鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

2016年相模湾キハダマグロ釣り|応援のステンドグラスを頂きました!

私の沖釣り趣味は、ほぼほぼ東京湾内の釣り物が多いのです。

なぜなら東京湾内は、色んな釣り物が数あれど。

どの魚に関しても、実にテクニカルな漁場であると言えるでしょう。

さらに。

釣れる魚は、美味しい魚ばかりが楽しめるからなのです。

ところが一昨年から、相模湾にも私は出向く様になりました。

狙うは、キハダマグロ(30kgオーバー)!!

ここ数年、相模湾にはキハダマグロが湾内に回遊しています。

そのキハダマグロを釣る為に、夏から秋に掛けては、がっつり相模湾に通う事になりました。

ところがキハダマグロ、釣り自体がギャンブルと言われたりする釣り物な上に、魚を掛けても天敵が居らっしゃるのです。

sagamiwan-kihadamaguro-ouen-sutendo.jpg


コヤツのせいで、せっかく30kgオーバーのマグロを掛けても、途中でサメの餌になってしまうのです。

だから、最初はマグロの引きだとしても、ガタガタッ、ブルブルっとなった瞬間。。


ただ、重たいだけのサメに魚が変ってしまったりするんですね。

このサメ、実はとっても頭が良いんです。

普段は動きの早いマグロを捕まえるのは、自分の相当な労力を使わなければならないと知っています。

だから、釣られて弱っているマグロだったら。

ぱっくりと食らいつく事が出来ると知ってるんですね。

ひどい時は、マグロの数よりもサメの数が多い時なんてありますから。

それこそ水面まで残り50mになったら。

ひたすらサメにやられない様、巻き上げないとなりません。

そんな事もありまして、二年連続30kgオーバーのマグロは揚げておりません。

カツオやメボウ(キハダの子供)なら数釣ってますけど、肝心のマグロはまだまだ。

そこで、こんなプレゼントを頂きました!

マグロのステンドグラスです!


sagamiwan-kihadamaguro-ouen-sutendo2.jpg

これ、造るのは結構手間暇掛かってますよね・・

このステンドグラス、中尾建築工房で家を建てたオーナー奥様からのオリジナルな戴き物でして。

しかも手造り!

アップすると、こんな感じ!

sagamiwan-kihadamaguro-ouen-sutendo3.jpg


こんなプライスレスなモノを頂いてしまったので。

今年はなんとしても、相模湾のキハダマグロと呼べる魚を釣り上げないとなりません。

優しい癒し系船長と女将さんの居る洋征丸さんに行くか。。


それともアダルトチルドレン丸出しのたいぞう丸の絶叫男、山ちゃん船に乗るのか。。


いずれにしても、相模湾のキハダマグロを釣り揚げるべく、手を尽くしたいと思います!

ちなみに。

ステンドグラスのブログ記事を書くのに。

頂いたオーナー奥様には、こんなメッセージのやりとりがありました。


『マグロのステンドブログネタは、顔画像にモザイクとか必要ですか? 要らないならそのままアップしますけど。。』

オーナー奥様
『アイドルだから、モザイク掛けといてよ~(^w^)』


『と言う事はモザイクは要らないって事で良いんですよね?』

オーナー奥様
『美人にモザイクかけてよ~』

なのだそうです(笑)

これでよろしいでしょうか?(笑)

でも、先に言っておきますね。

釣りたいのはキハダマグロ。

食べたいのは、ホンガツオ。

これ、釣り人の間では共通意識になっておりますので。

秋口のホンガツオなんて食べたら。

おそらく他のカツオは食べれなくなってしまうかもしれませんね!


と言う事で、プライベート丸出しの中尾建築工房(笑)

夏の私は絶好調で☆

相模湾の大海原に突撃したいと思います!!

今年こそはなにがなんでも獲りたいから、マイ電気ショッカー持参で行ってやろうかなぁ・・


応援のお手製ステンドグラス、ありがとうございました!

日時:2016年4月14日 22:25

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。