鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2016年8月 | 神奈川工務店TOP | 2016年10月»

葉山町長柄|緑と風の家お引き渡し⭐︎


2016年7月12日に葉山町長柄にて、緑と風の家をお引き渡しさせて頂きましたー⭐︎

hayama-nagae-k-ohikiwatashi.jpg

逗葉新道出口からは、その存在感がはっきりと伝わる威風堂々とした外観なのが特徴ですね。

こちらの御宅は、現場棟梁が上棟直後に脳梗塞になってしまい。

その後の現場は、よそから大工さんの応援をもらって施工するよりも。

中尾建築工房の棟梁達で施工を継続しないとなぁ。。

そんな思いがありまして。

何故なら、中尾建築工房の建物は複雑な部分が多々ありまして。

大工さんだったら、誰でも出来ると言う建物ではありません。

なので、予定している以上の日数分の家賃は中尾建築工房で保証させていただいて。

日数を頂きまして、小網代の現場に入っていた棟梁が終わり次第、現場に入ってもらう事になりました。

また、不思議な現場監督が消えてからというもの。

私が急遽、社長職と現場監督を兼任しまして、お引き渡しまでを段取りさせて頂きまして(笑)

普段は事務所に缶詰状態だったこの私。

久しぶりに現場で作業をしてくれている職人さんと、話が出来る機会も与えてもらった気がします。

この家は2Fリビングの大開口窓から見える眺望に特徴があります。

葉山の緑がとっても堪能出来る眺望があるんですよね!

2016年9月26日

秋の味覚を食べれる食堂|小坪ゆうき食堂さん☆


今日は逗子市桜山の上棟後の現場を見学したい!

そんなご要望が新規問い合わせの方からありまして、私は逗子に居りました。

現場では、中尾建築工房のこだわり部分を説明したりで1時間半ほどで終了。

見学者の方は、その後逗子海岸でお子さんを遊ばせてから帰るとの事でしたので。

私は私でお昼を食べてから事務所に戻る事にしました。

季節は秋です。

私が食べに行ったお店と言えば。

zushi-kotsubo-yuuki-shokudou-katsuo-aburidon.jpg

こちらの港のすぐ近く。

どこだか分かりますかね?

洋征丸さんや太郎丸さんのある港でございまーす!

今日は週末、どちらの船宿さんもおそらく満船で出船されたのだと思います。

両方とも、新しめの大型船にて出船してくれるので、人気のある船宿さんですからね!

ご興味ありましたら、是非!

2016年9月25日

本鵠沼の駅近な土地探し||果たして買っても良いものか?!


これは、リアルタイムなブログ記事!

昨日、私が不在だったのだけど、本鵠沼にて土地探しをされている方から連絡を頂いておりました。

なんでも週明けから販売が開始される物件が気になっているのだとか。

が、しかーし!

価格がとっても高い為、今一歩購入には踏み込めない。

この物件は買うべきではないんだろうな・・

と、思い込んでいるらしい。


そっか。

この土地が安ければ良いのだろうけど。。

今一つ、一歩踏み出せないみたいなんですね。

では、週末の湘南だけど、渋滞も半端無いけど。

いっちょ、本鵠沼まで行ってみますかねー!

と言う事で早速現地の物件を見に行きました。

んでね!

土地とはあんまり関係の無い話なのだけど、今日の私は相当ミラクル!

朝、フェイスブック友達の方から、小坪トンネルのところで土砂崩壊があって。

R134は通行止めらしいとの情報を頂きました。

何〜!!

海側封鎖だったら、迂回ルートになる山側もおそらく混むだろう。

と言う事で私は相当大きく迂回をしまして。

hujisawashi-honkugenuma-tochi-shisatsu.jpg

横浜新道をルートに選択して、途中から裏道を走って藤沢入りする事に。

どうもテンション上がった時、私は運転中に左足が立ってしまう様だ(笑)


急遽な土砂崩壊だったせいもあってか、ニュースやSNSではとにかく道は混んでる〜

みたいな話でしたけど。。

2016年9月24日

2016年相模湾キハダマグロ釣り|俺のマグロはサメにはやらねぇ!電気ショッカー改良バージョン☆


だいぶ風も涼しくなって来ましたが、相も変わらず海へと出船中。

ま、何匹釣っても、あの感覚はとっても楽しいですから、なぜか港に足が向いてしまいます。

けれども、9月に入ってからというもの、私の竿が海面に突き刺さる事はほとんど無く(笑)

カツオの仕掛けでは無く、マグロの仕掛けで挑んでいるせいもあるのか。

喰ったっ!

