鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2013年3月 | 神奈川工務店TOP | 2013年5月»

初めての家造り|まさかのトラブル?


誰だって土地を購入して家を建てるという事は、一世一代の大きなイベントになる事でしょう。
イベントと言うよりも、むしろプレッシャーの掛かるビジネスの社長を務める感覚に似ているのかもしれません。

しかも一度や二度ほど経験があるならまだしも、皆さん初めて家造りをされる訳です。

当然、本などにも色んな注意事項的な事が書いてあり、土地の見方だとか、工務店選びの方法だとか、色んな事が書いてあります。
でも、中には本に書いてあっても、中々確認出来ない事も多いんですよね。

土地選びの時にゴミの集積場などは、見た目でわかるので特に問題は無し。
でも、例えば近隣の方がどの様な感じなのかって言うのは、なかなか聞きにくいんじゃないかなって思うんです。

そんなある日、これから建つであろう某現場の近隣の方から、中尾建築工房に電話が入りました。

設計の誰かが電話を取ったのですが、なにやらどうもクレーム臭い香りがします。
さらにはなんとも重たい空気が流れます。

『なんかあったかな••』と思いきや、やっぱり受話器は私の所に来ました。

そこで話を伺ってみたんです。

話の内容は『この前、工事の挨拶に来たけど、うちの方にだいぶ近づけて建てるみたいだけど、反対の方が余っているんだから、もっとあっちに寄せなさい!』と言う事でした。

ご近所の方が言われているのが、こんな感じの部分です。

iezukuri-kurem.jpg

2013年4月30日

連休中のご連絡


連休二日目の今日、中尾建築工房では打ち合わせ希望の方や、問い合わせなどの対応をさせて頂いておりました。

ちょっと前に、中尾建築工房の連休期間をアップさせて頂いたのですが、ちょっと私のみ連休は返上しようかなぁ。。と。

と言うのも、中尾建築工房の連休である3,4,5,6日は施行管理がお休みさせて頂きます。
でも設計担当は前から予定の入っている地鎮祭などもありますので、連休は日程を多少変更するつもりでした。

その中で設計でも施行でもない微妙な立ち位置の私は、ある事に気づいたんです。

『あ〜、連休だ〜』なんて喜んでいたのですが、どうも連休でお休みをもらっても、何する訳でもない事に気がつきました(笑)

多分、知っているオーナー様もいらっしゃると思うのですが、嫁さんが子供を連れて実家に帰っています。

もちろん変な意味とか含みのある行動ではないですからね(笑)

2013年4月29日

横須賀市公郷町|地鎮祭☆


2013年4月28日の建築吉日!
ゴールデンウィーク初日で天気は快晴のこの日に、横須賀市は公郷町にて地鎮祭を執り行いました!

yokosukashi-kugou-jichinsai-h.jpg


いや、良かったよ〜

今日は晴れ乞いをしなくても、すみましたもんねぇ(笑)

実は今日の地鎮祭、先負の日でしたので、午後からとさせて頂きました。

そして午前中、私は事務所で色々と書類に目を通していたのですが、10時過ぎに引渡し済のオーナー様からご連絡を頂きまして、ちょっとメンテに伺っていたのです。

メンテの方は特段問題の無い様だったので、タイル屋さんの仕事をちゃちゃっと私が作業して、地鎮祭開始の5分前くらいにぎりぎり滑り込ませて頂きました(笑)

