鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2014年1月 | 神奈川工務店TOP | 2014年3月»

これから家を建てる方は必見!!|木材利用ポイント事業の延長のご連絡


はい、前々から私が言っていた事ではありますけれども、木材利用ポイント制度。

mokuzai-riyou-point-enchou.jpg

当初は2014年3月末までに着工した家が対象って事でしたけど、延長になったみたいですね!

木材利用ポイントってなに?

そんなあなたは、こちらのリンクをご覧になって頂ければ、概要が分かるかと思います!

では、以下は木材利用ポイント事務局から送られて来たメール文です。


++ここから++

平素より大変お世話になっております。
木材利用ポイント事務局です。

本事業にいつもご理解を賜り誠にありがとうございます。

さて、このたび、平成25年度補正予算の成立に伴い、
木材利用ポイント事業の延長が決定いたしましたので、お知らせいたします。
木材利用ポイント事業の延長についての詳細は木材利用ポイントの
ホームページ 新着情報をご確認ください。
http://mokuzai-points.jp/newsrelease/20140226_01.html

今後の最新情報につきましては木材利用ポイントのホームページにてご確認ください。
http://mokuzai-points.jp/

この機会に、より一層本事業をご活用いただきますよう、何卒宜しくお願い致します。

※このメールは自動配信となります。
 本メールにご返信いただきましてもご対応致しかねますのでご了承ください。

------------------------------------------------------------------------------------------
木材利用ポイント事務局  9:00〜17:00(土・日・祝日含む)
0570-666-799 ナビダイヤル(有料)

PHS、IP電話からのお問い合わせ先はこちら
03-6701-3270 (有料)

++ここまで++

2014年2月27日

横須賀市長沢見学会情報更新のお知らせ☆


ようやく完成見学会が開催される事になりました横須賀市長沢に建てた新築一戸建ての注文住宅『live in luxury☆』☆は、施主施行の珪藻土も佳境に入って来ておりまして、ほぼほぼ完成の段階までたどり着く事が出来ました!

自然素材の注文住宅を少しでも節約しながら家を建てたい!
そんな想いを実現するべく、中尾建築工房らしい家が建ち上がりました。

途中、講習会では指導者の私にボロクソに言われ、さらには補講も受けつつ、なんとか始まった施主施行!

ここまでの道のりはちょっくら長かったけれども、なかなかいい家に仕上がって来ておりますので、今回は是非OBオーナー様も遊びに来て頂けると面白いかも☆

それでは見学会情報を更新させて頂きますね!

yokosukashi-nagasawa-ivent-kansei-k.jpg


場 所: 横須賀市長沢  (雨天決行) 
日 時: 2014年3月29、30日(土日)
時 間: 10:00~17:00(最終受付16時まで)
立 地: 駅から徒歩圏の既存宅地
内 容: やりたい事は我慢しない!!欲張りなオーナーが建てる私たちのジブン•Style!☆
建 物: 『live in luxury☆』☆

2014年2月25日

例の記事については今後のWeb公開を控えさせて頂きます。


ちょっと前に某メーカーさんの工場が被災した記事を書いたのですが、なんだか中尾建築工房のホームページが大変な事になってしまっています••

なにが大変かって言うと、情報がWebにはあんまり出てないみたいなんですよね。

私は担当営業に一般の方でも被害状況が分かる内容を出せと言いましたので、オーナー様にも早急に分かって頂く為にWebにて公開を行いました。

でも、他社ではあんまり公開をしている所も少ないみたいで、やたらとWebで情報を探している方が多いみたい。。

実はこれ、ホームページには、どういった内容で検索して、中尾建築工房のホームページに訪れてらっしゃったのか、分かる様になっております。

んで、普段はこんな感じの検索ワードだったのが。。

kensaku-nakao-koubou.jpg

だいたい分かりますかね?
色んな検索ワードで中尾建築工房のホームページに訪れてくれている事が分かります。

でも、例の記事を公開した時には。。

2014年2月24日

逗子市逗子極塗見学会終了!


週末に続けて開催されました逗子市逗子極塗見学会ですが、たくさんの方にご来場頂けました!

今まさに引き渡し前の状態で、施主塗りの事を体験出来る、良い機会だったかと思います。

建て売り住宅は嫌だ!

私たちは新築の注文住宅を建てたい!

