鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2015年3月 | 神奈川工務店TOP | 2015年5月»

葉山町長柄完成見学会のお知らせ☆


え〜、今日は先日チラッとブログで告知させて頂きました完成見学会のお知らせになります。

4月の葉山町堀内での完成見学会に続きまして、今回も同じく葉山町の長柄に建った家を公開!

では、ご興味のある方のご参加をお待ちしておりまーす☆

hayamamachi-nagae-s-completion-ibent.jpg

場 所: 三浦郡葉山町長柄  (雨天決行) 
日 時: 2015年5月23、24日(土日)
時 間: 10:00~17:00(最終受付16時)
立 地: 葉山町の高台にある閑静な住宅地!
内 容: 葉山で趣味を楽しみながら暮らす家!私が建てたジブン•Style!☆
建 物: 葉山町長柄『大人の休日』☆


☆葉山町長柄『大人の休日』☆特徴☆
今回のクライアントとなるオーナー様はご主人が転勤する事の多いご職業の方で、湘南葉山での家造りにご夫婦二人で挑まれた方になります。
まずは土地を購入する前に、工務店の見学会に行ってみよう!
そう思ったご夫婦は、ちょうど一年前に開催された女性単身で家を建てたオーナー様の家を見学されました。
共通点としてはペットの事を考えて建てた家と言う事。
そのたった一軒のお宅を見ただけで、オーナー様は他ハウスメーカーや工務店を見る事無く、中尾建築工房との土地探しから家造りが始まりました。
ステンドグラスや皮製品の加工を趣味としているご夫婦には、広いワークスペースを!
そしてリビングにはストレスの解放が出来る様、自然素材の無垢材と天然素材の珪藻土で仕上げた空間になりました!
趣味を楽しむご夫婦の手から造られるステンドグラスは、私たち造り手の手によって、さらに素晴らしい印象を受ける事になるでしょう。
もう、居るだけで顔がにやけてしまうほどの癒やし効果のある家は、是非あなたのその目でお確かめ頂きたい一邸となっております。

これから家を検討されるという子育て世代の注文住宅をご検討されている方には、どこか一つでも導入したいと思ってしまうほど必見する価値アリッ!!の家となっています。


詳しくは下記のリンクからどうぞー

パソコンの方


スマホタブレットの方


ガラゲーの方


2015年4月30日

わが子の就活を台無しにする親たち 日本経済新聞より


私は新聞を読むのにWebでは日本経済新聞(以下日経)、リアルでは神奈川新聞を読んでいるのですが、たまたま日経を見ていて興味深い記事を目にする事がありました。
建築設計事務所+工務店の仕事にこの内容が関係するかと言えば、一見関係無い様に思えます。

ところがどっこい、結構関係があるんですよねぇ・・

だって家を建てたら、そこには家族と言う形態の人達が住むんです。
その人達と様々な打ち合わせをして来ますから、ある意味で言うと、人を観察しながらプランニングをしている感じ。
そして建てた家にたまには顔を出したりしますから、家族と言う形態の人達の関係には私達も多く関わったりするんです。

と、こんな理由がありまして、ブログにも残しておこうかなと。

この日経の記事は会員にならないと見れない記事になります。
なので、リンクを張るのではなくて、コピペしてご覧頂ける様にしておきますね。


さて、この興味深い記事とはどの様な記事かと言うと、お題の通りに子供の本当の意志を汲めない親と言いましょうかね。

子供を自分の思い通りにしたいと思う親とか。。

子供に興味が無い訳では無いのだけれど、うまい具合の愛情表現が出来なくて、ついつい子供を無視しがちな親とか。。

どちらのケースにせよ、無意識で自分の子供にマウントしてしまっている親御さんが非常に増えているって記事です。
まー、この親から子供に受け継がれていく負の連鎖、実際問題誰が悪いと言う事ではないんですね。

今、リアルに親として子供の心配をしているのが本音なのだけれども、自分自身も子供の頃に親から同じ様な教育やしつけを受けて来ています。
だから、実際に自分が子供の人生のマイナスになっているのなんて、気づけるはずもないんです。

つまり、誰が悪いって事ではないのですが、まずは記事をご覧頂きましょう。


**ここから**

初めての就職活動は分からないことだらけ。直接企業に質問しづらいことも多いし、口コミ情報がどこまで信用できるかも不安だ。そんな悩みを解決する「就活探偵団」。就活生の疑問に答えるべく、あなたに代わって日経記者が企業に突撃取材します。


