鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

古材建具再生☆少しでもコストを掛けずに理想の家を造るコツとは?

家を建てる時、コストを掛けてステイタスを感じる人も居る。

その半面、コストを極力掛けないで、理想の家を造りたいと思う人も居る。

今回は、横浜市にて古材の建具を購入されたオーナー様が居らっしゃいます。

新築の家に古材を使いたいのは決まっている。

けれども、実際にそれが使えるかどうかは、御自身ではまったく分からない。

そして費用もなるべく抑えたいけど、やりたい事はやりたい!

そんな方に中尾建築工房がお勧めしているのが『やる気あんだったら、教えてあげるから自分でやってみれば?』と言う方法(笑)

なんでこんな事を言っているかって言うと、職人さんにお願いをすれば、職人さんの人件費が掛かるのは避けられません。

当たり前の話しと言えば、当たり前の話しですよね。

家を建てる時の建築コストって言うのは、職人さんの人件費と材料費、産業廃棄物の処分代等、それぞれを計上した価格の集合体が見積書な訳です。

とするなら、材料費はどうしても掛かってしまうけど、人件費は?

昔から建築業界では、こんな言葉があったりします。


『材料半分、手間半分』


とか


『怪我と弁当は自分持ち』


全部が全部、そうではないのだけれど。。

ざっくり説明だと材料半分、手間半分とするならば、材料費用が5万円ならそれを造る手間も5万円位、だからトータル10万円なんじゃない?って事ですね。

そう、こういう風にやってみると、5万円の人権費が削れるのは、なるべくコストを掛けたくないオーナー側としては嬉しい事だと思うんです。

だから『教えてあげるから自分でやってみれば?』と言う発想を思いつくようになりました。

そして今回、古材の建具をアンティークショップで購入されたのですが、4枚は赤茶色のニスで着色されていたモノと、そのまんまで時の流れ通りに日焼けをした建具と全部で5枚を再生させる必要があります。

色的な部分の統一感を出したい事もあり、ニスはニスで剥がしてしまい、日焼けをした建具も全てアク洗いをしました。

kozai-tategu-saisei-s.jpg


アンティーク&古材を買うならこのお店|葉山桜花園さん☆

今日は法務局を廻ったり、銀行関係を廻ったり、割りと地味目な仕事をしていました。

こーゆー、仕事って正直あんまり好きではないんですよね、つまんないしー。

そこでとっさに思い出した仕事が!


現在、着工中のオーナー様なのですが、葉山の桜花園さんでアンティークな建具を購入して、中尾建築工房で取り付けて欲しい!

と言うオーナーさんが居りました。

強いて私が気になる事と言えば、お金の精算がオーナーさんと桜花園さんで終わっていれば、建具を取りに行けるなぁ・・みたいな。


『そう言えば、◯◯さん、地鎮祭の時にお金を払いに行くって言ってたもんなぁ・・
だったら、もう取りに行っちゃっても良いのかなぁ・・』


さすが私の脳みそ、嫌な仕事には目もくれず、すかさず桜花園さんに電話をしまして、精算済の確認OK!

早速、逗子の銀行に行くのではなくて、途中にある桜花園さんに軽トラダンプで立ち寄る事にしたんです。

hayama-oukaen-shitagoya-mokuzai.jpg

やっぱり働く車はいいね!(笑)
材料ガッツリ詰め込めますので!


さて、こちら桜花園さんは、元々地元大工さんが使っていた下小屋を改装してオープンした古材のお店になります。


※下小屋とは?
大工さんの作業場って言えば分かりやすいですかね。
昔の大工さんは、下小屋がいわゆるストックヤードだった訳でして、棟梁の使いたい木材をストックする場所でもありました。
つまり単純な作業場ではないので、下小屋って呼ばれていたんですよね。
私も現役大工の棟梁だった頃には、中尾建築工房の建物の事を『うちの下小屋にさ〜』みたいな感じで言っておりました(笑)



三浦市三崎町|インナーバルコニー用の古材丸太を造る

お盆休み前から地道にちょこちょこ作業をしている所をご紹介!

