鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2014年7月 | 神奈川工務店TOP | 2014年9月»

藤沢市長後|厚木基地からの騒音対策!


飛行機って、結構な音出して空に飛んで行くんですよね。

実は私、父親の職業が陸上自衛隊でしたので、戦車とか大砲、ジープ系は子供の頃から良く見てました。
いや、むしろ見させられておりましたと言った方が正解かもしれません。

んで飛行機はって言うと、航空自衛隊にあるブルーインパルス!
これは感動しましたね〜

子供ながらにも『なんでこんなにくるくる回りながら、空を飛べるんだろう・・将来はパイロットになりたい!』なんて思った記憶もある位、カッコ良かった印象を持っています。

でも、大人になって、なぜかパイロットになっていないこの私(笑)

いや、むしろ学校もろくすっぽ行って無かった訳でして、当たり前の話として能力的に成れる訳が無いのですが、今は今の仕事がまさに天職だと思っています。
この仕事に就いてからは、飛行機に憧れがあるかって言うと、今はもう無いと言うか・・

むしろ、なんでこんなにでっかい音出して、空飛んでんだ?!

位の意見に代わってしまいます。

寄る歲月って言うのは、恐ろしい物で考え方がはっきりと変わってしまった訳ですね〜

つまり昔は憧れていた飛行機でしたけど、今みたいに建築物に携わる仕事に就くと、今度はその音対策に悩まされるって事になります。

当然爆音を出して飛び立って行く訳ですから、その音たるや地鳴りの如く響いてきます。
でも、その地鳴りの如く響き音を少しでも建築の力で軽減出来ないか?

こんな事が課題になったりします。

ちょうど現在着工中の藤沢市長後のお宅では、その音対策として、ある工事が終わったばかりです。


hujisawashi-chougo-souon-taisaku2.jpg

2014年8月29日

葉山港から出船|相模湾キハダマグロ釣り撃沈丸・・・の巻


ホントはお休み明けって事もありますので、お仕事ブログにしようかと思っていたんですけど、一部のオーナーさん達は、私の休みの日に釣って来るであろうキハダマグロを楽しみにしている方も居るらしい。

なので、今日は昨日の釣果のお話をしてみましょうかね。。

ちゃんと真面目に船には乗ってきましたよ〜


hayama-taizoumaru-gekichinmaru.jpg

でも正直言って、ちょっと舐めてたかもなぁ・・・

これほどまでに喰わない事ってあるんだよなぁ・・

実は昨日、朝も4時からあぶづり港に出向きまして、私はスタンバっていたんです。

船長とも顔なじみになりまして、受付をする船長に『船長、段々マグロ釣りが分かってきた!』と私が言うも。。

『段々分かってきても、船の下に魚が来なきゃ〜、喰わないよ〜(半笑いの葉山漁師弁)』

この一言が後から私が身を持って体感する事となる。

一応、この日を除いて私が撃沈丸だったのは一回だけ。

その一回というのは、葉山のたいぞう丸さん自体も2隻の船を出して、40人近くの釣り人全員が魚信と言われる『アタリ』が無かった日でした。
だいたいこの『アタリ』が無いって言う日は、船長もひたすら移動をします。
とにかくナブラを見つけるために、ひたすら走るんです。

ナブラもざっくり言うと、二種類のナブラがあるみたい。

シラスのナブラ
イワシのナブラ

僕ら釣り人はオキアミと呼ばれる付け餌とコマセを使って魚を寄せます。
そしてコマセの中に隠れた針付きのオキアミを喰わせる事で、スタンディングファイトの始まりになる訳だ。

でも、イワシのナブラの真下では、カツオやサメに外道のシイラ、そして本命のキハダマグロがわんさかと狂った様にイワシを食べてます。
イワシに夢中になっちゃっているものだから、オキアミみたいな餌が降ってきても、彼らも無視するんですよね。。

おそらく彼らの気持ちはこんな所だろう。

『んな冷凍モンのオキアミと、生の活イワシと一緒にすんじゃね〜!』

なので僕ら餌釣りの場合は、同じナブラでもシラスのナブラに期待をするんです。
イワシのナブラだったら、ルアーで釣りをされる方にとっては良いのかもね。

そして昨日はシラスのナブラがかなり大きいサイズのモノにも遭遇しました。

船長もソナーを使って船の全周囲の魚の量、魚の居る深さを確認した上で、先回りして船を停めてくれています。

そして船長からのアナウンス!

