鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2015年6月 | 神奈川工務店TOP | 2015年8月»

三浦市南下浦『Miura Sea Life!!』に樹木が植わりました!


今日も、とっても暑い一日でした。

中尾建築工房の各新築現場では、たくさんの職人さんが汗だくなって、作業に専念してくれています。

今日みたいな時期に職人さんと会うと、とにかく日に焼けている人ばかり。

私も色黒になるシーズンですけど、現場の職人さんも暑さとの戦いはホント大変。。

この暑い中でも、作業に専念してくれる良い職人さん達に支えられて、中尾建築工房はとっても幸せな工務店だと思います。

さて、明後日に引き渡しを予定している『Miura Sea Life!!』から、作業を終えて事務所に立寄ってくれた造園職人さん。

キレイな画像を撮影して来てくれましたので、アップしたいと思います。


miura-sea-life-jyumoku.jpg

造園職人さん一押しなオリーブです!

キレイに植えて頂いたので、廻りの真っ白な漆喰と相まってますね!

この季節は造りこんだ建築物のみだと、とっ〜ても暑い感じがしますが、こうやって少しでも緑が入るとね。

私は和むな〜って思います。

明後日の引き渡しがとっても楽しみですねぇ。。

そして帰ろうとする造園職人さんと一緒に事務所下に降りて行くと。。

2015年7月31日

葉山の進行中建築現場に寄ってみました!


夏ですねー!

夏になると、私は事務所前の散水をしてから仕事を始めます。

中尾建築工房の事務所は西側が入り口になっておりまして、水を撒いておくと午前中は涼しく感じられるんですよね。

夏は特の特に思うのですが、やっぱり緑って大事です。

山や木々の緑があるから、日差しも遮れたりするし、マイナスイオンもたっぷり出してくれてるし。

夏の葉山に行くと、他の地域に比べて緑も多いから、涼しさを感じられるのも有難いって思います!

さて、そんな葉山の新築現場の中で、堀内にある現場に訪れてみました。

hayama-horiuchu-sinkouchu-genba-nonben.jpg

外装下地検査前の段階ですね。

この家は外壁に天然素材の漆喰を塗る仕上げになるのですが、これから杉のザラ板を隙間を開けて全面に貼りこんでいき、そのザラ板下地にモルタル下地を二回塗ってから、漆喰で仕上げていきます。

手間暇は掛かるのだけど、やっぱりこだわりの注文住宅な訳です。
構造用合板下地に塗るよりは、絶対長持ちしますので、ここは抜けない所かなぁ・・・

構造用合板に直接外壁を塗りこんでいくと、壁体内結露の原因になりかねないんです。
仮に結露してしまった場合、構造にも直接影響が出てしまうのでコストダウンにはなってもデメリットの方が高いんですよね。。
なんで、手間でもなんでも空気層を外壁下地に造るのは、家にとってはとっても良い事。


それにしても、ここ最近は土地売り物件が少なくなった葉山。

ここは元々一つだった大きめの土地。

その土地を三区画に分譲された土地になります。

すでに三区画中、二区画の方は建物も完成して、最後の残り一棟が中尾建築工房。

道も狭くて駐車スペースに限りがあるのですが、近隣の地主の方が駐車場を貸してくれますので、とっても助かってしまいます。

こちらの家は、外観が大きな二重の片流れ屋根になっておりまして、三区画の建物の中では一番大きいサイズ。

基礎工事の時には『なんだか家が小さい!』って言われる方も居らっしゃった様なのですが、建つと全然デカイかと思います!

2015年7月30日

海前の家造りを請負う一級建築士事務所+工務店の日常


主に湘南や三浦半島での建築設計や施工を行っている中尾建築工房。

日々、様々なオーナー様のジブン・Style☆な家造りのお手伝いをさせて頂いておりますが、なにしろ海前、海見えの家を注文される事がとっても多いのです。

三浦半島自体が海に囲まれているって事もあるんでしょうけど、とにかく海前、海見え案件は切れた事がありません。

なのでどこかの現場に行ってみよーと思ったりすると、必ず中尾建築工房の建てた家を通過したりするんですよね。

例えば横須賀市野比の海見えの家は。。


umimae-umimie-ie-kenchiku.jpg

軒を無くしてすっきりとさせた外観は、落ち着きのある色合い&セランガンバツで造作したハイデッキとハイルーバー
すでにお引き渡しは済ませているのですが、ブログにはまだアップしておりません。
ちょっと奥様の出産があったりするので、落ち着いてからアップしようかなぁなんて思っておりました(笑)

この家は『女性建築家の建てる家』ですね。

オーナー奥様が都内の一級建築士事務所にお勤めの方でして、中尾建築工房と共に設計&デザイン、そして施工までを請け負った家になってます!

この家は駄目出し、結構言ったなぁ(笑)
その分、結構楽しめた家でもあります!

さてと、今度は本命の引き渡し前現場へ

2015年7月29日

葉山鐙摺漁港前|あぶずり食堂さん


葉山にある港の一つで鐙摺(あぶずり)漁港と言う港があります。

鐙摺漁港と言えば、私が昨年から相模湾のキハダマグロ釣りでお世話になった船宿さんがある港。

hayama-abuzuri-shokudou.jpg

港の雰囲気は、こんな感じね。

鐙摺漁港は釣り船も盛んなのですが、港の前では大学生がヨットの練習をしてたりするのも有名でして、逗子海岸からたくさんのヨットが見えるのが、夏の風物詩にもなっているくらいです。

今回ご紹介するのが、そんな漁港前にあるあぶずり食堂さん。


hayama-abuzuri-shokudou2.jpg

海っぺりの町にあるでしょ〜

港の前でしょ〜

漁師も食べに来てるでしょ〜


この食堂ならではの、私が頂くご飯と言えば!

