鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

住宅・マンション等の建築物|そんな適当な杭工事でいいのか?

新聞でもネットでも、某大手財閥系の会社が叩かれていますよね。

yokohama-hudou-chinka-manshon-jyutaku.jpg

杭工事を請け負った業者が杭を短くする為に書類を捏造したとか、なんだかとか騒がれておりますが。。

中尾建築工房の場合、デベロッパーではないから、マンションの様に大きい建築物は造らないと言うか、まったく興味が無い。

変わった建築設計事務所であり、変わった工務店と言う意識があるので、面白い家に特化した個人住宅を造っていれば、それで良いと思うからなんですね。

そうなると、今騒がれているマンションの様に重たい建築物ではないのだけれど、やはり重視したいのは地盤の許容応力度。

簡単に言えば、その土地に重たい建築物を載せても支えられるか?

それとも支えられないのか?

と言う度合いの事なんですけどね。

もしも建物が重たくて、土地にそこまでの強度が無い場合は、地盤改良工事が必須になります。

その工事を行って、もしも建物に傾きが見つかった場合は保険の対象になります。

もしくは地盤調査を行って、セーフと言われたはずなのに、それでも建物が沈下して傾いた時には保険の対象になります。

僕が地盤保証会社から聞いているのは、一事故に対して最大5000万円まで。

建物が沈下する事によって生じる外壁のクラック、屋根の歪による雨漏りなどなど、不同沈下によって起きた瑕疵については修繕する事が出来ます。
もちろん沈下した基礎をそのままではなく、アンダーピーニング等の工事によって、建物自体も持ち上げます。


アンダーピーニング工事については分かりやすい動画があったので、それのリンクを張っておきましょう!


横浜市磯子区|地盤調査結果報告!

納得の出来る新築の注文住宅を建てる際に、プランニングと予算がほぼ固まると、家の工事を始める前に地盤調査なる調査をします。

その調査は敷地内のどこを測っても良いと言う訳ではなくて、しっかりと建物を配置する場所の角や中心を測って調査をします。

調査はSS(スウェーデンサウンディング方式)と言う鉄の錐を土中に入れて調査をするのですが、調査の結果によって建物の荷重が掛かった時に、地盤が建物の重さに耐えられるのかを判定します。
建物の荷重が重くて、地盤が耐えられない場合は地盤改良工事判定になります。

逆に建物の荷重を加えても、地耐力が勝る場合には、地盤改良工事は無しで基礎工事を進める事の出来る判定になるんですね。

で、たいていは土地を見さえすれば、地盤改良工事判定になるか、それとも非改良なのかは、立地によって予測が出来るんです。

簡単に言うとね、山のてっぺんに建てるなら割と強かったりします。
なぜなら山のてっぺんは地山をカットして建てる為、水ハケも良いですし、たいていの場合は地耐力があると判断出来ます。

でも、山の麓はどうでしょう?
山の麓は、山のてっぺんや中腹で受けた雨水が地面に浸透していく部分です。
中腹よりも麓の方に多くの水が集まりますし、廻りに川とか海とかがあれば、さらにそちらからの影響を受けるので、地耐力が少ないと言う事が言える訳なんです。

yokohamashi-isogo-s-jibanchousa2.jpg

画像を見て頂くと、だいたい分かりますかね?

ま~、下の方に行けば行くほど弱いって事になりますよね。

ほとんどのケースで、この予測が立つのですが、中には例外の地区もあるんです。
それが横浜市の磯子区になるのですが、割りとこの常識が通用しない場合があります。

何故なら、元々の地山を削っているにも関わらず、磯子区は土層自体が弱い部分が結構あったりします。
だから山のてっぺんだろうと地盤改良工事が発生したり、山の麓なんかでは、それこそブヨンブヨンな地盤がありますから、古い家などでは傾いている家も当たり前にある位、磯子の辺りは地盤が弱い所が多いのです。

そして今回、横浜市磯子区に計画しているお宅の地盤調査結果は果たしてどうだったのか?

