鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2015年2月 | 神奈川工務店TOP | 2015年4月»

横須賀市野比『女性建築家の建てる家』軒の出無しの正しい造り方


中尾建築工房から割りと近いエリアに建築中の横須賀市野比『女性建築家の建てる家』

そろそろ外壁の左官下地が始まりまして、アスファルトルーフィングやラス網の施工段階に入ってまいりました。

yokosukashi-nobi-kenchikuka-jyosei-s.jpg

現場の棟梁にリフォーム現場の段取り打ち合わせがありまして行く事にしたのですが、こちらのお宅は一般的なお宅と違って屋根の軒先が無い家になります。

湘南方面だと割りと軒先の無い家が多いかと思うんですけど、造り手の私達としてはちょっと心配な部分があったりするんです。

そもそも軒と言うのは建物よりも外に出っ張らせて造るモノになるのですが、何故に軒を出っ張らせるのか?
これは雨除けになると言う理由もありますし、屋根と言うのは軒先廻りから傷んでいくんですよね。

仮に軒先が50センチ程度建物より跳ね出していて、何十年も経過した頃には屋根の中でも棟や軒先が傷んでいたりします。
そんな時には棟や軒先廻りの屋根下地をリフォームの際に貼り替えたりするのが一般的。

これは私が大工の棟梁をしていた頃、かなりのリフォーム現場に携わりましたので良く分かるのですが、雨が侵入したケースもあれば、結露による場合も割と多いのです。

で、この結露水がどこかに貯まらず、流れていく分にはなにも問題が無いのですが、やはり抜けない結露水って言うのもあったりします。

そうするとまずは水が腐り始めます。
水が腐ると木造住宅の場合、木部になる野地板(のじいた)や垂木(たるき)、破風板(はふいた)、軒天(のきてん)等が腐った水によって腐朽菌に侵食されていきます。
侵食された木部は当然強度が無くなってしまいますから、屋根が弛んだりする原因になりますね。
ただ、通常の建物の様に、軒が建物よりも飛び出ているならなんの問題も無いんです。

では今回の様に軒の無い家になるとどうなるか。

もう直接、軒桁、棟木がやられてしまいますから、それはもう建物の瑕疵になってしまいます。

それでも意匠的にはその様なデザインにしたい場合、さぁどうすっか!

2015年3月31日

鎌倉・逗子・葉山・横浜の土地探し|重要なポイント!


3月末になりまして、不動産会社さんでは決算期を迎えるために、昨日は相当バタバタしていたのではないでしょうか?
最後の週末ですもんね。

この決算期、売主となるのが一般個人ではなくて、不動産会社所有の物件だったりすると、本決算に含めたいという意識から価格の交渉が出来たりするんです。
そうだな〜、タイミング的には決算前の一ヶ月前位を指すのがベストだと思いますけどね。
あんまりギリギリになってしまうと、ライバルが現れてしまったりするから、むしろ価格交渉が出来なくなるなんて事もある。

ところが売主さんが個人の場合だと、そこそこお金を持っていれば、まーそんな価格の交渉なんて出来ないよ〜と言われてしまう事も多々有ります。

そんな中、慌てず焦らずで土地探しをしている方に、こんな土地はどうだろうと質問が来てました。

kamakura-zushi-hayama-yokohama-tochisagashi.jpg

一見、何の変哲も無い様な、前面道路に傾斜のある土地でした。

さてとこの土地、私が初めて土地を買う方にオススメするのか、もしくはしないのか?

一概には言えないんですけど、買う理由にもよるかと思います。
そう、買う理由なんです。

鎌倉や逗子、葉山に横浜なんて地域と言うのは、そもそも山が多いエリアになります。
山の麓なら平坦だったりするし、山の中腹だったら道は斜めで麓に降りるのには時間が掛かったりする。
いずれにしても山の多いエリアになる訳だから、どうしても山を削って宅地を開発している場所が多い訳なんですね。
だから前面道路が斜めだからと言って、宅盤が平らだったら良いのでは・・・となるのがお約束。

でも、私的にはやはり前面道路はなるべく敷地とフラットな方がいいかな〜って思います。
これが逆にきちんと整備されている土地なら話は別だったりするんです。

もう外構廻りの土留が適切になされていて、建物以外には費用が発生しないのであれば、それはそれで結構だと思います。
贅沢を言い出したら切りがありませんからね。
もともと鎌倉・逗子・葉山・横浜エリアと言うのは、山を切って団地を開発する所が多い訳ですから。