2015年7月28日

葉山町一色|湘南スタイル的海見えの土地探し


さて、久々に工務店ブログ更新(笑)

昨日は超暑かった一日だったのですが、皆さん倒れてしまった方など居らっしゃらないでしょうか?

私はと言うと、午前中は資料造りをしてまして、午後からは7年ほど前に中尾建築工房で家を建てた三浦のオーナー様と、事務所でべちゃくちゃ談義しておりました(笑)

決してサボっている訳ではないですよー

で、中尾建築工房で家を建てる方って、どのタイミングで訪れていただくかって言うと2パータンがあるんです。

すでに土地を購入済で、ビルダー探しをされている方

まだ土地は未購入で、中尾建築工房で家を建てると決めて土地探しをされている方

どちらが多いかと言うと、おそらく後者の方が多いかもしれませんね。


私が常日頃から『土地購入で失敗してしまっていると、後々どうにもならないですよー』と言い続けてきているから、その様なタイミングでお越しになられる方が多いのかと。

そんな昨日の朝、中尾建築工房で家を建てようとしていて、土地探しをされている方から電話があったのです。

数週間ぶりだっけかな〜なんて電話に出ると、こんな会話が始まりました。

土地探し中の方
『実は今、沖縄に居るんですけど、後10分15分で飛行機に乗るんです。
で、葉山の一色に良い物件があるって連絡をもらったんで、今日の夕方に見に行こうと思ってるんですけど、中尾さん都合ってどうですか?』



『。。。( ̄△ ̄;)

沖縄から帰ってきて、いきなり物件見に・・・行く。。の?
俺はぁ。。行けるけどさぁ・・・』

今まで沖縄から電話して来た人、確かに居るっちゃ居るけど、シーサー造ってもらいに行ってた、たま旦那さん位だもんなぁ・・
土地探し中に沖縄行って、そこから帰ってきて土地を見に行くなんてアクティブな方は、おそらく初めてだと思うんだよな・・・


なんて話になりまして、夕方に現地待ち合わせをしまして、物件の視察をする事にしたのです。

この物件は葉山一色の中でも、海が見える一色です。

海が見えるであろう物件で、かつ既存家屋も残っている。

と言う事は、二連のハシゴを持って行ってしまった方が、景色を確認出来るであろうと思ったんですね。


hayama-isshi-n-tochisagashi-umimie.jpg

屋根に上がると、がっつりと塩害の爪跡が残っています。
屋根の上に白っぽいまだらな跡がありますでしょ?
これ、海から風に乗って運ばれてきた潮の跡なんです。

ちょうど良いから説明すると、リフォームとかで屋根が汚いから、塗装しませんかって営業をもらう方が居るかと思います。
この屋根はカラーベストとかコロニアルって屋根なのですが、見て分かる通り、とっても薄い材料です。
こんだけ太陽の陽を浴びて、経年劣化していれば、板も容易に割れやすくなってますので、耐久性は低下しているどころの騒ぎではございません。
現に私が乗って、数カ所は板が割れましたから、塗装屋さんが屋根に上がって塗装作業をすれば、板はさらに割れるって事。
なので見た目を気にされるなら、貼り替え作業を。
見た目気にしないのであれば、そのまんまがMASTなんですねー。

リフォーム業者さん、ごめんなさいね・・お仕事の邪魔しちゃって・・
でもホントの事だから、言っちゃいました(笑)


で、本題の海見えの景色はどんなモノなのでしょう。。


2015年7月27日

アダルトチルドレン|私の場合Ⅵ(FINAL)


自然素材に包まれた良い家を建てれば、快適で良い暮らしが出来るのか?

実はそうとも限りません。

やはりメンタル的にも、健全で居られた方が、より良く快適な生活を過ごせると言うモノです。

頑張り過ぎていたり、本当にやりたい事をやれなかったり。
自分自身が限界なのにも関わらず、気が付かない方がとても多いんです。

事実私だって、そんなん全然分かってませんでしたから(笑)

と言う事で、中尾建築工房のブログは、ジャンルで言えば工務店ブログ。

けど、家造りをされる方にもちょっとした気付きが得られる様に、アダルトチルドレンの知識を分かりやすーくご紹介していきましょう!


前回はアダルトチルドレン特有のトラウマが連鎖してしまう世代間連鎖の事を書きました。

自分だけならまだしも、自身の子どもたちにまでキツい生活を押し付けるのは、さすがによろしい事ではないかと思います。

親が変われば、子供も変わります。

子供がなぜか元気が無かったり、シュンとしてたりした場合、まずはその子供を対象にするのではなくて、親が自分自身に向き合う事で、自分自身の事を知り、自分自身を変える事で、子供は回復して行きますから。

ここで私の知ってる一番の即効薬は、親が自分の人生を楽しく過ごす事。

特に母親の場合はこれが多いかもしれません。
母親は家庭を守って子供を育てなければならないと言う意識があると思うんです。
これがとってもストレスになりやすくて、よろしい事ではないんですね。

そんなの甘えだ!

親世代はそんな甘えた事していなかった!

もしもこう思われる方が居らっしゃるのであれば、これははっきり言って逆効果&ナンセンスなんです。

むしろ、母親が炊事、洗濯、掃除、子育ての全てを放棄してしまう位の勢いで、自分自身が喜ぶ事をしてみましょう。

そうすると母親には笑顔が出ます。

子供は敏感ですから、ホントの笑顔と造った笑顔くらいは簡単に見抜けます。
そんな笑顔で子供に接してあげると、子供だって嬉しくなるんです。

そんな理由があったりしますから、奥様がつらそうな時にはご主人は時間を造ってもらって、子供の面倒を見るなりして、奥様のやりたい放題にしてもらうと良いですよね。

そして今度は父親の方ですが。。

割りと父親って、男子たるもの、仕事に生きるのが当たり前的な風潮があると思います。
ここではお子さんが娘さんに限っての話をしたいと思います。
娘さんがある程度の年齡になると、洗濯物を一緒に洗わないでと拒絶されるなんて話も聞いた事がありませんか?

