鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2017年8月 | 神奈川工務店TOP | 2017年10月»

他人の敷地を規制する|民法234条、本当にそれは正しいか?


「お宅で建ててる現場の家、境界線に近過ぎてるんじゃないか?

以前に立っていた家も、境界線に近過ぎて困っていた。

民法では隣地境界線から50センチを話す規定がある。

迷惑だから、もっと境界線から離して建てなさい。」

現場側から、その報告を受けた私。

shikichi-gaiheki-koutai-kinrin.gif

あれれ・・・

民法と建築基準法なら、建築基準法の専門性が高いはず。

建築基準法で承認されてるから。。

特に問題の無いはずなのだけど。。

お隣の方は、なんでこんなに自信があるのだろうか・・・

その自信のある言い回しから、うちの現場担当も困惑するくらい。

以前であれば、私がクレーム処理担当と言う事で。

これらの話をまとめるべく、対応をさせて頂いていたのですが。

今はスタッフの成長を奪ってしまうと、考え方が変わりまして。

それぞれの担当者に任せております。

ただし。

今回の様なケースとしては、自分だけの考えで行動しない方が良い。

なぜなら。

法律だって変わる事も、あったりするし。

物事の取り方次第では、結論だって大きく変わる。

そこで土地探しでお付き合いのある、ミスターTにコンタクトを取りまして。

民法のプロである、弁護士さんを紹介してもらう事にしました。

2017年9月30日

中尾建築工房と行く長三丸 空飛ぶカツオ船|釣果報告☆


つい先日、中尾建築工房で家を建てたOBオーナーさん達の中で。

釣りにご興味のある方を対象に、葉山のあぶずり港から釣り船 長三丸さんを仕立てさせて頂きました!

参加者はお一人キャンセルがありましたので、私を含めて8名。

皆さん、アジ釣りなどの経験はあるものの。

今回の釣り船は、相模湾の蒼い弾丸の異名を持つカツオ。

そして引き応えは相模湾の釣魚の中では、最も強いキハダマグロがターゲットになります。

なので、私一人ではサポートが大変な事になりそうでしたので。。

私の釣りの先輩であるミスターマグロハンターのYさんに、便乗して頂く事にさせて頂きました!

nakao-tsurihune-shitate.jpg

港では早速、Yさんを中心にマグロ釣りのポイントの説明が始まっております。

私は奥の方で、同じく常連のSさんと最近の情報交換を(笑)

nakao-tsurihune-shitate2.jpg

2017年9月29日

葉山町一色に家を建てる!コスト調整の打ち合わせの巻


本日は葉山町一色にて計画中の、クライアント様との打ち合わせがありました。

家を建てる場合、当然の話ですが。

土地が必要になります。

その土地、ざっくり分けると。

完成宅地と呼ばれる、どーぞそのまま建てて下さい!

と言う土地。

インフラの整備もしっかりしてるし。

土留めなどの工事も終わっているし。

すごいところは、地盤の地耐力すら出してくれているところもあります。

もう、そのまんまお建て下さい的な土地の事を完成宅地と呼びます。

その反面。

既存宅地と呼ばれる、色んな部分に整備が必要な土地もあります。

今回の葉山町一色の土地は、いわゆる既存宅地。

あらゆる部分に土地を整備する為の、工事が必要になってまいります。

それだけに本体工事以外のコスト調整も、しっかりと考慮する必要がありますので。

その打ち合わせを行っておりました。

話では、割と早めに終わるなんて事だったのだけど。

hayama-isshiki-kizon-s-uchiawase.jpg


設計担当
「ここを下げて良いのなら、これだけ価格が下がりますよー。」

奥様
「えぇ、そこそうなっちゃうんだぁ・・うぅーん。。。」

そんな話を横の社長室で聞こえた私(笑)


「そんなら、こーやっておけばいーじゃん♪」

と、間に入ってみたりする(笑)

ただ、この雰囲気の感触では。

たった一時間での打ち合わせは無理かなぁ。。

そんな空気感だったので、午後も継続して図面の修正&見積もりの修正をする為に。

なんなら、マグロ丼くらいなら出せるけど?

