鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

乾燥材だったはずの杉無垢板がまさかの未乾燥・・

昨今の建物の木材。

多くは、乾燥材が使われています。

乾燥材はKD(ケーディー)

乾燥してない材はGR(グリーン)

こんな感じで業界では呼ばれております。

さて、乾燥材と未乾燥材。

木材として、どの様な部分に問題があるかと言えば、こんな感じ。

水分を多く含んだ木材の場合、変形するおそれがあるんですね。

昔は当たり前の様に未乾燥材が構造に使われておりました。
その素性や木目の特性によって捻れたり、反ったりするんです。
強烈に含水率の高い材料を使った場合、木材の伸縮なども起こりえます。

つまり仕上げたとしても、後から変形するって事になります。

これが未乾燥材なのですが、私達の様な大工から言わせると生木(なまっき)と呼んだりします。


乾燥材の場合は、人工的に乾燥させた材。

そしてじっくりゆっくり、風通しの良い日陰で乾燥させる天然乾燥の材。

この二種類があります。

構造材などの場合は人工的に乾燥させる形を取ります。

そしてテーブルに使われる無垢板の木材は、倉庫で天然乾燥させるケースがほとんど。

天然乾燥が良いと言う風潮は、木材の色味が良いと言う事。

人工的に乾燥させると、やや木材の色味が黒味を帯びてしまいます。

そんな理由から、魅せる木材として使われる用途の場合、天然乾燥が主として使われているんですね。

そして今回、某現場に搬入する為の杉無垢板を大工さんに削ってもらいました。

sugi-mukuita-kakou-mizu.jpg


綱雄棟梁と木材の割れ部分を確認しながら、少しずつ無垢板を削っていきます。

そして板の捻れを取りながら、厚みを電気鉋で落としていくと。。


横須賀市の無垢材専門店が造る打ち合わせスペース&仕事場

横須賀市内の秘境にあると言われている中尾建築工房。

一年中緑が豊富で、立地的には全然目立たないし、つい最近までは倉庫としか見ようが無いと思われていたかと思います。

しかも改装しながらの営業なんで、未完成な部分が多々ありました。

そして今回、菅谷棟梁が現場から戻って来ましたので、部分部分の改装工事を行っていたんです。

その御蔭で、私はわたし専用のスペースが出来まして!

今までは打ち合わせスペースを私が利用していたのですが、おかげ様でこの様に打ち合わせスペースを解放する事が出来ました!

nakao-kenchiku-koubou-uchiawase-space.jpg

左側はクリの無垢板堀座卓テーブル
私が常駐していた席ですね(笑)

右側はみなさんが良く利用されているブラックウォルナットの無垢板堀座卓テーブルになります。

そのテーブルの双方に鼻血出しつつ新型Macを設置しまして、ご覧の様に私が退く事によって、より打ち合わせがやり易くなりました!

そして私の席はと言うと。。


レッドシダーの板貼りで室内を埋め尽くす|試験的取り組みの内装仕上げ方法

中尾建築工房の建物は2F建ての建物でして、1Fが倉庫と作業場。

で、2Fは。。

スタッフルーム
設計打ち合わせ用小上がり座敷スペース
薪ストーブスペースにシンク置き場
トイレ2箇所
倉庫が一つ

そして書庫としての小屋裏収納。

こんな感じで構成されております。

そうなんです、何気に私の専用スペースってのが無い建物なんですね(笑)

私が建てた当初、大工さんの親方としては広々とした建物でした。

けど、そこから色々といじくり倒してきましたら、以外にもスペースが足らなくなってきてしまったのです。

スペースがあまりにも無いので、私は設計打ち合わせ用小上がり座敷スペースに陣取っているのですが、忙しい日には5組ほどの打ち合わせが入ってしまいますので、どうも効率が悪いんですね。

なので、現場から帰って来た菅谷棟梁を捕まえてましてね(笑)

菅谷棟梁の次の現場となる秋谷の博多丸に入ってもらう前に、倉庫だった部屋を社長室にリメイクしようと現在工事中でございます!

