鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

ハンドメイドで造るロートアイアンのフェンス|WroughtIron-handmadePart4

前回までにそれぞれに分割したパーツを現場で溶接&塗装をしまして、ようやく現地で収まりました!

WroughtIron-handmade12.jpg

直線になる部分とスロープの傾斜に合わせて、今回はフェンスの製作をしております。

ネックとなっていたのは、元々の土地造成時に出来ていた出っ張っているこの擁壁。。


WroughtIron-handmade13.jpg

この元々あった擁壁は、カットする訳にもいきません。
当初は擁壁なりにアイアンをカットする話もあったのですが、現地打ち合わせにてオーナー様とアイアン職人さんと相談。
急遽擁壁手前にL型を造りまして、敢えて擁壁から逃げた造りにしてみました。

こうする事で、擁壁の強度も無くなりませんし、アイアンの溶接作業は大変になりますけど、強度的には折れた分だけアップするんです。
なのでグラつきも無くなりますし、かえってこのやり方がMASTだった様な気がします。

WroughtIron-handmade14.jpg

細かい部分ではありますけれども、この曲げもきちんとオーナー様のご要望通りに職人さんが加工をしまして、取り付けと相成りました。
元々は一本の、もしくは一枚の鋼材を、職人の手により様々な形に加工をして行くのが技術職。

高さや角度も当然チェックが入りますけど、それはバッチリでしたね。

さらにこういったアイアン系の仕事をする時に私が良く見るのは、溶接部分の仕上げ方なんです。
荒っぽい系の仕事をする方の場合、溶接の部分も美しくはなくて『なんだ、この汚ねぇ溶接の仕方は?!』なんて言葉を放ったりする事もありました。

でも今回は溶接の部分もキレイにできておりますので、特に問題も無いと言うか、バッチリ完成なのではないでしょうか?

こうしてハンドメイドで造るロートアイアンのフェンス。

お気に召しましたら、限られた予算の範囲内で、こだわりを入れてみるのも面白いかもしれませんね!

ん、やっぱり良かったんじゃないかな〜☆

日時:2014年1月11日 18:34

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。