と(笑)

そしてお昼のお食事タイム♪

2017年9月24日

藤沢市片瀬山|chic&openの家お引き渡し☆


2017年9月23日、六曜では大安の良き日!

藤沢市片瀬山にて、chic&openの家をお引渡しさせて頂きましたー☆

hujisawashi-kataseyama-t-ohikiwatashi.jpg

片瀬山のメインストリートに建つ、chic&openの家。

高級住宅地である片瀬山は、個性豊かな家々がそびえ立っております。

その中でも、一際目を引く外観。

板張りとモルタル部分のコントラストが良い感じですよね。

chic&openの家は、湘南に建てる家の代表格と言っても過言ではない2Fリビングの家になります。

玄関を開けると、木製のストリップ階段が現れます。

hujisawashi-kataseyama-t-ohikiwatashi2.jpg

2017年9月23日

北鎌倉の家上棟☆


2017年9月7日の大安。

北鎌倉にて、北鎌倉の家が上棟しました!

kita-kamakura-ie-jyoutou.jpg


こちらの家造りは、とにかく北鎌倉に住みたい!

そんな思いから、土地探しのサポートをさせて頂きました。

なんでも。

家を建てる、家を買うのは。

これが3度目。

そして最後に建てる地は、鎌倉にしたい!

そんな思いからの、家造りが始まりました。

そう、湘南の中でも鎌倉と言えば。

湘南には鎌倉市以外にも、茅ヶ崎市、藤沢市、逗子市、葉山町。

こられの市町村がありますが、その中でも鎌倉は。

古都と呼ばれる市町村。

なので、住み始める前には。

割と色んな問題が出やすい場所です。

例えば文化財保護法に指定されている場所なら。

仮に発掘調査になってしまえば。

一年間は本体工事に着手は出来ません。

また、観光の名所でもあるため。

土日の人の量は計り知れないほど、観光目当ての方がいらっしゃる地域。

平日もさる事ながら、週末も。

お出かけの用事があるなら、ある程度の渋滞を予測する必要があったりします。

そのせいもあって、鎌倉市に車で遊びに来る方を規制するため。

有料での通行させるシステムを導入するのだとか。

それくらい人の量は多い。

そして最大の難関なのは。

鎌倉と言う、一つのブランド。

これほどブランディングが形成されている市町村は。

他には、なかなか見ないのではないか?

そう思えてしまうほど、鎌倉のブランド力はすごいです。

そうなると当然ですが。

土地を手に入れる価格は。

2017年9月21日

木も魚も素材の保管方法に最もこだわる工務店|鼻血を出す理由があります。


中尾建築工房は元大工の私が創業した、建築の設計事務所であり工務店です。

大工は木材などの素材に対して、特にこだわりを持つ生き物。

それだけに、高級材などは人工乾燥モノではなく。

長期間、天然乾燥させる為に工房を所有しております。

中尾建築工房は、1Fがそれらの資材をストックする為の工房。

それが理由で、打ち合わせスペースやスタッフルームは2Fにあったりします。

そして私の趣味は、ブログでもちょこちょこ書かれている通り。

乗り合いの船に乗って、沖の釣りを趣味としています。

始めたばかりの頃から、釣り上げた魚も料理の素材になりますから。

ありとあらゆる方法で、魚の鮮度をよりよくする為に。

それぞれクーラーボックスを選んでおりました。

ところが。

私の釣り上げる魚のサイズ、だんだんと大きくなっておりまして。

10年前はアジだったのが、今ではマグロ・・・

そう、サイズが大きくアップしてしまっているのです。

私の場合、釣った魚は全て自分で消費するのではなく。

たいていの場合は差し上げてしまいます。

人様に差し上げる魚はやはり、美味しい料理の素材にしたいので。

魚を保管するクーラーボックスには、特に力を入れている釣り人です。

そう、つい先日までは。

史上最強と呼ばれるYETI クーラーボックス タンドラ160qtに、魚を保存しておいたのですが。。

sakana-hokan-saikyou-cooler-box.jpg

上に乗せたマグロが釣って来たマグロさん。

下のクーラーボックスの赤枠で示したのが、ボックスの内寸。

このクーラーボックスは断熱の層が半端ないので、斜めにしてもマグロが入りきれません。

これがYETI のクーラーボックスでは最大のサイズ。。

2017年9月18日

古家の雨漏り|雨が漏ったら屋根の張り替え?


