鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!PARTⅡ

zushi-private-lounge-kanagawa-tateru-keisai-nikaime.jpg


前回も神奈川で建てるに掲載された、逗子に建つPrivate Loungeのある家。

あまりにも建物の規模が大き過ぎて。

次号に載せきれなかった部分を、続けて掲載される事が決まっておりました。

前回記事は下記のリンクでご覧下さい。

神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!

さて、前回に比べて。

どんなところが違うかと言えば。。

「ラウンジばっかりで、私がこだわったお手洗いの可愛いタイルとか、全然出てない・・・」

と言う奥様の意見をディレクターさんにお伝えして。

ディレクターさんも。

「私も分かってるつもりなんですが、載せきれないので。。
次号でもう少し、載せようかと思っているんです・・・」

との事でした。

今回は奥様こだわりのキッチンだったり。

和室の組子だったり。

ランドリーやトイレなども掲載されております!


神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!

リアルですごい家は、雑誌に掲載されてもやっぱりすごい!

現在、好評発売中の神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!

zushi-private-lounge-kanagawa-tateru-keisai.jpg

取材時のブログ記事はこちら。

Private Loungeのある家は、中尾建築工房の湘南モデルハウスと隣接する事になるのですが。

オーナー様は、私より先駆けて突き抜けてしまいましたので。

やり切った感満載の家になっております!

それだけに、取材陣の方も、か・な・り・

頭を悩ませた誌面構成だと言うのが、手に取る様に分かります。

理由その1

とにかくデカイ(笑)

ただデカイだけならまだしも、複雑なフォルムを持ちつつリアルにデカイ(笑)

それだけで焦点を絞りきれないのが、良く分かります。

理由その2

突き抜け過ぎてしまってる(笑)

普通ならリビングのみ一点豪華主義とかで、リビングのみを大きく写したりするのだけど。

Private Loungeのある家は、リビングどころか・・・

ありとあらゆるところで、やり切ってしまっている家になりますので。

どこに焦点を置けば良いのか、プロの取材クルーでも決め切れない。

理由その3

これが最たる理由になると思うのだけど。

オーナー様の日常、とにかくぶっ飛び過ぎ(笑)

取材クルーには前もって言わなかったけど、人によって普通とか日常の常識とか、価値観ってもんが全然違います。

Private Loungeのある家のオーナー様は、これが日常の家になってるから。

あまりの普通じゃない感があり過ぎて、取材クルーもついていくのが精一杯(笑)

そりゃーそうです。

だって、作り手の私たちもね。

この家を提案するのに、かなりぶっ飛ばないといけませんでしたからね(笑)

おかげさまで、私のぶっ飛び度合いも大きく飛躍をさせて頂いているのですが(笑)

そんな本誌では、こーんな感じで掲載されておりまーす。


逗子市桜山 Private Loungeのある家が取材を受けました!

今日は雨的な予報でしたが、1日持ちましたね。

私、なんでか分かりませんが、雑誌の取材だったり。

地鎮祭だったり。

上棟だったり。

なぜか、私が行くと雨が降りません・・・

仮に雨が降っていても、その現場周辺だけは雨が降らず。

周りは雨が降っていたりと、不思議な事に悪天候には恵まれません。

そんな本日も、Private Loungeのある家の奥様からは。

雨降るよ〜、雨が降ったら、外の撮影もう一度来てもらうのは大変だよねぇ・・・

と、事前に天気の事を気にされる話を聞いてましたが。。。

基本、雨は降らないと思っている私は、そんなの1ミリも気にしません(笑)

その結果、やっぱり晴れ(笑)

人間、何でもそうですが。

気の持ち様も大事だったりするのです!

さて、そんなお天気の心配などは一切せず、雑誌の取材は始まりました。

今回、取材が入ったのは、逗子のPrivate Loungeのある家。

この家、中尾建築工房のノウハウがガッツリと詰まった家でして。

凄過ぎるスペックを持つ家になりますので、取材はおそらく長引くであろうと。

私的には予測をしておりました。

そこで私が持ち出したのは・・・

zushishi-sakurayama-private-lounge-ie-shuzai.jpg

Private Loungeのある家の中庭デッキ部分に陣取りまして。

あともう少しで本格的な開幕を迎えるであろう、相模湾ルアーマグロ船の準備を。

ちょうどお取り寄せしていたルアーが届いたばっかりだったんですよね・・・

ルアーにフックを取り付けたりして、万全の準備をしているところです!

これさえやっておけば、あとは出船を待つばかり(笑)

そんな冗談はさておき、取材は撮影から始まりまして、どこのアングルから撮影をすると良いのか・・

そんな部分に時間が掛かっておりました。


葉山町堀内ビルトインガレージのある家が注文住宅の取材を受けました☆

これは一週間ちょっと前のお話。

週末のお休みの日に、葉山町堀内に建つビルトインガレージのある家が雑誌の取材を受けました!

ビルインガレージのメリットと言えば、なんと言っても車を室内保管出来ると言う事。

さらに湘南や三浦半島では、塩害によって車やバイク、自転車などなど。

タイヤの付いている乗り物は、ほぼほぼサビの侵食を受ける事になります。

でも、ビルトインガレージがある場合、車両を洗って保管をしておけば。

まず、外置きに比べて痛まないと言うメリットがあります。

その半面、敷地の大きさや用途地域の問題もあるけど。

1Fをだいぶ削られてしまう事があるから。

どうしても上を伸ばすと言いますか・・

屋根裏なども、有効利用したくなるのがビルトインガレージを選ぶオーナー様の悩みの種となるでしょう。

とにもかくにも男の浪漫を求めて、ビルトインガレージを死守したご主人(笑)

まずはカメラマンさんの太陽高度の位置により、さっそく外観を撮影する事に!

hayama-horiuchi-built-in-garage-s-shuzai.jpg

真っ白な漆喰にブラックの窓、玄関ポーチの屋根にはレッドシダーで造作した庇があります。

さすが、ビルトインガレージを造りたくなる車両ですわな(笑)

そして今回、取材の時間がいつもよりも長くなる事が予測されました。

なぜなら、建物は2F建てにはなるものの。

階層が複雑になっている家なので、アングルの固定が難しいはず。

そんな感じの読みをしてまして。

私はディレクターさんとカメラマンさんに、こんなお願いをしてました。

「キッチン廻り、先にやってもらって良いですか?」

その訳・・・


注文住宅 神奈川で建てる|発売されまーす!