現在、三浦市三崎町にて上棟を迎えたお宅に採用したい、細めな小丸太を探しておりました。

利用する場所はインナーバルコニーのアクセントに採用されている丸太の手摺になります。
図面を見ると、こんな感じ〜


miurashi-misakimachi-maruta.jpg

ちょうど外部になるのですが、バルコニーの手摺に使われる丸太になります。
外壁自体は塗り壁になりまして、こ〜ゆ〜場所に丸太を使う場合はある事に気をつけます。

防水面の強化は当たり前の話ですけど、木材自体の持つ灰汁(アク)にも気をつけたい。
さらに接合する際に金具を用いれば、当然その錆が発生したりするんです。
とまぁ、加工自体は後日更新とさせて頂きますけど、そんなに簡単ではない作業になるんですね。

では今回、どの様な木材を購入したかと言えば。。


横須賀市長沢|新築一戸建ての家に古材梁を

家を建てようと思っておられる一般の方の中には、古材などを家に取り入れてみたい!

でも、古材なんて、モノを見たってなにがなんだかわからない・・・

そんなお言葉を良く聞いたりします。
そんな時には、私達の様なプロと一緒にモノを見つつ、これは使っても良いとか、これは使っちゃダメ!とかの判断をしながら、直接オーナー様に買い付けて頂いております。

そんな中、横須賀市長沢にて始まりましたプロジェクトの吹き抜けに、一本だけ梁を入れたいとの事
当然、木材についての知識にも不安があるでしょうから、オーナー様と一緒に見に行くって話にはなっています。

でもそれよりも先に古材を扱っているお店に行きまして、梁の在庫などを見に行きました。


私は逗子の自宅から簡単に立ち寄れますので、開店前にちらりと覗き見を!

お店の名前は桜花園と言いまして、葉山にある古材屋さんです。


yokosukashi-nagasawa-sinchiku-kozaihari.gif

ご覧の通り、古材と言いましても、いろんな材があるんですね。

梁や柱のみではなくて、内部の倉庫には建具などもあったりします。
この古材屋さんのある場所は元々大工さんの作業場だった様な記憶があるのですが、それをそのまんま再利用している所は面白いですよね。


杉の足場板で作る古材調の棚板を造る!

sugi-ashibaita-huruzai.jpg

中尾建築工房に大量に運ばれてきた杉の足場板。
製材所から直送してもらって、今はストックヤードで天日干しをしている状態です。
日にあてて、シルバーグレーになるのをひたすら待つのですが、着色される方であれば、即使う事が出来たりします。

でも、このまんまで使う事が出来るかって言うと、実はこのままでは使えません。
では一体、どういった事をしないといけないかって言うと。。


横浜市港南区港南台|古材と新材の正しい使い方

以前にこんな事がありました。

古材って言うと、色んな使い方があるんです。

例えば梁などの様にぶ厚い材料などは、歳月を重ねて良い風合いを出してますから、キレイに洗浄だけして新しい家に組み込んだりします。
例えるなら、そうだな〜

梁とかは当たり前に洗うだけでしょ••

それに大黒の様な柱も、いい感じの風合いが出るので、洗うだけにするでしょうね。

あとは玄関の框とかも、立派な材であれば、洗うだけにするかもしれません。

そして今度は古い材を古いまんまにせずに、徹底的に綺麗にしてしまう方法があります。
それが今回の様な欄間などの様な造作系の部材だったりします。

欄間などは手を掛けて造っている事が多いですし、建具の細工障子などもこだわりを持った名匠が造っていると、部材からオーラが出ているモノなのです。

でも、そのオーラは一般の方に分かるもんでもないんですけどね。。

まぁ、使い道の判断基準としては、細かな細工がなされている部材はキレイに再生してあげた方が映えると思っている訳なんですね。

そして今回、建具や欄間自体はとってもキレイに再生する事が出来ました!


捨てない!!古材の正しい使い方

昔の家って、中にはものすごーくレアなモノを使われている場合があります。

当然、古ければ良いって事ではなく、そのモノ自体の値打ちだとか。。

もしくは値打ちは無いけれども、この柱と共に育ってきたとか。。

いろんな条件が重なったとき、初めて古材って利用価値を問われて再生をされる事になります。

建て替えの場合だと、いろんな木部がありますので、当然私は解体前に現地へ伺います。
必ずしも良いモノがあるって事は無いのですが、ある意味で古い材を再生して使ってあげたいモノがあるんですよね。

でもそのかわり古材の再生って、割と手間ひまが掛かるんです。

内装材の場合は汚れを落としたり、アクを抜いたり、シミを抜いたり、さらにはカビの生えている場合はカビ抜きまでもします。


これが梁などになると、汚れ、捻れ、割れ、そり具合の全てを検討して再生させるのです。

そして今回、再生をさせようと思ったのは。。


yokohamashi-kounandai-huruzai-saisei.jpg