鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

数年前に建築させて頂いたOBオーナー様からのご連絡がありました。

数年前に三浦市に新築の家を。

ちょうど1年前に、ご自宅のマンションのリノベーションを。

たった数年の間に二軒の工事をご依頼頂いた、OBオーナー様からの連絡がありました。

その連絡には、外構の塀に塗った漆喰に。。

なにやら缶スプレーらしきモノで。

個人を特定する名前と、中傷が書かれてしまったと・・

この個人を特定する人物は、私たち中尾建築工房も。

もちろんOBオーナー様も、全く関係がございません方です。

なんで、こんな事をしでかすかなぁ・・・

miura-itazura-rakugaki-higai.jpg

中傷っぷりを見る限り、警察の方に対しての中傷みたい・・

それにしてもひどい、最低な行為です。

こんな事を赤の他人にすれば、全部自分に跳ね返って来るのが分からないのだろうか・・・

この連絡を受けて、早速金物店で用意出来る品物を揃えて。

現場に急行する事にしました。

この修理、オーナー様自ら漆喰を上塗りされるとの事。

この場合、赤い文字をある程度までぼかす事が出来ないと。

文字の下地が出てしまうので、上塗りのやり直しになったりします。

なので落書きは出来る限り、早く落としたい。

そんな理由から、すぐさま行った訳でありますが。


誰も教えてくれない自然素材のデメリット

自然素材と言えば、誰もが憧れる素材になりつつありまして。

昨今では、分譲住宅(建売住宅)業者様などでも。

自然素材を扱い出す様になりました。

これはこれで良い傾向だとは思うのですが、自然素材にデメリットは無いのか?

ここを知っているか?

それとも知らないで、流行りに乗って採用してるか?

ここも業者様を選択する、一つのポイントになる様に思います。

そもそも新建材に比べて、自然素材は確かに体に良い素材です。

けれども。

床や構造、内法(うちのり)に、見切り材などなど。

これらが無垢の木だったりすれば、確かに自然素材です。

この素材、新建材と比べて何が違うのか?

新建材の場合、湿気さえ吸わない限り。

概ね、素材の変動や狂いがありません。

また若干、化学製品的な接着剤の臭いがします。


これが自然素材の無垢の木だった場合。

湿気を吸ったら、膨張したりといった変動がございます。

そしてまた、元に戻ったり。

湿気や熱により、動く素材が自然素材です。

自然素材の中でも、針葉樹の無垢材などは。

特に湿気や熱による変動を受けます。

ホンの数ミリですけどね・・・

例えば。

薪ストーブの熱が直接当たる所に、針葉樹の無垢床などを貼っていれば。

床と床の間が、ごっそり隙間を開けたりします。

shizensozai-demerit-oshiete.jpg

これ、中尾建築工房の打ち合わせスペースの床。

すぐ近くに薪ストーブが設置されております。

こんな感じに隙間が出来るんですね。

針葉樹は杉や桧と言った、比較的柔らか目の木材として利用されています。
その反対は広葉樹と言って、ウォルナットやチークの様なとても硬い木材です。


つまり、新建材に比べて動きがある。

これが自然素材のデメリットとも言えるでしょう。

なので、ちょっとした隙間だったり。

無垢の木は伸び縮みがあるのだと、理解出来ない方にとっては。

これは最悪のデメリットと言えるかと思います。

まぁ、元大工の私からすればですね。

自然素材の無垢の木は。

動いて当然。

痩せて当然。

隙間が出来るのも、当たり前。

だってそういう特性を持っているのだから、仕方がありません。


自然素材の珪藻土壁に付着した汚れ|果たして汚れは完全に落ちるのか?!

