鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2013年1月 | 神奈川工務店TOP | 2013年3月»

三浦市三崎町新築一戸建ての注文住宅を計画します!


割と近いくせにあんまり三崎の方では実績の少ない中尾建築工房。

私的には高校も三崎の高校だったり、身近ではあるのですが。。

遊びに行ったりする事はとても多いんですけどね(笑)

まぐろの粕漬けなどは絶品ですから、たま〜にふらりと行って、うらりで、まぐろの粕漬けを購入したりします。

今回、この三浦市三崎町にて、土地を購入された方が居ます。

ヒアリングシートも届きましたので、設計と二人で現地に行ってきました。

この土地は、富士山に伊豆半島、伊豆大島とと言う感じでパノラマ感覚で眺望が望めます。

いなげやの近くと言えば、分かりやすいですかね。

そんな土地に建てるオーナー様、実は中尾建築工房のオーナー様と出会う事が多いのかもしれません。

2013年2月28日

家造りの無念


せっかく家を建てるのだから、喜んでもらいたし納得の家を建てて頂きたい。

そうして日々、色々と『どうすれば、更に家造りを楽しんでもらえるんだろう。。』って考えます。

当然、建てて終わりではなく、その後のアフターメンテもありますが、僕らにとって励みになるのが、建てた後の満足のある暮らしです。

暮らしと言えば、日々進んで行く事ですんで、家の工事とは掛け離れた部分も多々あります。

でも、やっぱりモノ造り系の職種としては、造った家で日々の暮らしを楽しんでもらう事が本望。

実は今日、違う内容でブログを更新しようと思っていたのですが、あるオーナーから連絡を頂きました。


そのオーナー様は二世帯住宅を建てたオーナー様なのですが。。


お父さんが亡くなられたとの事でした。

ちょこっと病気なのは知っていました。

でも、まさかこんなに早く?

私の父も早かったのですが、57歳で亡くなりました。

せっかく二世帯の家を息子さんが建てたのに、なんでこんなに?

そんな気持ちが強かったのですが、今日息子さん(オーナー)から連絡を貰い、自分の無力感を感じました。

2013年2月27日

鎌倉市浄明寺|自然と共に暮らす家-鎌倉Cozy Nestが神奈川の注文住宅から取材を受けました!


これは昨日の話なのですが、昨晩は書類につぶれて見事なまでに就寝••
なので本日更新とさせて頂きます!

お引き渡しを終えてからと言うモノ、一年が経過するくらいでしょうか。

こちらの家は、ご主人奥様共に人的センスが光る家と言う気がします。
プランニングの段階から『それ』が読み取れる感じでしたので、素材は出来る限り控えめに。

艶のある雰囲気ではなくて、自然と共に暮らし、年月と共に経年変化を楽しめる様な感じの家になっています。
それだけにキッチンのカウンターなども蜜蝋などで仕上げてしまえば、艶っぽくなってしまいます。
それをあえて無塗装仕上げにすると言う流れで、家造りのお手伝いをさせて頂きました。

それにしても家はやっぱり家具が入って、人が住んで、初めて家となる事を体感させて頂けますよね。

薪ストーブの暖も心地よい暖かさですんで、取材と言うのも思わず忘れそう(笑)

kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai.jpg

ウッドデッキのシルバーグレーも、後もう少しで更に良い感じの趣を出してくれる事でしょう!

そしてこちらの家は長期優良住宅でもあり、自然素材をいっぱい使った家でもあります。
でもそれだけではなくてですね、収納なども大変綺麗に計画されている家なんです。


kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai2.jpg

ここまでキレイに収納を使って頂けると、なんだか造り手的には嬉しい限りですね!
さらにご主人が板を買い足して、棚を増やしてあるのが分かりました(笑)

取材はいつもどおりに進められまして、相変わらず私の仕事は包丁研ぎ•••
ほぼ、奥様と世間話をしながら、ひたすら包丁を研いでおりました(笑)

その間、取材陣たちはアングル選びに大変悩まれた様です。

kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai3.jpg

味わいと趣のある家ですから、あっち見てもこっち見ても良い家な訳です。
それだけに『どこを写せば良いのか迷ってしまう•••』らしいですよ〜

そして2Fにも大きな吹き抜けなどがあるのですが、それよりなにより娘ちゃんの部屋がいい感じでかわいく仕上がっておりました!

kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai4.jpg

ちょっと私の手がブレてしまい、画像が見にくいです。。
でも部屋にキッチンのある子供部屋って素敵ですよね(笑)
ここで一緒にお料理教室が出来そうな感じがします!


