鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2014年8月 | 神奈川工務店TOP | 2014年10月»

Designのある木製玄関ドア造作|ウォルナットでやっちゃいます!PARTⅡ


前回の記事はこちら
Designのある木製玄関ドア造作|ウォルナットでやっちゃいます!


『おめー、やっぱり変わってんなー』の一言から3日ほど経った頃、中尾建築工房に新木場からオール無垢材のウォルナット材が到着しました!
材料としての括りで言えば、もちろん高価な建具材になりまーす!

mokusei-genkandoor-zousaku4.jpg

当初予定していた運送屋さんではなくて、私の熱い思いが通じたのか、商店の車で直接配送をして頂けました!

送料、結局掛かってないのね・・
本当に有り難い限りでございます。

さっそく工房内に搬入をしたのですが、部材が部材でして・・

あまりに高価なウォルナットの為、スタッフもあんまり触りたがらない。
なので商店の配送の方、向山、私の三人で工房内に並べました。

2014年9月30日

葉山町堀内|地鎮祭前打ち合わせ☆


え〜、一般的なお宅の場合、そろそろ地鎮祭だって頃なら、すでに仕様も設備も完全に決まって、書類が揃った時点で施工管理部隊に書類が廻ります。

そして工事の段取りをしていく形になるのですが、今回の葉山町堀内に建てる新築の注文住宅は、未だ何点かが決まっておらずに地鎮祭を迎えそうな感じになっております(笑)

普通の家の場合と、こちら葉山町堀内のお宅は何が違うかって言うと、おそらくオーナーのキャラなんでしょうね(笑)
一言で言わせて頂きますと、その一言に尽きると思います。

建てる家だって、こ〜んな感じの家でございまーす!


hayamamachi-horiuchi-m-chakkoumae-plan.jpg

これ、葉山町堀内に建つ家の住宅模型になるのですが、敷地のサイズからしても平面計画ではめーいっぱい使っておりまして、高さについてもめーいっぱい使っている家です。
設備面でもめーいっぱい一流どころを採用されておりますし。。

あ〜、そっか、そ〜ゆ〜事なんだよな〜

ブログ書いていて、自分でも再度認識をするのですが、なんでもかんでも、めーいっぱいなプランニングな訳ですよ。。
だもん、予算だって、めーいっぱいになるのは否ませんわね(笑)

私も長年大工やってるから、コストダウンの方法は結構知っているんだけどね。

でも、この家でここから更にコストダウンをする方法ってのが。。

自慢じゃないけど、さっぱり見つからないんだよねー

外観だけなら、この住宅模型の画像だけで判断出来ると思いますけど、なにしろ外見だけではなくて、中身も半端ない訳です。

一言で例えるなら、大人の溜まり場って感じの家と言えばよろしいかと(笑)

そう、そんな感じでユルーく進めてきたら、地鎮祭前なのにも関わらず、まだ契約書造ってない(笑)

私も私で『いっか、明日やれば・・・』って感じになってしまうんですよね。

ある意味、葉山案件だからこそ許されるであろうユルさだと思います。

だって、ここまで造って来たしねー
中途半端でコストダウンしたって、なんとなーく残念な結果になりかねないと思うんです。
だから設計担当坂井とも『もう、いいんじゃね?!下げようが無いってば。。』って意見で意気投合(笑)

そのまま直球勝負でオーナーさんと打ち合わせて頂きました!

hayamamachi-horiuchi-m-chakkoumae-plan5.jpg

居るんだよね〜、一年のうちに何人かの方がさ〜
人の言う事聞けって言ってんのに、暴走する人たち・・・

と言う事で基本的にはコストを抑える方向で話を進める中尾建築工房ではありますが、こちらのお宅に関しましては『もう、いいんじゃね?!下げようが無いってば。。』の精神に則って、施工部隊に引き継ぎをしたいかと思いまーす!

そしてプラン云々はさておいて、ようやくお魚の順番が廻って来たこちらのオーナー様には、超特大のカツオを差し上げる事に成功しました!

2014年9月29日

湘南の秋の味覚〜お魚を楽しむならこのお店


え〜、今日は一日で5組の方との打ち合わせを行わせていただきました中尾建築工房ですが、さっすがに打ち合わせスペースが三箇所しかありませんので、ギリギリなんとかなったと言う感じです。

そう、そんなんだったので、もうすぐ地鎮祭だって言うのにも関わらず、おもしろ系打ち合わせを行った葉山町堀内のお宅の記事にしようかなぁ。。

なんて思っていたんですけど、数人の方から湘南の秋の味覚を楽しめて、安くて美味い店を!と言う話があがりまして『だったら、このお店でいいんじゃないですか?』との話しをさせて頂きました!

なので今日は、そういったお店をご紹介させて頂きましょう!

私は基本B級グルメな人なので、B級グルメだと思われる方にはお勧め出来ると思います。

今回ご紹介するのは以前にも一度は載せていたであろう逗子市小坪のゆうき食堂さんですー

kotsubo-yuuki-shokudou-katsuo-sanma.jpg

私が今回頼んだのは、名前は忘れてしまいましたけど、戻りカツオの塩タタキなんちゃらと、新サンマの刺し身二点盛り定食を頂きました。

まー、カツオの厚みなんて、一番分厚い所は中尾建築工房の床板と同じ厚み位ありました(笑)

ここは秋の味覚として、今一番脂の乗っているサンマとカツオを食べさせて頂ける食堂です。

どちらかって言うとこのお店、品重視と言うのは一切なくて、ボリュームで圧倒する食堂って言えばしっくり来る感じのお店ですかね。

2014年9月28日

Designのある木製玄関ドア造作|ウォルナットでやっちゃいます!