明日、書店にて発売の注文住宅 神奈川で建てる!

中尾建築工房で建てたオーナー様宅が多数掲載されております!

kanagawa-tateru-2017huyu.jpg

こちらは三浦市に建つ、猫の間空間の家。

生まれたばかりのお子さんも一緒に写って。

と〜っても、良い記念になりますね!

kanagawa-tateru-2017huyu2.jpg


葉山町長柄|緑と風の家が注文住宅 神奈川で建てるに取材を受けました!

昨日の土曜日。

緑と風の家が注文住宅 神奈川で建てるの取材を受けました!

hayama-nagae-midori-kaze-ie-shuzai.jpg

ちょうど玄関で、凄腕カメラマンさんが準備中でございます!

家の取材時と言うのは、日当たりを重視しますので。

日が陰って来たりする事もあるし。

めちゃんこピーカンの時もあるから。

カメラマンの方は、割と忙しかったりするのです。

そして私はと言えば。


三浦市小網代|猫の間空間の家が注文住宅 神奈川で建てるに取材を受けました!

昨日は天気も快晴っ!!

いつも雑誌の取材の際には、必ず横須賀市長坂になる安田養鶏場さんにて。

取材宅には、お土産を買って行く私。


上棟、地鎮祭、雑誌の取材などなど。

野菜を購入しに行く時には、必ず晴れの日になりますので。

安田養鶏場のお母さんには。

「ホント、呆れちゃうくらい晴れ男だよねー(笑)」

と言われたりしています!

当然、私も。

「えぇ、おかげさまで絶好調ですっ!!」

と返しているんですけどね(笑)

miurashi-misakimachi-k-suumo-shuzai.jpg

猫の間空間の家について詳しくは、こちらをクリックして見てみて下さーい!

相も変わらず、抹茶色&いぶし銀の瓦屋根が目を引く家になります。

お子さんも、ちょうど引き渡しのタイミングで出産されて。

そろそろ、首が座ってくる頃かな〜なんてタイミング。

中に入ってみると。。



藤沢市弥勒寺『Simple natural』注文住宅 神奈川で建てるに取材を受けました!

週末の湘南移動は、車がめちゃめちゃ混むんですよね〜

私も分かってはいるものの、慣れもあってか裏道を進んで移動をする。

けれども、やっぱり同じ事を考えている方は、やっぱり居らっしゃる訳で(笑)

時間はまぁまぁ遅刻してしまいましたが、藤沢市弥勒寺の『Simple natural』へと伺いました!

hujisawashi-mirokuji-k-shuzai.jpg

シンプルな外観と共に、ブラックのちょい悪オヤジ仕様の外車が止まっております・・・

私的にはおそらく。。

もう、普通のパパさん仕様に変わっているんじゃないか?

そんな風に思っていたのですが、相変わらずガソリン垂れ流しで走ってらっしゃるんですねぇ(笑)


横須賀市秋谷『SHIP-博多丸』注文住宅 神奈川で建てるに取材を受けました!

完成お披露目見学会でも、大好評を頂いていた横須賀市秋谷のSHIP-博多丸』

今日は注文住宅 神奈川で建てるの取材がありまして、久々秋谷の地に訪れさせて頂きました!

博多丸のオーナーご夫妻にお会いするのは、見学会の時以来。

なもんですから。

会った瞬間『痩・せ・た・ね−!!』

って(笑)

おそらく一般的な施主様と。

建築設計事務所や工務店さんとのやりとりとは、到底思えません(笑)

ま、それが中尾建築工房って事もありますので。

まずは日照の問題もありますから、外観の撮影を行う形だったです。

ところが、何故か外では・・

yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai.jpg

本をまとめるディレクターさんも。

博多丸のオーナー奥様も。

揃いも揃って、片足スクワット(笑)

私みたいなのが、いきなりライザップに行き出して。

結果にコミットしている所を目の当たりにしたせいか。

『どんな事やってんの〜』と言う感じで、お二人共に中尾ライザップを開始(笑)

おそらくこんな風景、他社さんではあり得ない事なんだろうなぁ・・・


SUUMO注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!葉山町下山口『Success Ai,s Residence』

三連休の中日である本日、SUUMO注文住宅神奈川で建てるに『Success Ai,s Residence』が取材を受けました!

実はこの取材、特に注文住宅神奈川で建てるに掲載されなくても、別に良いかなぁ・・

とは思っていたのです。

けど、ある試みがありまして。

オーダーキッチングランプリに投稿する為の、プロのカメラマンが撮影した写真が欲しい!

だったら、取材を受けてしまった方が良いね!

と言う事で、急遽取材を行ったのであります(笑)

hayama-shomoyamaguchi-success-ais-residence-shuzai.jpg

今日は曇天の空模様だったのですが、キッチンから見る海の景色。

それはそれは、気持ちの良いモノでした。

いつもは見える富士山が見えなくとも、やはり海の雰囲気はしっかりと伝わります。


注文住宅 神奈川で建てるに葉山町長柄に建つ『大人の休日』が取材を受けました!

