鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

木材利用ポイントの最終申請完了しました!

やっと終わったなぁって言っても良いかと思うのですが、ふっと湧いて出て来た木材利用ポイント。

中尾建築工房としては最後の申請となるオーナー三邸宅分の申請を本日、無事終える事が出来ました!

mokuzai-riyou-points-shinsei-saigo.jpg

すでに何十軒ものオーナー様宅を申請しておりまして、実際に申請業務をしているのは全てこの私。

そして窓口になっている会社の受付担当者の方も、毎回毎回同じ方。

だから慣れてくると、申請の確認ってもんが早くなってきますし、コミュニケーションなんかも取れてきたりします。

しっかし、なんだってさ〜、この手の申請もんって慣れた頃には終わってしまう。

そしてまたなんだかエコポイントが出るだの、すまい給付金が出るだの、また一から覚え無くてはならない訳で・・

もうちっと効率ってもんを考えてもらって、おんなじ部署で出来ないもんなんですかね・・

これは私達だけではなくて、おそらく事務局となる木材利用ポイントの事務局の方であったり、申請窓口になってくれている会社さんの受付の方も同じ様に思っていると思います。

マニュアルのチェックをするだけでも、そりゃー大変な感じですからね。


すまい給付金|国土交通省から

しばらく木材利用ポイントがあったから、国土交通省の告知に気づけませんでしたけど、すまい給付金なる制度がありました。
昨年の4月から始まっているみたいなんですけど、さっぱり気づけなかったんです・・

ところがどっこい、全ての方がもらえる給付金では無いみたいなんです。

すまい給付金の概要的にはこんな感じね。

すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。
消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。
【なお、消費税率10%への引上げ及びこれに関連する措置については、今後国会の審議を経て正式に決定される予定です。】

ようは消費税あげちゃうけど、その分は給付金出しまっせ!って感じの給付金らしい。
だけどねー、ちょっとそりゃ〜無いんじゃないの〜って感じの縛りがあるんです。


早い話が給料高めにもらえている方たちは、別に給付金に頼らなくなっただいじょうぶでしょ?!って事になるらしい。


あんまりぬか喜びさせるのもどうかと思いますので、一番メインとなる部分を敢えて書いちゃいましたけどね。

私は行けるんじゃないか?!

該当すると思われる方は、シュミレーションがあるのでリンクをクリックして頂いて試しにやってみてください。
用意するのは源泉徴収票と住宅ローンの申込書類の控えがあれば、だいじょうぶ。

私が何故に壁があるのかって言うと、中尾建築工房のオーナーの皆様、結構所得が高い方が多いからって事になります。
その根拠はこちら

sumai-kyuuhukin.jpg


木材利用ポイント|他社にて建築中の方からのご質問へ

なるほどねぇ。。

まぁ、はっきり言って良いのか分かりませんけど、おそらくめんどくさいでしょうね。

供給業者から資材を納入していて、かつ登録工事業者になっている工務店さんで建てていれば、手続きをすれば木材利用ポイントは貰えるんです。

当然、期日って言うのはあるから、そこは間に合わせないと駄目ですけどね。


今で言うならこんな感じ

☆期間内に工事に着手したもの
平成25年4月1日~平成26年9月30日(※新規外壁材については平成25年4月1日~平成26年3月31日まで)

☆ポイント発行申請できる期間
平成25年7月1日~平成27年1月31日(※新規外壁材については平成25年7月1日~平成26年7月31日まで)

つまりは現在着工中と言う事は、まずまずポイント自体の申請については、特に問題なく行けると思うんです。

強いて言うなら、使う木材自体が供給業者で扱われていて、かつ登録されている木材でないと駄目ですから、そこはきちんと工務店さんに聞いてもらえればいいだけの話なんです。

なので、めんどくさそう的な空気感が漂っているのであれば、そこはガチできちんと押した方が良いかと思いますけどね。

と、こんな感じのご説明を差し上げたのですが、中尾建築工房のホームページって、なにかと検索にヒットするみたいなんです。

そのせいもあってか、現在他社にて建築中の方から、こんな問い合わせが何件か入ってくるんです。

私たちの施工エリア内で活動している工務店さんだったり、某ハウスメーカーさんの名前も上がっています。

でも、さすがに工務店さんの社名などは出せませんし、中傷する気ももちろん無いんです。


強いて言わせて頂くとすると、家を建てるって事はさ。。

ある意味で、オーナーとの信頼関係の中での契約事ですし、ぎりぎり間に合うか、間に合わないかとしても、取り敢えず申請だけは出すべきなんじゃないかなって思うよね。

だって、間に合えば、そのオーナーはポイントまるごと貰える訳でしょ?