今日のお昼ごろ、メッセンジャーが鳴りました。

私がフェイスブックでお友達になってる方からの連絡だったのですが。

十数年前に古家を購入して、住んでらっしゃいます。

どうも雨漏りがしたらしく、天井から雨水が垂れて来てるとの事。

連絡を貰った時は雨も降っていて。

雨漏りってね。

雨が降ってる時の方が、様子が分かったりします。

なので。。

今ならガチの雨漏りか、差し込んだだけなのか・・・

様子が分かりそうだな・・

と思いましたので、早速葉山に向かって軽トラで出動。

hayama-huruie-amamori-check.jpg


今日はどうにも不思議な天気でしてね。

横須賀市内の秋谷までは、さほど風も強くはなかった。

けれども長者ヶ崎を超えて、葉山に入り。。

真名瀬漁港の前に来たら、ビューーーって感じの突風が(笑)

あ〜、きっと差し込んだんだろうなぁ・・・

おそらくこれなら、ハシゴいらない・・

なんて思いながらも、現地へ急行。

2017年9月17日

湘南家造り相談室の原稿|締め切り超えてギリギリ出稿・・・


永らく連載している湘南スタイルマガジンの住宅相談、湘南家造り相談室。

出版社にも、色んな担当さんがいらっしゃるのですが、それぞれやり方が違ったりします。

私は基本、連絡来ないと何にもしない(笑)

以前の担当さんは、割と前倒しで連絡をもらえていたから。

原稿作成のスケジュールは抑えやすかったりしてました。

でも、最近の担当さんは二日前にメールで連絡来て。

そして翌日に電話が来て、明日まで!

って感じになる。。

これだとさすがにスケジュールが組めないので。

それなら今月は無理かなーってなる(笑)

これが今週の木曜日の話でして、金曜日は私も予定が入っておりまして。

担当さん
「明日の金曜日までにお願い出来ればと。。」


「明日は予定入ってるから絶対無理!」

担当さん
「。。。」


「土曜日なら送れるけど」

担当さん
「印刷所に掛け合ってみて、土曜日で可能か確認します!」

結局、土曜日で良いと言うことになりまして。

そして本日、出稿を完了させたのですが。

本の業界って、割とスピード感が必要みたい。

割とバタバタなんだろうな・・・

そう思いながらも原稿を書き終えて。

必ず行っている事があります。

基本はメールで私の方が文面と写真を出版社に送ります。

それをデザイナーさんがレイアウトして、私の方に帰って来る。

実際の紙媒体で見るのと。

私がメールで送った印刷文を読むのとでは。

なぜか、あれっ?

ってところがあったりするので。

必ず、レイアウトされたモノでチェックを入れる様にしています。

shonan-ie-soudan-2017-aki.jpg

2017年9月16日

神棚と仏壇|正しい設置方法はあるの?


中尾建築工房の代表者である私中尾は、現場で実際に腕をふるっていた元大工。

大工と言うのは、基本神社とのつながりが深い職人です。

地鎮祭などでは、宮司さまによりご祭神に祈って頂いたり。

ぼっとん便所から、水栓トイレに変えるリフォーム工事をする時なら。

烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)さんに感謝を伝えるお祈りをしたり。

火を扱うキッチンには、荒神さんが居らっしゃるので。

キッチンのリフォームの際には、今まで安全に使わせてもらえた感謝を伝えるお祈りをして。

新たなキッチンで、今後も安全に使わせて頂くなど。

建築事を始める際には、様々な神様にお祈りをする唯一の職人です。

また大工の神様としても知られるのは。

kamidana-butsudan-secchi-sahou.jpg


あの高名な聖徳太子。

この他にも水の神様、大黒さんなども居らっしゃるけど。

多すぎるので、ここでは割愛(笑)

