鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

三浦半島の中古戸建|メンテナンスはどこまでやる?

先日、中尾建築工房で家を建てたオーナーさんからご連絡を頂きました。

なんでも。

所有されている別荘の外装部品が落ちて来たらしい。

yokosukashi-bessou-mente.jpg

この別荘を購入される際、私も並行してここなら良いんじゃないの〜♪

と、お勧めした場所なのですが。

自宅ならまだしも、別荘な訳でして。

また別荘と言っても。

管理会社を入れるほどの規模では無い訳で。

場所だって、三浦半島ですから。

私的には、何かあったら必ず対策を施す。

と言う様には思っておりません。

これ、業者さんによって意見はバラバラだと思うんです。

どんどんメンテしていった方が良いと言う業者さんも居れば。

私みたいに「今やったって、また出てくるんだからやらない方がお財布に優しいよー♪」

と言う人も居ると思います。

まー、なんつーか。

私は三浦半島で育ったし。

常にこのあたりで仕事も遊びもしている訳でして。

雨や風など、自然の猛威を良く知ってる方だと思っています。


その自然の猛威によって、屋根が丸ごとふっ飛べば。

そりゃー、屋根作り直しましょう!

って事は言うかもしれないけど。

樋隠しが吹っ飛んだ、いや樋隠しが落っこちたくらいなら。

機能性には全く問題が無い訳で、むしろ塩害地域ではごくごく自然に起こる事。

だと思うのです。

なんで。

むしろ、体裁を気にしないのであれば、新たに樋隠しなどは付けなくても結構!

と言う様にお話をさせて頂きました。

なんでもそうですが、やればやったで。

お金も掛かるしね。

意外に中古戸建って。

やればやるほど、問題が出てくるケースが多々あるんです。

これはリアルにガチンコで大工の棟梁だった、私だから言える事。

だから言い換えると。

そこ、見ない方が良い(笑)

って事なんですね。

開けちゃうと「あちゃー!!」って言うのが結構ある(笑)

でもって、それをしっかり治そうすると。

何百万円も出費する事にもなりかねない・・・

と言う事で、中古戸建の別荘メンテ。

果たしてどこまでやれば良いのかって言えば。

そんなに気にしない方が良いんじゃないの!

と。

お伝えさせて頂きました(笑)

きっとね。

秋雨前線が通過する季節になったら。

またご連絡が来ると思いますので、またその時は同じ様な事をお話しするかと思いまーす☆

日時:2017年7月 6日 18:54

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。