  「親が就活に口出ししてきます。過保護じゃないでしょうか」――。就活探偵団にこんな悲鳴が舞い込んできた。我が子の就活に「何か力になりたい」と思う親 は多いだろう。しかし、最近は思いが強すぎるのか、過干渉となって子の就活をぶち壊す親、さらには子の自由を奪ってしまう「毒親」のようなケースすらある という。親が絡んだ就活の最新事情を取材した。

kahogo-kakanshou-oya.jpg

2015年4月28日

葉山町長柄『大人の休日』お引き渡し☆


2015年4月26日に葉山町長柄にて建築中だった『大人の休日』のお引渡しをさせて頂きました!

hayamamachi-nagae-s-ohikiwatashi.jpg

外観は自然素材の漆喰で真っ白な仕上げにしまして、要所要所の軒下にはレッドシダーの板貼りを施してあります。

シンプルだけれど、目を引くデザインですねー

hayamamachi-nagae-s-ohikiwatashi2.jpg


これは工事中に撮影させて頂いた玄関の庇なのですが、良〜〜〜く見ないと分からない所にこだわっております!
さて、どんな部分にこだわっているか説明しますと、建築に携わっている方なら分かるかと思うのですが、文字の書いてある部分には通常は持送りと言って、庇を受け止める為の支えが必要になるのです。
ところがこちらのお宅の場合は、そんな支えなんて付けなくない(私が)!

と言う事で、マニアックな方法で、敢えてスッキリと見せる形状の軸組を施させて頂きまして、実際に構造を成り立たせてしまっているのです!

こ〜ゆ〜、見えなくなってしまう部分のこだわりって、大事だいじ〜

今回は私も週末の引き渡しって事もありまして、結構ドタバタしてました。
なのであんまりゆっくりと写真を撮っていませんので、あんまりアップする画像は無いんです。

その代わりに、こちらのお宅は5月後半あたりに見学会を開催させて頂く事になりました!

前回の葉山町堀内に続きまして、またまた住みながら見学会ですけど、なにか?

こんな告知をさせて頂きますので、ご興味のある方はお申込み下さいませー☆

と言う事で、室内に入りますと。。

2015年4月27日

自然素材の家を建てる事と体の健康


中尾建築工房と言えば、住宅業界のジャンル分けをさせて頂きますと、無垢材志向の自然素材で建てる家を考えて建てる建築士事務所であって、施工を一貫して行う工務店でもあります。

となれば、当然の話ですけど木材の知識に関しても、自然素材の漆喰や珪藻土の知識に対しても、それなりに根深い知識を持っていると自負しています。

自然素材の家は建てれるけれども、実際に考えて、考えて、考えて計画を練っている私達の健康面は果たしてどうなのか?

普通なら、自然素材の家を建てているのだから、造り手側の人達は体の健康にも、当然ながら気遣いをしているのではないか?

そんな風に思われるかもしれません。

でも意外や意外、健康面は・・

って事で、久しぶりに健康診断に行って参りました!


kenkou-shindan.jpg

ほほぉ〜、今どきの健康診断は医師から直接写メが送られて来て診断されるのね、なるほどぉ〜

しかも手書きで色々と書いてある・・


色々と書かれてはいるものの、結果的には想定内と言う事で(笑)

そうなんです、以外にも建築士事務所や工務店に務める人たちって、なにかしら健康面で問題あったりする事が多いんですよね。

2015年4月24日

三浦市南下浦『Miura Sea Life!!』上棟☆


2015年4月21日大安の一粒万倍日に、三浦市南下浦にて『Miura Sea Life!!』が上棟しました☆

一粒万倍日についてはこちらのリンクをクリックしてね!

miura-minamishitaura-h-m-jyoutou.jpg


ご覧の様に中尾建築工房オリジナルの無垢材で建てるフレームが、棟梁たちの手に寄ってドンドン組み上げられております!

こちらのお宅は住居と言うよりも、海を楽しむ家と言いましょうか・・
いずれは住居かもだけど、取り敢えずは海を楽しみたいって家って事で、家の中に非日常感を加えた使い勝手や内装を選択されております。

とっても便利な使い勝手の良い分離型アイランドのオーダーキッチン!
(めっちゃ高いヤツ・・)

そして寒い冬を大人の雰囲気で楽しむ薪ストーブ!

