鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

葉山満喫!自然満喫!真冬が楽しみになる薪ストーブ!

中尾建築工房で家を建てているオーナーの皆様は、割りと薪ストーブの導入率が高いです。

おそらくそれには三つほどの理由があるかと。

一つには、実際に中尾建築工房の事務所に導入しているダッチウエストエンライトミディアムが関係しているんだと思います。

実際に打ち合わせスペースで薪ストーブの暖かさや、薪をくべて燃える炎の美しさに惹かれて導入してしまうのは、私も使っている者として分かる気がします。

言葉で上手く言い表せないけれど、なんとなーく良い感じがするのは間違いないですもんね。

こんな雰囲気を家で味わえたら・・・

となるのがほとんどの方かなぁ。。と。

そして二つ目の理由としては、薪ストーブ自体の購入費用が市場の半値以下だって事です。
これは特に中尾建築工房が関与するかと言えば、関与まではしていません。
強いて言えば、それぞれの家々で、煙突の壁出しだったり、屋根抜きだったりする場合に気をつけておきたい部分をチェックする程度。
私達があまりにも図面化してありとあらゆる所まで関与してしまうと、それはそれで経費が掛かってしまいますからね。

それではあまり意味が無い。

そもそもの目的が、なるべくみなさんに導入してもらえ易い様にって、価格を下げる事から始まっているから、私達が直接関与するのではなくて、カナダの商社さんをご紹介させてもらっています。
お支払いも直接、オーナー様と商社さんとで決済をしてもらっています。
私の嫌いな業界特有のバックマージンも、もちろんございませんよ(笑)

だから導入しやすい。

そして三つ目の理由としては、薪ストーブを導入した後の薪集めにあると思うんです。
薪ストーブを焚く為には、当然薪が必要になるのですが、一冬を過ごすために必要な薪の価格が問題になるんです。

それこそ2〜3年は干して乾燥している高級な薪なんて事になったら、一冬過ごすのに10万円以上も掛かったりします。

そんなん、普通に考えてあり得ない(笑)

ではどうするかって言うと、中尾建築工房の近くにですね。
ある公共工事で伐採した桜の木やけやきの木を貰って来れる場所があるんです。

事務所から近いから、監督やら私やらがふらっと軽ダンプにて、中尾建築工房にストックしておく。
そして薪の原料となるタンコロを中尾建築工房所有のチェーンソーでカットしたり、スーパー薪割り機で割ってみたりする事で、割った薪の半分はお持ち帰りが出来るシステムにしちゃったんです(笑)

これならちょっと運動不足の方にも良い運動になりますし、なにしろ薪代金が掛からないんですよね。

すでに薪ストーブを導入して生活が始まっているオーナーの皆様も、それぞれ独自のルートを開拓して薪を調達している人も居らっしゃいますし、道具をフルに揃えている方も居る。
それはそれで好き好きで良いかと思うのですが、様はこういった準備が出来ているからこそ、皆さん安心して薪ストーブ導入に踏み切りやすくなっているのが薪ストーブユーザーが多い理由なのです。

そんな中、葉山町長柄に建てたオーナー様宅にも、薪ストーブは導入されました。
今月5月23、24日(土日)に開催される葉山町長柄のお宅です!

その薪ストーブ、果たしてどの様なデザインなのかって言うと。。

hayamamachi-nagae-s-makistove-red.jpg

この画像はオーナー様から頂いた画像をアップさせて頂いております!

珪藻土の壁塗りも、薪ストーブの拝背面にある存在感アリアリな石もオーナー様施工でございます!

どうです?施主施工なんて事言わなければ、プロがやったみたいでしょー☆

ちなみにせっかく薪ストーブを導入しておりますので、真冬の夜に帰宅した。
そして自分以外の家族は寝てしまっている。
そんな時、私みたいにお酒を嗜む人は、チーズ&ワインを飲みつつ、薪ストーブを炎を見ながらまったりとした一時を過ごす。
そんな時にはリビングの主照明は消してしまい、薪ストーブ上にあるダウンライトのみ点灯させると、こ〜んな雰囲気が出るんですよね。
お酒飲まない方は、紅茶やコーヒーなんかでも良いかと☆

hayama-nagae-s-makistove-red2.jpg

こちらは主照明になっているリビングのシームレスラインランプを全点灯させた感じですね!
シームレスラインランプはLEDの間接照明になっておりまーす☆
床には、無垢の床材を汚したく無いので、アイアンで敷板を造ってみました!

薪置き場もたっぷり確保しての敷板になっておりますので、ツールも薪もたっぷり保管出来るんです!

うんうん、REDの薪ストーブがとっても素敵な感じになっているのは、オーナーのセンスの良さが反映されているのではないでしょうか!

と言う事で、葉山満喫!自然満喫!真冬が楽しみになる薪ストーブは、真冬以外の季節はビジュアルオンリーでも十二分に楽しめます!

湘南や三浦半島で自然素材の家を建てるのであれば、こんなアイテムもあるんだって事。

あきらめから入る家造りよりも、あきらめないから入る家造りの方が楽しいですよぉ〜

完成見学会も楽しみですねー♪

日時:2015年5月14日 11:33

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。