そしてこの他にも小物やメインがなんとまぁ、センスのよろしい事!


kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai5.jpg

こちらはキッチンの壁面についているインターフォンのケースをご主人様が造ったそうです。
作り物ならなんでも来い状態になってますよね!

そしてこちらがご主人様のお友達がワンオフで造ってくれているインターフォンカメラケース!


kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai6.jpg

そしてやっぱりメインとなるのは、こちらの薪ストーブなのですが、中尾建築工房と同じデザインですんで、使い勝手もばっちりなタイプです!

kamakura-jyoumyouji-Cozy-Nest-shuzai7.jpg

でも私の足がガラスに写りこんでしまっているので、座ってくつろいでしまっているのがバレてしまいますね•••

そんな訳で自然がいっぱいの鎌倉市に建つ鎌倉Cozy Nest!
詳しい内容は誌面でご確認頂ければと思います!

コッコロさん、美味しいお菓子とお茶を頂いちゃいまして、ありがとーございました!

2013年2月26日

職人の魂を思い出す!


今日は朝5時に起きてから、そのまま事務所に直行しまして見積もりを造っていました。

そのせいか若干、今は眠たい感じです(笑)

実は今日、家に帰ってきまして、テレビを見てました。

私の見た番組は、江口洋介さん主役のdinnerと言う番組でした。

イタリアンのシェフを江口さんが主役として演じている番組なのですが、私的には別業界なんだけれども、モノ造りとしては同じ類いに入る人達と認識しておりますので必ず毎週見ています。

今週は、サッカー選手の話だったのですが、その裏で皿洗い(見習い)の子が、途中で仕事を投げ出してしまう部分がありました。

結果的には、見習いの子はがんばろうと思った訳なのですが、それを見て私の職人さん時代を思い出したのです。

懐かしいんですよね、こういうのって(笑)

2013年2月24日

鎌倉市にて計画中の新築一戸建ての注文住宅|敷地に入るか?!の巻


と言う事で以前に記事を書いた家の土地になります。

くわしい話は以前の記事に書きましたので、そちらを参照していただければと思うんですね。

んで、朝から行って来てみて、実際に造られた土地と、地積測量図に整合性があるか?
実際に敷地自体の大きさは境界があるけど、間地石の土留めの勾配具合に間違いはないか?

それを計りに行きました。

私一人でも良かったのですが、西井も行くと言うので『んじゃ二人でちゃちゃっと終わらせるか?!』って事になりました。

kamakurashi-tunishi-sikichichousa-t.jpg


2013年2月23日

大きな敷地の分割方法|資産が減らない正しい分割とは?


今回は横須賀市長沢に建て新築一戸建ての計画なのですが、肝心な土地の区割りの事をご紹介させて頂きましょう。

注文住宅を建てるとすると、色んな夢があります。
でもそこばかりに目を向けていると、土地について色々と問題が出てきます。
あくまでも完成宅地であれば、こんな問題ありません。

でも大きな敷地があって、そこの一部建てるケースの場合は、いろんな問題が出てきます。

『大きな土地があって、その敷地の一部に家を建てたいんですけど!』


いいですよね、これ。
実に羨ましい話だと思います。

でも、実は一口にどんな形の区割りでも良いかって言うと、そうではありません。

仮に目先の損得だけの話なら良いのですが、せっかく大きな敷地を資産として持っていても、分割方法が上手に出来ない為に死に地(しにち)が生まれてしまう事があるんです。
死に地(しにち)って、どういう事を説明すると、家が建たない土地とか、利用価値の無い土地の事を指したりします。

で、たいてい『大きな土地があって、その敷地の一部に家を建てたいんですけど!』って言う場合、ここを意識されていない方が実に多いんです。

死に地(しにち)と言うと、読んで字の如く死んだ土地ですから、坪単価にすると相場の半分以下どころか、下手するとお金にならない事があるんです。
つまりは売れない土地になるんですね。

