鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2017年5月 | 神奈川工務店TOP | 2017年7月»

2017年8月号の湘南スタイルmagazine発売☆


エイ出版社から発売されている湘南スタイルmagazine。

今年も夏の8月号が発売されました。

shonan-style-2017-8gou.jpg

編集長である富山さんからのメッセージには、来年で湘南スタイルmagazineも創刊20周年を迎えるんですって。

懐かしいですねー

創刊当初、いきなり書店に出ていた湘南スタイルmagazine。

当時、私は真冬でも葉山の海を潜るダイバーでしたので。

ダイビングの雑誌を購入する為、葉山の書店でマリンダイビングとかを購入しておりました。

その時見つけたこの本のインパクトは、忘れた事がありませんでした。

そんな湘南スタイルmagazineも20年とは。

私も年齢を重ねる訳ですね(笑)

パラパラと本をめくると。。

2017年6月27日

藤沢市片瀬山|chic&openの家上棟☆


2017年6月23日の建築吉日は婁(ろう)の日に、藤沢市片瀬山にて。

chic&openの家が上棟しました!

hujisawashi-kataseyama-t-jyoutou.jpg

ちょっと画像が暗くてごめんなさいね・・

この日は建築の吉日のみならず。

一粒万倍日も加わる吉日ですので、上棟の様な祝い事に関しては最高に良き日となります。

上棟の作業を行う職人と言えば、大工。

大工と言えば、祝い事の職人である代表格。

私が現場で大工の棟梁を務めていた頃、上棟と言えば。

必ずと言って良いほど、上棟式を行う施主の方が多かったのを覚えております。

上棟式では、施主様の挨拶から始まり。

それを受けて、鳶職人さんが木遣り(けやり)を歌ったり。

工事に関わる全ての職人さん達を集めて、祝いの杯を頂き。

ノリに乗って来た頃には、まつのき小唄をそれぞれの職人さんにモジッた職人小唄が始まって(笑)

式なのか、それともタダの飲み会なのか・・・

なんだかよく分からない感じになっていたのを覚えております。。

あの頃の私の職業は大工。

今では大工が木造の軸組を組み上げていくのですが。

当時は鳶職の職人さんが、基礎、足場、上棟での組み立て。

これら全てを仕切る時代でもありました。

こだわる鳶さんなどは。

大工は組み上がるまで、上に上がって来るもんじゃない!

様は高い所に上がるのは、鳶の仕事で。

危ないから、大工は下で段取りをしてればいい。

そんな風習があったんですね。

私はどちらかと言えば、当時はスレてましたし。

どちらかと言えば、トっぽかったので。

鳶の組み方はアレ(荒)〜から、鳶は下で材料を上げてくりゃーいいんだよ!

と言っておりまして、割と鳶からの反感を買っておりましたが(笑)

時代が変われば、風習も変わるモノなんですよね。

今では基礎は基礎職人さん。

足場は足場屋さん。

上棟の建て方は大工さん。

鳶と呼べる仕事は、町場では無くなったのではないかと思います。

そう、以前は祝いの職人の代表格であった大工の頃は。

上棟して、上棟式の帰りに。

仮に飲酒運転で捕まっても、おまわりさんがスルーしてくれる時代でもありました。

でも今は、そんなん有り得ません。

しっかりと飲酒運転で捕まりますし、下手すると一発で免許の取り消しになってしまいます。

どの職人さんも、車に道具を積んだりしてますし。

移動は全て、車になります。

免許の大切さ、職人としての任務を機敏に遂行するには。

欠かせない証ですからね。

ですから、どの施工会社様でも。

今では上棟式を行わなくなったです。

まー、ぶっちゃけますと。

上棟式なんてやらなくとも、うちの棟梁達はしっかりと仕事をします。

むしろ、式をやって呑みすぎて。

次の日、仕事にならない様になっては本末転倒・・・

でも気持ちだけは、祝いの職人である事を忘れない様。

そんな感じですので、中尾建築工房では上棟式を行わないのです。

さて、お話は上棟話からchic&openの家に戻りまして。

chic=スタイリッシュ、上品さ、洗練。

open=開放的。

これらが融合されたのが、chic&openの家。

自然素材の持つマテリアルな空気感を持ちつつ。

こだわりのシルエットを持つ外観のデザイン。

2017年6月26日

横須賀市長沢プロジェクト|家の外観はどう決める?


