鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

東京都目黒のマンションリノベーションプランニング開始☆

目黒とは東京の目黒でございまして。

中尾建築工房の施工エリアは、基本的に神奈川県内の一部の地域を除いて施工エリアを決めております。

つまり東京都となれば基本的には、エリア外。

なのですが、中尾建築工房は今回行く事にさせて頂きました。

tokyo-meguro-manshon-h-renovation.jpg

実はこのマンションリノベーションのオーナー様は、中尾建築工房で三浦に別荘を建てたオーナー様でもありまして。

元々は目黒のマンションに住んでいたけど、三浦に家も建てたし。

三浦での週末暮らしを始めてみたら。

風土も家も。

あまりにも良過ぎてしまって。

三浦の別荘が、自宅になってしまったのだそうです!!

tokyo-meguro-manshon-h-renovation2.jpg


横須賀市久里浜鉄骨造ワンフロアフルリノベーション工事スタート!

横須賀市の中で久里浜と言えば、私の中では市内で二番目に栄えている町ってイメージがあります。

その久里浜の一等地とも呼ばれるであろう立地にて、鉄骨造3F建ての2F部分のみ、フルリノベーションを行う現場の解体工事がいよいよ始まりました!

こちらの建築物は、業者が2社入って工事が行われる事になります。


中尾建築工房は2Fの内部のフルリノベーションを。

そして外部はオーナーご友人のペンキ屋さんが、外壁の塗装工事を請負うとの事。

外壁の塗装は違う業者さんになりますので、現場のフラッグシートが貼られません。

なのであんまり目立つ事はありませんけど、こんな所で作業が始まっております!

yokosukashi-kurihama-n-full-renovation.jpg

今は1Fが薬局になっているのですが、その前はローソン、そしてもっと前はセブン-イレブンだった場所です。
そして目の前にはイオンがありますから、なんとも便の良い土地であるのは間違いない。

立地的にもTHE・商業地域な場所です。

資材の搬入なども相当気をつけないといけませんので、建築の業者的には相当気をつけて工事を進める事になるのは間違いありません。

元々、2Fに関しては広々とした賃貸事務所と、2DKの一室がある形でした。

そしてお子さんが増えすぎた事もありまして、賃貸事務所を賃貸に出させずに2Fの間仕切り全てをぶち抜いてしまいまして、ワンフロアで纏める計画になったのです。

お子さんが多いご家庭になりますので、まずは奥様の家事負担を軽減させるべく検討したプランニング。

家事動線をもっとも楽に出来る様、センターにアイランドキッチンを配置して、ミーレ社製の食洗機が取り付け可能なキッチンを。

それに伴い、玄関と勝手口を設けて、外廊下との回遊性も持たせるプランニングを検討しました。

また、洗面室とキッチンの間には、ランドリースペースも設けまして、洗濯物を室内でダイレクトに干せる様、こ〜んな感じのランドリーが計画されておりまーす!


横須賀市鉄骨造ビル|ワンフロア フルリノベーション計画!

ビルと言えば、コンクリート造だったり、鉄骨造などがポピュラーですよね。

今回、横須賀市内のとっても便利な立地に、鉄骨造のビルを所有されている方が中尾建築工房の見学会にお見えになりました。

ご相談の内容的としては、現在ビルの2F部分が居住用スペースとテナントスペースとで分かれているのを、一つの居住用にリフォームして頂きたいとの事。

立地的にはテナントに貸し出した方が賃貸収入が入るのではないかと思いましたが、太っ腹なご両親がお子さん家族の為に、2Fは全てお子さん家族の為に提供するとの事!

なるほどー

お子さん家族も子供が4人も居らっしゃるので、スペース的にはワンフロア全面が部屋に出来れば確かに楽ちん。

それと同時にリノベーションが完了したら、間違いなく走り回るであろう子どもたちの遊び場を考えてあげられると良いかなって思う。

yokosukashi-renovation-climbingwall.jpg

実はこのビル、3F部分がご両親の居住用スペースになるので、2Fの子世帯とは階段で繋がっているんです。

でも、今回工事ではその階段を敢えて潰してしまって、子供の為の遊び場を検討中。。。

現段階では2Fと3Fを繋げている階段室の階段を全てぶち壊してしまおう!

そうすると2Fの床から階段室を見上げると、3Fの天井が見えるのですが、その高さはおそらく推定で5.5mの高さがあるかと思います。

その高さをそのままそっくり利用して、3Fは階段室の壁を天井まで延長させる。

そしてすっぽりと包まれた階段室の天井にはトップライトを入れて明るさを確保する。

ここで出て来る子どもたちの遊びのアイディアとは。。


横須賀市馬堀台団地|リフォームリノベーションお引き渡し☆

2014/1.18に、横須賀市馬堀台団地にて行っていたリフォームリノベーション邸にて、本日引き渡しを行わせて頂きました!