それに前面道路が斜めなのが全てに置いてデメリットなのかと言えば、そうでもない。
例えば眺望通い場所だったりすれば、当然雛壇と呼ばれる土地の造り方なります。
雛壇を簡単に言えば、段々畑を想像して頂ければ分かりますかね。
そしてその低い方向に海やら富士山やら見えちゃった日には『ここ、いーじゃん!!買っちゃう?!』なんて事にもなるでしょう。

ただ、不動産の知識の無い状態で初めて家造りをされる方には、なにがよろしくてなにがよろしく無いのか?
このあたりをきちんと理解して購入されるなら良いんだけれども、まったく理解されないで立地と日当たりだけでは購入して欲しくはないんです。

今回、私がこの土地をお勧めしないごくごく一般的な理由はね。

2015年3月30日

葉山町長柄(葉桜)から桜山ショートカットの山道を行く


現在、葉桜団地を検討されている方から、こんなメールを貰いました。

葉桜団地から逗子駅へ歩くのに、バス通りとは別の"山道"というのが存在すると聞きました。 その道がどこのことか分からないのですが、ご存知でしょうか?葉桜団地に住んでいる人は、朝は通勤でその道を使って歩いて駅まで行く人も多いそうです。


なるほど。

で、私がその山道を知っているかといえば、話には聞いた事がある程度でして、実際には登った事が無い。

グーグルマップには道として認識されていませんから、当然のごとく地図としては現れない。

では明細地図ならどうだろうと言う事で、明細地図で調べたのがこのルート。

明細地図は、地図を作成する会社の人たちが実際に歩いて確認をし、地図を作っています。
だから小道でも山道でも載っていると思った訳です。

そのイメージがこちら

hazakura-zushi-yamamichi.jpg

このイメージをPDFにして、土地探しをされている方には送って差し上げました。

でも、私的にもちょっと気になるなと。

イメージ上の緑色で記されている平坦な道は、私の自宅から徒歩5分位の場所になります。

せっかくだから、自分でも現地に行って確かめてみよう!

好奇心旺盛な40代ですが、なにか?(笑)

ここで笑ってしまうのが私の行動なのですが、人には地図を差し上げて、自分では地図を見ないんです。

『多分この辺だべー!、行けんべー!』なんて感じで逗子側から桜山に向かって坂道を歩いて行きます。

そしたらその途中の家に住むおじいさんが私の顔をずっと見てるんです。
私は軽い感じでおはようございまーすとお話すると、おじいさんは言いました。

おじいさん
『どこ行くの』


『この辺りに山道があるって聞いて、登ってみようと思って来ました』

おじいさん
『道って言っても、ガシャガシャだよぉ〜』


『あ〜、そうなんですねぇ〜、でもせっかく来たので登ってます!』

と、せっかく親切なおじいさんの言葉を顧みずに、チャレンジャーな私はそのまま先を進みます。

するとどうでしょう。

2015年3月29日

雑誌『住む』に中尾建築工房施工事例邸宅が掲載されました!


雑誌と言えば、住宅雑誌だったり生活雑誌だったり色々あると思います。

中尾建築工房が直接関係するって訳ではないのですが、中尾建築工房が取り扱っている自然素材のメーカーさんが『住む』と言う雑誌に広告を出しました。


sumu.jpg


その広告に掲載されていたのが、中尾建築工房で施工させて頂いた案件になるのです!

今回の雑誌『住む』は、よみがえる古い家と言う事で古民家風を意識して、中尾建築工房の施工事例が選ばれたのかな・・

そんな思いもある広告はどの様に掲載されているかと言えば、こんな感じ!

sumu2.jpg

まるで特集の内容を知っていたかの如く、しっくりと来るお宅で掲載。

自然素材のメーカーは全国に販売をしている訳でして、そこに選ばれるのもなかなか立派なモノだと思います。

雑誌自体も私は嫌いな感じの本ではないので、ぜひとも書店に行かれた際にはご覧頂ければと思いまーす☆

2015年3月28日

東京湾に潜り込んだイルカの帰し方知っている人!


ちょっと前にこんなブログを更新させて頂きました。

なんと東京湾にイルカがいらっしゃるんです!

先に言っておくけど、八景島のイルカじゃなくて、ガチの東京湾にイルカが泳いでいるんです。

私の釣りのホームは東京湾走水。

んで、船長にこんな事を聞いてみました。


船長、久里浜沖でタチウオやってる時にもイルカ居たから、かれこれ2ヶ月くらいは居るんじゃない?!