『20〜30m!』

この後、皆さん投入

『んっ!魚が下がっちまったなぁ。。35!』

『いや魚どんどん下がってんぞ〜、40まで、そのまんま下げて!』

しばしアタリを待つも。。

『上げて(やや怒)』

つまりは船長のとっさの判断で、船を停止させ仕掛けを投入。
でもコマセを降りだした所で、おそらく魚がコマセを嫌がっているであろう、魚が深場に移動してしまうみたいなんです。
魚って、喰いが良い時には浮いてくるものなのですが、この日の彼らは一切浮かずに潜ってしまいます・・

当然、これで終わる訳は無く、船長は移動して行くカツオとマグロの群れを追うため、早く移動したがります。
ところが私のお隣に座ったおじさま、マグロ釣りは初めてらしく、私が仕掛けを上げ終わってもまだ仕掛けを垂らしたまんま。。

『ありゃ〜、これ怒られんぞ・・』と心の中で思いつつ、隣の方に『仕掛け回収した方が良いですよ〜』と私が言う直前に。。

『上げてってつってんだろっ!!早く上げろよ!!!(怒)』

船長の一言にビビった隣のおじさま、ようやく仕掛けを回収。

そしておそらくソナーでも、追いつかないスピードで泳ぐ群れを見失ったのか、船長の一喝。

『マグロ船は群れ追っかけてんからさ〜、上げてって言ったらすぐに上げて走り出さないと、群れを見失っちまうんだよ〜、だから俺が上げてってつったらすぐに上げないと駄目だからな〜』と軽くやんわりと説明。。

実はこの日、私が何回か乗っている船長とは違う船長でした。
どちらかっていうと、いつもの菊ちゃん船長の方が厳しいかもしんない(笑)
やっぱり厳しい所で修行するのが一番だ(笑)

2014年8月28日

一戸建て住宅の外壁|サイディングと塗り壁だったらどっちが良い?!


ん〜とね。

実は今日、事務所に着いて会議の後にPCを見たら、他県の方から資料の請求があったんです。
資料が欲しいとの事だったのですが、さすがに施工エリアとはとてつもなく離れているものですから、資料は送れないと言う事のご説明を差し上げました。

でも、頂いた問い合わせの内容を見る限りは、なんだか悩んでらっしゃる様なので、うちのオーナーさん達にも参考になるかと思いまして、ブログでお悩みについて更新する事にしようかな。。

これぞWeb版の湘南家造り相談室って感じですかね(笑)

なんでも中尾建築工房のホームページをご覧頂いて、家造りとはどんな事に重点を置くべきなのか?
そんな見方が変わったんだそうです。
これは素直に参考にして頂けて、私としては嬉しい限りですね!

でも以前に実家を建てた際には、小さい工務店に依頼をし、不具合が多くてもノンアフター・・
さらには、いつの間にかその工務店さんが倒産・・
そんなんなれば、確かに小さい工務店さんは駄目ってなるでしょうね。
でも大きなハウスメーカーさんで家を建てている方も、かなりの割合で家造り後悔ブログを綴っている所見ているから。。

ちょっと家造りをされる上で不安になっちゃっているんだと思います。

そこでご本人様からの質問で、外壁についての質問をもらいました。
なので、そこはそのまんまコピペする事にさせて頂きましょう。

****ここから****
御社のブログを見ていて思った素人の質問なのですが、聞いていただけますか?
外壁をサイディングと塗り壁、それぞれ施工しているようですが、世の中には「サイディングはお勧めしない!」という建築関係者のコメントをよく見かけます。
特に、14ミリ厚の釘打ちに関しては今時やるべきでないという意見もたくさん見聞きするのですが、それについてどう思われますか?

こちらの地域ではサイディングの家は多いですし、14ミリ厚を使用している新築もたくさんあります。
私がいいなと思った建築会社でも14ミリの釘打ちで施工しているところもあります。

塗り壁が一番!という意見がネットでは主流ですが、本当にそうなのでしょうか?
予算が許せば外壁は塗り壁にするべきものなのですか?

調べれば調べるほどわからなくなりまして...
何か納得できる回答をいただけないかと思い、厚かましくも質問させていただきました。
****ここまで****

なるへそ・・

いわゆる

ま〜、まずサイディング14mm厚とモルタル下地の塗り壁と、どちらが良いかとの事ですが。。

まずどちらにせよ、施工方法が適切か否かと思われる所ですね。

サイディングに関して言えば、好きな方は好きな外壁方法でしょうね。
ちなみに中尾建築工房で施工しているサイディング外壁は15、16mm厚で板自体に釘打ちをしない金具引っ掛けの方式を採用しています。
当然、金具に引っ掛ける方法のみが施工方法ではなくて、釘打ちでも外壁としては施工出来ます。
ではどちらの方が正しいのか?
これね〜、私が思うに釘打ちは無いなぁ〜
でも業者が釘打ちを勧める場合、おそらく建売住宅も手がける工務店さんなのではないでしょうか?
14mm釘打ちをお勧めするほとんどの理由が施工コストの問題だけで、釘打ちを薦めているんだと思います。
金具を使うと、一枚貼るのも手間ひまがが掛かる上、釘打ちに比べて施工スピードが良くないんです。
つまりはコスト優先としていれば、その業者さんにとっては『釘打ちの方が安いんだから、それでいいでしょ?』って考え方なのでしょうね。