今日は午前中が、鬼の様な土砂降りになりましたねぇ。。

私は前々から行きたかった用事がありまして、午後から東京方面に出向く事にしました。

私が仕事で東京に出向くって言うと、以前であればセミナー講師として様々な会場で能書きを垂れたりしておりましたけど、最近は自分のやりたい仕事をしたいので、依頼があっても拒否ってます。
ではセミナー以外で私が東京に出向くといえば。。

そうです。
たくさんの材木が揃うと言われている新木場に行ってまいりましたー!

mokusei-genkandoor-zousaku.jpg

午前中には、前々から行きたいと思っていた新木場の商店さんにアポ入れしていたのですが、横浜横須賀道路がなにやら大渋滞だったんです。
なので逗子インターで降りて、港南台辺りまで下道で迂回をしたんですけどね。

やっぱり東京と神奈川とでは、神奈川の方が高速道路の走り方がおとなしい様な気がします。
東京だと運転の仕方が熱くなるって言うか、結構な暴走トラックとかがあるので結構熱い走りになってしまう。。
もう少しトラックさん達、安全運転して頂けると助かるんですけどね。。

でも、なんとか13時には新木場にたどり着くことが出来ました!

今回、寄らせてもらった商店さんは、いつもの商店さんとは違います。
いつもは一枚板とかをメインで扱っている商店さんだったり、和室に使う様な銘木を扱っている商店さんに行ってました。
でも今回は使いたい木材が違いますので、ある商店さんにこんな事を聞きました。

『ごめんねー。今日の連絡は注文ではないんですけど、玄関ドアを造作で造りたくって、どこか良い商店さん知りませんか?』

そしたら、目的の商店さんを気持ち良く教えて頂けましたので、さっそく伺う事にしたんです。
当然、アポ入れも当日なら、行くのも当日(笑)

まだまだフットワーク軽いのは健在ですねー

かれこれ12年前は『明日行きまーす!』なんて言って、寝台列車で青森とかにも行ってましたから、東京なんて近いもんです。

現地の商店さんにたどり着くと、まずは自己紹介をしまして、買いたいモノの説明を。

でも、商店さんって言うと築地の市場の商人さんみたいに愛想がある訳ではありません。
むしろ、建築設計事務所の肩書きなんかで行きますと『どうせ木材の事分かってねえんだろ!』とか『木の値段だって知ってるのか?』って感じに構えられてしまう傾向があるみたい。
当然、木材の事を良く知っている人には、結構オープンな会話をしてくれたりするのですけどね。
工務店の肩書きだったとしても、木の事を良く理解している工務店さん自体が少なくなってきているから『どうせ仕事だけ取ったら、丸投げだろ?』みたいな感じにとらわれやすいんです。

そこで私の肩書きがこれまた良いんです。

元大工ですし、現場大好きだけど、首の骨折ってあんまり出来なくなっちゃった。
だからこんな感じで仕事してるんだよって説明をさせて頂いたんです。

大工であれば、木材の事はまず分かっていますし、私の場合は身振り手振りで一番重要な部分の説明をさせて頂きます。
それで理解をして頂けたのか『おめー、変わってんなー(笑)』と有り難いお言葉を頂きまして、取り敢えず木材を見せてもらう事になりました。

2014年9月25日

建設業許可を県知事から大臣許可へ


え〜、工務店って言うと、家を造る人たちだと思います。

施主と言えば、家を建てる人たちになりますよね。

中尾建築工房はもちろん工務店ですんで、いわゆる家を造る人たちになります。

工務店の中にもいろんな工務店があるんですけど、ほとんどの工務店さんは建設業の許可を取得した上で、契約内容に基づく工事を行っているんですね。

たま〜に許可の無い状態で家を造ったり、リフォームをしたりする工務店さんがあるみたいですけど、ここでは割愛させて頂きましょう。

そう、その建設業の許可なのですが、私たちの様な形態で動いていると、ほとんどの工務店さんが神奈川県知事から許可をされた一般建設業許可を取得して、家を造ります。

そしてもう一つあるのが、国土交通大臣から許可をされた特定建設業許可。

一般と特定で、なにが違うかって言うと、建てる建物の金額による所が大きいです。

建設業許可の種類などを調べますと、どのウェブサイトにも下記の様な内容が記載されています。

*****ここから*****
建設業を営む者は、元請・下請を問わず一般建設業の 許可を受けなければなりません。ただし、発注者から直接工事を請け負い、かつ3,000万円(建築一式工事 の場合は4,500万円)以上を下請契約して工事を施工する者は、特定建設業の許可を受けなければなりませ ん。(建設業法第3条第1項(施行令第2条)、建設業法第16条)
*****ここまで*****

ここに書いてある内容を簡単にすれば、中尾建築工房に依頼をする家の契約金額がおおむね5,000万円を超える方達が対象になる様な感じです。

でも普通に考えてですよ。

家に5,000万円以上を掛ける方って居ないと思うんです。

私もはっきり言って、今まで大工さんやって来て、居らっしゃいませんでした•••

ところが今回、結構な金額になってしまいそうな設計案件がありまして「これじゃー建設業の許可を変更しなくちゃ駄目なんじゃね?!」と相成りまして、ただいま県知事から頂いている一般建設業から大臣から頂く特定建設業の許可を取得するべく、あっちこっちに動き回っている次第なんです。

kensetsugyou-kyoka-shinsei.jpg

2014年9月24日

逗子市逗子のメディアアーツ


今年も始まったみたいですね、逗子のメディアアーツ。

私の住んでいる逗子市の賃貸マンションは、ちょうど逗子メディアアーツの会場になる逗子市文化プラザの前に建っています。
2〜3日前から始まったんでしょうか、逗子小学校側に借りている駐車場からマンションに帰る途中の文化プラザ前がとっても賑やかになっています。