現在、設計中のプロジェクトに横須賀市長沢の家があります。

こちらの家、現在は財務省所有の敷地外のやり取りを進める中。

意匠設計に於いては立面図も作成中。

実は家と言うのは、一つのプランニングが決まったとしても。

外観と言うのは、同じ平面図であっても。

屋根の掛け方。

壁の立ち上げ方。

軒の出し方。

それらによって、外観の印象が大きく変わる特性を持っています。

今回の場合、平面計画自体はこんな感じ。

コートハウスのコの字型と言えば良いかと思います。

本来、コートハウスと言えば庭の全てを壁で覆ってしまい、プライバシー製を高めた家になる。

中尾建築工房でのコートハウスの施工実績では、こんな感じです。

yokosukashi-nagasawa-i-gaikan.jpg

2017年6月25日

逗子市桜山 Private Loungeのある家が取材を受けました!


今日は雨的な予報でしたが、1日持ちましたね。

私、なんでか分かりませんが、雑誌の取材だったり。

地鎮祭だったり。

上棟だったり。

なぜか、私が行くと雨が降りません・・・

仮に雨が降っていても、その現場周辺だけは雨が降らず。

周りは雨が降っていたりと、不思議な事に悪天候には恵まれません。

そんな本日も、Private Loungeのある家の奥様からは。

雨降るよ〜、雨が降ったら、外の撮影もう一度来てもらうのは大変だよねぇ・・・

と、事前に天気の事を気にされる話を聞いてましたが。。。

基本、雨は降らないと思っている私は、そんなの1ミリも気にしません(笑)

その結果、やっぱり晴れ(笑)

人間、何でもそうですが。

気の持ち様も大事だったりするのです!

さて、そんなお天気の心配などは一切せず、雑誌の取材は始まりました。

今回、取材が入ったのは、逗子のPrivate Loungeのある家。

この家、中尾建築工房のノウハウがガッツリと詰まった家でして。

凄過ぎるスペックを持つ家になりますので、取材はおそらく長引くであろうと。

私的には予測をしておりました。

そこで私が持ち出したのは・・・

zushishi-sakurayama-private-lounge-ie-shuzai.jpg

Private Loungeのある家の中庭デッキ部分に陣取りまして。

あともう少しで本格的な開幕を迎えるであろう、相模湾ルアーマグロ船の準備を。

ちょうどお取り寄せしていたルアーが届いたばっかりだったんですよね・・・

ルアーにフックを取り付けたりして、万全の準備をしているところです!

これさえやっておけば、あとは出船を待つばかり(笑)

そんな冗談はさておき、取材は撮影から始まりまして、どこのアングルから撮影をすると良いのか・・

そんな部分に時間が掛かっておりました。

2017年6月22日

逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト|構造設計最終段階まで到達!


長らく設計中の逗子市桜山に建てる、プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト。

zushishi-sakurayama-9kukaku-model-kouzou.jpg

60坪越えの敷地に、目一杯の大きさで建つプランニング。

国道134号線沿いだから、家が建つとかなり目立ちます。

こちらの家は一般的な家と比べて、あまりにも構造が複雑な事。

プランニング自体、大開口が多い事。

意匠性を高める意味もあり、外観シルエットも曲線重視。

つまり、壁量がさほど取れる場所も無い事から、構造の検討に時間が掛かっているのです。

構造のCadに関しても。

通常のCadに落とし込んでも、不成立。

なので新たなCadに変更をして、構造自体の考え方を変えてみたり。

がしかし。

ここまで構造設計に時間が掛かると言う事は。

難易度のレベルが、あまりにもハイクラス。

すると。

それを受理出来て、考え方を理解してもらえる指定確認検査機関が。

事実上、見当たらない。

そもそも家を建てるには、確認申請を出す必要があります。

市町村の特定行政庁、又は指定確認検査機関に提出して。

構造から何から、すべて了承を頂かなければならない。

そんな理由から。

私たちの考え方を理解して頂ける、指定確認検査機関に出さないと。

他、普通の指定確認検査機関では、確認済証が降ろしてもらえない。

今回は難易度の高い、木造の4F建てや5F建ての建築確認申請に手慣れている。

構造設計担当者の諸富先生イチオシの、指定確認検査機関に提出する事になりました!

全ての整合性を確認する意味もありまして。

諸富先生は都内の構造設計の先生。

私たちは横須賀の意匠設計。

なので、中間地点の横浜で、構造の最終打ち合わせを行う事にしました。

2017年6月20日

マグロに負けない体を造る!誰でも簡単に出来るレンチントレーニング☆


さて、6月も半ばを過ぎまして。

すでに相模湾内には、カツオやキハダマグロが回遊する季節になりました!