私が釘打ちをお勧めしない理由としては、貼り上げたサイディング自体が、いきなり劣化する事が原因の一つになります。
例えば釘打ちにした場合って言うのは。。

gaiheki-kurakku-genin.jpg

2014年8月25日

三浦市に建てた中尾建築工房の仕事ぶりを見て頂くオーナー宅案内に行ってきました!


今日も風が強い一日でしたね〜

海上では、南西の風が吹き荒れる中、おそらくカツオ・マグロ船に乗り込んだ方々は、バッちゃんバッちゃんの海の中、大変な思いをしていたかと思います。
マグロの話は別にいいって?!

はいはい、それでは話を戻しましょ〜

そう、今日ご案内させて頂いたお宅は、リゾートちっくな家を見学希望との事でしたので『感覚的にはこんな感じかな・・・』と言うお宅をご指名させて頂いたんです。
私はご自宅前に駐車はせずに、いなげや駐車場に車を停めて、お宅へと伺いました。
もちろんいなげやさんでも買い物しておりますので、まぁ良いかなと(笑)

miurashi-mutzuai-t-annai.jpg

早々に見学者の方とオーナーご夫妻とで、色々とお話が始まりまして、私は要所要所だけ説明をさせて頂いていたのですが、やっぱり僕達で建てたオーナー宅を体験出来るっていうのは、僕達としても『やっぱり、ここは妥協しなくてよかったよね』って思える部分が多々ありました。

なんと言うか、家を造る、家を建てるって言うのは、プランを入れるだけではないんです。

その建物の性能面も重視するからこそ、住み心地がより良くなるんですよね。

こちらの家は、プランを入れた後、ほぼ私の『これで行った方がいいと思う』を、そのまんまの仕様でゴーサインをもらいました。
ほんと言うと、僕達もあんまり強く『これでないと駄目!』とは言いたくないんです。
なんか押し付けがましいのは、自分自身がやられると、やっぱり嫌ですしね。
それに、なるべく予算の範疇で建てられる家にしてあげたいですし、家ばかりに必要以上のお金を掛けるよりは、なにより生活を楽しんでもらいたい訳です。
後出しじゃんけんもやりたくないですしね。

でも、家を建てる立地によっては、僕達もプロとしての意見をどうしても言わざる得ないんです。
何故なら建てた家は、オーナーにとっての大切な資産になるから。
その資産となる家を住み始めてから『こんなすごい風なんだ、先に言ってくれればよかったのに・・・』とか『こんなにエアコンの効きが悪いなんて、もっと良い方法はなかったのかしら・・』とか『たったこれだけしか住んでないのに、こんなに傷んでしまうの?こんな事になるなら先に言ってくれれば、もっと良い素材を選んだのに。。』とかね。

これは僕達としても聞きたくない部分でもありますので、やっぱり最初に言うべき事をきちんと説明し、納得出来るまで説明する。
そして住んでもらってから『やっぱりあの時、説明もらっておいて、本当に良かったです』と言われたい。

でなきゃ恐らく僕達もプロとして失格でしょうから、やっぱり言わざる得ないんです。

今回、見学をさせて頂いた家の持つ眺望は、パノラマで相模湾を望めます。
景色が良いって事は、それなりの塩害によるデメリット、海の照り返しによるデメリット、南西から吹いてくる風のデメリット。
こういった事の全てを僕達は把握しているし、住み始めてからおそらく『◯◯になっちゃうだろうな・・』と思えば、はっきりと対策を検討した上でのプランニングをする必要があると思う訳です。

私なんて、自身が子供頃から育つ三浦半島のそれぞれの立地と風土は知り尽くしてますし、趣味でもそのあたりで遊んでます。
さらに大工として、メンテナンスを希望される方の家を自分自身の手で触ってきているので、より対湘南、対三浦半島の家造りのツボを知っているからこそ、それをそのまんま言わざるってのは。。

やっぱり、中々出来ないっすよねぇ・・

2014年8月23日

葉山町長柄|地鎮祭!


2014年8月21日の建築吉日に、葉山町長柄にて地鎮祭を執り行いました!

hayamamachi-nagae-jichinsai-tn.jpg

今日の天気は快晴もさることながら、この暑さはなんとかならないのかっていう位、ものすごーーーく暑い中での地鎮祭となりました。

晴れてるのはとても良い事ですけどね。
ここまで暑いと、思考能力の低下がはっきりと分かってしまうのが、THE40代以降(笑)

が、しかーし!