で、このリメイク計画なのですが、普通に造ってしまっては面白味がありません。

中尾建築工房の建てている建物の内装と言えば多いのが漆喰やら珪藻土の壁と天井仕上げ。

これらの素材には調湿効果が期待出来ますので、わりと皆さんに選ばれているんだと思います。

そして今回、リメイクするのに同じ様に漆喰やら珪藻土のみで仕上げるのは脳が無い気もします。

なので、中尾建築工房の社長室は、オールレッドシダーの板貼り仕上げとする事にさせて頂きました☆

今回のリメイク工事、オールレッドシダーの板貼りになるのですが、その施工法に、ちとこだわりがありまして。

ただ単純に造るなら、どの工務店さんでも施工自体は出来るでしょう。

でも、中尾建築工房は注文住宅専門の設計施工チームですから、見た目はより良く仕上げたいと思います。

そして元々は私自身が大工の棟梁でしたので、コストパフォーマンスのの意識も高いですから、工事の流れはいかにスムーズに出来るか。

これがポイントだと思うんですよね。



ダイニング-テーブル&座卓・カウンター等の無垢板リクエストを受付します!

前回、無垢のブラックウォルナットダイニングテーブル用板が早々に完売しまして、しばらくブラックウォルナットに関してはモノ自体が無いからと言うお話をさせて頂きました。


理由に関しては前回記事をご覧下さい。

で、やっぱり無垢板のニーズは結構あるみたいでして、みなさんそれぞれ希望が違うみたいなんですよね。

設計中の方はもちろん事、まだ土地探しをされている方とかでも、無垢板のリクエスト自体はだいじょうぶ。

現にこういった無垢板を発見!

mukuita-yakusugi-kakoukomi.jpg

寸法に関しては、だいたい真ん中の幅で750って事になります。

これは杉の一枚板で、加工されていない状態の品物になります。

モノ自体は屋久島にしか存在しない屋久杉!

この屋久杉を自分で加工出来るなら、板材のみなので10万円ちょっと。
中尾建築工房で座卓仕上げ加工とダイニングテーブルをロートアイアンで兼用脚を造って、板の加工も依頼される場合は、板とコミコミで22〜23万円位で仕上がります。


で、トチの無垢板ダイニングテーブル用の板もリクエストがありましたので、そちらもこんな板があったりしました。



無垢の一枚板でダイニングテーブルを造作してみる☆ブラックウォルナット編PartⅢ

前回の作業で、天板としての仕上げ工程までは完了しておりました。

後は実際に建てた家にきっちりと仕上がったブラックウォルナットの天板を運ぶだけ。。

つぎはぎの無い、本物の無垢一枚板。

しかも長くて、分厚くて、とっても迫力のある一枚板の完成です。

ところがネックになる部分も多々あったりしました。。

hayama-black-walnut-dining-table17.jpg

一見、さほど重さを感じない様に思えるのですが、元々現場でガツガツ働いてた私ですら、一人では持ち上げる事が出来ません。

なので設計スタッフにも手伝ってもらいまして、さっそく軽トラダンプに搬入。


hayama-black-walnut-dining-table18.jpg

中尾建築工房の事務所から、葉山のオーナー宅までは最速で20分掛からない程度の距離です。

なのであっと言う間に到着してしまったのですが、オーナーご夫妻と私の顔は何故か冴えません。

理由はオーナーご夫妻も、実際にその重さを知っているのです。
無垢板が到着して嬉しい反面『これ、どうやって入れ・・・る?』みたいな(笑)

それでも入れないと話になりませんので、元々置いてあったクルミの接ぎ合わせ板は2Fのワークルームへ運びました。

これは割りと簡単にご主人と二人で持ち上げる事が出来たのです。

ところがこのブラックウォルナット、相当強敵です・・

持ち上げる前からご主人と私の顔は、全然冴えません(笑)

それでも奥様に床を傷つけない様、敷物のサポートをしてもらったり、外構のアイアンフェンスを上手く活用したりして、なんとか無垢板を搬入する事が出来ました!