その中でもプロジェクションマッピングショーなるイベントが、こんな感じで見られます。

zushi-medi-artz.jpg

文化プラザと逗子小学校が隣接しているのですが、逗子小学校の壁面を利用してプロジェクターを当てている訳ですね。

なんでもクリエイターの方が何人も集まって、このイベントやってるみたい。

逗子市と言えば、結構高齢化している町として有名だと思いますけど、こうやって若いクリエイターやアーティストが逗子市を盛り上げてくれるのってありがたいですね。
これがきっかけに、逗子市に住みたいって思う、新しい家族が増えてくれるといいですねー
若い家族が増えてくれれば、自ずと逗子市の未来も明るくなる。
そして若い方も諸先輩方も楽しく住める町になるのは、とっても良い事だと思います!

2014年9月22日

葉山町一色『空窓の家』の壁塗り進行状況を見に行きました!


今日は逗子や葉山に用事がありましたので、渋滞するであろう海岸線を車で走りました。

今日は海も穏やかでしたし、天気も良かったので、かなりの人が出ておりましたね。

さっそく用事も済ませまして、『空窓の家』の家に向かってみると。。

hayama-isshiki-soramado-kabenurichuu-shitami.jpg

すでに外部の足場は外れておりまして、建物外観が確認出来る様になりました。
足場が掛かっていると、どうしても養生シートがありますから、なんとなーくしか、イメージ出来ないんじゃないかと思います。
でも、こうやって足場が外れてくると、イメージも分かりますよね。

hayama-isshiki-soramado-kabenurichuu-shitami2.jpg

2014年9月21日

湘南方面の売り土地|長期間のさらし物件価格が下がりました


実は先日、私の所に某不動産会社さんから一本の電話が入りました。

その不動産会社さんは、確か一年ほど前に土地の価格の事で、私が個人的に相談を入れた不動産会社の方なんです。

その際には、こんな会話がありました。

不動産会社さん
『うちは儲ける気は無いんです。でも最近はプロの私達でも土地が買えない場合があるから、うちは高買いしてでも土地を仕入れますよ!今回の逗子の土地だったら、うちも結構高く買ってしまったんで、坪◯◯円だったらいいですよー』と言われていました。


『その価格ではちょっと買えないですよねぇ。。いくらなんでも高すぎますよ・・』

不動産会社さん
『そうですかー、でもね中尾さん。うちは仮に売れなくなりそうな場合でも、売れる様に土地と建物に付加価値をつけていくんです。仮にその土地を建売にしようものなら、とにかく安くではなくて、強気で高めにする。床暖房を入れて、サイディングも何種類もアクセントを入れて、システムキッチンだってそれなりのキッチンを入れます。一棟辺り建物だけでも2000万円以上で出しますよー』


『あ〜、あんまり湘南に合わない建物ですねぇ。。それに土地にしたって今の相場から計算しても、さすがに出せる金額ではありませんので、今日はこのまま持ち帰らせて頂きますね。』

こんな会話をして、私はそれ以来一切連絡をする事をしませんでした。

儲ける気は無いと仰っておりましたが、そこまで強気の価格にしますかって位、高い金額。
さらに付加価値を付けて、なにがなんでも売っていくって所を話されていた際には『あ〜、この人自分に酔っちゃってんなぁ・・・』と思える位、如何にも危ない系不動産営業マンのオーラを放っていたんです。
なので私的には一切放置。

そして今回、一年が経っても、未だにその土地は売れていません。
この様なWeb Siteにも掲載されておりますけれども、おそらくカスリもしないんじゃないですかね。。

shounan-uritochi-kakaku-koushou.jpg

2014年9月20日

ノコギリクワガタ差し上げます。


昨日、仕事の合間にノコギリクワガタを捕まえました。

kuwagata.jpg

クワガタと言えば、子供のだった頃、夏休みの日課の如く、近くの山に捕りに行っていた記憶のある昆虫です。
カブトムシとかも一緒に捕れるといいな〜なんて思いながら、前日の夕方に蜜を塗りに行った事も、今となっては化石の如く小さい頃の想い出になりました。

最近の子どもたちは山にクワガタとか、捕りに行ったりするのだろうか・・
最近はお店で購入するのが当たり前みたいですけど、三浦半島の自然な環境には、こうしてクワガタなんかも捕れたりします。
都心にも交通機関が伸びてて、アクセスも良い。
そんな環境に住めるのは、本当にありがたい事だと思います。
と言う事で、どこかのお宅様で、このノコギリクワガタ欲しいと言うお宅はありますか?

居らっしゃれば、ケースごと差し上げますので、中尾建築工房までお声掛け下さいませー。


kuwagata2.jpg

2014年9月18日

三浦市初声町にて地鎮祭!


2014年9月17日建築吉日(一粒万倍日)にて、三浦市初声町にて、地鎮祭を執り行わせて頂きましたー☆

中尾建築工房で家を建てる方の場合の地鎮祭ルールはこちらをご覧下さい。

PCでご覧になられる方


スマホ、タブレットでご覧になられる方


と言う事で、神事を重んじている中尾建築工房なのですが、今回地鎮祭を執り行わせて頂きました三浦市初声町のお宅は、ご主人さまが元々三浦市の地元の方になります。
年齢的にも私と二つほどしか変わりません。
私が二つ年上になるのですが、二つ年上って事だと、高校や中学が一緒だった場合、在学しながらの先輩後輩という事になります。

でも私は高校は三崎高校(ほぼほぼ行ってないけど・・)でしたけど、中学校が横須賀市、今回の地鎮祭を迎えたオーナーは中学校が三浦市。。
あんまり共通点がある様には思えないのですが、実はあったんです。

