鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

施主施工はどのレベルまで出来るモノなのか?

こんな質問があったので、答えてみますと。

まー、私の考えではですね。

家を造ると言う事は、今の時代は人が作業を行います。

各職業の職人さんも人ですし、家を建てる施主様も人です。

なんで。

経験値の問題はあるのだろうけど、やってやれない事は無い。

とも、思っています。

さすがに軸組を建てるなどは、高所作業になりますので。

seshusekou-dokomade-dekiru.jpg

この現場は横浜市港南区港南台に建てた、パティオのある家。

こういった上棟作業は、ちょいと厳しいとは思うのですが(笑)

私も未だに覚えていますが、大工の見習いになり。

最初の上棟作業の時は。

もー足がガクガクブルブルで。

軸組の上で、動けなくなりましてね(笑)

最初はとっても怖かったのを覚えております。

その1年後には、脚立無しで柱をよじ登って。

フラフラの梁と梁を組むのを、積極的にやれる様にしておりましたが。

まぁ、施主施工で言えば。

上棟作業はちょいと怖いと言うのがありますので。

これは安全面や保険の面からしても。

お勧めはしないんですけどね。

それでも。

seshusekou-dokomade-dekiru2.jpg

こちらは葉山町に建てた、中尾建築工房の注文住宅1棟目の家。

2Fのハイデッキは職人さんが全て組みましたけど。

1Fデッキは軸組と手すりjは、こちらで作業しまして。

床板張りは、ご主人自らご自身で作業をされてます。

こういったウッドデッキとかは、施主施工の典型的な例ですよね。

この時、お隣の方もデッキが作りたいって事だったので。

私がちょこちょこ現場に行く際に。

お教えさせて頂いておりました(笑)

出来るもんですよねー

まーこうなってくると、室内の珪藻土を塗ったりするのだって。

まー、出来るっちゃ出来ると思います。

seshusekou-dokomade-dekiru3.jpg

こちらの家は、葉山町に建てた青森ひばが香る家。

デッキとポーチはこの後、ご主人が自分で青森ひばのデッキを造ってしまいました(笑)

玄関ドアも、もともとは中尾建築工房で製作した内装ドア。

それをどうしても付けたいとおっしゃるものですから。

自己責任でお願いした次第です。。

さらに。

seshusekou-dokomade-dekiru4.jpg

これも同じ葉山町に建てた、青森ひばが香る家のリビングなのですが。

天井に貼られた青森ひばの板はですね。

コスト削減の為に、青森から取り寄せた青森ひばの野地板をご主人が加工しまして。

それをウチの棟梁が張ったモノになります(笑)

この頃は夜中の3時過ぎまで、工房の作業場で作業をされてたみたいです。。

私はとっとと、帰ってましたけど(笑)

seshusekou-dokomade-dekiru5.jpg

そうそう、この方の場合。

薪ストーブの設置もご自身ですし。

ストーブ台もオリジナル。

さらに建具もですね。

私の方で簡単な建具の作り方をお教えして。


すべてのドアや引き戸は、ご自身でやられました。

木を削る事。

はめ板を造る作業。

建具の製作から、搬入吊り込み調整まで(笑)

だから、人によってどこまで出来るか?

個人差があるとは思うのですが。。

やる人って、結構とことんやられてたりするんですよね。

と言う事で、施主施工はどのレベルまで出来るモノなのか?

はい、人によるんだと思う。

これが私の答えになりまーす☆

日時:2018年5月28日 19:04

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。