そんな方々には、リアルな新築の注文住宅を見る事ができたんじゃないですかね。

家造りを始められるタイミングは、ほんっと人それぞれでして、今回ご来場頂いた皆様には、私が常日頃から申し上げている内容が直に伝わったのではないかなって思います。

基本的な考えとして、私は自分で言うのもなんですが、結構良い人です。

そして人の気持ちが分かる建築設計事務所であり、工務店でもあります。

今日、私の口から直接アドバイスをさせて頂いた皆様は、その通りに実行して頂ければ、まず家造りでの失敗は無いと考えて頂いて良いかと思いますよ。

でも、こんな事を言っていると、現在着工中の金沢八景のオーナー辺りから『またこの人こんな事言っているよ、自画自賛大好きだよね〜』なんて言われてしまいそうですが、正しい事は正しいので(笑)

なんと言うか、読みも鋭いっていうか、私にはきっと体内にソナーが備わっているんでしょうね。。

そのソナーから発信した反応により『この人の場合は•••こうだな。。』とか『あなたの場合は、間違いなくこっちです!』とか、分かるんですよね。

と言う事で自画自賛から切り出しまして、見学会終了のお知らせになるのですが『中尾建築工房って実際の所どうなの?!』と思われている方が、この土日に来場して頂いた上で『ブログで書いている事と、実際に会って話をするのとは一緒』って事が分かったかと思います。
基本、隠し事はありませんし、出来るモノは出来るし、出来ないモノはなにゆえに出来ないかときちんと説明をします。

そんな事もありますから、OBのオーナー様も足を運んで頂けますし、着工中のオーナー様も、遊びに来てくれています。

建築設計事務所+工務店のスタイルとしては、珍しいスタイルだとも思いますけど、このスタイルはこれからも続きますし変わりませんし、初めて中尾建築工房に訪れたり、見学会に参加しようと思っている皆様は、取って喰われる訳ではございません(笑)
安心してお越し頂ければ、より良いアドバイスを差し上げたいと思っています!

そんな見学会を切り上げまして、私は某葉山町の気になる土地に、敷地調査に出向きました。

hayama-shimoyamaguchi-umimie.jpg

2014年2月23日

リクシルキッチン工場倒壊PARⅢ


昨日の続きとなりますが、リクシルキッチン工場倒壊に於ける、現在工事中、又は着工前のオーナー様にご報告をさせて頂きたいと思います。

lixil-kitchen-hisai2.jpg

今後の対応についてメーカー担当者も中尾建築工房に来たのですが、最初から最後まで、かわいそうにひたすら正座状態でした。。


現在のリクシルでは、キッチンの製造を旧サンウェーブを専門にしております。
他にもトステムやINAXにもキッチンの工場があったのですが、今は旧サンウェーブしか、キッチンの製造工場はありません。

旧サンウェーブの工場は、国内に三カ所あって、埼玉県深谷(ふかや)工場、兵庫県社(やしろ)工場、岐阜県可児(かし)工場の三つ。
関東に1つと、関西に2つと、それぞれ分けて工場がある形になります。

関東は埼玉県の深谷工場のみなのですが、キッチン生産量としては、60〜70%にも上るキャパシティを持っていた事もあって、工場倒壊に於ける被害はかなり大きいと言えます。


今は消費税増税の駆け込みリフォームや、駆け込み分譲住宅購入に向けて、建築業界はとてつもなく人不足になり、資材も不足がちになっている中です。
その様な状況下の中で、リクシルのみでの注文を受けているキッチンの量も半端ないので、ある意味パニック状態です。

仮にその打開策として、関西の二つの工場にラインを増強したとします。
この場合、おそらく時間的にはかなりの時間が掛かると思うんですよね。。
簡易的にラインを造ったとしても、おそらく2〜3ヶ月は掛かるであろうと私個人的には思っています。

仮に増強が出来たとしても、国内総生産量の60〜70%もあったキャパシティをカバー出来るほどの増強はあり得ないと思うんです。

今現在、リクシルのキッチン担当営業マンには、商品を売りたくても、売るキッチンが造れないと言うジレンマに陥ってしまう程、状況は深刻なのだそうです。
つまりよっぽど『リクシルのキッチンじゃなければ嫌!』って事なら、それはそれで造れるまで待つと言う事になるのですが『そこまでリクシルと言うブランドにはこだわってはいない』と言われる方の場合は他メーカーに振替をする形になるかと思います。

ここで今後の対応について、対象となるオーナー様へそれぞれご報告と相談をさせて頂ければと思います。

●横須賀市津久井浜着工中オーナー様
すでに上棟して外部も囲われた状態となっておりますので、中尾建築工房としては最も影響の出てしまうタイミングです。
既にリクシルには1月以上も前からメーカーには注文をしておりますが、おそらくどうにもこうにもならないとの事。
対応策としては二つございます。

対応策①
リクシルのキッチンをこのまま変わらず望まれる場合
取り敢えずご入居の際には、簡易キッチンを設置させて頂きまして、工場の生産稼働率が上昇した際に、出来立てのキッチンを設置する方法
簡易キッチンをご利用される期間は少なからず半年から一年程の期間になると予測しています。

