鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

漆喰で仕上げるオリジナルDesignのキッチン天板試作編!

キッチンと言えば、ステンレスだったり、人工大理石、タイルに特殊樹脂シート、木製等々、様々な天板があるかと思います。

主だったモノと言えば、主にステンレスや人工大理石ですよね。

そこで更にオリジナル性を追求すると、モルタル仕上げだったり、漆喰を塗る仕上げの選択肢もあったりします。

今回、中尾建築工房で主に採用されている漆喰のシリーズの中で、唯一材料のみの販売をしない商品があるんです。

材料のみで販売をしないと言う理由は、どうもある特定の職人さん以外では、仕上げに影響が出ると言う、なんだかどう考えても納得の出来ない理由です。
しかもその特定の職人さんと言われる方は、なんと淡路島からやって来るらしい(笑)

淡路島から職人さんを派遣するって事は、その材料と工事、更に宿泊費や諸々の諸経費を合わせた価格は一体どうなるかって言うと。。

当然ながら、めっちゃ高い金額になります。
おそらく相場から考えたとしても、どう考えても3倍位価格は高いモノになってしまう・・

となれば、当然コストカッターと呼ばれる私の脳みその中では『そんな理屈はどう考えても、通らないでしょ?』って事。

特定の職人さんで無ければならない理由もあえて特別には公開もしないので、やっぱり納得がいかないんですよね。
納得の出来る理由が無いから、だったら頼みたくは無い訳ですし、そんなふざけた価格の見積もりを黙ってスルーさせるほど、中尾建築工房は甘くありません。

実際問題、漆喰となる原料自体は、モノの名前は違えど、成分等はさほど変わっているとは思えません。
そうなれば、私達が買える材料だけでやってみるって事になるんです。

そんな訳で今日は少し早めに事務所に来まして、左官職人の親方と打ち合わせをする事にしました!

hayama-shimoyamaguchi-shikkui-counter-shisaku.jpg

畠山親方に、漆喰仕上げのカウンターを施工している際の動画を見てもらっています。

『フェルトは◯◯、ラス網は◯◯、あ〜ずいぶんと厚めに付けてるなぁ〜、最後の漆喰は薄めでいいんだな・・』

と一通りの流れを確認してもらい『じゃ〜、今度材料を段取りして、雨が降った日にでも来る事にするわ〜』と言って、事務所から帰ろうとする親方にちょっと待った!

わたし
『だいじょうぶ!無い材料は今から買いに行ってもらうから、ちゃんと道具だけは積んでるの知ってるし!』

畠山親方
『えっ、今やんの?だってそういうつもりで今日は来てないんだけど・・』

わたし
『うん、そうやって言われるのも分かってて、監督に呼んでもらったの。だから今日出来るモルタルの下付け位はやって行こう!』

畠山親方
『あ・・・そうなの。。』

職人さんって、工程表とかを造ってなくて、期限の無い仕事が出たりすると、割りとのんびり考えるタイプの人も結構居て、スケジュールが伸びそうになる事があるんです。
そんな時の私の対処療法は、その上を行く先廻り工法(笑)

二週間後には仕上げまで行いたい。一週間後には中塗りまではやりたいから、下付けのモルタル位は最低限今日やってもらっておこう。

そして二週間以内に仕上げてもらえればバッチリだな!と(笑)

やはり私の様に元職人だと、職人さんの考えている事も分かっちゃうから、とっても便利な発想を持っていると思います!

そして朝からさっそく事務所の洗い場部分を施工するべく、畠山親方とわたしの二人で共同作業が始まります。