ダメですねぇ、元々現場の人なので、作業していると時間を忘れそうになってしまいます。。

そんな私の事はおいておいて、地鎮祭と言えばお日柄も良くて天気も晴れていて、ご近所の皆様全てにご挨拶が出来れば言う事無しなんです。

2013年4月28日

湘南の冬の風物詩とも言える薪ストーブをローコストに導入する方法


中尾建築工房の打ち合わせspaceにも、ダッチウエストのエンライトを導入しています。

薪ストーブのあたたかみって、優しい感じで、とても暖かくて、更にはゆらめく炎が見えるのがとても和んでしまうんです。

さらに内装に無垢の木や珪藻土と言った超湿効果の期待出来る素材を用いたり、演出の為に天然の石なども合わせてみると、かなり魅力がありますよね。

いわゆる自然素材の家には薪ストーブと言うのが湘南の定番になりつつあります。
一般的に薪ストーブというのは、雪国とか寒い地方で使われる暖房設備です。

では、湘南の茅ヶ崎•藤沢•鎌倉•逗子•葉山がそこそこまで寒いかと言うと、そんな事はありませんよね。

雪国と比較すれば十分に暖かいですし、割と温暖な地域だと思います。

と言う事は、ただ単純に暖房機能としての薪ストーブ利用ではなくて、私が思うに癒し効果を求めてられるんだと思うんです。

たぶん予想は当たってると思うんですけれども、湘南の土地と言うのは非常に坪単価が高いです。

坪単価が高い土地を購入出来ると言う事は、家族収入もそれなりにあるという事でしょう。

それなりに収入が取れると言う事は、常にプレッシャーと戦っていたり、スケジュールに追われているビジネスマンの方がほとんどなんじゃないかなって。。

ONの時は精一杯仕事で頑張る。

でも家に帰った瞬間からOFFに切り替えて、リラックス出来る空間に佇む。

だからこそ、せっかく新築で建てるのであれば、薪ストーブを入れてみたいという気持ちも分からなくはないですよね。


2013年4月26日

横須賀市公郷町|無垢板の割れ止めを行いました!


やっぱり無垢がいいよね〜

これ、ほっとんどの方に言われるんですけど、確かに無垢の木は良いモノだと思います。
私も大工を長い事やってまして、銘木と言われる木になればなるほど『この色艶は、半端ねえ〜な〜』と思ったりしますもん。

でもね、合板とか集成材とは違って、無垢っていうのは非常に温度や湿度に敏感なんです。

水分を吸える環境にあれば、いい加減吸うし、乾燥した環境にあれば、乾燥するだけした後に、ひび割れなども発生したりします。


でもこれは無垢の木からすると、当たり前の話なんですよね。

ましてや今は無垢の木を使いたいって人も多いですし、暖かい家がいいね〜と言う方がほとんど。
昔ながらのすきま風が入る家に住みたい方なんでいらっしゃらない事でしょう。

でもその環境が、こういった無垢の木にとってシビアな環境になるんです。

どちらかって言うと、水分が結構抜かれた状態で暖房を入れられる事により、板も動いたりします。
これははっきり言って自然の摂理であって、おかしな事ではありません。

中尾建築工房でも、無垢の木を選ぶ方には、こういった事を一応ご説明はしています。
では、家に設置する前の無垢の木に、クラックの疑いがある場合はどうするかっていうとですね。。

mukuita-waredome-technique.jpg

これ、分かりますかねぇ・・
私がノミとげんのう(トンカチって言えば分かるかな)を使って、大事な無垢の木に彫込みをしています。
なんて事するんだ〜と思われそうですが、これをやっとかないと、この木の価値が下がってしまうんです。。

2013年4月25日

ナチュラルテイストな家をローコストに賢く建てるコツ!PARTⅡ


と言う事で昨日の続きになります。

最近の新築の注文住宅ジャンルでは、新しい家だけれどもジーンズの様にビンテージ風を求められる方も多くいらっしゃいます。
ジーンズでも穴の空いているモノをあえて履かれる方もいらっしゃる位ですので、家を求める方にもビンテージ風の板を使って、インテリアや植物とのトータルコーディネイトにこだわりたいって意見も多いんです。

ネット通販などではビンテージの足場板なども売ってはいます。
でもちょっと値段が高かったりするんですよね。。

そこで出てくるのが、なるべくローコストにしたいし、本物の板を使いたい!

そういった意見を考慮して、今回はビンテージ風の板を造ってみたいと思います。

完成した板は、前回のリンクでご覧頂いた通りの感じになるのですが、まずは下処理を行う形となるんですね。

下処理の重要な部分と言えば、やはり新しい材では無い様に見せたい!

そうすると火を使って、角を燃やしてしまう事がてっとり早いんですよね。

燃やして角を丸めたら、後はごしごしと炭化した部分を粗目のタワシなどでごしごしと落とす。

これでも良いですし、粘りのある方であれば、火を使わなくても荒めのタワシでひたすらゴシゴシするだけでも良いかもしれません。

ではどんな感じにするのかって言うと、こんな感じです。

hayama-isshiki-nachural-lowcost-o3.jpg

2013年4月23日

ナチュラルテイストな家をローコストに賢く建てるコツ!


