鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2013年9月 | 神奈川工務店TOP | 2013年11月»

藤沢市鵠沼『Kugenuma Style☆』お引渡し☆


2013年10月26日の建築吉日はたいらの日に、藤沢市鵠沼に建つKugenuma Style☆が取り急ぎの竣工としまして、お引渡しをさせて頂きました!

確かに引き渡しはしたんだけど。。


実は終わってない・・・

けどね。。

まーなにが終わっていないかって言うと、それはご存知の方も居らっしゃるかと思われる、施主施工で行う天井と壁の珪藻土塗り作業が終わっていないんです。。

でも、やっぱりいつまでも家賃のかかる家に住んでいて、無駄な出費が出るのもなんですし、取り敢えずはホコリの大量に出そうな作業だけは終わらせておいてしまい、その後は引っ越ししてからでもいいんじゃね?って事で、ある意味で断腸の思いではありましたが、引き渡しとさせて頂いた次第です!


hujisawashi-kugenuma-m-hikiwatashi.jpg

2013年10月30日

食洗機はビルトインか、それとも外部家電の食洗機?


食器を洗うのめんどくさいって方いらっしゃいますよね?!

私は基本的に手洗い派の人になります。
だからあんまり食器洗い乾燥機に頼る事は無いのですが、みなさんはいかがでしょうか?

食器洗い乾燥機を選ぶ場合、大抵の場合ビルトインタイプのモノを選択される方が多い様な気がします。
でもビルトインタイプって、いつまで機械が故障せずに持つのかっていうと。。

まあ、ぶっちゃけた話、いつまで持つかはわからない。

もしかしたら、数年で壊れてしまうかもしれませんし、割りと長持ちするかもしれません。

しかも、ビルトインタイプのモノがもしも壊れてしまい、交換する際にメーカーの見積もりを取ったりすると。。

どえらい金額の請求を受ける事が多々あります。

はっきり言って、ビルトイン食洗機の定価以上のお話になるのは間違いございません。
だから壊れてしまったビルトイン食洗機は、水切りかご代わりに使われたりとかする様です。
そうなると、相当高い水切りかごに早変わりする訳ですから、勿体無い話なんじゃないかって個人的に思うんです。

なので中尾建築工房でビルトイン食洗機を選択される方は、たいてい私の説明を受けているかと思います。

『選ぶのは良いけど、勿体なくない??って』(笑)

でも、やっぱり食洗機が欲しい!

そんな方におすすめしているのは家電製品の食洗機なんです。

これだと新品で購入しても、それなりに持ちますしね。

仮に壊れてしまったとしても、機械本体をポイしてしまえば良い訳です。
そして新たな食洗機を購入すれば、後は置き替えてもらって、給水ホースと電源を差し込むだけで新たな食洗機が利用出来るわけなんですね。

という事で置き場所のある方の場合は、外部食洗機の方が経済的ですよ〜って説明をしたりしています。

でも、しいて気になる部分ってなにかと言うと。。

食洗機の裏側が気になってしまうんです

外部食洗機を設置する場所にもよるのですが、背面に壁があれば、そんなに気にならないかと思うんです。

でも、全てのプランで壁があるかといえばそうでもない。。

そこでちょっと思いつき、さっそく家電屋さんにGO!

中尾建築工房の事務所から車で5分も掛からない所にNOJIMAがあります。
そこでさっそく中の外部食洗機を拝見させて頂きました。

shokusenki.jpg

2013年10月28日

スーモ注文住宅 神奈川で建てる 秋冬号に中尾建築工房のオーナー様3邸のご家族が掲載!


消費税増税の影響ですこしは静かになるのかなって思っていた矢先なのですが、中尾建築工房で家を建てた3邸宅が、神奈川で建てるに掲載されました!

kanagawa-summo-chuumon-jyuutaku-keisai.jpg

掲載された3邸宅中、いつもの部分に掲載されているお宅と、神奈川県代表として掲載されているお宅があるのですが、ここまで目立ってしまうと。。

なんだかあんまり静かになりそうなんて事は望めないんでしょうねぇ・・

それにしても今回は、全てのお宅で共通なのが、ホワイトの外壁になりますかね。

でも実はこのホワイトのカラーも全部一緒じゃないんですよね。。

実はホワイトと一口に言っても、立地や日当たりを考慮して、ホワイトの中でも調整してカラーリングをしています。

例えば一年中、日当たりの悪そうな立地であれば、ほぼ純正色に近いホワイトを使います。
でも、西日があったり、中庭の様に光の乱反射をさせる部分に関して言えば、同じホワイトでもグレー色を入れて、ホワイトを少しでも落ち着かせる様に選びます。

実は陰ながら、カラーに関しては、そんな事も考慮して決めていたという訳なんです!