慣れてしまえば、この程度の申請なんて、そんなにたいした労力なんて無いですもん。

と言う考え方に変わってしまえば、後は申請出すだけですもんね(笑)

『めんどくさいな•••』って思えば、確かにめんどくさいかもしれません。

でも『こんなん、楽勝でしょ?!』的発想に変換してしまえば、おそらくめんどくさくはないと思います。

要はその工務店さんだったり、担当者の考え方を少し変えれば良いだけの話な気がします。

と言う事でご相談を頂いた方には、せっかく家を建てている訳ですから、まぁまぁ怒らずに、担当者の方をなだめる様にしてみてはいかがでしょうか?

mokuzai-riyou-point-enchou-kigen.jpg


木材利用ポイント|続々とポイントが降りてます!!

ここの所、続々と木材利用ポイントを取得されたオーナー様がいらっしゃいます。

中尾建築工房としては、先攻第一弾として、10組のオーナー様の木材利用ポイントを申請させて頂きました。

おそらく皆さん、すでにポイントを貰っていて、即時交換のみ、ちょい待ちの状態かと思います。

そして更に追加で、二組のオーナー様の申請を行わせて頂きました!

mokuzai-riyou-points-tsuika-shinsei.jpg

この二組のオーナー様は、逗子市逗子にてお引き渡しをさせて頂きましたオーナー様と、今週末に完成見学会を開催させて頂く横須賀市長沢のお宅の分になります。

以前の記事にもある様に、ポイントを貰ったら、なるべく早めに商品に交換した方が良いかと思います。
でないと、狙っていた商品が無くなっている場合もあったりしますので、そのあたりはご自身それぞれで検討をして頂ければ良いのかなぁって思います。

んで、その貰ったポイントを商品に交換するのですけど、木材利用ポイント事務局のホームページからだと。。

ちょっとなにげに、商品を選びにくいのかなって思いました。

理由はこれね。


超低温冷凍庫のある建築設計事務所+工務店

あると便利なんですよ、これ(笑)

ま〜、普通に考えれば、建築設計事務所に超低温冷凍庫なんて要りません。

普通に考えても、工務店に超低温冷凍庫なんて、間違い無く必要ありません。

でも、中尾建築工房にとって、これがあるのと無いのでは、おそらく中尾建築工房が成り立たないって言ってもおかしくないくらい、−60℃まで下がる超低温冷凍庫があるんです。

koubou-reitouko.jpg

『工房のどこにこんな冷凍庫あるの?』って方のご意見も良く聞きます。
実は入口シャッターの奥底にあるんですよね〜(笑)

では建築設計事務所であり、工務店でもある中尾建築工房の超低温冷凍庫には、なにが入っているかって言いますと。。

koubou-reitouko2.jpg

これ、私的には、実に重宝しているモノになるのです。

実はこのサイズ、業務用に見えて、家庭用の大きいタイプなんです。

かなりの容量が入りますので、実に重宝するんですよね。
しかも-60℃まで一気に冷凍してしまうから、魚でも肉でも一年くらいは余裕で冷凍保存出来るんですよね。

んで、建築設計事務所であり、工務店でもある中尾建築工房が、これらの中に何を入れているかって言うと。。

まずは上段左の所には、地鎮祭の際にお持ちしている金目鯛が入っています。

そして上段真ん中の部分には、ご覧頂ければ分かる様に、THE東京湾の産物たちですね(笑)

さらに上段右側には、九州遠征に行った際に釣ったお魚が入っております!