これね、父親はおそらく気付けないと思うのですが、仕事に行っている間って、子供とは接する事が出来ないんです。
だから帰宅してからとか、休日のみとか子供と遊んだりしますよね。

確かに仕事してこないとお金が稼げませんから、当たり前と言えば当たり前。

でも、子供からすれば、そんなのたいした理由になりません。

ホントはお父さんと遊びたいけど、お父さん居ない。。

この現実がある時点で、娘さんはお父さんと遊びたい気持ちを押さえる事につながります。

さらに普段はほわーんとして、やさしい父親がお酒を呑んだら豹変してしまうケースもありますよね。

これがアダルトチルドレンの典型例でACOAと言われるタイプです。

アダルトチルドレンは大雑把に二種類あって、ACOAとACODの2つの家庭環境にあったりします。
今時はだいたい、両方混じってるケースが多いと思いますけど、知りたい方は検索してみてね。

では、なぜそんな事、そんな程度でアダルトチルドレンになってしまうのかって〜と。。

adult-children6.jpg

例えば4人家族だったとしましょう。

人間は生まれた時から、100%母親に依存をしないと生きてはいけません。
けれども馬や牛などの生き物は、産まれてすぐに自分の脚で立とうとします。
それを親が見守る訳ですが、人間の場合はさすがに自分の脚で立てたりする事が出来ません。
その代わりにゆっくりと成長して、高度でかつ繊細な知能が発達して行きます。

動物と人間ではこういった部分に大きな差があるんですね。
だから息子も娘も幼少の頃はとにかく母親に依存して甘えるのです。。

ところが・・・


2015年7月26日

アダルトチルドレン|私の場合Ⅴ


自然素材に包まれた良い家を建てれば、快適で良い暮らしが出来るのか?

実はそうとも限りません。

やはりメンタル的にも、健全で居られた方が、より良く快適な生活を過ごせると言うモノです。

頑張り過ぎていたり、本当にやりたい事をやれなかったり。
自分自身が限界なのにも関わらず、気が付かない方がとても多いんです。

事実私だって、そんなん全然分かってませんでしたから(笑)

と言う事で、中尾建築工房のブログは、ジャンルで言えば工務店ブログ。

けど、家造りをされる方にもちょっとした気付きが得られる様に、アダルトチルドレンの知識を分かりやすーくご紹介していきましょう!


前回は私が自分自身に向き合う事で、とても楽になれたと言う所までを書きました。

正直言って、自分自身に向き合うのって、男女を問わず、なかなかビビったりするものです。

けれども、その状況がそのまま続くと、どう言う事に繋がるか?

実は世代間連鎖と言って、親から子、子から孫、孫からひ孫と言う順序で連鎖をして行きます。

adult-children4.jpg

2015年7月25日

アダルトチルドレン|私の場合Ⅳ


自然素材に包まれた良い家を建てれば、快適で良い暮らしが出来るのか?

実はそうとも限りません。

やはりメンタル的にも、健全で居られた方が、より良く快適な生活を過ごせると言うモノです。

頑張り過ぎていたり、本当にやりたい事をやれなかったり。
自分自身が限界なのにも関わらず、気が付かない方がとても多いんです。

事実私だって、そんなん全然分かってませんでしたから(笑)

と言う事で、中尾建築工房のブログは、ジャンルで言えば工務店ブログ。

けど、家造りをされる方にもちょっとした気付きが得られる様に、アダルトチルドレンの知識を分かりやすーくご紹介していきましょう!


前回は私が大工修行を経て、独立する前に背負った大怪我の事を書きました。

当初、私が駆け込んだ病院はヨゼフ病院と言う地域の病院。
そこで手術するのは難しいと予想される難易度だったらしいのですが、看護婦さんは問答無用で私の頭にバリカンを入れました。