遊びの家になりますから、当然海ツールを収納出来る土間スペース。

もう、どんだけやりたい事をやってんですか?って私が思うくらい、我慢しない家となっておりまーす(笑)

元々の計画では、とんでもない高さを誇る家だったんですけど、あれもやりたい、これもやりたい、これは諦めたくない!

これをきちんと整理して、この家でなにをしたかったのかって事を引き出した上でのプランニングになりました。
超絶景のあるルーフバルコニーは諦めた。

けれども、それ以外は絶対諦めない!

そんな感じの家ですから、そりゃー建てた家は半端ない仕上がりになるんですね。


2015年4月23日

横浜市金沢区の土地探し


自分らしい家を、好きな様に建てたい!

そう思えば、まずは土地を探す事から始まりますよね。

なにせ先に好きな家を造ってしまって、土地が見つかるまで、家をどこかに保管する事なんて出来ませんし(笑)

そう、土地探しがまずは先攻になる訳で、今回土地を探されている方からこんなメールが届きました。


********
昨日まで2650万円でネットに載っていたものが、2150万円に値下げされました。
○○さんのお話によると、1週間ほど建売業者からの買い付けを待って、
一般に販売されることになるみたいです。
○○さんからは、更地にして2500万までにはおさまるのでは・・・とのことです。

私たちも現地を見ており、気に入っておりますが、いかがでしょうか?
ご回答いただけると助かります。

********

ほほぉ〜、500万円も下がってんじゃん••

と言う事でさっそく土地を見てきました!

yokohamashi-kanazawaku-kamaiyanishi-tochi.jpg


これがその物件になります。
ぱっと見ると、そのまんま住んでもいいんじゃないか?
そんな事を思ってしまいそうな物件です。

そしてこちらの物件、財閥系不動産業者さんが元付の業者になると思われる案件ですね。

そして500万円もの値引きがあると言うのは果たしてどういう事なのか?

これ、財閥系不動産業者さんには多いのですが、おそらくダブル+@を狙っているのだと思います。

元付業者として、自分のところで顧客を探せれば、顧客からも売り主からも、しっかりと3%+6万円に消費税をのせた金額を貰えます。
さらにここまでディスカウントする事で、建て売り業者さんに物件を購入して欲しいんでしょうね。

なぜなら建て売り業者さんが購入してくれれば、建て売りを建てて、販売する時にも仲介を任せてもらえるからなんです。

つまり一つの土地で、なんでも美味しい思いが出来る訳なんですよねー

けれども、あまりにも売れなかった場合に関しては、売り主に対する信用すら失います。
それはさすがにあってはなりませんから、期限を切ってしぶしぶ売ってくれるのを待つしかないんですよね。

つまり、少しでも良い物件をリーズナブルな価格で購入する土地探しと言うのは、ある意味心理戦になります。

2015年4月20日

三浦市南下浦|木造軸組在来工法の土台敷き


中尾建築工房の建てる家は、基本的に木造軸組在来工法と呼ばれる建物です。

その軸組に採用されている木材は、全て無垢材でサイズは最低でも4寸角から構成されています。

よく上棟する時に現場周辺のご近隣の方には『すごい木材の大きさだね〜』なんて事を言われるのですが、これは私自身が元々大工の棟梁だった事もありまして、少なくしていくよりも、むしろ増していく方向にしています。

一度組んだら、交換が効かない軸となる部分ですから、やはり素材にはお金を掛けたい訳なんです。

そしてご覧頂いているのは桧の4寸角を土台として敷きこんだ写真です。

miurashi-minamishitaura-kiso-dodai.jpg

白っぽい木材は全て桧の角材になります。
給排水管も床下までは施工し終わっておりまして、土台の下には黒い部材が見えると思います。
これ、基礎パッキンと言いまして、今時ならほどんとのメーカー、もしくは工務店さんでも採用されているパッキンです。
ただ、これが普通のパッキンとちょっと違いまして、中尾建築工房で採用している基礎パッキンはアンカーボルトや柱のホゾ穴の部分のみに敷きこむタイプではなく、土台の全てに敷き込みを施すパッキンです。
このパッキンには通気のパッキンもあるのですが、気密のパッキンもあります。
浴室や玄関などは通気しない方が良いので、気密パッキンを採用します。
そしてそれ以外の部分に関しては、通気の出来るパッキンを敷きこんでいます。

普段はこの様な部分って、目に見える所ではないんです。
実に地味的な存在だったりするんですけど、実はこのパッキンがとっても優秀でして、中尾建築工房の採用する木材とMIXされると、薬害に頼らない造りになるんですよね。

ここもちょっと高い材料ではあるのだけれども、オーナーの暮らしが始まってから、初めて分かって頂けるであろうこだわりの部分。

詳しく意味を知りたい方は、私に直接聞いて頂ければと思います!