今日は朝から着工前のお宅を設計と施行管理の方で確認作業を行って、その後は年に二回行う住宅瑕疵担保履行法の書類を提出したりで、私的には、ばたばたと忙しい一日を過ごしておりました。

設計事務所+工務店の仕事としては、打ち合わせだけではなくて、結構地味な申請とか書類の作成などもあったりするんです。

時代的にも、あらゆる部分でどんどんシビアになってきてますから、書類の確認がとにかく重要。

そんな平日の日だったのですが、先日お引き渡しを終えたナチュラルテイストの家のオーナー様が、施主施工で汚しに汚しまくった道具と脚立などを清掃に来られていたんです。

hyama-isshiki-nachural-lowcost-o.jpg


ま〜、ブログを続けてご覧頂いている方ならご存知かと思いますが、ナチュラルテイストの家に住まわれる奥様(ご主人は普通の方です)は、発言とか行動などが普通ではありません。

それだけに中尾建築工房としては、奥様のみを要注意人物と指定している形になってます(笑)

2013年4月22日

ウッドデッキのメンテナンス|自然塗料で再塗装をする場合に気をつけるポイント


割と要望的に『大きなウッドデッキが欲しい!』とおっしゃられる方が多いですかね。

でも、大きなウッドデッキを造ると、後から『ちょっと。。大き過ぎた。。かな•••』と思う事があるかと思うんです。

それはウッドデッキですから、メンテナンスと言うモノが付きまといます。

メンテナンス要らずと言う事を唱える業者様もいらっしゃいますけど、本物の無垢材を使っている以上、はっきり言ってフリーメンテナンスは無いに等しいんですね。

アイアンウッドの様な木でも、やはり日焼けはしますし、木の風合いは変わってしまいます。
そうすると着色などをして、新たに色合いを復活したりしなければいけません。

今回、大きなウッドデッキを造られたオーナー様からお電話を頂きました。

オーナー様
『あ〜、中尾さん、どうも〜、ウッドデッキを塗装したいから塗料を頼みたいんだけど!』

『○○さん家のデッキはでっかいからなぁ。。結構量的にも必要だよねぇ。。んじゃ、ちょっと図面見て調べておくよ』
と言う感じの会話をしました。

そう言えば○○さん家は1,2Fにデッキがあるんだよなぁ。。

でっかいから、自然塗料もかなり使うもんなぁ。。

そこでふと作業場に降りて、塗料の在庫を調べてみた所。。

2013年4月21日

藤沢市鵠沼|地鎮祭☆


2013年4月20日の建築吉日に、藤沢市鵠沼にて地鎮祭を執り行いました!

hujisawashi-kugenuma-jichinsai-m.jpg

いや〜、今日は朝から天気の雲行きが相当怪しかったんです。

現地に向かう前にもちょこっと小雨が降ったりで、かなり微妙な天候でした。

『ありゃ、こりゃ〜やばいかもな••』と思い、テントを車に詰め込み、現地へと向かいました!

中尾建築工房では地鎮祭の場合、地鎮祭を執り行ってから、ご近隣の皆様にご挨拶を行います。

でもこちら鵠沼のお宅の場合は、午後から息子さんのサッカーの試合がありまして•••

さらに、この試合の事をちょっと前に頂きました。

でも地鎮祭の祭事をお願いしている神主さんは、とても多忙な神社ですから時間の変更が出来ません。
かなり人気のある神社にお願いをしているので、日の良い日程と時間を押さえるのには、ほんとに一苦労します。
さらに今日は先勝の日になりますので、先に勝つと言う日な訳です。
先に勝つ=先が良い=午前のみが日取りが良い!

