鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

葉山町一色に家を建てる!地盤調査の結果は?!

現在プランが確定して、地盤調査に入った案件がございます。

場所は葉山町一色。

葉山と言えば、自然が残る風光明媚な人気のエリア。

仕事は都内に行くけど、休日は葉山でゆったり過ごしたい。

そんな方に人気であるほど、海も山も心地よいエリアだと言えるでしょう。

ところが。

そんな自然な環境だけに、割と地盤については。

不安の残る場所柄でもあります。

それこそ私が大工見習いの修行時代には。

なぜか基礎工事の人力掘削を任されて。

シャベルで掘ったら、水道管を破裂させたかの勢いで。

水が噴き出すところもあれば。

ちょっと掘ったら、水が湧いて来て。

長靴なのにもかかわらず、膝近くまで埋まってしまう程。

軟弱な地盤がありました。

懐かしい話ですが、それほど水っ気は多いエリアなのです。

おかしいんだよな・・・
俺、大工見習いで入ったのに、なぜか鳶の仕事(基礎、建て方、足場)もやってたし・・・

それだけに、葉山の家々を計画する場合。

地盤調査を入れない限り、安心は出来なかったりするんですよね。。

さて、今回の葉山町一色に家を建てる!

その地盤調査の結果は?!

hayama-isshiki-s-jiban0sokuhou.jpg

これ、地盤調査の速報データの一部。

実際には調査敷地状況図や、各測定地点の試験結果を見て判断されるのですが。

建物の重さは1㎡辺りに対して、少なからず20knの重さが掛かるのですが。

この敷地の長期許容応力度については、1㎡辺りに対して39knある。

つまり。

全然、ヨユーって事に成る。

各測定地点の試験結果も5枚あるのですが、どれも安定した地盤と言えるでしょう。

と言うか。

これ、地山だと思います。

高低差がある敷地において、土留めなどがあったりしますが。

これが垂直に立てる、擁壁で無いのが一つのポイントですね。

hayama-isshiki-s-jiban0sokuhou2.jpg

これ、現場とは違いますけど。

同等の間知ブロックになります。

このブロック、斜めにそびえ立つので。

その分、敷地の範囲は狭くなりますけど。

hayama-isshiki-s-jiban0sokuhou3.jpg


断面を見ると、ご覧の様になっています。

利点としては、必要以上に土を掘り返す必要が無い事。

地山もほじくり返したら、当然地耐力は下がります。

ここはその地山を必要以上に削らず、間知ブロックでの施工。

これが垂直にそびえ立つ、擁壁だった場合。

hayama-isshiki-s-jiban0sokuhou4.jpg

ご覧の様に、立ち上がる擁壁部分。

そして、それを支える底版もセットで擁壁となります。

この擁壁を作る為には、がっつりと地山を削らなければなりません。

底版側については、そっくり土を取り去り。

底版を作ってから。

立ち上がりの擁壁を作って。

そして底版の上に土を盛り換えして完了。

これをやってると、底版のある部分はコンクリート。

地山の部分は粘性土。

すると地耐力についてもバランスが悪い事から。

表層改良工事や、柱状改良工事と言った地盤改良工事が必要になるのです。

良かったですね!地山で(笑)

と言う事で、葉山町一色に家を建てる!

地盤調査の結果は?!

何にも問題なく、素晴らしい調査結果でございましたー☆

日時:2017年10月15日 11:00

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。