対応策②
他社メーカーのキッチンへの振替の場合
元々のリクシルと同グレードのキッチンを、近い仕様にする事で対応する方法
取り急ぎは他社メーカーに、現在お選びになられている仕様を確認してもらい、出来る限り近いタイプのプレゼンを造ってもらっています。
そのプレゼンを見つつ、お手数ですが再度ショールームに行って頂きまして、商品の確認をして頂けたらと思っています。


このどちらを選択されても、追加費用は掛かりません。
強いて掛かるとするなら、さらにオプション等をお選びになった場合のみ、追加費用は掛かりますが、あくまでも同グレードであれば追加費用は掛からず、全て中尾建築工房持ちにて対応させて頂きます。

●横須賀市ハイランド着工中オーナー様
キッチン自体は天板もシンクも造作なので、リクシルが絡むのはガス前全面ガラス付きのレンジフードのみになります。
レンジフードは元々、リクシルの下請け企業が造っている品物になりますので、現在は下請け企業に対して同じモノを納品してもらう打診をしている所です。
特に今の所は変更もありませんので、なにか動きがありましたらご報告させて頂きます。

●横浜市金沢区柳町着工中オーナー様
今の段階ではまだなんとも言えない微妙な段階です。
でもおそらくは、私の予測通りになってしまうかと思っています。
仮にリクシルのキッチンが良いと言う事であれば、竣工時に簡易キッチンを入れる事になります。
出来立てキッチンが付けられるのは、おそらく竣工後半年か、もしくは一年単位で掛かるかもしれません。
よほどリクシルに思い入れが無い場合は、他社メーカーに振替した方がトラブルも避けられるかと思います。
取り急ぎは他社メーカーに、現在お選びになられている仕様を確認してもらい、出来る限り近いタイプのプレゼンを造ってもらっています。
そのプレゼンを見つつ、お手数ですが再度ショールームに行って頂きまして、商品の確認をして頂けたらと思っています。

●横須賀市津久井浜着工前オーナー様
やはり今の段階ではなんとも言えません。
金沢区のオーナー様と同じ様に、他社メーカーに振替した方がトラブルに巻き込まれないと思います。


この他、横須賀市長沢着工中オーナー様、逗子市逗子着工中オーナー様、横浜市戸塚区着工中オーナー様は、既にキッチン設置工事が完了しておりますので、今回の工場倒壊による影響はございません。

2014年2月21日

リクシルキッチン工場倒壊PARTⅡ


昨日、リクシルのキッチン工場が倒壊したと速報をご連絡させて頂きました。
そして本日、中尾建築工房のメーカー担当者と、今後の流れに着いて話をさせて頂きまして、まずはご報告と今後の流れについてご説明をさせて頂きたいと思います。
ちょっと長文になりますので、PartⅢまでつなぐ形にさせて下さい。

まず、ネットなどで検索をしても、リクシルの工場がどの様になっているのか出てこないかと思います。
なので私がメーカーから頂いた文書によるお詫びと、画像をアップさせて頂きましょう。

lixil-kitchen-hisai_20140220_134450.pdf


アップしたPDFの二枚目に、雪の積雪により操業停止を余儀なくされたリクシル深谷工場の画像があります。

画像は全部で6枚ありますけど、製品出荷場の庇部分の崩落の画像は、元々、この様な屋根形状ではありません。
崩落して、折れ曲がってしまった形になっています。

その中でもひどいのは、基礎部分から大きく破損し、崩落した構造を支える基礎をご覧下さい。
すでに基礎も折れてしまい、鉄筋が丸ごと見えてしまっています。

一般的に、何かを製造する事を目的としている工場は、広い空間を取りたいですから、柱なども少ない場合が多いんです。
そうすると、柱をより少なく出来るラーメン構造なのかと思うのですが、そのラーメン構造ゆえのデメリットにより建物が歪んでしまった形なのがよく分かります。
構造計算でも、ここまでの積雪量は計算に含まれていなかったんでしょうね。

今現在でも、降り積もった積雪量があまりにも多く、復旧するために必要な重機の搬入も出来ない状態なんだそうです。

ある意味で、死傷者が出ていないだけでも救われているのかもしれません。

ただはっきりと言えるのは、注文をもらってしまっているにも関わらず、工場がこれでは。。

はっきり言って、キッチンを造る場所が無いって事になります。

2014年2月20日

「工場の屋根崩落」「操業停止」の大企業のお知らせ


中尾建築工房は企業と言うレベルではないですし、屋根の崩落もございません。
強いて言えば、薪ストーブの煙突を自分の所だけに適当に付けたら、折れ曲がっちゃった•••ってレベルです(笑)

