鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

鎌倉市浄明寺|増築&リノベーションお引き渡し☆

2016年11月22日!!

いい夫婦の日に、鎌倉市浄明寺にて増築&リノベーションを行ったお宅のお引き渡しをさせて頂きました!

kamakurashi-jyoumyouji-k-zouchiku-renovation-ohikiwatashi.jpg

もう一回、書いておこう(笑)

いい夫婦の日(11月22日)ですからね!

中尾建築工房と言えば、湘南や三浦半島に住まわれる方が。

注文住宅を建てる上で、設計施工をい〜感じにこなす依頼先になります。

注文住宅を建てると言う事は。

割と新築ばかりを建てていると思われるのですが。

確かに新築の案件は多いのだけど。

私が大工の棟梁として独立したばかりの、かれこれ16〜17年前は。

増築仕事だったり。

キッチンの入れ替えだったり。

床の張替え、屋根の葺き替えだったり。

どこに依頼しても修繕し切らない雨漏りなどなど。

いわゆるリフォーム工事がとっても多かったんですね。

そんな仕事ばかりをこなして来た時期がありますもんで。

ぶっちゃけ、原因不明で分からないって事が無いんです。

それだけやって来たからこそ、今の新築を建てる上では。

これだけは絶対と思える軸組。

これだけは絶対と思える対策。

と言う、軸足が固まっているとも言えるでしょう。

今回、増築&リノベーションの設計施工依頼が中尾建築工房にあったのは。

ちょっとした理由がありました。

5〜6年ほど前に、現地のお隣に新築の家を建てさせて頂きました。

そして、今回の増築&リノベーションを行った家は、当時はすでに建っていました。

新築の家は、お姉さんの家。

増築&リノベーションの家は、弟さんの家。

あの頃は、弟さんも開業したばかりでしたし。

独身さんを、生涯貫かれる感じがしてました。

それが分かるのが、元々建てていた家の大きさ。

店舗以外の住居スペースは、まさにシングルシートと言わんばかりの。

とてつもなく狭い居住スペースだったんです。


それが・・・


鎌倉市浄明寺増築&リノベーションプロジェクト既存躯体調査に行って来ました!

今日は風が強くて、海がとんでもなく時化てましたねー

こんな日は、家で温かい暖を取って熱燗飲みつつ、おでんなんて最高かもしれません。

そんな風の強い日ではありましたが、私は鎌倉市浄明寺の増築&リノベーションプロジェクトの現地へ行ってまいりました。

今回は増築とリノベーションが絡んでくるプロジェクトになるのですが、一般的な住宅を建築設計事務所や工務店が手掛ける場合、主に新築か、リフォームがあります。

増築はたいていリフォームの分野に入ってくると思うのですが、今回はただ大きくするだけではありません。

既存棟の内部も若干の変更をし、インフラを通したりーので設計をします。

良くある増築工事だと、既存棟との調和が取れていない増築を良く見かけます。

でも、それはちょっとナンセンスだな〜とも思いますので、いかに自然な感じで造れるかが軸となるかって感じですかね。

その為に必要な事は、既存棟が図面通りに建てられているかも重要なポイント。

私も大工としてたくさんのリフォーム現場に携わって来ましたけど、結構図面と実際に建てらている建物が違う場合があったりします。

図面上では筋交いが入っているはずなのに、実際の現場は筋交いが無いとか。。

基礎図面では人通口の記載があるけど、現場では人通口が無くて、床を壊さないとインフラの配管変更が出来なかったりとか。。

建物の配置自体も、図面上と現場では違かったりとか。。

なのでまずは実際に住まわれている既存棟と図面に相違があるかを確認させて頂きました。

まずは地味な部分ではありますけど、インフラが絡んでくる部分の床下を拝見。

kamakurashi-jyoumyouji-k-zouchiku-kouji-shisatsu.jpg

ちょうど廊下にある床下点検口から床下の確認を。

給水のサヤ管がヘッダーに集中している場所の近くに、人通口がありました。

これなら床下に潜って配管変更が出来ますので、これは良かった。


鎌倉市浄明寺増築&リノベーションプロジェクト!

『中尾建築工房さんって、ホームページを見ていると、新築の家ばかりを建てているみたいですけど、リフォームとかって頼めるのでしょうか?』

これ、結構言われるケースが多かったりします。

ん、確かに最近は自然素材で建てる新築の注文住宅が主として建ててはおりますけど。。

中尾建築工房って、元々は私が大工の棟梁だった訳でして・・

大工の棟梁って言うのは、昨今ではおそらくリフォームがほとんどで、新築を建てるのは年に一棟あれば良い方な感じだと思います。

私も例にもれず、独立したばかりの頃は、とにかくリフォームばかりをしてました。

さらに超地道な包丁研ぎやらまな板削りなどもしながら御用聞きもしておりましたので、当然リフォーム工事だって余裕で出来る訳です。

ただね、前にもどこかで書いた記憶がありますけど、リフォーム現場って、解体してから、また造る。

壊しては造る、壊しては造るって作業がとっても多いので、写真を写してもオーブみたいな丸いホコリの球体が出てしまうんです。

だからあんまりブログには書いてないですけど。。


ガス給湯器の交換だったりとか。。

ガスコンロの交換工事だったりとか。。

外壁の塗替えだったりとか。。

屋根の貼り替えだったりとか。。

フローリングの張替だって、今でも普通に施工はしているんです。

ただ単純にブログには出て来ないってだけの話なんですね。
なので、ある意味で言えば。。

ちゃんと工務店としては機能しておりますので、リフォームリノベーションを検討されている方は、お声掛けして頂ければと思います。

その代わりにリフォーム・リノベーションもやってるんだけど、頼まれない限りは一切動かない。。
ここは新築でも、リフォーム・リノベーションでも変わらないって感じですね(笑)

さて、そんな感じで新築の注文住宅メインに見える中尾建築工房、今回は鎌倉市浄妙寺にて元々建てていた小さめの家を増築して、奥様が楽しく子育てが出来るプランニングをなし得る為に計画が始まります!

kamakurashi-jyoumyouji-k-zouchiku-kouji.jpg

なんとも気合いの入った薪ストーブ用の薪の数ですねぇ・・
お義兄さん、お姉さん宅は豊富な薪が安定供給出来ている様です。

これなら売るほどあるねって感じ☆

そして左側の家の奥には若干のスペースがありまして、そこに増築を計画する事になっております。

確かお義兄さんお姉さん宅を新築で建てている時、当初から『いずれは増築して〜』なんて話も出てました。

その話は聞いてはいたけど、まさかその計画が中尾建築工房に相談が来るなんて思いもしてませんでした・・・

ま、確かにこの土地の事についてや周辺環境は、色々と結構知ってます。
なので話が早いって部分は多々あるかもしれないんですけどね・・・


それにしてもお義兄さんお姉さん宅が完成してから3年半。

その工事中だった4年前は、増築する場所をこんな風に利用させてもらっていたんですものね・・・