と言われる日になる訳なんです。

なので地鎮祭の開始時間は変更しないで、一時間ほど前倒しに近隣ご挨拶を廻らさせて頂きました。

2013年4月20日

連休のお知らせ


中尾建築工房ゴールデンウィーク休業日のご連絡です。

5月3,4,5,6日はお休みとさせて頂きます。

29日の昭和の日は通常通りに打ち合わせやご相談を受け付けておりますが、5月3,4,5,6日はお休みになります。

ご相談や打ち合わせを希望されている方には大変申し訳ございませんが、前もってご連絡を頂くか、連休明けのご相談もしくは打ち合わせのご連絡を頂きたく思います。

以上、中尾建築工房からのご連絡でした。

と言う事で、今日のブログは全然面白い感じではなくて申し訳なのですが、明日は藤沢から地鎮祭のブログを更新させて頂きます!

2013年4月19日

設計事務所+工務店だから出来る事


お休み明けの今日は、朝からいつになく絶好調な感じで仕事のスタートが切れました。

と言うのも、また別の機会で話しますが、10数年間の間に諦めていた事が、諦めなくてよくなったんです。

その話はまた今度という事で、午前中は溜ったメールを返信したり、書類チェックの方をやっていたりで、午後からは横浜の土地周りをしていました。

私たちのような設計事務所+工務店が土地を見る場合は、設計も出来るし施行も出来る。

そうすると、『この土地を購入したいけど、この土地はプロの目から見て、どうなんでしょうか?』と言う質問にきちんと答えられます。

私たちも湘南や横浜、横須賀に三浦市などで活動しています。

そうすると役所関係の指摘事項もそれぞれのエリアで良く分かっていますし、こういう風にすれば、これで問題はクリア出来るなどの内容を知っています。

それだけに『土地を購入したいけど、この土地ってどうなんですか?』的なご相談には、ずばっとお答えが出来る訳なんですね。

横浜では2件の土地を私が見て回って、現場の内容を把握させて頂きました。

一件の土地は、購入を検討されている方が、土地の近くに住んでいらっしゃるとの事でしたので、直接お会いする事が出来ました。

もう一件の土地は先攻して西井が確認に行き、おっかけで私も行きました。

直接お会い出来れば、土地の良い所と悪い所の説明がきっちり出来るんです。
やっぱり一生涯の人生をここで埋めると考えれば、そうそう安易な気持ちでは、土地の契約などは出来ない事でしょう。

そういう部分も知った上で、色々とアドバイスをさせて頂きました。

2013年4月18日

横須賀市公郷町新築一戸建ての注文住宅|こちらも模型完成!


という事で二日間続けて模型の完成です!

こちらのお宅は、横須賀市内は公郷町と言うエリアに建築予定なのですが、便利な場所であるけれども意外に知らない方も多かったりします。

市内の方なら知っているけど、市外の方は『公郷?』って感じになるんじゃないですかね。

駅で言えば、京浜急行の堀之内駅と北久里浜駅を利用する事も出来ます。
ちょっと頑張れば、JRの衣笠駅も利用できる場所ですので、駅利用は全部で3つの駅が利用出来るし、なにげに便利な町なんですよね。

横須賀市内の買い物と言えば、以前は横須賀中央が主流でした。

でも、横須賀中央の西友と、さいか屋と言う二つの大きな商業ビルが建て替えや用地利用未定の為、横須賀市内の買い物はかなり平成町の方面に流れている様です。

その平成町にも車ですぐの所ですんで、地元の方なら公郷町の便利さを良く知っているんですね。

今回、その公郷町に建つ家は敷地と道路の関係上、いずれはとっても良い感じになる場所です。
ある意味、将来的な資産と考えると、良い買い物しましたよね!

その公郷町に建つ家は、こんな感じのおうちになりまーす☆


yokosukashi-kugoumachi-h-mokei.jpg

2013年4月17日

鎌倉市玉縄新築一戸建ての注文住宅|模型完成!


kamakura-tamanawa-t-mokei.gif

ご覧の通りに鎌倉市玉縄に計画している新築一戸建ての注文住宅も、ようやくプランがまとまり模型を作成する所までたどり着きました!