地鎮祭用の金目鯛に関して言えば、せっかくお持ちするのだから、オーナー様には最高の食味を楽しんで頂きたい!
なので金目鯛に関しては、高知県室戸岬から水揚げされた金目鯛をまとめてお取り寄せさせて頂いております。
しかも最近は時化(シケ)が多くて、燃料費も高くなっている事。
さらには、中々取れない事もあって、金目鯛は売り手市場になってるんですよね。
けれども、そこは中尾建築工房も頑張らなければいけない部分。。
鼻血出してでも、高いお金をお支払いしてでも購入しています(笑)

それだけ高級な食材を地鎮祭に採用している中尾建築工房、やっぱり魚の形にもこだわりたい!
超低温の冷凍庫が無くては、魚を袋で縛り、反った感を出す事も出来ません。
さらに高知県室戸岬では、金目鯛がいつ釣れるのか分からない為、超低温の冷凍庫が必須だと言う理由になるんですよね。

こういった部分にも、中尾建築工房の素材に対しての理解度、挑戦度、そして良材に対しての知識が出てしまってますね〜
やっぱり悪いモノ、安いモノを安くでは駄目。

良いモノ、良い素材を安く。

これは家の建材でも、食材でも共通の意識を持っているって事になるでしょう〜か。

そして真ん中に入っている、THE東京湾!

これは言うまでも無いでしょうが、私が暇な時に釣ってくる東京湾のアジやサバ、カワハギにマルイカ、その他外道達。
そして魚のアラなんかも入っています。
私は釣りに行ったとしても、なんでもかんでも自分で食べる訳ではありません。
だって食べきれませんし、どちらかって言うと人にあげる人ですかね。
もちろん超絶テクニックで魚は捌けるけし、包丁研ぎも天才肌の持ち主です。
でも、自分で食べるのにいちいち捌くのは。。
まぁはっきり言って、捌くのもめんどくさいって事なんです。

なので人に上げてしまえば、めんどくさいのは無くなるし、すぐに無くなれば。。

また釣りに行けると言う、素晴らしいシステムになっているんです。

こんな感じで想像してください。

『なんだよ〜、せっかく釣って来たのに、もう無いじゃん!
しょうがないから、また行くしかないのか•••』と言いつつ、また釣りに行かなくてはならない理由を自分の廻りの人達に宣言する為に、釣りに行く理由を捏造してしまうと言う訳なんです(笑)

きっとおそらくこの妄想的発言は、私たち釣り人にしか、分かって頂けない発想かもしれませんね(笑)

そして右側の方には、以前に行った九州は大分遠征の際に釣った関サバや関アジが入っているんですね〜


木材利用ポイントを利用される中尾建築工房のオーナー様へ

え〜、既に木材利用ポイントを申請済のオーナー様や、これから木材利用ポイントをご利用になられるオーナー様へご連絡です。

既に申請済の方のオーナー様の中には、この様な通知が届いてらっしゃるオーナー様は、いらっしゃいますでしょうか?

これ、某葉山のオーナー様から写メって頂いた画像になるのですが、葉山のオーナー様にはこの様なはがきが届きました。

mokuzai-riyoi-point-meisai-tuuchi.jpg


木材利用ポイントの場合、以前にあった住宅エコポイントと違って、オーナー様のみに明細が送られてきます。
代理申請をした中尾建築工房の方で貰えるのは、こんな受理証のみ•••

mokuzai-riyoi-point-meisai-tuuchi2.jpg

たしかにこの受理証は後から中尾建築工房の方に送られて来ています。

でも、今後のポイント発行のお知らせは、登録工事業者の中尾建築工房に来るのではなくて、オーナー様のみに連絡が行く事になります。
これは前から知っていたのですが、せめて申請通りに下りたなら、それなりに、なにかしらのお知らせが欲しい所です。

でも、ドタバタで始まってしまった制度なものですから、どうにもこうにもなりません。。

なので中尾建築工房で家を建てたオーナー様の中で、すでに木材利用ポイント事務局からこの様なはがきの通知が来ておりましたらご連絡を頂きたいと思います。


参考までにですが、開封した裏面は、こんな感じになっております。


これから家を建てる方は必見!!|木材利用ポイント事業の延長のご連絡

はい、前々から私が言っていた事ではありますけれども、木材利用ポイント制度。

mokuzai-riyou-point-enchou.jpg

当初は2014年3月末までに着工した家が対象って事でしたけど、延長になったみたいですね!

