鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2013年4月 | 神奈川工務店TOP | 2013年6月»

藤沢市鵠沼『Kugenuma Style☆』上棟☆


2013年5月30日の建築吉日たいらの吉日に、藤沢市鵠沼にて『Kugenuma Style☆』が無事上棟しましたー☆

この日は建築吉日でも、たいらと申しまして『物事が平等平穏に成立する日で、上棟祭に大吉 地鎮祭 神仏祈願に吉日』と言う吉日になります。
まさに上棟に大吉とありますので、中尾建築工房の中だけでも、こちら藤沢市と横須賀市にも上棟工事となりました。

やはり日取りも良いとか縁起が良いとか、そういった部分には肖りたいものですもんね。。

んで、こちらのお宅は『Kugenuma Style☆』というタイトルですが、前回上棟した鎌倉のお宅はオーナー様が付けられました。

でも、こちらの藤沢の家は私が考えました。

私が家のタイトルを決める時には、一口で言うとオーナー家の事を色々と思い出します。
それとヒアリングシートに書かれている事などを色々と拝見して、決めたりしています。
さらに建築地は湘南の中でもドストライク的な鵠沼。
湘南と言えば色んなジャンルの方が住まわれていて、様々なLife Styleがあったりします。
こちらのご家族も、やはり鵠沼の地が好きで、好きな場所で家族と共に楽しみながらも、成長しあって鵠沼ライフを満喫したいって感じの印象がありました。
建てる家だって、無垢の木で建てる家で、自然素材も無垢の床や窓枠なども採用されておりますし、天然素材のドイツNO1の実績を持つ漆喰珪藻土で室内の壁を仕上げます。
更には薪ストーブなどもついてしまったりする家ですんで、まさに湘南鵠沼での生活を楽しむ家って感じ。

そこに住まう家族の方たちも一言で言ってしまえば、暖かい家族と言う認識ですね。

いつ見ても楽しそうって感じがしますし、なにより三人もいらっしゃるお子さんも元気いっぱい!

なんとなく『ここに実家となる家を建てたいんだね。。』って感じがしました。

そんな理由から湘南鵠沼での生活を満喫し過ぎるであろうと言う事から『Kugenuma Style☆』と言うタイトルになっておりまーす☆

ちょっと午前中は雨が降ったりもしましたが、やっぱり今回は施主パワーが炸裂したのかな(笑)
雨もあがっちゃいましたー

hujisawashi-kugenuma-m-jyoutou.jpg

2013年5月31日

藤沢•横須賀•鎌倉•葉山•三浦の現場から|上棟ラッシュが続きます。


今日は藤沢と横須賀の2邸で上棟工事がありました!

あんまり上棟がぶつかるって事がなかったのですが、時期的なモノもありまして、こちらの2邸は上棟が重なってしまいました••

でもそこは日取りの良い時を選んだりもしますし、ある程度かぶってくるのは致し方ない所でもあるんです。

んで、ほんとは今日、どちらかの上棟を更新させて頂こうかと思ったんですけど。。


ちょっとここで悩んじゃいました。

なんでかって言うと、中尾建築工房で家を建てたオーナー様、もしくは着工中のオーナー様、これから家を建てるオーナー様等々、結構ブログの更新をご覧頂いているみたいなんです。

んで、二件の上棟がぶつかって、どちらかを優先するのは『ん〜、ちょっと微妙だべな••』と思いつつ、急遽これから上棟ラッシュが続く事のブログに変更させて頂きました。

明日は藤沢市は鵠沼にて上棟模様を。

あさってには横須賀市公郷町にて上棟した記事を。

こんな感じでずらせればって思います!

2013年5月30日

国産の木材を市場へ|木材利用ポイント始まるそうです。


ポイントって言うと、なんだか嬉しくなるのは私だけではないと思います。
葉山カードだったり、逗子のしおかぜカード、釣り好きな私の場合は釣り物の魚に合わせて船宿を自分自身で決めてます。
なのであらゆる船宿のポイントカードなどなど、正直言って財布の中に入りきりません。
そのため、あらゆるお得ポイントカード専用のケースをバックに入れている位好きだったりします。

一般的なポイントや特典の付くのはスタンプ系の飲食店のカードだったり、スーパーのカードなどですかね。
皆さんも多分、色々と持たられているのではないでしょうか?