きちんと地鎮祭では神様にもお祈りもさせて頂きまして、やる事はきっちりと執り行っていただきましたよー


今回、めでたく地鎮祭を迎えられたご家族は、当初ご主人と奥様の二人で中尾建築工房の見学会に参加されたご夫婦でした。

でもこうして地鎮祭を迎えられた日には、一人家族が増えております。

見学会に参加された際に、私も色々と今までの話を聞きまして、ご夫婦の家造りをどの様にしたら良いのかをその場で考えて、その場で『それであれば、こうして下さい。』とお伝えさせて頂いたんです。

今まで色々と見て来られたご夫婦でしたけれども、そこから一気に家造りが加速したのは言うまでもありませんでした。

土地も見つかりましたし、ご夫婦の家造りを停滞させていた事も解消出来ましたし、奥様が望まれていた産休を利用した家造りが出来たのは、とても良かったんじゃないかなって思います。

でも何故か、家造りをされるほとんどの方が、様々な壁に当たって、本来もっと楽しく出来るはずの家造りが停滞してしまう・・

例えば、自分たちで何年も家造りを考えてはいるものの、どの様にしたら自分たちの理想とする家造りが安心して出来るのか?
そう考えては、住宅メーカーの展示場に脚を運ばれたり、販売会に訪れて、営業マンの方から売り込みのラッシュを受けたり、はたまた注文住宅を歌う工務店の見学会に参加しても、やはり売り込み色の強い営業を受けてしまう。。

こんな事があるから、どうしても住宅を造るハウスメーカーや工務店、分譲会社の全てを不審に思うからこそ、家造りが停滞してしまうんです。


でも、ここで良く考えてみましょう。

本来はなにがしたかったの?

ただ単純に自分たちが自分たちらしく、楽しく生活をするための家を建てたかっただけなのではないでしょうか?

ちょっと相談先を間違えてしまったからこそ、家造りが停滞してしまっただけなんですよね。

本来は相談すべきではない所に相談をしてしまうからこそ、おかしな方向に進んでしまっているだけなんです。

これねー、やっぱりつくづく思いますけど、昔の人達、いわゆる先人の言葉って言うのは本当に大事だと思う訳です。
私が大工の修行時代に、昔から伝わる言葉を聞いた事があります。

聞くはその場の恥
聞かぬは一生の恥

これ、聞く相手を間違えてしまうと、とんでも無い事になってしまうかもしれません。
でも、相手さえ間違えなければ、そこからは一気に家造りのスピードも加速しますし、方向性もブレないはずなんです。

2014年8月21日

空間を柔らかな光で演出する間接照明|一石二鳥にするテクニック


間接照明と言えば、やはり柔らかい光が演出出来て、なんとな〜くリラックス出来ると言うか、大人な雰囲気を醸し出せる照明として、定評があるかと思います。

その間接照明がどういった所に多く採用されているのかって言えば、大抵の場合は結婚式場やホテルの主照明としてだったり、店舗などにある商品を陳列する棚の中に多くの間接照明が採用されているかと思います。

その間接照明、私も色んな間接の手法を使いますけど、個人的には二通りの使い方があるかと思っています。

一つは高級感を出す場合
これ、店舗などの照明設計ではよくあるんですけど、商品を間接照明で映えさせる方法です。
例えば、ローレックスなどの高級時計やエルメスの財布などに代表される様なブランドショップでは、壁面に設置されるショーケースの所に、ところかまわず多くの照明器具を入れまして、商品の高級感をより感じられる様な造りになっていると思います。
お店のセンター辺りにあるショーケースなんかの場合だと、天井からピンスポットタイプの強いグレアレスダウンライトを入れている場合もあります。

では、こういった照明ばかりが注文住宅とは言え住宅に合うのかって言えば、おそらく合わないかと思うんです。

よほど記念となっている画とか、写真を飾るなら話は別ですけどね。

でもそんなにライトアップする様なモノ、おそらく皆たくさんはお持ちではないでしょうし、そこまでモノを強調してどうするのって場合がほとんどだと思うんです。

でも、やっぱりせっかく建てる家には間接照明を採用してみたい!