となれば。

そろそろ、根魚船はやめても良いかなぁ・・・

と思う今日この頃。

カツオやマグロを釣る為には、餌を使った釣りもあれば。

ルアーと言って、疑似餌を使って釣る釣りもある。

電動リールを使う人も居れば。

手動のリールで、パワーファイトを望む方も居る。

さて、私はどちらかと言えば。

やっぱり手動のリールを使って、ゴリゴリ巻くのが好きだったりします。

結構疲れるんですけど、これがまた楽しい訳です。

魚と釣り人の引っ張りっこみたいなもんですね。

その手動のリールでやる釣り。

やはり、パワー負けしては魚は獲れません。

なので、ぼちぼちとトレーニングを開始しております!

そんな話をしていると、どんな事やってるのー?と。

聞かれる方多し。

sagamiwan-maguro-taikan-kintore.jpg

2017年6月18日

住宅ローンの手続き|書類のご確認は忘れずに!


まー世の中、忙しくされてる方々が多いのですが。

あんまり忙し過ぎる日々を過ごしていると。

突発的に何かがあった場合、対応する事が出来ません。

特に住宅ローンの手続きなどは、最たるもの。

土地を購入し、注文住宅を建て。

その最終決済の時には、登記が必ず関わります。

ま、最底減の登記と言えば、保存登記と抵当権設定登記。

これは絶対、やらないと銀行もお金を支払えません。

払うと同時に登記をする。

そんなイメージだと思って頂ければ良い感じですかね。

そして今回、ローンの最終実行が行われる現場のオーナー様と。

銀行担当者さんとで、上手く話が噛み合わなかった様です。

そして昨日、ある着信がありまして。

その第一声。

「社長、助けてください!」

思わず私は・・・

となったのですが、要はすでに日程を段取り済み。

けれども必要書類が届かない可能性がある。

自分でオーナーに説明しても、ギリギリのギリギリ。

郵送などで下手すると、決済の時まで間に合わないかもしれない。

さらに。

最近では金融機関も、労働基準法に基づく縛りが多くて。

本当は書類を自ら取りに行く気があっても。

それを銀行側が許さない。

仕事はこれだけや李なさい。

そして休みはこれだけ取りなさい。

ある意味、ブラック企業的な押し付けですねぇ・・・

と言う事は。

オーナーもご夫婦ともに、忙しい。

住宅ローンの担当者も忙しい。

書類の大切さも、忙しい人同士が会話するから。

会話もなぜか噛み合わない・・

そこで。

「社長、助けてください!」

ま、絡んだ話をまとめるのは、結構得意だったりする私(笑)

んじゃ、私がその書類をそれぞれに責任を持って運びましょうかねぇ。。

となりまして、朝から某役場でオーナー奥様と待ち合わせ。

hayama-jyuutaku-loan.jpg

2017年6月14日

ツバメの巣立ち


今日の朝、事務所に到着すると。

数匹のツバメが巣から出ていて。

こちらで取り付けをした足場に降りていました。

あれ?

何気に親鳥のサイズにほぼ近いので。

親鳥が来てるのかなぁ〜

それとも、雛がデッカくなったのかなぁ〜

なーんて思っていると。

なんと!

一羽の雛が突然飛び出しました!

巣をよく見てみると、2匹ほど減っています。

これはもしかして・・・

ツバメの巣立ちかー!!

と思ったこの私。

早速シャッターを全開に開けまして、ツバメが飛び出しやすい体勢に整えました。

シャッターを上切ると同時に、2羽のツバメが勢い良く飛び立ちまして。

その後もまた飛び立つ雛達。

これ、飛び立った雛たちを撮影してみました!

雛たちは巣立つと、どこかに飛び立ってしまうのではなく。

中尾建築工房の廻りを、兄弟たちで旋回しています。

最後は残る1匹。

nakao-tsubame-hina-2017-2.jpg

2017年6月13日

建築現場の近隣トラブル|クレーム?それとも独り言??