実は住宅業界にも、その様なモノを国自体が行ったりしています。
ここ2〜3年で言えば、色んな補助金とかエコポイントなる名称の住宅事業促進系の政策が取られてきました。
長期優良住宅の場合は、申請すると最大で120万円(でもほとんどが100万円でした)の補助金が出たり、住宅エコポイントも一番良い時には30万ポイント(30万円分)の恩恵が受けられたんです。
そのかわりお金が入ってくる時期は半年以上先だったりとかしてましたけど、かなりお財布にやさしい制度だった覚えがあります。
中尾建築工房のオーナー様も、当時は全てのオーナー様が長期優良住宅か住宅エコポイントの恩恵を受けられていました。

すでに住宅エコポイントに関しては、復興支援住宅エコポイントなる名称に変わって存在してたりします。
でも、これって期間は確か終了したはずだけれど、復興支援型住宅エコポイントは、工事に使える様な施主への特典が無いに等しいんです。
なので得をしないって事で、説明は割愛します。

そして今回、新たに出来たポイント制度が木材ポイントなる制度です。
木材利用ポイント発行の対象となる期間は平成25年4月1日以降に基礎工事を開始した棟が対象となります。
締め切りは今のところ出ていないみたいですけど、予算が無くなった時点で終了って感じかな。。

こちらも以前の住宅エコポイントの様に、工事費に充当出来ると言う事はございません。
ポイントを交換出来るモノは地域の商品に限られます。

今現在、暫定的にきまっている商品郡はこんな感じです。

◯地域の農林水産品
◯地域における体験型の旅行
◯農林水産型の商品券

2013年5月26日

葉山町長柄T,s•Styleの家が神奈川の注文住宅から取材を受けました!


いや〜、今日は朝から鎌倉のオーナー様宅に伺ったり、葉山町長柄T,s•Styleの家の取材だったり、同じく葉山町長柄に進行中の現場に行ったりで、久々デスクワークから離れる事が出来ました!

今回、神奈川の注文住宅から取材を受けたのは、2013年1月27日に引渡しをさせて頂いたオーナー様宅になります!

hayama-nagae-chuumonjyutaku-shuzai-t.jpg


アプローチも綺麗に完成しておりまして、外観内観共に、とにかく良い感じに仕上がっているお宅です。

ホントは画像でお見せしたいのは山々なのですが、雑誌に出る前なので控えめにしておかないとね。。
ということで画像アップはしませんけど、取材陣の方も『あ〜、これはいいねー!』と言わんばかりに納得の注文住宅と言う感想を頂きました!


今日はいつもの取材と違いまして、実はこれから家を建てる方も取材の所をお邪魔しまして、一緒に見学をさせて頂きました。

やはり圧巻な造りですから、目を奪われた感じでご覧になって頂けた様でしたね。

んで私はと言うと、いつもの取材時に行う仕事は、もちろんきちんとやらせて頂きました。


2013年5月25日

住まいと健康を考えた理想の湘南ライフを過ごす!


中尾建築工房では、今までに建てたオーナー様から、ふとした事で連絡を頂いたり、現在着工中や計画前の方から多数ご連絡を頂いたりします。

今までに建てたオーナー様的には『おかげさまで快適です』とか『ちょっと、ここを見て欲しい』とか『家は良いんだけど最近◯◯でさ〜、どうしようかと思うんだよね・・』なんて言う連絡があったりします。
中には人生相談なんて事だったり『ご飯造ったら食べおいで〜』とかのお誘いもしばしば。。

