鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2013年7月 | 神奈川工務店TOP | 2013年9月»

建築設計事務所の扱うパソコンメンテナンス!


すみませんけど、今日の更新は短めにて。

ここ数日、私のパソコンが不良な状態でして、その改善をするべく帰宅してから愛機のMacintoshをいじっておりました。

こちらのブログを長くご覧になって頂いている方ならば、すでに周知の事かと思いますが、私個人のパソコンはかれこれ 7年くらい使っているMacBook Proになります。

今時のパソコンは4年経ったらただの箱。

でも元大工の私の指には、新しい斬新なMacは合わず、古いMacがしっくりと来るんです。

しかも私たちが使いこなさなければならないアプリケーションは、かなり重たいアプリばかりなのです。

CADやドリームウィーバー、Photoshop、Illustratorなどなどと、重たい系アプリが勢揃いって感じ。。

そして日々、OS(ウインドウズで言えば、XPとかセブンとか言えば分かりますかね?)も進化している訳です。

そうするとOSも最新のモノにしてある訳で、アプリも重たい。

そうなってくると、新しいOSを動かす為のメモリーも、MAXPowerにしておかないとうまく動いてくれません。

そこで今回はメモリー交換をしていたんですよね。

Macのメモリーはデスクトップでも、ノートタイプでも割と簡単に交換が出来ます。
メモリースロットに入っている弱いメモリーをぱちっと外して、新しいメモリーを入れるだけ。

でも私のパソコンは古すぎるので、メモリー上限は今まで入っていた4GBまでとされていました。

ところがある裏技を使う事により、Appleが推奨している4GBまでではなくて6GBまでパワーアプする事の出来るノウハウがあったのです!


KIMG0112.jpg

2013年8月31日

三浦市栄町|地鎮祭☆


miurashi-sakaemachi-jichinsai-w.jpg


2013年8月30日の建築吉日 成(なる)の日に三浦市栄町にて地鎮祭を執り行いました!

天候も快晴の中、暑いと言えば暑いのです。。
でも、やっぱり晴れの日に天気も晴れだと気分的にも良いもんですよね。

もう画像をご覧になって、お気づきになられた方もいらっしゃるかと思いますが、今回無事地鎮祭を迎えたオーナー様は、女性単身で家を建てられる方になります。

一昔まであれば、家はお父さんが建てると言うイメージでした。

でも最近では、そうした風習も変わって来ているんですよね。
女性単身でも、家を建てるという一代事業を決心される方も増えています。

私も日々、多くの方の打ち合わせに参加をしているのですが、やはりこうした決心をするのは並大抵の事ではないと思います。
口では言えないかもしれない不安などもあるでしょうしね。。

しかも色んな指向のオーナー様がいらっしゃいますので、その都度自身の常識をリセットして、ヒアリングをする。
その上で状況を把握しつつ、的確なアドバイスやサポートなどをしている形にしています。

なるべく無駄な時間を使うのも嫌でしょうし、時間も有効に使ってあげたい。
そうすると最初のピントがずれてしまっては、それこそ大変な間違いを犯す原因になってしまいます。

そんな考えの元、日々の業務をこなしているのですが、こちらのオーナー様にも同じ様に対応をさせて頂いてきました。
それこそさかのぼる事、2年も前にご相談を受けた方になります。

その二年間の間で、どの様に計画をすれば、オーナー様にとって最良の方法となるのか。。
果たして単身でだいじょうぶだろうか。。
今は良くでも将来的なビジョンを浮かべて不安はないだろうか。。

お仕事柄、わんちゃんのお散歩をメインのお仕事にされている方なので、仕事的にもプライベート的にもオーナーに似合う土地をチョイスしなくてはならなかった訳です。
なので、土地選びにも私が同行したりしてました。

色んな部分を頭に浮かべて、一つ一つ難関をクリアして、ようやくここまでたどり着いたって感じがするのもやむを得ません。

そんな経緯がありますから、今日の地鎮祭と言うめでたい式が行えたのは、なんだか『ん、もう地鎮祭?』って感じがするんですよね。

場所的にはとても静かな場所なのですが、正面には山もあり、谷戸になっている為、風当たりなども大変強い土地になります。
でも住宅街の中でわんちゃん達に我慢をさせて、ストレスを与えさせるよりは。。
この土地の様なのんびりとした場所で、自然の中でわんちゃん達をのびのびとさせてあげられる場所がきっと良いだろう。