船長
違げえよぉ〜、半年以上前から居て、東京湾に入っちまって出方が分からねぇんだよぉ〜

との事。

ちなみに一瞬ですけど、私が撮影した動画にイルカが写っています。

撮影しないと目の前でバンバン跳ねてくれるんですけど、撮影しようとすると出てこないんですよねぇ•••

一見、楽しそうにツガイで泳いでいるんですけど、なんとなーく寂しそうな気もします。

出来れば群れに、帰してあげたいなぁっと。。

そこで有識者の方がこのブログを見つけてくれて、東京湾内に彷徨い込んだイルカ救出作戦を実行してくれると願って更新!

で、実際の釣行はどうなのかって言うと、タチウオの様にアジは釣れなくなる事はありませんでした。

むしろ釣れたら、イルカがジャンプしておめでと〜と言ってくれてる様でした。

イルカは人間みたいに人の気持ちが分かるみたいですね。
釣りの邪魔はしないみたいな。

で、釣果のアジはどうしたのかって言うと。。

2015年3月27日

湘南スタイルMagazine湘南家造り相談室再開しまーす!


と言う事で、今季号が26日に発売されます湘南スタイルMagazineにて、お休みをさせて頂いておりました湘南家造り相談室が再開されます!

でも先に言っちゃいますけど、おそらく湘南家造り相談室はあと一年ほど、湘南スタイルマガジンは季刊誌で発売されておりますから残り4回ほどで終了とさせて頂こうかなと。

なんだかんだと数えてみたら、かれこれ湘南家造り相談室自体がVOL.31の歴史があります。

それに対して湘南スタイルMagazine自体は創刊号から数えてVOL.61。

つまり湘南スタイルMagazineの歴史の半分以上、年数にしておよそ8年は継続して来たって事になるんですよね。

その間と言えば、さまざまな相談がありまして、重複している相談もあったりしました。

これだけの期間を継続していると、相談内容にはある一定の法則があるんです。

どんな法則かと言えば、資金的な相談だったり、家の素材の相談もあります。

依頼先選びの相談もあれば土地探しの相談だったり、メンタル的な相談もあります。

ぶっちゃけ言ってしまうと『その内容って、確か以前に回答した記憶あんだけど・・・』って事になる訳なんですよね。

ま、確かにその頃には相談者の方が本を見ていないって事もあるだろうから、メールでは回答して来ました。

ほぼほぼ似た様な回答にはなってしまうのだけれども、個別には回答をさせて頂いてました。

言ってみれば、そろそろ潮時なのではないかと。

後は相談内容が重複するだけで、エンドレスに続いていく様が気がするのです。

それに私も建築設計事務所と工務店の仕事以外にやりたい事、やるべき事があります。
少しの時間でも節約したい気持ちもありますから、残り4回ほどで終了させて頂こうかと思ったんですね。

そのかわりと言っちゃーなんですけど。。


2015年3月24日

葉山町長柄|壁塗り作業を抜き打ちチェックしに行ってきました!


中尾建築工房の歴史の中で、創業から続けている事があります。

それは家を建てる施主様が内装の天井や壁に珪藻土を塗ると言う作業になるのですが、一般的にはあんまり知られてない作業だと思います。
そりゃーそうです、だって家は職人さんをまとめる工務店が造るモノであって、施主様側としては費用を支払うって依頼をするのが一般的。

でも、昨今ではやたらとなんでも自分でやってしまおうなんて傾向は強いと思います。
私達はすでに慣れっこですから、施主施工なんて言葉が当たり前なのですが、聞きなれない方にとっては『そんな事までしなくちゃいけないの〜』なんて思われる事でしょうね。

そんな施主施工、メリットは少しでも費用が安く出来ると言う事。
職人さんの人件費分は浮きますので、中尾建築工房の場合は30坪辺りの延床面積の家であれば、ざっくりと70万円ほど安く出来たりします。

メリットとしては価格が抑えられると言う事。

デメリットとしては、疲れる、遊びに行けない等がありますよね。
お子さんが大きい家庭であれば、家族で作業をシェアする事も出来るけど、子育て世代だとしたら、作業期間はお子さんとも触れ合う事が出来ません。

そんな中、やはり施主施工の作業を希望されたお宅が今日もしっかりと作業をしているのか、私がアポ入れ無しで見に行ってきました!

hayama-nagae-s-keisoudo-seshusekou.jpg

ご夫婦お二人でそれぞれ分かれての作業をされておりました。

ちょうど石膏ボードのジョイントに施工するメッシュテープを終わらせて、いざパテ下地の作業を行ってもらっておりました!