これは一昨日のお話。

葉山町長柄にお引き渡しをさせて頂いた『大人の休日』と言う家があります。

この家が、注文住宅 神奈川で建てるに取材を受けました!

hayamamachi-nagae-s-shuzai.jpg

前回、取材を受けたお宅が右側に。

今回は左側の家。

これはホントに偶然で、特に中尾建築工房が土地の売買に噛んでるって事ではなくて、たまたまお向居さんに建ったと言う偶然。

大工さんも同じ棟梁でして、右の家が終わったら、左の家にスライドする形で施工をさせて頂きました。

この日は午後からの取材でしたので、太陽の陽が高いうちに、外観撮影をすると言う事で、まずはカメラマンの方がセッティングをしております。

hayamamachi-nagae-s-shuzai2.jpg


注文住宅 神奈川で建てるに『Miura Sea Life!!』が取材を受けました!

豪華な家って、満たされると言いますか、とっても落ち着くもんですねぇ(笑)

先週末は、三浦市にてお引き渡しをさせて頂いた『Miura Sea Life!!』にて『注文住宅 神奈川で建てる』に取材を受けておりました!


miurashi-minamishitaura-h-shuzai.jpg

チークの床材、オーダーキッチンにオーダーテレビボード、レッドシダーの勾配天井にレッドシダーで造ったハイドアパントリー、自然素材の珪藻土の天井や壁。
さらにブラックウォルナットとロートアイアンで造作したダイニングテーブル、ダッチウエストの薪ストーブに煙突廻りには天然石スレートを贅沢に貼り上げてあります。
そして、それらの贅沢部分を引き立たせる為の間接照明。

これほど贅沢してしまって良いのだろうかと思うくらい、やり切った感満載の家なんですよね。


そりゃー、本にも載りますますわねぇ・・


葉山に建てた自然素材いっぱいの注文住宅|注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!

先週末のお話になるのですが、注文住宅神奈川で建てるに、葉山のオーナー様2邸宅が取材を受けました!

午前中は葉山らしい緑いっぱいの景観が楽しめる立地に建てた、緑満喫出来る家。

hayama-midori-hikiyose-douji-shuzai.jpg

葉山独特の自然が望める場所に建てている為、シンプルな自然素材の家+緑!

造り過ぎないバランスが、とっても良い感じを醸しだしておりまーす☆


葉山町一色『空窓の家』が注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!

これは先週末のお話。

午後から引き渡しがあったのですが、その前には同じく葉山の一色に建てた空窓の家に行ってました!

私の自宅のある逗子から葉山の一色に向かって、まずは取材。

そして一旦逗子の自宅に戻って、引き渡しの準備もしつつ、そして準備が終わったらまた葉山の堀内に出掛けて引き渡しー

やっぱり週末は逗子葉山って混み合いますし、家と仕事場が近いのはホントに有り難い限りでございます!

hayama-isshiki-o-shuzai.jpg

ちょっと私のケータイが汚れてしまっているので、画像が悪いのはご勘弁・・・
今日も空窓から日差しがいっぱい入っておりました!


三浦市栄町『わんこといっしょ!』が注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!

1月27日、私の母方じーちゃんのお誕生日に、三浦市栄町にて『わんこといっしょ!』が注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!

わんこといっしょは女性オーナーが切り盛りをされている、ペットシッターさんのお店になるのですが、犬の幼稚園をしたり、正しいし犬のしつけをしたり、時には犬の買主さんにカウンセリングをされたりするお仕事なんだそうです。

お付き合い自体はかれこれ・・・初めてお問い合わせを頂いてから、3年以上は経過しているんです。
当初は女性単身で家を建てても、果たして良いモノかと考えた事がありましたけど、日々の賃貸家賃も確かに勿体無いですし、お仕事柄ストレスを抱えない様な自宅と店舗併用の方が確かに望ましいと思いまして、スタートした家造りでした。

その代わりに夢の実現を形にするためには、ちょっとした事を数年掛けて行って頂く事がありましたけど、やっぱりこの家造りは成功だった様ですね。

お仕事も御自身のみでは手が足らなくなって来ているみたいですし、以前よりもホームページやブログが更新される事が多くなった感じがします。

やっぱり造り手の私達としては、携わった家で永く住んでいただきたいですし、ご家族の方が楽しそうに住まわれる事がなによりのご褒美になっている気がします。
お金の問題じゃないんですよね、この辺って。

実は最近になって、私は直感がやけに鋭くなってきているんです。
そのせいもあってか『この人は、今は家を建てない方が良い』とか『この人はこ〜ゆ〜感じの家を建てた方が良いみたい』などが分かる様になって来ました。

やはり人生、日々修行(笑)

さてとお話は取材の方に戻りまして、さっそくカメラマンさんの撮影やら、ライターさんの質問があったりで、淡々と進んでいきました。

miurashi-sakaemachi-w-shuzai.jpg

こういった取材の際には私の方でちょっとしたおみやけをお持ちするのですが、撮影の部分にもそういったおみやげが使われたりしています。
さ〜、この写真の中からだと、どこにおみやげが使われているのでしょ〜か!

実は。。


横須賀市湘南鷹取『ラ・プロヴァンス』が注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!

これはつい先日のお話になるのですが、かれこれ三年ちょっと前にお引き渡しをさせて頂いていた、横須賀市内に建つラ・プロヴァンスが注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!

この家、そ〜と〜すっごいんですよねぇ・・

以前からお声は掛かっていたのですが、外構工事の一部が終わっていなかったりとかの理由で先延ばしにしていたんです。

いつもであれば、取材は私が同行する事が多いんですけど、この日はどうしても見積もり打ち合わせがあったりで、事務所を抜け出す事が出来ませんでした。
なので、代わりに設計の瀬戸に行ってもらいました。

何故、この家であれば特に私が行かなくとも良いか?