実は私も聞いたばかりではありますが、連日の大雪の為に大企業にも操業停止などのトラブルがあったみたいなんです。

この大企業の中に、中尾建築工房が取引をさせて頂いている大手リクシルさんも含まれておりまして、リクシルのキッチンを造る工場の屋根が、雪の影響を受けまして屋根が崩落してしまったらしいのです。

詳しいリンクはこちら


リンク先の内容は、こんな感じになっております。

lixil-kitchen-hisai.jpg

私もついさっき、リクシル担当者からの電話により、この速報を知りました。

中尾建築工房は震災の時にも、増税対策の時にも、常々同じ協力業者さんやメーカー様と、一つのチームとして、より早い発注だったり、反省点があればそれを常に改善していく形を取らせて頂いておりました。

しかし、今回ばかりは中尾建築工房のスピード発注システムを用いましても、メーカーの心臓部分とも言えるべく、メイン工場が被災してしまった為に、どうする事も出来ない状態です。。

おそらくお引き渡しスケジュールに間に合わせる場合に関しては、代替メーカー様のキッチンに変更になるか。。

どうしてもリクシルが良い方の場合は、少しばかりのお時間を頂きまして、いつから工場が稼働出来る様になるのか。。

詳しい内容は私が明日、メーカー担当者と話をしまして、どの様な形を取って行くかを確認させて頂いてから、ご報告をさせて頂きます。

2014年2月19日

中尾建築工房で家を建てたオーナー様からこんなmailを貰いました。


今年の6月でお引き渡しをしてから丸四年経過する、湘南の中でも西の方で新築の注文住宅を建てたオーナー様から、こんなmailを頂きました。

***ここから***

中尾さん

お久しぶりです。○○です。

突然ですが、

問題です。

ジャジャン!

まずは、添付ファイルを見てください。

さて、誰でしょう?

チッ

チッ

チッ

チッ

チッ

チッ

正解は、

○○ 祭(まつり【長男】)です。

2月6日に産まれました。

ビックリしました?

しばらく会わないうちにこんなことになってました(笑)

hiratuka-matsuri.jpg

***ここまで***

2014年2月18日

自然素材の塗り壁仕上げの外壁材始めました!


いや、実はですね、中尾建築工房でも、外壁に用いる自然素材の外壁材を始める事になったのです。

これ、以前私がメーカーの担当者(前、前、前、前、前、前人者)の方と一緒にあ〜だの、こ〜だの試行錯誤したのが、現在中尾建築工房で使われている漆喰でもあり、珪藻土にもなる素材です。

それとは違って、このメーカーには他にも数種類の塗り壁材があったんです。

中尾建築工房にお越し頂いた事のある方であれば、古い方のトイレをご存知ですかね?

あっちは、古いタイプのモノでして、ローラーで塗るタイプのモノだったんですけど、なんど塗っても下地が出やすい事がありまして、私的には何度も実験したけど採用はしなかったんです。

そしてあれから10数年経った今、メーカーとしても改良に改良を加えまして、室内でも外部でも使えて、かつ下地が出ない様に出来る塗り壁材を造る事に成功した様です!

gaiheki-nurikabe-sizensozai.jpg

自然素材の外壁塗り壁材って言うと、私の頭の中ではドイツ人的発想の元、割れてもOKなのかと思いきや、今度はきちんと学習をしてくれたそうで、モルタル下地が割れない限り、クラックは出ない品物になったとの事でした。
おそらく○○○○○○○○○などを加えての改良だと思うのですが、まぁそれであれば私も以前に実験をした事がありますから、なんとな〜く外部で使える理由がよく分かります。


んで、メーカーとして言える事は下記の内容が主な特徴なんだそうです。

・大理石と消石灰を主成分とした100%自然素材
・静電気カットのため、汚れにくい ・汚れがついても雨で落ちる
・強アルカリ(ph13)のため、カビ・コケが生えない
・消石灰が多く含まれるため自浄作用が高く、コーヒーをこぼしても色が消える
・液体の商品のため、届いてすぐ施工可能 ・クラックが入っても刷毛で簡単に修正できる
・水硬性のため、湿気の多い日本では時間が経つほど硬くなっていく
・モルタル下地、サイディングの上から施工可能 ・何年か後には再度上から直接施工できる
・コテ仕上げなど様々な仕上げができる
・鉱物顔料による着色のため退色しにくく、耐久性が良い

って事なんですけど、まぁさすがに外壁にコーヒーをこぼす人は居ないと思うんだよな、私的には(笑)

