鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

夢の注文住宅を建てる!|日本経済新聞からの勧告

中尾さんは、工務店の社長なのか?

それとも漁師なのか?

最近になり良く聞かれるのが、本当の職業はどっちなの?

と、よくお会いする中尾建築工房のオーナーさんに限って。

この様な事を言われます(笑)

私は基本、どちらも好きでやっておりますので。

どっちも本職で良いかと思っているんですけどね(笑)

それでもウエイトは、工務店の社長の方が多いと思いますので。

今日は工務店の社長っぽいブログを書いてみようかと思いまーす。

今日は日本経済新聞のWEB刊を読んでて見つけた記事。

chuumon-jyuutaku-toraburu-nikkei.jpg

夢の注文住宅のはずが・・・

業者任せはトラブルのもと。

と言う記事を見かけました。

これは私が創業を決意した記事ともダブる事になるのですが、住宅業界では未だにこの様なトラブルが絶えません。

ちょいと変わってる建築工房 創業の理由


chuumon-jyuutaku-toraburu-nikkei2.jpg

ハウスメーカー様、工務店様ともに多いのが、図面と見積もり。

または資金計画書で契約を促されるのですが、これは本当に要注意。

赤枠で書かれた仕様書。

これ、見積もりを出す上で最も大切な部分になります。

例えばキッチンを例にしてみましょう。

20万円のキッチンと、500万円のキッチン。

少し大げさなのかもしれませんが、差額は480万円にも昇ります。

契約の際のキッチンは20万円のキッチン。

でも、自分が要望をしていたキッチンは、500万円のキッチンだとしましょう。

当然ですが、後からオプション費用を請求されてしまいます。

よほど資金計画に余力がある方ならまだしも。

余力が無ければ無いほど、家造りは失敗の方向に辿ってしまいます。

また、口頭にて言った、言わないを主張したとしても。

chuumon-jyuutaku-toraburu-nikkei3.jpg
chuumon-jyuutaku-toraburu-nikkei4.jpg

この様な流れで請負契約を結ぶ傾向が強い業界ですから。

煮詰めれば煮詰めれるほど、家の価格は跳ね上がってしまうのです。

chuumon-jyuutaku-toraburu-nikkei5.jpg

これなどはもう、ありえないレベルになるのですが。

こんなレベルでは、間接照明など出来る設計施工能力は無い会社様になるでしょう。

そもそも、だいたい真ん中なんて有り得ない・・・

照明器具の位置については、それこそ家具の設置が絡んで来るので。

ダイニングテーブルの位置、ソファーの位置、ベットの位置。

これらをしっかりと決めた上で、器具やランプ、色温度、調光器の有無を選ぶのだが・・・

chuumon-jyuutaku-toraburu-nikkei6.jpg
chuumon-jyuutaku-toraburu-nikkei7.jpg
chuumon-jyuutaku-toraburu-nikkei8.jpg

この様なトラブル、住宅業界は特に多いです。

かと言って施主自ら工数を理解する勉強が、記事の様に必要かと言えば。

私は必要ないと思っています。

何故なら施主は。

家造りを楽しむモノだと思っているから。

難しい工数のチェック、鉄筋の量、現場への搬入などなど。

そんなモノ、施主が理解をしようとしても、そうそう覚えられるモノではありません。

これらを覚え様としたら、5〜6年は掛かってしまうでしょう。

難しい工数チェックや、素材の価格。

それはプロである業者がやれば、それで良い。

と言う事で、夢の注文住宅を建てる!|日本経済新聞からの勧告。

結論から言えば、中尾建築工房の家造りの流れ。

これで大丈夫ですか?と確認して頂く。

そして引渡しを終えた時、満足していてもらえてるならば。

どちらにとっても+のメリットがあると私は思います。

どのハウスメーカー、どの工務店、どの担当者。

肝心なのは家造りを託せる、信頼出来るを探せば良い。

ただ、それだけなのです。

これから家を建てる、またはお友達が建てる。

そんな方に届いて欲しいと思い、ブログ記事にしてみました。

ご参考までに覚えておいて下さーい☆

ちょっと業界歴の長い、社長っぽく見えた記事だっただろうか(笑)

日時:2017年8月14日 14:28

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。