こんな事もあったりしますので、私も割りとトリッキーな間接照明を使ったりするんですよね。


kansetsu-shoumei-techniqu.jpg

この画像を見ると、穴の開いた所から光がこぼれてきて、玄関ホールを明るく演出する雰囲気を漂わせております。
ちょうど壁の後ろにあるダウンライトからの光が、あたかもホールまで照らしてくれている。

と見えるんですけど、実はそれだけでは、ここまでは明るく出来ないんです。

ちょうど天井部分にもダウンライトが付いているのですが、このダウンライトが一役買っているんですね。
ぱっと見はランプが点灯していない様に見えるのですが、実はこれ、きっちり明かりを灯しております。
これ、グレアレスダウンライトと言いまして、私もバーカウンターを造る時や、テーブル席のテーブル中央を照らすのに良く採用する照明器具です。

一番奥の壁に天井から灯されるダウンライトの光が壁に反射をして、あたかもホール中央部分を灯しているかのごとく錯覚効果を狙ったライティングですね。

2014年8月19日

相模湾の湘南・三浦半島・真鶴半島沖でキハダマグロ釣り


お盆休みはみなさん、どの様に過ごされましたでしょうか?

ご実家に帰られている方も居らっしゃるでしょうし、近場で出歩く方も居れば、どこにも出かけなかった方も居るんでしょうね。

私はと言えば、夏から秋に掛けて相模湾ではブームとなっているカツオ・キハダマグロ釣りに出かけてきました!

『マグロって、相模湾でも採れるの?』って思われる方もいらっしゃるでしょう。

実はここ数年になってマグロ釣りが流行りだしたのですが、温暖な黒潮が今までは相模湾内に入ってくる事がありませんでした。
だからそれまではマグロ釣りなんて無かったのですが、ここ数年は温暖な黒潮が相模湾内にまで入ってくる様になりました。

それこそ去年などはキハダマグロが連日釣り上がると言う好釣果を出していたんです。

私は基本、魚を釣るのは東京湾。
景色を楽しむなら相模湾と思っています。

でもさすがに東京湾の中まではマグロも入ってくる事はありません。
房総半島が出っ張っているので、短い半島の三浦沿岸には黒潮が入って来ないからなのでしょうね。

それに私は小さい頃『松方弘樹、世界を釣る!』って番組を見てました(笑)

その番組の影響なのか『マグロかぁ〜、食味はともかくとして、取り敢えずマグロ釣れるなら行くでしょ?!』

そんな訳で、自宅からほど近くになる葉山あぶづり漁港から、人生初のキハダマグロ釣りに出船となりました〜


sagamiwan-kihada-maguro-turi.jpg

漁港に到着すること朝の4時ちょうど位。

皆さん朝はお強い様で、私が目当ての船宿さんには、既に人だかりが出来ておりました。。
今回、乗船したのは葉山あぶづり漁港のたいぞう丸さんです。

あぶづり漁港にはたくさんの船宿さんがあるのですが、何故に私がたいぞう丸さんに乗るかって言うと、中尾建築工房で家を建てたオーナーとの約束があったからなのです。

『中尾さん、今度機会があったら葉山のたいぞう丸に乗ってみてくださいよ!』

『ん、なんで?』


『僕のハンドルネームと同じだし、葉山にある船だから(笑)』

『それだけかよっ?!(笑)』

とまぁ、こんな約束事があったからなんです。

そんな話が過去にありまして、今回のキハダマグロ釣りは葉山のたいぞう丸さんにお世話になる事にしたんです。

まぐろ船はどこの船宿さんも朝の6時には港を出ますので、遅くとも5時までには船宿さんの受付を済ませる必要があります。
私はそれよりも少し早い4時に港に着いたのですが、早い方は昨日中に到着していたとの事。
皆さんからマグロを釣りたい熱気がムンムン伝わってくる様です(笑)

私も皆さんと同じく受付を済ませまして、忘れ物が無い様に乗船しました!

2014年8月18日

こだわりの職人|うなぎ職人編


ちょっと前のテレビで放送していた時のモノなのですが、うなぎを扱わせたら天下一品というおじさまが出ていました。

kodawari-shokunin-unagihen.jpg

ま〜、見るからに言葉遣いも荒々しいですし、無駄な動きと見える様で、実に効率良く動いているであろう職人さんです。

こだわり具合も半端無くて、他店舗のうなぎはくそだと罵ります。

私も元々は木造軸組在来工法の大工棟梁だったので、ジャンルは違えど職人の考えそうな事は、まずピントがずれませんので良く分かります。

職人って言う生き物っつ〜のは、基本こだわりが無いと生きていけませんからね。

逆を言えば、こだわりの無い職人っていうのは、私から言わせれば。。

職人さんの仕事はしているけれども、実は職人では無い。
いわゆるなんちゃって職人だったりするんですよね。

こちらのうなぎ職人さん、他店舗で出しているうなぎの事はくそ呼ばわりするのは共感持てませんけど、それを言い切らないと『お客さんに失礼だっ!』て位に、うなぎへのこだわりが半端無い様です。

こうゆう職人さんもだいぶ少なくなりましたよね。

おそらくこの方、お師匠さんとかも居らっしゃるでしょうけど、ここまで言い切ってしまう所をお見受けすると、おそらく師匠の教えをそのまんまやってきた方ではないと思います。

