鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

新たな家具職人現る!中尾建築工房の事務所に突撃!

日々、中尾建築工房の事務所では、問い合わせフォームからの資料請求や。

電話での相談があったりするのですが。

電話やファックス、メールの中に多いのが。

営業的な場合だったりすることが多い。

「社長につないで〜」

的な事を言われたり。

あたかも。

「社長と知り合いです〜」

位の事を言って来られる方も居るので(笑)

どの業界の方にも。

「間に合ってますよ〜」と。

私もスタッフも共通の認識を持って、お話をさせている感じなのです。

ところがある日。

家具専門で仕事をしている職人さんが。

たった一人でやって来たそうなのです。

※私はまだマグロ船に乗ってる頃の事だから。
居ない事が多い時期だったんですよね。

なんでも聞けば、横須賀市内で。

家具も積極的に造っている、注文住宅の工務店をネットで検索をして。

私のブログを見て、中尾建築工房に訪れて来たらしいのです。

職人がたった一人で工務店に来るって事は。

私もあまり聞いた事が無いのだけど。

話を聞いてみる限り、実力はありそう。

実は以前にリンク先の様な事がありまして。

一人の棟梁が脳梗塞になり、大工さんが一人減ってしまったのです。

なので。

家具部分だけでも出来れば、大工さんも工期的にも楽になる。

元々が、中尾建築工房の大工さん達は何でも出来る人が多いので。

家具もひっくるめて、お任せする事にもしていたのだけど。

分業もありって事にすれば、良いかな〜と思ったのであります。

でも、なんで。

実力がありそうなのかを分かるかって言うと。

自信の無い職人さんって言うのはね。

高額な無垢の木を見るとね。

「自分が触って失敗したら、どうしよう・・・」

とか。

「こんな高い木材触った事無いよ・・・」

と、たいていの場合はこうなる。

私も大工仕事で難しいとされる丸太の梁やら、絞り丸太の造作、化粧垂木などを仕事する時。

ビビるはビビるのだけど、どうやったら綺麗に収まるかを。

とことん考えて、イメージを浮かべて。

そこから作業に入っていたから。

考えても分からない事は。

本を購入して、規矩術をマスターする様になって。

今は良い時代になりましたよねー
アマゾンでポチっと買えちゃいますけど、あの頃は書店で依頼しても取り寄せるのに結構な時間が掛かりましたねぇ・・

本の通りにやってみると、計算はめんどいけどしっかりとハマる様になり。

どちらかと言うと、ビビるよりも楽しみの方が強くなってしまって。

時間が経つのを忘れてしまう位、没頭する人だったんです。

なので、私がその家具職人さんに見せた材料とは。。

muku-walnut-genkan-door.jpg


左官女子!プロの左官職人が施行する天井・壁の珪藻土の塗り方実践編

大工の私が無垢板の削り方を動画で説明したり。

壁塗りの指導をしたりして、割りと施主施行のポイントは抑えている中尾建築工房。

今日は横須賀市長沢に建築中の『毎日Resortしたい家』に、打ち合わせをする為に現場へ行きました。

室内では、プロの左官職人さんが珪藻土の仕上げやパテ下地作業を進めてくれています。

ここで見かけたのは、なんと!

左官女子!!


yokosuka-yokohama-sakan-keisoudo-nuri.jpg

なんでもアルバイトとかではなくて、本気で左官職人を目指しているらしく、現場で頑張っております!

なんか、良いですよねー。

建築現場も男性のみならず、女性だってやれる方はやって頂いた方が良いと思う。

なぜなら、繊細な部分の仕上げとかって。

男性よりも、女性の方がアーティステックな仕上げが期待出来ると思う訳ですよ。

なので。

職人つーのは、男性が当たり前って風潮では。

無いところがよろしいかと(笑)

そこで。

今回はせっかく左官女子も居らっしゃいましたし。

プロの左官職人さんも現場で塗ってくれているし。

プロがどの様にして、室内珪藻土の塗り作業をしているか?!

これを動画で公開したいと思いまーす!