yokosukashi-maboridaidaichi-mansion-reform-renovation.jpg

良くこんな事を言われるんですけど『中尾さんって、新築ばかりがブログにアップされているから、リフォームとかって頼めないのかしら••』って。

ん〜っと、なんと言いますか。。

確かに新築とリフォームリノベーションの比率は圧倒的に新築の方が多いと思います。

でも、私は元現役ばりばりの大工さんだった訳でして、そういった大工さんがいきなり新築の仕事があるかって言うと、なかなか無いんです。

それこそ10年前の中尾建築工房はリフォーム専門みたいな感じで活動をしていた訳なんです。

私が現役で大工の棟梁をしていた時には、こんなふざけたロゴの入っているトラックに乗って、湘南や横浜、横須賀の現場で腕をふるっていたんですよね。

yokosukashi-maboridaidaichi-mansion-reform-renovation2.JPG

この頃はリフォーム全盛期でしたので、決して新築専門と言う訳ではないですし、私も現場で叩いておりました。
リフォーム工事は解体作業が付き物ですから、ホコリと戦いながら、現場を少しずつきれいにして、より綺麗な仕事をこころがけていたものです。

でも最近では、メディアに取り上げられる事が多い事もありまして、それを見た方達がホームページを見てるでしょ。
そうすると、依頼されるのも新築ばかりになってきて、情報の更新等も新築の注文住宅が多くなってしまうんですよね。

それにリフォーム現場では撮影をしても、ホコリが多くてさほど良い写真が撮れないんです。
なので、あんまりブログとかFacebookでの更新は行っていないって言うのが現状なんですよね。

後は棟梁の人数も7名と限られている事から、一番注文の多かった頃には一年待ちって状態もありました。

それでも中尾建築工房でリフォームしたいってお宅のみ、設計施工しまして、早くやりたいって方はお断りをしていたんです。

最近ではやっと現場も落ち着きを取り戻して来たって事もありまして、あんまりお待たせする事は無くなったのですが、ほんとちょっと前まではとてつもなくリフォーム現場が多かったんです。

そんな中尾建築工房が行うリフォームリノベーション工事ですが、施行前はこんな感じの部屋でした。


リフォーム案件悩み中•••

チラシ広告でリフォームの販促チラシなどが良く入っているかと思います。

中尾建築工房はそういったリフォームのチラシを入れる事はないのですが、なぜか依頼は割と多くあったりします。

今回、ご依頼を受けている方の案件で、少々悩んでいる部分があります。

それは何かって言えば、断熱。。


リフォーム工事と言っても一戸建ての住宅ではなくて、共同住宅の案件です。

今回、御依頼を頂いている共同住宅は、躯体のコンクリートがそのまま内装に使われている物件で、しかも角物件になります。
そうすると、外気の温度の影響をもろに受ける建物なんですよね。

こういった建物が、新建材で内装を模様替えするのであれば、ガスファンヒーターをバンバン使って頂ければって事で、冬の寒さの悩みは解消されるんです。

でも、中尾建築工房に依頼をされている訳ですから、当然自然素材を使用したいとの事。。


こういった組み合わせが一番難しいんですよね。

なにが難しいかって言うと、読んで字のごとく、きちんと断熱をしない事には、夏場の無垢材の縮みや、冬場のヒーターによる伸縮を防げないって事になるんです。

仮に予算の都合があって、あらゆる工事を削除してしまうと、あんまり永くは。。
そこに住もうとは思わなくなるかと思うんですよね。。。

いずれは賃貸にして、自邸は別にするってバブリーな事であれば、特には問題もないかと思いますが•••

今日も色々と断熱の為に断熱材を入れる為に壁をふかすか、もしくは断熱塗料でカバー出来るかをメーカーと検討し、いろいろと打ち合わせを行いましたが。。

はっきりとした答えは出ず•••

ん〜、なんとかびっくり価格が出ない様にしたいのですが、大切な予算を無駄にさせる訳にもいきません。
今週末あたりには、見積もり打ち合わせをしたかったのですが。。

yokosukashi-manshon-riform.jpg


横須賀市馬堀台団地renovation計画工事完了!

リフォームリノベーションのブログってそう言えば書いてなかったですね。

だから新築専門型工務店と思われてしまう所以なのかもしれません。

特になにかを区切っている訳ではないんですけど、新築は長期期間でリフォームリノベーション工事は短期間。
だからネタ的な部分を『書こうかな〜』なんて思っている時には。。

すでに工事が終わっている•••

そんな事も多々あります。

『リフォームとリノベーションの違いって、何?!』
簡単に言うとリフォームって言うのは古い内装とか設備とかをそのままの配置で新築に近い状態にしてあげるモノを言います。
単純に言えば元に戻すって感覚です。

それに対してリノベーションと言うのは、大幅に内装や配置変えを行い、新たに素材や設備品等を交換。
さらに今までは3LDKがお約束の所を、開放感のある造りに変更したりするので、そこに住まわれるオーナー様の要望を汲み取った上で、付加価値のある規模の大きめなリフォームって感じでしょうかね。


今回はオーナーからも是非!って感じのお言葉を頂いておりましたので、ちょこっとだけ更新をさせて頂きましょう!