鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

100%無垢材ウォルナットで造る木製玄関ドア PartⅢ|中尾建築工房の工房編☆

さて、必要な材料はほぼ揃った。

あとはドアの製作に掛かるだけです。

この100%無垢材ウォルナットで造る木製玄関ドア。

逗子市桜山に建てる、湘南モデルハウスに採用する木製の玄関ドアになります。

当初はうちの棟梁たちに造ってもらうつもりだったのだけど。

そもそも私が考えたドアの構造が、日本古来の建具製造方法とは異なります。

ゆえに。

「そんなの、出来るの?!」

と言う意見が出て当たり前。

建具屋さんに説明するも、どうにも理解が出来ないらしい。

うちの建具屋さんや、棟梁たちがおかしいのではなく。

私が既成の概念に捉われず、木製の玄関ドアを造ろうとしているから。

起る事だと思っている。

であれば。

なんなら試作品を自分で造っちゃう?!

と言う事で、私自ら製作を行う事にしました(笑)

まずは建具の重量を計算する必要があります。

木材と言うのは長さ×幅×厚み=で立方の数量が出る。

その数量に木材の比重を×あげる事で。

その一枚の板の重さを測る事が出来るんですね。

でも、実際の板の重さも測っておいた方が良い。

そこで。

mokusei-door-kanamono-hori-shouten13.jpg

一枚一枚、ウォルナットの板の重さを測ってみます。

ウォルナットの板自体は、それぞれ幅もバラバラなのですが。

この板は16.65kg。

mokusei-door-kanamono-hori-shouten14.jpg

そしてこちらの板は16.05kg。

mokusei-door-kanamono-hori-shouten15.jpg


この板は16.35kg。

だいたい16kg代の重量になります。

製作をする一枚の木製ウォルナットドアには、3枚半ほどの板を使う事になる。

すると重量は55kgでした。

作りたい木製ウォルナットドアの大きさは、一枚が2600mm×800mmのサイズです。

いわゆる通常の玄関ドアよりも、高さも幅もあるハイドアなんですね。

このサイズのウォルナットの比重0.63を掛けてみると。

ざっと板のみの重量で、60kgとなる計算。

うちのウォルナットの方が軽いのですが、これは建具材として仕入れをしました。

なので、とっても乾燥しているウォルナットと言う事が分かります。

けれども玄関ドアですから、外部に置かれると。

平行含水率で10%程度は重くなる事が想定出来る。

となると、ほぼほぼ比重通りと言う事になります。

さらに製作に使う金物、シリンダーや鋲を重量に入れると。

ざっと80kgを超えて来る重さの計算になりました。

これで建具を吊る為の丁番の枚数が計算出来る。

ざっと3枚あれば良いのだけど、4枚にして可動しやすくなるなら4枚でも良いかもしれない。

日頃の業務もあるから、そうそうに完成はしないだろうけど。

定休日に出社して、このドアの試作品を造ってみたいと思います。

高級な木材を加工するのは、プレッシャーも掛かるのだけど。

その反面、ワクワクする気持ちも大きいです(笑)

よし、やるかっ!!

またご報告します☆

日時:2018年5月30日 18:43

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。