これねー簡単に見えるんだけど、けっこう力要るんだよねー
手首だけの力だけでもなくて、しっかり抑えて素早く整えると言う作業になりますから、腕力もそれなりに必要。

実際にお二人の作業を止めてもらって、私が見本を見せる。
そしてお二人に見本と同じ様にやってもらって、また修正するところは修正する。

そんな感じで施主施工の作業を見守って来ました。

でもね、こうやって黄色の壁だけだと、ブログをご覧になられている方はおそらく面白く無いのではないかと思います。

施主施工珪藻土の作業をしているのは2Fだったので、今度は1Fの写メも合わせてご覧頂きましょ〜☆

2015年3月23日

つけ麺&串焼きダイニング|新逗子絆心さん☆


以前に中尾建築工房で家を建てたオーナーさんと『久しぶりに呑みにでも行く?!』な〜んて会話になりまして、私もオーナーも気になっていたお店に行ってみました!

shinzushi-kishin.jpg

場所的には私の住んでるベルメゾン逗子から歩いて二分位の所にあります。

ちょうどファミリーマート脇の路地裏にあると言えば分かりやすいかもしれませんね。

こちらのお店、以前はお寿司屋さんだった店舗を改装されてオープンされているのですが、以前のお寿司屋さんはまったく以ってわたし的にはNGでした。

だってさー、お寿司屋さんってネタの熟成度合いが肝心な訳で、釣りたての新鮮ならなんでも良い訳でもなく、適正な温度で熟成した刺し身の方が美味しい訳です。

以外と思われるかもしれませんけど、釣りたての鯛なんて、コリコリ(死後硬直状態ね)してるだけで、甘みなんか感じられないですからね。

これ、私は沖釣りアングラーだからこそ知ってる事なんですけど、以前のお寿司屋さんはそれ以前の問題で、超デカイ冷凍庫がお店の入口ドカンとありました。
入った瞬間『あちゃぁ・・これ、失敗したかも・・・』と思いつつ、気を取り直して『なにかオススメのネタってありますか?』って聞いたら『そこに書いてあるだろっ、ムスっ・・』って感じのお店だったんです。

建築設計事務所や工務店の業界でも、こういった対応されている方がまだまだ非常に多い業界だと思いますけど、これじゃぁ依頼なんてある訳ない。

当然、そのお寿司屋さんはいつも開店休業状態な訳で、そうなってくるとさらにネガティブ思考からネタは全て冷凍・・

なので以前のお寿司屋さんは一回行って、二度と行かないと心に決めた場所でもありました。

そして新規にオーナーチェンジとなってオープンしたと言う事で、行ってみる事にしたんです。

料理については食べログリンク張っておきますから、そちらをご参照くださいね。


2015年3月22日

藤沢市弥勒寺『Simple natural』上棟☆


2015年3月20日さだんの日に藤沢市弥勒寺にて、『Simple natural』の家が上棟しました!

hujisawashi-mirokuhi-k-jyoutou.jpg


え〜、こちら藤沢市弥勒寺の家は、以前に中尾建築工房で家を建てたオーナー様つながりで中尾建築工房にお越しになられた方となります。
以前に建てたオーナー様も、今回、上棟をされたオーナー様も、共通項としてはご主人が車好きって所でしょうか。

その車趣味的発想がありまして、『Simple natural』は建物配置からなにから車優先(笑)

まー、そうだよねぇ・・
あんだけでっかい車を停める訳だから、そりゃー敷地の面積も車でだいぶ削られてしまう事になります。
そのため、若干形状が普遍的にはなっているものの、シンプルかつナチュラルな雰囲気を意識している家ですね。

『Simple natural』

2階リビングで勾配天井が気持ちいい家になっているのですが、そうだなぁ・・

なんだか以前に建てたオーナー様が、この家の完成形を見た時には・・

多分ね、親近感が湧くって言うか、とっても似た様〜なイメージを持たられる事だと思います。

強いて言えば外観イメージは違えどって感じかな。

そんな『Simple natural』の家は、こーゆー話だけをしていると、男のロマン系の家に見えるかもしれません。
でも、ちょっと女性色が内部には出てくる家になると思います。


2階キッチンや洗面には、可愛い感じのタイルを貼り巡らせたりとかー

2015年3月21日

木材利用ポイントの最終申請完了しました!