それでもいっちょまえに固定資産税はがっつりと掛かってくる訳ですから、死に地(しにち)を所有する=税金を払った分だけ、損をしているという単純な図式が出来たりするんです。

私たちも建築に携わっておりますので、やはりこういった部分の知識については、非常に敏感になります。

仮にクライアントの方から変な割り方を言われたとしても『それをするとこのでっかい敷地の○○な部分が死に地(しにち)になる可能性がありますよ』って感じで言うんです。

でも中には『死に地(しにち)になってもいいからさ、家だけは建ててくれる?』と言う方も今までに何名かいらっしゃいました。

その際に私が言うのが『今は○○さんの土地ですけど、いずれはお子さん、もしくはお孫さん、親戚に相続などはされないですか?

仮に相続となった場合、ある一定の方に相続が集中したりした場合、その方に多大な相続税と延々と続く固定資産税を負担させる事になるのですが、それはご理解されていますか?
資産となるかと思って相続したモノが、下手すると借金をするはめになる場合もあるんですよ』と説明をします。

そうするとさすがに『そっかぁ、そうだよなぁ。。でもどうすれば良いのかな??』って聞かれるんです。

そこまで辿り着ければ、やっと話を聞いて頂ける状態になりますので、そこから色々と話を詰めて行くんですね。

今回、私が悩んだのが横須賀市内の某土地です。

これがまた、私の数少ない脳みそを結構つかったりしました。

ではどんな所に悩んでいるかと言いますと。。

2013年2月22日

埼玉の注文住宅に中尾建築工房の注文住宅が掲載!


今日は朝からあっちらこっちらのメンテやら現場に行ってました。

その後は事務所に戻って、いつもの缶詰状態になる訳なのです。

事務所に到着すると、いつも私の机の前には、どさっと積まれた書類だったり、送付書だったり、良く分からない郵便物が並びます。

でも今日はいつもと違って、分厚い書類がありました。

『なんだろ、これ?!』と思いつつ開封をしてみると。。

chuumonjyuutaku-kanagawa-daihyou-y.jpg

2013年2月21日

中尾建築工房特急隊!車両が到着しました〜☆


私的には地味に注文をしていたので、特にブログで更新する事はありませんでした。

私の希望としては、なにしろ引き渡しを終えたお宅から連絡を受けた際に、渋滞に巻かれない様な二輪を導入したかったんです。
そしてただ行くだけではなくて、大工道具などが積み込む事が可能であれば、それこそ車種なんでどうでも良いと言う条件でした。

むしろ導入した今でも、ビックスクーターの、なんて車種を買ったのかすら知りません(笑)

まずは、一番最初に地元のバイクショップにあちこち相談に行きました。

どのお店も共通なのですが、言われる事は。。

『それは無理だな〜』とか『出来ないでしょ〜』と言う言葉。。

対応のひどいお店ではそれこそ、理由すら告げずにとにかく『それは無理だな〜』の連呼です。。

さすがにこうなると、私も熱い気持ちを伝える事が疲れてしまうので、そのバイクショップでの会話は打ち切ったりしてました。

そして今回、購入したバイクショップがあるのですが、そこはビックスクーターの専門店です。
専門店と言えども、どちらかと言うと『こんなの走るの?』ってノリ的なバイクショップさんでした。

でも私的にはとにかく収納が出来るビックスクーターが欲しい訳なので、理由を説明して出来る出来ないの相談をしたのです。

そしたら。。

2013年2月20日

鎌倉市玉縄新築一戸建ての地盤調査速報!


現在、解体工事が終わった鎌倉市玉縄の土地。

解体工事が終わってすぐに地盤の調査を行いました。
タイミング的には、少し普通の家より早い地盤調査の実施です。

何故に普通の家よりも早いかって言うと、計画している家がとんでもなく大きくって、とてつもない形だからなのです。

と言うのは、まぁ私の冗談です(笑)

実はこちらの土地柄なのですが、鎌倉市独特と言った所でしょうね。

土地を探して家を建てた方なら、こんなのを聞いた記憶は無いでしょうか?