実は理由がありましてね。

こちらのご主人は半端ないパワーを持っておりまして、『ラ・プロヴァンス』に掛ける情熱たるや、あり得ない位半端ありません。
つまり業者の私達が説明をするのではなく、間違いなくご主人のみの説明だけで、充分こだわりが伝わるであろうと思う節もあったりしたので、敢えて私は打ち合わせに専念させて頂きました。

さてとこの『ラ・プロヴァンス』

一体どんなところがすごいのかって言うと。。


yokosukashi-shounan-takatori-h-shuzai.jpg

東南角地となる条件の良い立地であるのは当たり前であり、家としてのボリュームも存在感を放っております。
でもね、そんな所が超すごいって事では収まりきらないのが『ラ・プロヴァンス』

一般常識で言ってみれば『家にはそんなモノ無いでしょ〜』って言いたくなる位のなにかが造られております。

ま、私は当初から『マジで造んの?!』って思わず言ってしまった位の代物でございます。


それが何かって言うと。。


逗子市桜山に建てた『きーもちぃー家☆』注文住宅 神奈川で建てるの取材を受けました!

昨日に続きまして、連日での取材対応になります。

中尾建築工房のブログを2年以上前に遡って御覧頂いている方であれば、この家の事を『あ〜、そう言えば合ったあった!』と思われる事でしょう。
引き渡し自体は結構前に終わっていたのですが、お子様の学校等の問題もありまして、ご入居されてからまだ一年も経っておりません。

施主施工が割りと激しい家ではあったものの、ご主人さまの頑張りにより、かなり形になって来ております!


zushi-sakurayama-t-shuzai.jpg

玄関先には通常の玄関ポーチと言うよりは、ウッドデッキが造らておりまして、施工はもちろんご主人施工(笑)

今日も例の如く、私は4本ほどの包丁研ぎをボチボチとさせて頂きまして、後は特になんにもやる事無し。。

ただただ、取材風景をボケーっと見ているだけでした。


三浦市南下浦町に建てた『床でくつろげる家』注文住宅 神奈川で建てるの取材を受けました!

今日は週末だったのですが、一軒の雑誌取材がありました。

今回、本に選ばれたのは、三浦市南下浦町に建てた『床でくつろげる家』

建物のサイズはさほど大きいサイズの建物ではありませんが、ちょこちょこと細かい部分にこだわりを持って建てれらた家になっています。
んで、ご主人主導の元の家造りではあったのですが、今回取材のオファーをお伝えした所、あんまり乗り気では無かったみたいなんです。

所が急遽、取材OKとなりまして、今日の取材になりました。

あんまり積極的ではないのかなぁ。。と思いつつ、取材が始まってみると。。

ほぼほぼ、ご主人がディレクターの方に全て説明してくれるので、私は全く持ってやる事無し!

なので恒例になっている包丁研ぎをさせて頂きまして、奥様と世間話をしたり、海の方にぷらぷらと時間を潰しに行ったりしてました(笑)


miurashi-minamishitaura-o-shuzai.jpg

いつものダイヤモンドの砥石ではなくて、今日はセラミックの砥石で包丁を研がせて頂きました。

セラミック砥石の方がダイヤモンドの砥石に比べて研ぐ時間が掛かるのですが、ご主人が全てをやってくれる事を予想していたかの如く、のんびーり、ゆっくーーり、包丁研ぎが出来ましたね(笑)

取材中の詳しい内容は雑誌自体が面白くなくなってしまうため、あんまり画像は乗せれません。

でもね、こうやって取材が入ると、素晴らしいカメラマンさんが来てくれるので、撮影した画像もそれはそれは素晴らしい画像になるんです。


横須賀市長沢『live in luxury☆』が注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!

昨日のお話になりますけれども、横須賀市長沢に建つlive in luxury☆が、注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!

横須賀市長沢と言えば、そこは中尾建築工房にほど近い、なんと川のせせらぎなども聞こえてしまう程、横須賀市の中ではローハスなエリアになります(笑)

そんなローハスなエリアに建つlive in luxury☆は、威風堂々の言葉が良く似合う程、偉くめだってしまう家なんです。

ま〜、私の記憶に誤りが無ければ、長沢には、こ〜ゆ〜家建ってない(笑)

yokosukashi-nagasawa-live-in-luxury-shuzai.jpg

まるで家って言うよりも、お店?って感じの外観に見えてしまいます。

こういう取材の時って、私はいつもの如く包丁研ぎしかしてません。

カメラマンさんとディレクターの方が、それぞれ打ち合わせを行いまして、私はほぼフリーになるから、毎回毎回居なくてもいいんじゃないかって思うんですよね。

でも、どうしたって呼ばれてしまうモノですから、仕方なしに包丁研ぎでもやりまっか!的発想になりますもので、今回も5本の包丁をビッキビキに研がせて頂きました!

yokosukashi-nagasawa-live-in-luxury-shuzai2.jpg

こちらのお宅は、お父さんがお隣に住まわれておりまして、私と同じく沖釣りを趣味とされているお父さんがいらっしゃいます。
沖釣りが趣味なだけに、お魚さんを捌く機会も多いみたいで、出刃系の包丁が刃こぼれ気味に。
なので気持ち角度を鈍角にして、刃こぼれしにくい形に修正をしつつ、包丁を研ぎ切りました。

そう言えば、ここでよく聞かれるんですけど、『中尾さんって、どんな砥石を使っているの?』って聞かれます。

ん〜、そうねぇ。。

ま、私は普通の大工じゃなくて、すーぱー大工な訳ですよ。
そうすると、砥石だって普通の砥石なんて使う訳が無いんです。

ちなみに今日、持参をさせて頂いた私物の砥石は、この位の価格の砥石になります。


鎌倉市津西『心地いいお家!!』が注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!

