鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

横須賀市内の急傾斜地崩壊危険区域内の家造り|他の土地と比べて普通に家が建つのか?!

海と山が隣接している湘南や三浦半島。

都内へのアクセスも良くて。

自然を満喫出来るロケーションがあるのが、神奈川県の最大の魅力であると思う。

私は子供の頃から、横須賀で育った子供でした。

ので、海があるのは当たり前。

山があるのも当たり前。

学校が終われば、港に行って。

パンツ一丁で海に潜って、船宿の船頭に『おら〜、ガキ共あぶねーぞー(怒)!!』と、怒られたり(笑)

そんな幼少期を育って来た子供だったのです。

そして色々な人生経験を経て、建築の道に進む事になったんですが。

私達の暮らす湘南や三浦半島には、良くある区域に急傾斜地崩壊危険区域と指定される区域が存在します。

海と山があるから、当然斜面は多い訳でして。

全ての土地が整備された、閑静な住宅地では無い所も、実際には多いエリアだと思うのです。

そして今回、ご相談を受けた方の場合を見てみるとしましょう。

yokosukashi-kyuukeisha-kiken-houkai-kuiki-soudan.jpg

依頼のあった敷地に隣接する斜面があります。

お隣の斜面と比較してみると分かるのですが。

となりはしっかりとした土留が存在しています。

こうなっていると、崩れる心配が無いから安心出来る斜面と言う事になりますね。

ところが該当する敷地側には、法面の保護もされておらず、いわゆる自然の崖がそのまんま存在している状態。


中規模、大規模建築計画|隣で建てられると家が心配・・果たしてどうなる?

え〜、以前に中尾建築工房で家を建てた方に電話で連絡を頂きました。
そしてその電話を受けた際、私は東京湾の海の上でタチウオ釣りの真っ最中・・

まー、こちらのオーナー様は不安な事があるとすぐにあれこれ考えちゃうタイプの人なんで『まったくしょうがねぇ〜な〜、また始まったのか・・』と思いつつ、電話に出てお話をさせて頂いたんです(笑)

ざっくりとした内容は船の上から電話で話をした通りなんですけど、おそらくこちらのオーナーさんは記録を残さないと忘れてしまうかもしれない。
いや、おそらく間違いなく忘れてしまうのが分かっているので、敢えてブログ公開とさせていただきましょう。


詳しい詳細をメールで頂いたのですが、そこには画像なども貼り付けられておりました。
でも、それはちょっとアップ出来ない大人な事情がございますので・・

取り敢えずメール文のみ記載させて頂きましょう。

**ここから**
遅くなりましたが、マンションの掲示板の写真を送付させてください。
家の境界から70センチ(実際は50センチ)の所に、5階建てのマンションが建つことがわかると思います。
私としては、大きくは2つお願いしたいと思っています。

①2軒の家の現状維持のための実況見分と現状復帰の契約(工事のためにおきた家の不具合)

②50㎝はあまりに近い、家から近い部屋がひとまわり広い部屋のようなので、他の部屋広さと同じにしていただいて、少し西の寄せて建てていただきたとお話するつもりでいます。

その他、
①家側の窓にベランダを作らない(元々ない予定 ですが念の為、エアコンの室外機を置く場所になりそうなので)、
②地盤が弱いためどういう工法で建てるのか、基礎は岩盤にキチンと届くような支柱を打つようにしてほしい。
③◯◯小学校に、通学路に当たるためダンプとかの通行時間と速度の制限を設けるように要望してほしいと伝える。(建てることは連絡依頼済み)
④自治会長の◯◯さんにも一応連絡してある。

販売業者となる建て主には、10時ごろに説明会の開催をお願いしてあります。
今のところ、建てる業者は決まってないと話してました。(言わないだけかもですけど)
近隣にも一切連絡はしていないそうです。


↑のような状態と自分の気持ちです。
お 忙しいところ大変申し訳ありませんが、ファイルと要望をみてご意見をお聞かせいただければ幸いです。

釣りは大漁でしたか?新鮮なお魚なんてすごくうらやましいです。
**ここまで**


葉山町下山口解体中現場に行ってきました!

