鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

坪単価はお幾らですか?依頼先選ぶあるあるーPartI

連休中ではございますが、ご相談や設計打ち合わせがぽちぽち入っております。

新規のご相談などの場合、よく聞かれる事。

中尾建築工房さんの、坪単価はお幾らでしょうか?

と言う事。

設計施工の依頼先選びで、あるあるー♪的な質問で(笑)

こんな事を聞かれますと、答えるのに困ってしまうのです。

確かに基本的な坪単価と言うのはございます。

でも。

ハウスメーカーさんが、テレビコマーシャルで放送してる坪単価。

住宅展示場で看板に掲げている坪単価。

これ、全部入り口価格なのね。

ついで言うと、ノンオプションでもあるのね・・

もちろん、付帯工事費も入っておりません。

ハウスメーカーさんがその様に提示しますので、中尾建築工房にもベースの坪単価はありますが。

まー、皆さんの要望を聞いてる上では。

その単価で建った家などありません(笑)

なので、中尾建築工房の場合は総額表示。

これで説明をさせて頂いたおります。

だってね。

どの土地も全て同じ条件ではございませんで。

建てる敷地の形状や立地条件よっても、予算なんて全然違う訳ですよ。

特に。

「坪単価はお幾らですか?」

と聞かれる方の多くはですね。

工事をするにあたって、敷地条件が厳しい方が多い。

なので。

全部込み込みで、この金額です。

と言う様に説明を差し上げております。

割と聞かれる事が多かったので。

土地探し中だったり、依頼先選び中の方へ。

こんなんあると、それどころじゃ無いんですよ・・・

的なブログをアップしたいと思います。

今回はその最たる例で、普通の家よりも予算が大幅にかかってしまう現場があります。

現在着工中の横須賀市長瀬の家。

基礎工事中なのですが、通常の基礎工事よりも。

ありえないほど、大掛かりな基礎工事になっています。

この規模の住宅の中では、おそらくチャンピョンクラスではないでしょうか?

その理由たるや。

敷地内や前面道路、隣地の敷地に高低差がある。

画像で見た方がおそらく早いと思うので。

ざっと、進行状況の画像を並べて行きましょう。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso.jpg

画像では分かりにくいのですが、敷地内には結構な高低差があります。

また前面道路との高低差を支える土留めも、耐久性のあるモノとは言えません。

この場合は土留めに頼る事が出来ませんから、地盤改良工事で支持層まで鋼管杭を打ち込みます。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso2.jpg

でもその前に、まずは土を掘削して型枠を建てられる様にする必要があります。

ついで言うとこの敷地には土のみではなく、多すぎる数の産業廃棄物が埋められておりました。

この場合は純粋な土の受け入れと、産業廃棄物の受け入れ先は全く異なります。

土の量は残土を計算しますから、予定よりも上がる事は無いのだけど。

普通は産業廃棄物は埋めるモノではありませんから・・

その分がプラスになってしまうんですね。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso3.jpg

違法となる土留めに建ててあった、二段擁壁ブロックも撤去。

地盤改良工事と、基礎工事を行う事前の掘削だけで一週間以上も土いじりです・・・

yokosukashi-nagase-s-hukakiso4.jpg

そして、これで全部では無いのですが。

たくさんの鋼管杭を地盤下に打ち込みます。

これでようやく一般基礎の下に建てる、深い基礎の工事に取りかかれます。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso5.jpg

まずは深い基礎工事を行う前に、土が崩れない様に矢板で土留めをします。

ベースコンクリートに、鉄筋を組んだ様子です。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso6.jpg

内部の基礎と深基礎の配筋、そして外周の型枠をセットして行きます。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso7.jpg

そしてコンクリートを打設前には、しっかりと型枠を補強します。

一部オーバーハングになる部分も、垂れない様にサポートを入れていますね。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso8.jpg

そして深い基礎のコンクリートを打設しました。

コンクリートの養生期間を経て、型枠が取れる様になったら。

その後、埋めもどしを行います。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso9.jpg

こうして内部の型枠を撤去し終えた状態。

ここから埋めもどしの作業を行います。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso10.jpg

この状態になると、普通の土地と同じ条件でですね。

地盤改良工事が終わって、普通の基礎工事の始まりになります。

こちらの現場は、まだこの先が普通の基礎ではなく。

今度は逆側に、高い基礎を造る作業も加わります。

yokosukashi-nagase-s-hukakiso11.jpg


この基礎工事の画像は、過去に施工させて頂いた横浜市戸塚区の家になります。

なぜにこんだけ高い基礎を入れ混ぜるかって言うと。

お隣の土留めに耐久性が無いから。

自己防衛として、仮にお隣の土留めが崩壊して。

土が流れて来た時困るから、自己防衛はしっかりやってね!

と言う事で、この様な高基礎を作らなくてはならないのです。

この様に、敷地の高低差や土留めの強度。

これらによって、大きく左右するのが建築工事の価格です。

僕らは嘘ついてまで、仕事が欲しいと思ってないので。

総額表示を提示する事にこだわっております。

ですんで。

こういった説明させて頂いた上でも、坪単価にこだわる方はですね。

ご自分で勝手に計算して、出来る出来ないをご自身で判断される傾向がお強い様です。

そして、これで出来るはずなのに。

となりがちな傾向も、お強い様です。

私たちもしっかりと説明をさせて頂きますが、あまりにも意味不明な場合。

申し訳ございませんが、トラブルの元になりますので。

設計依頼は、お断りをさせていただく場合がございます。

家は建てて終わりではございません事、ご了承頂ければ幸いでーす。

出来れば土地を購入される前に、相談を頂くと。

この土地はお金いっぱい掛かりますよー

とか。

説明も出来ますので、一声頂くのがマストかと!

と言う事で。

坪単価はお幾らですか?依頼先選ぶあるあるーPart1でございましたー☆

日時:2018年4月30日 14:00

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。