鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

湘南の不動産(土地)とかつての時代の背景

私も色々と注文住宅を建てる上で、今までにたくさんの土地を見てきました。

たくさんの土地を見てきて、その土地の良し悪しを見極めた上で実際に工事をしているからこそ、湘南の不動産(土地)に関しては、それ相応の知識を持っています。

それが良いのか悪いのは別として、今回はある土地を見に行きました。

shounan-hudousan-tochi4.jpg

木製の玄関ドアや、庇から吊り下がっている樋鎖などは、当時としては高級なモノだったんでしょうね。
やたらと骨董品の様な壺や皿などが、敷地の中に無残にも散乱しています。。。

shounan-hudousan-tochi2.jpg


ある意味、お屋敷的な不動産(土地)なのですが、こういった不動産(土地)は、一般の方が購入する事はまずなく、業者と呼ばれる土地分譲型不動産会社が購入をして、造成や分筆を行った上で、完成宅地として市場の価格を睨んで販売をしたりします。
今現在、中尾建築工房で家を建てていらっしゃるオーナーの皆様も、そういった土地を購入されて建てている方も多いですよね。

そして今回、見に行った土地は、ある意味で時代の背景を感じた土地でありました。


その理由は、いかにも景気の良い時に不動産(土地)を購入されて、趣味のモノや贅沢な庭などが造られていたんです。
でも、景気の波にさらわれたせいもあってか、当時の頃にはあったであろう風情のある趣なども一切ありません。
それどころか、がらくたいっぱいのゴミの屋敷となっていて『こんなん一体、誰が買うの?』って状態となっておりました。

まぁ、確かに立地や土地のサイズなどを考えると、悪くはない不動産(土地)だとは思います。

でも、こういった感じで草もぼうぼう、ゴミはすごいし、人が居ない状態の土地がここまでびっくりのお化け屋敷になってしまうのは、なんだか勿体無いと言うか、周辺の環境にまで悪影響を及ぼしている感じがしてなりません。
きっと当時はすごい立派な造りだったんでしょうけどね。。

shounan-hudousan-tochi3.jpg


井戸も以前は使われていたのであろうけど、なんだか適当に埋まっていて、きちんとお祓いをして潰した様には思えない状態でした。

これでは井戸神様も怒ってしまうだろうに・・


景気が上向いていた時代に、高い価格で湘南の不動産(土地)を購入されたのだろうけど、やはり堅実に足元を見ないと、不景気の時にこうやって売りに出ると言った形になってしまいます。
やはり湘南の不動産(土地)は、背伸びをせずにきちんと適正な価格で購入しなければなりませんね。


shounan-hudousan-tochi.jpg


園芸用の砥石ですかね・・
ものすごい使われ方で、砥石の形状がまともではありません。。
これじゃ草刈り鎌も砥げないんじゃないかな・・


ちなみにうちの息子は、以前にこの土地の前をお散歩で通った事がありました。
この土地の中をちらっと見ただけで『こわい、こ〜わい、怖いよ〜』って泣きだしておりました・・・

こうして視察をした湘南の不動産(土地)ですが、人の住まなくなった家が泣いている様に思えたのは私だけではないかなって思います。
家は家主が居ないと寂しくなって、老朽化を早めてしまうなんて事も聞いた事があるし、実際にその経過を見た事もあったりします。

この土地はあんまりお勧め出来る物件ではありませんでしたし、なにより業者向きの物件でした。
隣地の越境はあるし、境界に建てられたブロックなども倒れまくっておりますから、分筆して色々とやるとお金がたくさんかかる物件です。

でも良い業者さんと巡り合う事で、また綺麗な土地として生まれ変わって貰えたらな・・

そんな風に思った湘南の不動産(土地)。

震災の被害、津波の被害、富士山の噴火、大地震の予測などなど、挙げたらきりがありませんが、不動産(土地)価格の上がる前だからこそ、購入を検討されている皆さんは是非とも堅実に不動産(土地)を手に入れて頂ければと思います。

堅実が一番ですよね、うんうん。。

日時:2013年7月 5日 19:06

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。