そういった土地選びもありましたので、利便性はさほど良い訳ではありません。
でも、この土地にはそういった利便性を補う近隣に住む方の人の暖かみがあるかと思いました。

そんな雰囲気が手に取れた事もあり、お勧めした土地になる訳です。

でもほんっと時間が経つのって、早いもんですよね〜

あれからもう2年が経過しているのですから。

2013年8月30日

イベント情報更新!鎌倉市津西完成見学会情報☆


kamakurashi-tunishi-ivent-kansei-t.jpg

夏も終わりに近づきまして、そろそろ涼しげな風も吹き込んでくるであろう湘南鎌倉にて、完成見学会を開催いたします!
前回、壁塗りイベントと称する極塗イベントを開催させて頂いた『心地いいお家!!』☆の全てが公開される完成見学会イベントです。

前回、施行途中をご覧になった方。

また、中尾建築工房の完成した家を見てみたいと言う方。

中尾建築工房の家って、ほんとの所、どうなのよ?!と言う方々(笑)

中尾建築工房の見学会では、参加者の方のお尻に付いて回り追い回す営業スタッフは一人もおりません。

全てをゆっくりと見て頂いて、知りたい事などあればご質問頂き、その内容にお応えするだけにとどめております。
多分、あ〜だのこ〜だの説明するよりは、実際に完成した家を見て頂きながら、知りたい事、どこにこだわっているかなどを現地スタッフに聞いて頂く方のが見るべきポイントが見れるかと思います。
つまり見れば見るほど、中尾建築工房の家造りが手に取る様に分かるイベントを心がけている次第です。

中尾建築工房がこだわっている無垢の素材、昔ながらの在来工法+@は、元大工が試行錯誤をしながら考えついた対湘南•三浦半島に建てるスタンダードの家。
生活が始まってからの事を想定しながら造り込んでいる家なので、完成してからこそ日々の生活を楽しめる自然素材の家。

湘南•三浦半島の地域限定で活動している設計事務所+工務店として、ありとあらゆるトラップを仕掛けた家は、後々の生活により安心感を与えてくれる造りになっています。

参加者限定の見学会になりますが、ぜひ、あなたの目で見て、手で触れて感じて見てください。

心地よさがはっきりと分かる無垢材、天然石、自然素材で建てられた湘南スタンダードの家が、この価格で?!

そんな全てをきっとご理解頂ける事でしょう。

2013年8月29日

横須賀市津久井|意思を持つ財産


『はぁ、なに言ってるの?!』なんて思われてる方もいらっしゃる事でしょう。
財産と言えば、お金であったり、不動産のジャンルに入る土地だったり、家だったりしますよね。
中には借金も財産の内!な〜んて言うポジティブ志向な方もいらっしゃったりしますよね (笑)

当然、+の財産もあれば、−の財産もあるのですが、そこは今回の趣旨と外れてしまいますので割愛しますね。


私たちは主に湘南や三浦半島、そして横浜エリアを主として活動しているのですが、長年この仕事をやっていると、どうもたまに不思議な現象に出会うことがあったりするんです。

不思議な現象と言うのは、お題の通りに財産が意思を持つ事があるって事なんです。

以前に古い家に住んでいて、建て替えが決まり、家を解体する直前に古い家が泣き出すかの如く、痛みがどんどん進行したお宅の事を取り上げさせて頂いた事がありました。

モノである家でも『意思を持っているのかな。。』

そう思える事例でしたね。

そして今回は家では無くて、土地が意思を持つと思える事がありました。

こちらの画像をご覧になってみてください。

yokosukashi-tukui-tochi-ishi.jpg

今回、依頼を受けている方の、住まわれている土地は画像のAの土地になります。

実は、このお隣の方から『土地を購入してもらいたいんです』と言う話が持ち上がったそうなのです。

土地を購入してもらいたいと言う経緯は詳しく書けないのですが、購入した場合はこういった形になるんです。

2013年8月25日

鎌倉市津西に建つ家|見学会を開催するとしたら?