そう、それだけにね。

修行時代に知り得た神様が、たくさん居らっしゃると言う事で。

神様系のお話や、神棚系の事には割と詳しい方です。

んで、今回はね。

神棚と仏壇を設置する家で。

どの様にしたら良いのか。

また、どの様にしたらよろしく無いのか。

そんな事を聞かれる機会がありました。

2017年9月14日

吹き抜けや勾配天井に付けるシーリングファン|気をつけておきたい熱源のポイント


湘南や三浦半島では、山の緑。

そして海の碧。

自然な環境が今もある為、豊かな眺望が得られる事が多い地域。

となれば、リビングを2Fや3Fに設置して。

天井なども、なるべく高く造ったり。

勾配(斜め)の天井などを造る事が多くなります。

もちろん1Fリビングで、吹き抜けを造って。

開放感を得る造りにする事も多々あります。

ここで多いリクエストと言うのは。

シーリングファンと言う存在です。

このシーリングファン、実は見た目で皆さん選ばれている気もしますが。

私たちの場合、機能面での取り付けをお勧めしてるんですね。

例えば。

ceilingfan-kinou-point.jpg

これは中尾建築工房の打ち合わせスペースの天井です。

ここには1年中、廻しっぱのシーリングファンが取り付けられています。

中尾建築工房のお越しになられて。

ファンに興味のある方には、いつもご説明を差し上げているのですが。

熱と言うのは、その室の中でも。

一番高いところに滞留しやすいんですね。

よくあるのは。

勾配天井です。

冬場に暖房をつけました。

暖気は全て、画像の文字に書かれた一番高い所に滞留します。

すると、そこには熱が集まりますから。

そこだけが異常に暖かくなり、結果床周辺は暖まらない。

そんな事になりやすいのが、勾配天井や吹き抜けなんです。

そこで。

2017年9月12日

ウッドデッキのシロアリ食害


これは昨日の出来事。

中尾建築工房の事務所の電話が鳴りまして。

番号表示を見ると、5年ちょっと前にお引渡しを終えたオーナー様からの電話でした。

話を聞いてみるとですね。

デッキにシロアリが・・

サッシの網戸が・・・

サッシの網戸はまだ良いとしても。。

シロアリなんてとんでもない!

で。

実は1年前から出ていたそうで・・・

どんだけのんびりしてるんですかー!!

と言う事で、日曜日の打ち合わせ中でしたが、私が現地を見に行く事になりました。

現地に到着してみると。。

wooddeck-shiroari-chuui.jpg

あら・・・

これはウッドデッキと言うよりは。。

お花畑かしら〜♪

と思わず言葉に出てしまうほど、緑が豊か(笑)

なるほどね。

こりゃシロアリも寄る訳ですね。

このウッドデッキは唐松材で造られており。

シロアリは唐松を食べなくはないけど、硬い木材は嫌います。

けれども、緑が多いと言う事は。

水分もデッキ周りに豊富にあると言う事になる。

また。

2017年9月11日

秋谷のマグロパーリーご報告☆


昨晩に開催させて頂きました、2017年1回目の横須賀市秋谷マグロパーリー☆(笑)

中尾建築工房からは私、施工管理スタッフ2名の3名で参加させて頂きました!

昨年は私自らマグロを釣っての。

お魚も捌いたりしておりましたが。

あ。

これ、去年のマグロパーリーの様子ね(笑)

2016年葉山のマグロパーティーご報告☆

今年からは、希望者のオーナーさんにマグロを解体して頂く事に。

私が楽をするって事もあるのだけど。

ある特定の人だけが、マグロを捌く事が出来るんじゃなくて。

誰でも出来る機会があるって言うのも、楽しい事だと思うのです。

それが出来るキッチンだったり。

それが出来る包丁だったり。

それがさらに上手に出来る包丁研ぎだったりね!

こうやって料理のステップアップが出来るのも、楽しい事だと思います。

料理好きの方であれば、いつかはやってみたいと思うでしょうから。

今年からは下手だろうが上手だろうが関係なく。

やりたい方にやって頂こうとなった訳であります!

2017-akiya-maguro-party.jpg

史上最強の保冷力を誇るYETI(イエティ)160Lのクーラーボックスを開けてビックリの画(笑)

このクーラーボックスでも、ギリギリ入った大きさのキハダマグロです!