その甲斐もあってか、本誌のず〜っと前ページに掲載されている記事のパティオのある家は、かなり見応えのある一邸になっています!

しっかしこの家、やっぱり見応えがあるんですよね〜

以前に掲載された時と違うディレクターでしたので、アングルなども違うアングルで撮影をされてました。

その際のリンクはこちら

でも、この家は結構部分的に悩んだりもしたんですよねぇ・・
全体的なデザインと斜線検討、屋根勾配の調整などなど。。

図面自体はきちんと完成した後なんですけど、その後からもあともうちょこっと屋根の傾斜を少なくしようとか。。

あともう少し、パラペットの高さを取りたい。。

リビングの目隠しとなる屋根の庇をあともうちょこっと伸ばすか。。

普段はあんまり悩まないのですが、こちらのお宅はやっぱり脳みそをかなり使わせて頂いたお宅になります。

そんな中尾建築工房が建てた家をご覧頂けるスーモ注文住宅 神奈川で建てる 秋冬号
多分、書店では販売されている頃だと思いますので、ぜひともお手元に取って見て頂ければと思います!

2013年10月25日

三浦市南下浦町|『床でくつろげる家』お引渡し☆


2013年10月19日に三浦市南下浦町にて『床でくつろげる家』のお引渡しをさせて頂きました!

お引渡しと言えば、たいていの場合が午前中からだったり、午後一番からだったりします。
ところがこちらのお宅はオーナー様(ご主人)がお仕事でしたので、仕事上がりの17時からでお引渡しをさせて頂きました。

目の前には三浦海岸の海が広がる立地に建築をされたのですが、ま〜海ばっかりを撮っていても仕方ありませんので、たまには建物の画像でも載せましょうかね。。


miurashi-minamishitaura-o-hikiwatashi.jpg

ご覧の通りに、こちらのお宅は敷地面積の都合と建てたい建物のボリュームの都合から敢えて玄関のポーチを設けておりません。
その為、敢えて駐車場スペースには道路からの許せる程度の勾配を付けまして、玄関に入る設定となりました。
正面にくぼんで見える部分は室内の階段スペース部分となります。
ホントはこのスペースに、建物がドーンと乗ってしまう場合も多いのです。

でも、限られた敷地面積を有効利用する為にも、敢えて階段を吊る造りにしまして、こういった形状が叶う造り担っています!

2013年10月20日

湘南・三浦半島の台風一過


それにしても結構な被害を出した今回の台風、電車は止まってしまうし、自宅待機状態になってしまった方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
伊豆大島では亡くなられた方も多くいらっしゃる今回の台風。

私自身はあんまり台風の影響を自身で体感している訳ではないのですが、鎌倉市ではこれほど大きな岩石が崩れてきたりする場所もあった様です。

shounan-miura-taihu-ikka.jpg

こちらの画像は日経ニュースよりダウンロードさせて頂きました。

これはちょっとシャレにならない天災ですよね・・
レッカーで吊り上げないと、これほどデカイ岩石なんて、そうそう動かす事も出来ません。。

こんな事がありますと、やはり私達としてもちょっと不安になったりします。
なので私は午前中、私の通勤ルート周辺にある、竣工したお宅を外から廻って拝見してみました。

私は自宅から近い逗子や葉山のお宅を廻らせて頂いたのですが、特に主だった事もない様でしたので、まずは一安心。

でも、一夜明けた湘南の海は、かなり高い波も残ってましたねぇ。。


2013年10月16日

消費税の増税|影響が出始めました。


消費税の増税に伴う影響が出始めました。

これはつい先日に、メーカー側から送られてきた文書なのですが、要はキッチンで人大のワークトップを選んだ時点で納期が遅くなるよって連絡です。

今、建築業界では増税の駆け込み需要と言う事で、マンションや建売住宅などの販売や工事完成にやっきになっています。
それぞれ、設備メーカーや内外装メーカーも、駆け込み需要があるのを知っているため、生産能力の向上を行っています。
でも、設備メーカーでは大手のリクシルが、キッチンパーツの生産が追いつかない事を発表しまして、納期の時間が掛かるとの事です。

