鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

横須賀市長沢|着工前の模型完成☆

住宅業界って、最初は複数候補のハウスメーカーさんや工務店さんに声掛けをして、それぞれプランしてもらうって傾向があります。

そのファーストプランがあって、見積書があって、それらに付帯する標準仕様と言うモノがあって、その段階でどこそこの会社に依頼を決めて、まずは契約を行います。

家はとっても高い買い物。

うすっぺらい見積書に標準仕様書。
そして小さい画の様なファーストプラン。

それで全てを理解するのは、初めて家を建てる方にとって、おそらく至難の業になるでしょう。

そしてその後、打ち合わせを詰めていくと、工務店側と施主側での思い込みが違いますから変更、変更、追加〜、追加〜ってなる。。

つまり、当初予定していた金額面を超える場合が多いのです。

これって、あんまり良い風習では無いですよねぇ・・

実は私も自分自身が結婚式の時に、大幅な追加料金を式場に支払った経緯がありました。

その時、とっても嫌な思いをしたんですね。

たしか契約した当初は250万円だった結婚式代が、打ち合わせを終えて全て決まった段階では。。

なぜか430万円・・・

もう、顔面引きつるかと言う思いで支払った事を覚えています(笑)

僕の場合は結婚式だったから百数十万円の単位。


けど、住宅の場合、その◯の単位や額面の差がとっても大きく増えていきます。

なので、私達の場合は最初に要望を吸い上げて、そして一番最初は予算を超えるプランニングを書いたりします。

そして見積も出てきて、おそらくたいていの場合は鼻血が出るんじゃないかって位、たっかい見積額になる(笑)

けど、そこから資金計画ピッタリにあわせたい人は、合わせる為の擦り合わせが出来ますし、ちょこっと予算オーバーだけど『これがこの位の金額で出来るなら・・』と言う方も居らっしゃいます。

そして最終的にも、これで問題無いですね?!とこちらが確認させて頂いた段階で。。

建築確認申請を出したり〜

お題にあります通りの模型を作成したりします!

この段階まで到達すると、結構楽しくなるんですよね。

yokosukashi-nagasawa-k-umimae-mokei.jpg

これは国道134号線の道路側から見る外観。。
緑色のテープは、仮固定する為に付けているモノ。
模型自体は1Fも2Fも外して見れる様になっているので、建物を想像し易いのが特徴。


yokosukashi-nagasawa-k-umimae-mokei2.jpg

こっちは長沢駅入口から見る外観になります。

敷地に対して建物がパッツンと言っていい位、大きな建物なんですよね。。

yokosukashi-nagasawa-k-umimae-mokei3.jpg

上から見ると、こ〜んな感じ。

充分おうちの大きさがでっかい事が証明されております(笑)

こちらのお宅は、国道沿いに建つ建物で、建築確認申請上では工場兼用住宅となります。

中尾建築工房でプランニングされたオーナー独自のジブンStyle☆な家が、また一棟着工を迎える段階に入って参りました!

この家、相当目立つと思いますよー☆

まー、まー、やっちゃってるオーナーさんですよねぇ・・・

日時:2015年12月 7日 19:33

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。