住宅模型と言えば、一般的には高低差があったとしても、敷地は平らに作る傾向があります。

でも、今回の鎌倉のお宅のように、敷地に高低差のある土地の場合は、私たち建築の人たちは理解できるけど。。

一般の方に平面図だけで理解しろって言うのは無理ってもんです。

なので高低差のある場合は、こういった形で敷地の内容と道路との高低差、これらの関係がすべてわかるように模型を作成させて頂いております。

2013年4月16日

横須賀市津久井浜『ほっこりなごみの家』お引き渡し☆


昨日、鎌倉の地鎮祭をしたと思えば、本日は横須賀市津久井浜にて『ほっこりなごみの家』をお引き渡しさせて頂きました!

毎回毎回、お引き渡しをする際に日付を入れているのですが、これが結構役に立っています。
ブログをちゃらちゃらっと見ると、記録に残りますもんね。

なのでこちら横須賀市津久井浜に建てた『ほっこりなごみの家』
お引き渡し日時は2013年4月14日でございま〜す。
上棟から結構経っているけど、施主施行の漆喰珪藻土塗りが相当難関だったのでしょう。
その甲斐もあってか室内に入ると気持ち良い空気感が漂っておりました。

それにしても今日の横須賀市の海岸線は、とっても風が強かった。。

現地には駐車スペースはあるものの、あんまり台数を多くしてしまうと、大変な事になってしまうかなと思い、ピザーラや宅配すしのスクーターと間違われる中尾建築工房のスクーターで現地に伺いました。

ここまで風が強いと半端無く、押されてしまうんですよねぇ。。
バイク+私の体重で動かされてしまうくらいですから、今日の風はとてつもなく強かったんだと思います。

そんな強風の中でお引き渡しをさせて頂いたのですが、室内に入ると外の風の音がほぼ聞こえません。

気密性や断熱性も高いのですが、そういった建材を使用していると、ここまで高い消音も出来ると言うのは、ある意味すばらしい事だと思います。
特にこちらのお宅は屋根や外壁に軒廻りまで全てガルバリウム鋼板で包み込んだ家となっています。
そうすると外壁の下地にもプラスターボード張り込んでいるので、それが更に消音を効かせているんでしょう。

でも、先に言っておきますね。。
これだけ静かだと、たま〜にびっくりされる事もあるみたいです。

と言うのも朝、お出かけするときに、あんまり音がしないから普通の格好で出て行った。
そして玄関を開けたら、すっごい大雨でびっくりした•••

これは良く聞く話です。

そんな事もありますから、よほど寒い時以外は少しでも窓を開けておくなんて事も、外の天気を知る上で良いかもしれませんね。

さて話は引き渡しの方に戻って、どんな家になったのかって言うと。。

yokosukashi-tukuihama-ohikiwatashi-a.jpg

2013年4月14日

鎌倉市津西|地鎮祭☆


2013年4月13日の建築吉日に鎌倉市津西にて、地鎮祭を執り行わせて頂きました!

いや〜、ここまで来るのがほんっと〜〜〜〜〜にっ!!

長かったですねぇ。。

だってオーナー様が土地の申し込みをしたのって、去年の今頃だったんじゃないかな。。

確か中尾建築工房に家造りを依頼するかしないかって頃、ちょうど逗子市桜山にて開催させて頂きました自然素材で建てた新築の完成見学会あたりだったかと思います。

なので日付をさかのぼってみれば、もう一年になるんですよね。

この土地に関しては、ほんっと色々あって、いつになったら造成の工事が終わるのか、いつになったら建築確認を出せるのか。。

まだ残務と言うか、かったるい動きをしている方が若干名いらっしゃるので、完全に安心をしている訳ではありません。

でもここまで来れば、後は西井と私のオヤジマンパワーを持って当たれば、事は済むんじゃないかなって思います!

天気も良かったし、やっぱり週末の湘南はいい感じですよね〜

さて本題の地鎮祭!

こんな感じでした〜

kamakurashi-tunishi-jichinsai-t.jpg

2013年4月13日

中尾建築工房流地鎮祭の執り行いルール!