『頚椎圧迫骨折の場合は、頭坊主にしないと駄目だからね!』

まぁ、そんな事言われれば、私は四の五の言えませんけどねと思いながら、手術の日程が決まるのを入院して待ちます。

そしたら翌日、ヨゼフ病院では出来ない手術だと判断され、私はそのまま横浜市大に転院となりました。

人生初の救急車での移動だったと思います。

そして市大に到着するやいなや『中尾さん、なんで坊主頭なんですか?』と看護婦さんに言われました。

私はヨゼフ病院での看護婦さんとのやりとりを説明したら『頚椎圧迫骨折の場合は、髪の毛なんて関係無いですよ。。』

マジかよー!と思っても、まぁ今更な訳です。

そして手術をし、リハビリをし、右半身麻痺はまさかの如く無くなりました。

そして首の骨も安定して、現場事故から4ヶ月経過した後に私は予定通りに独立をします。

独立をすると、少しはゆっくりやるかと言えば、そうでもありません。

最初からガンガン飛ばして仕事を請けたり、こなしたりしてました。

当時、大工の親方たるもの、作業場はドンドン縮小した方が良いと言う考えの所、私は真逆にでっか目の作業を建てました。

それが今の中尾建築工房の事務所になっています。

しばらくは下請け仕事をして安定して来たら、自分の好きな無垢材だけで仕事すると決めていました。

高価な材料がほとんどだし、土地は自分で購入したけど、作業場を建てたり、チラシ広告を造ったり、イベントやるなんて事で銀行さんからも融資を受けていました。

なんでもかんでもノリで行ってしまうタイプだった為、毎月の支払も高額。

それでも自分の好きな仕事が出来る事が嬉しかった私は、昼は現場、現場が終わったらとにかく夜遅くまで作業場にこもって作業をしてました。

当時は大工3年目や5年目の子達も雇っていたため、彼らの仕事を造るべく、見積もりを造るにも家に帰宅してから夜中に作業をしていたのです。

そんな時、また怪我をする事になりました。

右手では見積もりの計算をしながら、左手ではカンナ仕上げをする機械に木材を入れたいたのです。

その時、左手に大きな衝撃が加わりました。

左手の人差し指が、機械に巻かれてしまいました・・・

なので私の左手人差し指は、爪から先の部分がありません・・


この時も『なんでこんなに頑張ってるのに、俺だけがこんな事になるんだ・・』そう思っていました。

けど、泣き言を言ってる場合ではないので、病院に行って治療してもらった後は、そのまま現場でリフォーム現場の軒の天井を貼っていたのです。

そして下請けの大工親方で仕事を続けると、私がやりたかった無垢材の仕事はほとんど出来ません。

仕事を頂いていた元請けさんには、全ての仕事は今後出来ませんと告げて、やりたい事を出来る環境造りに徹する様になりました。

そして仕事もぼちぼちと入って来て、本格的に元請けとして活動出来る様になった36才の頃に結婚。


元々は40歳まではガッツリ仕事をして、それまでは結婚しないと決めてたのです

特に贅沢がしたい訳でもなく、やりたい仕事をして結婚も出来た。

『やっとここまで来たんだな〜』と思いつつ、何年もの時間が経過したのです。

そしてある事がきっかけで、私はアダルトチルドレンと言うモノを知りました。

最初はそれこそ『なんだそれ?』と言う感じだったのですが、調べれば調べるほど『こんなのどこの家庭にもある事じゃんか・・』と思いました。

この時、本に書いてある事例が自分の実家での暮らしと似通っているにも関わらず、私は自分自身がそうだとは思わなかったのです。

なぜなら、自分の生きて来た人生は普通だし、当たり前だと思い込んでいるからなんですね。

でも、やっぱりどの本を読んでも、なんだか絶対に自分にも当てはまると思い出したのです。

アダルトチルドレンとはいわゆるトラウマ病みたいなもんでして、自分自身の中にインナーチャイルド(内なる子供)が居るんだそうです。

幼少の頃に親に怒られて、悲しかったけど我慢したとかは、それの典型例。

私は男ですし、職業も大工ですし、どちらかと言えば、この手の話は完全否定派だったんです。

でも、やっぱり気になりましたので、自分からカウンセリングを受ける様に思いました。

またこのカウンセラー選びも50人ピックアップして、それを消去法で削除していきました。

そしたら全削除になってしまって、またさらに検索方法を変えて再検索。

なんでもそうですけど、苦労に苦労を重ねないと、私はどうにも納得しかったみたいなんですよね。。

そしてたどり着いたカウンセラーさん、最初は凄い人だと思いました。

なんでもかんでもバシバシ当てるし、頭の中身が読まれているんじゃないと思う位、凄いと思いました。

けど、一向に私のカウンセリングは終了しないのです。

ある意味で言うと『お茶飲みに来てるのかな、俺は。。』と言う感じで、一向に進まないんですよね。

なんだか逆にカウンセラーさんの相談を受ける感じに段々となって来て、な〜んか様子がおかしいと思い始めたのです。

なにがおかしいかと言えば、カウンセラーさんの言動、行動、つじつまが合わないんですよね。

そしてある程度、時間が経過した時に私は気づきました。

adult-children.jpgのサムネール画像

2015年7月24日

アダルトチルドレン|私の場合ParⅢ


自然素材に包まれた良い家を建てれば、快適で良い暮らしが出来るのか?

実はそうとも限りません。

やはりメンタル的にも、健全で居られた方が、より良く快適な生活を過ごせると言うモノです。

頑張り過ぎていたり、本当にやりたい事をやれなかったり。
自分自身が限界なのにも関わらず、気が付かない方がとても多いんです。

事実私だって、そんなん全然分かってませんでしたから(笑)

と言う事で、中尾建築工房のブログは、ジャンルで言えば工務店ブログ。

けど、家造りをされる方にもちょっとした気付きが得られる様に、アダルトチルドレンの知識を分かりやすーくご紹介していきましょう!

昨日はプライベートで逗子海岸や一色海岸に居たのですが、今日は仕事で逗子海岸へ。

adult-children3.jpg

風がとっても強かったのですが、浜辺には少しだけ家族連れが居た程度。

先週、今週と台風の影響は、海の家にとって大打撃だと思います。。

さて、前回は私が非行の道に走った頃の事を書きました。


学校も楽しくないですし、バイクを卒業した私は高校在学中に夜の世界に脚を踏み入れる事にしたのです。


高校に関しては、元々2年生の頃は出席日数が足らなかったのですが、担任先生のご配慮で、たまたま進級出来ただけ。

その後、私は高校を中退しました。

2015年7月23日

アダルトチルドレン|私の場合PartⅡ


自然素材に包まれた良い家を建てれば、快適で良い暮らしが出来るのか?

実はそうとも限りません。

やはりメンタル的にも、健全で居られた方が、より良く快適な生活を過ごせると言うモノです。

頑張り過ぎていたり、本当にやりたい事をやれなかったり。
自分自身が限界なのにも関わらず、気が付かない方がとても多いんです。

事実私だって、そんなん全然分かってませんでしたから(笑)

と言う事で、中尾建築工房のブログは、ジャンルで言えば工務店ブログ。

けど、家造りをされる方にもちょっとした気付きが得られる様に、アダルトチルドレンの知識を分かりやすーくご紹介していきましょう!