そろそろ引渡しの迫った『心地いいお家!!』の オーナー様と 今日電話でやりとりをしました。
概ねお引渡し日程も決まり、現在の時点でほぼ仕上ったら感想を聞いたところ。。

『造ってもらって言うのもなんですけど、かなりいい感じだと思いますよ!』

とのお言葉を頂きました。

若干、予定よりも早めに完成した事もありまして、オーナー様にこんな事を言ってみました。

『この家、見学希望の方が居た場合、見学会を開催しても良いですか?』

との問いに大して『ぜひ!』

と言う事で日程は9月14、15日あたりに完成見学会を開催しようと思うのですが、今年の夏は非常に暑い猛暑を記録しています。

中尾建築工房としましても、あんまり暑い時にイベントを開催すると、来場される方の不安になるのではと、見学会をここの所控えて来た経緯がございます。

なので、何組かのリクエストがあった場合、鎌倉市津西にて完成見学会を開催したいと思いますので、開催を希望される方は完成見学会のお問い合わせフォームから問い合わせを頂きたいと思います。

実際に建てたオーナー様自ら完成度を豪語するという中尾建築工房の家を公開する完成見学会となります。

まずは参加希望される方が5組以上いらっしゃった場合、予定通り開催させて頂きたいと思いますので、見てみたいと思われる方はお問い合わせ頂ければと思います。

開催希望問い合わせは2013年8月29日で締め切りをしまして、予定人数に達した段階で開催を告知させて頂きます。

それでは、夏の湘南に建てた家

2013年8月24日

横浜市金沢区『AN ENGLISHMAN`S HOUSE IS HIS CASTLE!』上棟☆


2013年8月20日の建築吉日に横浜市は金沢区にて、『AN ENGLISHMAN`S HOUSE IS HIS CASTLE!』の家が上棟作業を行わせて頂きました!

朝一番から現場には大量の木材を積み込んだトラックや大型重機なども設置しておりまして、人の通りも割とある場所なので、ガードマンも多めに配備して上棟作業の段取りをしております!

yokohamashi-kanazawaku-seto-s-jyoutou.jpg


前面道路の幅員がさほど無いので、車の往来が激しくある訳ではありません。
でも地元の方にとっては、車があんまり通らない分、自転車やバイク、徒歩の方が結構通ったりする道です。

なのでよけいに気を使う場所になりますよね。

ついうっかりは、あってはならない事ですから。

yokohamashi-kanazawaku-seto-s-jyoutou2.jpg


さらには電線などのケーブルにも気を使い、なるべく高所に持ち上げてから、足場内に資材を搬入していきます。
今回のお宅も割と大きめの家になるのですが、やはりその分木材も大量に搬入しなくてはなりません。
現場周辺の地域の皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、工事期間中は出来る限りの配慮をさせて頂きますので、なにかありましたら私の方までご一報頂けば早急に対処をさせて頂きたいと思います。
046−849−7939 中尾まで

さて、こちら横浜市金沢区の家のタイトルは、オーナー様からそっくりと抜粋させて頂いております(笑)

だって私は勉強嫌いだったものですから、英語は良く分からないし、いじろうにも私の知能レベルでどうこうなるってモノではないですからねぇ••

こ〜ゆ〜時に、学生時代の努力が足らずに遊び過ぎてしまった自分自身が。。
かなりのレベルで反省をしなくてはなりません。。

すみませんね〜、三高中退生で(笑)

そんな横浜市金沢区の『AN ENGLISHMAN`S HOUSE IS HIS CASTLE!』

多分、私が想像するにご主人様の城って事なの。。かな?

こちらのご主人様は、私自身はまだお会いした事が無いのですが、打ち合わせは主に奥様が中尾建築工房までお越し頂いて、確認作業を行って来ておりました。

そしてご主人は海外でビジネスをされている方になりますので、いろんな部分で決められる事、決められない事などもあった様です。

そして対照的な部分と言うのが、ご主人様は海外風
そして奥様は和風を希望されておりました。

なんだかんだと当初は『バランスよく、和洋折衷でまとまってくれれば良いね!』などと話もしていたのですが、打ち合わせを終えて、奥様からご主人に確認の連絡を入れてみると。。

2013年8月23日

湘南鎌倉 極塗!イベント当日


いや〜、それにしても暑かったぁ•••

なにもこんな暑い日に、イベントなどやらなくても良いかと思います。
でも、これから施行に向けて修行に入られる方にとっては、とっても大事なイベントだったりするんですよね。

そのため、無理を承知で開催させて頂いたのですが、参加されたみなさんは結構なやる気ありモードだったかと思います。

練習場所となったのは湘南鎌倉で建てる新築の注文住宅の家が、まさにぴったりの練習場所という事で開催を決定させて頂きました!


