場合はどうすれば良いのかって言うと。。