木材利用ポイントってなに?

そんなあなたは、こちらのリンクをご覧になって頂ければ、概要が分かるかと思います!

では、以下は木材利用ポイント事務局から送られて来たメール文です。


++ここから++

平素より大変お世話になっております。
木材利用ポイント事務局です。

本事業にいつもご理解を賜り誠にありがとうございます。

さて、このたび、平成25年度補正予算の成立に伴い、
木材利用ポイント事業の延長が決定いたしましたので、お知らせいたします。
木材利用ポイント事業の延長についての詳細は木材利用ポイントの
ホームページ 新着情報をご確認ください。
http://mokuzai-points.jp/newsrelease/20140226_01.html

今後の最新情報につきましては木材利用ポイントのホームページにてご確認ください。
http://mokuzai-points.jp/

この機会に、より一層本事業をご活用いただきますよう、何卒宜しくお願い致します。

※このメールは自動配信となります。
 本メールにご返信いただきましてもご対応致しかねますのでご了承ください。

------------------------------------------------------------------------------------------
木材利用ポイント事務局  9:00〜17:00(土・日・祝日含む)
0570-666-799 ナビダイヤル(有料)

PHS、IP電話からのお問い合わせ先はこちら
03-6701-3270 (有料)

++ここまで++


木材利用ポイント再申請+追加申請!

以前に木材利用ポイントをご紹介した際に、中尾建築工房で新築を建てると、30万ポイントが貰えますって事を公開させて頂きました。

ところが、なにやらどうも今回の制度は微妙な感じなんです。
詳しくは過去リンクを見て頂ければと思うのですが、内容はコロコロ変わるし、申請書類にもかなりの不手際があるらしく、申請上のトラブルが多いらしいんです。

そのトラブル防止しようとやっきになって事務局の方も働いている様で、申請用紙もこんな感じで変わってしまっているんです。

mokuzai-riyoi-point-shinsei-youshi-henkou.jpg


木材利用ポイント提出完了!

おかげ様で中尾建築工房としては、初となる木材利用ポイントの申請6件分のお宅の書類を提出させて頂きました。

今回のこの補助と言うか、特典と言うか、ある意味ドタバタで、良く分かっている方が少ないのが難点。。

だいたい、私達もぎりぎりのちょっと前で住宅施工業者認定申請をしたのですが、ほとんどの工務店さんは話すら知らなかったと思います。
あまりの反応の悪さに、住宅施工業者認定申請締め切りをしたにも関わらず、かなりの苦情があったんでしょうね。。
後から、また住宅施工業者認定申請を受付したりしていた位でしたから。。

ま〜、それでもオーナーにとって利益になるなら、ぶつくさ言わずにやる事やる!

という事で、本日は横浜市の戸塚から藤沢市に向かう予定がありましたので、藤沢市の指定申請窓口になっている、湘南木材さんに6件分の申請書を提出させて頂きました!


mokuzai-riyou-point-shinsei-6ken.jpg


木材利用ポイントをもらうためには、工務店の利用手数料が掛かるの?

mokuzai-riyou-point-2.jpg

ん〜っと。。

これ、現在色んな工務店を廻られている方からの問い合わせなんだと思うのですが。。

ちょうど良い機会なのかなって思いまして、皆さんにも良く分かる様にご説明をしておきましょうかね。

中尾建築工房の場合で言うと、利用手数料とか、申請費用と言うのは、木材利用ポイントに関しては掛かりません。

今までに長期優良住宅とか、住宅エコポイントなどで補助が出る場合がありましたよね。

長期優良住宅などの場合は、申請する上で様々な構造計算をしたりとか、建てる計画プランによっては部材の変更なども行ったりしていました。
だからその分の差額が発生する事はありました。