参加された方の中には、中尾建築工房で家を建てている真っ最中のオーナー様の中で、あたかも中尾建築工房の職人さんの様なオーラを発しているオーナーもいらっしゃいまして(笑)

やっぱり人間性と言うか、野生の勘と言いますか、私が『この方は。。出来るな•••』と思った方は、やっぱり出来るんですよね!

もくもくと作業に専念すると言うか、完全なる職人さんとなっている方若干名いらっしゃいました〜

kamakura-sizensozai-keisoudo-nuri.jpg


ね、家を建てている最中の施主の背中には、どうしたって見えません(笑)

当日は、結構な数のオーナー様が現地で集合して作業にあたったのですが、とにかく熱気がすごい!

もう、暑さで倒れる方が出てこないかひやひやもんでしたよ•••


2013年8月22日

逗子市逗子プロジェクト始動!


私も良く知る逗子市内の某土地。

この土地を購入された方から、新築のプラン依頼がありました。

土地購入の際には、その土地について重要かつ正確な説明を受ける必要があるのですが、その書類の事を重要事項説明書と言います。
この書類を宅地建物取引主任者に紙媒体と口頭の双方で説明を受けるのが通常です。
大きな買い物になる土地の事ですから、一般の方にもきちんと理解が出来る様に説明しなくてはなりません。
ところがとても重要な事項の説明がきちんとされていなかったらしく、私が書類を見て確認した内容と、土地を購入されたオーナーの解釈が違ったりしています。

今回の土地自体は完成宅地ではなく、現状売りと言われるケースのため、よけいに一般の方には理解しにくい土地になります。
これでは湘南の不動産会社の方達も、モラルを疑われても致し方ありませんね。

すでに土地自体は契約も済んでおり、いつまでもほったらかしにする訳にもいきません。
なので早々に現地に行きまして、さっそく土地の視察を開始。
現地を見ると、やっぱり重要事項説明書に記載されているとおり、インフラの整備はされておりません。

引き込みの無い上下水道は『後は買った方が引き込みをしてね』と言う状態。。

これじゃぁ、よけいな工事費用が掛かってしまうため、せっかく予算があったとしても、よけいな工事に予算を掛けなくてはなりません。

こんなの本当につまらない話です。
はっきりと敷地内に上下水道は入っていないと言えば良いのに、言わないで説明はスルー。

よくありがちな話なのが 『敷地内には入っていないけど、全面道路にはきちんと入っていますよ』って、すっとぼけた回答。

ま〜、こんな説明をする様な不動産会社は、今後生き残る事は無いでしょうね。

もしもまだ土地を購入を検討している段階の方は、この様な事が無いよう土地の契約前にお声を掛けてくださいね。

今回、土地の視察をする時に私たちが必ず行うのが、敷地の高低差や隣地の境界確認、敷地はもちろんの事ですが、その周辺などもチェックします。
こういった事をおろそかにしていると、後々なにかしら問題がおこります。
それを防ぐ為にも、まずは敷地調査がとっても大事になる訳ですね。
この辺りが適当になっていると、いざ工事を開始した際に、現場の職人さん達がこまってしまったりします。

それにしても、多少なりとも気温が下がっていると言われた今日でしたが、小一時間の草刈りをしただけで、汗でTシャツがびしょびしょの状態になりました。

今時期の更地は、必ずと言って良いほどブタクサなども荒れ放題になります。
ブタクサがあると、測量するレーザーの光がブタクサに邪魔されて、オートレベルが読み込めなくってしまうんです。
なので敷地のレベルを測る為には、草刈りから開始しないとなりません。

そんな事情もあり、ヤフーの熱中症情報が連日メールで送られてくる中、汗びっちょりになりながら草刈り作業を行いました!