私達が中学生の頃って言うと、部活動ってのが盛んでして、私は二つ年上の姉の影響もあってか、バレーボール部に入りました。
ちょうど通っていた大津中学校も、まだ出来て間もない中学校でしたので私で第四期。
そのため歴史なるモノがほぼ無いに等しい状態だったのですが、好奇心だけは旺盛なこの私。

一応、大津中学男子バレーボール部部長なるモノをしてました。
さらに大津中学男子バレーボール部は、ほぼ練習なるモノをしませんでした。

なぜかと言えば、部長が私ですし、副部長もキャプテンも頭が茶色く、デカかった系の人間です。
当然の如くバレーボールの練習なんて、全くしません。
唯一真面目に練習していたのは、体育館の隣のコートが女子バレーボール部の練習だった時くらいですかね。
女子の前で格好付けるのが男子バレー部のステイタスでもありましたので、真面目に練習した記憶なんてモノは、ありませんでした。

でもなぜか三浦半島の大会になると、まぁまぁ強かった方なんです。
横須賀三浦の大会では、最高3位まで行った記憶があります。


そして今回地鎮祭を迎えたオーナーは三浦市の上原(かみはら)中学校出身でして、横須賀三浦の男子バレーボール部の中では、無敗を誇る中学校だったんです。
その強さたるや、尋常ではない強さを誇っておりまして、先生の指導からなにから、中学校のバレーボール部を超越したなにかを感じさせる中学校でした。
なにしろ『如何にも男子バレー部って感じだよねー』って思っていたのを記憶に覚えています。

そうねー、ざっくり比較すると、こんな感じ。

◯大津中学

見た目
一言で言えば、ガラ悪い・・・挨拶もほぼしない・・

特徴
先生の言う事などほぼ聞く事無く、大会の時にはどの中学校も避けて通られてた。。

頭の良さ
高校行けたのは、私を含めて20人中の5〜6人ほど。。

態度
相手をほぼ100%の確率で威嚇する。。

◯上原中学

見た目
真面目な服装で、全員ボウズ頭、試合中は鉢巻をしていて、いかにも春高バレーに出てきそうな雰囲気。

特徴
スポーツマンシップに則っている精神を持っていて、かつ先生がボールと手のひらを巧みに操り、生徒をひっぱたく超怖い系の先生だった。。

頭の良さ
結構良いと思う。

態度
真面目

あ〜、こうやって見てみると、大津中学校が強かったのは、おそらく相手を威嚇していたからなんでしょうね(笑)
上原中学校とも対戦した事がありますけど、15対0とか、普通にありましたから。。

そう、つまりは市町村と学校が違えど、おそらく一年を通して何回かは対面しているであろう事実がそこにあります。

そして地鎮祭には『上(かみ)中バレー部のユニフォームで来んでしょ?』との私の一言で、てっきりブログのウケ狙いを狙って来てくるのかと思いきや・・・


miurashi-hasseimachi-a-jichinsai.jpg

2014年9月17日

逗子市桜山に建てた『きーもちぃー家☆』注文住宅 神奈川で建てるの取材を受けました!


昨日に続きまして、連日での取材対応になります。

中尾建築工房のブログを2年以上前に遡って御覧頂いている方であれば、この家の事を『あ〜、そう言えば合ったあった!』と思われる事でしょう。
引き渡し自体は結構前に終わっていたのですが、お子様の学校等の問題もありまして、ご入居されてからまだ一年も経っておりません。

施主施工が割りと激しい家ではあったものの、ご主人さまの頑張りにより、かなり形になって来ております!


zushi-sakurayama-t-shuzai.jpg

玄関先には通常の玄関ポーチと言うよりは、ウッドデッキが造らておりまして、施工はもちろんご主人施工(笑)

今日も例の如く、私は4本ほどの包丁研ぎをボチボチとさせて頂きまして、後は特になんにもやる事無し。。

ただただ、取材風景をボケーっと見ているだけでした。

2014年9月15日

三浦市南下浦町に建てた『床でくつろげる家』注文住宅 神奈川で建てるの取材を受けました!


今日は週末だったのですが、一軒の雑誌取材がありました。

今回、本に選ばれたのは、三浦市南下浦町に建てた『床でくつろげる家』

建物のサイズはさほど大きいサイズの建物ではありませんが、ちょこちょこと細かい部分にこだわりを持って建てれらた家になっています。
んで、ご主人主導の元の家造りではあったのですが、今回取材のオファーをお伝えした所、あんまり乗り気では無かったみたいなんです。

所が急遽、取材OKとなりまして、今日の取材になりました。

あんまり積極的ではないのかなぁ。。と思いつつ、取材が始まってみると。。

ほぼほぼ、ご主人がディレクターの方に全て説明してくれるので、私は全く持ってやる事無し!

なので恒例になっている包丁研ぎをさせて頂きまして、奥様と世間話をしたり、海の方にぷらぷらと時間を潰しに行ったりしてました(笑)


miurashi-minamishitaura-o-shuzai.jpg

いつものダイヤモンドの砥石ではなくて、今日はセラミックの砥石で包丁を研がせて頂きました。

セラミック砥石の方がダイヤモンドの砥石に比べて研ぐ時間が掛かるのですが、ご主人が全てをやってくれる事を予想していたかの如く、のんびーり、ゆっくーーり、包丁研ぎが出来ましたね(笑)