地盤調査の結果は、いつも速報と言う形で調査会社からファックスで送られてきます。


家を建てる前にかならず行う地盤調査|急遽プラン変更?

一昔前ならいざ知らず、最近は家を建てる前に必ず行う地盤調査ってモノがあります。

これはどういうモノかと言えば、建てる敷地のどこでも良い部分を測るのではなくて、きちんと建物の下になる角や、建物のセンター部分を測りだして行う調査になるんです。
大手ハウスメーカーさんの場合だと、敷地の角を測るだけの地盤調査をしている会社さんは多数ありますけど、建てない部分の調査をしても、あんまり意味が無いと言えば意味が無い。
しかもメーカーさんによっては、営業マンが地盤調査の施工機を持ちだして測っているメーカーさんもある位だから、ちょっと心配って気もします。

中尾建築工房の場合は、当然前者のきちんと建物の下になる角や建物のセンター部分を調査しまして、その調査データを元に地盤改良工事が必要か、または必要ではないかの判断をする形を取っています。


つまり地盤調査を入れる前には、建物のプランが確定されないと駄目なのですが、当然『地盤調査入れますけど、もう変更は無いですか?』と確認をさせて頂いてます。
その答えはもちろん『はい、だいじょうぶです』との事でした。

ところがどっこい『もう少し、家を詰めてもいいです・・・か?とのご連絡。

しかもスケジュールの都合がありまして、ここで地盤調査を入れないと、引き渡しが間に合わない・・
工事期間は無理する事が出来ませんし、きちんとした建物をお引き渡ししたい。
そうなると当然スケジュールは遡れますから、この段階で急ぐ必要があるんですね。

このタイミングで『もう少し、家を詰めてもいいです・・・か?の連絡をもらいまして、急遽地盤調査会社に連絡!

『ちょっと、待ったって〜!!』

yokosukashi-nobi-s-jibanchousa.jpg

と、すぐに調査会社に連絡をしつつ、中尾建築工房から車で10分も掛からない現場になりますので、さっそく現地に到着。


横浜市金沢区地盤調査結果の予測

なんかここまで連発すると、気が滅入ってきちゃうんだよなぁ・・・

だって、今年に入って三回目なんですもん・・

まぁ、なにがなんだか分からないかもしれませんけど、私は今まで多くの新築で建てる注文住宅専門として、地盤強度の予測をたててました。
『この土地は平気ですね』とか『この土地はここが◯◯だから、地盤の改良工事が必要になりますよ』と言う様に、調査前でもはっきりと言い切っておりました。

それこそ、ここ数年一度も外した事がないほど、予測の精度は高かったはずなのに。。

なぜか最近になって外しまくってます・・・

外したお宅と言えば、鵠沼のお宅だったり、三浦のお宅の二件ほど。

そして今回、金沢区のお宅でも、オーナー様には『ここは逆立ちしたって地盤の改良工事は必要だから、はじめから高めに見積もりに入れておきましょう。万万が一に外れればラッキーだけど、多分外れないと思う』的な事を言っていたんです。

そしてその判定が先週に出たのですが、なんと。。

yokohamashi-kanazawaku-jibankekka-s.jpg


横須賀市公郷町|地盤調査速報!

と言う事で、本日は横須賀市公郷町に新築一戸建ての注文住宅を建てる為の地盤調査の結果が出ました。

地盤調査と言うのは、すでにこちらのブログをご覧頂いている方であれば、ある程度の知識を持たれている方が多いかと思います。
一口に地盤調査と言っても、小高い山の上に建つ家もあれば、海と山の間に建てる家もある。
当然、建てる場所によって、土地の持つ地帯力が同じではありませんから、それぞれに対して建物の重さに適した過重を掛けて判断をする事になるんですね。

その中でも地山が強いと言われる傾向があるのですが、地山だからと言っても必ず強い訳ではなかったりします。
近場での例を言うと、横浜市磯子の山々の部分は、地山だけれど地盤は弱いと言う結果が多数出ています。
これ割と元々の山が強いかと言えば、全てが強い訳ではありません。

葉山の某トンネルの近くの土地は、地滑りが想定出来る地域なので、地山であっても地盤はお世辞にも強いとは言えないところもある訳ですね。

そこで今回、横須賀市公郷町に建てる家の地盤調査結果は、果たしてどういったモノなのか?!