zushishi-zushi-tochi-sisatsu.jpg

2013年8月21日

今日の更新は無理•••


今日は朝から横須賀市ハイランドに建つ家の計画プラン確認と見積もりをしたり、午後からは横須賀市長沢に建つ家の地盤改良杭の指摘を業者さんにしたり、さらには横浜市金沢区の家で上棟がありましたので、上棟確認に行ったり、さらには他社にて逗子市逗子に計画を検討されていた方のお話を聞きにいったりと、私自身はフル回転で動いておりました。

そんな中でしたので、ブログネタ自体は満載なのですが、今日の更新ははっきり言って無理••

というのも夜の9時位に逗子市逗子に建てられる方の打ち合わせを終えて、自宅に直帰しました。

それこそ徒歩で5分くらいの距離になりますから、いくら打ち合わせに時間が掛かっても、問題ありません。

でも今日は帰宅してから、救命病棟24時というドラマを見てしまったのです。

も〜、はっきり言って子供を持つ親としての立場で見ると、ありえない程辛い内容でしたので、ブログなんて書いている余裕はございません。

いつもは長めで読み応えのある内容で知られる中尾建築工房のブログではございますが。。

2013年8月20日

三浦市三崎町|インナーバルコニー用の古材丸太を造る


お盆休み前から地道にちょこちょこ作業をしている所をご紹介!

現在、三浦市三崎町にて上棟を迎えたお宅に採用したい、細めな小丸太を探しておりました。

利用する場所はインナーバルコニーのアクセントに採用されている丸太の手摺になります。
図面を見ると、こんな感じ〜


miurashi-misakimachi-maruta.jpg

ちょうど外部になるのですが、バルコニーの手摺に使われる丸太になります。
外壁自体は塗り壁になりまして、こ〜ゆ〜場所に丸太を使う場合はある事に気をつけます。

防水面の強化は当たり前の話ですけど、木材自体の持つ灰汁(アク)にも気をつけたい。
さらに接合する際に金具を用いれば、当然その錆が発生したりするんです。
とまぁ、加工自体は後日更新とさせて頂きますけど、そんなに簡単ではない作業になるんですね。

では今回、どの様な木材を購入したかと言えば。。

2013年8月18日

2013年のお盆休み|中尾建築工房中尾の場合


特に変わった事もなく、普通に家族サービスをしていただけですかね。
世の中のお父さん達と、多分ほぼ変わらない感じだと思います。

もうどこか遠くに出かけるって言うのではなく、近場で済ませてしまいました。

初日は逗子市の披露山公園に行って、お猿さんやあひるさんを見たり、公園で子供を遊ばせたり、私は披露山庭園の先にある大崎公園に初めて行ってみたりしてました。
二日目は太刀魚釣りに行きまして、まさかのボーズ•••
その後は横須賀にあるお墓に行ったり、実家に泊まったりしまして、三日目は横須賀のショッパーズでぶらぶらするだけ。。
最終日の昨日は子供の三歳児検診に行った後、スーパーで買い物をして、最終日終了って感じのごくふつ〜な生活でしたね。


披露山庭園は大工見習いの頃に建てた建物が未だあったりしますので、たま〜にお散歩をさせて頂いたりしてました。
披露山公園もちょこちょこ車を止めに行ったりもしてました。

でも大崎の公園は未だ行った事が無かったんですよね。
なので時間もある事だし、大崎公園まで歩いてみようと思った訳なんです。


kenchiku-kyuuzitu-zushi.jpg

披露山公園から徒歩する事15分程度で大崎公園の先端に到着すると。。。

2013年8月17日

三浦市三崎町『楽園|アジアンテイストな家』上棟!


2013年8月8日の建築吉日に三浦市三崎町にて『楽園|アジアンテイストな家』が上棟しました!

建築の吉日って事もあるけど、8月8日とは8が続く末広がりとなるところもありまして、私が工程を組みました。

今回、上棟したおうちの施主様は、中尾建築工房のオーナー様の中では、結構知られている方だと言えば、みなさんにんやりとされる方も多い事でしょう。

さてこちらのお宅のタイトル、オーナー奥様案に私がちょこっと付け足したタイトルになります。

立地的にも眺望がとても良く、パノラマチックな風景を望めるこの場所。
ある意味で相模湾も東京湾も伊豆大島だって見渡せてしまうロケーションです。

その立地に建つ家は、1Fリビングでも海の景色を楽しめるプラニング。
まだここではあんまり公開はしませんが、床や壁、デッキに断熱、設備に関してもありとあらゆるノウハウを詰め込んで建てられる家になりますので、一戸建ての住宅と言うよりは別荘感覚を持つSpecialな家となっております!