無垢一枚板のブラックウォルナットテーブル板完売のご報告☆

5月の半ばに告知させて頂きました、無垢一枚板のブラックウォルナットテーブル板。

製材した状態での展示を中尾建築工房の作業場にて行っていたのですが、その枚数はたったの5枚。

スーパー大工の私が、新木場の商店さんにある、たくさんのブラックウォルナットの中から厳選して購入して来た板でした。

家を建てた、または建てる方の中にはこの価値を知っている方も居るだろうし、知らない方も居る。

いずれにしても今回、購入出来た方はラッキーだったと思いますよ、実際。

と言う事で。。

Black-Walnut-nakaokenchikukoubou-kanbai.jpg

こらら5枚のブラックウォルナット、なんと入荷から一月半も掛からない時間で全て売り切れてしまいましたー☆

仕入れた時のリンクはここ


だから言っておいたんですよね、私。。

買いたい方は早めに言ってねって・・



無垢の一枚板でダイニングテーブルを造作してみる☆ブラックウォルナット編PartⅡ

無垢の一枚板でダイニングテーブルを造りたい!

そして可能な限り、価格は安く手に入れたい!!

こうなって来ると究極は、無垢の板のみ購入をして、削る作業を御自身でやってみるしかありません。

御自身で削ってみれば、大工さんの手間暇が掛かりませんので、その分価格は安くなる。

でも、ここで出て来る意見と言うのが『そんなの素人の私達に出来るの?』って感じ。

ま、確かにやった事なければ出来ないでしょうし、教わらないと出来ないかもしれません。

けれども、ポイントポイントをお教えするだけで、実際に無垢の一枚板を御自身で仕上げてしまう作業をやっている方をご紹介してみましょう!

hayama-black-walnut-dining-table8.jpg

まずはいきなり板材を削る作業ではなく、無垢板のねじれを確認する作業から。

無垢の板は既成品の板と違って、それぞれの板に個性のある木目や素性があります。

個性の強い無垢板になればなるほど、まぁまぁそれなりに元気にねじれています。

そのねじれを修正するために、定規を使ってねずれ部分の確認。

そこから削りの作業に入っていきます!

hayama-black-walnut-dining-table9.jpg



無垢の一枚板でダイニングテーブルを造作してみる☆ブラックウォルナット編

人間、やる気になれば、なんだって出来ちゃうさー☆

と言う事で、今回は中尾建築工房の棟梁が造るのではありません。

あくまでも家を建てる、もしくは建てたオーナーの方が造作仕事にチャレンジします!

まー、室内の天井や壁の珪藻土塗りをオーナー施工する位ですから、出来ない事なんて無いんですよね。

ただ、やり方を知らないから出来ないってだけ。

今回、無垢の一枚板でダイニングテーブルを造作する事になったのですが、元々無垢のテーブルをお持ちのオーナーさん。


hayama-black-walnut-dining-table.jpg


でも、中尾建築工房にストックされているブラックウォルナットが良過ぎてしまい、元々持っている無垢の板は可哀想だけれども、2Fのワークルームに移動・・・

そしてブラックウォルナットをダイニングスペースの無垢板にしたい!

当然、コストも抑えたいので、オーナー施工を希望されました。

ただ、ダイニングテーブルの脚はそのままダイニングで使いたいので、2Fのワークルームで使う無垢板の脚をまずは造作します。

ちなみに某オーナーさんの家の近くにある家具屋さんでは、1800mmくらいの長さで、幅800mm。
素材はウォルナット無垢の天板のみの価格で40万円なんだそうです。

これがブラックウォルナットになれば、おそらく60万円程度はするでしょう。

今回、オーナー施工をされる方が購入したブラックウォルナットの板は20万円もしません。

つまりどれほどお得なのかって事が良く分かりますよね。


ダイニングテーブル&座卓天板用ブラックウォルナット到着☆

先日、私が新木場にて仕入れたダイニングテーブル&座卓天板用ブラックウォルナットの無垢板が中尾建築工房に到着しました!

配送してくれたのは新木場にて運搬を専門業にされているトラック乗りの方でして、最近はあんまり新木場でもこういった無垢板が運ばれる事は少ないんだそうです。

なので最近は新木場の材木のみではなくて、構造体のプレカット工場から依頼された木材等の荷物を運ぶ事が主流なんですって。

そんな中、無垢板の中では高級品の部類であるブラックウォルナットばかりをこんなに運ぶなんて・・・

こんな事は、今時はまず無いんだそうです!