と思っても。。

なぜかマグロの仕掛けにカツオが喰っちゃったり・・・

私が狙っている、肝心なデカいマグロが今シーズンは未だ釣れず。

そしてまた、沖合の洋上で吠え放つ一言!

「お前じゃないんだよ〜、俺が狙ってんのはよぉ〜!(語尾上げの三崎弁調)」

そして同船されている方からは、大笑いされ何故か船上は大いに盛り上がる(笑)

そんな状態で台風続き。

一体いつになったら、マイ電気ショッカーを使うのか?!

そんな事もありましてね。

たまたまお隣の方が喰わせた時に、ショッカーを投入する機会があったんです。

ショッカーを使う理由は、少しでも早くマグロを取り込み見たいから。

モタモタしてると、せっかく掛けたマグロもね。


denki-shokker-sagamiwan-maguro.jpg

2016年9月22日

三浦市小網代|猫の間空間の家お引き渡し☆


2016年8月4日に三浦市小網代にて、猫の間空間の家をお引き渡しさせて頂きましたー☆

こちらのお宅は、中尾建築工房で家を建てた三浦市在住オーナー様からのご紹介!

そこから家造りが始まりました!

年々、ご紹介を頂くケースは増え続けているのですが。。

良い面はさらに良く。

悪い面は改正していく。

地道なのではありますが、何をするにしても。

う〜ん、やっぱり継続する事が大事なんでしょうね!

ありがたい事だと思います!

さらに猫の間オーナーご主人様は、私の母校である三高(通称はさんこう。正式には神奈川県立三崎高校)出身!

私は個人的に色々な都合がありまして、途中で学校は辞めちゃいましたけど。。

まぁ、一応は在籍してたっつ〜事で(笑)

そんなつながりがあるのも、狭い町の三浦半島独特の出会いなんですよねー☆

で!

中尾建築工房の建てる家と言えば。

もう、かれこれ10年以上も前からジブン•Style!☆

と言うネーミングを付けて活動をして来ました。

木軸のフレーム自体は、元々大工の棟梁だった私が一押しするフレームだったり、工法だったり。

ここはちょっと私の意見を聞いて欲しいので、この辺りは変えられない。

リアルの現場で見て来た事で、何をどうすれば良いのか。

何をどうすれば駄目なのか。

それが分かってるからね。

でも外観だったり、内観に関しては。

ど〜ぞ、お好きな様に〜と言う形。

たま〜に、立地によっては。

これとこれも併用しておいた方がいいよとか言う事はあったりするけど。

プロとしての意見はしっかり伝えて。

そして自分らしいオンリー1の家を建てて頂きたいと言う考えなんですね。

ではでは、9月26日発売の湘南スタイルマガジン内、湘南家造り相談室にも掲載される猫の間の家とはぁ〜

miurashi-misaki-koajiro-k-ohikiwatashi.jpg

と言わんばかりに、和な感じの家になりまーす。

この前更新した葉山の家とは全然違うっしょ〜!

これがいわゆるオーナーさんの個性になります。

いぶし銀の屋根瓦。

外壁には、外壁専用の聚楽壁!

まさに抹茶色と言えば、しっくりと来ますね!

そしてバルコニーの手すりには、岩手県産材唐松の縦格子。

ロングスパンの庇に関しては、すべて抹茶色にするとボケてしまうので、スリットを入れる意味合いもあってですね。

ホワイトを入れて、建物全体がボケない様にしています!

