鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

葉山町堀内|オーナー様宅に見学をさせて頂きました☆

つい先日、中尾建築工房で家を建てた葉山のオーナー様宅に、スタッフと逗子にて設計中の方とで見学をさせて頂きました。

ホントは私が一緒に行くはずだったのですが、水没させてしまったスマートフォンのスケジューラー。

なんと、同期が追いついていなくて予定がダブルブッキング・・

なので設計スタッフに変わりに行ってもらう事にしたのです。

なんの為に見学をさせて頂いたかと言いますと、中尾建築工房の10mハイルーフを体感する為なんですね。

10mハイルーフの家は、普通の2F建ての屋根部分にルーフバルコニーがあるのではありません。

地盤面から10mの部分にルーフバルコニーの手摺高さとなります。

つまり、普通のルーフバルコニーと比べて、高さが段違いにあるのです。

そうすると、高さもある事から階段が二つほど多くなってしまう高さになるのですが、そのイメージが一般の方にはなかなか伝わりません。

であれば。

実際に10mハイルーフで建てた家を見学させて頂いた方が早いよね!

って事で、オーナー様宅へとアポ入れさせて頂いたんです。

hayama-horiuchi-hikiyose-kengaku-roof.jpg

こちらは葉山の引き寄せの家になります。

シンボルとなる10mハイルーフに上がって頂くと、イメージが湧いた様ですね。

『あっ、江ノ島が見える〜♡』なんて感じだったんだと思います(笑)

そうなのよねー、それをこの場所で見たいからこそ、こちらの引き寄せの家は鼻血出しまくった訳ですからね(笑)

この家は、周囲でもかなり目立つ家なんです。

夜になると、ライティングリフレクターが活躍するので、ボワンと美しい間接照明が楽しめてしまったりとか。

そんな10mハイルーフを体感して頂いて、高さ関係はおそらく掴んでいただいたのではないかと思います。

そ・し・て・


hayama-horiuchi-hikiyose-kengaku-roof2.jpg

やっぱり見せてもらっちゃったんですね(笑)

これ、便利なんですよねー。

国産モノと比較すれば明確なのだけど、とにかく洗える食器の量が段違いなんです。

これなら家事も楽ちんですよねー

hayama-horiuchi-hikiyose-kengaku-roof3.jpg

食器も収納としては量があるのですが、このキッチンの良さと言えば金具と基材だと私は思ってる。

これだけ収納をしても、動作に不具合が無いのは、金具と基材のおかげ。

だからこそたくさん収納したって、スムーズ開閉が出来ると言う訳なんですね。

安モノの金具だったら、絶対にこれはあり得ないですから。


hayama-horiuchi-hikiyose-kengaku-roof4.jpg

引き寄せオーナー奥様は、きっちり屋さんですから収納もきちんとされておりますね(笑)

これだけしっかりと分別されているので、調理も楽しくなってしまうんでしょう!

hayama-horiuchi-hikiyose-kengaku-roof5.jpg

こうして色々と見学させて頂くお礼に、私がプライベート釣行で仕入れたドラゴン級のタチウオと、タチウオの粕漬けをお土産にさせて頂きました!

こんな感じで実際に生活が始まっている家が見れるのって、これから建てる方にとってはとっても参考になるかと思うんです。

展示場よりもリアルですものね!

お忙しい中、お時間頂いた引き寄せオーナー奥様、ありがとうございましたー☆

日時:2016年3月15日 20:50

コメント(2)

おれも太刀魚食いたいっす。
訳あってしばらく釣りが出来ないものですから~


A山さん⭐️

なに?

なんかあったの?

もしかして、単身赴任とか・・


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。