そういったリゾートチックなこの場所に、40坪超えの大きな躯体がようやく立ち上がりました!


miurashi-sinchiku-chuumonjyuutaku-t-jyoutou.jpg


ある意味、猛暑の中での上棟作業のため、10人近い棟梁達での棟上げ作業となりましたが、やはり普段の様な動きは中々出来ません。
こういった時にはきちんと休憩を取りながら作業を行わないと、すぐに熱中症にかかってしまいます。

それにしても大きな家なのですが、こちらのお宅は玄関霧除けの部分がちょっと特殊な工法を取り入れます。
なので私も棟梁達と打ち合わせをしたかったので、現地に出て行きました。

所が建物が大きい事、猛暑の中と言う事で玄関の庇までは手が廻りません。。

そのため、なぜか某一名の普段着を来た人が玄関廻りで作業をしだし始めました。


2013年8月12日

横須賀市長沢|新築一戸建ての家に古材梁を


家を建てようと思っておられる一般の方の中には、古材などを家に取り入れてみたい!

でも、古材なんて、モノを見たってなにがなんだかわからない・・・

そんなお言葉を良く聞いたりします。
そんな時には、私達の様なプロと一緒にモノを見つつ、これは使っても良いとか、これは使っちゃダメ!とかの判断をしながら、直接オーナー様に買い付けて頂いております。

そんな中、横須賀市長沢にて始まりましたプロジェクトの吹き抜けに、一本だけ梁を入れたいとの事
当然、木材についての知識にも不安があるでしょうから、オーナー様と一緒に見に行くって話にはなっています。

でもそれよりも先に古材を扱っているお店に行きまして、梁の在庫などを見に行きました。


私は逗子の自宅から簡単に立ち寄れますので、開店前にちらりと覗き見を!

お店の名前は桜花園と言いまして、葉山にある古材屋さんです。


yokosukashi-nagasawa-sinchiku-kozaihari.gif

ご覧の通り、古材と言いましても、いろんな材があるんですね。

梁や柱のみではなくて、内部の倉庫には建具などもあったりします。
この古材屋さんのある場所は元々大工さんの作業場だった様な記憶があるのですが、それをそのまんま再利用している所は面白いですよね。

2013年8月 9日

湘南の海岸昨今の事情


ちょっと新聞を見てみましたら、逗子海岸の事が書いてありましたのでご紹介を。

私は普段、朝はスマホで日経新聞のWEBを見て、夜に帰宅してから家で取っている神奈川新聞を読んでいます。

そこに『?』という話題が掲載されておりました。

zushi-kaigan-jyouhou.gif

内容的には来年の夏から逗子海岸でも音楽の中止をするとの事でした。

逗子海岸と言えば、音霊(おとだま)というアーティストが経営をする夏限定の海の家系ライブハウスがあったりする海岸です。

今年からは鎌倉の由比ケ浜でも音霊(おとだま)の名前で海の家が出ているみたいですね。

そんなライブハウス系の海の家が逗子海岸には8つもあるそうなのですが、音霊(おとだま)が出来た頃は、地元の住民の方と海の家を管理する逗子海岸の管理組合とは、がっぷり四つの体制でぶつかっていたんです。

かたやは住民に、騒音等の迷惑をかけるなと言います。

ライブハウス側的には話し合いの上、ライブハウスを運営しています。

最近では江ノ島の海の家では音楽を廃止するらしき動きがあるらしく、江ノ島には若者の往来が少なくなったみたいなんですね。

その反動が鎌倉や逗子の海岸に来ているらしく、例年よりも若者の来場が多いみたいなんです。

さらには音霊(おとだま)のある逗子海岸は、ビックアーティストも来る様になりましたから、なおさら若者の往来は増える訳なんです。

でも、その裏事情的には。。


2013年8月 8日

和室の造作材を買い付けに!


今日は朝から事務所で書類の確認やメールなど拝見してから、そのまま新木場まで一っ走りしに行って来ました!