師匠の教えはあるけれども、それは基本として考えて、そこから更に自分自身で研究し尽くしたし、自身で試し、自身で満足出来るレベルを造ったのでしょう。
それがおそらく今のStyleなんでしょうね。
確かに言葉遣いは悪いけれども、人から教えてもらっただけの事をやっている職人であらば、こんなに横柄な事は言い切れないと思います。

実は私も師匠となる親方は何人か居ます。

でも、それはそれで無視する訳ではないですけど、やたらと本を読んだり、上手いと言われる職人さんの仕事を盗んだりしてきました。
なんでそんな事をしていたかって言えば、それぞれの師匠の仕事に不満があったからなんです。
仮に三人の師匠が居たとして、私がそれぞれに思っていたのがこんな感じ。

2014年8月12日

横須賀市野比|海見えの家造り


yokosukashi-nobi-s-tochi.jpg

まだ中尾建築工房で建てるかどうか、未確定なんですけどね。

昨日、中尾建築工房にお越し頂いた方の土地を見に行ってきたんです。
土地の場所は横須賀市野比。

横須賀市の中でも海見えの土地の中で、人気の高い土地は横須賀市野比か、横須賀市秋谷になります。

野比はYRP野比駅という京浜急行の駅がある。
だから駅のある別荘地として、人気があるんです。

その半面、秋谷は駅が無いけど葉山っぽい別荘地として、これまた人気のあるエリアになります。
最近なんかだと、芸能人の方が多く別荘を秋谷に建てられておりますよね。

秋谷の方は、よほどオーシャンフロントの物件でない限りは、さほど高い坪単価ではありませんでした。

でも、野比は駅利用が出来る別荘地なので、やはり利便性も高いですし、土地の坪単価は高くなる。
その中でも今回の土地は、以前京急グループが所有していた土地でした。

物件自体はず〜〜っと前から存在はしていたものの、その土地を買いたい方が居たとしても、価格的に届かない方がとても多かったんです。
それが『えっ?この価格まで下がったの・・』と、私がびっくりする位、価格が下がっていたんです。

以前、この辺りを探されていた方すれば、ちょっと驚いてしまう位の価格までに下がってくれました。
おそらく京急も、佐島の丘で失敗してしまったツケが廻ってきたんでしょう、とにかくまとめて土地を購入してくれる不動産会社にバッタ売りする羽目になったんでしょうね。

強気だった京急の歴史も、ようやく幕を閉じてくれた感じがします。

さてと、今回購入されたと言う土地なのですが、敷地の地盤面からも海を望む事が可能です。

yokosukashi-nobi-s-tochi2.jpg

地盤面の高さから、すでに海が望めてますね。

これが2Fリビングの床の高さになると。。

2014年8月11日

連休前の土地探し|果たして行くのか?!行かないのか!


今日は朝から三浦市の土地探しをされている方が候補としている土地を見に行ってきました。

miurashi-ogamimachi-i-tochi-kouho.jpg

私がヒアリングをした所、どうも土地は気に入っているみたいなのに、他も9月以降に出てくるかもしれないから、待って見てみたいって事で申し込みを先に延ばそうとされていたみたい。
でもかれこれ数ヶ月は、この土地の様子をみていた模様。

でも私が話をよくよく聞いてみると、相当その土地の事を気に入っていて、その土地に申込みを入れないのが理解出来ない位、気に入ってらっしゃるんですよね。


そんな話を聞いた私の脳みその中では・・

『あ〜、あ〜、そんな事やってるんじゃ、土地は買えないよ〜』と思いまして、昨晩に私からアドバイスをさせて頂いたんです。

『気に入っているなら、明日にでも申し込みした方がいいよ』って。

何故かと言えば、お盆休みはガツガツしている不動産さんに取っては繁忙期と、なんら変わりません。
お盆休みだからといって、不動産屋さんの全てが休むかって言えばそんな事は無いんです。
更にお盆休みだからと言って、必ずしもみんなが実家に帰るかって言えば、そんな事も無い。
むしろ本気で買いたい方は、お盆休み前に契約の話をまとめてしまい、ゆっくりお盆休みを取る方が堅実だと考える方も居るはずなんです。

なので、私が言ったのは『今ある土地を気に入っている場合に限り、申し込みの先約が入る前に申し込みをしないと、自分以外にも土地を気に入っている方が居るはずだと想定しないと駄目。明日にでも申し込みをしないとおそらく買えないよ』