なんだか梅雨入りした途端って言うか、昨日はかなりの大雨が降りましたね。

土曜日の今日も、湘南は朝から雨が降っておりまして、そんな中でもサーファーの方たちは元気よく、七里ヶ浜の海にて波待ちをしておりました!

やはり海の男達は、サーフィン、ウインド、SUP、カヤック、ダイバー、釣り人と色んな海系のスポーツは数あれど、あんまり雨とかの天候って関係無い傾向がある様に思えます。

波があれば、サーフィンは出来るし、風があればウインドも出来る。
ベタ凪だったらカヤックやSUP、釣り人は喜びますし、ダイバーは多少荒れていても海の中には入ってしまいます。
まぁ言ってみれば、海系スポーツは、ある意味で雨が降っていた方が、比較的空いていていいのかもしれませんね。

でも、サーファーの皆さんは、雨の中でもガッツありますね!

結構な人数の方たちが波待ち中〜

kamakurashi-tunishi-t-shuzai.jpg

そんな週末の今日、私は鎌倉市津西に施工させて頂いた『心地いいお家!!』が注文住宅神奈川で建てるの取材が入っておりまして、午前中に鎌倉入りをしました。

久しぶりに訪れた『心地いいお家!!』は、雨の中ではありましたけど、オーナーご主人お手製の薪棚などもありまして、だいぶ生活感が感じられてる様な家担っておりました!


kamakurashi-tunishi-t-shuzai2.jpg


横浜市保土ケ谷区に建つ段暖(だんだん)の家が取材を受けました!

しわっす!

し   わ   す 

師走

そうです、一年も早いもので、もう師走に突入してしまいました!

さすがだんでぃ〜な40歳代は、おやじギャクも並ではございません。

さて、つまらない事はさておきまして、師走に突入した12月最初のお仕事は、横浜市保土ヶ谷区に建てたオーナー様宅の取材でした。

覚えてらっしゃいますかね、こんな感じの家。。

yokohamashi-hodogaya-m-chuumon-jyuutaku-shuzai.jpg

そうです、敷地と道路に高低差があり、その高低差を逆手に取って建築された横浜市は保土ヶ谷区に建つ段暖(だんだん)の家が、スーモ注文住宅 神奈川で建てるに掲載される事になったのです。
今回は横須賀市佐野の『楽・好・嬉・の家』との同時掲載となるのですが、こちらの段暖の家も結構中身の詰まった家になっておりますから、取材陣もいつもより時間が掛かった取材になりましたね。

本の発売前になりますので、あんまり詳しく画像をアップする事は出来ませんけど、こんな感じの撮影風景でありました。


横須賀市『楽・好・嬉・の家』|SUUMO注文住宅 神奈川で建てるから取材を受けました!

今日は風がとても強かったですね〜

ここ一週間の間で、強い風の吹く時が何度かありましたが、今日もかなり強かった。。

こんな日はもう少し寒い時期になると、こたつにみかんが嬉しい季節なんじゃないかなって思います!

さて、そんな日に横須賀市佐野町に建築された『楽・好・嬉・の家』がSUUMO注文住宅 神奈川で建てるから取材を受けました!

yokosukashi-sanomachi-h-chuumonhyuutaku-shuzai.jpg

青々とした緑とネオジャパネスクを意識した家が、とてもマッチングしております!

取材陣が挨拶を終えて、玄関から入って行くなり、実にこだわりの家具が備えられております!

yokosukashi-sanomachi-h-chuumonhyuutaku-shuzai2.jpg

備え付けられた家具の風合いと、家のバランスがとてもいい雰囲気を出してますね。


『楽・好・嬉・の家』は基本的なコンセプトがはっきりとしていて、諦めるモノは何一つ無い!というこだわりの家として建築されました。

造り手側の私達が『ここまで。。やる?!の・・』と言ってしまう位の家ですから、それはそれは素晴らしい家な訳です。

住み心地なども伺いましたが、とても暮らしやすいとのお言葉を頂けましたので、造り手の私達としても嬉しい限りの一言ですね。


まぁ、こういう取材を受けますと、私が常に行っているのが、すでにスタンダードとなった包丁研ぎ。
今日は本数も少なく3本の包丁を研いだのですが。。


スーモ注文住宅 神奈川で建てる 秋冬号に中尾建築工房のオーナー様3邸のご家族が掲載!

消費税増税の影響ですこしは静かになるのかなって思っていた矢先なのですが、中尾建築工房で家を建てた3邸宅が、神奈川で建てるに掲載されました!

kanagawa-summo-chuumon-jyuutaku-keisai.jpg

掲載された3邸宅中、いつもの部分に掲載されているお宅と、神奈川県代表として掲載されているお宅があるのですが、ここまで目立ってしまうと。。

なんだかあんまり静かになりそうなんて事は望めないんでしょうねぇ・・

それにしても今回は、全てのお宅で共通なのが、ホワイトの外壁になりますかね。

でも実はこのホワイトのカラーも全部一緒じゃないんですよね。。

実はホワイトと一口に言っても、立地や日当たりを考慮して、ホワイトの中でも調整してカラーリングをしています。

例えば一年中、日当たりの悪そうな立地であれば、ほぼ純正色に近いホワイトを使います。
でも、西日があったり、中庭の様に光の乱反射をさせる部分に関して言えば、同じホワイトでもグレー色を入れて、ホワイトを少しでも落ち着かせる様に選びます。

実は陰ながら、カラーに関しては、そんな事も考慮して決めていたという訳なんです!