で。

和の家って言うのはさ。

お金を掛ければ、いくらだって際限なく掛かってしまうんです。

お寺みたいに垂木が剥き出しにしたり。


二重垂木なんかすれば、さらに倍以上のコストも掛かる。

日本建築とか数寄屋建築では、扱う素材が何しろ高級だし。

木材のグレードで言えば、最高級クラスしか使わない。

こ〜んな庇をオーナーのリクエストによって、私自ら造った事があるのだけど。

たったこれだけの庇にしたって、材料だけでも40〜50万円ほど掛かっちゃいますからね。

家一軒分、丸ごとやったら、積もり積もって大変な額面に成ってしまうのです。

材料高いと、手間もやっぱりかかってしまうからね・・

でも、そこまでコストを掛けなくたって。

和な感じの家は建てられますから。

立地と風土を考えると、この方法が一番良かったのだと思っておりまーす!

2016年9月21日

葉山町堀内|ビルトインガレージのある家お引き渡し☆


2016年7月23日に葉山町堀内にて、ビルトインガレージのある家をお引き渡しさせて頂きました!

hayamamachi-horiuchi-sumi-ohikiwatashi.jpg

2F建てでの建築確認申請でしたが、この家の高さは。。

まるで3F建てよりも高いプランニング!

土地を購入されてからというもの、どの様なプランニングをお望みなのかを伺いました。

やはり葉山だけに、素晴らしい景観を得られる可能性があるなら!

という事で、高所作業車を持ち込んで、高さを確認した後にプランニングが始まったのです。

今年の葉山の花火大会では、しっかりとルーフバルコニーを利用して、ご家族で花火を堪能されたみたいでした!

なんでそんな事を私が知ってるかって言うと。。

実は私も花火大会のお誘いを受けまして、浜辺で花火を見てたんです(笑)

その帰りに、ご主人様がバルコニーでの片付けモノをしていたのを見ていたので、知ってる訳なんですね!

そりゃ、使いたくなるよねー。

ハイルーフバルコニー最高っ!!

って感じだったと思います。

こちらのビルトインガレージのある家は、ガレージにもコストが掛かるし、比較的背丈の高い建物を建てる事になりましたので、そっちでもコストが掛かる。

なので、コスト調整をどこで行うか?!

と検討しておりました。

しかも奥様のお父様は、大工さん。

そりゃー造作関係やら、なんやらやってもらったり。

内装仕上げの天井や壁に塗り込む珪藻土は、オーナーご自身で積極的に作業をして頂いたり。

デカ過ぎの家でもあるから、そりゃ大変な労力だったかもしれませんけど。

おかげでキレイな空気を感じる事が出来る家が建ったのだと思います!

自然素材の家独特の空気感は、最高の癒しになるかと思いますよー

と言う事で、無事お引き渡しは終える事が出来たのですが。。

ガレージ側の外観はこんな感じ。

2016年9月20日

横浜市金沢区|青ヒバで癒される穏やかな家上棟☆


さ〜てと、だいぶたまったブログネタ(笑)

遡っての更新をさせて頂きまーす!

2016年6月17日、建築吉日執(とる)の日に、横浜市金沢区にて『青ヒバで癒される穏やかな家』が上棟しましたっ!

yokohamashi-kanazawaku-k-jyoutou.jpg

青ヒバって言うのは、青森ひばの事ね!

こちらは設計担当瀬戸がおうちの名前を命名!

このお宅は市街化調整区域内での建築行為になるのですが。。

まず、市街化区域内でも市街化調整区域内の何れにしても、家を建てる為には確認申請を提出します。

で、確認済証が下りない限り着工する事は出来ません。

市街化区域内であれば、よほどの事がない限り確認済みは割とスムーズに降りるのですが。。

今回の市街化調整区域内での建築行為の許可を頂く為には。。


横浜市建築局建築道路課

横浜市建築局宅地審査部調整区域課

横浜市農業委員会

神奈川県金沢土木事務所

横浜市環境創造局公園緑地課

関東財務局横浜財務事務所第二統括国有財産管理課

といったお上の許可をいただいた上で、建築の許可を頂いた現場になります。

ま〜、私も当初は建つか建たないかを確認する意味合いで、建築局と農業委員会には事前相談に行ってましたが。。

建つは建つのだけど、山積みの問題が多いものですから。

まず、建築確認が降りただけでも、思わずほっとしてしまうのです!

許可が降りさえすれば、あとは施工するだけですからね。

で。

2016年9月12日