また着工中の方は『もうすぐ無垢の木で建てた家に住める!』とか『贅沢過ぎましたかね?!』なんて事を言われたりします。

そしてこれから計画をされる方からは、予算面や使用面、出来る事出来ない事の回答などをするんですよね。

私達造り手としては、色んなジャンルの住宅が数あれど、自然素材や天然素材が流行り出す前から、無垢材の持つ可能性を見出し続けて来ました。
やはり無垢の木には、心地よさのみではなく、湘南や三浦半島に於ける独特の地形から受ける塩害と、海と山に挟まれた風土を加味して対策をしておりますので、後々のランニングコスト軽減にも一役買っている訳です。

そういった家を日々建てているのですが、家が完成した後はどうなるかって言うと。。

そうです、普通に生活が始まる訳なんですよね。

その生活の中で、自然素材で囲まれた家に住んでいて、健康的な日々が過ごせれば、これに越したことはないんです。
でも、日々仕事や子育てで時間を追われていると、ついつい意識してないせいか、不健康な生活に落ち入りやすい方もいらっしゃるようです。
忙しい方ほど、その様な形になりやすいみたいですね。
それこそストレスも溜まりますし、体に悪い事はあったとしても、良い事はないんじゃないかなって思います。


かく言う私も未だ多忙な為、自身の家は建っていません。
普通に賃貸のマンション暮らしなのですが、やはり忙しい毎日を過ごしているせいか、不健康な生活についつい陥りやすいのです。

『いつか変えなきゃな・・』

とは思いつつも、そのまま日々を過ごしてしまっていた訳なんです。

でも、良い住まいに住めたのだから、やはり健康も重視したい所ですよね。


では何から始めていけば良いかっていうと。。


2013年5月24日

公共や民間の駐車スペースの良し悪し 狭い?広い?


私は基本、水曜日がお休みです。
つまりは今日がお休み明けになりますので、皆さんの感覚で言えば月曜日って感じになるんでしょうね。

そんなお休み明けの本日、事務所に寄る前に横須賀の法務局へと出向きました。

『工務店とか設計事務所って法務局へ行く用あるの?』と聞かれそうですが、これがまた結構あるんです。。

土地を売買された場合であれば、不動産会社の方が地積測量図や公図なども用意していてくれたりします。

でも、これは良心的な不動産会社さんのみなんですけどね。。

んで、元々土地を所有していたりとか、個人的に誰かから土地を借りて家を建てる場合とか。
こういった場合は、こちらの方で敷地に対しての内容を調べたりするんです。

まー建築基準法的なしばりからすれば、敷地の所有者が建て主で無くとも、建築確認申請は通ります。
せいぜい敷地の面積やその他法令に関わる基準をクリアしていれば、まったく問題ありません。

ただまったく調べない訳にもいきませんので、法務局に出向いて調べたりする訳なんですね。

そこで法務局に行き、土地の内容を調べに行ったら。。

koukyou-chushajyou.jpg

2013年5月23日

古材ストックヤード増築の巻!


最近、よく言われる質感の木があります。

大きな括りで言えば、古材になるかと思うのですが、人によって古材のキーワードが異なると思うんですよね。

アンティークと呼ばれたり、ナチュラルカントリーとか、フレンチスタイル、ビンテージ風と言ってみたりされる事が多い様なのですが、要はまっさらな木の風合いではなくて、月日の経過と共に表面風化状態になっている材を好まれてる様なんです。

こういったリクエストも非常に多いものですから『だったら、探して買うと高いので、中尾建築工房でストックをしよう!』と言う事になりました。

でも今ではホントにあっちもこっちも、いっぱいいっぱいな中尾建築工房の事務所ですから『たくさんの板をストックするのはよいけど、一体どこに置く?』って意見が。。

でも私みたいなタイプの人は、ストック出来る場所が出来てから発注するってタイプでは無いんですよね。

私は真逆の考えで『先に発注しちゃって納期も決まれば、否が応にも置ける場所を造るでしょ?!』ってタイプの人です。

当然、私が言い出しっぺですから、私がやらないと駄目な訳です。

なのでさっそくほぼ一日を掛けて、古材の板ストックヤードを造ってみました!

kozai-stockyard.jpg

2013年5月21日

某全国区雑誌からの取材依頼


いつも取材を受けている○○の注文住宅ではなくてですね。

全国に販売されている某雑誌に、中尾建築工房のオーナー様が取材を受けました!