2015年4月17日

家も日々の暮らしも好きな事をやりたい様にやるススメ!


今日は私の身の回りに起きる、ちょっと不思議な事のお話を。

なんだか最近、どーーーも私の感が冴えてると言いますか、冴えまくっていると言った方が良いのか・・

実は先日、設計中の方からこんなリクエストがありました。

『魚の種類をリクエストしても良いでしょうか。真鯛が良いです。というのは冗談で、来週の打合せよろしくお願いします。』

冗談を冗談と思わない私たちはなるほどー、真鯛ねぇ。。と
つまりミッション的には真鯛をゲットする事です。

今まで真鯛船には一回しか乗った事が無いけど、だったらせっかくなので行ってみましょうとお休みの日に行く予定にしていたのです。
なので昨日のお休みは、朝早く起きて久里浜港から出船する真鯛船に乗ろうと思っていました。

久里浜港の場合、遅くとも6時には港着ですから、逗子の私の家からの距離を考えると少なくとも5時前に起床となります。
ところがちょっとだけ疲れがあったせいなのか、目覚ましが鳴っても起きれない・・・

そして気がついた時にはすでに朝7時過ぎ、すでに出船時間を過ぎてしまいました。

当然、久里浜港はもう間に合いませんから、私は気分を切り替えて午後までゆっくりとし、まずは逗子の松やで朝ご飯を食べて、午後から出船出来るいつもの走水港関義丸さんに行こうと思ったんです。
走水港関義丸さんはアジ船なので、当然真鯛を釣るための船ではありません。

さらにその日は午後から強風が吹くのは知っていたのですが、雷雨になる予定だなんて気づきもしませんでした。

強風なんてへっちゃらでしょ〜

と言う軽〜い感じの私の乗りで、港に到着すると何故かお客さんが私ともう一人の常連さんのみ。

さすがにたった二人で出船させるのは、常連としては申し訳無いのですが、男気のある船長が『出すよ!』と言ってくれましたので、まるでチャーター船状態で出船する事ができたんです。

私が考えていたのはアジ船だけにアジも釣るけど、今日は本気で真鯛が釣りたい!

これだったんです。
実はごくまれなのですが、真鯛やヒラメが上がったりするんです。アジ船って。

そしてご覧の釣果。

hasirimizu-aji-madai.jpg

2015年4月16日

葉山町堀内『葉山堪能空間|引き寄せの家』完成見学会報告☆


先週末に開催させて頂きました、中尾建築工房の建てる葉山町の新築の注文住宅完成見学会!

もー、全く休む時間が無いほどたくさんの見学者の方に訪れて頂きました☆

hayama-horiuchi-m-kengakukai.jpg

やっぱり家って色んな形があると思うんですけど、自分にとっての好き!がたくさんあると、その暮らしぶりも変わって行くと思います。
参加された方なら、実際にお住まいになられているご夫婦の顔を見るだけでも、伝わるなにかがあったのではないでしょか?

私も当日は出来る限り、参加された方のお話を伺って相談を受けたり、アドバイスさせて頂いたりしてましたけど、体は一つしか無い訳で•••
しかも中尾建築工房で家を建てたオーナー様も、たくさんの方に居らして頂けたのにも関わらず、あまり話も出来ませんでした。
それこそ分身の術が使えればいいなーなんて思ってしまう程、来場者数の多さに対応しきれなかったのは、ちょっとだけ申し訳なかったかな••と思うのです。


なので。


ここが聞きたい!

これを教えて欲しかった!

実はこんな相談があった!

そんなご意見を持たれている見学者の方やオーナー様は、メールでも電話でも構いませんからご連絡頂ければマストなアドバイスは差し上げられるかと思います!
時間が足らなかった部分は否めませんが、たくさんの皆様のご来場、ありがとうございました!

で!


今回の完成見学会なのですが、オーナーと私たち中尾建築工房では、前々から余興と言いますか、楽しみにしていた事があるんです。

2015年4月14日

葉山でご入居済み完成見学会は明日、明後日です!