住宅エコポイントに関しても同じ事で、やはり通常の図面だけでは申請が出来なかったんです。
やはりエコポイントと言う位ですから、エコな家でないとポイントは貰えなかったのです。

そうすると自然素材を使っているというだけではダメで、設備系の部分の見直しなども行っておりました。
いわゆる省エネ仕様って言うんですかね。

今ではそういったレベルをクリア出来る形を標準化しておりますので、問題は無いのですが。。
当時は数万円の手数料を頂いた事はあります。

んで、肝心な今回の木材利用ポイントの場合はどうかって言うと。。

特に図面で再計算する事もなく、ただ単純に国産の木材を使っていると言う証明ができれば良い訳です。
さらに資料も新たに造るって訳ではなくて、木材利用ポイントからダウンロード出来る申請用紙に記入して写真を貼ったり、契約書や確認済証とか検査済証とかを添付するだけ。。

こういう言い方をするのは良く無いのかもしれないですけど、いわゆる片手間で出来てしまう範疇の申請方法になったりします。

普通に30万ポイントを降ろす為にはA4の用紙で全部で12〜13枚あれば申請用紙の全てが揃います。

即時交換するにしたって4枚増えただけの16〜17枚程度のモノになります。

しかも全ての書類は事務所にある書類にコピーを取るか、事務局からのダウンロード出来るPDFだけで申請が終わってしまう訳なんですよね。

たしかにその書類を揃える事で、人は動くのだけれどもですね。
ある意味、まとめて10件のお宅の申請をしても、さほど苦にはならない程度の作業量な訳なんですよね。
しかも申請の手続きは私がやっております。
私の場合、日々色んな仕事を同時に行ったりするのが日課になってしまいました。
だからコピー待ちとか、用紙を揃える待ち時間とかに、ちょこちょこやっているので手間は掛からないんです。
それに長期優良住宅みたいに第三者機関に提出する訳でもないから、証紙代も掛からないし・・


木材利用ポイント関連広報のお知らせ

昨日、ブログで木材利用ポイントの事を公開させて頂いたのですが、今日になったら木材利用ポイント事務局から、こんなmailが送られてきました。


***************************************ここから***************************************
平素よりお世話になっております。
木材利用ポイント事務局でございます。

※本メールは、メールアドレスをご登録いただきました登録工事業者ご担当者様にお
送りしております。

日頃より、木材利用ポイント事務局の活動にご協力いただき、誠にありがとうござい
ます。
本メールでは木材利用ポイント関連広報に関するご案内をさせていただきます。

本日11月11日月曜日に、林業・木材に関わりをもつTVドラマが放映されますの

以下、お知らせいたします。

----------------------------------------------------------------------------
--
■ 秋のドラマ特別企画 命 〜天国のママへ〜
11月11日(月) よる9時〜 TBS系列

TBSのHPはこちら http://www.tbs.co.jp/inochi2013/

 妻そして母親に先立たれた、父親と息子が寂しさと悲しみに立ち向かい、
親子の絆を深めてゆく姿を、林業が盛んな山間の町を舞台に感動的に描く。
豊かな自然の中で暮らす生活が見つめなおされている現在に、
自分たちの生き方と家族の絆について考えるきかっけにしたい作品。
----------------------------------------------------------------------------
--
※また、このドラマの放映中、都道府県木(協)連様からご提供いただいた木材等で
作成されたCMが流れる予定です。
(1回目は番組冒頭、2回目は番組のクライマックス)

今後とも、本事業にお力添えのほど、よろしくお願い申し上げます。

※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信いただいても受信できませんのでご了承ください。

-------------------------------------------------------
木材利用ポイント事務局9:00〜17:00(土・日・祝日含む)
0570-666-799 ナビダイヤル(有料)

PHS、IP電話からのお問い合わせ先はこちら
03-6701-3270 (有料)
***************************************ここまで***************************************

これは。。。


木材利用ポイントご希望をお伺いします!

mokuzai-riyou-point-2.jpg

と言う事でお待たせしました、ようやく木材利用ポイントの申請が行える書類がほぼほぼ揃いましたので、こちらでご紹介をさせて頂きましょう!