前回は私の幼少の頃の記憶をたどって、どんな子供だったのかを書きました。

小さいながらも、言いたい事を言える環境にはなく、とにかく怒られる事の多い家でした。

子供は馬鹿ではありません。

むしろ大人の方よりも、なんのしがらみもない子供の方が、無邪気で親の事を分かるのではないでしょうか。

理由を説明する事もなく『うるさい、駄目だ!』とか『静かにしろ!』とか、超能力者じゃないのだから、きちんと分かる様に説明をすれば、子供だってきちんと聞き分けの良い行動を取る様になります。

けれども、とにかく『うるさい、駄目だ!』とか『静かにしろ!』

これでは、ただ怒っているだけにしか思えません。

もしかしたら親の方も、言いたい事を言えなかったのかもしれませんけどね。

こういった圧倒的な圧力が加わると、子供の私にとっては自分の好きに行動してはならない。

自分のやりたい事、言いたい事をのびのびと言ってはならない。

この様な考えを持つ様になります。

私のセルフイメージは段々と悪くなり、家よりも外に出て行ってしまう傾向になりがちでした。

そして月日が経ち、私は小学校四年生の頃に父親に対して喧嘩腰で突っ込んでいった事があります。

子供は寝る時間だったのですが、私と姉共にそれぞれの部屋で布団に入っていたのです。

ところが、母親に対して父親が説教をしている声が聞こえてきました。

それは子供ながらにしても『そこまで言わなくても良いんじゃないか。。』と思える言動で、私と姉は部屋から出て来て廊下で隠れながら話を聞いていました。

そして姉からの一言

『博志、あんた行って来な!』

もちろん、両親には聞かれない程度の超小声で(笑)

当時の私は姉と喧嘩すると、姉の方が圧倒的に強かったのです。
両腕を膝で抑えられて、抵抗できない状態でマウントボコされてましたから(笑)

なので、なんで俺かな〜と思いつつ、私はドキドキしながら呼吸も整えずに父親に向かって行きました。

『おい、おかあさんをいじめるなっ!』

向かって行った時、父親は少し驚いた程度で『やれるもんなら、やってみろ〜』と、完全にバカにして受け身を取っていました。

私はそのなめきった父親に超ムカつきまして、掴まれた両腕に全力を掛けました。


そして後ろから一言

博志、やめなさい!
お母さんが悪いんだから!!


この声を聞いた瞬間、私は全身の力が抜けてしまいました。

なぜならいつも子どもたちの面倒を見てくれている母親を守ろうとして、酒呑んで文句を言っている父親に向かっていったのです。

この瞬間、私は親の事が嫌いな傾向になりました。

私の言葉遣いが父親、母親に対して段々と荒々しくなったのは、ちょうどこの頃が境だった事を覚えています。

そしてやたらとドカ食いをする様になりました。

小学校四年生なのに、朝ごはんはお茶碗を4杯

昼は給食で、なんでもかんでもおかわりしまくってました。

家に帰宅すると、父親が自衛隊の缶詰を持ち帰って来ておりましたので、それを一人で食べ切ってました。

自衛隊の缶詰は腹持ちの良い様に、もち米で出来ているから、かなりお腹は膨れます。
それでも一人前をぺろりと平らげて、晩御飯もしっかりと食べてました。

今、考えてみるとあり得ないほどの食事量です。

お腹が減っているかと言えば、そうではなかったです。

でも、食べずには居られなかったのです。

これが後になって、なぜそうだったのかを、この本を読む事で理解する事が出来ましたが・・

adult-children2.jpg

2015年7月21日

アダルトチルドレン|私の場合


自然素材に包まれた良い家を建てれば、快適で良い暮らしが出来るのか?

実はそうとも限りません。

やはりメンタル的にも、健全で居られた方が、より良く快適な生活を過ごせると言うモノです。

頑張り過ぎていたり、本当にやりたい事をやれなかったり。
自分自身が限界なのにも関わらず、気が付かない方がとても多いんです。

事実私だって、そんなん全然分かってませんでしたから(笑)

と言う事で、中尾建築工房のブログは、ジャンルで言えば工務店ブログ。

けど、家造りをされる方にもちょっとした気付きが得られる様に、アダルトチルドレンの知識を分かりやすーくご紹介していきましょう!


さてとタイトルになっているアダルトチルドレン、私の場合(笑)

実は私も1年半前まではそんなの知りませんでした。


『アダルトチルドレン?!はぁ?なにそれ。。』


こ〜んな感じだったんです。

だから自分自身がアダルトチルドレンだったんだ〜なんて、当然ながら知るよしもありませんでした。

それを知るきっかけはちょっと置いておいて、私の場合を説明してみましょう。

アダルトチルドレンの概念は、検索すればいっぱい出て来るだろうから、それぞれみなさん検索で調べてみてください。

簡単に言えば、生きにくい生き方をして来た、もしくはしている方達の事を指します。

んで、人口の割合で言えば、どれほど割合で居るのかって言うと。。

6割って言う人も居ます。

9割って言う人も居ます。


単純な画にしたとするとね。

adult-children.jpg

真ん中の黒い部分は、医学的にもきちんとした病名が付く精神病の方。
故に健康保険が適用されますので、病院でもカウンセリングや治療、投薬が施されます。

青文字は普通の人だから関係無いとして、赤文字はアダルトチルドレンの人。
ここは病気ではないから、病院に行って治療をする事も無いですけど。。

疲れやすかったり、落ち込みやすかったり、私みたいにアホみたいに根性、忍耐で頑張ってしまう人とかね。

こうやって画にすると、如何にアダルトチルドレンの方が多いかが分かるかと思います。


んで、私も一年半ほどの間で、猛烈に専門書を読みました。

とっても参考になる情報を公開してくれているカウンセラーさんのメルマガも読んだりしてました。

だから私もそれなりの知識があるのですが、私から言わせれば人口の9割5分、もしくはそれ以上なんじゃないかって思っています。

現にたまにしか普通の方にはお会いしませんから(笑)

で、私の場合、どんだけアダルトチルドレンな生き方だったのかをアップしてみましょう。

幼稚園、小学校の頃はとにかく病弱なのだけれども、遊びに関しては楽しんでいた子供だったと思います。

小学校二〜三年生までは、ちょくちょく近所の渋谷医院さんに通ってました。

そして小学校四年生になってからは、体育委員長で体操の時間は壇上に上がって体操したり、運動会(体育祭)では騎馬戦のリーダーなども努める子供だったんです。

2015年7月20日

葉山に家を建てたい!だから葉山に建てた家を見学したい!


