鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

清澄白河 作業所リノベーションプロジェクト現地視察☆

今日は午前中から都内に移動しまして。

都内江東区は清澄白河!

今、まさに人気のある清澄白河にある作業所を。

店舗にされると言う依頼がありまして、現地の視察に行って来ました!

清澄白河と言えば、ブルーボトルコーヒーの一号店がオープンした場所として有名ですよね。

kiyosumishirakawa-cafe-renovation-keikaku.jpg

ブルーボトルコーヒー以外にも、清澄白河にはカフェが多いのですが。

ほとんどのカフェが元倉庫だったり。

作業所だったり。

大型アパートをリメイクして、リノベーションしてるお店もあったりします。

これ、清澄白河の歴史に繫がるのですが。

おそらく 物流の拠点だったんでしょうね。

だから倉庫もあるし、河もありますし、そこで働く方々の住まいがあったのでしょう。

木場も近いですしね。

そんな清澄白河のリノベーションする建物、元々の用途はなんであったのだろうか?

建築家の職業としては、まずその辺りが気になります。

何故なら、建物(マジメな言い方すると建築物)は 建築基準法と言う法の縛りがあります。

例えば建物が居住用や文教用、医療福祉用、商業用、工場用などなど。

それぞれ利用する用途が決まっておりまして。

その用途により、建築基準法の縛りが変わります。

つまり用途の変更が、建築基準法に違反してはいないだろうか?

そんな部分を確認する為、現地に行く前に。

江東区役所は、都市整備部 建築課に立ち寄る事にしました。


三浦市城ヶ島|フルスケルトンリノベーション依頼

古い家を購入して、その家を屋根や外壁、内壁の全てを剥がして、スケルトンにする。

そして、間取りを自由に設計するリノベーションが、この中古戸建で出来るのか?

購入前にその様な質問があったので、久しぶりに城ヶ島に行きました!

城ヶ島は、それこそ20年ぶりに来たかもしれません(笑)

私が大工修行をしていた頃、教えてもらっていた従業員の大工さんが、城ヶ島でお店をしていました。

その時、城ヶ島定食を食べさせてもらったのだけど、それ以来かもしれない。

あんまり用事は無いですからねぇ、城ヶ島に来るって言うのも。。

さて、物件自体を見てみると・・

miurashi-jyougashima-reform-renovation-soudan.jpg

これが該当の物件。

城ヶ島は海に囲まれた島ですから、家のくたびれ具合もハンパございません。

東西南北、もれなく塩害いらっしゃいの地ですから、当たり前と言えば当たり前なのです。

で。

この家を建てた頃の三浦市の家造りは、ある特徴があったりします。

三浦市の大工さん(三崎の大工さん)は、かなり根強く材料や施行にこだわっていました。

だからお金もたくさん掛かっていたし、高ければ高いほど良い家だ。

そんな風潮があったんです。

けれども、この家にはその様な雰囲気を全く感じませんでした。

どことなく貧相な造りにしか見えません。

もともと、この古家は店舗をしていた様なのですが、全ての部材に安普請さが見受けられるんです。