今回の木材利用ポイントは、以前の住宅エコポイントと違い、概ね国内の様々な商品に交換出来たり、所有しているポイントの半分までなら中尾建築工房での家具工事や木材工事にも使える即時交換というモノがあったり、商品券や旅行券に変えられるシステムがあったりします。

はい、もう一度言いますね。

①国内の様々な商品に交換出来る

②中尾建築工房での家具工事や木材工事にも使える即時交換

③商品券や旅行券に変えられる!

ここでざっくりと、システムの内容をご説明しますよ。

①は国内の農林水産品等の販売促進って感じ

②と③については、いわゆるキャッシュに変換出来ると言う形になる訳なんです。
(くれぐれもお間違いない様にしていただきたいのですが、現金が戻ってくる訳ではありませんよ、商品券をそういったたぐいのお店で現金化される方は別ですけどね)
キャッシュに変換できるから、実際の工事代金にも廻せるって事になりますよね。
ただし、もらえるポイントの50%までしか、即時交換や商品券への交換は出来ません。

以前の発表であった際には、もらえるポイントの半分は被災地に寄付するって案もあったのですが、それが完全に無くなって商品選択の自由度が高まってますよね。
当然、寄付したい方は寄付出来ますけど、私が思うにそういったお気持ちを持たれている方は、その地方の商品をポイントで交換して頂いた方のが望ましい様な気もします。

なんでかって言うと、被災地の方達は復興のために人よりも汗水垂らして必死に農林水産品の建て直しをしていたり、より良い商品を造るべく努力をしています。
それだけに寄付というよりも、造ったモノを買ってもらえる方が、喜びも大きいんじゃないかなって思います。

さて、話はそれましたけれども、ここで中尾建築工房で家造りをされているオーナーの皆様、あくまでも平成25年4月1日〜平成26年3月31日までに工事着手出来る物件のみとなりますが、木材利用ポイントが貰える形になっています!
ポイントを利用して商品に交換出来る申請期限は平成26年10月31日までなんだそうです。
私の記憶では、現在対象となっているオーナー様はこちらの方々です。


木材利用ポイントの住宅施工業者登録完了しました!

ちょっと前に木材利用ポイントについての記事を公開させて頂いたのですが、その際には中尾建築工房も申し込み中でして、特になにか木材利用ポイント事務局からの連絡って言うのはありませんでした。

所が本日、横浜市は港南区のお宅の取材に行き、事務所に戻ってきた所で、一通のはがきが・・・

開封式になっているはがきの裏面を剥がしてみると。。

mokuzai-riyou-point.jpg

やっと住宅施工業者登録の完了の通知がやっと中尾建築工房に到着しました!


国産の木材を市場へ|木材利用ポイント始まるそうです。

ポイントって言うと、なんだか嬉しくなるのは私だけではないと思います。
葉山カードだったり、逗子のしおかぜカード、釣り好きな私の場合は釣り物の魚に合わせて船宿を自分自身で決めてます。
なのであらゆる船宿のポイントカードなどなど、正直言って財布の中に入りきりません。
そのため、あらゆるお得ポイントカード専用のケースをバックに入れている位好きだったりします。

一般的なポイントや特典の付くのはスタンプ系の飲食店のカードだったり、スーパーのカードなどですかね。
皆さんも多分、色々と持たられているのではないでしょうか?

実は住宅業界にも、その様なモノを国自体が行ったりしています。
ここ2〜3年で言えば、色んな補助金とかエコポイントなる名称の住宅事業促進系の政策が取られてきました。
長期優良住宅の場合は、申請すると最大で120万円(でもほとんどが100万円でした)の補助金が出たり、住宅エコポイントも一番良い時には30万ポイント(30万円分)の恩恵が受けられたんです。
そのかわりお金が入ってくる時期は半年以上先だったりとかしてましたけど、かなりお財布にやさしい制度だった覚えがあります。
中尾建築工房のオーナー様も、当時は全てのオーナー様が長期優良住宅か住宅エコポイントの恩恵を受けられていました。