中尾建築工房の特徴と言えば、すぐに浮かびあがるのがデザインのある自然素材の家を建てる設計事務所+工務店。

ところがそれ以外にも特徴があるんです。

どんな特徴かと言えば、家を建てたオーナー様同士がとっても仲が良い事。

何年も前に家を建てたオーナー様同士が呑みに行ったりとか。。

季節関係無く、どこどこの家に集まって、バーベキューを開催したりとか。。

これ、特に私が意図的にそうしていると言う訳ではなくて、知らない所でそんな話になっていたりする事が多いんです。

で、なんでそんな感じになっているのか良く分からないのだけれど、これから家を建てる方にとって、建て終わった方の家って、とっても参考になるんだそうです。

注文住宅で建てて行く訳だから、それなりにこだわりにも理由がある訳で、人それぞれにこだわりが違う。

『僕は(私は)こんな所にこだわったんだよねー』って事も、以外にも分かったりするので、とっても参考になるんだとの事。


やっぱり見学会とか、打ち合わせが同時期の方同士で仲良くなってるのかなぁ。。
でも葉山チームは時期関係無く、仲良いもんな・・


で、今回は葉山に土地を購入された方が、葉山に住んでいるオーナー宅を見てみたい!

そんな訳で、葉山町堀内に建てた『葉山堪能空間|引き寄せの家』を見たいとリクエストを頂いたので、オーナー許可を頂いて見学させて頂きましたー☆


hayamamachi-horiuchi-hikiyose-ie-kengaku.jpg

いつもなら見学させていただく時間って、午前中とか午後一だったりするんです。

でも、こちらのお宅については、目玉的な部分がルーフバルコニー!!

そのこだわりをお伝えするには、夕方の方がとっても望ましいので、お食事時よりも少し早めの時間帯に拝見させて頂く事が出来ました!

なんと言っても4層2F建ての家になりますから、平面計画上のみではなくて、立断面を最大に利用した家になります。

だからあっちこっちに見どころがあって、とっても楽しい家なんですよねー

この日はガスってる状態だったので、江ノ島や富士山はあまり見えませんでしたけど『家から海が見たい!と思って、この土地を買ったんです☆』と言うオーナーの希望がとっても伝わったんじゃないかなって思いました。

ちなみに夕暮れ時になると、空はこんな感じに見えたりします。


2015年7月19日

無垢の一枚板でダイニングテーブルを造作してみる☆ブラックウォルナット編PartⅢ


前回の作業で、天板としての仕上げ工程までは完了しておりました。

後は実際に建てた家にきっちりと仕上がったブラックウォルナットの天板を運ぶだけ。。

つぎはぎの無い、本物の無垢一枚板。

しかも長くて、分厚くて、とっても迫力のある一枚板の完成です。

ところがネックになる部分も多々あったりしました。。

hayama-black-walnut-dining-table17.jpg

一見、さほど重さを感じない様に思えるのですが、元々現場でガツガツ働いてた私ですら、一人では持ち上げる事が出来ません。

なので設計スタッフにも手伝ってもらいまして、さっそく軽トラダンプに搬入。


hayama-black-walnut-dining-table18.jpg

中尾建築工房の事務所から、葉山のオーナー宅までは最速で20分掛からない程度の距離です。

なのであっと言う間に到着してしまったのですが、オーナーご夫妻と私の顔は何故か冴えません。

理由はオーナーご夫妻も、実際にその重さを知っているのです。
無垢板が到着して嬉しい反面『これ、どうやって入れ・・・る?』みたいな(笑)

それでも入れないと話になりませんので、元々置いてあったクルミの接ぎ合わせ板は2Fのワークルームへ運びました。

これは割りと簡単にご主人と二人で持ち上げる事が出来たのです。

ところがこのブラックウォルナット、相当強敵です・・

持ち上げる前からご主人と私の顔は、全然冴えません(笑)

それでも奥様に床を傷つけない様、敷物のサポートをしてもらったり、外構のアイアンフェンスを上手く活用したりして、なんとか無垢板を搬入する事が出来ました!

2015年7月18日

横浜市磯子区『みんなで造る昭和的こだわりの家』上棟☆


2015年7月4日の大安一粒万倍日の日に、横浜市磯子区の閑静な住宅地内に『みんなで造る昭和的こだわりの家』が上棟しました☆

yokohamashi-isogoku-sugita-s-jyoutou.jpg

当日の天候的にはあまり良くない天気でしたけど、なんとか棟上げまでは持って行けました。

これには棟梁達に感謝ですね!

『みんなで造る昭和こだわりの家』は、オーナー様のたたき台に対して、若干私が書き込みを追記したタイトルでございます。

ここでオーナーご主人様からのメッセージを。


******
家の名前はどうしましょうか。
中尾さんや西井さん、私と妻みんなで考えて作った家なので、
「みんなで作ったこだわりの家」
という感じでしょうか。
多分他の工務店であれば注文建築だとしてもここまで相談しながら家を作る事はできなかったでしょうし、ここまでこだわることもできず大分妥協しなければならなかったと思います。
シンプルな名前ではありますが、中尾建築工房でなければできなかった家だと思うのでこのような名前でどうでしょうか。
******


と言う事なんですけど、古材の建具を使っていたり、隣に建つ4件の建売住宅の真逆を行くスタイルの家になります。

やりたい雰囲気はこんな感じ。

でも予算はなるべく掛けたくない!