今回のお目当ては、中尾建築工房にストックのある、いつもの無垢のテーブルやカウンターなどではありません。
主に和風系の造作材を探しに行きました。

私が大工の修行していた頃は、和室などを造る機会も今よりは結構あったんですよね。
むしろ家を建てる時には必ず和室の造作材などを削りに作業場に行ったり、削った造作材を載せて、作業場と現場の往復をしていたものです。
ところが時代も変わりまして、近年の住宅では注文住宅と言えども、なかなか大がかりな和室などを作る機会がありません。

そうすると やはり市場に出まわっていた和室の造作材が、なかなか市場に出なくなってしまうんですよね・・・

今回のお目当ては和室の造作材として使う杉や桧の材に、日本霧除けと言う和造作の丸太や平角、垂木や化粧板などを選びに行きました!

新木場に行く時にはいつも大抵は道路が空いています。
所がいつもと違って、今日は渋滞がかなりありましたねぇ。。
なんでしょうか、猛暑ですから普段は電車の方も、車にしちゃったのかな・・
それでも、なんとかお目当てのお店に到着することができました。

washitsu-zousakuzai-hinoki.gif


と言う事で今回は初めて取引をさせて頂くお店に到着。
お店に到着すると、割と若い方が出迎えてくださいまして『もしかして。勉強中?!』て感じの若い方でした。
そしてその横にはあきらかにお店の番頭さんらしきオーラを放っているおじさまも(笑)

ああ、なるほど!世代交代ってところですかね!
多分若い方が営業的行為をしてくれて、お店の番頭さんがいろいろと詳しく説明をしてくれました。

私達のような建築設計事務所工務店の業界でもやはり世代交代などあったりしますし、これからの若い人たちを育てていかなければなりません。
なのでここは、なるべく若い方と話しをしつつも、お店の番頭さんらしき方に確認(笑)


2013年8月 7日

葉山町に建つめんそーれ葉山に鳥害?Part5


もうはっきり言って、やりようがありませんな•••
私の知識の中では、動物の弱者と強者の中にある食物連鎖をイメージして、前回までは、すずめさんと戦いました。
ところがこのすずめさん達の猛攻たるや、半端な勢いではありません。

なにをやってもすぐに慣れてしまうと言うか、免疫がついてしまうんでしょうね。

まるで昨今の進化し続けているシロアリを彷彿させるすずめさん達です。

ではこのまんま指を加えて見ていられるかと言えば。。

やっぱりプライドが許さない訳なんです。。
でも他にやりようがないのも事実

そこで鳥害バスターズ的な業者さんで販売をしている忌避材を依頼してみては?と言う事になりました。
ところが鳥害系の業者さんって、施工費がとっても高いんですよね••

現地に来て、正確な見積もりをもらった訳ではないらしいのですが、少なくとも10数万円は掛かると言われたらしく。。

さすがにすずめ退治にそこまで費用を掛けられる方もいらっしゃらない事でしょう。。

そのため、材料費自体はオーナー様に買ってもらい『私の合間でよければ、ただでやってあげますよ〜』と言いつつ、施行する事になったのです。

当日は施行部隊と私の二名で現地に行きまして、はしごを上って屋根に上がると。。


hayama-chougai-taisaku-t.gif

2013年8月 5日

デザイン水栓金具のお手入れ方法


湘南や三浦半島のエリアで新築の注文住宅を建てる事が多い中尾建築工房、新築だけかと言えば実はそうでもありません。
リフォームやリノベーションも行いますけど、メンテとかもちょこちょこ行ったりしています。

そこで思うのは、建物の断熱性が高まっている性もあるのですが、割と緩む系の事が多かったりするんです。
今回はちょっと水栓金具の事例をご紹介させて頂きまーす。

キッチンの混合水栓なのですが、モノによりとか、使い方によって緩む場合もあったりします。
そんな時はどうするかって言うと、ちゃちゃっと直せるモノは、その場で直しちゃう。

