鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

中尾建築工房|ちょいと変わってる建築工房 創業の理由

なんだか1月に入ってから、怒涛の勢いでご相談の方が中尾建築工房に訪れてらっしゃいます。

先週末も来られてますし、平日は月、木にも土地購入前の相談。

そして今週末にも。

また、ご相談の方がいらっしゃる予定です。

住宅業界は、決して好景気と言える状態では無いこの時期にして、大変ありがたい事なのですが。

中尾建築工房は、一般的な建築設計事務所、一般的な工務店ではありません。

業界特有な一般的の枠の中には囚われずに。

私が思いつくままのやり方で。

ここまでの道を歩んで来た建築の工房です。

だから。

『なんだか他の会社とは、雰囲気が全然違うんですね。。』

と言われた事が、今年に入って何度かありました。

そこで中尾建築工房が出来た理由を、本日はお話をしてみようかと。

実は私には設計に関して、施工に関して。

師匠と呼べる方が居ないのです。

通常、この業界で独立をする場合。

どこかの建設会社や建築設計事務所を何社か経験して、独立する方は独立をするのだと思います。

私の場合は、これが無いんですね。

だから一般的な枠には、入りようにも入らないって訳。

そもそも、そういった場所に行ってないから常識すら知らないし。

では、どうして独立をしたのかって言うと。

元々私は、実際の現場で作業をする大工の棟梁でした。

大工ですから、木拾い(きびろい)と言って、材料を数える事も出来ますし。

使って良い材料、使ってはいけない材料もはっきりと分かります。

さらに。

実際に現場で作業をしていたので、仕事量に応じて段取りをする事も出来ました。

私は大工工事専門の工務店(建設業許可無しなので、元請けもやらない工務店)にて大工修行をしていたので。

仕事は建設会社から大工工事だけを親方が受注して、その現場を担当するのが私と言う形だったんです。

当時の建設会社の現場監督は、仕事を知らない方がとっても多くて。

私の現場は、いつも私が段取りをしていたのです。

ぶっちゃけ話をすると、当時の監督はサボって寝てるか、飲み屋の話か、ギャンブルの話をしに現場に来る程度。。
その後、当時の監督も独立して会社を興しましたが、5年も経たないうちに消えて居なくなってしまいました・・

そんな状態でも、現場で作業をこなす職人同士は仲が良いですから、いかに無駄なく工程を回して。

そして自分の木工事も、円滑に進める様にしていたのです。

そんな事を続けて来たせいもあってか。

自然と、無理なく建設的に。

仕事を進める癖が付いていたんですね。

ここまでは、正直言って独立する気なんてありませんでした。

木造軸組の在来工法専門の大工として、一人前の棟梁になりたかっただけでした。

ところがある日、私が作業をしている現場の近くで。

一人の主婦っぽい方が、電柱の陰に隠れてこちらを見ている事があったんです。

kenchiku-koubou-sougyou-riyuu.jpg

結構離れた所から、電柱の陰に隠れて見てる感じでした。

最初は私も知らないフリをしていたのですが、だいたい同じ時間に現れていたんです。

「もしかしたら、この家の施主さんなのかな・・・」

そう思った私は、こちらからお声掛けする事にしました。

やはり、施主さんだった様でして。

ご自身の家なのですかから、どうぞゆっくりと中に入って見て下さいと告げたら。

どうやら元請けの建設会社とトラブっているらしかったんですね。

それこそ、契約当初は。

「1500万円で、お客様に限定モデル住宅商品○○○○が当たりました!おめでとうございます!!」

そして電話口の後ろでは、拍手のオンパレード(笑)

有頂天になってしまった施主さんが、これはお得だと契約してみたら。

詳細な打ち合わせに入って、あれも追加、これも追加、すべてオプションになります。

つまり、施主様は騙されてしまった感触があったらしく。

建設会社に不信感を持たれている様だったのです。

※数十年前は、この手の住宅販売ノウハウがありまして、たくさんの建設会社がこの手の商法を使っていたんです。
安く契約して、後からしっかりと吊り上げていくセコい商法ですね。
戦略は変われど、結局吊り上げていくのは変わらないので、未だに業界自体はセコいやり方なのは変わりませんねぇ。。

そんな話を聞いた事がありまして。

私には元請け会社に文句を言う立場にありませんでしたが。

その施主さんには、私が現場に居る間はしっかりとやりますから、いつでも見に来て下さいと告げました。

なんでこんなに理不尽な事が、建設業界では当たり前の様になっているんだろう・・

そう思った私は。

その頃から、少しずつ元請けになる事を意識する様になったんですよね。

俺だったら、そんな事は絶対にしない!