2014年2月17日

大雪の再来


私のお休みは毎週水曜日とか、第二、第四の火曜日がお休みなのですが、ここの所ちょっとプライベートな事が理由で他の日に振り替えたりしています。

先週の大雪の時にも、私は九州嫁実家に行っておりまして、飛行機を利用していました。


そして昨日の大雪にも、九州嫁実家に行っておりました。

理由はちょっとここではなかなか言えない系なんですけれども。。

でもそれだと誤解されてしまう方も居ると思いますので、はっきりとこれだけは言っておきましょう。

皆さんが一瞬心配されるであろう離婚とかでは全然無くて、嫁の体調が思わしくないって事だけにとどめておきますね。

そんな事がありまして、ちょいちょいと九州に行く事があるのですが、先週の大雪の時には行きも帰りも朝一番の飛行機で問題ありませんでした。

でも、今回は行きは良いけど、帰りが駄目だったぁ。。

当初は6時45分発の佐賀→羽田で帰ってくる予定だったんです。
そうすれば9時ちょっと過ぎには事務所に帰ってくる事が出来る時間帯でしたので、段取りはばっちりでした。

でも朝の6時に空港へと着くと、6時45分発の飛行機はなんと欠航•••

あららら〜と思いつつ、どうするか受付のCAさんに相談すると、お昼過ぎの便のキャンセル待ちをして、キャンセルがあれば、それで帰れますとの事。

欠航の理由は佐賀空港に問題がある訳ではなくて、羽田に問題がありました。
なんでもこの雪のせいで、ばらけて滑走路に入る予定だった飛行機が、いっぺんに集中してしまったせいもあるらしく、パニック状態になってしまったみたいな話でした。

なので佐賀空港では、一日の中で4本ある東京行きが、結局2本になってしまったのです。

んで結局、お昼の便も、また更に遅れる事になりまして、羽田についたのは夕方。。
そして高速道路も部分部分で通行止めでしたので、結局は終業時間の頃に戻って来れた感じだったんです。

saga-haneda.jpg

2014年2月16日

家造りを始める全ての方へ 地元建築設計事務所+工務店プロデュース!読んで為になる家造りの情報発信☆


はい、日々、頑張って更新中の中尾建築工房のブログの事なのですが。。

ある意味、家造りをされる全ての方への情報発信と思って、日々更新をしています。

sippaisinai-iedukuri-blog.jpg

んで、画像にある様に、パソコン用ホームページのみになりますけど、ここにメールアドレスを入力しますと、ブログの更新状況が、登録されたメールアドレスに送信されるんです。

普通であれば、中尾建築工房で家造りをされる方のみに発信していると思われがちなのかと思われそうですが、そうではありません。
もちろん、中尾建築工房のオーナーの話題なども上がったりしますし、上棟の様子やお引き渡しの更新もしている次第ではありますけれども。。

私の脳みその基本的な考え方としては、家造りをされる全ての方に、適切な情報発信が出来ればいいなって感じです。

例えば、そうですね〜

地域的には私たちの施行エリアの範疇の方でも、色んなしがらみとか都合によって、他社で建築をされる方とか。。

関東を飛び出して、関西の方からも問い合わせを頂く事もあったりします。

さすがに九州とか、北海道からはありませんけど、なぜか本州の遠距離な地域からは、普通に問い合わせがあったり、相談もあるんです。

こういった問い合わせが来る理由は、私自身も正直言って良く分かりません(笑)

でも、私なりに大工としての技量も最高レベルを持つ職人であり、かつ喋れる大工、また建築設計事務所+工務店の代表として、様々な経験と知識を持っています。

さらに全国には、私と同じ様な志を持っている仲間も居ます。

仲間と情報交換したりすると、大手や中堅のハウスメーカーや、不動産デベロッパーの営業マンに上手い事丸め込められていらっしゃる方がたくさん居る事を再度、認識する事になるんですよね。

でも、私達は造る建物を大工の目線からして、最低限これじゃなきゃ駄目!とか、施工エリアを限定している地元建築設計事務所+工務店ですから、全ての方を対象に家を建てる事が出来る訳ではありません。

けれども、少しでも家造りを始める方に対して、よりリアルな情報を提供する為に、ブログを使って情報提供を出来たらな。。

そんな理由がありまして、神奈川県横須賀市の山奥からWebを利用して、情報提供が出来ればと思って日々更新をしている訳なんです。

こういった土地は買っちゃ駄目!とか、質問した事に対して、回答を濁す様な業者さんは要注意!とか、そんな事を知ってもらう為にも、私がブログを書く事は、家造りを始められる方にとって、有益となり、参考になるかと思うんです。

簡単に言えば、中尾建築工房で建ててない方でも、読んで参考になれば、幸いって感じかな。。

これをず〜〜〜っと、日々続けているものですから、他社で打ち合わせ中とか、他社で建てている方にも関わらず『ブログ、面白いので参考にさせてもらってます!』とか『これまでいろいろと勉強させていただきありがとうございました。家づくりのヒントになり、大変参考になりました。これからも良い情報を提供し続けて下さいね。時々HP覗きに行かせてくださいね。ありがとうございました。』

な〜んて、お言葉を頂いたりする事もあったりします。

これって良い事なのか、悪い事なのかって言えば、私的には相当良い事なんだと思う訳ですよ。

2014年2月13日

横浜市金沢区にて起工式の祝別!