と言う事で、無垢板に関してはオタク並の仕入れ方をする中尾建築工房

ゴージャスな板をリーズナブルな価格で提供出来る様に、現金一括払いのまとめ買いをさせて頂きましたー☆

Black-Walnut-nakaokenchikukoubou.jpg


無垢一枚板のブラックウォルナットテーブル板を枚数限定にて仕入れました!

今日は一日がとっても楽しく過ごせました!

なんでかって言うと、以前から私が大好きな無垢材の一枚板を仕入れに行けたからなんです☆
私は元々、大工の棟梁だったんですけど、その大工の中でも、とにかく無垢材に関してはオタク並みに大好きなんです(笑)
しかも私が好きな板のみしか買いませんでした!

と言う事で、さっそく仕入れ先の新木場へと〜向かいまーす☆

shinkiba-mukuita-blackwalnut-gekiyasu.jpg

右方向にはフジテレビが見えてきますねぇ。
なんだか都会を通って、無垢板を仕入れに行くのは毎回毎回、違和感を覚えるのですが、まーそんな事は気にしない(笑)



三浦市南下浦に建てる家 堀座卓に使う無垢の板はどう使う?

今日は午前中、霧がかっていた天気もお昼からはまともに快晴!

せっかく晴れた事もあって、昨日打ち合わせをしていた三浦市南下浦に建つ家の無垢板を、外に出して眺めてみました!

miurashi-minamishitaura-h-mukuita.jpg

写真に写っている分には、この無垢板の重さまではおそらく伝わらないかと思います。
でもね、結構重たいんだ〜、この板は。

置き場所が作業場の一番奥にあった為、引っ張りだすのに一苦労・・・
それでも監督に手伝ってもらって、やっとの想いで引っ張り出せました!

さてと、どの様に木取ったら良いのだろう・・・

ちなみに木取る(きどる)って言うのは大工さん用語です。

で、本来はこの無垢板、キッチンの対面カウンターやら、ちょっとした造作机に用いる為に購入していた無垢材です。
木の種類はウォルナット、和名で言えばクルミになりますね。
カウンターだったら300〜450くらいの幅があれば、充分役目を果たします。
元々がカウンター用の材料だから、カウンターにはもちろん使えるけど、今回使いたいのは堀座卓の天板に使いたい。


でも堀座卓の天板だったら600〜700〜800位は欲しくなる・・

だから幅が足りない訳でして、それでもこの板はウォルナットと言う高級品な材料です。

この無垢板を今回は家の中のどこに使うかって言うと、小上がりの堀座卓の天板に使うウォルナット。


無垢フローリングの床材|高級品だけれども、これはクレームに該当する?

中尾建築工房で家を建てているオーナー様の中では、たいていの場合が無垢のフリーリングと言っても、針葉樹から代表される松や杉材から選ばれている方がほとんどだと思います。

全員ではないですけどね、中には広葉樹の代表格であるチークの床を贅沢に貼りこんじゃったりしている人も居れば、硬すぎず柔らかすぎずの床材を選んで、ダンスフロアーなんて造っちゃっている方も居らっしゃいます。

さてと広葉樹と針葉樹の違いっていうのは、おそらく私と打ち合わせをした経験のある方であれば、なんとなーくは聞いた事あるんじゃないかって事で、ここでは詳しい内容は割愛します。

忘れちゃった方、もしくは聞いた事無い方は『広葉樹 針葉樹 違い』なんかで検索されると情報引っ張れまーす!