やっと終わったなぁって言っても良いかと思うのですが、ふっと湧いて出て来た木材利用ポイント。

中尾建築工房としては最後の申請となるオーナー三邸宅分の申請を本日、無事終える事が出来ました!

mokuzai-riyou-points-shinsei-saigo.jpg

すでに何十軒ものオーナー様宅を申請しておりまして、実際に申請業務をしているのは全てこの私。

そして窓口になっている会社の受付担当者の方も、毎回毎回同じ方。

だから慣れてくると、申請の確認ってもんが早くなってきますし、コミュニケーションなんかも取れてきたりします。

しっかし、なんだってさ〜、この手の申請もんって慣れた頃には終わってしまう。

そしてまたなんだかエコポイントが出るだの、すまい給付金が出るだの、また一から覚え無くてはならない訳で・・

もうちっと効率ってもんを考えてもらって、おんなじ部署で出来ないもんなんですかね・・

これは私達だけではなくて、おそらく事務局となる木材利用ポイントの事務局の方であったり、申請窓口になってくれている会社さんの受付の方も同じ様に思っていると思います。

マニュアルのチェックをするだけでも、そりゃー大変な感じですからね。

2015年3月20日

葉山町一色『空窓の家』が注文住宅神奈川で建てるに取材を受けました!


これは先週末のお話。

午後から引き渡しがあったのですが、その前には同じく葉山の一色に建てた空窓の家に行ってました!

私の自宅のある逗子から葉山の一色に向かって、まずは取材。

そして一旦逗子の自宅に戻って、引き渡しの準備もしつつ、そして準備が終わったらまた葉山の堀内に出掛けて引き渡しー

やっぱり週末は逗子葉山って混み合いますし、家と仕事場が近いのはホントに有り難い限りでございます!

hayama-isshiki-o-shuzai.jpg

ちょっと私のケータイが汚れてしまっているので、画像が悪いのはご勘弁・・・
今日も空窓から日差しがいっぱい入っておりました!

2015年3月17日

葉山町に建てた新築一戸建ての注文住宅|完成見学会情報更新しました!


引き寄せの家奥様
『そういえば見学会どうすんの?』

私『だって引き渡しすんだから、やらないでしょ?』


引き寄せの家奥様
『だって私達も長沢の見学会に行って、どこで建てるか決めたしさ〜
あの頃、一応中尾さん本命だったんだけど、やっぱり家を見て決めたいって事もあったし。。
見学会はやっぱりあった方がいいと思う』


『んじゃ、取り敢えず入居してもらって、ダンボール片付いてから、住んでますけどなにか?見学会でもやる?』


と言う話が現場でありまして、見学会を開催する事になりましたー☆

hayama-horiuchi-m-completion-ibent.jpg

すでにご入居されている状態での家具付き完成見学会イベントになります!

では見学会情報を更新しますね。

場 所: 三浦郡葉山町堀内  (雨天決行) 
日 時: 2015年4月11、12日(土日)
時 間: 10:00~17:00(最終受付16時)
立 地: 葉山町の中ではとっても便利な好立地
内 容: 葉山を楽しむのだから我慢なんてしない!大人が建てるジブン•Style!☆
建 物: 葉山町堀内『葉山堪能空間|引き寄せの家』

2015年3月16日

葉山町堀内『葉山堪能空間|引き寄せの家』お引き渡し☆


2015年3月14日の建築吉日に葉山町堀内にある『葉山堪能空間|引き寄せの家』のお引き渡しをさせて頂きました!

hayama-horiuchi-m-ohikiwatashi.jpg

なんだかとっても個性的な外観になる『葉山堪能空間|引き寄せの家』なのですが、個性的なのは外観だけじゃないんだな・・・これが。。
パッと見ると屋根はガルバリウム鋼板の立平葺きでして、外壁には自然素材の漆喰に、杉板を自然塗料で着色して仕上げています。
さらに玄関とバルコニーの軒下にはレッドシダーの板貼りを行っている『葉山堪能空間|引き寄せの家』

建物のカラーバランスが比較的下の方に重心が掛かっていて、上の方が軽い感じになってます。
こうする事によって、高さのある建物ですけど、しっくりした感じに見えるんですよねー

設計を開始したのは、かれこれ夏前だったかと思うのですが、こんだけ濃ゆい家にも関わらず入居までには一年掛かっていないのには、ちょっとばかし自慢出来るのではないでしょーか!


さてと、今回引き渡しをさせて頂きました『葉山堪能空間|引き寄せの家』は、至る所に理由付けをした居場所があるんです。

2015年3月15日

不動産業界の悪しき習慣 あり得ないけどあり得てしまう高額な紹介料


皆さんは、こ〜んなWebを見た事ってありますでしょうか?