良く聞かれるんですよね。。
まー、皆さんとっても律儀な方と言うか「地鎮祭費用は見積もりに中尾建築工房のおごりって書いてあるけど、ほんとにだいじょうぶ?」と思われる方が多い様です。

どんな感じで説明をしているかって言うと、こんな感じです。

nakao-jichinsai-kimegoto.jpg

元々は見積もりの中に地鎮祭費用って言う項目を昔は入れてました。
でも、それだと地鎮祭をやりたくないって方が若干名いらっしゃったんです。
私としては、大工の棟梁をしてましたから、家造りをする上で神様にお断りをさせて頂いてからじゃないと、工事をするのにちょっと引き気味になります。
であればお金はこちらの方で負担をするから、絶対にやりましょう!
でもその代わりに中尾建築工房は展示場も体験宿泊ハウスも持っていないから、現場見学会の開催許可を頂ける方、又は中尾建築工房で家を建てたいと思っている方を工事中にご案内しても良いとご理解を頂けるオーナー様には地鎮祭費用の全てを奢ります!って形を取っているんです。

で、たいてい質問を受けるのが、こんな感じ

•地鎮祭の時の服装

•神主さんへの初穂料

•ご近隣の皆様への挨拶回りの品


って内容だったりします。

2013年4月12日

葉山町|土地探しから始める海見えの家造り


以前に三浦海見えの土地でご紹介した方なのですが、どうもやっぱり三浦ではないと思うんです。

さらに独特のキャラをお持ちの方(奥様)ですんで、ありとあらゆる将来的な事を考えると、やはり葉山の方がぴったりな方だと思うんです。

先日開催した葉山一色の見学会にも参加されていたのですが、その時にも私から『○○さんは葉山の方が良いと思うよ』とアドバイスをさせて頂きました。

その後、私なりに6〜7件の土地を時間の合間を縫って見に行ってみたんです。

ま〜、半分はアップするまでもなく『無いな•••』という土地でした。

無いな••と思う理由としては、たいして魅力の無い土地なのにも関わらず、価格が高い事と、それだけではなくて、工事費用もかさむ土地なんです。
よほどその土地に愛着があるとか、昔からの思い入れのある土地という事であれば話は別なんですけどね。

なので三つほどの物件を葉山海見えの土地として、アップさせて頂きました!

葉山町下山口海見えの土地


葉山町堀内海見えの土地


葉山町一色海見えの土地

2013年4月11日

葉山町一色|ナチュラルテイストの家御引き渡し☆


いやぁ、永かった様な短かった様な、なんとも微妙な家造りだったと振り返ります。

中尾建築工房で家を建てるオーナー様と言えば、やはり普通の家では満足出来ない。
そしてやりたい要望も果てしないと言う特徴があるのですが、ナチュラルテイストの家のオーナー様もその辺りは間違いなくプレミアクラスの方でした(笑)

私の思い返す印象と言えば、ま〜ご主人とは会話が成立するけど、奥様とはなぜか成立寸前でひっくり返ったり、会話が通じているのか通じてないのか。。

なぜか微妙な空気感でした(笑)

ここまで言うと、分かりますかねぇ。

奥様のキャラがとても濃いぃと言う事になるんです(笑)

なので今日の引き渡しでは、こんな会話が多かったんです。

奥様
『これからは家の事でちょくちょく連絡させてもらってもいいですか〜』


『ご主人の電話は出るけど、奥様からの着信は出ないよ〜』

奥様
『えぇ〜、なんで〜!!じゃぁ、向山さんに電話する!』

向山
『私もご主人の電話は出るけど、奥様からの電話は出ないかも〜』

奥様
『えぇ〜、じゃぁ設計の西井さんも出てくれないって事でしょ?
なら、瀬戸さんに電話する〜』

2013年4月10日

葉山町一色完成見学会終了しました!


本当は、日曜日に更新しようと思っていたんです。。

でもあることが原因で腕がパンパンになっちゃいましてね••

パソコンのキーボードが叩けなくなるぐらい、腕がパンパンでございました(笑)

駄目だな〜

頭の中では若いつもりだから、ガンガン動くとさ。。
体がすでについていかない現象を何度も味わっているのにも関わらず、何度やっても凝りません(笑)


でもまー見学会の方は、facebookの方にもアップさせていただいた通り、ものすごくいい天気!
風はまだ強かったですけど、すっきりとした青空の中で見学会を開催する事が出来ました。