大工技世界頂上決戦|日本vsドイツ

先日、たまたまテレビを見てたら、こんな番組を放送していました。

大工技世界頂上決戦|日本vsドイツ

日本もドイツも、どちらも技術や素材に関してはこだわりのある国と言う印象が私の中にはあるのだけど。

ドイツ人のこだわり半端ねーと言うのは。

ドイツの天然素材で造った珪藻土の開発に私も絡んでいたので、良く知っている。

この大工技世界頂上決戦|日本vsドイツ。

番組的には、前半戦と後半戦に分かれているのですが。

前半戦は、角材に穴を開けるスピードを競っていました。

結果、日本の大工さんがぶっちぎりで勝利!

写メは撮れなかったのだけど、さすがだなぁと思う傾向。

どちらも電動工具は使わないで、あくまでも手工具のみの作業です。

そして写メを撮り出した後半戦。

daiku-taiketsu-nihon-doitsu.jpg

勝負種目は継ぎ手強度対決。

この継手と言うのは、日本の大工で言う仕口(しくち)の中の1つでありまして。

既成品の木材は、たいていの場合3、4mにカットされているので、それを長手方向に木材を組み合わせる技術の事。

この継手対決と言う事になると、私が真っ先に思ったのは。

金輪継ぎだべな・・

と思いました。


防潮堤公共建築物の工事方法、これでいいの?

私の家(賃貸マンションですがなにか?)の近くで、ある公共工事が行われています。

文化プラザで工事は行っているんだけど、私は文化プラザの守衛さんと仲が良くて、いつも挨拶を交わしています。
そこで工事をしていたから『この工事って、なんのためにやってるの?』と聞いてみました。

そしたら守衛さん曰く防潮堤らしいですよーとの事。

防潮堤って事は、津波や海面上昇した時に海水を防ぐって事なるんだろうだけど、ホントにこれは役立つのだろうか・・


なんでも文化プラザは、この辺りでは避難する場所になっているみたいで、敢えて造るらしいんですけどね。

たったこんだけのモノをやってもあんまり意味の無い工事の様な気がするんです。

bouchoutei-kouji.jpg

ご覧の通りに工事している防潮堤の横には文化プラザの地下駐車場へ侵入する為の入口があります。
その入口が開いている訳だから、ここを高くしてもあんまり意味の無い様な気がするんですけどねぇ・・・

んで、私が思ったのは公共工事の割には結構基準緩くね?って思ったんです。

だって施工方法こんなんですもん・・・


こだわりの職人|うなぎ職人編

ちょっと前のテレビで放送していた時のモノなのですが、うなぎを扱わせたら天下一品というおじさまが出ていました。

kodawari-shokunin-unagihen.jpg

ま〜、見るからに言葉遣いも荒々しいですし、無駄な動きと見える様で、実に効率良く動いているであろう職人さんです。

こだわり具合も半端無くて、他店舗のうなぎはくそだと罵ります。

私も元々は木造軸組在来工法の大工棟梁だったので、ジャンルは違えど職人の考えそうな事は、まずピントがずれませんので良く分かります。

職人って言う生き物っつ〜のは、基本こだわりが無いと生きていけませんからね。

逆を言えば、こだわりの無い職人っていうのは、私から言わせれば。。

職人さんの仕事はしているけれども、実は職人では無い。
いわゆるなんちゃって職人だったりするんですよね。

こちらのうなぎ職人さん、他店舗で出しているうなぎの事はくそ呼ばわりするのは共感持てませんけど、それを言い切らないと『お客さんに失礼だっ!』て位に、うなぎへのこだわりが半端無い様です。

こうゆう職人さんもだいぶ少なくなりましたよね。

おそらくこの方、お師匠さんとかも居らっしゃるでしょうけど、ここまで言い切ってしまう所をお見受けすると、おそらく師匠の教えをそのまんまやってきた方ではないと思います。

師匠の教えはあるけれども、それは基本として考えて、そこから更に自分自身で研究し尽くしたし、自身で試し、自身で満足出来るレベルを造ったのでしょう。
それがおそらく今のStyleなんでしょうね。
確かに言葉遣いは悪いけれども、人から教えてもらっただけの事をやっている職人であらば、こんなに横柄な事は言い切れないと思います。