埋蔵文化財

これ、鎌倉みたいに史跡や埋蔵文化財を包蔵している専門地になると、私たちもけっこうな勢いで警戒をします。
鎌倉と言えば史跡の宝庫って感じがしますので、鎌倉市自体も文化財課って言う課があったりします。
でも他の市町村には文化財課って課はありません。

たいていの市町村は生涯学習課なる課があって、文化財以外の事も兼ねて担当をしているんですね。
つまりは鎌倉市自体も文化財に関しては、課が必要な位、力が入っていると言える訳です。

でも家を建てる施主にとっては、ど〜だかな〜って感じの縛りだったりします。

2013年2月19日

横須賀市浦賀丘に建つ自然素材いっぱいの緑に囲まれた家が取材を受けました!


これは昨日のお話です。

それこそ土地探しや家造り相談を最初に受けてから、足掛け5年程経つ家になります!

詳しくはこちら


でも港南台のpatioのある家と、緑に囲まれた家はすぐに依頼が来ました。

この辺りは私もどういう基準か分からないのですが、まぁ、めでたいって事で良しとしますか(笑)

さっそく取材陣と共に、某場所で待ち合わせをしまして、現地に到着。

朝一番で迎えてくれたのは、この人でしたー

yokosuka-sizensozai-uragaoka-k-shuzai.jpg

2013年2月17日

土地購入前に抑えておきたいワンポイント!PartⅣ


この葉山の土地について、前回記事はこちら

ライフラインの事や土留めの適正な工事が今回の土地のお勧めだったポイントとなるのですが、様はあんまり悪い所が見当らない土地だと言う事になりますかね。

ただ、これは今回の葉山の土地だけに共通する事ではないのですが、必ず土地を買う時には周辺環境や周辺の事情も良く考慮する事がポイントとなって来ます。

不動産会社の営業の方に契約を迫られ、かつ焦らせられれば、そんな事をしている時間もありませんけどね。

でも周辺環境を調べたり、周辺の事情をちょこっと先に知っておくだけで『知っておいて良かった~』となる事があったりします。

周辺環境で調べておいた方が良い部分と言えば、その土地のある市町村の財政面だとか、インフラの整備状況、市町村単位で土地の近くに大きな計画は無いか?マンションなんて建たないよね?、他には学校の事やゴミ置き場の事などなどあげればいっぱい出てくるんです。

周辺の事情に関しては、土地を見学したりしていると、割と色々教えてくれる方もいらっしゃったりします。
そんな方の話に耳を傾けてみるのも良いかと思います。

これ、一回言っただけでは分かりませんし、そんな方に土地購入申し込みの前に出会えるかどうかも分かりません。
なので信頼出切る不動産会社の方を見つけたら、一緒に廻ってみるのも良いかもしれません。

そうすると、まさか無いであろうと思っていた計画が、いきなり出て来たりする事もあったりするんです。

2013年2月16日

横浜市旭区|ごろりうたた寝ハウスのシーリングファンメンテに行きました!Part2


こちらからの続きとなります!

シーリングファンと言えば、吹き抜けのある家にとって、生命線となる装置だったりするんです。
上昇する暖気を撹拌してくれる優れものですから、見た目だけで付けている訳ではないのです。

今回、真冬の中でマッハM様のごろりうたた寝ハウスは、シーリングファンが壊れました。

では、それをそのままに出来るかって言うと、そこはノーって話になります。
ある意味で、効率の良い暖房器具の助っ人品になるからです。

なのでマッハMさんが購入した先のシーリングファンクラブに行って、早速相談&修理をしてもらいます!

状態を見てもらい、修理を依頼してからなんとすぐに『修理出来たよ〜』と言う連絡が!

そしてすかさずファン本体を取りに行きました!


yokohamashi-asaihiku-m-ceilingfan4.jpg

2013年2月14日

横須賀市長沢に建てる新築一戸建ての注文住宅計画!


yokosukashi-nagasawa-k-onegai.jpg

こんな風にお父さんに頭を下げられちゃったらねぇ・・


なんと言うか、家を建てるって事は、男性にとって。。

いや、男性と言うか、ローンを組む施主にとっては、一大決心となる事なのです。
それが分かっているだけに『ちょっと危険な臭いがするぞ〜』と思う土地については。。

『ちょっと待ったっ!!』

と言わんばかりに、警告を発したりします。

今回、私が警告を発したのは、横須賀市内は長沢と言う、中尾建築工房の事務所から車で5分も掛からない場所にあります。

この土地に新築一戸建ての注文住宅を建てる計画になっているのですが。。

ここがまた、やたらと大きな土地ですんで、ご実家のある土地を分筆して家を建てる事になります。
いわゆる庭先と言えば分かりやすいでしょうかね。


そこで私たちの場合、家造り計画を検討するには将来的資産価値を考えた上で、最良の方法を提案します。

でも、ここがまた。。

2013年2月13日

住宅ローン|工務店によっては借り入れ先も変わる?