ん〜っと。。

なんかいつもと勝手が違うので、微妙ではあるのですが。。

なんと、あの大雪の時に、地鎮祭に変わる起工式の祝別を執り行って頂きました(笑)

いつもは私たちが神主さんたちの手配をして、執り行わせて頂くのが地鎮祭

でも、こちらのお宅では信仰してらっしゃるのがカトリック。

なので神主さんではなくて、神父さまに執り行って頂いた形になりました。

私も結構長く建築の仕事をしておりますけれども、なんでしょうか。。

横浜市金沢区で家を建てる方は、お寺さんに執り行って頂く方もいらっしゃれば、こうして神父さまに執り行って頂く方もいらっしゃるのが、なんだかとっても不思議な感覚になったんですよね。
まぁ、たしかに信仰されているのは皆さんそれぞれでしょうからね。

仏教だったらお寺さん
クリスチャンだったら神父さま
私みたいにスタンダードなタイプの人は神主さん(笑)

考え方的には、まぁ、こんな感じの所でしょうね。

そんな前置きは置いておいて、いつものノリで行かせて頂きましょう!

2014年2月8日に横浜市は金沢区にて、起工式の祝別に参加させて頂きました!

元々はご実家だった土地に、新たに2棟の新築の注文住宅が建ち上がる事になりま〜す。

それにしてもこの天候。。
こんな大雪だと、ちびっ子にとっては最高の遊び場になりますよね〜

yokohamashi-kanazawaku-yanagimachi-f-m-kikoushiki.jpg

おそらくご夫婦の場合、お父さんは一緒になって遊んでしまうだろうし、お母さんは洗濯物の事を考えると『ちょっと、そんなに汚さないで〜』みたいな空気があったりするのかもしれませんけど、私も男親ですんで、やっぱり子供には遊ばせたくなる気持ちになりました(笑)

うちの息子だったら、相当走り回っていたかと思います。

2014年2月11日

横須賀市津久井『いつかは古民家!』上棟☆


2014年2月5日の建築吉日に横須賀市津久井にて『いつかは古民家!』が上棟しました☆

yokosukashi-tukui-y-kominka.jpg

いやいや、お待たせしてしまいましたねぇ。。

ここの所、私もプライベートの事とか、大雪に見舞われた事もありまして、ちょっと更新ほっぽらかし状態。。

でも、なんとかぼちぼちと復活していきますので乞うご期待を!

んで、こちら横須賀市津久井では棟梁達の頑張りにより、無事上棟する事が出来た訳でありますけれども、タイトル名は『いつかは古民家!』

ホントはちょっと違うタイトル希望だったのですが、あきらかに要望とコストの差が開いていたので、全ての要望を実現するのはちょっと難しかったんです。

注文住宅を新築で建てる訳ですから、そりゃ〜様々なこだわりを実現する事は出来るんですけど、その分予算も掛かるのは常ですからね•••

なので、完成して家に住みながらでも、少しずつローコストなやり方をする事によって、いつかは古民家に出来るといいね〜と言った想いがありまして、『いつかは古民家!』と名付けさせて頂きました!

ホントはこんな感じの家をご希望されているのでしょうけどねぇ•••

yokosukashi-tukui-y-kominka2.jpg

割とコストが掛かるんですよねぇ•••
こういう造りってさ。。

だって造作仕事盛りだくさんだし、一つ一つがオーダーになるから、そりゃ高くはなるさ•••

が、しかーし!!

そこは中尾建築工房ですから、まったく持って話を聞かないと言う訳ではございません。

夢をあきらめさせない為にも、想定されるであろう、ありとあらゆる可能性をつぶさなくとも済む様にしてあります。

それに中尾建築工房の建てる家は、構造材にかなりのボリュームが注ぎ込まれておりますので、オーナーも『うわ〜、確かに納得!』と言ってもらえるんじゃ無いかなって思います!