実は私も師匠となる親方は何人か居ます。

でも、それはそれで無視する訳ではないですけど、やたらと本を読んだり、上手いと言われる職人さんの仕事を盗んだりしてきました。
なんでそんな事をしていたかって言えば、それぞれの師匠の仕事に不満があったからなんです。
仮に三人の師匠が居たとして、私がそれぞれに思っていたのがこんな感じ。


鎌倉・逗子・葉山・ちょこっと横浜エリアでの庭のお手入れ、リフォーム相談先

新築で家を建てると、家はとにかく良くなった!

でも、庭が・・・

という相談を、引き渡し間近になったりすると、相談を受けたりします。

その工事内容が建築的なモノであれば、中尾建築工房にお願いされても良いのですが。。

例えば植木だったり。。

樹木の伐採があったり。。

って事になると、私ではなく某造園業の方を紹介する様にしています。

理由としてはですね。

本来、職人って生き物は、クライアントに対してのコミュニケーションを取る事が苦手な人が多いんです。
腕は良いんだけど、ちょっと会話をしたりするスキルに関しては苦手な人がホントに多い。
でも、相手が現場監督とか、設計者に対しては、ま〜、普通に会話をする事が出来るんですよね。
ところが、その相手が一般の方になると、たちまち会話が出来なくって、なかなか話がまとまらなくなってしまうケースが実に多い。

では、元々大工の棟梁だったこの私、ある意味で言えばレア的存在な喋れる大工だったりします。
そうなんです、実は私の存在自体が割りとレアなタイプなんですよね〜(笑)

だいたい大工の親方って言えば、ねじり鉢巻に鉛筆差して、いつもブスっとしているイメージが多いと思う。
でも、私はTシャツ短パン、時にはビーサンな大工だったりするので、おそらく緊張感なく話が出来るんだと思います。

まぁ私の事は置いておいて、ご紹介をしている造園の職人さん、実は中尾建築工房で家を建てたオーナー様になります。
でも、仕事は代々続く逗子の造園職人さん。

何故にこの方を紹介出来るのかって言うと、一般個人の方に対して、きちんと会話の出来る職人さんなんです。
だから、ある意味で言えば、私達が間に入らなくても、この方とオーナー様と直接話をしてくれれば、いい提案が受けられると言う事がありまして、庭の相談をされる際には、『だったら吉田さんの電話番号教えます〜』的な話をしている訳なんです。

もちろん、紹介をしたからといって、賄賂とかはありませんからご安心を(笑)

その造園職人さんが、たまたま電話をくれまして、薪の元になる伐採した木を中尾建築工房に運んできてくれました!

yoshida-zouen.jpg

このアングルの吉田さんは、やっぱりオヤジさんに似てるわ・・

現場で伐採した木を頂けるので、後はもうすぐ中尾建築工房へと到着するであろう薪割り機が来れば、これらの玉を薪にする事が出来ます!
つまり、こうやって頂ける事から、私達も冬の暖房費が助かっちゃいます!
実は薪にも種類がいっぱいあるんだけど、中尾建築工房の事務所の場合は、常に冬は炊きつけているので、消費量が多いんです。
なので、広葉樹であれば、ほぼこだわらない。。
こだわり過ぎると、薪の種類にも制約が出てしまって、逆に貰えなくなっちゃうんですよね。
中尾建築工房の場合は、ある意味冬の暖房設備がStoveオンリーだから、ホントに薪を見ると安心します(笑)


横浜市金沢区|日本家屋の庇造作Part4

ようやく化粧となる部分の仕上げがほぼ終わりまして、今度は実際の屋根になる下地を取り付けて行く作業になります。

ここまで来ると、もうある意味では安心出来てくる部分でもあるのですが、やはり久々に触る白木の造作になりますので、最後まで気を引き締めていきたいと思います!

yokohamashi-kanazawaku-wahuu-hisasi-zousaku19.jpg


和風の軒を造作する場合は、主にこの状態で終わらせてしまう形もあったりするのですが、今回の選択肢の中では、このまま終わらす事はありえません。
と言いますのも、和風建築や社寺建築の中では、段々を多くするほど良い仕事と評価される風習があります。
さらには木小舞なども、本来であれば間隔をさらに広げたり、とにかく手間のかからない様にされたりします。