つい先日、お引越しの際にあったトラブル。

引っ越し業者さんが、洗濯機の汚れた古い水を抜かずに室内に洗濯機を運んでしまいました。

その為、仕上がっている珪藻土の壁に、洗濯機の汚れた古い水が飛び散りまして・・・

とっても残念な状態になってしまったのです。

この事について過去記事はこちら。


汚れた壁の清掃をする場合。

さらに清掃で落ちなかった場合の左官上塗り工事が必要な場合。

新たに壊してしまった高級な照明器具の部材代金に取り付け交換費用。。

これらの見積りを出しました。

なんだかんだとあれこれ色々言いつつも、引越し業者さんから中尾建築工房が依頼を受けたのです。

そして本日の朝、清掃職人さんと私、施行担当者で現地に行ったのです。

これ、はっきり言って見積りを出せる業者さんが居ない仕事になるんです。

私の場合はたまたま大工で、自然素材については会社に寝泊まりしていた時期がある位、作業場で実験するほどオタクレベルの職人でした。

素材の開発にも関わっている事もありまして、なにをどうすれば、修復が可能なのかを良く理解しているのです。

なので私自身はやれるのですが、毎回私がやっていたら私自身の仕事がこなせません。

であれば、技術を職人さんにも施行担当者にも覚えてもらう。

そして現場の職人さんが実践出来る様になれば、それはそれで実りも多いだろうなと言う事で作業を行いました。

まずは汚れた部分を確認したら、そこに付箋を貼り付けていきます。

shizensozai-keisoudo-yogore-otoshi.jpg

shizensozai-keisoudo-yogore-otoshi2.jpg


あちらこちらに古水が飛び散っている様子が良く分かると思います。

一度は貼り終えたと思っても、また新たに見つけてしまう事もあります。

なので一通りは、この様にマーキングを行っていきます。


無垢の板にマジックで落書きしちゃった時の対処方法!

プルプルプル〜、プルプルプル〜(電話の着信音)

『中尾さ〜ん、うちのダイニングテーブル、油性のマジックで書かれちゃったんです〜』

結構こんな時ってあるんですよね(笑)

まー、子供にとっては家のありとあらゆる所が、遊びの道具になりますからね。

無垢の高級なテーブルだからと言って、ガードするのもなんでしょうし、かと言ってカリカリお説教するのもなんでしょう・・・

そんな時、私達がどうするかって言うと。。

mukuita-rakugaki-taishohou.jpg

今回は中尾建築工房で葉山に家を建てたオーナー様からご連絡を頂きました。

この画像、すでに私が消す作業に取り掛かってから撮影をしたので、半分くらいは落ちている状態。
なのでもっと酷い状態だったと思って下さい。

この板、桜の高級品だと言う事を知っていたので、私も思わず焦っちゃった(笑)

すでに奥様がオリーブオイルかなにかでやってはみたものの、やっぱり落ちない・・

そこで私の出動要請になったのだと思います。

こんな時、私の場合は自然塗料のシンナー的役割を果たすモノを使ってマジックを落とします。
私が取り扱っている自然塗料のシンナー的役割を果たすモノの中に、2つのモノがありまーす。

オレンジオイル
バルサムテレピンオイル

この2つが使えるのですが、オレンジオイルは私の場合使いません。
なぜならみかんの腐った匂いがするし、落ちると言えば落ちるけど、匂いもまんま残ってしまいます。
なのでオレンジオイルはそもそも存在していない事にしています(笑)


セルフビルド支援!|あったら良いなのDIYツールをご紹介します!

注文住宅を建てる!

建て主としては、人生に於いて最大かつ大きなプレッシャーのかかる事業だと思います。
その事業のお手伝いをしているのが、中尾建築工房なのですが、色んな注文をされるオーナー様がいらっしゃいます。

最近の傾向として多いのは、後からオーナーでも出来るモノは後回しにして、後から変更出来ない部分に力を入れる方が最近ではとても多くなりました。

特に多いのが収納の可動棚などを自作される方ですね。
可動棚は、ホームセンターに売っている材料を購入して頂ければ、ほぼ揃うと思います。
後は板のカットですね。

これは大工さんで無ければ、一昔前は大変でした。
機械のノコギリは、素人の方が触るにはとても危ないからなのです。
でも最近では、ホームセンター自体が板のカットをやってくれる所が多いので、ある意味後からでもオーナーが取り付ける事が出来ると言う訳ですね。

そこで今回、悪戦苦闘しているオーナーから『可動棚を取り付けるスペースが狭くて、どうも上手く行かない•••』なんて相談を受けました。

ふむふむ、なんでも棚柱レールが端っこに寄り過ぎて、ビスを固定するインパクトドライバーが直角にならずに木ネジをナメてしまったり。。

なるほどですね。

これ、確かにそうですね。
様はこんな感じになってしまうって事ですよね?!


珪藻土仕上げの壁|汚れた時の対処方法

『真っ白な天然の珪藻土の家に住みたいんです!』

これ、とっても良く言われる事なんです。

真っ白な珪藻土って、響きも良いですし、実際に住んだ方なら分かるはずですが、全然空気感が違います。

快適な空気感の中で過ごせるって事は、湿気やカビとは無縁ですからその快適さは期待以上のモノとなるでしょう。

でも、そういった内装を選ばれている方に良く言われる事があります。

『壁紙は汚れたら張り替えれば良いけど、珪藻土はどうすれば良いのですか?』って

まぁ、簡単な汚れであれば雑巾か、柔らかいお子さん(キッズ)用の歯ブラシなどに水を含ませて、少しずつ汚れを落としたりします。
汚れが軽い場合は、一回で直ってしまうでしょうね。

でも汚れがひどい場合は、もうちょっと大変です。
何度かに分けて、複数回同じ工程を行います。
もう根気のかかる作業ですよね。

そしてさらにもっとひどい汚れが出てしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

はい、例えば今回、こんな汚れが出てしまったお宅がありました。