取材中の詳しい内容は雑誌自体が面白くなくなってしまうため、あんまり画像は乗せれません。

でもね、こうやって取材が入ると、素晴らしいカメラマンさんが来てくれるので、撮影した画像もそれはそれは素晴らしい画像になるんです。

2014年9月14日

葉山の海の家 夏の終わりとともに


今年の夏は葉山の一色海岸に海の家を設計施工させて頂きました中尾建築工房。

しばらくブログ等の更新では、海の家が出てくる事はありませんでした。
実はちょっと理由がありました。
依頼のあった海の家経営側の方が、どうも・・・不可解って言うんですかね。

工事が始まってから、やたらと設計変更の嵐が出たのは仕方ないにしても、どうもクライアント側では、私達と打ち合わせをしたスタッフさんと、実際に経営をしている人たちの意見がどうもまとまっていなかったんです。
なので、決まった事に対しても、後から変更変更。。

これはまだ致し方ない事にしたとしても、私がブチ切れ寸前の所まで行ったんです。
私もそれなりに大人ですから、そうそうブチ切れしたりはしません。

でもね、中尾建築工房の職人さんを直接紹介したら、相当な罵声を浴びせたりとか、工事をやってから見積もり通りのお金を払わないとか、ちょっと問題があったんです。

私は職人さんの仲間内の中で、直接クライアントと会話が出来たり、見積もりを決めたり、提案の出来る職人さんは、そのまんま中尾建築工房を通さず紹介する形を取っています。
例えば中尾建築工房のオーナーであり、造園職人さんだったりしているオーナーも、直接クライアントと意志の疎通を測って工事を行う事が出来るスキルがあります。
なので『直接やれば〜』なんて話をします。
今回、難を受けたのが看板屋さんの職人さんだったのですが、中尾建築工房の看板という看板の全ては、彼に造ってもらっていました。

看板屋さんも自分自身で直接クライアントと打ち合わせが出来る職人さんです。
提案も出来るし、コスト調整も出来るし、実際に施工も自分で出来るので、私と打ち合わせをするかの如く、打てば響くの会話が出来る貴重な職人さんです。

そこで今回、看板を造りたいとの事でしたので『だったら、適任の人居るけど、紹介するから直接やりますか?』とご紹介をしました
あんまり詳しくは話せませんけど、提案してデザインも見積もりもOKを貰って施工した。

でも看板を付けてから罵声を浴びせて、お金もきちんと払わない。

こんな事がありました。

なので、あんまり取り上げる事はしなかったのですが、やるだけの事をきちんとやった上で、これはありえない話です。

結局、その不足分の費用は中尾建築工房の方で、看板職人さんに支払う事にしました。

きちんとやるだけの事をやったのにもかかわらず、モノづくりの職人を足蹴にされてしまった様なものですからね。
なので、本来は海の家の営業が終わって、解体なども手伝ったりするはずなんですけど、もう二度とお付き合いをする事は無いと言う意志を海の家経営側の方に伝えました。

なので来年どうされるのか分かりませんけど、中尾建築工房は今後は一切のお手伝いをしない事にしました。

そんな海の家ではありますけど、まさかこんな所で登場するとは。。

hayama-uminoie-terrace-house.jpg

2014年9月13日

葉山あぶづり港にて魂の修行編


一応工務店ブログだって事は分かっているけど、それはそれで置いておいて。

今日は私がどれだけ頑張っているのかって事を書く事にさせて頂きましょう。

誰にだって生きていれば、なんらかしらの壁にぶち当たる事があったり、困難を抱える事もあるでしょう。

その壁にはサイズも色々とあって、大きな壁もあるし、小さい壁もある。
困難だって、人それぞれに色んな困難だってあると思う。

私はそういった人生の壁を、避けて通って来たと言うよりは、どちらかと言うとガチンコでぶち当たってくぐり抜けて来ました。
壁を倒さないと、その先に行けないとすれば、なにがなんでも倒して前に前に進んできたタイプの人間です。

困難に関しても、今までの人生を振り返ると、それはそれは『良く生きて来れたな〜』なんて思い帰る事もしばしばあります。

10代の頃は、それこそオートバイ(かつては単車と呼んでいた)に乗って、対向車線を走る車(ヤクザ屋さんの乗ったキャデラック)とぶつかって10mほど吹っ飛ばされて。。
オートバイのフロントフォークはぐにゃぐにゃだったにも関わらず、自身の体は奇跡的に無傷だったとか。。

20代になって、相当真面目になったせいか、今までに無かった位、真剣に大工修行に打ち込んでいたら。。
アホみたいなスピードで仕事を覚えて、あっと言う間に親方まで辿り着いたと思ったら、工事現場の3Fから落っこちて、首の骨を折ったくせにも関わらず、なぜかピンピンして生きてるし。。

全部が全部をここに書ける訳じゃないけど、相当熱い人生を過ごしてきたのは、おそらく間違い無いと思います。

つまり、ここまで来るには、それなりに人生の修行をしてきたつもりです。
メンタル面に関しても、それなりの強さを持っていると思っていました。

自分自身で何に対しても『絶対に俺は負けない!』と言う、今まで生きてきた経験と過去を振り返りつつも、確固たる信念がそこにあるんです。

ところがここに来て、まさか自分の力では、どうにもこうにもならない事にぶち当たるなんて・・・

hayama-abuzurikou-maguro-shugyou.jpg

ちゃんと良さそうなナブラにはぶち当たるんですけど。。
全然喰わないんすよねー、マグロが・・・(笑)

2014年9月12日

葉山町長柄、新築一戸建てプランニングスタート!


葉山町長柄と言えば、現在中尾建築工房で着工しているお宅がございます。

でも、その長柄の現場とはまた別に、葉山町長柄に建てる新築一戸建てのプランニングがスタート!

今日はその敷地の高低差や、周囲の確認の為に現地に訪れてきました!