三連休の最終日、つまり昨日の事になりますけど、一般の方たちにとっては連休最後の日。

私はと言えば、連休なんてございませんので、朝から中尾建築工房で建てている進行中の現場を見学されたいって方を案内したり、事務所で書類を作成したりで、まぁまぁ、忙しい状態。

それでもこの日、出勤前に気になる葉山町は下山口の古い家を取り壊し、新たに新築される解体中の現場へと行きました。

hayamamachi-shimoyamaguchi-s-kaitaichuu.jpg

解体現場と言えば、通常ならご近隣の方にご迷惑をお掛けしてはいないだろうか?
職人さん達はマナーを間違えて作業してはいないだろうか?
そんな事を考えながら、現場に行くものです。
でも今日は三連休最後の日。

つまり、現場はお休みになっているため、おそらく現場的には問題が無いであろう。。
それでも私はこの現場に行く事にしたんです。

さてとなにをしに行ったかと言えば。。


三浦市三崎町小網代|建て替えと共に行う一部改修工事のチェックで気をつける点

網代って地名は伊豆の方にもある。

三浦市三崎には小網代って地名がある。

これってなんか関係あんのかな・・

ふつ〜の網代と小さい網代・・

そんな事を思いつつ、三浦市は三崎町小網代にある、建て替え案件のお宅へ、下見に行きました!

以前にも一度見ているんだけど、今回下見をしたのは家の全体って言うより、一部改修工事を行わければならない部分を見に来たんです。

設計担当から見積もりをするために私の所に図面が廻ってきたのだけれど、設計担当の見解的にも、私から見ても『これなぁ・・・』って思える節があったんですよね。

んで、ちょっと心配な部分があった為、見に行く事にしたんです。

miurashi-misaki-koajiro-s-tatekae-kaishuu.jpg

これは地上に出ている建物になるのですが、この下には地下車庫が存在します。

以前に業者さんにお願いして造られていたモノなのですが、今回の建て替え工事では、地下車庫も再利用します。
そしてペントハウスも必要になるのですが、このまんまでは同一敷地内に存在するため、建築確認申請的にも、完了検査的にも、通らない部分が多々ありますので、改修工事を行わなければなりません。

さてと、中身を見てみっか・・・


葉山町下山口|母屋解体前の配置確認!

今日はあっちこっちに行きましたねー

あっちこっちってどこよ?って聞かれそうなんですけど、主に私の嫌い系な所ばかりです(笑)

銀行に納税に行ったり、税務署に書類出しに行ったり、県税事務所には納税証明証を取りに行ったりで。。

こ〜ゆ〜仕事は、ど〜〜〜も私の性に合わないんですな・・

どっちかって言うと、現場行ってあ〜だのこ〜だの言ってる方が、と〜〜〜っても向いている気がします!

でも、これやらないと、建設業許可の変更が出来ないし、行政書士さんからも『書類まだですか!』って言われちゃっているので、仕方な〜く行きました(笑)

んで、今日は久しぶりのブログに登場となる葉山町下山口に建つ家の案件。

解体前の古家に、ちょっと保管しておきたい荷物があったりとか、近隣のご挨拶回りを行うお宅の現地確認って事でしたので、設計と監督とで建物の配置確認も含めて、現地に行くとの事でした。

ここはあんまりブログに登場する事が無かったから、全然進んでいない感じを受けた方も居らっしゃるかと思うんです。
でもねー、敷地条件にしても、工事をする条件にしても難易度高めな家でして、なにをするにも時間が掛かってしまうんです・・
さらに傾斜地である事から、配置が少しずれただけでも大変な事になってしまう訳なんですよね。

オーナーが声を掛けられた工務店さんの中には『設計と見積を辞退させて頂きます』って工務店さんもあったらしいレベルなものですから。

それだけに進行スピードも通常の家に比べて全然時間が掛かってしまうんですよね。

ま、でも、今年の2月頃に相談を受けたんですけど、建物や敷地の難易度と、高いスペックまでの打ち合わせを行っていた割に、おそらく業界的には京浜急行の快速特急並みのスピードで進んだんじゃないですかね。