藤沢市鵠沼地盤調査結果!の巻

なんかさ〜、久しぶりに私の予想が外れてしまいました・・

私は22歳からの遅れた職人の道をスタートさせた人間です。

遅れたスタートを常に意識していましたので、人の倍はやらないと追いつかないと思い、とにかく吸収出来るモノは吸収をしてきました。

仕事馬鹿とか、仕事きちがいとか、職人さんの中でも言われるくらいでしたので、頑張った分だけ技術や風土を覚える事が出来ました。

それだけに、地形や風土を考慮して、私なりのガイドラインを定めています。

いわゆる経験則と言えば分かりやすいですね。

それだけに、現場へ行くと現地に出向いた季節、その季節に吹く風、湿度、土質などもある程度は調べなくても分かります。

つまりは感性レベルで言えば、かなりハイレベルな位置に居る事を自負している訳なんですね。

そんな私が『ここの土地は立地は良いけど、買うなら地盤改良工事は覚悟してね』と言っていた土地がありました。

その調査結果の判定が出たのですが。。


鎌倉市玉縄新築一戸建ての地盤調査速報!

現在、解体工事が終わった鎌倉市玉縄の土地。

解体工事が終わってすぐに地盤の調査を行いました。
タイミング的には、少し普通の家より早い地盤調査の実施です。

何故に普通の家よりも早いかって言うと、計画している家がとんでもなく大きくって、とてつもない形だからなのです。

と言うのは、まぁ私の冗談です(笑)

実はこちらの土地柄なのですが、鎌倉市独特と言った所でしょうね。

土地を探して家を建てた方なら、こんなのを聞いた記憶は無いでしょうか?

埋蔵文化財

これ、鎌倉みたいに史跡や埋蔵文化財を包蔵している専門地になると、私たちもけっこうな勢いで警戒をします。
鎌倉と言えば史跡の宝庫って感じがしますので、鎌倉市自体も文化財課って言う課があったりします。
でも他の市町村には文化財課って課はありません。

たいていの市町村は生涯学習課なる課があって、文化財以外の事も兼ねて担当をしているんですね。
つまりは鎌倉市自体も文化財に関しては、課が必要な位、力が入っていると言える訳です。

でも家を建てる施主にとっては、ど〜だかな〜って感じの縛りだったりします。


葉山町長柄|地盤調査結果速報!

私が大工を始めた頃は、地盤調査結果についても業界全体が結構甘かったと思います。

私の実家は私が大工見習いに入る前に家を建てたのですが、結局なんだかんだと言って地盤が下がってしまい、今では約10cmほど沈下してしまっているんです。

しかも沈下する部分と沈下しない部分がありますから、そんな地盤に載っている建物は、当然ながら歪みや外壁にクラックが生じます。
当たり前の話なんですけどね。。

10㎝も家が沈下する家を建てたのは、それこそ大手ハウスメーカーさんでした。
そんな実家を見ていると、ものすごく切なくなってしまうのですが、やはり大手ハウスメーカーさんに対しては憤りを覚えてしまう訳なんです。


ただ当時と比べて 今の地盤調査結果、もしくは地盤改良工事の対策っていうのは、これから家を建てるオーナーにとって安心できるシステムになっていると思います。

判定がアウトでもセーフでも、なにかあれば必ずオーナー様が救済される様になっているからですね。


中尾建築工房では、地盤調査結果が出るといつも電話をして、オーナーに報告をしているのですが、私には私流の報告方法があったりします。


それは一体 どんな方法なのかというと。。