すでに住宅エコポイントに関しては、復興支援住宅エコポイントなる名称に変わって存在してたりします。
でも、これって期間は確か終了したはずだけれど、復興支援型住宅エコポイントは、工事に使える様な施主への特典が無いに等しいんです。
なので得をしないって事で、説明は割愛します。

そして今回、新たに出来たポイント制度が木材ポイントなる制度です。
木材利用ポイント発行の対象となる期間は平成25年4月1日以降に基礎工事を開始した棟が対象となります。
締め切りは今のところ出ていないみたいですけど、予算が無くなった時点で終了って感じかな。。

こちらも以前の住宅エコポイントの様に、工事費に充当出来ると言う事はございません。
ポイントを交換出来るモノは地域の商品に限られます。

今現在、暫定的にきまっている商品郡はこんな感じです。

◯地域の農林水産品
◯地域における体験型の旅行
◯農林水産型の商品券


『復興支援!住宅エコポイント』の全貌が。。。

え〜、ちょっと今回は新築での住宅エコポイントについての説明にさせて頂きますね。
なにぶん、リフォームよりも新築の方が多いモノですから•••

多分建築を予定されている方であれば、住宅エコポイントが復活されて『あ〜、うちもポイントが貰えるんだ〜』っと思われている方がいらっしゃるかと思います。

中尾建築工房で建てている建物であれば、全棟が住宅エコポイントの対象となるのですけど、これにはなんとからくりがございます。

では、ここでちょっとおさらいさせて頂いた方が分かりやすいので、以前の住宅エコポイントとなにが違うのかって所を説明しましょう。

以前の新築で建てる場合の住宅エコポイントは、対象となる住宅に対して30万ポイント(30万円)が支給されていました。

そのポイント分を工事で使えるって感じだったのです。

そして今回、復活した復興支援!住宅エコポイントでは。。

被災地域の方なら30万ポイント。
被災地域以外の私たちが暮らす神奈川県内では15万ポイントに減額となってしまいました。

この下がってしまった理由って言うのが。。。



住宅エコポイント復活?!

と言われてますね。

新聞やインターネットニュースなどでは一週間から10日間ほど前からニュースになっています。


*****************以下ヤフーニュースからの転載*****************

前田武志国土交通相は16日の閣議後会見で、復活させる方針を明らかにしていた住宅エコポイント制度について、2011年度第3次補正予算の要求項目に盛り込んだことを明らかにした。被災地を除く地域の新築についてはポイントを半減し、耐震改修も対象に加える。予算額は1千億円超となる見通しだ。

 同制度は、住宅の新築や改修時に、窓や外壁に断熱構造を設置するなど省エネ仕様にした場合、ほかの商品などと交換できるポイントを付与。これまでは省エネ住宅の新築で30万ポイント(1ポイントは1円に相当)、改修では工事内容に応じ上限30万ポイントとしていた。

 新制度では被災地の新築を30万ポイントで据え置いて優遇する一方、その他の地域は15万ポイントに半減。また「現在ある住宅の省エネ化が重要」として改修については上限30万ポイントで、耐震改修を行った場合はポイントを上乗せする。前田国交相は会見で、「持続可能な街づくりのスタートを切る」と力を込めた。

 住宅エコポイントは昨年3月に始まったが、急速な申請拡大で、予算枠(2400億円)を使い切り、当初予定より半年前倒しの7月末で制度を終えていた。

*****************ここまでヤフーニュースからの転載*****************


住宅エコポイントの発行期限変更のお知らせ

こんなお知らせのファックスが本日、中尾建築工房に届きました。
いきなり5ヶ月もの短縮ですか•••

ここからファックスをコピペじゃなくて、手入力でコピーします。

*******************************************ここから*******************************************
エコポイント申請窓口業務に関しましては、日頃より多大なるご協力をいただき、ありがたく熱く申し上げます。
さて、国土交通省住宅局住宅瑕疵担保対策室より連絡があり、別添えの資料の通り、発行される工事の対象期間が5ヶ月短縮される事となりました。
この事によりポイントが発行される工事の対象期間は平成23年7月31日までに着工•着手した新築•リフォーム工事のとなります。
なお、ポイントの申請期限及び交換期限は変更ありません。
本件につきましては5月13日(金)午前9時に好評される予定であるため、それまでの間は本件情報を取次窓口ご担当者様限りとして頂きます様お願いいたします。
当機構のホームページでも掲載いたしますが、公表された以降、申請者や事業者等への情報提供が円滑に行えるよう対応を何卒よろしくお願いいたします。