2015年 あなたのテーマとなる「漢字一文字」


私もどこで見かけたのかは忘れちゃいましたけど『ふ〜ん、そんなんあるんだ〜、じゃあやってみよっかな!』
と言う軽〜い感じでやってみようかと。
ちなみに私は1970年11月28日生まれなので、それを入力してみました。

そして出て来た漢字一文字は。。

watashi-2015-tatakai.jpg

あれ〜、なんだ戦いって・・
私のイメージだと『楽』とか『遊』とかってイメージだったらいいなと思っていたんですけど、何故か『戦』

確かに私は、なにかしら常に戦っているイメージが確かに自分の中にあるんです。
さて、どんな戦いがあるのかって言うと、不動産業界の方との風習には相反する部分があるんです。


出来れば『戦』じゃなくて、『楽』とか『遊』のが個人的には好きなんだけど、調子くれてんヤツにはきっちりとカタにはめてやんねーとね。

って事で、不動産屋さんには誰であろうと一切媚びない中尾建築工房。
ちょっと私の身近で起きた事をここで公開しちゃいましょう!

2015年3月13日

三浦半島で釣れる◯◯タイと呼ばれるお魚講座


ちょっと前にこんなメールを頂きました。

miurahantou-tai-nakama.jpg

野菜と卵20個のアイディアは、もちろんこの私(笑)

地鎮祭でのお礼のメールをご丁寧に頂いた訳なのですが、途中まで私は『うんうん、良かったですねー』なんて見てた訳です。

ところがどっこい、PSの後にお供えのアマダイとありました。。

アマダイじゃなくて、キンメダイのまちがいなんじゃね〜の?!

と、休日漁師中尾としましては、三浦半島や湘南に住む上でアマダイとキンメダイを間違えてしまう様ではちょっと心配。
だって海に囲まれたエリアに住むのに、この程度の知識。

しかも中尾建築工房で家を建てた、もしくは建てるオーナーがこれではいけねぇ!

って事で、◯◯タイと呼ばれるお魚について、写真付きで書きますから、ぜひとも覚えておいて頂きたいと思う訳です。

2015年3月12日

葉山町長柄|接道の長い旗竿敷地は果たして買い得なのか?


現在、土地探し中の方から『この土地どうっすか!』的なメールを頂きました。

hayama-hatazao-tochi-yoshiashi.jpg

土地の情報を見てみると、道路は西4.7m幅(接道幅5.1m)となっております。

土地の価格はこの辺りの立地的には高い方な金額ではありません。
駅も徒歩圏だろうし、車に自転車を置けるスペースがあるのはかなり心強いかと。

ただし正方形や長方形の土地の形ではなくて、あくまでも旗竿の土地になります。

ではこれが果たしてお買い得の土地なのかって言うと。。

まず、接道の長さが5.1mとの事。

旗竿の土地なんだけれども、車と自転車は余裕で置けるスペースがある事になりますよね。

まぁ、この駐車や駐輪スペースがあるのは確かに嬉しい所ではありますけど、旗竿だって事にはなんらかわりは無い訳なんです。

んでね、おそらく価格の交渉も出来るとは思いますけど・・

これ、旗竿敷地に対して不動産屋さんが言う接道幅と、建築屋さんが言う接道は若干違うと思うんです。

たしかにこの画で見ると道路に敷地が接している距離は5m以上ですよね。

でも私たち建築設計事務所から見た接道は、そこでは見ないんです。

そもそも建築をする上での接道要件と言うのは、建築基準法上の道路として認められる道路に対して2m以上接している事が建築する上での条件となります。
では果たしてこの土地がそれに該当するのか?

まぁ、細かい寸法が乗っていないのでなんとも言えませんけど、私達が接道を見る時にはここを見ます。

2015年3月10日

住宅用照明器具にちょっと一手間掛けてみます。


住宅照明と言えば、各照明メーカーに記載されているカタログモノの中から、照明器具を選択しまして取り付けるのが一般的。

照明器具のワット数もそれぞれ違ったり、色温度なども様々なラインナップから選ぶ事が出来る時代です。

でも、注文住宅の場合って、必ずしもその室内の雰囲気にあうモノが必ずあるかと言えば、そうでもなかったりします。

例えば中尾建築工房の場合で多いケースがリビングの天井を板貼りをするケース。

そしてそこにダウンライトを入れる場合などは、私もちょっと悩んだりします。

なぜならダウンライトの縁って白とか黒のいずれか、もしくは和風な色合いの縁になってしまったりするんです。

その色合いが板貼りとあうかと言えば、ちょっと気になる。

そんな時、少しの時間があると、こんな事も出来たりするんですよね!

shoumei-dl-tosou.jpg


これ、箱から出した状態のダウンライトになります。
皆さんは仕上がった所のみご覧頂く事が多かと思うのですが、実際のダウンライトって天井の中に埋まっている部分がこれほどまでにある器具なんです。

へ〜って感じですかね(笑)

2015年3月 9日

三浦市南下浦にて地鎮祭☆


2015年3月8日(日)赤口の建築吉日さだんの日に三浦市南下浦にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!