で、どうしたら良いのだろう・・なんて所から始まったプランニングでした。

やりたい雰囲気と言えば、外構の一部にはカメ(うつわ)があって、そこにはメダカが泳いでたり。。

わざわざ古材屋さんで購入して来た建具なんかも入れ込みたい。

つまり今時のコジャレた感じと言う路線ではなく、懐かしい感じのする家と表現をすれば伝わるのかもしれません。

2015年7月17日

葉山の手作りパン教室『A Bread』オープン☆


葉山と言えば、割りとパンを販売している店舗さんが多い町だと思います。

私の知ってる範疇だと、ボンジュールさんでしょー、サンルイ島さんでしょー、ブレドールさんでしょー、わかなパンさんは確か閉めちゃったんだっけ・・

そう、割りと個性派のパン屋さんが多いのです。

でもね、私の場合は大工の棟梁だった頃、そんなオサレなお店にはなかなか入りづらかった。

だいたい、作業着着て、地下足袋履いてたしね(笑)

そう、だから葉山で仕事をしている時のお昼ごはんだとさ。

旭屋牛肉店に行ってー

葉山コロッケ買ってー

そこでパンも一緒に買ってー

海を眺めてコロッケサンド!

これが私の葉山で食べるパンのイメージだったんです。

で、仕事じゃない時は、もちろんオサレなパン屋さんにも行きますよ!

オサレなパン屋さんだと、パンのラインナップもたくさんあるからさ。

あれもこれ〜も、食べたくなってしまうのだけれど。。


私基準で考えた場合、なんと言っても焼きたてのパンがとっても美味しいんだと思うんです。

『カリッ』とか『フワッ』とかの食感は大好きです!


でも、なかなかしょっちゅう焼きたてを狙って買いに行くのも億劫なのは間違いない。。

どうせなら食べたいと思う時に食べたいですしね。


そこで思う事。


自宅でパンを作れちゃったら、良いんじゃない?!

hayama-pan-bread-school.jpg

と言う事で地元建築設計事務所+工務店がオススメをする、葉山の手作りパン教室さんをご紹介しましょう!

葉山の手作りパン教室ブログ


葉山の手作りパン教室フェイスブック


なんでもこちらのパン教室さんは、元々は葉山じゃなくて都内でやっていたパン教室さんなんだって。

で、葉山へ移住する事をきっかけに、葉山でパン教室を再開させる事にしたそうなんです。

実はこちらのパン教室になる建物は、結構イケてる中尾建築工房が設計施工させて頂いたお宅になります。

だから割りとしょっちゅう、パンの差し入れを頂いたり、置いてあったパンは勝手に食べてしまったりしてました(笑)

『美味いじゃん、これ!』みたいな感じ(笑)

ま、私は休日漁師だから、自分がパンを造ったりすると・・

2015年7月16日

横須賀市ハイランドの土地探し


横須賀市ハイランドと言えば、日本で初めてカタカナを用いた地域名って事で、なにげに有名だったりします。

高度経済成長期頃に売買されたハイランドは、それはそれは皆さん所得もお高かったし、激高ローンの金利でも充分に払えてしまっていたと言う、夢の様な時代だったと私は聞いた事があるんです。

そのハイランド。

今の土地評価額としては、さほど高い部類にはなりません。

なんと言っても駅から遠いですし、最寄りの久里浜駅まで場所によっては徒歩で30分以上掛かりますからね。

で、だいたい南道路だと一坪当たり45万円程度。

これが北道路の場合だと、40万円程度で取引をされている様なのです。

そこで今回相談を受けた土地って言うのは、こちら。

yokosukashi-hailand-tochi-ihan.jpg

土地の大きさは172.23m2(約52.09坪)の面積があり、価格は1680万円

北東角地と言う立地になるので道路付けはとっても良いですよね。
だからどんだけ安くとも坪当たり43万円位はするはずなんです。

ところが価格1680万円÷52.09坪=32.25万円(端数切り捨て)

ん〜ざっと坪当たり10万円ほど安いですよねぇ・・・


例えば古家を解体するとして、その解体費用に100万円が掛かったとしましょう。

それを売値に反映したとしても1680万円+100万円=1780万円

1780万円÷52.09坪=34万円(端数切り捨て)

ん〜、これでもやっぱり坪辺り40万円にも満たない訳だ。。

2015年7月15日

葉山町堀内『のんべんだらりの家』上棟☆


2014年7月10日大安に三浦郡葉山町堀内にて『のんべんだらりの家』が上棟しました!

天気は快晴!

お日柄も大安、よーしっ☆

もう、なんにも問題無い状態での上棟作業です!

さてと、またまた葉山に中尾建築工房の家が上棟を果たしたのですが、ちょっと私なりの気付きが一つありまして・・・

それはなにかって言うとね。

葉山の風早周辺で考えてみると、建てているオーナー宅が、山の方から始まって、段々と海の方に近付ているんです。

何年か前に山側の方で建てた家が、かれこれ6年ちょっと前でしょ〜


そして今年の春先には、風早からちょっと海側に入った『葉山堪能空間|引き寄せの家』は、中尾建築工房のブログをご覧頂いている方には比較的記憶に新しいのではないかと思います。

いずれにしても、いっつも呑み喰いやってんな・・

そして今回の『のんべんだらりの家』は、『葉山堪能空間|引き寄せの家』からさらに海側に建つ家になる。


どれほど近いのかって言うと。。

2015年7月12日

横浜市金沢区での家造り|参考になる建物探訪


今日はとっても暑い一日でしたが、中尾建築工房では設計打ち合わせの方は事務所にて。

各現場では職人さんや監督達が動き回っていた一日でございました。

午前中は設計打ち合わせをしている横浜市金沢区に建築予定の方に、本物の木をつかった場合の経年劣化や、窯業系サイディングの木っぽいデザインの差を見てもらうべく、中尾建築工房からとっても近いオーナー様宅に行ったりしてました。