直らない場合は、メーカーさんに連絡をして、アフター担当の方に見て頂くという形をとっています。

では、今回はって言うと。。


zushishi-sakurayama-suisenkanagu-mente.gif

ご覧の通りグースネックと言われるタイプの水栓金具になります。
水栓金具と言うのはグースネックタイプはデザイン面で割と選ばれる事が多いのですが、形的に根元の部分に掛かる負担が大きいんですよね。
右にふったり左にふったりも出来るけど、大きくカーブしてますし、先端の部分のホースが伸ばせたりとか、その分重たかったりとかで、水栓金具に負荷が掛かるのは、どの水栓金具よりもあるかもしれない。
さらには水栓金具根元の周辺にも水垢あり。
こうした複合的要素が揃った事で、今回緩んだのであろうと思いました。

こういった時、どういう風にしているかって言うと。。

2013年8月 4日

マグネットペイント+珪藻土仕上げのお勧め施行方法


『マグネットペイントって?』って思われる方もいらっしゃる事でしょう。
これがマグネットペイントなる商品の様です。

shounan-magnet_01.jpg

なんでも壁面に塗料を塗ったら、磁石がくっつくってタイプの商品ですな。。
昨今ではチョークボードとか黒板塗料なんてのも売っているのですが、やってみる分にはちょっと面白いかもしれませんね!

実は私も黒板系の塗料なら知っておりましたが、マグネットはモノをしっかりと見たのが、今回初めての商品なんです。

現在藤沢市にて新築のこだわった注文住宅を建てている着工中のオーナー様から『こんなの見つけたからやりたい!』って事で、ちょっくらアドバイスを!

2013年8月 3日

横須賀市長沢|地鎮祭☆


2013年7月28日の建築吉日に、横須賀市長沢にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!

yokosukashi-nagasawa-k-jichinsai.gif

横須賀市長沢と言えば、中尾建築工房のブログをご覧頂いている方であれば、聞き覚えのある方も多いかと思うんです。
そうなんです、なんと中尾建築工房から車で数分の場所になるんですねぇ(笑)

これはもう、超が付くほど近い場所になる訳なんです!

今回は広〜い敷地自体をご家族で所有されている一部に建築をするのですが、こういった部分に家を建てる際には、ちょとプロに相談して頂いた方が良かったりするんです。
なんでかって言えば、いずれ来るであろう土地相続の際に、生きる土地になる部分もあれば、死地になってしまう部分もあったりするんです。
一般の方々にも理解しやすい用語を使いますと、分筆をきちんと行う事なんですよね。

その分筆方法も建築基準法をきちんと把握した上で、分筆方法をきちんとして所有権も争いの無い様しておかなければなりません。
なんでかって言えば、土地を買う方の場合、たいていの方が住宅を建てる為に土地を買ったりしますよね?
とすると、当然建築物が建てられる土地にする必要があるんです。
あんまり細かな内容は割愛するとして、将来的に坪50万円で売れるはずの土地だったのが、坪10万円程度になってしまう場合もあったりするんです。

せっかく良い建物を建てる事が出来たとしても『あと数センチ、ここを○○しておけば•••』なんて事も結構多いのが実際問題あったりするんですねぇ。。
さらにたいていの方が住宅ローンを利用されると思うのですが、ローンを使うと土地にも銀行の抵当権がもれなくくっついてきます。
もれなくくっついて来ると言う事は、いずれ人の土地になる部分も巻き込んでしまい、相続の際にその土地を買い取らなければならなくなったりで、よけいな出費とかは嫌ですもんね。

2013年8月 2日

中尾建築工房より夏期休暇のご連絡です。


いや〜、書類と戦う毎日からようやく解放されました!

気がついたら相当長い間、ブログの更新もしてなかったんですよね••
それだけ集中しないと大変な家を担当していた訳なのですが、ようやく施行部隊に書類を渡せましたので、私も今日から外に出たり、メンテに伺ったりとしてました。

そこで『そういえば、お盆休みの連絡してなかったっけな••』と思いまして、まずは中尾建築工房より夏期休暇のご連絡です。

2013年8月13日(火)〜8月16日(金)まで

大工の職人だった時代から、昔から盆暮れだけはお休みを頂いておりました。
あとはバンバンお仕事していたのですが、最近はOBオーナーの皆様に『あんたちゃんと休んで家族サービスしなさいよっ!』というお説教も言われたりしますので。。

と言う事で中尾建築工房より夏期休暇のご連絡でした。

そして、ブログの方もこれから復活させたいと思います。

まず、明日は先週末に執り行わせて頂いた地鎮祭ブログの方から更新復活です!

2013年8月 1日