この日は物事がすべて定まりとどまる日で新規事の開始に大吉 地鎮祭等の神仏祈願 祝い事に吉日と称されるめでたい日になります。

六曜の読みでは赤口
この日は午前も午後も駄目でして、お昼12時から13時までに執り行わせて頂くと、とっても良き日となりますので、当然の如くお昼ピッタリの12時から地鎮祭を開始させて頂きました。

今日の地鎮祭の感想としては、取り敢えず首が痛いって感じ・・

さて、場所はどんな所かと申しますと。。


miurashi-minamishitaura-h-jichinsai.jpg

天気はちょっとどんよりとしておりましたので致し方ないのですが、今日は日曜日と言う事もありまして、たくさんの観光バスが海岸駐車場にて停車をしておりました。

なにかのツアーかと思うのですが、もしかすると河津桜を見に行こうツアーだったんじゃないかと。

と言いますのも、三浦海岸の駅前にはどでかい河津桜がありまして、すでに満開の見頃となっております。
桜と一緒にマグロを食べよう!なんてツアーだったのかな〜なんて、勝手に思うこの私。

ま、ツアーの方は良しとして、今日は天候がなんとも微妙な天気。

けれども頑張って雨を降らせない様、ずーっっっと空を見てまして『雨なんか降らせたら、容赦しませんよー』と空に願掛けをしておりました。

おかげ様で地鎮祭とご挨拶回りの間はきっちり雨も振りませんでした。
それで首が痛いんですけどね(笑)

まぁまぁ、役に立った様で良かったです。

2015年3月 8日

葉山町堀内|進行中の現場に行ってきました!


つい先日、ひさびさ現場に出られる時間がありまして、葉山町堀内に建つ『葉山堪能空間|引き寄せの家』に行ってまいりました!

どんな感じの家かっていうと、おそらく良く分からない感じだと思います。。

hayamamachi-horiuchi-m-n-shisatsu.jpg

分かりますでしょうか・・・

外壁にはホワイトの漆喰の塗り壁に、アクセントウォールとして杉板を自然塗料で着色した色合いになっております。
急勾配の屋根にはガルバリウム鋼板の立平葺き。
そして玄関とバルコニー部分の軒天にはレッドシダーの板貼りを施した外観ですね。

だって前面道路が4mだしなぁ・・
しかも敷地一杯に建っているもんですから、これが限界・・
やっぱり広角レンズのカメラを購入した方が良さそうですね。

そして別アングルで撮影すると、こんな感じ。

2015年3月 6日

無垢板を使って造る机DIY編


以前に中尾建築工房で家を建てたオーナー様から、こんな連絡を頂きました。

中尾さんとこにある無垢板で、出来ればタダ的な感じで譲ってもらえる無垢板はありませんか?

値段の付いた無垢板はあるけど、タダねぇ(笑)

そんなのあるかな〜って中尾建築工房の倉庫を探してみること3分

まるでカップラーメンが出来上がる時間で探せる事の出来たのが、この板です。

keyaki-mukuita-tada.jpg

クリの一枚板をどかしてみると、奥にはケヤキの一枚板がありました。
長さ的にも幅的にも、これならオーナーの要望には合っている。

表面は汚れているけど、サンディングしてしまえばキレイになるし、汚れを落とすだけでも結構違う感じになりそうです。

このケヤキの板は、以前に閉鎖する事になった工務店さんから譲り受けたモノですので、特にお金は必要の無い板です。

なので、これだったらだいじょうぶとメールでお送りしまして、差し上げる事になりました。

その差し上げた板がどの様になったのかって事で、完成形の写真を送って頂いたんです。

2015年3月 5日

大工さんが教える造作工事の価格について|果たして安いか、もしくは高いのか?


良く、こんな事を聞かれます。

『造作でやれば安く出来ますよね?』って。

おそらく住宅本とかをご覧になって、そういった事を知る場合があると思うんですけど、先に言っておきますね。
はっきりと言わせて頂くと、造作工事はさほど安くはありません。

むしろ既成品の方が安く収まるかと思います。

ではなんで住宅本などで安くなると書かれているのか?