今日は朝一番から行政書士の先生の所に行ったり、銀行にも行きました。

そして午前中には一件の現場にもお呼ばれしまして、その後県税事務所や雇用保険の為にハローワークに行ったり、社会保険事務所に行ったり、横須賀市役所、そして最後には住宅ローンのために、ローン申し込み用紙を持って行ったり。。

なんだかんだで一日中、外に出てた一日です。

そこで今日は住宅ローンの事なんですけど、工務店によってはローンも通りやすいとか、通りにくいとかあるみたいなんです。

例えば中尾建築工房の場合は横浜銀行さんが割と良い条件を出してくれるみたいですね。

ノリ的にはこんな感じらしいです。

『あ〜、中尾建築工房さんね、借り入れされる方もきちんとした、お仕事みたいですから、これなら○・○%優遇で行けます!』

多くの理由は仕事的に堅実だとか、一定の方が毎年建てていると言う実績があるので、銀行さんも安心してくれるんですって。

でもこれがあんまり聞き覚えの無い、施行会社の場合は『ここ、どんな感じか分からないから、あの手この手で銀行さんも施行会社を調べるんだそうです。

今日、私が行ったのは横浜銀行の横須賀住宅ローンのセンター長に会いに行きました。

到着するいなや、一番奥に居るセンター長に声を掛けて。。

2013年2月12日

横浜市旭区|ごろりうたた寝ハウスのシーリングファンメンテに行きました!


神奈川県は横浜市旭区に新築の注文住宅を建ててから、もうすぐ三年ほど経過するごろりうたた寝ハウスのオーナー様であるマッハM様からこんな連絡がありました。

その『シーリングファンの調子が悪くて、今日の朝まで弱めで動いていたけど、今日帰って来たら全く動かなくなりました』

マッハM様邸は、自然素材と無垢材、さらには横浜ではめずらしい青森ひばの土台や床下材を使っているめずらしいお宅になります。
内装は気持ちよい感じになっていても、吹き抜けがある以上ファンの効果は絶大です。

やはりすぐに復旧したい部分になりますので、なにが原因かを調べる為に、連休最後の本日に伺ってみたんです。

私の見解では『きっとスイッチなんじゃないかな。。』と思っていました。
配線をした電気の職人さんは私が現役大工の棟梁時代から一緒にやって来ているこてこての職人さんなので、配線に問題があるとは到底思えない訳です。
そしてスイッチは日頃、ちょこちょこ動かしたりするであろう箇所になります。

なので原因があるとしたら、きっとスイッチだろうと言う見解でした。

早速スイッチを見てみようと思います。

yokohamashi-asaihiku-m-ceilingfan.jpg

2013年2月11日

葉山町海側方面の長柄にて地鎮祭☆


2013年2月10日建築吉日!

雲一つない快晴の中で、葉山町長柄にてこだわりのある新築の注文住宅を建てる為に、地鎮祭を執り行いました!

外装はオールガルバリウムの仕上げとなり、内装は自然素材で造り上げて行きます。

長柄と言えば、つい先日に見学会を開催させて頂いた家も長柄ですが、こちらは同じ長柄でも割と海に近い長柄になります。
山一つ超えれば海と言う立地にありますので、私などはついうっかり『ここは堀内?』かと思ってしまった場所なんです。

それに今日は旧正月の日にあたるせいもあるのか、天皇陛下も葉山に来ておられました。

それほどおめでたい日にこうして地鎮祭を迎えられたのは、ホントに嬉しい事ですから、建築吉日を選ぶ甲斐もあるってもんですね!