さてと本題に入りまして、今回床材を色々と検討されている方が居らっしゃるのですが、これが選ぼうかどうしようかって思っている床材になります。

みなさん選びたくても、なかなか選ぶ事の出来ないフローリングのブラックウォルナットと言われる無垢のフリーリング材ですね。


muku-flooring-sozai-chigai.jpg

この板の断面を見ていただくとお分かりの通りに、本当の無垢の一枚板から構成されている無垢フローリングです。
こういった高級床材の中で、中途半端な金額のモノがあったとすると、ほとんどの場合が集成材と呼ばれる糊で接ぎ付けられた床材が多いかと思います。
しかも厚貼り単板貼りと言って、表面のみ高級品的な、私的には好きくないフローリングがあるんです。
これはホントの無垢板になりますから、そこは安心出来ますけどね。

さてと、この写メの中に、私が文字を書き込んでみました。
これね、皆さんがサンプル請求されるとこんな事書いてないけど思うけど、木には上や下があったり、表や裏面があるんですよ、実は。

これは木目をきちんと見れる大工さんだったら当たり前に分かる話だけれども、最近のハウスメーカーさんで働く大工さんの場合は、集成材ばかりを見ているので、木の表裏や上下すら知らない方も多いみたいです。
なので、さほどマニアックになる必要は無いのですが、これから説明する内容に対して、ちょこっとだけ知っておいてもらいたい、木の性質の説明があるんです。
なので参考程度に見てみて下さい。

『こっちが上』『こっちが下』と書いてありますでしょ?
木って元々は地面から生えてる訳だけど、下が根っこだとすれば、上の方に葉っぱがあるイメージは恐らく分かって頂けるかと。
それを説明するのに画像の奥側が木の上になりまして、手前側が木の下の方になります。
そして年輪を見ていただきましょう。
年輪と言うのは、木の断面になる所で、円を書いてある様な感じわかりますかね?
これを年輪と呼びまして、切り倒したばかりの木の年輪を見れば、その木が何年モノなのかが分かる様になっています。
んで年輪からでも見れるし、木の表面を見れば、それが表面なのか、裏面なのかが分かります。

木っていうのは、普通仕上げ材に採用される場合、必ず表面を利用します。
んで、表面を仕上げる際には、矢印方法に鉋を掛けると、板を仕上げる事が出来るんですね。
ただ、木の表面と裏面、どちらもおんなじ方向から鉋が掛けられるかって言うと、そうじゃないんですねー
木の表面を仕上げたい場合は、木の上の方から掛けてあげます。
そして木の裏面を仕上げたい場合は、逆の下の方から掛けてあげるんです。

ここ、ちょっと『へぇーー!!』が一杯出てきても良い所ですかね(笑)

そうなんです、こんなマニアックなのが木の特性でして、この他にもイレギュラーな場合もあります。


幅広の無垢一枚板|豊富に揃ってます!

中尾建築工房に訪れた方の中で、1Fの工房内に足を踏み入れた方はお分かりでしょうけど、中尾建築工房には無垢の一枚板が豊富に揃ってます。
ケヤキにクリに、タモにクルミ材等々なんですけど、全て一般的に見かける集成材ではなくて、全てが一枚板になります。

もしも一枚板に興味のある方は、事務所に来られる際に、お申し出てくださいね。
私は豊富に持ってはいるけど、あんまり押し売りはしないタイプの人なので、言われない限りはあんまりお見せする事がないもんで。

さて、その一枚板はどんな所から仕入れているかといえば、もちろん新木場だったり、各都道府県の産地だったりします。
これはケースバイケースなんですけど、新木場だからと言って、必ずしも板が安い訳ではありません。

むしろとんでもなく高いケースも稀にあるんです。

少しでもリーズナブルなプライスで無垢の一枚板を揃えようモノなら、無垢板への知識はもちろんの事、ビシっと価格の安い高いをはっきり言える千里眼が無いと駄目なんですね。

私の場合は、無垢材に関してであればもちろん効く眼を持っておりますので、その心配は要りません。

だから毎度毎度、仲良く購入する場合もあれば、時としてガツーンと商店さんに価格の安い高いをはっきりと言うケースがあるんです。

今回、訪れたのは玄関用のウォルナットを購入しに行った際に訪れた新木場の商店さん。

相も変わらず、大きな一枚板がたくさん揃っておりました!

shinkiba-mukuita-shiire-yousu.jpg

大量の木材を仕入れたり、外に出したりと、大きな車で板や丸太の積み下ろしをされています。

この日は木材自体を購入しに行った訳ではなくて、ちょっと寄り道程度に寄りました。
なのでちらっと『こんちはー、ちょっと拝見しまーす!』とだけ告げまして、めぼしい材料を見に行くと。。