zouzei-eikyou.jpg

中尾建築工房では、常に締め切りを設けて、少しでも早く発注する事で、こういった突然の自体にも対応出来る様、資料はメーカーサイドに送っております。

そんな事もあって、今まで資材が無いとか、大幅に工事が遅れると言った事はほぼありませんでした。

でも今回に関しては、最大手のリクシルがこの様な状況なので、設備だけではなくて内外装資材にも、同じ様な現象が起きるかもしれません。

消費税が上がる、オイルショックに陥る、金利の大幅な引き下げが予測される。。

こんな時には、いつも建設業界では資材が消えたり、価格が高沸する影響が出ておりました。

そしていま、まさに消費増税の影響による駆け込み需要により、設備資材の納期遅延が発生している訳です。

建売やマンションを購入される方であれば、完成物件のみとなるでしょうから、心配は要らないかと思います。
でも新築の一戸建てを建てる、それも注文住宅で建てるという方の場合は、こういったイレギュラーな自体も予測されますので。。

くれぐれもぎりぎりのスケジュールで、駆け込まない事です。

間に合った方であればよいのですが、間に合っていない方の場合は、これから始まる金利の引き下げと、住宅ローン減税で得をした方が間違いありません。

ちょっとドタバタになりそうな、設備メーカーからの連絡。
中尾建築工房としても、発注形態をより早く行う様に再度の指示を出したいと思います。

2013年10月13日

三浦市栄町『わんこといっしょ!』上棟☆


2013年10月9日の建築吉日に、三浦市栄町にて『わんこといっしょ!』が、永い時を経て、ようやく、ようや〜く上棟を果たしました!

いや〜、ほんとに建つもんですねぇ〜(笑)

笑ってはいけないけれども、あれから何年もの時間が経過しているモノですから、ここまで辿り着いた事自体が、なんとな〜く『?』って感じになるのは私だけではないと思います。

こちらのお宅についての詳しい話はこちらで


今回、上棟を迎えたお宅は、住居兼店舗となる構成なのですが、敷地形状の都合から、割りと細長い形状のプランニングになりました。
細長いプランニングの場合、割りと『使い難いプランなんでしょ?』と思われがちになるのですが、以外にもそんな事はなかったりします。

あえて図面などは個人情報となりますので、公開する事は出来ません。
でもプランと言うのはその土地、その使い勝手を良くよく、ヒアリングした上で作っていきますから、ある意味で言えば。。

細長さを味方にするプランニングになりました!

敷地と同じ様に建物自体も長さがありますので、一瞬見た感じではかなりの大きさに見える建物なんです〜☆

miurashi-sakaemachi-w-jyoutou.jpg

2013年10月12日

逗子市マンション|強風時の対策


ホントは上棟のブログを更新しようかと思っていました。

でも、今ちょっと、決算なる書類を造るのに、今晩は、めっちゃ追われているんです。。。
こういうのホント、大嫌い•••

と言う事でブログをさぼる訳ではないのですが。。

上棟ブログはまた後日にさせて頂いて、今日は私の昨日あった個人的な話を。

私は逗子市逗子のマンションに住んでいるのですが、今は奥さんが実家に帰っている(いつものやつです)ので、家の事は自分自身がやらなくてはならないんです。
まぁ、当たり前と言えば当たり前の事なのですが、気合いを入れて一気にやろうとすると、ろくな事がありません。

では、今回のろくでもない事って何かと言うと。。

炊事に洗濯、掃除になんちゃらって感じの作業を昨日、一気にやりました。

そこで、せっかくなので、バルコニーに出て、布団なども干してたんです。

そして私の住んでいる賃貸マンションのフロアは5F。

『今日はいい感じで、布団も干せるね〜』なんて言っていた矢先の事。。

なんと!

さっきまでそこにあった布団が。。

吹っ飛んだ•••


もちろん、気がついた瞬間にすぐ、下まで走って行きました。
でも布団は見当たりません。。


これは。。

もう買い替えだろう。。と思って帰宅したら。。


zushi-manshon-kyouhuu-taisaku.jpg

2013年10月11日

横須賀市長沢|吹き抜けに入れる丸太梁!