その甲斐もあってか、本誌のず〜っと前ページに掲載されている記事のパティオのある家は、かなり見応えのある一邸になっています!

しっかしこの家、やっぱり見応えがあるんですよね〜

以前に掲載された時と違うディレクターでしたので、アングルなども違うアングルで撮影をされてました。

その際のリンクはこちら

でも、この家は結構部分的に悩んだりもしたんですよねぇ・・
全体的なデザインと斜線検討、屋根勾配の調整などなど。。

図面自体はきちんと完成した後なんですけど、その後からもあともうちょこっと屋根の傾斜を少なくしようとか。。

あともう少し、パラペットの高さを取りたい。。

リビングの目隠しとなる屋根の庇をあともうちょこっと伸ばすか。。

普段はあんまり悩まないのですが、こちらのお宅はやっぱり脳みそをかなり使わせて頂いたお宅になります。

そんな中尾建築工房が建てた家をご覧頂けるスーモ注文住宅 神奈川で建てる 秋冬号
多分、書店では販売されている頃だと思いますので、ぜひともお手元に取って見て頂ければと思います!


横浜市港南区港南台|注文住宅のトップ記事の取材を受けました!

実は昨日に横浜市は港南台に建てた『patioのある家』が、注文住宅 神奈川で建てるから再度の取材を受けました!

今回は本の表紙開けて、すぐの特集記事の部分での掲載!

なので前回とはまた別の形で取材陣が来られました。

何度も何度も、取材が入るっていうのも、忙しいので申し訳無いのですが、今回はどうしても『patioのある家』の取材をさせて頂きたいと言うたっての願いもありまして、オーナー様も快く取材を受けて頂きました。

やはり二度も取材が入りますと、オーナー家の皆さんも、結構慣れてしまうんでしょうね。。

割りと皆さん、前回の取材をイメージしてか、いい感じで取材陣のリクエストに対応して頂けましたよ〜

yokohamashi-kounanku-kounandai-n-shuzai.jpg

実は今回、相当面白い編集のディレクターの方がいらしてまして、私の中では彼の事を任三郎と心の中で名付けておりました(笑)

理由聞きたいですか?

『patioのある家』の取材が始まってからというもの、ディレクターの方は段々とテンションがアゲアゲになりまして、あっち歩き、こっち歩き、上を見上げて色々と悩んでいるんです。

こんな感じで(笑)


横須賀市に建てたSantorini Style(サントリー二スタイル)☆が神奈川の注文住宅から取材を受けました!

週末の今日も過ごすやすい天気でしたね〜

梅雨時期なのに、ジメジメもしてないですし、天気も快晴!

割りと出歩かれた方も多かったのではないでしょうか?

そんな週末の今日、私は横須賀市に建てたSantorini Style(サントリー二スタイル)☆に取材の同行をしておりました。

当初はもう一週間ほど後の予定だったのですが、梅雨の関係もありましたので早めて正解でした!

まぁ、毎回私が行って、なにするって事は無いのですが、取り敢えずはお茶漬けには漬物みたいなセットの感覚でしょうかね(笑)

では現地画像をどうぞ〜


yokosukashi-sinchiku-chuumonjyuutaku-shuzai-k.jpg

娘ちゃんがお出迎えをしてくれました!

緑溢れる立地に似合う、カントリーな外構が良い味を出してますね〜


葉山町長柄T,s•Styleの家が神奈川の注文住宅から取材を受けました!

いや〜、今日は朝から鎌倉のオーナー様宅に伺ったり、葉山町長柄T,s•Styleの家の取材だったり、同じく葉山町長柄に進行中の現場に行ったりで、久々デスクワークから離れる事が出来ました!

今回、神奈川の注文住宅から取材を受けたのは、2013年1月27日に引渡しをさせて頂いたオーナー様宅になります!

hayama-nagae-chuumonjyutaku-shuzai-t.jpg


アプローチも綺麗に完成しておりまして、外観内観共に、とにかく良い感じに仕上がっているお宅です。

ホントは画像でお見せしたいのは山々なのですが、雑誌に出る前なので控えめにしておかないとね。。
ということで画像アップはしませんけど、取材陣の方も『あ〜、これはいいねー!』と言わんばかりに納得の注文住宅と言う感想を頂きました!


今日はいつもの取材と違いまして、実はこれから家を建てる方も取材の所をお邪魔しまして、一緒に見学をさせて頂きました。

やはり圧巻な造りですから、目を奪われた感じでご覧になって頂けた様でしたね。

んで私はと言うと、いつもの取材時に行う仕事は、もちろんきちんとやらせて頂きました。



鎌倉市浄明寺|自然と共に暮らす家-鎌倉Cozy Nestが神奈川の注文住宅から取材を受けました!

これは昨日の話なのですが、昨晩は書類につぶれて見事なまでに就寝••
なので本日更新とさせて頂きます!

お引き渡しを終えてからと言うモノ、一年が経過するくらいでしょうか。

こちらの家は、ご主人奥様共に人的センスが光る家と言う気がします。
プランニングの段階から『それ』が読み取れる感じでしたので、素材は出来る限り控えめに。

艶のある雰囲気ではなくて、自然と共に暮らし、年月と共に経年変化を楽しめる様な感じの家になっています。
それだけにキッチンのカウンターなども蜜蝋などで仕上げてしまえば、艶っぽくなってしまいます。
それをあえて無塗装仕上げにすると言う流れで、家造りのお手伝いをさせて頂きました。

それにしても家はやっぱり家具が入って、人が住んで、初めて家となる事を体感させて頂けますよね。

薪ストーブの暖も心地よい暖かさですんで、取材と言うのも思わず忘れそう(笑)

kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai.jpg

ウッドデッキのシルバーグレーも、後もう少しで更に良い感じの趣を出してくれる事でしょう!

