鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

そこらではあまりお見かけしない|絶品のお魚ヒラソーダガツオ!

今年は本当に、相模湾上でカツオやマグロを釣りまくり!!

させて頂きました!

すでに私たち遊漁の船は、この釣りがお終いのシーズン。

でも、職業で漁師をされている方は、まだ湾内でお魚を追いかけているみたい。

で。

今回、ご紹介するのは。

買うと安い!

食べて旨いっ!!

そんなお魚のご紹介を。

このお魚、ソーダガツオってお魚になるのですが。

ヒラソーダとマルソーダ。

の。

二種類がいるんです。

私がお勧めしたいのは、ヒラソーダ。

sagamiwan-hira-so-da-katsuo.jpg

このお魚ね!

今年の私は、割と本ガツオばかりを釣っていたので。

あまりヒラソーダを釣る機会って〜のは、数えるほど。

なんで。

ヒラソーダが釣れた時には。

確実に晩御飯はヒラソーダのお刺身になります!

美味しい魚の中には、イワシとかサバなどの様に鮮度落ちが早い魚種も多いのですが。

このヒラソーダも同様でして、釣ったその日に食すなら。

絶品のお刺身となりまっす!

sagamiwan-hira-so-da-katsuo2.jpg


これがヒラソーダのお刺身画像になるのですが。

皮を上手に剝がせれば。

もれなく皮の近くにある白い脂が残ります。

赤身とはっきり分かれる位、白〜くなってますでしょ?

これがめちゃんこ旨いっ!!

身の方も当然、脂がのってますし。

しかも!

食べても、人間の体脂肪にはならない魚の脂です。

だから、美味しく無い訳が!!

無いんですね。

別名、トロソーダ(笑)

さらに。

本ガツオに比べて、価格も安いから。

あまり家計を気にせず、美味しい魚が食べれるんじゃ無いかって思います!

ちなみに美味しいだけじゃ無いんです。

本カツオも、ヒラソーダも。

鉄分がとっても豊富な魚ですから。

貧血気味の方には、もってこいの食材です。

寒がりで、家を建てるなら床暖房が欲しい〜!

なんて事を言ってるあ・な・た・!

カツオやヒラソーダをパクパク食べて。

体の新陳代謝を上げた方がよっぽどエコです(笑)

工事の際にかかる初期投資費用も、暖房をかける光熱費もかかりませんしね!

他にも、鬱っぽくなる方。

お肌が荒れてる方。

むくみっぽい方。

骨や歯が弱い方。

イライラMAXの方(笑)

これらの症状にも、がっつりと改善される成分が含まれてる魚ですから。

アレルギーが無い限り、食べない手は無いと思うのです。

強いて言うなら。

鮮度落ちが早いって事。

これね、私も色々と調べてみたんですけど。

簡単に説明すっとね。

鉄分が、とっても多いっしょ?

鮮度落ちも早いっしょ?

だから、時間が経つと。

鉄の味になっちゃうんです(笑)

さらに。

魚の旨味成分になるヒスチジン(アミノ酸)って成分がある訳だ。

これ、温度管理が適切でないと〜

ヒスチジン(アミノ酸)が、ヒスタミンに変わってしまうんですって。

そうすると。。

シーチキンの回収話みたいな事になる訳なのよね。

つまり。

適切な温度管理+消費をしましょう!

って事。

食べ切れない分の魚は、その日のうちに塩漬けにするか。

しっかり冷やしてその日のうちに、角煮などにしてしまえば。

ちゃんと美味しく、食べられる!

と言う事になるんですね。

ちなみに、ヒスタミンになってしまったら。
熱を入れ様が、何をしようが。

シーチキン回収♪

ってなりますから。

ヒスチジンの状態で、とっとと調理する事が一番かと。

100℃越えで3時間ほど熱しても。
ヒスタミンの一部しか壊れないのだそうですよ。

で、このヒラソーダ。

一体、どこで買えるのかって言うと。

鮮度落ちが早いから、この辺のスーパーでは。

なかなか、買えないと思います。

なんで。

佐島漁港の前にある魚屋さんであれば。

一般の方でも、買えまーす。


また、陸から釣ってみたい方は。

江ノ島の岩屋の方で釣れるみたいです。

でもね、私が言うのも何ですけど。。

魚は買った方が絶対安いですよ(笑)

と言う事で、そこらではあまりお見かけしない絶品のお魚ヒラソーダガツオ。

元々が鉄分豊富な魚な訳で。

赤身魚特有の、全身の筋肉に旨味成分が濃縮されてる訳で。

それが時間が経つと、鉄の味にもなる訳で。。

ここで結論!!

ヒラソーダ

明日食べると

鉄の味

そりゃそーだ(笑)

日時:2016年11月28日 18:40

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。