hayamamachi-nagae-s-jichinsai20312.10.jpg

2013年2月10日

外壁クラックの対処法


一般的にモルタル下地で仕上げる外壁に関して言えば、クラックは避けられない部分が多々あります。

当然ながら極力クラックが出ない様な下地で造ったりもしますし、養生期間と言って、乾燥させる時間も設けてあります。

ところがどれだけやっても高台に建つ家や、寒暖の差が激しい立地だったりすると、ヘアクラックが入る事もあります。

クラックとヘアクラックの違いで言えば、クラックは結構な幅の溝で、あきらかにバカっと割れているモノを指します。
ヘアクラックと言うと、髪の毛みたいな幅のクラックの事を言います。

中尾建築工房の外壁施工の場合は、このクラックでもヘアクラックが出た場合でも、雨の侵入は無い形で下地を形成しています。
なので雨漏りなどの心配は無いのですが、見た目が微妙になりますよね。。

ましてや新しい家ですから、気になるのは当たり前の話。

そこで仮に出てしまった場合は、どの様に対処するかっていうと、マニアックな方法で施工を行います。

でも、ここではその方法をアップする事が出来ません。

なぜならマニアックな道具を使いますし、技術面でも高くないと、カバーが出来ないのです。
ではどんな感じになるかと言えば。。

2013年2月 9日

鎌倉市に建てた新築一戸建ての注文住宅をカスタマイズする!


家って建てた時が完成形ではないと思うんです。

人は飽き足りする事もありますし、長い目で見るとシンプルにする事が一番。
それになんでも詰め込み過ぎたりすると、コストアップの要因になったりしますし、ある程度は楽しみを取っておく事も大切。

そんな中、古都の鎌倉市に新築一戸建ての注文住宅を建てたオーナー様が、ちょこっと家のカスタマイズをしたいとご連絡がありました。

こういった相談の場合、私はご主人か奥様がDIYがイケる口なのか、そうでない方なのかを確認します。
そして今回ご相談のオーナー様に関して言えば、ご主人がとっても作業が早い方なので、はなから『では見積りします!』じゃなくて『こうやって、こういう材料を使えば安く出来るんじゃない?』と言う事をご返信したりします。

んで、どんな感じにしたいかって言うと。。


kamakurashi-kitchen-tana.jpg

相変わらずイラストを書かれるのが巧い方なんですよね(笑)
なのでまたまた、掲載許可を取らずにアップしてしまいましたー☆


そして質感的には。。

2013年2月 8日

三浦市に建てたオーナー様からのアフターメンテナンス依頼


ちなみに中尾建築工房で建てた家のメンテナンスではありません(笑)

中尾建築工房で建てた新築の注文住宅のお隣に、ご実家があるんです。
そのご実家は某ハウスメーカー様(たしかハウスだかハイムだった様な気が。。)にて新築し、そして某ハウスメーカー様にてリフォームをしていらっしゃいます。
今回は、そのご実家のメンテナンスに呼ばれました。
要件的には、なんでも引き戸が開かない。。との事。
私のお休みの際にご連絡を頂いていた様ですんで、休み明けの本日に対応となりました。

本来であれば、依頼したハウスメーカー様に連絡をする所ですが、なぜかご実家からのご指名を頂きまして『だったら、俺行くか!』と言う事でさっそく行って来たと言う訳です。

まずは開かない建具を見てみると、どうやら引き戸の様ですね。

ぱっと見て、ある程度の要因が分かりましたので、建具を外してみました。

miurashi-tategu-chousei-s.jpg

2013年2月 7日

湘南・横須賀・葉山の現場を抜き打ちチェック!


地域限定と言う訳ではないのですが、新築の注文住宅を着工中の現場に関しては、割と抜き打ちチェックを行ないます。

誰に対してかと言いますと、現場で工事をしている職人さんだったり、中尾建築工房のスタッフだったり。。

さらには自然素材で造る内装工事をオーナー様が施行している場合などは、当然オーナー様に対して抜き打ちのチェックを行ないます。

まーこれ、嫌がらせと言う事ではなくて『行っとくか。。』という感覚です。

現場の職人さんに対しては、私が大工の棟梁時代に首の骨を折るなどと言う大惨事な事故を経験しておりますので、その様な事故の無い様につとめないといけません。

でも、中には私が忠告をした時のみ、返事とマナーが良い職人さんも若干名居るかもしれないので、施工管理だけから言うのではなく、私からも忠告をします。

そして現場を見つつも、工程の流れに変化が合った場合は、スタッフにも、そういった部分を確認をしたりします。

特に問題が無ければ、事務所に戻ってからは、なんにも言いません。
明日行くとも言わないですし、いついつ行くとも言いません。
でないと抜き打ちにならないですからね。

そんな中、今週の抜き打ちチェックでは、某葉山の現場2件を廻らせて頂きました。


2013年2月 6日

若い棟梁が家を建てる為のお勉強!