今回は、木小舞もきちんと多めに入れており、化粧板も厚手のモノを選んで貼りあげておりますので、ここまでやるなら当然良い仕事と判断されるべく、軒を重ねて仕上げる事が良い仕事と判断される訳なんです。
せっかく造るのだからと言う事で、ここは手間ひまを掛けて行くべく、ここから屋根が段々と重なって行く形になりますね。


yokohamashi-kanazawaku-wahuu-hisasi-zousaku20.jpg


横浜市金沢区|日本家屋の庇造作Part3

と言う事で前回の続き。

垂木掛けは前回で作業が終わったので、次には下小屋で刻み作業の出来なかった丸太を加工します。

丸太は角材の部材と違って、基準となるラインを引くのがなかなか大変だったりします。
今時の角材は、ほぼまっすぐな材料が多いですし、ねじれやそりも少ないので、墨付け作業は非常に楽チンなんです。
でも丸太の場合、ちょっと高度なテクニックが必要となるんですね。

ではその丸太の作業を公開してみましょう。

丸太に垂木を乗せる場合は、こんな感じで乗せる形となります。


yokohamashi-kanazawaku-wahuu-hisasi-zousaku11.jpg

丸太は木としての皮を剥いだモノをそのまま使いますから、基準となる線はそう簡単には出ないんです。
木って、根っこの部分は太くて、上になればなるほど細く育つ訳です。
さらに曲がっていたりもしますし、一部だけへこんでいる部分もありますからね。
それだけに画像に書き込んだ様に、彫り込みの浅い部分があったり、深い部分があったりします。
もし、これをそのまま丸太にドンと垂木を乗せて屋根にしてしまった場合は、丸太なりにねじれた屋根が出来てしまいます。
そんな事をしたら、屋根として収まらないので、ここはきちんと線と点を理解して造って行きます。
こういった部分で大工さんの技術で水平、垂直を出しつつ、更に墨壷で線を打つのではなくて、水糸を張って基準となる線の追い出しを行います。
ここは長年の技術と経験が活きてくる作業になりますね。

yokohamashi-kanazawaku-wahuu-hisasi-zousaku12.jpg


横浜市金沢区|日本家屋の庇造作Part2

さて、現場へと材料を運びまして、後は大工の棟梁として造作をするのみ。

本来なら下小屋(いわゆる中尾建築工房の倉庫部分の事をさします)にて、丸太の刻みや垂木がけ、広小舞の小穴付きなどもしたかったのですが、なにせ車の往来も激しいですし、下小屋内は材料でいっぱい•••

であれば、造作作業のしやすい現場でやってしまえ!と言う事になりました。

でも、中途半端で作業を止めてしまうのも勿体ないですから、出来る限りは下小屋にて作業をしておきます。

yokohamashi-kanazawaku-wahuu-hisasi-zousaku5.jpg

この割いた部材は垂木掛けと申しまして、屋根を支える垂木と言う部材を掛けて行くので、垂木掛けと呼ばれている部材です。
垂木掛けは、こうやって屋根の勾配に合わせて割く場合と割かない場合があるのですが、化粧仕事(いわゆる良い仕事と呼ばれるジャンルの造作の場合)の時には必ず割くのが通説。

これがどんな感じになるのかって言うと。。



横浜市金沢区|日本家屋の庇造作Part1

と言う事で以前にどこかでお知らせをした記憶のある、横浜市は金沢区に建つ『AN ENGLISHMAN`S HOUSE IS HIS CASTLE!』の庇造作の段取りを始めてみました。

和風の庇を造る時と言うのは、まず木材の選定から始めるのが定説。

完成形を頭に立体で浮かべて、ただ高い木材を購入するのではなく、ここには○○な木材を使っても大丈夫だし、ここだけはどうしても隠れる所が無いから、高い木材を入れて造り上げる。