                                                                                事業普及部エコポイント事務室
*******************************************ここまで*******************************************


また来ますか・・・2

家を建てるオーナー様にとって不利益に成るという事。

それは単純に課税が多くなるだけではありません。

たしかにどこかのタイミングで増税は避けられないのかもしれません。

でも長期優良住宅普及促進事業や住宅エコポイントなどで、家を建てる方が多い中にこの増税。。


はっきり言って、住宅メーカーの営業マンたちにとっては追い風となるでしょう。

『消費税があがる前に、早く家を建てましょう!』と言えますからね。

でもこれがさらに増税を上回る二次問題が発生します。

以前に消費税が導入されて3%になったとき、そして5%に増税になった時。
たしかに着工棟数は増えたのです。

日時:2011年2月13日 23:13
続きを読む"また来ますか・・・2"

また来ますか・・・

しばらくは無いと思っていたんですけどねぇ。。

でもさすがにどこかで切り替えって言うのは、確かに必要。

ただこのタイミングって言うのは、住宅業界の中でも造り手と売り手とに意見は分かれると思うんですよね。。

私達の様に造り手としては、あんまり望まない方針ですよね。。

しかも長期優良住宅や住宅エコポイントなどのような住宅取得支援制度がある中での増税。。

はっきり言って最悪です。

日時:2011年2月12日 23:46
続きを読む"また来ますか・・・"

三浦市三崎町の見学会終了☆

土日にかけて行われた新年初の三浦市三崎町の見学会、おかげさまで無事終了する事が出来ました!

今回、見学会場としてお貸し頂いたroseyさん宅は、三浦半島のほぼ先端です。
場所的には小網代や油壺を覗む三崎町の高台と言えるのでしょう。
その為、南も西も北面にも海が見えるという絶好のロケーションでしたよね!

完成したら、あっちのデッキからも、こっちのデッキからも海が見えてしまう•••なーんて感じのうらやましい眺望が実現してしまう家なのです!

そのrosey邸をご覧になった方は『わーいいなぁー』とか『えぇ、こっちも見えるのー??』とか(笑)

roseyさんしてやったりですな(笑)

そんな当日、車を止めるにも台数に制限があります。
そして出来る限りたくさんの方にご覧になって頂ける様、中尾建築工房の車両は軽トラック一台にしました。
その代わり、私を乗っけて行ってくれる車が無い•••

なので、事務所からバス&電車&バスという形で現地へ向かいました!


予約出来なかったらごめんなさい!待望の葉山完成見学会☆


2010年は何故、これほど家造りを学ぶ方が多いのか!
見学会を下記の日程で開催!!
2010年5/23更新完了!!
この家も見逃すと大変ですよぉ・・・
エディターの建てるわくわくはうすがいよいよ完成を迎えます☆
OBのオーナ様、初めて見る方も急いでっ!

場 所: 三浦郡葉山町エリア  (雨天決行)
日 時: 2010年6月12日,13日(土・日)
時 間: 10:00~17:00
内 容: エディターの建てる無垢材のジブン・STYLE☆ 
建 物: 『むくでわくわくもくもくはうす☆』

特 徴
『そろそろオウチを建てたいなぁ・・・』とは。。


横須賀|『ふたりの家』上棟☆

今日は本当に良いお天気に恵まれましたね〜

この快晴の中、中尾建築工房からほど近い場所で『ふたりの家』が上棟しましたっ!


CA3F0020.jpg

お昼過ぎには既に小屋組も上げ終わり、クレーン役のターミネーターの様なお兄さん(笑)もほどなく作業完了!

順調に棟上げする事が出来ました☆

この『ふたりの家』のオーナー様は、なんと中尾建築工房を訪れてから、はや三年が経過してこの日を迎える事が出来たんです。