ウィークデー最終日の今日、私は午後のみお休みを頂きまして、東京湾走水港から出船しておりました(笑)
明日、明後日の見学会で、中尾建築工房で家を建てたオーナーさんに配る分の魚の調達です!

乗船したのはもちろん走水港関義丸!
今回は大船長ではなくて、若きひろゆき船長が操船してくれました!

hashirimizu-aji.jpg

この写真はひろゆき船長が船宿さんFacebookに載せるとの事で、撮影して頂いた私の写メになりまーす!
半日船で50匹も釣れれば上等です!

関義丸Facebook!

雨の中ではありましたが、そこそこ釣れました。
でも無くなり次第終了となりますので、お近くのオーナーさんはお早めにお越しいただい方が良いかと思います!

で。

見学会のお知らせと言うよりも、東京湾内に居るイルカさんを公開してみようかと思います。
今回はまだましな感じで撮影が出来ましたので、ご覧頂ければと。

イルカの動画YouTube

2015年4月10日

ナチュラルな自然素材の家とヒーリングCDの組み合わせ


ちょっとある実験したくて、某ヒーリングCDを購入してみました。

healing.jpg

なんの実験なのかと言えば、家と音楽の組み合わせと言えば的を得ているかと思います。

どんな家に住んでいても、家で音楽を聞かれる方はとても多いかと思います。

ここでは家に関して、中尾建築工房で建てている家を例にあげてみましょう。

基本的に中尾建築工房の家は、無垢材のフレームで構造を造り、内装材に天然素材の珪藻土や無垢の床材などを選んでいます。

さらに開口部などの窓部分にも気密性の高い窓を採用。

そうすると一部の構造材やら、無垢材の内装仕上げ材から放たれるフィトンチッドが充満するので癒しの効果をもたらします。
そこに来て、珪藻土の調湿効果も働きますから、さらに癒しの効果は上がっていきます。

更にはこれに観葉植物を加えたりしますと、またまた癒やしの効果は上がってくる。

実際にあるお宅の取材の際に、こんな事があった位ですから。


リンク先記事の下の方に、その時の様子が書いてありまーす☆

では、これで果たしてホントに癒しの効果は打ち止めなのだろうか・・

もしかしたら、もっと凄い事になったりするんじゃないだろうか・・

そんな疑問があったりしたんです。

2015年4月 7日

三浦市南下浦に建てる家 堀座卓に使う無垢の板はどう使う?


今日は午前中、霧がかっていた天気もお昼からはまともに快晴!

せっかく晴れた事もあって、昨日打ち合わせをしていた三浦市南下浦に建つ家の無垢板を、外に出して眺めてみました!

miurashi-minamishitaura-h-mukuita.jpg

写真に写っている分には、この無垢板の重さまではおそらく伝わらないかと思います。
でもね、結構重たいんだ〜、この板は。

置き場所が作業場の一番奥にあった為、引っ張りだすのに一苦労・・・
それでも監督に手伝ってもらって、やっとの想いで引っ張り出せました!

さてと、どの様に木取ったら良いのだろう・・・

ちなみに木取る(きどる)って言うのは大工さん用語です。

で、本来はこの無垢板、キッチンの対面カウンターやら、ちょっとした造作机に用いる為に購入していた無垢材です。
木の種類はウォルナット、和名で言えばクルミになりますね。
カウンターだったら300〜450くらいの幅があれば、充分役目を果たします。
元々がカウンター用の材料だから、カウンターにはもちろん使えるけど、今回使いたいのは堀座卓の天板に使いたい。


でも堀座卓の天板だったら600〜700〜800位は欲しくなる・・

だから幅が足りない訳でして、それでもこの板はウォルナットと言う高級品な材料です。

この無垢板を今回は家の中のどこに使うかって言うと、小上がりの堀座卓の天板に使うウォルナット。

2015年4月 6日

逗子市桜山『きーもちぃー家☆』を見学させて頂きました!