そんなアドバイスをさせていただきました。

結果的には、タッチの差で一番手さんの先約があって、相談をされている方は二番手になってしまいました。
この時期の二番手はちょっと厳しいんですよね。。

よほど土地に瑕疵があったりとか、一番手さんのローンが通らないとか、そんな話が無い限りは一番手さんがゲットする事がほとんどです。

ホントは自分達が一番手になれたはず。

考える時間だって充二分に合ったはずだしね。

2014年8月10日

横浜市港南区港南台|WroughtIron-handmade外構フェンス&扉編


ちょっと前に、いや数年前から相談されていたお庭と車庫のアプローチの問題。

オープンよりも隔てが欲しいとの要望から、最終的にロートアイアンで手造りをするオーダーのフェンスと扉を製作する事になりました。

そして今日、いよいよ取り付けの作業を行ったのですが、天気がねぇ・・

時期的にも台風による影響からか、天気は雨予報でございました。

職人さんに電話をすると『少し約束した時間よりも早いけど、取り付け出来る様に現地に来ています』との事。
ただ奥様は約束の時間よりもまだ一時間ほど早いので、お宅には誰も居らっしゃいません。

取り敢えずはセレブな奥様に電話をしつつ(3回、4回掛けてもつながらない・・)ショートメールに『少し早いけど、作業進めます!』と連絡をしつつ、早速作業に取り掛かります!

yokohamashi-kounanku-kounandai-k-wroughtIron-handmade-1.jpg

私が到着した際には、すでに一枚目のロートアイアンのフェンスと扉を固定している所でした。

この位の仕事量であれば、特に私が出張っていく事もあまり無いのですが、この日は台風の影響で天気予報も雨です。。
そこに晴れ男の私が行くって事になると、当然雨は降らないであろう・・

そんな私のいつも通りな思惑から、現地へと出張る事にしたんです。

でもちゃんと私なりにもお仕事はしてきましたよ。

yokohamashi-kounanku-kounandai-k-wroughtIron-handmade-2.jpg

2014年8月 9日

葉山町長柄に建てる新築の注文住宅の模型が完成しました!


葉山町長柄に建てる新築の注文住宅計画

いよいよお盆休み明けに地鎮祭が控えているのですが、こちらのお宅はご主人が私と同様、釣りが好きなご主人さんです。
好きなと言うか、むしろ大好きなんだと思います。
ただ強いて言えば、私は餌釣り系なのに対して、ご主人はルアー系。
なので釣りはするけど、ちょこっとジャンルは違うって感じなんですね。

そしてこちらのお宅は、お子さんも産まれたばかりの小さいお子さんが居らっしゃいます。
産まれて来てすぐに、新築の家に住めるなんて、どれだけ良い環境なんでしょうね。

賃貸のアパートやマンションの仮住まいなんかだと、ちょっとした事でも廻りの方に気遣いをする部分が多々あるでしょうから、奥様とお子さんにとっては最高のタイミングで建築が始まられるって訳です!

そんな葉山町長柄に建ち上がる家の模型が完成したのですが、今はこちらの賃貸に居たり、奥様のご実家に行ったりされているので、さてどうするか・・
いつもはリアルにご覧になりたいだろうなと思うから、あんまり写真はアップしておりません。
でも今回のケースだと、おそらく見たいと思われるので、敢えて今回は公開させて頂きましょう!

上から見た感じはこんな感じー☆

hayama-nagae-t-mokei-kansei.jpg

葉山町長柄のお宅は、葉山らしい家になっておりまして、2Fリビングの家になります。
模型の屋根は外れますので、中を見てますと〜

2014年8月 8日

湘南葉山一色にて|夏の終わりに見学会を開催します!


hayama-isshiki-o-kyokunuri.jpg

今年は暑い中なのに、家造りを検討されている方が多く居らっしゃるんですね。

夏は暑いから、見学会は控えようと思っておりまして、ずっとここんところの更新は避けておりました。

でも、やっぱり見たいモノは見たいって事なので・・

せめて夏の暑さが少しでも緩んでくるであろう、月末に開催する事になりました!

以下、見学会情報です!

パソコンからの方

スマホ、タブレットからの方

ガラゲーからの方

これから着工を予定されていて、かつ壁塗りを希望(希望してなくてもやらざる得ない方含)されているオーナー様は、強制参加となっております(笑)

自然素材の壁塗り施主施工に関しては、日本一であろうと思われる中尾建築工房のテクノロジーの全てが公開!

ただ安いだけの壁材ではない、本物のナチュラルな素材を見れる見学会となっております!