つい先日のお話ね。

某現場の近隣の方からお電話を頂いておりました。

うちの監督を電話口に呼んで欲しいとの事なので。

電話を対応した他スタッフの議事録では。

1回目の電話(金曜日)
 おたくで工事している近隣の者だが一言言いたい事がある。
 おたくは建物を作るのに近隣への配慮はしないのかとの事。
 監督不在をお伝えし、折り返しの連絡させますのでお名前とご連絡先を伺うと。
突然家に来られたりしても嫌だから教えない、改めて掛け直すとの事で電話終了。

2回目の電話(金曜日)
 一言言いたいから、連絡をよこせとの事。
 名前と連絡先を教えてもらう。
 どのような内容でしょうか?と尋ねると考えれば分かるはずだ、分からないようだったらどうかしてるとの事。
 今日この後、俺は忙しい、土曜日も忙しい。
だから日曜日に連絡してこいと言って電話終了。


そして、今日になり携帯電話からの着信を私が出ましたら。

監督を呼び出してくれとの事だけど。

週末は現場もお休みだし、監督もお休み。

私が代表者ですのでお話を代わりに伺いますが、どの様な事でしょうか?

とお伝えしたら。

(ご近隣の方)「お宅、挨拶のチラシには2F建てって書いてあったけど、3F建てを建ててるじゃないか?」

これがそのチラシ。

chuumon-jyuutaku-kouji-kure-mu-hitorigoto.jpg

2017年6月11日

中尾建築工房のトイレ改装計画実施中|GROHE SENSIA ARENA(センシア アリーナ)VSリクシル ベーシアParIII


ほぼ工事が完了に近づいた、中尾建築工房のお客様用トイレ。

床はブラックの天然石タイル。

天井は無垢材のレッドシダー貼り。

壁は天然素材の珪藻土。

これらは完成☆

あとは間接照明用の鏡と、造作で造った小物入れのガラス扉を取り付ければ完成ですが。

高級トイレGROHE社のSENSIA ARENAも設置を完了しました!

nakao-kenchiku-koubou-toire-kaisou19.jpg

さすがドイツ グローエ社のデザイン。

美しいフォルムですねー!

たかがトイレ。

されどトイレって感じのオーラを放っております!

と、つまり。

トイレ自体はすでに使える様になっております。

せっかくですから、まずは第1号と言う事で私が使ってみたのですが。

このトイレ、実に面白いですねぇ!

今時の高級トイレの装備する機能は全て付いております!

今時設備の代表格としては、やはりスマートフォンとのペアリング機能だったりするのですが。

これはこれから、トイレを使いながら調整する事にして。

まずはトイレの雰囲気をご覧頂きたいと思います!

2017年6月10日

藤沢市鵠沼桜ガ丘|潮風 感じる癒やしの家上棟☆


2017年6月5日の建築吉日(張)とるの日に、藤沢市鵠沼桜ガ丘にて「潮風 感じる癒やしの家」が上棟しました!

建築吉日(張)の日は、執り行うの意。

神仏祈願に大吉。

祝い事に吉日。

まー、何やっても良い日なのだなぁ・・・

そんな吉日だったりします。

何だか、湘南の雰囲気にも、似合っている吉日だと思いますね(笑)

なんだっていーじゃん!

的なね(笑)

この辺りはサーファーも多い地域で、いかにも湘南の王道。

だから、賃貸などで借りて住んでたりして。

この地の良さが分かったりすると。

この地に住みたい、この地に建てたい。

そーゆー希望をされる方は、とっても多いのです。

けれども。

はっきり言って藤沢の中でも、鵠沼桜ガ丘に土地を買い。

家を建てられる方なんて。

ごくごく僅かの方ばかりで、現実的に買える方は少ないのが現状だったりする。

そんな湘南の憧れの土地、藤沢市鵠沼桜ガ丘。

そこの土地を買い、注文住宅で家を建てた!

この時点でもう、すでにスーパーミラクルな訳です☆

hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-jyoutou.jpg

2017年6月 9日

週末の葉山探訪|葉山港の朝一☆


昨日、一昨日とお休みでして。

昨日は男のロマンの王道と言われる、ロマン釣りに行ってまいりました。

結果、黒いの系オンリー・・・

ま、ロマンを求めて行ってますから。

必ず結果が出ると言う訳ではありません。

でもきっと。

再来週の水曜日は、またロマン釣りになりますので。

今度は結果にコミットしちゃうのではないかなぁ・・・

そう思って、今からイメージをしているこの私(笑)

さて私が足繁く通う、葉山あぶずり港。

週末には朝一などが開催されています。

私は基本、平日漁師ですから。

休日には、港に行く機会がなかなかありません。

先週、たまたま葉山を案内するのに、朝の時間を持て余しまして。

あぶずりの朝一に行ってみる事にしました!

hayamakou-asaichi.jpg

すでに釣り船、出る船は出船済み。

そっかぁ。。

私たちが出船した後の週末って、こうなってるんですねぇ・・・

いつも氷を買っている組合の前などは、人だらけになっております・・

2017年6月 8日

既存不適格の新築増築をした古家の建て替え|思い出のある土地に新築の建築計画はどうなる?!