ホントに申し訳ないんですけど、中尾建築工房には展示場なるモノがありません。

通常、工務店さんって言うのは、会社自体が展示場になっていたりしますよね。
もしくは会社の敷地内に展示場が建っているとか。

ところが中尾建築工房の場合は、元々私がガチで大工の棟梁。

大工の棟梁に必要なのは、展示場ではなくて資材がたくさんストック出来る作業場が必要。

だけど首の骨を折ってしまったから現役を退いて、今は監理側に廻っています。
そんな理由からせっかく建てた作業場をリメイクして、事務所として使っているんですね。

だから事務所ではだいたいのデザイン位は見れるけど、実際に建てている家ってどうなのよ?!って言われる事があるんです。

そんな時にはお住まいになられているオーナー様宅にアポイントさせて頂きまして、もしも良いよ〜と言われた場合だけ、見学希望の方をお連れする様にさせて頂いてます。

つまりオーナー様がお休みの所に時間を割いて頂く訳でして、手ぶらで行けるはずもございません。

いつもの様に安田養鶏場さんで購入している野菜と卵のセット大盛に、超低温冷凍庫に入っていたアジを持参して手土産にさせて頂きました。
ただ、時期的にあんまり多種多彩っていう時期では無いんですよね、今時って。
これから夏野菜を育てる時期に切り替わる時だから、種類がどうしても限られてしまうんです。

中尾建築工房の目の前にある畑の方たちも夏に向けての収穫のために、種を撒いてる位ですから。

そんな理由で種類はさほどでもないけど、めずらしいモノもありました。

zushi-sakurayama-kimochiie-kengaku.jpg

これ、フェンネルって野菜なんですけど、敢えて混ぜさせて頂きました。
何故かといえば、きーもちぃー家のオーナー奥様が、イタリアンに興味があるとか、働いているとか。

だったら、これ分かるよねーって事もあり、差し上げる事にしたんです。

でも実は知らなかったらしい・・

フェンネルって言えば、茎の部分はセロリみたいにして食べれる野菜です。
葉っぱの方は濛々としているので、よく衣を落として天ぷらにすると美味しいです。
人参の葉っぱみたいな使い方が望ましいんですけど、おひたしは向いてないんですって。
なぜから濛々としているから食べにくいんだそうです。
後はイタリアンとかフレンチなんかでも、肉や野菜の下に葉っぱが敷かれて出てくる場合もありますよね。

とまぁ、そんな手土産の話はそんな所にしまして、さっそくお宅を拝見させていただきました。

やっぱりこういった実際に建てて生活されている家を見るのって、結構参考になるんですよね。
色んな理由があって、ここはこーしたとか、あそこはこだわったとか。
そんな話も聞けますし、見学される方と、お宅を公開してくれるオーナー様と、ざっくばらんに話をしてくれるから・・

2015年4月 4日

横須賀市長沢『bamboo house』の屋根・外壁のガルバリウム鋼板は只者ではない!


yokosukashi-nagasawa-bamboo-house-shisatsu.jpg

今日はなんだか芳しくない天気でしたけど、雨の降っていない時間帯に横須賀市長沢に建てている『bamboo house』に行って参りました!

外壁のガルバリウム鋼板の進捗具合を見たかったのですが、まぁほぼほぼ張り終わっている感じですね。

実はこのガルバリウム鋼板、中尾建築工房で取り扱っているのは割りとマニアックなガルバリウム鋼板です。
なにがマニアックなのかといえば、ガルバリウムの厚みだったり、長さの加工がマニアック。

普通のガルバリウム鋼板だと、長さは最大4mまでしか無いので、平家の家ならまだしも2F建ての家になるとかならずジョイントが出来てしまいます。

そんなジョイントなんて『要〜らないっ!』って〜のが私の考え(笑)

なので中尾建築工房のガルバリウム鋼板は1枚モノで貼り上げてしまうのです。

2015年4月 3日

横須賀通研通り桜が咲いてます!


中尾建築工房のほったて小屋がある横須賀市内の通研通りは、毎年春になると桜がアーチ状になってくれて、とってもキレイに咲くのが有名だったりします。

koubou-sakura-jiko.jpg

ちょっと私の撮影がよろしく無いので、ボケちゃってますけど。。

まぁ、実際に見に来てもらった方が良いかもって事で(笑)

この時期はそろそろかな〜なんて思うと、雨が降って桜の葉が落ちてしまう事もあるんですけど、まぁまぁ良〜感じで今年も咲いてくれてますね。

今日みたいな平日でも、場所によっては散歩しながら花見をしている高齢の方たちも居らっしゃる位です。

みなさん、結構高そうな一眼レフのカメラとかを持って、撮影している方も多かったですよ。

私も老後は、こ〜んな感じでぼちぼち過ごせるのだろうか・・

そんな事を思いつつ、事務所内で仕事をしていると。。

なぜかドーンッ!と音がする。

なんだろう・・・って表を見に行くと。。

2015年4月 2日