でも、せっかく同じ長柄に来ている訳ですから、工事中の方にも廻りたい。
なので、まずは先に着工中の長柄の現場を見る事に。

hayama-nagae-shinchiku-s-plan.jpg

こちらが現在着工しておりまして、基礎コンクリートの打設が終わった現場になります。
現在は型枠にて、しっかりと打ち込んだコンクリートの養生期間を取っている段階。

中尾建築工房の建物は、一般的な工務店さんに比べて、おそらく重たい家になります。
軸組には手を抜きたくないモノですから、中尾建築工房基準の圧倒的な木材量の家。
それだけに重たい軸組を支える基礎の方も、しっかりと養生期間を取りまして、建物に負けない基礎を造ります!


ここで良く言われるのが、一番最初に工事に掛かる職人さんに挨拶をしたいと言われるオーナーさんが実に多いんです。
でもね、基礎基礎職人さんは常に時間と雨との戦いになる作業です。
だから基礎工事の際には、天気予報とにらめっこしながらの作業となる。
雨が続いたりして、一日だけ天気の日なんてあれば、あっちもこっちも現場を回るので、おそらくオーナーさん達がお会いしたくても、なかなか会えたりしないんですよね。

でも、きちんとした基礎が出来上がって、上棟さえすれば、後は割りと長めに大工さんが入りますので、そうなるといつでも職人さんには会えると思いまーす!

そしてすぐさま、工事中の現場から離れまして、これからプランニングをするお宅へと向かいました。

2014年9月 9日

辻堂テラスモールへ徒歩圏のリフォーム案件視察


雨ですねぇ。。

tsujidou-reform-shisatsu.jpg

知っている人は知っているかと思いますが、私は相当前に首の骨を折っています。
骨自体はどうこう無いんですけど、打ち付けた時の痛みって言うのが、こういった季節になると出始めます。
まぁ便利な体でもあるんですけどね。
私が首の後ろの方に湿布を貼ると、だいたい雨が降りますから(笑)
下手なお天気予報のお姉さんよりは、相当感度はマシな方だと思います。

さて、そんな雨の日に、辻堂テラスモールから徒歩圏の古家付戸建ての視察に行ってまいりました。

相談内容としては、店舗付き住居の案件でして、1Fが大きな空間になっています。
そして2Fが住居。

1Fが大きな空間で、2Fが住居となれば、1Fと2Fと比較して、どちらの方が壁量があると思われますか?
さらに言えば、総二階だった場合、家全体のバランスを検討すると、どちらが軽い方が良いと思いますか?

これね〜、バランスで言うと1Fに壁がたくさんあった方のが、バランスは良いんです。

1〜2歳の子供さんを想像してみてください。
少し頭の大きいお子さんだと、おそらくバランス取るのにフラフラ歩いている子がいるかと思うんですけど、あれは頭が重たいんですよね。
それを小さい体で支えなければなりませんから、フラフラとするのは否めません。

うちの子がそんな感じで、いっつもいっつもフラフラしながら、かけっこしていたのを思い出しますね。

つまり今回視察させて頂いた案件は、あんまりバランスがいい訳ではありません。

そこで古家付戸建てを購入された方は、購入する前にリフォーム会社さんにお願いをして、耐震診断をなさったそうなんです。
2社ほどのリフォーム会社さんに相談したらしいのですが、図面も造って『こういう感じで壁を入れた方が良いですよ』とプランを組んでもらったらしい。

なんでも、この基準を満たせば80万円の補助が市から出るとの事なので、耐震をした方が・・とか、自分達自身でも建物が古いため不安がある・・

なので今回はそういったリフォーム屋さん2社さんにお願いをしたそうなんです。

んで、たまたま中尾建築工房のオーナーであるKママさん経由で、中尾建築工房にもセカンドオピニオンをお願いしたいと言われまして、見に行く事にしたって訳。

ではでは、中尾建築工房が見ると、どういった診断が出るのかって言うと。。

2014年9月 8日

自然素材、天然素材のクラフトメーカーのセミナーに参加して来ました!


中尾建築工房で採用されている自然素材、天然素材の塗料や珪藻土は、環境先進国であるドイツの商品を採用しています。

そのドイツの素材を造っているクラフトメーカーが、クライデツァイトと言う工房であり、日本国内の販売を担うのがプラネットジャパンと言います。

今回は、この二社が開催するセミナーに参加して来たのですが、実は私は初めて参加したんです。

私の場合、セミナーに参加して勉強しなくても、素材に関しては知りすぎるほど知っています。

なんでかって言うと、私はかれこれ10数年間もこの素材を採用しておりまして、当時の担当者であるプラネットジャパンの藤田さん(今はもう居ない方)と、マニアックな素材の使い方をして来たからこそ「セミナー?あ〜、余裕で行かないでしょ。」となるのである。

だからセミナー初参加のくせして、マニアックな壁材の使い方だったり、塗料の塗り方を知ってるんだよね。

やっぱ、何事も現場でガチで素材に触れる事。

これがやっぱり一番なんであって、良い素材なのは分かっているからこそ、その素材をどの様に扱っていけば、より低価格でエンドユーザーに提供出来るか?
これが中尾建築工房の理念である訳であって、そこを追求して来たからこそ、施主でも施工出来てしまうと言う素晴らしいシステムが出来たんです。

んで、今回のセミナー初参加の感想を。

ごめんなさい、全然興味無かったわ(笑)

今回のセミナーでは、会議室みたいな所の一室で、壁材の磨き方とか色粉や光りモノを混ぜるやり方を公開してたんです。

でもねー、私は個人的に、漆喰の磨きとかにはほとんど興味が無いんだわ。

だって、なんで中尾建築工房の家で、珪藻土やら漆喰やらを採用しているかって理由にあると思う。

僕は常日頃からオーナーの皆さんにはお伝えしている事なのだけれど、僕らの施行できるエリアって言うのは、湘南だったり三浦半島って言う、海と山に囲まれた特定の場所なんです。

