鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

葉山町堀内某ハウスメーカー様にて建築された家の雨漏り修繕依頼

築年数で言えば、40年までは行かない程度の建物なのですが、ここ連日の大雨の日に、こんな電話を頂きました。

『中尾さん、久しぶりです〜、ちょっと家で雨漏りの様な感じがしている所があって、見てもらいたいんですけど。。』

こちらのお宅は葉山町堀内にある某ハウスメーカー様で建築された家で、私が大工さんの頃に頻繁に雨漏り相談をされた2×4(ツーバイフォー)工法の家になります。

建物のサイズもとても大きくて、さらに町の工務店で増築をし、元よりも更に雨漏りがしやすい家になっていた家なんですよね。

工務店と言っても、それぞれに考え方が違う工務店が多々あります。
単純に施主側から依頼されたからといって、安易に増築をしてしまう。
多少なりとも『だいじょうぶかな、でも契約してもらわないと。。』という思いから、言いたい事を言わずに着工してしまう事もあるでしょう。
そんな事が多々ありますから、最後に私の所に回ってくる案件って言うのは、少々手強い状態になってくる事が多いのです。

私達の場合は、元々私が大工で、工務店から請けていた人間ですから、正直に施主にも『この造りになっていると、後何年かでどうにもこうにもならなくなるから、こうした方がいいんじゃない?』と言います。
言いたく無い時も勿論あります。
でも言わないと、その家の資産価値が確実に下がり、崩壊して行くのは目に見えておりますので、言いたくないけど、はっきり申し上げているんですよね。

そんな経緯があり、こちらのお宅も私が見させて頂いているのですが、ご主人様から連絡を受けて、葉山に居る事の多い私ですから、ついでに寄って見てみる事にしました。

hayama-horiuchi-2*4-amamori.jpg

見てみると、当時物の窓枠とサッシの繋がる部分から、ぽたぽたと水滴が落ちてきているのが分かります。

こういう場合、まず疑わしいのはサッシ周りのシールが切れているか、切れていないかを疑います。

たまたま、そのご自宅に二連ハシゴがありましたので、さっそく拝借をして窓の上部を雨の中、確認をさせて頂きました。


横須賀市二葉雨漏り修繕現場視察の巻

今日は午後から外壁工事の業者さんと、雨漏りの改修工事を依頼されているお宅へ行きました。

yokosukashi-hutaba-amamori-kaishuu.jpg

一見はなんの変哲も無い、中古住宅ってイメージですよね。

中尾建築工房は新築の注文住宅ばかりブログに更新されているから、あんまりこういった改修工事をやっているイメージが無いらしいんです。

でもね、元々の私は雨漏りを直す大工として、地元で結構お仕事を頂いていた経緯があるんです。

例えば雨漏りする事によって、構造体に影響のある家の例などでは。。

外壁を剥がしてめくってみると、すでに梁材が溶けて無くなってしまっていたお宅もありました。

浴室の外壁側なども土台は炭化してしまい、掃除機で吸い込んだら、土台と言う存在自体が消えてしまっていたお宅もありました。

はっきり言って、こういう状態になっている家って言うのは、お医者さんが行う手術と同じ感じがします。

切れる所と切れない所もあったりするし、ただ悪い部分を切除しただけでは駄目な場合も多いんです。

なので、ありとあらゆる方法で耐震性を高めつつ、改修工事を自分自身の手で行った来たんです。
つまりはこの手の仕事にはめっぽう強いキャリアがあると思って頂ければいいかな〜なんて思うんですよね、私的には。

人の体を直すのはお医者さん

家のトラブルを直すのは、やっぱり大工さん

今回依頼を受けたお宅は、私の父親が生前に自衛官をしていた頃の友人とでも言いますか。。

その方の家になります。

元々は奥様のお兄さんが大工さんだったらしく、小さな家だったこの家を、ちょこちょこ合間を見て、増築を重ねて来た家なんだそうです。

だけれどそのお兄さんはすでに御歳80歳。

和室の柱を伝って雨漏りが始まったので、お兄さんに連絡をした所。。。

『もう俺も歳だから、他の人にみてもらってくれないか。。』と言われてしまい、どこに頼んで良いのか分からなかったらしいんですよね。

そんな時に『そうだ!中尾さん所の博志君は大工さんだったんじゃなかったっけ!!』と思い出したらしく、私の母親経由で連絡を頂いた次第だったんです。