某現場にて、大きな吹き抜けの上に羽ばたく様な梁を入れるプランニングがありました。

色々と丸太を探していたのですが、なかなかモノが見つからない••

そしてようやく『これでいっかぁ〜』という材料にたどり着きました。

と言うのも結構探しましたが、時期的に工事期間中に間に合わない材ばかりなのです。
梁材が無い理由としては、めったにモノ自体のオーダーが無いこと。
オーダー無いから、山に梁材を切りに行かなかければならない事

ここで一つ問題がある訳です。
丸太と言うのは、基本的に夏場や秋には刈り取らず、冬に入ってから丸太を切っていきます。
私が以前に丸太を切りに行った際には、秋口でしたが、木が水分を吸い上げないように、廻りだけをカットして、木の真ん中はカットせず、水を吸い上げない様にしてきました。
そして冬場に使うなら、まぁまぁな木があったりします。

でも、時期的にはもっと前には入れたいって事
そして建物の断熱性が高い為に、グリーン材と言う水分の多い木を入れると、クラックが多く入ってしまいすぎること。
なんで、梁材を扱っていて、かつ在庫もたくさん持っている様なマニアックな梁材を色々と探してもらいました。

そこで見つけたのが、こちらの梁材です。

wami-maruta.jpg

2013年10月 7日

横浜市戸塚区|地鎮祭☆


竣工する家もあれば、着工をこれから迎えるお宅もございます。

2013年9月23日の建築吉日に、横浜市戸塚区にて地鎮祭を執り行わせて頂きました〜☆

yokohamashi-totukaku-n-jichinsai.jpg

こちらのお宅は、土地を購入するか、もしくは土地購入は見送るかって言う事になった経緯のあるお宅でした。

こうして長いこと、注文住宅専門業(建売住宅の様な分譲事業しない設計事務所+工務店)をしていると、土地を見て、その土地に建てるためにはいかほどの工事費用が掛かってしまうか。。

またさらには、この人達にこの土地を買ってもらってもだいじょうぶなのだろうか・・という事は判断がつく様になりました。

私が思うに、人にはそれぞれ好きな土地、理想とする土地が違ったりします。

一般論で言えば、駅近で平坦、閑静な住宅地と言う土地が人気も高いし、土地の坪単価も高いわけですよね。
でも、それが万人に対してそうかと言えば、そうではないと思うんです。

やはり毎回毎回、いろんな話をした上で、購入した方が良いとか、今回は見送った方が良いよとアドバイスをさせて頂いたりするんです。

買ってしまっている場合は、そういったアドバイスは出来ないですけどね・・

そして今回の横浜市戸塚区の家の場合、どちらかと言えば工事費用のかかる土地でした。
当然、買われる前に希望の金額では出来ないともお話をしたり、このくらいでだいじょうぶかなぁ。。などと、はっきりと言えなかった部分があります。

いわゆる今回、分譲された土地と言うのは、湘南方面ではよくある形の既存宅地を分割しているだけで、宅地として土留やインフラノ整備がなされている土地ではありませんでした。

私が想像する上では、分譲するために個人の方から、不動産会社の方が購入をした。
そして建物と土地をセットで販売しようと計画したけど、思った以上にお金が掛かる為、土地の分筆だけをして、土地の整備をする事はしなかった土地なのです。
つまりプロの業者でも持て余してしまう様な土地ではあったのです。

ちなみにどの様な土地か理解するには、この断面図は分かりやすいかもですね。。

2013年10月 6日

更新は続けるのですが。。


なにやらこちらのブログの更新が、私の都合ではなく、サーバーの都合で具合が悪くなっているらしいです。

つい先日、中尾建築工房のブログを参考にしていらっしゃるオーナー様から、ホームページの不具合があるよって、ご連絡を頂きました。

そこで色々と調べてみたのですが、どうやらサーバーと言って、このホームページの容量を仕切っている部分がパンパンらしいのです•••

そのせいで、パソコンからの閲覧は出来ても、タブレットやスマートフォンからの閲覧がしにくい時があるらしいと言う事が判明をいたしました。

なので、更新を止めるって事は無いのですけど、そろそろサーバーの引っ越しを検討しなくてはならないかもしれないんですね。。

ちょっとこれからレンタルサーバーの切り替えを行うかもしれませんので、一時ホームページの閲覧自体も出来なくなる可能性もございます。

でもちゃんとバックアップは取ってから、引っ越しをしますので。。

2013年10月 5日

横須賀市公郷町『ほっこりのんびりできる家☆』お引渡し☆


2013.9.10に横須賀市公郷町にて建築されておりました『ほっこりのんびりできる家☆』のお引渡しをさせて頂きました!