多分ね、これは既成品モノの定価で試算されているのではないかと思うのです。

既成品モノの定価VS造作した場合

これで検討したならば、そりゃー確かに造作の方が安くなるかと思います。
でも実際には既成品の場合って、掛率とかが存在したりしているので、定価で購入するって事は、まず無いかと。
んで、既成品の場合っつ〜のは、規格を決めて大量生産する訳なんです。


既成品モノ
図面は同じ図面
ラインを造ってしまえば、後は大量生産ゴー!

造作工事
図面は毎回違う図面
色々と吟味しながら素材を選んでいく
そして全ての素材が決まったら図面を完成させて、現場で大工さんにオンリー1を造ってもらう。

こんな感じの差ですかね・・

既成品モノに関しては素材自体も一括購入が出来て、造作工事の場合は都度、数量を数えて資材を調達します。

さて、こうやって説明すると、どっちが安いと思います?

まだちょっとピーンと来ない方もいらっしゃるかと思いますので、こんなモノをご覧になると良く理解が出来るかと。

zousakukouji-takai-yasui.jpg

これは造作工事の見積もりでは無いのですが、システムバスルームの見積書になります。

これをご覧戴くと、参考定価なる項目と、金額と言う項目にそれぞれの価格記載があると思います。
いわゆる定価と仕切り値ってヤツでして、これをざっと計算させて戴くと参考定価が100%に対して、38%の掛率で中尾建築工房に納入されると言う事を示しています。
この様に定価に対して掛率を掛けて入ってくる実売価格の事を仕切り値もしくはネットと呼ぶんですね。

これ、ホントはクライアント側になる施主の方たちは見れない見積もりなんですけど、結構お安くありませんか?

ただ、この掛率はそれぞれメーカーによってバラバラなので、必ずしも同じとは限りません。
モノにもよるし、高いのは定価以上になる場合も実際にはあります。


けれども大抵の場合は掛率が存在しますし、定価にはなりません。

だから既成品モノの定価ではなくて、割引率のある価格VS造作した場合

こうなると、造作工事の方が高くなるのは分かって頂けるかと思います。

そんでね、またまた参考までに造作、もしくはオーダーで造るキッチンなんかもあるんですよね。
そこには掛率というモノが存在しませんで、ぶっつけ本番の直出し見積がこんな感じ。

2015年3月 3日

木材利用ポイント最後の申請ご連絡事項です。


木材利用ポイントの最後の申請となるオーナーの皆様へ

中尾建築工房では、家を建てるオーナーの皆様に木材利用ポイントの代理申請を行ってきました。
そして今回が木材利用ポイントの最後となる代理申請になります。

代理申請の対象となるオーナーの方は昨年の9月末までに契約をされた下記のお宅が該当します。


葉山町長柄 緑-満喫出来る家 (木造住宅の新築・増築・購入及び床・壁・天井の木質化工事)

葉山町堀内 葉山堪能空間|引き寄せの家 (木造住宅の新築・増築・購入及び床・壁・天井の木質化工事)

三浦市初声 サーファーズHOUSE (木造住宅の新築・増築・購入)

以上のオーナー様宅が該当するかと思います。
サーファーズHOUSEのオーナー様は木造住宅の新築で申請を行います。
葉山の二邸に関しては、木造住宅の新築、及び床の木質化工事で申請を行います。
なので書類はそれぞれに対応した書類をアップロードさせて頂きました。

木材利用ポイントは、最後の最後まで申請書類が変わったりする事が多かったのですが、これで私の肩の荷も降りるってもんです。

これから代理申請業務を行いますが、上記オーナー様宅には提出して頂きたい資料がございます。

・運転免許証のコピー
運転免許証のコピーは裏面に記載がある場合は、裏面も合わせてコピーしたモノを提出して下さい。

・書類をダウンロードして署名捺印(二枚)

こんだけです。
書類に関してはちょっと重たいので、大容量ファイル転送サービスおくりん坊を利用して、各オーナー様にお送りします。
広告収益でなりなっているサービスになりますので、迷惑メールに入っている恐れもございます。
なのでちゃんと迷惑メールフォルダも確認して頂ければと思います。


そして記入するのはこんな感じの部分になります。

一つ目は木材利用ポイントの書類に申請者として署名捺印を頂きます。
ちょうど左上の部分にある記入欄の所です。
日付はこちらで記入しますから、日付は未記入でお願いします。

mokuzai-riyou-points-kakikata.jpg

そしてもう一枚は、即時交換申請書にも同様に記載する部分がございます。

2015年3月 2日