そして大工の親方として独立したのは、今から17年前の29歳の頃です。

工務店をやめる最後の現場で、3Fから転落をして首の骨を折りましたが(笑)
それでも4ヶ月後には、独立をして現場復帰出来ましたよっ!

それからはありがたい事に、友人伝いや職人さん繋がりの紹介があって。

仕事に困った事はありませんでした。

ところが、元請けになると言う事は。

私が現場で作業をしていたら、施主と打ち合わせをする人が居ませんでした。

私一人で中尾建築工房は始まりましたから、私が現場に行くと打ち合わせする時間が取れないのです。

なので、無理してでも日中も、夜も。

ハードワークでしたが、なんとかやりくりしてました。

そして独立をしてから数年後に、現場で作業する事を完全に止めたのです。

この時ははっきり言って、すっごいビビったのを覚えています。

大工の棟梁ならいざ知らず、自分の腕を発揮させる道具の全てを置いて。

紙とペン、パソコンでの仕事になりましたので(笑)

もう完全に土俵が違うんですね。

そして建設会社に勤めた経験は無い訳ですから。

ノウハウやら、どこから始めて良いのか分かりませんでした。

当然ですけど、親方に聞いても。

大工専門の工務店ですから、親方だって元請けの建設会社のノウハウは無い訳です。

だから、私は私なりに。

あーじゃない、こーじゃない、こうなんじゃない・・・か?

と。

ずっと、手探りでここまでやって来たんですよね。

そんな経緯がありまして。

私は私なりのオリジナルなやり方を通して来ました。

だから、一般的な工務店のやり方は知らなかった訳なんです。

後から、ある程度は知りましたけどね(笑)

そう、だから一般的な工務店とは全く。

真逆のやり方を通して来た訳なんです。

現場の大工棟梁としてのノウハウと。

やる事はやる。

言うべき事はしっかりと言う。

絶対に人をだまさない。

これ位かな、今までずっと守って来たのは。

大工として独立して、あれから17年。

現場仕事から、事務所仕事に変わった事はあるのですが。

一つだけ変わらずに続いている事があります。

それは、人から人に縁を頂くご紹介。

職人の頃も職人さん繋がりでのご紹介だけで。

やり切れない程の仕事があったし。

今では年間の新築依頼軒数のうち。

半分の方は、OBオーナー様からのご紹介の方になりました。

ここまで続けて来たのは。

やる事はやる。

言うべき事はしっかりと言う。

絶対に人をだまさない。

これだけなんです。

でも。

これが一番大事な事なんじゃないか。

とも。

思っています。

なので。

一般的な工務店さんの社長さんの様に、スーツなんて着ません(笑)

スーツは水商売を経験していた若かりし頃に、充分過ぎるほど着ました(笑)

一般的な工務店さんの社長さんの様に、営業トークなんて出来ません(笑)

すべて直球で伝えるから、ダメなもんはダメっ!
だってそんな事したら、後々大変になるのは自分ですよっ!
そんな否定的な事だってへっちゃらで言う。

一般的な工務店さんの社長さんの様に、セミナーに参加してノウハウを勉強するなんて出来ません(笑)

セミナーに行くなら、沖に出て魚を釣りたいっ!

一般的な工務店さんの社長さんの様に、不動産会社さんに営業廻りをするなんてやりません(笑)

そもそも、不動産屋さんからのお仕事はこちらからお断りをしています。

一般的な工務店さんの社長さんの様に、フランチャイズに入って、それを自社のオリジナル商品化するなんて真似は出来ません(笑)

フランチャイジーはどこでもやってるから、俺にとってはそんなのつまらん(笑)

他にも一般的な工務店さんと違うのは多々あるのだけど。

そんなやり方でも。

有り難い事に、依頼件数は十二分にある訳で。

それが中尾建築工房なのです。

と言う事で、ちょいと変わってる建築工房 創業の理由。

住宅業界の中では、異色の異端児に見えるかもしれませんが。

実はオーナー側にとっては、遠山の金さんなのかも。

しれませんですねぇ(笑)

日時:2017年1月19日 18:25

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。