海と山に囲まれた地域で生まれ育って来ているから、地域の風土もよく知っているし、メリットもデメリットも知っている。

メリットは都心に近いのに、自然が多い事。

デメリットは、自然が多いだけに海からや山からの湿気が多い事。

この対策をするために、中尾建築工房の家では珪藻土の壁材を天井にも、壁にも採用しているんです。

素材の呼称としては珪藻土って言ったり、漆喰って呼ばれたりするモノなんだけれども、基本的にはドイツ漆喰と言えば良いのかもね。

漆喰と言えば、つるつるな感じのフラットな壁を印象付けると思うんです。

珪藻土って言えば、おそらくふんわりとしたパターンのある仕上げを想像されるんじゃないかな。

では僕自身が長年に渡ってこの素材を使い続けている理由としては、湿気を解消したいから使っているんです。

湿気を取るためには、どういった壁仕上げをすれば良いのかって事になると、いわゆる珪藻土って呼ばれるふわりとした仕上げ方が一番マストだって思います。

この素材は、塗り方さえ間違わなければ、ホントにすごいんだよー

僕の言う通りに採用して頂いているオーナー様はお分かりだと思いますけど、冗談抜きに湿気無いでしょ?

今までにたくさんの家を建てて来ているから分かるんだけど、漆喰みたいな仕上げをすると、金ゴテで表面を押さえてしまうので、どうしても素材特有の多孔質を自ら無くしてしまうんです。

でも、木ゴテでふんわりと表面を仕上げる施行方法であれば、素材自体の良さをより強調出来て、湿気を取ってくれつつ空気が甘く感じる訳だ。

んで、今回のセミナーでは、どちらかって言うと、金ゴテでしっかりと押さえる方法をセミナーでやっていたので。。

「それでは皆さん、実際にマイケルが施行しますので、前に集まってくださ−い!」

と、呼ばれても、私は微動だにせず、後方の席から見てるだけ•••

色々と光りモノとかを混ぜたりとかする部分であっても。。

「洗い出しだべ、別に興味無い••」とか「漆喰磨きだろ、まったく興味無い•••」

素材の可能性って部分で言えば、色々と装飾出来るのも知っている。

でもやっぱり、装飾うんねんで素材を選んでいる訳ではないんです。

職人と呼ばれる技術者の中には、料理の職人さんだったり、僕みたいな家を建てる職人さんも居るんだけれども、共通しているのがやっぱり素材の良さを引き出す事だといつも思っている。

だから今回は僕の意識している素材の使い方とは、ちと違うなと思いまして、あんまりガツガツ学んだりする事は無かったかなって感じがしました。

までも、ドイツの工房で造られる素材の新たな可能性やら、バリエーションって言うのは軽く皆さんにお知らせした方が良いかと思いますので、一枚だけだけど、写真は載せておきますねー

planetjapan-wall.jpg

壁材サンプル、他にも十数枚あったみたいけど、興味ないので画像無し(笑)

2014年9月 7日

葉山町堀内着工前見積もり打ち合わせ


昨日、見積もり打ち合わせを行った葉山町堀内のお宅。

まー、最近の葉山の方たちは、なんと力の入ったプランの多い事(笑)

すでに図面を前から受け取っていた私ではありますけれども、あまりの力の入れ具合に、拾い出しをする私の方がびっくりするほどのプランになっておりました。

世間一般で言えば、ビックリハウスと言いますか、展示場クラスと言えばいいんでしょうかね。

まぁ、私も中尾建築工房で家造りをされる方には、後悔する様な事はして頂きたくはありません。

なので「要望あったら、先に全部言って!」といつも説明をさせて頂いております。

2014年9月 6日

横須賀市内駅近で選ぶ家造り|この土地はいかがなものか?


家を建てる前に土地を決める。

そりゃ〜、土地が無いと家は建ちませんもんね。
でも、立地的には気に入った土地だとしても、そこには建築的な目線で見た時に、どういったメリットやデメリットが隠れているか分からない。

こんな不安を抱かれる方は、とても多いかと思います。
今回、土地を探されている方から相談を受けましたので、ちゃちゃっとブログで更新するとしましょう。

まぁ、当たり前の話ですけど、ほとんどの方が初めて土地を購入して家を建てる事になるだろうしさー

動く金額にしたって、自分自身の人生を掛けて支払っていくほどの大きな金額が動きますから、不安が無い方がおかしいですよね。

おそらく不安が無いなんて方は、私以外には居ないんじゃないかって思います。

なんで私に不安が無いかって?
それは後に書く事にして、まずは土地を探されている方からの質問にお答えする事にしましょうかね。


****ここから****
実際に細かく見ないとわからないとは思いますが、スーパー大工中尾さんに相談です。

・土地の印象は?ここが良い、悪いはありますか?

・値段は相応?正直、もう少し安いと手がでそう。

・塩害対策は?海から近いけど塩害すごい?対策にコストがすごくかかる?