実は横須賀市津久井のオーナー様は、以前に葉山に建てたオーナー様のお知り合い?か、同じ職場の方なんです。

んで、特に葉山のオーナーから連絡をもらっての紹介と言う訳ではなくてですね。。葉山のオーナーは、こちらのブログを結構ご覧頂いている方であれば、ご存知かな。。

ΨSΨ さんになるのですが、以前に横須賀市浦郷に建てたオーナー様も、 ΨSΨ さんのご紹介になります。


この時もそうなのですが、やはりご紹介と言う場合は、私たちもそれなりのプレッシャーを感じるんですよね•••

そして今年の最初に頂きました ΨSΨ さんからの年賀状を見ますと。。

2014年2月10日

神奈川県の大雪


今日は朝からすごい雪でしたね〜

実は私、昨日は福岡におりまして、今日の朝一番に神奈川に戻ってきました。

ちょっと福岡の実家に戻ってる嫁さんの様子と、子供の様子が気になったので、普段休みではない金曜日に行ってきたんですよね。

嫁さんの実家は、福岡県なんだけれども佐賀空港の方が全然近いんです。
だからいつも佐賀空港を往復で使うんですが、1日に4本しか飛ばないで、便数が少なく既に満席。。


仕方なく福岡空港までレンタカーを借りたんですよね。

朝7時に福岡空港を飛び出す飛行機に乗らなければいけないので、博多駅周辺のビジネスホテルに泊まったんですけども、昨日の博多は人が多かったんですかね。。

どこのホテルも満席で、かなり空港から遠いホテルにはなってしまいましたが、なんとか宿泊できました。

私は、まだ朝一番の福岡空港を飛び出す飛行機だったので、またよかったんですけども、空港内でアナウンスがあって、雪の影響のため羽田空港に着陸できない場合は福岡空港に戻る場合がございます


ですって。。

それでも当日は、横浜で地鎮祭があることもあって、帰らないわけにはいきません。

でも、そこは朝一番の飛行機を選択しといて、ほんとによかったなと思いましたが、なんとかなりました!

でも後から知ったんですけれども、僕が乗った次の飛行機は、もはや着陸できなかったそうです。。

朝一番の飛行機で、羽田についた時には既に決行多数。。。

toukyo-haneda-kekkou.jpg

2014年2月 8日

無垢の床材にあやしい汚れ。。|元通りにする為には?!PARTⅡ



前回は錆び取り材を、サンプル板に塗りたくった所で終わりました。
いきなりぶっつけ本番で施行しつつ、もしも落ちなかったら。。ってなると嫌なので、まずはサンプル板でテストしてから本番を行いたいと考えています。

mukuita-yogoretori4.jpg

ご覧の通りに、錆取り材を遠慮無しに塗りたくりました。

塗布してから数時間置きますと、やはりご自宅の床と同じ様に1㎜弱の膜を張る状態に。

やはり漏れた液体は、この錆び取り材と言う結論に至りまして、ここからアク洗いが有効なのか、それとも無効に終わってしまうのか。。

これを実験する為には、画像右上にありますアクロンなるアク洗い材を用いる事にしました。
これは二液性の材料でして、一液材と二液材を混合させて、さらに水を入れて希釈します。
通常のアク洗いの場合でしたら、10倍に希釈したり、汚れのひどい場合は5倍にするなど、必ず水で希釈してから塗りこみます。
でも、今回の相手は錆び取り材さんでしたので『これはもう、原液でガチンコ勝負をするしかないべ。。』って思ったのです。


2014年2月 4日

横須賀市長沢『live in luxury☆』漆喰珪藻土の塗壁進行状況の視察に行きました!


日々、色んな人が中尾建築工房に訪れてらっしゃる訳で、そんな中でも自分たちで漆喰珪藻土の壁を塗るって方達の割合はとっても多いんです。

そこでちょっと思い出しました。

中尾建築工房にほど近い場所に建築中の『live in luxury☆』は、果たして塗り塗りの作業がどこまで進んでいるのか?!

近いっちゃぁ、近いんですけど、私もパタパタとしてまして、中々足を運んでいませんでした。

では、どんな感じで進行しているかって言うと、外観はこんな感じになります!

yokosukashi-nagasawa-k-nurikabe-jyouzu.jpg

luxuryと言うからこそ、確かに贅沢な外観です。
塗り壁と、一部にサイディングを貼っているのですが、軒天井のレッドシダーとルーフバルコニーの唐松材が、程よいコントラストを生んでくれていますね〜
デッキ設置用の束石が収まりまして、あとはデッキや枕木を据える感じ。

建物自体も大きいですし、なんと言ってもどこかに向かって吠える様な外観は、重量感と圧倒的な威風を放っているのが良く分かります。

長沢だけどね。。

そんな『live in luxury☆』は、現在施主施行にて室内の漆喰珪藻土を塗り塗り中な訳ですが、私的にはちょっと心配感があったのです。
なにが心配かって言うと、塗り壁講習の際の手際を見ていて、微妙な印象を持っておりました。

『こんなんで、ほんとにイケると思ってるんだろうか•••』って。。

なんで補講を行ったくらいですからね。


つまりは講習を二回受けておりまして、さらには中尾建築工房の監督もちょこちょこ『こ〜して、あ〜して。。』って言うアドバイスはしている様なんです。

なので気になる仕上がりの状態を夜にちょこっと訪れてみました。

2014年2月 3日

無垢の床材にあやしい汚れ。。|元通りにする為には?!