逗子市逗子|造作シンプルなタモ材で造るテレビボード

体が痛い•••

やはりよる年並ってやつには、なかなか敵うものではありません。
それは元大工であった私にも同じなんですよね。

現役の頃のイメージだけは持っていて、そのイメージ通りに体を動かそうとする訳だから、後から究極に体が痛くなってくるんです。

ほんと、自分でも『そろそろ自覚しろよな〜』と言いたい位、単純な細胞体の集まりであるこの私。

さて、そんな私が,逗子市逗子に新築の注文住宅を建築中のオーナー様に依頼されていたシンプルなテレビボード。

打ち合わせをしていて、その程度のもんだったら、そんなにめんどくさくない。
それに私の家とも近いと言う理由で『私が造れば、手間無しでいいよ〜』と安請け合いをしてしまったんです。

造りは確かにシンプルなんだけど、中尾建築工房で扱っている本物の無垢板はとにかく分厚くて重い•••

それだけに重さを計算してないから、体も痛くはなりますわな••


zushishi-zushi-k-tvbord-zousaku.jpg

まずは中尾建築工房1Fの作業場にて、タモの無垢板をプレーナーで削って行きます。

※プレーナーとは?
木材の厚みを整える機械。
刃は常に切れる状態にしてありますけど、幅広の板の場合はゆっくりゆっくり、ちょっとずつちょっとずつ、厚みを落として行きます。
板はねじれもありますから、全てがきれいに削れると、今度は反対面を削りまして、ねじれのない板として整えられる機械になります。

現場では、プレーナーで削った板を、今度はベルトサンダーと言うサンディング専用手工具にて削りまして、何枚ものサンディングベルトのペーパーを交換しつつ、半日以上は板を削りました。

そうすると当然木材の表面はツルツルになります!

そして組み上がったテレビボードは。。


横須賀市公郷町|無垢板の割れ止めを行いました!

やっぱり無垢がいいよね〜

これ、ほっとんどの方に言われるんですけど、確かに無垢の木は良いモノだと思います。
私も大工を長い事やってまして、銘木と言われる木になればなるほど『この色艶は、半端ねえ〜な〜』と思ったりしますもん。

でもね、合板とか集成材とは違って、無垢っていうのは非常に温度や湿度に敏感なんです。

水分を吸える環境にあれば、いい加減吸うし、乾燥した環境にあれば、乾燥するだけした後に、ひび割れなども発生したりします。


でもこれは無垢の木からすると、当たり前の話なんですよね。

ましてや今は無垢の木を使いたいって人も多いですし、暖かい家がいいね〜と言う方がほとんど。
昔ながらのすきま風が入る家に住みたい方なんでいらっしゃらない事でしょう。

でもその環境が、こういった無垢の木にとってシビアな環境になるんです。

どちらかって言うと、水分が結構抜かれた状態で暖房を入れられる事により、板も動いたりします。
これははっきり言って自然の摂理であって、おかしな事ではありません。

中尾建築工房でも、無垢の木を選ぶ方には、こういった事を一応ご説明はしています。
では、家に設置する前の無垢の木に、クラックの疑いがある場合はどうするかっていうとですね。。

mukuita-waredome-technique.jpg

これ、分かりますかねぇ・・
私がノミとげんのう(トンカチって言えば分かるかな)を使って、大事な無垢の木に彫込みをしています。
なんて事するんだ〜と思われそうですが、これをやっとかないと、この木の価値が下がってしまうんです。。


横須賀市公郷|堀座卓の無垢板選び!