そんな訳で難易度高しの現場となる訳で、設計施工の各担当者に任せてはいても、ちょっと私も気になる・・
なので私もちらっと行くか〜的な発想を出しまして、銀行さんを葉山の横浜銀行に行く事にし、ちょっとついでに現場にも寄る事にしたんです。


hayamamachi-shimoyamaguchi-s-kaitaimae-haichi-kakunin.jpg

『敷地どっから測ろうか・・・』って感じなのですが、敷地の形状がまず複雑だって事。
そして敷地は今立っている道路よりも下にあるんです。
さらに建築を行う敷地自体が傾斜地・・

なので、おそらく配置の確認は難航してるだろうなーっと。

職人さんの中では、こうゆうの得意な人と、苦手な人とはっきり分かれてしまうんです。
でもそこはやっぱり私がスーパー大工な訳ですから『ちょっとちょっと〜、俺も混ぜて〜!!』って喜んじゃう(笑)
なんて言うんだろうか、簡単な所よりも難しい方のが面白いって感じかな。


三浦市南下浦|海前の家造り現地視察!

三浦市と言えば、中尾建築工房で建てられている家は、大抵の場合海が見えたりします。

なんだろ、三浦市自体がこんもりと市の真ん中あたりが盛り上がっているせいもあるんでしょうね。

おおよその場所では、海見えの場所がとても多い市の様に思えます。

そして今回の立地はって言うと。。

miurashi-minamishitaura-kaneda-shisatsu.jpg


計画敷地の前に瓦屋根のお宅が一軒あるだけで、道路を挟んだら、もうそこはすぐに海って場所になります。
結構な海近案件になりますねー

この目の前の海に関しては、東京湾の剣崎沖や竹岡沖が見える立地になりますねー
竹岡沖や剣崎沖って言えば、これから海が盛り上がるシーズンで、かわはぎ船なんかが多く出る場所です。

剣崎沖のカワハギは、肝が多くて身も締まっている個体が多いので、釣ったら結構貴重なお魚になります。
お酒のお供には、かわはぎの肝和えなんて、最高のつまみになってしまうでしょう。

さてと魚の話は置いておいて、これだけ海に近い立地になります。
そして目の前には家も建っておりますし、建物の配置を決めるにも少々悩みたくなる立地です。

ただ海の方角にリビングやバルコニーを持ってきたとしても。。

これがちょっと気になるのよね・・・


三浦市三崎町小網代|新築への建て替え計画案件視察

今日は台風の影響で、風が半端無く強かったですねぇ。。

中尾建築工房の数ある現場では、一邸のみ仮設トイレが倒れてしまい、緊急で建て直しに行きました。
事前に台風養生を行ったのですが、ちょっと今回の台風は強さが半端無かったと思います。
工房の外部資材置場も損傷を受けてしまいましたので。。

でもオーナーさん宅では特になにも無かったのは、本当に良かったですね。
立地的に風当たりの強い場所に土地を購入されて、家を建てた方、当初から私に言われているかと思いますけど、湘南、三浦半島の風の強さは半端ありません。

くれぐれもご注意なさって頂きたいと思います。

さて、ブログの方はつい先日のお話になりますけど、三浦市は三崎町の小網代にある計画案件のお宅へ視察に向かいました。
急遽、三崎方面に行く事もあって、ふらっと寄ったんですけどね。

miurashi-misakimachi-koajiro-tatekae.jpg

なんでも古い家の建て替えを行いたいとの事なのですが、比較的新しく造った駐車場などはそのまんまで使います。
こういったケースの場合、割りと多いのが工作物としての建築確認を降ろさずに内々で施工してしまう業者さんが割りと多いんですよね。
土木工事系な職人さんを雇用している社長さん達の中には、建築確認等が必要かそうでないかの基準を知らない方も多いんです。

なのでちょっと不安があったのですが、こちらのお宅はきちんと申請を出している上で造られているという工作物になりますから、特に不安はありません。

ただ、正面の道路部分土留なんかは、敷地の形状からしても解体をして、すっきりとしてしまった方のが良さそうな感じがしました。