気になる方は、是非ともご参加下さいねー☆

2014年8月 7日

定休日の出勤


あまり定休日の出勤はしない様に心掛けているのですが、どうやら今の私は海のコンディションに連動して休日を迎えた方が良いらしい。

季節的には夏真っ盛りなので、お休みの日にはマグロを釣りに行きたいんです。

でもちょうど台風が来ている事もあって、マグロ釣りのステージとなる相模湾では、結構な白波がポチャポチャうねってますもんね・・

hayama-abuduri-kihada.jpg

今週は火曜日と水曜日の今日がお休みだったんですけど、昨日は朝4時半までに葉山はあぶずり漁港に到着しまして、船長の出船するか否かの判断を待っておりました。

結果的には出船NG・・

でも朝早く起きたにも関わらず、そのままおめおめと自宅に帰る訳にもいかず、昨日は東京湾走水に移動しまして、午前中だけアジを釣って楽しんでおりました。
相模湾と東京湾で比較をすると、風向きにも寄るんですけど、東京湾の方が海が荒れても出船しやすいんです。

相模湾は外海に直結しているから、もろに外洋の影響を受けてしまいます。
ところが東京湾は、まさしく湾になっているから観音崎から北の方は、割りと荒れていても出船してくれるんですよね。
そんな事もあって、昨日は退屈しのぎに走水に行きました。
アジ釣りに関しては、仕掛けこそきちんと海に投入出来れば、私の場合、目をつぶっていても釣れてしまえる位のテクニックがあります。
だから私の気分的には、遊覧船に乗っている感覚と言えば近いもんがありますかね。。

でもやっぱりマグロを釣りたい訳です。

この辺りははっきり言って、スーパーでお母さんとお子さんが一緒に居る時『これ買ってくれなきゃ歩かない〜』みたいなお子さん良く見かけますよね(笑)

おそらく私の場合は、それの大人版みたいなもんだと思います(笑)

大人げないですね〜
でも釣りたいモノは釣りたい!

ところが今日もお休みだけれど、相模湾は大荒れです。

なので致し方なく、朝から事務所に向かって仕事をしようモードになりました!

そしたら・・・

2014年8月 6日

中尾建築工房 夏の連休スケジュールのお知らせ


暑い・・

取り敢えず、日中はなにしたって、とにかく暑い・・

なんだか毎年の事ですけど、どんどん気温が上がっているかの様に思えます。

皆様も体調など崩されてらっしゃる方は居ませんか?

あんまり屋外に長時間出ていると、熱中症にもなりかねませんので、無理せず携帯出来る飲み物なども持って出ると良いかもしませんね。

そんな猛暑の中ではありますが、中尾建築工房の連休のお知らせになります!

8月13、14、15、16、17日はお休みとさせて頂きます。

この期間は中尾建築工房の電話も、設計担当、施工担当者の携帯にお電話頂いても、電話機自体を事務所に置いておくので繋がりません。

ご連絡可能なのは、休み明けの18日からとなりますので、よろしくお願いします。

また、ホームページからのお問い合わせも、お休み期間中は自動返信Mailのみを差し上げる形になります。
18日より順を追ってご返信差し上げる形となりますので、ご了承下さいます様、よろしくお願いします。


そうそう、ここで言うのもなんですけど、今月末辺りに見学会と言うか、『極塗』を開催しようかなぁと。

まだ、開催する現場のオーナー様にも言ってないんですけどね(笑)
ちなみに予定している開催現場はこちらのお宅になりま〜す!

hayama-isshiki-o-kengaku.jpg

タイミング的に月末辺りの方が良いかと思いまして、開催を決めました。

2014年8月 4日

新逗子駅前ラーメン|麺屋二郎さん


前々から工事をされていて、気になってはいたんですね、こちらのお店。。

shinzushi-menya-jirou.jpg

この画像、気になっていたので、店舗工事中の写真を信号待ちの際に撮らせて頂きました。
場所は新逗子駅南口を降りてすぐの場所になります。
反対側にはセブン-イレブンも新しく出来た場所なので、分かりやすいと言えば分かりやすいですかね。

私の通勤ルートは、あんまりこっちの道を通らず、裏道を通ってしまいます。
駅前は混んだりしますから、ついつい避けがちに・・・

なので、たまたま駅前を通ったら開店してたので、さっそく行ってみる事にしました。

こちらは九州のラーメンみたいですけど、福岡とか熊本みたいな白いスープではなくて、鹿児島のラーメンみたいです。

私も博多や長浜、久留米に北九州、熊本ラーメンと、結構九州のラーメンは食べた事があります。
白い系でない九州ラーメンと言えば、長崎のあごだしラーメンなんかも結構好きですね。
んで、こちらは鹿児島のお店って事もあり、今までに食べた事が無いジャンルのラーメンだったんです。

でも、こちらのお店のホームページを見てみると、博多のキャナルシティにも出店している位ですから、それなりには美味しいかと思っていたんです。

んで、さっそく券売機でラーメンのかさね味チケットを購入。

どんな感じかって言うと。。


2014年8月 2日