と言う事で。

今年1回目のマグロ解体、チャレンジされたのはこちらのオーナー(笑)

2017年9月10日

【営業時間のご連絡】本日の営業は午後17時にて終了とさせて頂きます。


本日、中尾建築工房は夕方の17時にて営業を終了とさせて頂きます。

ご相談のお電話、お問い合わせフォームからのご返信など。

全て明日からのご連絡となります事、ご承知下さいます様よろしくお願いします。

さて、いつもより早い営業終了の理由としましては。

nakao-maguro-in-hakatamaru.jpg

このマグロ、私が以前に釣り上げたモノ。

中尾建築工房で家を建てたオーナーの皆様、それを聞きつけると・・・

気の合う方同士の連絡網がありまして、やたらとパーティーをやりたがります(笑)

そんなこんなで、スケジュール調整をしてる間、しっかりと熟成させておりました!

nakao-maguro-in-hakatamaru2.jpg

これ、熟成中の状態ね!

今回は中尾建築工房で別荘を建てた秋谷の博多丸さんに、会場をお借り頂けまして。

博多丸さんと同様、ノリの良いオーナーさん達が集まってのパーティーになります。

2017年9月 9日

氷コインで交換出来る佐島の氷


昨日は定休日ですが、私は仕事。

そのかわり、一昨日の火曜日に海に出かけておりました(笑)

海=カツオマグロ釣り

これ、今の私にとってはイコール(笑)

今年はおかげさまで相模湾では、あっちもこっちも大当たりが多い年。

それだけにお配りしている魚の量も、尋常では無い数の魚が上がっております。

カツオだけでもここまで来ると、何本とかってゆー単位ではなく・・・

目方で言えば、今シーズンは1t以上を釣り上げています(笑)

本数で言えば。

400本を超えてます(笑)

この恵まれた釣果のおかげもあって

中尾建築工房でのランチタイムはご覧の様に。

koori-sajima-sakana.jpg

お昼時に居合わせたスタッフと、私のランチはご覧の様にカツオ丼になります。

ご飯なんて見える訳もなく、大量のカツオの切り身を乗せまくっております(笑)

今回は牡蠣醤油に、ごま油&ニンニクソルトの二種類で食べてみました。

その味、まさに激ウマ☆

2017年9月 7日

藤沢市片瀬山|chic&openの家に来ました!


現在、ほぼほぼ本体工事が完了した藤沢市片瀬山に立つchic&openの家。

足場も外れて、威風堂々たるフォルムが姿を見せております!

hujisawashi-kataseyama-chic-open-tochuu.jpg

ね!

とっても個性のあるchic&openの家の外観。

私がしばし歩道で立っていたのですが、ご近所の方が通ると。

見上げて、足を止める方もしばしば。

それもそのはず。

湘南の中でも、この片瀬山と言えば。

誰もが憧れる高級住宅地です。

高級住宅地だけに、お値段もお高い・・

高級な住宅地にローコスト住宅を建てる方が居る訳もなく。

個性のある家が多い中、それでも目立ってしまっています。

これこそ、いわゆるオンリー1の家造りと言えるでしょう。

2017年9月 4日

中尾建築工房から徒歩で歩ける蕎麦の店|蕎麦と懐石の店 うちくらさん☆


暑かった8月が終わり、季節は秋めいてまいりました。

夏は基本的に、さほど忙しくないこの業界。

なぜならお盆や夏休みがあると、どこかに出かける方が多数になるから。

そして涼しくなってくると、また多くの方が家造りの始動を始める傾向にあります。

なので、またこれから忙しくなるかなーって感じなのですが。

すでに中尾建築工房で家を建てた方なら、私たちの打ち合わせの時間が割と長いのご存知かと思います。

午前中からお越しになられて、お昼ご飯を食べてから。

またまた午後も、継続して打ち合わせをする。

注文住宅のみしか建てない、中尾建築工房らしい打ち合わせの風景かもしれません。

そんな方に、中尾建築工房から徒歩でも行けるお蕎麦のお店をご紹介。

蕎麦と懐石の店 うちくらさん☆

ここは横須賀リサーチパークを略した、YRPと呼ばれているエリアになります。

YRPが出来てから、京急野比駅も。

YRP野比と、駅名が変更になったんですね。

そのYRP内にある、うちくらさん。

駅からも遠いのに、そんなに来客があるのだろうか・・・

と思われる立地。

もっとも、YRPで働く方たちが顧客の対象なんだろうな・・・

と思いきや。

意外にもYRPで働いてない女性の方や、年配の方などが多く居らっしゃってます。

駐車場も10台は停められるのですが、いつも満杯・・・

そこで私が頼むのが、ランチメニューなのですが。

天丼セットや、男のロマンであるカツ丼セット(笑)