今回のご相談の場所は、どことは言いませんが。

こちらも中尾建築工房で家を建てた、OBオーナー様経由でのお話がありました。

なんでも、オーナーのお友達が家を建て替えたいとの事。

思い出のある日本庭園を残したい。

その昔、新しく建てた家を増築した。

なので。

まずは先に建てた方を建て直し。

後から、増築した家も建て替える。

そんなご要望がある様でした。

なるほど。

んじゃ、見て来っかーと言う事で。

さっと、見て見る事にしたのです。

実はグーグルアースやグーグルマップで見た段階で。

超絶鋭い中尾センサー、ピコーンっ!!

100%の点灯力で、赤いサイレンがクルクルと発動しております・・・

※中尾センサーとは?
業歴長いのもあるけど、元々私は直感を信じて生きて来ました。
中尾センサー=野生の勘と言いまして。
今までの人生で、私の直感が外れた事は一度も無いんです。
それくらい、センサーの感度は高いと言うことですね。

ではまず、建築基準法の中で。

この家の問題に該当する部分を挙げてみよう。

一敷地一建物

建築基準法施行令第1条

敷地とは
一の建築物又は用途上不可分の関係にある二以上の建築物のある一団の土地をいう

これは。

一つの敷地には一つの建物しか作ってはいけません。

と言う建築の法律です。

これに対して例外となるのが。

用途不可分の建物なら、建てても良いよー

と言う法律もある。

用途不可分を分かりやすく説明すると、母屋と離れの関係になるのね。

例えば。

悪ガキが約1名、その家に居りまして。

親なんてバカヤロー!

ジジイとババアと一緒になんて、住んでたまるかっ!!

と、悪ガキが言ったとしましょう。

困った悪ガキです・・・

仕方ないから母屋から廊下で繋げて、悪ガキの為の部屋を建てるか?

そのかわり、悪ガキ一人が不自由なく生活出来るのは困るから。

トイレやキッチン、お風呂なんて作っちゃダメよ。

でないと用途不可分ではなく、用途可分と言う表現に変わってしまう。

あくまでも部屋としての機能だけに限ってなら。

用途不可分が成立するって事になる。

この他、渡り廊下を作ってなどと。

すり抜ける方法があったりするけど。

今回のお宅に関して言えば、それは使えない・・

なぜなら。

この二つの家は、どちらも確認申請と言って。

こーゆー家を作りますよー

と言う申請は成されてる。

けれども。

こーゆー家が出来上がりましたよー、図面と間違ってないかチェックしてー

と言う.

完了検査を受けていない。

実は絶対そうだろうな・・・

そう思った私、横浜の建築局に行って。

この土地に建つ、二つの家の建築計画概要書を取得してきました。

no-Photo.jpg

2017年6月 5日

中尾建築工房OBオーナー宅見学 IN葉山編☆


いやー、今日は超絶暑い1日でした!

15時ごろには葉山港に立ち寄ったのですが、はっきり言って葉山はもう夏です(笑)

さて、本日は中尾建築工房で過去に建てた、OBオーナー宅を見学させて頂きました。

事前に見学者の方に、どの家を見てみたいか?

それを聞いて、アポが可能な方にご連絡を差し上げております。

そして本日、快諾頂いたOBオーナー様宅へ。

hayama-horiuchi-ob-houmon-ie.jpg

道路車線ギリギリの急勾配屋根と、外壁の杉板が映えるお宅。

湘南スタイルマガジンの湘南の暮らしと家にも掲載された、あのお宅になります。

この日、私は早めに葉山入りしておりました。

暇だったので葉山の朝市でマルイカとムギイカを購入して、お土産にしたところ・・・

2017年6月 4日

横浜市港南台の釣具店|サザンフィッシングさん☆


中尾建築工房と港南台と言えば!

yokohama-kounanku-kounandai-southern-fishing11.jpg

この家が想像される方が多いかと思うのですが、めちゃんこ目立つ所に建てられています。

そして、私個人的な港南台と言えば!