そしてこちらの家は長期優良住宅でもあり、自然素材をいっぱい使った家でもあります。
でもそれだけではなくてですね、収納なども大変綺麗に計画されている家なんです。


kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai2.jpg

ここまでキレイに収納を使って頂けると、なんだか造り手的には嬉しい限りですね!
さらにご主人が板を買い足して、棚を増やしてあるのが分かりました(笑)

取材はいつもどおりに進められまして、相変わらず私の仕事は包丁研ぎ•••
ほぼ、奥様と世間話をしながら、ひたすら包丁を研いでおりました(笑)

その間、取材陣たちはアングル選びに大変悩まれた様です。

kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai3.jpg

味わいと趣のある家ですから、あっち見てもこっち見ても良い家な訳です。
それだけに『どこを写せば良いのか迷ってしまう•••』らしいですよ〜

そして2Fにも大きな吹き抜けなどがあるのですが、それよりなにより娘ちゃんの部屋がいい感じでかわいく仕上がっておりました!

kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai4.jpg

ちょっと私の手がブレてしまい、画像が見にくいです。。
でも部屋にキッチンのある子供部屋って素敵ですよね(笑)
ここで一緒にお料理教室が出来そうな感じがします!


そしてこの他にも小物やメインがなんとまぁ、センスのよろしい事!


kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai5.jpg

こちらはキッチンの壁面についているインターフォンのケースをご主人様が造ったそうです。
作り物ならなんでも来い状態になってますよね!

そしてこちらがご主人様のお友達がワンオフで造ってくれているインターフォンカメラケース!


kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai6.jpg

そしてやっぱりメインとなるのは、こちらの薪ストーブなのですが、中尾建築工房と同じデザインですんで、使い勝手もばっちりなタイプです!

kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai7.jpg

でも私の足がガラスに写りこんでしまっているので、座ってくつろいでしまっているのがバレてしまいますね•••

そんな訳で自然がいっぱいの鎌倉市に建つ鎌倉Cozy Nest!
詳しい内容は誌面でご確認頂ければと思います!

コッコロさん、美味しいお菓子とお茶を頂いちゃいまして、ありがとーございました!


横須賀市浦賀丘に建つ自然素材いっぱいの緑に囲まれた家が取材を受けました!

これは昨日のお話です。

それこそ土地探しや家造り相談を最初に受けてから、足掛け5年程経つ家になります!

詳しくはこちら


でも港南台のpatioのある家と、緑に囲まれた家はすぐに依頼が来ました。

この辺りは私もどういう基準か分からないのですが、まぁ、めでたいって事で良しとしますか(笑)

さっそく取材陣と共に、某場所で待ち合わせをしまして、現地に到着。

朝一番で迎えてくれたのは、この人でしたー

yokosuka-sizensozai-uragaoka-k-shuzai.jpg


私たちが横浜に建てた自然素材の家|転載が決定!

と言う事で私はいっさい知らなかった所の話ではあるのですが、中尾建築工房で横浜に自然素材を楽しめる家を建てたお宅の記事が、全国担当の方の目に止まったそうなんです。

なんでも昨年に中尾建築工房に転載許可をもらう電話を編集部からもらったそうなのですが、その電話を受けた某スタッフが営業電話と勘違いをしたらしく、私の耳には全く入らず(笑)

そして私のメールアドレスに『こんな感じで原稿が出来ましたので、ご確認及び受領印をお願いします』と言うメールが来ました。

『ん?そんなの聞いた事も無いし、初耳。。
そして聞いた事の無い名前なので、あんた誰?!』って感じでした。

でも、その内容をきちんと編集部に確認したら、編集部でも『課』が別れているらしく、まったく別の課からの依頼だったらしいのです。

まー、まー、それは良く有る事だよねと思いつつ、内容を聞いてみました。


そしたら。。


横浜市は港南台に建てた『patioのある家』が神奈川の注文住宅の取材を受けました!

この家は私的に『ここは取材の声はかかんないだろうな・・・』と思っていたお宅でした。

なんと言うか、中尾建築工房の建てる家って言うとさ。。

素材の事も知っていて、かつあれもこれもやりたいけれども、安心して新築の注文住宅が建てたいと思う子育て世代の方たちが建てれる家を建てると言う位置づけだと認識しているからです。
でもこちらのお宅は、建物のでかさと言い、仕様面と良い、子育て世代の方が建てるには現実離れをしている家。。。

だからお声は掛からないと思っていたのだけれども、ブログを見ている取材陣よりなんと!

お声がかかってしまったのですねぇ・・

多分私が思うに、年明け発売の本になる事から、ある意味でお正月感覚だから、どーんとイってしまおうって感じなのだと思います。

と言う事で、予想だにしなかった『patioのある家』の取材の様子は。。


横須賀市浦郷『平屋の家.広々空間 』が注文住宅の取材を受けました!

今日は良く働きましたよー

ん、今日はじゃなくて、正しくは今日もですね(笑)

今日は朝から神奈川の注文住宅の取材がありまして、私も同行させて頂きました。

毎回、取材の際には『絶対に私が居なくても成立してるな。。』と思いつつ、取材スタッフに呼ばれてしまうので、仕方なしに同行をさせて頂いております。

と言う事で今日も漏れなく、同行させて頂いたのですが、こちらのお宅は今時めずらしく平屋の家となります。

そして室内には『平屋の家.広々空間 』と言わんばかりの勾配天井に、15㎝もある幅広のオーク材を床に敷き詰めた贅沢な家となっています。


現地は横須賀の浦郷にある高台の場所になります。

ちょっと現地に行くまでは難易度が高めですが、久しぶりにお宅訪問です!


yokosukashi-hiraya-uragou-chuumonjyuutaku-shuzai-o.jpg


横浜・横須賀平屋対決!