中尾さんからおすすめをいただけたら前向きに検討していきたいと思ってます。

お忙しいとは思いますが、返信よろしくお願いします。
****ここまで****

購入するか否かを検討している土地はここね。

yokosukashi-nagasawa-ekichika-tochi.jpg

はい、ではお答えをしていきましょう。


◯土地の印象
土地の印象は悪くはないですよ。
おそらくこの物件、京浜急行が造った分譲地だと思います。
京浜急行は電鉄を生業としているから、自分たちが線路を敷いて、駅近いところの土地を購入する。
そして造成された土地を高額で販売する。
電車が通れば、その土地の価格はドーンと上がりますから、それはそれは、とにかく強気だったんです。
『安い金額じゃ売らないよー』みたいな。
だから京浜急行が持っていたと言う歴史がある時点で土地が悪いって事はほぼ無いのよね・・
今回の土地はすでに京浜急行から個人の方の手に一度は渡っているみたいですけど。。
多分、その個人の方は結構な金額で購入していると思います。

なので土地の印象としては、悪く無いと言えますね。

◯値段は相応?
値段は『この金額まで下がったの?』って印象ですかね。
おそらくこの土地、以前は3000万円超えても良い物件です。
駅から3〜4分ですし。
この土地の近くに、開発業者さんが数十宅地を開発しているのはご存知だと思いますけど、そこと土地代価格を比べてみて下さい。
おそらく相当安い価格だと思います。

2014年9月 4日

葉山町堀内に建てる!海見えの家造り


今日は定休の日ですけど、事務所に来て仕事をしております。

何故かって言うと、私がただいま拾い出しをしている葉山町堀内のお宅が、だいぶ内容が濃ゆいからなんですねぇ。。
週末前に打ち合わせって事もありましたので、敢えてお休みはずらして作業にあたっている感じです。

なんだか見ていると、計画中とは言え。。

だいぶワンランクもツーランクも上の家みたいな感じですね。

中尾建築工房でいつも建ててる方達のグレードと比較しても、結構熱〜い、熱〜い感じの図面になっています。

これ、どうやって見分けるかって言うと、まさに『ぱっと見』です。
この段階だと、図面も100分の1とかのサイズなんで、細々書いてある図面とかを見ますとね。

虫眼鏡を使って見る位の勢いになってしまう訳なんです・・

たくさんの情報が100分の1図面に表記されておりますので、小さな小さな文字で書かれている情報を細々見ながら・・

自分の加齢がきちんと進んでいる事に気がついてしまう訳なんですね(笑)

いや〜、全然見えないぞ〜みたいな(笑)

それに伴い、たくさんの情報も一つ一つ確認をしますから、どれだけ熱〜い、熱〜い感じの図面になっているかを、図面が発するオーラを拾えてしまう訳なんです。


hayama-horiuchi-m-plan.jpg

2014年9月 3日

三浦郡葉山町一色『極塗り!』見学会終了しました☆


え〜、先週末は葉山町一色にて、おそらくこんな見学会は中尾建築工房だけしか開催していないであろう『極塗り!』をご披露させて頂きました。

なんのために、こんなイベントを開催しているかって言うと、中尾建築工房で家を建てるオーナー様の中で、施主施工の塗り壁を希望される方が多く居らっしゃるからなんです。

こういったイベントを開催する事によって、オーナー様同士もメリットがありますしね。

例えば、開催許可を頂くオーナー様にとっては、塗り方を教えてもらえる事と、パテ下地などは他参加者の方に作業をしてもらえる事で、自分がやらなければならないであろう工事が、なにげに進んでしまう事にあります。

今回も実際に、結構な部分の下地処理が進んでおりましたので、開催許可を頂きました葉山町一色のオーナー様にとっては、とっても良い見学会だったのではないかと思います!

この他にも、もちろん参加されて、実際に初めて体感されたオーナー様にとっても『こんな感じでやるんだぁ。。』とか『思った以上に力要るんだね〜』なんて事も分かったんじゃないですかね。

この手の見学会は、すでに何度も開催をしているのですが、やっぱり最初は『私達でも出来るの?』と思われる方がとても多いんです。
だいたい、壁塗りをするのは左官職人の仕事であって、施主がやるものではないはずです。
それに左官職人って言うのは、住宅を造る職人さんの中では、大工の次に厳しい修行をしてきているので、職人さんの作業の中では簡単な部類ではありません。

でもねー、家を建てる上で予算が潤沢にあれば。。

施主であるクライアントが、作業をするなんて事しなくて良い訳です。

なんでこんな感じになるのかって言えば、誰しもが予算の壁にぶち当たる訳であって、優先順位もあるでしょう。

さらに中尾建築工房で採用しているスペシャルな天然素材の珪藻土が、ありえない価格で施工出来る訳ですからね。

そりゃー、後々の生活が始まった際の快適な空間をイメージすれば『私達でも出来るの?』じゃなくて『やるしかないべっ!』となる訳でありまーす(笑)

でも、今回びっくりしたのは、開催許可を頂いた空窓の家のご主人さま。

なんと、今までにこういったイベントに参加した事は全く無し。

ところが初日から逸材ぶりを発揮させる仕事っぷりを見せてくれたんです!

hayama-isshiki-soramado-o-kyokunuri.jpg

左側に写っている空窓ご主人さん。

初めてパテ処理とか珪藻土の作業をされるにも関わらず、なぜか胴に入ってます(笑)

だいたいのケースが、最初はパテでも珪藻土でも、壁に付ける所が難しいんですよね。
壁に材料を乗せれても、上手く引っ張れなかったり、同じ所を何度も何度もいじくり倒してしまう事で、パテや珪藻土の水分が無くなる事で、固まってしまったり・・

ところがご主人、私が『こうやって、こうやればいいよ』と言うアドバイス通りにきちんとやりのけてしまうんですよね。

今回、ご主人には洗面所を担当してもらったのですが、私の脳みそ的に『こりゃ〜、行けるかもなぁ〜』なんて発想が出てきちゃいましたので、しら〜っと『初日に洗面所のテープとパテと、プライマーまで終わらせましょう、そして明日には珪藻土やっちゃいましょ〜』と言う、本職の左官屋さんと同じスピードで、工程を提案させて頂きました。

でも、これがほぼほぼやっちゃうんだよね、これが。。

2014年9月 1日