来場者の方もいっぱい来ていただきましたし、やはり葉山での実績が多い中尾建築工房という事で、葉山チームのオーナー様にもたくさんご来場いただけたんです。

地元葉山のオーナー様は、実際に生活が始まっている訳で、中尾建築工房が何故、素材をこだわっているのが理解して頂けるのではないかと思うんです。

だってある意味、対葉山仕様という部分をよく考えた上で、フレームから断熱、内装の素材に天然素材選んでいるんです。
だからこういった住み心地をお話いただけるのって、とってもうれしい話なんですよね。

今回、完成見学会を開催したオーナー様宅は、割と見所があったんじゃないかなって思います。

こんな感じの造作洗面台だったり。。

hayama-isshiki-kanseikengakukai-o2.jpg

2013年4月 9日

葉山町一色完成見学会初日!


雨が降ってきましたねぇ。。

葉山から秋谷の海岸線を横須賀方面に中尾建築工房まで戻ってきたのですが、海も荒れまくっておりました。。

さすがに今日はサーファーの方はいらっしゃいませんでしたね(笑)

見学会の会場はと言えば、今日は割とみなさん早い時間帯に集中して来場して頂きましたので、雨に悩まされた方はいらっしゃらない様だったので、ほんとに良かったです。

現在は大雨、洪水、波浪警報が出ておりますが、明日にずれ込んでしまうのだろうか••

それともいきなり葉山だけ通り過ぎていただけるモノなのでしょうか(笑)

そんな大人げない事を言っていても仕方ないのですが、明日は傘立てなども用意をしておいた方が良いのかな。。

それにしてもこの雨、割と激しい雨なのですが、雨が降っていれば当然窓は閉めてますよね。

見学会場では、この窓を閉めているせいで、あんまり雨の音が聞こえないんです。

こちらの現場は樹脂サッシを入れているのですが、閉め切ってしまうと、これだけ雨が降っていても「雨降ってる?」という位、雨音が聞こえないんですよね。

多分、一番最後に帰られた方のみが、それを体感できたんじゃないかなって思います。

まー、家を見るときは、陽気の良い時に見たいのが、心情だったりします。
でも、こうやって悪天候の時にしか体感出来ないところも、経験しておくのはとても参考になるかと思います。

hayama-isshiki-kanseikengakukai-o.jpg

2013年4月 6日

無印商品取付け方法!


実は中尾建築工房で家を建てたオーナー様からご連絡を頂きました。
なんでもこんな感じのモノを購入して、家に取付けたいんだとか。。

んで、取付けてって事ではなくて『これを取付けても問題ないですよね?』というご相談。
&トイレもドアの調整が必要らしいご連絡を受けました。

当然、ドアに関して言えば、私か監督が行けば、簡単に直ってしまいます。

でも、これに関して言えば、私も取付けた事が無いので、頂いたリンク先に飛んで、施工要領自体を確認させて頂きました。


見てみると、実にシンプルで、メーカーさん独自の簡易的な取付方法みたいなんです。

重量とかに制限などもきちんとしてますから、必要以上に耐荷重を掛けなければ、問題ない様に思えます

という事は、他オーナー様も同じ様に取り付けたいと思われた時の事を考えると、ブログで取付け方法を記載した方が様々なオーナー様も、ちら見が出来ると思うんですね。

でも、これに関して言えば。。


私の家も監督の家からも超近い。。

説明する時間に15分くらいだと想定する。。

ん、ここで思うのが。。

2013年4月 4日

照明プラン|正しい間接照明の使い方


こちらでもアップさせて頂いたのですが、照明って結構奥が深いんです。

マニアックな専門用語を並べると、照度とか色温度、輝度と言った単語が数多く登場するんです。

これをトータルで計画する事で、オンリー1の照明設計が出来るんですね。

では、一般住宅の照明設計で必要な事ってなんでしょうか?

私が思うに、多分飲食店とか宝石店の店舗の様な、きらびやかな照明ではないかと思います。

むしろせっかく家を建てるのだから、どこかにはこだわった感じを出したいけど、電気代も消費電力も抑えたいんじゃないかなって思われる方が多いんだと思うんです。

では、出来るだけ消費電力も抑えて、でも少しは人とは違う間接照明をしたい場合はどうすれば良いのかって言うと。。

2013年4月 1日