こちらは中尾建築工房に何年も通われた方が、長い時間を掛けまして、ようやく竣工とあいなったお宅となります。

人によっても家を建てる時期と言うのは、はっきりする方も居れば、はっきりとしない方も居らっしゃる事でしょう。

理由は簡単。

はっきりとしている方は方向性もはっきりとしているので、後は『こうした方が良いよ』と私達のアドバイスに沿うだけで、家造りを進める事が可能です。

でも将来的なビジョンなどもはっきりとしていない場合は、選択肢が多くて、どこで絞った方が良いかの判断がつきません。
そういった場合は私達も背中を押す事が出来ませんので『こういうケースなら、こういう方法があるよ』と言える程度に終わります。

今回のオーナー様も、ある程度のビジョンははっきりとしていたのですが、選択肢がありすぎていたと言う事もあり、時間がとても掛かった訳なんですね。

でも、ようやく、ようや〜く、自邸と言える家を竣工する事が出来ました〜☆

yokosukashi-sinchiku-chuumonjyuutku-h-hikiwatashi.jpg

キッチンと畳の小上がり、そしてさらに縁側とつながる動線は、どこかで見た事のある風景。。

人気の掘り座卓の天板には、私自身も加工に参加させて頂いた神代タモの貴重な無垢板を選択しております。

こういった形のプランニングの中には、ご家族が食卓の中心となる座卓に集まった時、初めてこのバランスの良さが発揮される事と思います!


そして階段廻りは、無垢の床を選んだと同時に、無料で選べる無垢の階段材が、やさしい空気を造るのに一役買っております。

やはり中尾建築工房の建てる家は、基礎や構造も半端ないのですが、内装材なども妥協がありませんので、ホントの無垢素材だけを利用しております。

これを見れば、ご納得いかれる事だと思いますが、いかがでしょうか?

2013年10月 4日

鎌倉市津西『心地いいお家!!』お引き渡し☆


2013/9,16に、鎌倉市は津西にて建築されました『心地いいお家!!』のお引き渡しをさせて頂きました!

こちらのお宅は壁塗りイベントや完成見学会も開催させて頂いたお宅になりますので、間近でご覧になった方も多いお宅かと思います。

実際にはこちらのお宅、あんまり壁塗りをご自身で施行されたって印象は少ないのですが、ご主人様もご自身で「ドーピングしました!」という位、本職の左官屋さんに依頼をして壁塗りをしたお宅なんですよね(笑)


そういう部分もありましたので、最近の施主施行の壁塗りの割には、結構早い段階で作業も終了する事が出来ました。

実際に仕上げられた内観はご覧頂いた方も多いのですで、あえて公開はしませんが。。

せめて外観くらいはアップさせて頂きましょう!


kamakurashi-tunishi-sinchiku-chuumonjyuutaku-t-hikiwatashi.jpg

後ろからの外観になるのですが、屋根にはアスファルトシングルを貼り、外壁には中尾建築工房のテクノロジーが詰まった塗り壁。

屋根の向こうに見えるのが、この家のシンボルとなる薪ストーブの煙突になります。

2013年10月 3日

逗子市逗子|新築一戸建ての注文住宅最終確認の巻!


と言う事で、ホントは三連続でお引き渡しブログの予定でしたが、ちょっと割り込みさせて頂きます。
実は昨日、私と西井とで朝一番から終日打ち合わせをしていたお宅がありました。

いつもは中尾建築工房の事務所にて打ち合わせをするのが一般的なのですが、こちらのお宅はお子さんもいっぱいいらっしゃいますし、スケジュールの面でも極めて縮めたいお宅になります。
なので私と西井の二人でパソコンを持っての、設計&見積もり打ち合わせを同時進行で行わさせて頂きました。

あんまりこういった事は無いのですが、ま〜たまにはいいですかね(笑)

やはりリアルタイムで変更した際の見積もりの変動が分かれば、依頼される側としてはとっても安心感があるかと思います。
高くなるなら『だったら要らない!』って言えますもんね。

そんな事で終日の打ち合わせを終えた翌日に、奥様から要望を頂きました。

なるほど、そういった事ですね。

でもスケジュール的に時間も無いですし、奥様のみがご理解して頂いても、ご主人様は。。

って事にもなりかねませんので、ご主人様も一緒に見れる様に、こんな感じで更新させて頂きましょう。


zushishi-zushi-sinchiku-chuumonjyuutaku-k-uchiawase.jpg


まずは玄関廻りの壁配置について

オープンな造りが良いとの事でしたので、わりと隠す場所が無い玄関ホールからリビング廻り

これを。。


2013年10月 1日