ちょっと発売前なので、あんまり詳しい事は言えません。

ただ、軽〜く障り程度のお話をしますと、家造りの建てる世代の特集があるみたいなんです。

特集記事と言いますと、たいていの場合が本を開いて割とすぐの所に掲載されるんです。
その特集記事の中でも、20代で建てた家の施行事例と言う事で取材依頼を受けました。

オーナー様には快くOKを頂いて、本日取材となったのです。

久しぶりに訪れてみると、子供たちも時間の経過と共に大きくなってるんですよねー

設計中や施行中の当時も元気だったのですが、家が出来て、広々の空間で生活が始まってからは、それこそリビングを所狭しと走り回ってます(笑)

オーナー様の依頼内容は分かっていたからこそ、この家ならではの計画にしてほんとに良かったと思います。


ほんとはここで家の外観や内観を何枚もアップしたい所なのでありますが、それはちょっと出来ないんです•••

色々とあるのよね、しばりってモンが(笑)

2013年5月19日

三浦市南下浦|地鎮祭☆


2013年5月18日の建築吉日に、三浦市は南下浦にて地鎮祭を執り行いました!

今日は建築吉日の中でも赤口(しゃっこう)と言いまして、午前でもなく午後でもなく、お昼のみがとっても良いと言う日でありました。
そのため地鎮祭の開始時間は12時ちょうどから開始させて頂きました。

天気は快晴!でもちょ〜っと風が強かったですね。

午前中は鎌倉の上棟したばかりの現場に行きまして、大工さんと打ち合わせを行いました。

鎌倉からの帰り道では、相模湾も風が強くて割と波も立っていました。

これがまた面白いのですが、相模湾が荒れていても、東京湾はべたなぎだったりする事が良くあるのですが、今日はどっちの海も荒れていましたね。

地鎮祭を執り行わせて頂いた三浦の土地は、海見え立地でもありますから風の影響をもろに受けてしまいます。

でも、今日は海側にそびえる桜の木が風から護ってくれた様でした。

こういう時の樹木って、花は無くても、とっても心強いんですよねー

おかげさまで風の影響を受けずに地鎮祭が行えました!

miurashi-minamisitaura-jichinsai-o.jpg

2013年5月18日

鎌倉市津西『心地いいお家!!』上棟☆


2013年5月15日の建築吉日に、鎌倉市は津西にて『心地いいお家!!』が上棟しましたー☆

ちなみにタイトルはオーナー様セレクトです!

え〜、こちらのお宅は先日の地鎮祭ブログで詳しい内容をご説明しているお宅になるのですが、土地が決まってから早一年。。
私の中では、かなりの長い期間が経っている様な気がします(笑)

詳しい内容は地鎮祭の所で書いてますので割愛しまっす!

『心地いいお家!!』のサイズ的には、延べで約35坪のサイズがあります。
なので、割とゆったりしたサイズの家になりますね。


kamakurashi-tunishi-shinchikuchuumonjyuutaku-jyoutou-t.jpg


相変わらずなのは当たり前なのですが、無垢材の土台や柱、梁で構成されているすべての材が4寸というフレームになりますから、見ているだけでも立派な構造体なのが良く分かります!
以前はオーナー様達から、中尾建築工房の建てるフレームの事を『ごん太』って言われる位の構造体ですからねぇ••


2013年5月16日

勾配天井につける正しいシーリングファンの固定方法!PART2


と言う事で前回の続きです。

前回はシーリングファンを受ける下地の形状までを造り、アク取り材を塗布して終了しました。

あれから何かしているのかって言うと。。

やっぱり作っていると楽しいモノですから、そのまま続行(笑)

珪藻土を塗るためには、壁や天井の下地にメッシュテープと言うモノを貼ります。
なんの為に貼るのかって言うと、パテ下地とか、仕上げの珪藻土が割れない様に貼るモノですね。
コンクリートをつくる時に、鉄筋と言う鉄の棒を入れるのですが、それとおんなじ様な原理です。

という事で、メッシュテープを貼った後に、パテを塗りこんで下地の段差や隙間を埋めていきます。

ceilingfan-koubaitenjyou7.jpg

この段階でのパテ作業は、多少荒くともだいじょうぶ。
こういった変形部分だと、なかなか一発で綺麗には出来ませんから、この程度にして後からサンディングして形を形成します。

2013年5月14日

ちょっと待って!住宅ローンそれでいいの?


