鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2013年6月 | 神奈川工務店TOP | 2013年8月»

極塗!!鎌倉市にて自然素材の珪藻土の施行が見れる見学会☆


と言う事で見学会のお知らせです。

今、まさに施主施行で珪藻土の塗り壁作業を行われるオーナー様は、問答無用で参加して頂きたいイベントです。

当日は中尾建築工房で扱っているドイツの漆喰珪藻土の施行要領がきちんと把握出来る見学会です。

実際に私が現地で漆喰珪藻土の全てをご教授いたしますので、ぜひご参加を!

では見学会情報です!

場 所: 鎌倉市津西  (雨天決行) 
日 時: 2013年8月10、11日(土日)
時 間: 10:00~17:00
立 地: 夏の湘南を感じられる高台!
内 容: 建築のプロであるオーナー様が建てるジブン•Style!☆
建 物: 『心地いいお家!!』☆

パソコンからのリンクはこちら!

スマートフォンからのリンクはこちら!


お待ちしておりまーす☆

2013年7月28日

横須賀市に家を建てたオーナー様が全国誌に掲載!



以前にブログ記事で取材のお知らせをさせて頂いた家なのですが、今日になって、なにやら宅配便の方が本を持ってきてくれました。

私も時期をすっかり頭に入れていなかったので、本を見て『・・・?』という感じだったのですけど、本の表紙を見てみると20代、30代の文字がチラリ。。

yokosukashi-Housing-keisai.jpg

『あ〜、あん時のIさんの家だ!』

本が発売されるまでは、本の名前を伏せておりましたけど、実はHousingという本だったんですね〜

特集の部分を開いてみると。。

2013年7月19日

鎌倉市津西|薪Stoveの煙突を取り付ける!


連日の暑さの中で、へばり気味の方はいらっしゃいませんでしょうか?

この時期はバテない為にも、水分補給や、がっつり系のご飯を食べる方が良いかと思います!

この暑さの中、中尾建築工房では、ほぼスタッフ総出(約一名掛けているが。。)で、鎌倉市にて新築工事着工中の注文住宅現場にて、オーナー様から依頼をされた薪Stoveの煙突を組み上げるべく現場で作業をしておりました!
本来は現場で職人さんが組み上げるモノなんですけどね。

やはり設計や施工管理が煙突作業や薪Stoveの重さ、そして規格上のStove部材の商品、ジョイント部分の計画を把握するなどなど。。
これらをきちんと生の現場で再確認する為にも、今回はスタッフで取り付けをする事にしたんです。

それにしても遠路はるばるバンクーバーから送られてきたStoveを開ける瞬間は、楽しいものですね〜

kamakura-tunishi-t-stove-torituke.jpg

OSB合板の梱包に包まれているのが薪Stoveの本体や煙突、その他のツールになります!

それにしてもオーナーのTさん、形から入るのが手に取るように分かるツール選びですね(笑)

薪Stoveの取り付けと言えば、まずは外壁貫通部の収まりを確認してから、室内にStoveの本体を据えて、室内煙突を組み上げていきます。
そして貫通部を固定した後、外部煙突を組んでいくんですけど、これがまた結構な重さがある訳です。

薪Stove自体の重量も181kgもありますから、結構重たい・・
これを大人4〜5人で室内まで担ぎこみます。

2013年7月16日

横浜市金沢区起工式(地鎮式)☆


いよいよ梅雨も開けまして、全開で夏モードになっておりますね〜

この暑い中ではありましたが、2013年7月12日に横浜市は金沢区の一等地にて、起工式(地鎮式)を執り行いました!

中尾建築工房のブログをずっとご覧になって頂いてる方の中には。。。

『起工式(地鎮式)?地鎮祭じゃないの??中尾さん暑さでやられちゃった?』

な〜んて思われる方もいらっしゃるかと思います。

でも、これは私が夏の暑さにやられて間違えている訳ではなくて、正しい呼び方なんですよね。

では、なんで呼び方が違うのかって言うと。。

いつも行なっている地鎮祭の形式は神社にお願いする方式なんです。

今回の横浜市金沢区の家はお寺さんにお願いする方式。
つまりは神社ではなくて、お寺さんにお願いしている訳でございまして、お寺さんにてお願いする場合は起工式(地鎮式)という呼称に変わるみたいなんですね。

見た目的には割りとシンプルですが、住職と副住職、お二人に起工式(地鎮式)を仕切って頂きました!


yokohamashi-kanazawaku-s-kikoushiki.jpg


私自身は神社の地鎮祭が多くて、初めての体験でした。
違いと言えば、神社さんで行う場合は、鍬入れや鍬入れなどを行い、玉串を奉奠します。
でもお寺さんの場合は、鍬入れ等は無くて、私達参列者が行うのは、お焼香のみ。

時間的にもいつもよりは少しだけ短い感じでした。
でも、お坊さんがお二人揃って唱えるお経(でいいのか・・)は、近くで聞いていると迫力あるんですね〜

やはり日々鍛錬されているのでしょう、スムーズに起工式(地鎮式)を終える事が出来ました!

2013年7月14日

中尾建築工房で横須賀市に家を建てるオーナー様同士のすごい偶然!