さて、どんな感じのお店なのかと言うと。。

yokosuka-yrp-uchikura.jpg

こちらはお店の外観。

YRPのメインストリート側からだと、こんな感じで見えます。

お蕎麦のお店だけに、和な雰囲気の外観ですね。

店内に入り、テーブル席にはご覧の様な坪庭もありまーす。

2017年9月 3日

藤沢市鵠沼桜ガ丘|潮風 感じる癒やしの家お引渡し☆


2017年8月30日建築吉日 とるの日。

藤沢市鵠沼桜ガ丘にて、潮風 感じる癒やしの家をお引渡しさせて頂きましたー☆

hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-ohikiwatashi.jpg

この日、六曜では先負でしたので。

午後からスタートのお引渡しをさせて頂きました。

ちなみに先勝の時は、午前中にやるって感じね!

こちらの家は、以前に中尾建築工房で家を建てたオーナー様とお友達のお宅になりまして。

建てた家を見て、気に入られた方になります。

どちらのお宅も共通なのが、土地探しからのお手伝い。

そして。

どちらの家も、室内の珪藻土は施主施工(笑)

まー、この壁塗りと言ってる施主施工。

はっきり言って、楽な事はございません。

なんと言っても30坪の延べ床面積の家であれば。

左官職人さんが三人で2週間ちょっとの労力を、ご自身でこなさなければなりません。

しかも素人の状態から始める訳ですからね。

そう簡単に。

楽し〜〜♪

とは、なる訳がございません。

なってる方は、よほど凄すぎる方だと認識をして頂ければと思います(笑)

この壁塗りの基本的なルールとしては。

まず最初にトイレや洗面室を塗って頂きまして。

それからクローゼットや収納などで練習してから。

居室や廊下、階段に行きつつ、最後の方にリビングなどを塗れる流れになるのです。

ま、だんだんと上手になるから、リビングとかは綺麗な方が良いですもんね。

中でもリビングの天井などは広いですから。

その日のうちに一気に塗り切れる状態になる必要があるんです。

珪藻土は一度乾いてしまうとね。

プロでもつなげるのは難しい。

と言うか、むしろ繋げるのは無理に等しい。

からなのです。

小さいところから始めるって言うのは、最初なかなか進みませんから。

壁や天井の一面を、確実に塗り切る力を身につける為に。

地道にコツコツと・・・

スピードアップ!

スピードアップ!!

スピードアッッッッッップッッッ!!!


を意識して、やって頂くのがマストなのでございます。

また自分のペースでやって頂く為にも。

最初にやって頂く流れがございます。

この流れ、実は住宅ローンの決済が絡んでおりましてね。

住宅ローンの決済をして頂いてから、本格的な施主施工の始まりにする必要がありまして。

住宅ローンの決済をする為には。

設備機器が据えられて、生活の出来る家になっている必要があります。

でも設備機器をつけてしまうと。

トイレや洗面室の天井や壁は、塗りずらくなってしまうんですね。

トイレの奥の壁なんて、絶対無理になってしまいます。

なので、まずは先にトイレや洗面室を塗って頂きまして。

建物の表題登記申請及び登記完了証受理

建築確認の完了検査申し込み及び合格証受理

住宅ローンの実行

これをやって頂ければ、あとはお好きにどうぞ〜♪

と、個人差は人によってありますが。

一ヶ月でも二ヶ月でもお好きな期間でやってください☆

となるんですねぇ。

そして以前は私も現場に乗り出して、施主施工の指導なども当たってはおりましたが。

最近は施工管理に任せていまして。

まー問題無いんだべなぁ。。ってお引渡しの現場に行ってみると。

2017年9月 1日