中尾建築工房の打ち合わせスペースを改装してから、割りと小上がりの堀座卓テーブルを設置したいと要望される方が多くなってきました。

私が幼い頃は、居間(リビングとは言い難い‥)で座卓を囲んで、ご飯を食べていました。
その時の座り姿勢は当然、正座(笑)

父親が陸上自衛隊の教官でしたから、まー、教育的部分が厳しいのなんのって。。

当時は、はっきり言って足が痺れるのが早いか、ご飯を食べ切ってしまうのが早いかのどちらかでした。
ご飯も早く食べ終わらないと、テレビなんて当然見れませんから、それこそ子供の頃は必死だった様な気がします。

では、それが果たして今時かって言えば、そんな事はありません。
やはり堀下げるスペースがある事で、足も痺れる事はありませんし、ご飯もゆっくり噛んで食べる事もできる訳です。
畳も日本人にとっては相性の良い床ですし、小さなお子さんが居るご家庭などでは掘り下げの部分でちびっ子達は潜って遊べたりもします。
割りとメリットも多い造り付けの家具になる訳ですよね。

それだけに、新築の注文住宅をリアルタイムで打ち合わせしていると、打ち合わせスペースのまったりとした堀座卓と同じ様な感じでプランに取り入れたい!
そう思われるのは、なんとなく分かる感じがするんです。

実が現在プランニングもほぼ煮詰まった横須賀市は公郷町に建築されるオーナー邸にて、同じく掘り座卓を導入するお宅があるんですが。。。


鎌倉市津西に建てる新築の注文住宅|素材選び!

来月に地鎮祭を迎える鎌倉市は津西に建てるお宅の仕様書を造っています。

設計の西井が図面をやっているので、私は仕上げなどを色々な面から造っています。
設計が全てをやる場合もあるのですが、西井は私がしゃしゃり出ても、あんまり怒らないタイプの人なので、敢えて私が仕上げ面の書類を造るんです。

当然、打ち合わせもしていて、ヒアリングをしていた所、どうも最初から言われていた感じの家ではない。。

外壁のカラーがこれで〜

んで、屋根材はこれか・・

ちょっと違うな・・とぶつぶつ思いつつ、私なりの解釈で提案。

屋根材をガルバリウムから、柔らかい感じの仕上がりとなるアスファルトシングルに変更。それに伴い屋根の傾き(勾配と言います)も、もう少し斜めになる様に設計変更。

そして玄関の庇も普通って感じではなく、Woodって感じの仕上げに変更。

更にはバルコニーの手摺部分も、外壁が建ち上がる感じの仕上げから、一部にロートアイアンを使う形に設計変更。

さらには。。

kamakura-mukuita-kuri-tunishi-t.jpg


葉山町長柄|タモ無垢板の使い道

無垢の板ってあこがれると思います。

『でも、無垢の板って結構するんでしょ?』

たしかに無垢材の中でも、針葉樹と広葉樹と言って、大きく分けて2種類の木材があるんです。
針葉樹って言えば、杉とか松、そして桧などが代表格ですね。
針葉樹の木材自体は柔らかみがあって、香りも良い木材が多いと思います。
価格的にもどちらかと言えばリーズナブルになりますよね。

んで、広葉樹と言えば、チークやウォルナット、日本古来からある代表格ではケヤキとか、クリなどが広葉樹の代表格に当たるかと思います。
こちらは香りはあんまりいい感じではないですかね。。
ケヤキなどは私のイメージで言うと『おじいちゃんの匂い』がします。
おじいちゃん達の家って言うのは、古めの家で、床柱などに広葉樹が多く使われていたのでしょう。
もしかして私だけかもしれませんが、私の記憶では母方のおじいちゃんしか覚えておりませんが、おじいちゃんの家に行くとケヤキの匂いに似ていたと思います。
まー香り的にはそんな感じなので、あんまりいい感じではないかもですね。
ただ広葉樹と言うのは、とにかく硬いのでお皿を置く様なダイニングテーブルや、削れて欲しく無い部分に採用される事が全般的に多いかと思います。

実は今日、現在計画中の葉山町長柄のお宅で採用されるタモの一枚モノの無垢材を木取りさせて頂きました。

木取りとは?!


無垢材のダイニングテーブルを求めて探しまわりました!   が。。。

今日は頑張ったんだけどなぁ。。

五、十(トウ)日のせいもあって、今日は道路が込むかと思いました。
私一人での移動って事もあり、電車で新木場まで行って来たんです。

要件的には横須賀市内に建てているお宅の材料を見に行きました。
無垢材のダイニングテーブル材と、現場で使いたい階段材他造作の材料を探しに行きました。

4件ほどの木場のお店を見て回ったのですが、今日はなんだか駄目だったなぁ。。

画像も何枚かアップしようと思えば出来るんだけど、今日ははっきり言って。。


価値観のある無垢板を使いたいっ!!Part2|ナラの造作材が到着☆

と言う事で先日にご紹介した木材が、岩手の製材所から直接届きました!