まさか、こんな偶然があるなんて思いもしませんでしたし、ものすごーくびっくりさせて頂いた出来事でした。

実は昨日、横須賀市内に建てるオーナー様の打ち合わせをしておりまして、ほぼほぼ建てる家の内容なども決まり、某金融機関に提出する資料などをお渡しさせて頂きました。

こちらのお宅、あと少しで着工という流れにたどり着いた訳なんですけど、当初は『家はタマホームでもいっかな〜』なんて言っていた方なのです。

その理由。

こだわりの注文住宅は、世のお金持ちの方が建てるのであって、自分たちには到底かなわないだろう。。
だからこそ『ハッピーライフ、ハッピーホーム、タマホ〜ム♪』でもいっかな〜と言う結論だったらしいんですね(笑)

当初は展示場にも行き、ハウスメーカーの家も見つつ、建売は嫌だしな〜と。
そこでたまたま中尾建築工房の協力業者である解体業者さんからの紹介で、中尾建築工房の建てる家の見学会に訪れて来られました。
中尾建築工房の場合、隠し事無し系の設計事務所+工務店ですから、オーナー様に許可を頂ければ、見積もりなどもお見せしています。
詳しい建物の内容などもきちんとご説明もしています。

そして実際に自分たちの予算でも、見学会を開催している様な注文住宅が建てれる!
それが分かったので、中尾建築工房でのプランニングが始まったのです。

当初はタマホームの家でも。。って位ですから、そんなに力の入った家で無くとも良い訳です。
でも、そこでちょっと勢いに乗ったこちらのオーナー様、最終的には照明計画などもかなり力の入った家になりますので、かなりの見応えある家となる感じになりました(笑)

そんな感じで進んでいる横須賀市内に建てるオーナー様の家なのですが、翌日の今日になって某金融機関の方から電話がありました。
なにやら設計担当が電話の対応をしておりまして『あ〜、こんにちは〜!』から始まり『えぇ・・え、えぇ・・は、はぃ。。』なんて感じで、どんどん下げ下げモードの会話になっております。
『なにかトラブルでもあったのかなぁ。。』と思っていつつ、後で話を聞いてみると、その某金融機関の方は。。。


2013年7月 8日

逗子海岸ロードオアシス内にある食堂をご紹介☆


週末と言う事もあり、今日は朝一番のFacebookでもご紹介をさせて頂いたのですが、元々は逗子海岸の駐車場&トイレの所って言えば、分かりやすいかもしれませんね。

そこが何年か前に食堂やおみやげ屋さんのある、道の駅っぽい造りになったと聞いた事がありました。

でも、なぜかイメージ的に駐車場という印象が強かった為、あんまり脚を向ける事はなかったんです。

ところがたまたま、私の住んでいるマンションのクリーニング屋さんから、こんな話を聞きました。

『ちょっとさ、中尾さん知ってる?
逗子海岸の駐車場だった所に食堂が出来たんだけど、私達も馬鹿にしてたのよね。。
どうせあんまり美味しくないだろって。。
でもねー、食べてびっくり!
結構美味しいのよ〜♪
中尾さんも行ってみれば〜、特にお寿司が美味しいの〜♪』

って事で、私が前に行った事を思い出しまして、その時の画像と内容のご紹介を。

価格的には多分、リーズナブルな方だと思います。
あれだけ殺風景だった逗子海岸の駐車場ですから、価格が高けりゃ人も集まりませんですしね。

んで、量的な部分もそこそこ充分にあるし、バラエティも豊富です!

ジブンde丼って言う名称の地魚丼もあったのですが、8種類のお刺身が乗った丼で、価格は850円!

1,000円以下で地魚丼が食べられるんだから、これは結構良心的な価格なんだと思います。

では店舗がどの様な感じかって言うと。。

zushi-kaigan-shokudou.jpg

2013年7月 6日

湘南の不動産(土地)とかつての時代の背景


私も色々と注文住宅を建てる上で、今までにたくさんの土地を見てきました。

たくさんの土地を見てきて、その土地の良し悪しを見極めた上で実際に工事をしているからこそ、湘南の不動産(土地)に関しては、それ相応の知識を持っています。

それが良いのか悪いのは別として、今回はある土地を見に行きました。

shounan-hudousan-tochi4.jpg

木製の玄関ドアや、庇から吊り下がっている樋鎖などは、当時としては高級なモノだったんでしょうね。
やたらと骨董品の様な壺や皿などが、敷地の中に無残にも散乱しています。。。

shounan-hudousan-tochi2.jpg


ある意味、お屋敷的な不動産(土地)なのですが、こういった不動産(土地)は、一般の方が購入する事はまずなく、業者と呼ばれる土地分譲型不動産会社が購入をして、造成や分筆を行った上で、完成宅地として市場の価格を睨んで販売をしたりします。
今現在、中尾建築工房で家を建てていらっしゃるオーナーの皆様も、そういった土地を購入されて建てている方も多いですよね。

そして今回、見に行った土地は、ある意味で時代の背景を感じた土地でありました。


2013年7月 5日

三浦市三崎町|地鎮祭☆


2013年7月3日の大安に、三浦市三崎町にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!

今回の地鎮祭の神子様(みこさま)は、オーナー様が常日頃からお世話になっている神子様になりまして、女性の神子様になります。
大変お忙しい神子様なんだとの事で、数年先まで予約が埋まってしまっているほど絶大な信頼を受けている方とお聞きしました。
それほどすごい方に地鎮祭を執り行ってもらえるなんて、オーナーのTさんはホント人と人との縁について強い運をお持ちなんでしょうね。

そのせいもあってか今日はいつになく、鈴の音が透き通った印象を強く受けたのですが、やはり地鎮祭は着工前の儀式としてとても大切な行事です。
とてもすごい力をお持ちの神子様に、きちんとお祓いをして頂きましたので、安心して工事に望む事が出来ます!

でも、その儀式の中で一際深くお辞儀をされている方が居らっしゃいました。

一般的に地鎮祭の際には神主様や神子様に『軽く頭をお下げください』と言われたりします。

そしてこんな感じで頭を下げるのですが。。

miurashi-misakimachi-t-jichinsai.jpg


なぜか終始、深々と頭を下げ続ける方がいらっしゃいました・・

2013年7月 3日