ま〜良くも毎日毎日、ブログの更新を行えるもんだと自分でも驚いてしまいます。
なんと言いますかね。。
人には人のタイプってもんがあると思うのですが、例えば外には一歩も出ずに、おとなしく過ごしたいって人だったり、私みたいになにかしらしていないと落ち着かないって人。
はたまた、その真ん中辺りの方もいらっしゃるかと思うんです。

私の場合は魚のボラみたいなもんでして、いつも泳いでいないと駄目なタイプなのでしょうね。

出来ればボラではなくて、せめてマグロかなんかに例えたいのですが、マグロだとちょっと高級ですしね。。
私もまだまだ器がそこまで行っていないと言う事で、表現的にはまだボラで充分なのかなぁ。。

そんな私の本日は、葉山に建てたお引き渡し済のお宅へと伺いました。

お題にあります通り、新築の注文住宅を建てれば、当然の事ながらその家に住む事になります。
その家に住むと言う事は、日常生活の中で、色んな事が起きるでしょうね。

実は今日、葉山町にて中尾建築工房の家を建てたオーナー様から、こんな相談を受けました。

『多分、この液体なんですけど、これを床にこぼしちゃったら、膜を張ったみたいに汚れしまったんですよね。。どうやって直すんでしょうか?』

その液体って言うのは、なんと錆び取り材でした。

mukuita-yogoretori.jpg

これはどうなるんだろう•••
錆び取り材なんて、それこそ若かりし10代のバイクで走り回っていた頃以来、触る事の無かった液体ですね。。
匂いを嗅いだ瞬間、若かりし頃にフラッシュバックした気分。。

さて、では無垢のサンプル板に、この錆取り材を塗ってみましょう。

2014年2月 2日

夏の湘南葉山海の家アルバイト募集らしい•••です!


え〜、こういったタイトルにしてしまいますと、中尾建築工房が海の家のアルバイトを募集しているって思われてしまいますよね。
なんで『らしい•••』をあえて入れさせて頂きました。

あくまでもクライアントとなるオーナー様が居て、設計施工を中尾建築工房で請け負うって事になります。

実は今日、葉山一色海岸に建てる海の家オーナーと打ち合わせをした際に、そろそろアルバイトやスタッフの募集も早め早めに告知したいとの事。

いいですよね〜、だって毎日こんな景色の中で働けるって事なんだからね〜

hayama-uminoie-baito-boshuu.jpg

んで、肝心な海の家計画のコンセプトは、どの様になっているかって言うと。。

○地元の子育て世代の家族連れの方や、若いカップルの方達でも楽しめる海の家

今はまだざっくりとしか言えないのですが、コンセプト的にはそんな感じなんですよね。

私も何度か海の家を造った経緯があるのですが、私が推奨しているのは『海の家は自分たちで建てなさい!』と言う事。

これは新築の注文住宅やリフォームリノベーションでも同じ事をいつも言ってます。
なので中尾建築工房のオーナー様からすれば『この人、またこんな事言ってるよ(笑)』的なご意見を頂戴するかもしれませんね(笑)

でもね、実際問題、毎年毎年私たちの様な業者に依頼するのは、あんまり良い事と思わないんですよね。

だってお金も掛かるしさ〜

だいたい海の家って仮設店舗になる訳でしょ?!

そして営業出来る期間はたったの2ヶ月しか無いんです。

そんな理由もあり、初期投資も半端ない金額になるので、海の家を経営するなら5年間は我慢しなさいって定義がある位な訳なんです。

であれば、やっぱり健全経営をしてもらう為にも、出来るコストダウンを最初から考慮してプランニングする事が望ましいんじゃないかなって思うんです。

基本、私はとっても良い人だからこそ、こういう提案をするんですけどね、うんうん 実に素晴らしい(笑)


そんな私的に思うのは、一夏のアルバイトをしたいと思う方達にも、ただ海の家でバイトするんじゃなくて、更なる満足度を手に取ってもらえたらなぁって思うんです。

つまり。。

2014年2月 1日