先日、取材先の編集部から連絡がありまして、新年明けてからの取材依頼先オーナー宅が決まりました!

なんでも年内に取材を行い、年明け(いつかは聞いてない)の発売になるとの事ですが、横須賀の高台に建った平屋と、横浜市に建ったほぼ平屋の家が同時に掲載されるとの事です。

元々、日本の家と言えば平屋が多かった訳ですが、やはり昔の土地事情と昨今の土地事情では大きく土地の価格に開きがあります。

そのせいもあってか、昨今の家造りでは平屋と言う選択肢があまりないんですよね。。

ところが中には、ブルジョワな方もいらっしゃいまして、ホントに平屋を建てる方もいらっしゃれば、ほぼ平屋の家を建てる方も居ます。

その二件のお宅が師走に入って12月に取材を受ける事となりました!

この二邸は共に現代平屋と言う感じですね。



鎌倉市|『鎌倉の家』が神奈川の注文住宅から取材を受けました!

やっぱり圧巻の家なんですよね。

中尾建築工房で建てていますから、当然ながら家の内容は良く分かっています。
でも、やっぱり現地に行ってみると、さすが鎌倉の家言わんばかりの立地ですから、ぐうの音も出ないって感じの情緒をもたらしてくれていますね。

ガルバリウムの屋根や外壁、そして中尾建築工房ならではのナチュラル100%の珪藻土を壁のみではなく天井にも塗り込んでおりますので、調湿効果はまさに圧巻。

無垢材とナチュラルな珪藻土のコラボレーションは、自然な環境の鎌倉、逗子、葉山には最適な仕様だと思います!

kamakura-ie-shuzai.jpg

取材陣も朝から『どのアングルから撮って行こうか。。』

見所がたくさんありますので、取材陣も困惑している位ですからね(笑)

エントランスも広ーくて、そして完全分離の二世帯住宅らしく、玄関も二つに分けられています。

kamakura-ie-shuzai2.jpg


逗子市桜山|『晴れの陽・大好きな家』の取材終わりましたっ!!

実は取材が終わったのは昨日なんですけどね。

お昼過ぎくらいから、逗子市のKさんまどさんのお宅で取材が始まりました。

んで中尾建築工房と一緒に家造りをしたオーナー様が取材を受けるときって、その取材時に私も呼ばれるんです。
でもぶっちゃけた話、たいした『なにか』をする事って無いんですね。

ただぼけ〜っと見ているだけで、ちょろちょろ〜っと聞かれた事に応える程度な訳ですよ。
でもそれではどうも時間を持て余してしまうこの私。

と言う事で、私が引き渡しを終えた家に対して出来る事。

元大工と言う事もあり、包丁を研ぎ上げて時間を潰しましょ〜作戦を決行してるんです〜☆



連発すぎねぇ・・?

なんですかねぇ・・

今月はなんだか取材が殺到と言うか、集中してると言うか・・・

先日、横浜市の『ごろりうたた寝ハウス』と葉山の『むくでわくわくもくもくはうす』が取材を受けたばかりでした。

でもそれだけには納まらず、Kさんまどさんのおうちである逗子市に建築された『晴れの陽・大好きな家』までもが全国共通記事として、取材を受ける事になりました!!

ちょっとなんだか今月は多過ぎないかなぁ・・

なんでも記事の内容としては、どういった形で家造りを楽しんだかって感じの取材らしいです。

私もあんまり詳しく聞いている訳でも無いので、実は良く分かっていませんでした(笑)

でも多分、聞かれた事に対してふつ〜に答えれば良いだけみたいなのでKさんまどさんにはリラックスして望んで頂きたいと思います!

日時:2010年9月17日 22:45
続きを読む"連発すぎねぇ・・?"

神奈川の注文住宅取材デー!

葉山のシューさん家がね(笑)

取材陣の方と待ち合わせしてたんですけど、私は打ち合わせが延びまして〜
少々遅くにシューさん家に到着!

と、シューさん家のデッキを見上げると。。。

あれ〜、もりたけ一家の奥様にちびっ子達☆

そして後ろからはもりたけ主人が居るではありませんか!!
 
『あれ〜、なにかシューさんと約束でもしてたのかな〜』なんて思っていたら。。



逗子|Kanaloa(カナロア)の家に取材がやって来ました☆

中尾建築工房で建てた逗子の大きな家って、みなさんご存知でしょうか?

これがまた、大変便利で人目に付く立地に建っています。
なので葉山在住で逗子に行かれる方は『あ〜、あの大きくてブルーの外壁の家だよね〜』なんて事を言われたりしているKanaloa(カナロア)の家。


今回、お菓子の家に続いて、Kanaloa(カナロア)の家も注文住宅の取材を受けたんです!

IMG_5321.jpg

なにせこのお宅、リビングの広さがすごいっ!
双子のチビちゃん達が元気よく走り回れるほどの大きさを誇っています☆


ん〜、やっぱり広いな〜


神奈川の注文住宅|取材デーでした☆

ど〜も〜☆

ここの所、夜な夜な図面作成やチェックに追われている中尾です。

今日は雑誌の取材で、横浜のオーナー様宅へと出向いて来ました!

現在、横浜エリアでは何棟も同時着工している中尾建築工房でありますが、今回取材を受けたJ様邸は横浜エリア初のお宅☆

そんなJ様邸はこ〜んな感じのお宅です!

IMG_5231.jpg