通っている釣具店があるって事(笑)

中尾建築工房のある横須賀にも、釣具店はそりゃあるよ。

でもね。

はっきり言って、横浜と横須賀では。

釣具商品のラインナップが全然違うんです。

なんて言うんだろう・・・

横浜の方が圧倒的に在庫量がある!

と言えば、よろしいんでしょうかね。

ですから。

釣具を買いに行く時には、横須賀よりも横浜の店舗さんの方がウキウキします(笑)

釣具店には釣具のポイントや、キャスティングなどの様に大型の量販店的店舗さんもあれば。

全然大きくは無いけど、よりマニアックな方向性を持つ小さい店舗さんもあります。

今回、私がお勧めするのは、港南台のサザンフィッシングさん☆

yokohama-kounanku-kounandai-southern-fishing.jpg

私は釣りの先輩に教えて貰ったお店になるのですが。。

まー小さくても、マニアックなショップさんです(笑)

私もここで、何本の竿を買ったか・・・

何がすごいかって言えば、仕掛けの結びだったり。

リールに巻きつける、道糸の終端処理は抜群に上手です。

でも、このお店では一つもリールを買った事は無いんですけどね(笑)

思い立ったら、即行動のこの私。

私が突発的に、新たな釣りに行ってしまうモノだから。

小さいお店では時間的に、調達出来なかったり。

代理店制度で、お取り寄せが出来ない商品だったり。

なので、私は竿とリールの糸巻、特殊な釣りの仕掛けに関しては。

全てこちらでお願いしてるんですね。

ちょっと前の石垣島クロマグロ釣りの際にも、こちらのお店で仕掛けを作って頂きました。

2017年6月 3日

雰囲気の出る間接照明|ご入居後のランプはどこから買うか?


中尾建築工房では、雰囲気の出る間接照明にしたいっ!!

と、リクエストがあった場合は。

私や設計職から、間接照明のプレゼンを行っております。

必ずやった方が良いと言う事では無いのだけど。

中には。

「照明は普通でいいや〜」

と言われる方も居らっしゃいますので。

その場合は、極力照度の不足が無い程度の器具を選定しております。

でも、せっかく新築の家やリノベーションをするのだったら。

どこかに間接照明を入れて。

雰囲気を楽しむ!

と言った、心のゆとりがあっても良いかと思います。

ただ、この間接照明はですね。

ランプも器具も、その辺の家電屋さんでは購入出来ません。

どちらかと言えば、私たちの様な建築の業者から購入する事になります。

私が採用している間接照明は、主に DNライティングと言うマニアックな照明メーカー。

※DNは2013年にダイア蛍光(株)とニッポ電機(株)が統合されて出来た会社です。
それ以前に建てている方は、NIPPOってブランドですからお間違いなく!

このメーカー様は元々、住宅用ではなくて。

店舗や公共工事、ホテルや結婚式場に使われるモノが殆ど。

私の場合は、それを住宅に採用出来る様に工夫しているから。

住宅でも、間接照明が成立してしまってる訳なんですね。

つまり、元々が住宅用で無いから、家電屋さんでは購入出来ないと言う訳なんです。

ではでは、間接照明を見た事が無い!

そんな方の為に、こんな感じですよーと。

複数の画像を掲載したいと思います!

kansetsu-shoumei-lamp-koukan.jpg

2017年6月 2日

2017年中尾建築工房のツバメの巣から雛が帰りました!


実は今日、中尾建築工房の入り口になる、シャッターの付近で話をしてましたら。

あれ、いつもと違うなぁって感じの鳥の声がしました。

ここのところ、ツバメが一生懸命に卵を温めに来たりはしていたものの。

のんびり様子を見ていたんですね。

そしたらなんと!

小さな弱々しい声の鳥の鳴き声が!!

nakao^tsubame-hina-2017.jpg

そろそろ卵から孵るんじゃないか?!

そう思った私は、ツバメの巣の下に転落防止の床を貼る様、菅谷棟梁にお願いをしておりました。

床のおかげで、雛の姿は見えにくいですけど。

そのかわり、親鳥は安心して雛に餌を与える事が出来ている様です!

子供の雛にとっては転落防止。

親鳥にとっては、足場みたいなもんですね(笑)

ちょっと動画も撮ってみましたので。

ツバメの雛に癒されたい方、ボリューム大きめでどうぞ〜♪


2017年6月 1日