ちょうどオーナー様はご不在でしたけど、中ではなくて、外をちらっと拝見するつもりだったのです。


yokohamashi-kanazawaku-a-shitami.jpg

これはバルコニーの下にあるスペースになるのですが、バルコニーの軒下はレッドシダーの天井板を貼り付けています。

そして外壁には窯業系サイディングの木っぽいデザインの外壁が施工されています。

本物の木と、木っぽいモノの差を見るには、とっても参考になるお宅です。

ところが『見に行く?』と言った張本人の私。

このお宅に来ると、隣に住んでるお父さんとで会話に花が咲いてしまいます。

何故なら・・・

2015年7月11日

横須賀市走水|港一番の関義丸アジ釣行


昨日はお休みだったのだけれど、職人さんにお願いしたい仕事があって、朝一番にて基礎工事職人さんと中尾建築工房の事務所で打ち合わせ。

基礎工事職人さん曰く、仕事のブログばっかじゃなくて、釣りのブログでも書きなよ〜と言われましたので、書いてみようかなぁと(笑)

さて、私が足繁く通っている横須賀市走水港。

この港は主に走水沖のアジを釣らせてくれる乗り合い船や仕立て船、この他職漁として、網漁やらワカメ、海苔等を生業としている港です。

私がいつもお世話になっているのが、乗り合い&仕立て船の走水港関義丸さん。

乗り合い船では午前船と午後船と分かれていて、それぞれの時間帯で出船します。

だから朝起きれなくても、ゆっくり寝てから午後船で出船する事が出来る。


港一番の大型船で釣行するアジ釣りは、そりゃー快適ですし、常連さん同士も仲が良いので、いつも楽しませてもらっています。

アジ釣りのシーズンとしては、最盛期が夏になりますので、いつもならお客さんがわんさか居るシーズンです。

ところがどっこい、梅雨の真っ只中である昨日は、午前中はたくさんの釣り人が居たけれど、午後からは私を含めてたった二人・・・

そりゃー雨ですもんね、しかも大雨警報が出ている訳で、なにも好き好んで雨の日に釣行しなくとも良いですもんね。

でも以外に雨の日ってお魚さんは、釣れたりするんです。

yokosukashi-hashirimizu-sekiyoshimaru-tsuyudoki-choukou.jpg

走水港一の大型船を、たった二人でチャーター状態ですから、なんだか出船してもらうだけでも申し訳無い気持ちになります・・・

2015年7月 9日

地元三浦の食材を使った美味しいお料理とお酒|葉山×ダイニングレストランPerche(パーシェ)


今日は上棟ブログにするはずだったんですけど、オーナーご主人様が家の名前を自分で決めたいって事で、私が貯めておいた食べ物ブログに変更(笑)

今回、ご紹介する葉山のダイニングレストランPerche(パーシェ)さんは、私的に行きたい、行きたい!と思いつつ、なかなかタイミングが合わなかったお店なんです。

なにを目的に行くのかといえば、お酒とかではなく、葉山牛100%のデミグラスハンバーグ!

hayama-Perche.jpg

おっさんになっても、カレーとか、ミートソースとか、ハンバーグって言うのは、男子の好きな食べ物である事に間違いなし☆

一応、ぐるなびのリンク張っておきまーす!


で、割りと空いている時間帯に入れたせいか、お客さんは私達含めて二組の方々が居らっしゃいました。

昼時の時間帯だったのですが、全部で7名のお客さんが揃いも揃って注文したのが葉山牛100%のデミグラスハンバーグ!

やっぱり相当人気のあるメニューなんだと思いました!


2015年7月 4日

無垢一枚板のブラックウォルナットテーブル板完売のご報告☆


5月の半ばに告知させて頂きました、無垢一枚板のブラックウォルナットテーブル板。

製材した状態での展示を中尾建築工房の作業場にて行っていたのですが、その枚数はたったの5枚。

スーパー大工の私が、新木場の商店さんにある、たくさんのブラックウォルナットの中から厳選して購入して来た板でした。

家を建てた、または建てる方の中にはこの価値を知っている方も居るだろうし、知らない方も居る。

いずれにしても今回、購入出来た方はラッキーだったと思いますよ、実際。

と言う事で。。

Black-Walnut-nakaokenchikukoubou-kanbai.jpg

こらら5枚のブラックウォルナット、なんと入荷から一月半も掛からない時間で全て売り切れてしまいましたー☆

仕入れた時のリンクはここ


だから言っておいたんですよね、私。。

買いたい方は早めに言ってねって・・


2015年7月 3日

横須賀市鉄骨造ビル|ワンフロア フルリノベーション計画!


ビルと言えば、コンクリート造だったり、鉄骨造などがポピュラーですよね。

今回、横須賀市内のとっても便利な立地に、鉄骨造のビルを所有されている方が中尾建築工房の見学会にお見えになりました。

ご相談の内容的としては、現在ビルの2F部分が居住用スペースとテナントスペースとで分かれているのを、一つの居住用にリフォームして頂きたいとの事。

立地的にはテナントに貸し出した方が賃貸収入が入るのではないかと思いましたが、太っ腹なご両親がお子さん家族の為に、2Fは全てお子さん家族の為に提供するとの事!

なるほどー

お子さん家族も子供が4人も居らっしゃるので、スペース的にはワンフロア全面が部屋に出来れば確かに楽ちん。

それと同時にリノベーションが完了したら、間違いなく走り回るであろう子どもたちの遊び場を考えてあげられると良いかなって思う。

yokosukashi-renovation-climbingwall.jpg

実はこのビル、3F部分がご両親の居住用スペースになるので、2Fの子世帯とは階段で繋がっているんです。

でも、今回工事ではその階段を敢えて潰してしまって、子供の為の遊び場を検討中。。。

現段階では2Fと3Fを繋げている階段室の階段を全てぶち壊してしまおう!

そうすると2Fの床から階段室を見上げると、3Fの天井が見えるのですが、その高さはおそらく推定で5.5mの高さがあるかと思います。

その高さをそのままそっくり利用して、3Fは階段室の壁を天井まで延長させる。

そしてすっぽりと包まれた階段室の天井にはトップライトを入れて明るさを確保する。

ここで出て来る子どもたちの遊びのアイディアとは。。

2015年7月 1日