この木材、噂では聞いていましたが、岩手県森林組合連合会の平野氏によると『建具材なんじゃないかな〜』って事を密かに聞いてました。

建具材って言うと、木材の中ではかなり高級な部類に入ります。

これは広葉樹でも針葉樹でも同じなのですが、建具材と言うのは基本的に釘打ちしたりする事が出来ません。

釘打ちして固定しない=よっぽど木目の素性が良くなければ、木材の好きな様に動いてしまいドアなどが閉まらなくなったり捻れてしまったりするのです。

広葉樹の建具材は樹種に限らず高級品です。

針葉樹などでは青森ひばや備州ひのきなどが有名なんですよね。
木目も柾目であり、のちのち狂わない(木が暴れない事を指します)木材でないとなりません。

では今回、送られて来たナラの木は。。

CA3F0239.jpg



価値観のある無垢板を使いたいっ!!

本当は今日、上棟がありましたのでそちらの更新をしようかと思っていました。
でも私のデータカードに入れたはずの画像が・・・


画像、壊れてる??

という事で大変申し訳ないのですが、今日はちょこっと違う記事を更新させて頂いて、明日にきちんと更新させて頂きたいと思います!

では表題の価値観のある無垢板という事ですが、みなさんはナラという木はご存知でしょうか?
一般的に木材と言うのは大きく分けて、2種類に振り分けられます。

針葉樹

広葉樹

中尾建築工房でも良く使われているのは杉や唐松、桧などは針葉樹の部類になります。
そして広葉樹と言うのはナラやタモ、樫(カシ)に胡桃(クルミ)という固い木材です。

それぞれ特徴はあるのですが、ナラと言えば木目の綺麗さから一般フローリングの仕上げ部分に用いられる事が多い木材です。

この木材が岩手の製材所で10年以上もかけて眠っていた材料があるとの話がありました。

きっかけは鎌倉浄明寺にて現在進行中のコッコロさんからキッチンのカウンター廻りをもっとカスタマイズしたい!って所から始まりました。

すぐさま新木場に問い合わせたり、この辺では結構力のある材木屋さんなどにも声をかけました。
一応あるにはあるけど、みな価格がそこそこ高いのです。
それをそのまま提供出来るなら良いですけど、それではきっと買い切れない事となってしまうでしょう。
なので最後の頼みの綱として岩手県森林組合連合会の平野くんに聞きました。


横須賀•横浜•三浦で変な天気でした。

今日は変な天気でしたねぇ。。

朝の5時に起きまして、朝から横須賀市浦上台にて!!

今日は塗装の塗り替え工事をされるお宅の工事初日でしたので、まずはご挨拶廻りをさせて頂いておりました。

実は新築ばかりと思われるのですが、リフォームやリノベーションの工事も行っています。
ただ、職人さんの数が限られてしまっているので、工事の内容によっては一年ほど待って頂く時もあります。

でもさすがに一年もの間、待って頂くのは申し訳無いと言うか、忍びない気持ちにもなります。

なのであんまりこだわりなどが無ければ、他社様をご紹介したりもしているんですね。

今回の現場はペンキの塗り替えなので、ペンキ屋さんのスケジュールを確認したら、なんとかイケそう!!って事で、工事初日になったという訳でしたー☆


無垢の板で造るローテーブル製作中ですが•••

新築されてから、かれこれ3年ほど経つのでしょうか。。

中尾建築工房の利用駅である、YRP野比駅からほど近い海見えの場所に建築されたオーナー様がいらっしゃいます。

今回、中尾建築工房に無垢の板材がたくさん入った事を聞きつけて、鬼グルミの無垢板を購入されたんですね。

そして大工さんがあらまし削り上がって、後は少しだけ塗料を塗るだけとなっていました。

『あ〜、これで運んであげられるなぁ〜』なんて思っていたら、なんとびっくり!!