皆さんは家で新聞などをご覧になっていますでしょうか?

私が自宅で見ている新聞は神奈川新聞です。

ホントは日本経済新聞(以下日経に置き換えます)が見たい・・
でも、嫁さんが九州から出てきているので、住んでいる地域専門の神奈川新聞が良いと言われました・・・

そんな事もありまして、私の家では神奈川新聞なのですが、日経が良いのは家を建てる方にとっては、とっても有益だったりするんです。
日経の特色と言えば、投資や税金、金(きん)に保険等々の情報が、他誌に比べて情報が早いのが特徴なんです。

情報が早い=早めに行動に移せると言う事ですよね。

私はこういった仕事柄、コストカッターと呼ばれる事もあったりします。
日経とは関係無さそうなのですが、実は関係あるんです。

家の素材などについては、ありとあらゆるコストダウンが出来ていないと、良い建物をリーズナブルな価格で提供する事は出来ません。

でもわたしがどんだけ頑張ったとしても、柱一本4,000円のモノを2,700円にして、一棟辺り100本使うから・・

ていうコストダウンを地道にやっていたりするんです。

でも、やはり最大のコストダウンとなるのが。。


そう、住宅ローンの金利差なんですよね・・

つまり仕事柄、こういった情報を知り得る事で、引渡しを終えたオーナー様にも、私が知識を持っていれば説明をする事も出来る訳ですよね。

こういった理由が私の日経が好きな理由なのですが、実は昨日、家を建てる、もしくは建てた後の方にとって、とっても有益となる情報がありました。
こういった情報を色々な方と打ち合わせをしてますので、私からお話している方も居れば、聞いてない方もいらっしゃるかと思います。

でも日経は会員登録制となっておりますので、会員登録しないと見れません。
でも実は私、こっそり日経のWEB刊だけは会員登録しているので、見れちゃったりするんですねぇ。。

なので、ここにこっそりと良い記事を貼り付けさせて頂きますね。

2013年5月13日

勾配天井につける正しいシーリングファンの固定方法!


シーリングファンというモノをご存知の方は居らっしゃいますでしょうか?

湘南エリアの鎌倉や逗子、葉山などでは、オーナー様のご意向により、勾配天井などにしたりとか、吹き抜けを造ったりとか、抜けの良い家を作られる方も多いんです。

でも、そういった家では冬は暖気が一番高い所に上がってしまいますので、室内を撹拌したくなります。

夏なども直接、風が降りてきたりすると、涼しげなんですよね。

実はこのシーリングファンなるモノは夏と冬で回転方向が違います。

夏は回転することによって、風を下に降ろしたり、冬は逆回転にして暖気を吸い上げつつも、天井や壁伝いに暖気を降ろしてきます。

いわゆる部屋の空気を撹拌してくれる優れモノになるのですが、割りと見た目のみで付けたいって方は多いかと思います。

シーリングファンにも色々と種類があって、それぞれ機能も違うし、デザインも違います。

実は今回、あるオーナー様がお選びになったシーリングファン。

これ、私も好きなタイプのモノなタイプですから、中尾建築工房の打ち合わせスペースにも取り付けております。
ところがこのファン、どうも融通の効かない部分もあります。

例えば正回転しか出来ないとか。。

勾配天井に付けるときに、天井に付く根元側が、勾配天井に対応していないとか。。

まったく付かない訳ではないのですが、天井との隙間が中途半端になってしまうんです。


ceilingfan-koubaitenjyou.jpg

でもやっぱり、価格もリーズナブルですし、私も個人的にかっこいいと思ってます。
三枚の羽って所と、なにしろ回転した際の直径がとても大きいので、中尾建築工房で建てている家にはぴったりと似合うんですよね。

2013年5月12日

葉山町一色|地鎮祭☆


2013年5月6日の建築吉日に葉山町一色にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!