そんな事を考えつつ、木材の選定をしているんです。

でも、市場で木材を購入する時って言うのは、木材自体も仕上がっている状態ではなく、荒木(製材して挽きっぱなしの状態)なのです。
その荒木の木材をプレーナーで直角や曲がりを取りつつ、寸法を統一させるのです。
そしてかんな仕上げを行って、鏡面仕上げになった木材は、角の面取りをしたのちに、今度は目止めや手垢防止の砥の粉を擦り込んでいくんです。

私が大工の見習い頃は、この砥の粉を擦り込む地味な仕事は結構やらされた記憶がありまして、砥の粉塗りだけは親方衆にも負けない位、作業には自信がありました(笑)
砥の粉と言うのは大きく分けると白、赤、黄、黒と言う感じで4種類ほどあります。
建築の仕事で使われる砥の粉は白砥の粉と赤砥の粉の2種類になります。
関東の方では、まずこの2種類くらいしか見かけないんですけどね。

私はどちらかと言うと、赤よりも白の砥の粉を使っておりました。
というのも私に和造作を教えてくれた棟梁は三崎の出身でして、三崎の大工で造作にこだわる棟梁ほど砥の粉は白を使います。
反面がさつな仕事をする棟梁ほど、赤砥の粉を使っていた感じがします。

せっかくかんな掛けして綺麗になった木材に砥の粉を塗りこむ訳です。
そして出来る限り最後は砥の粉があるかないかの状態にする為には、赤よりも白の砥の粉の方が適しているんですね。
だから私も三崎の大工系統になるがゆえ、砥の粉は絶対に白を使うという訳です。

という事で、プレーナー掛けや、かんな掛けとか加工段階の画像は無いけど、とりあえず砥の粉塗りの部分では写真を撮る余裕もありましたので、ちょっこここらでご紹介を。

yokohamashi-kanazawaku-wahuu-hisasi-zousaku.jpg


これが白の砥の粉になります。
この砥の粉をバケツに入れて、水の中に溶いて行きます。
そして布切れを用意して、水と混じり合って液体状態になった砥の粉を木材に擦り込みま〜す☆


内装の巾木を検討する

これは人によって、様々な考え方があるかと思うのですが、巾木と言う存在を皆さんは御存知でしょうか?

床と壁の接する部分に取り付ける横の木の事を巾木と言います。

この巾木、普通は壁から1cmほど出っ張る形状が一般的なんです。

situnai-turahabaki.jpg

これは西洋建築でも、和風建築でも共通しているモノになるのですが、やはりどちらにしても壁から出っ張っている存在です。

私も職人さんだった(一応今でも出来る。。と思う)頃には、普通に巾木は壁から出っ張るモノだと思っていましたので、なんにも気にする事なく取り付けておりました。

ところが建築業界の常識とは別に考えてみると、家の掃除をしている時に、ふと思う事があります。

建築業界のルールに不思議と違和感を感じるのですが、巾木の上ってホコリが溜まったりするんですよね・・

まーそこを掃除機で吸い込んでしまえば、どうって事はないのでしょうけど、忙しいと掃除も億劫になってしまったりもしますよね。

そこでちょっと考えてみたのが。。

日時:2013年6月18日 19:24
続きを読む"内装の巾木を検討する"

職人の魂を思い出す!

今日は朝5時に起きてから、そのまま事務所に直行しまして見積もりを造っていました。

そのせいか若干、今は眠たい感じです(笑)

実は今日、家に帰ってきまして、テレビを見てました。

私の見た番組は、江口洋介さん主役のdinnerと言う番組でした。

イタリアンのシェフを江口さんが主役として演じている番組なのですが、私的には別業界なんだけれども、モノ造りとしては同じ類いに入る人達と認識しておりますので必ず毎週見ています。

今週は、サッカー選手の話だったのですが、その裏で皿洗い(見習い)の子が、途中で仕事を投げ出してしまう部分がありました。

結果的には、見習いの子はがんばろうと思った訳なのですが、それを見て私の職人さん時代を思い出したのです。

懐かしいんですよね、こういうのって(笑)

日時:2013年2月24日 22:02
続きを読む"職人の魂を思い出す!"