葉山といえば中尾建築工房のオーナー様が多くいらっしゃるエリアになります。

場所的にも便利な所になりますね。

私が以前に住んでいた横須賀市秋谷の家から、このあたりまで買物に来ていた事をよく思い出します!

hayama-isshiki-jichinsai-k.jpg

さて、今回のオーナー様は土地選びの段階から中尾建築工房に訪れておりました。

土地を購入される前に工務店に相談。

これ、とっても大事な事だと思うのですが、良いタイミングでの土地購入を決めてこの日を迎える事が出来ました!

天気も文句なしの快晴ですし、なにより独特の空気感漂う葉山はやっぱり良いですねー

2013年5月11日

鎌倉市玉縄|地鎮祭☆


2013年5月2日の建築吉日に、鎌倉市玉縄にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!

当日は、私の住む逗子では、結構微妙な感じでした。

ちょっと雨が来るかな••と思い、テントなども入れる準備をして現地へと向かったのですが。。。

ところが大船辺りまで来ると天気は晴れ!

おかげさまで良い天候の中で地鎮祭を執り行う事が出来ました。

kamakurashi-tamanwa-jichinsai-t.jpg


造成工事後雨に降られてしまったので、地面だけはどろどろ••

せめて祭壇の廻りだけでもシート張りをして、出来る限り汚れの無い様に準備をさせて頂きました。

2013年5月 9日

ゴールデンウィーク連休明けの工務店


中尾建築工房では3、4、5、6日と連休を頂きましたが、皆様はどの様な連休を過ごされましたか?
私はと言えば、ここぞとばかりに連休を満喫するのではなくて、ここぞとばかりにお仕事をさせて頂いておりました(笑)

やっぱり日々、いろいろと業者さんからの連絡とか、スタッフからの相談や報告などで、仕事の手が止まる事も多いんです。
なので誰も居ないシーンとした事務所内で仕事するのが、とっても効率が良いんですよね。


そんな連休をこっそりと仕事しておりましたら、今年のゴールデンウィークはたくさんの方が家造りに動かれているみたいなんです。
電話での資料請求だったり、直接訪問などで。。

前からご予約頂いておりました方とは別に、結構な人数の方からご連絡を頂きましたよ。

なんですかね、やっぱり消費増税の事とかも絡みがあるのでしょうか?

2013年5月 7日

湘南の冬の風物詩とも言える薪ストーブをローコストに導入する方法PART2


と言う事で、前回の続きです。

いかに海外モノの薪ストーブをローコストにするかなのですが、これが色々とやりとりをメールや電話で行います。

それこそ一箇所一箇所の接続の部分や、煙突の長さ、頂ける見積の項目などを、自分自身でチェックしなくてはなりません。
現地法人の方も、日本の方も居れば、外国人の方も居ます。

それだけに意思の疎通が出来なくては、なかなか難しいんですよね。

でもお互いに意志の疎通が出来るように、なるべく分かりやすく、回答したり質問をしたりします。
あんまり意識をしないで、パンパンメールのやりとりをしてしまうと、いざモノが到着した時には『あれ〜、部品足らないじゃん!』なんて事に陥る可能性も無きにしもあらずなのです。

んで、実際にはどの様なやりとりをしているのかって言うと。。


shounan-makistove-lowcost2.jpg

今回、中尾建築工房のオーナー様を担当してくれている現地法人の方は、かなり分かりやすい表現をしてくれています。
見積もりなども断面図と見積を双方チェックしながら要る要らないを明確に書き出します。

また為替の状態にも寄るかと思うのですが、円高の場合はダッチオーブンなどもまとめて送ってもらうのも良いでしょう。

でも円安の場合は、ちょっと考えないとね。

2013年5月 2日