現在、横須賀市内で新築の一戸建ての注文住宅を建てている中尾建築工房の棟梁が居ます。

なにをしに来たかって言うと、材料を見に来た訳でもないですし、ファックスを送ったりする訳でもありません。

事務所に寄った理由は、住宅ローンを組んで家を建ててますから、その領収証を取りに来たのと、現場の途中経過報告です(笑)

なにしろ今回は、ありとあらゆる部分を『そんなの自分でやれよ!』と私が言ったモノですから、施行管理の方に材料の発注も頼めませんし、私も設計も知らん顔(笑)

工程表ぐらいは私が引きましたし、建築確認申請は西井がやりました。
でも自分のせいで工期に変動が有る場合の段取りや、職人さんへの指示出しの全てを『そんなの自分でやれよ!』と言う訳です。
もちろん検査の日程も当初から一日でもずれる様な事があれば、設計担当の西井も『お前自分でやれよ!』という放置プレイぶりな訳です。

現場の方はなんとかなるかもしれないけれども、棟梁とは言え住宅ローンなんて、未知の世界な訳です。

そのため、銀行から言われるがままに領収証を取りに来たり、これからの流れの確認と言う事で、滅多に来ない事務所に来てくれたと言う訳です。

実は私も大工の棟梁から、工務店としての代表者になる時には、結構な戸惑いなどがありました。

それが分かっているだけに、自邸を建てている菅谷棟梁の『これでいいんですよ。。ね?』的な言葉を聞いてしまうと、思わず大笑いしてしまうのです。

2013年2月 3日

土地購入前に抑えておきたいワンポイント!PartⅢ


と言う事でPart1で紹介させて頂きました葉山の土地の事例です。
土地の購入をお勧めする時点で、特に湘南エリアの土地に関して言えば、土地を造るスキルを私は評価しています。

では、土地を造るスキルとは?

これ、本来は大きな土地を複数に分筆して、土地を販売する事が多いのですが、ここにきちんと法令に乗っ取った土地と、そうでない土地がある訳です。

法令に乗っ取った土地と言うのは、行政との間で確認をしながら進めて行く方法があるんですね。

いわゆる宅地造成法規制法に乗っ取った開発行為の法令です。

でも現実的に販売されている土地と言うのは、宅地造成法規制法の開発行為に乗っ取らないで売買するために、開発逃れで土地を造る傾向があったりします。

逃れる理由と言うのは、開発行為を行なうと言う事は、その申請作業や、使う部材の強度に施行方法なども全てが指定されます。

そこまでの経費がかかってしまうと、販売価格に転嫁する事を出来ないと判断する不動産会社様が、開発逃れで土地を造って販売するケースが多いですね。

横浜や横須賀あたりでは、あんまり見ませんけど、湘南エリアの鎌倉、逗子、葉山と言ったエリアでは、宅地造成を逃れてしまうやり方で、普通に土地を販売しているんです。

仮に開発逃れで造った土地でも、きちんと土留めなどを造っていれば問題はないかと思います。

でも中には。。

2013年2月 2日

Macintosh再度の復活!!


中尾建築工房で家を建てて、かれこれ数年と言うオーナー様、もしくはこの私のブログをアメブロ時代まで遡ってご覧頂いている方なら『またか・・』と言われてしまうかもしれません。

でもやっぱり、お気に入りのモノは、復活出来るモノならして欲しい訳です。

かれこれ数年前に死亡したノートタイプのMacintosh。

これを事務所から私が個人的に譲り受けて、あれこれの部品をジャンクから取り寄せたり、新品を購入したりして使っていました。

でも前回ご紹介した様に、キートップがおかしくなってからは騙し騙し使っていたんです。

でも、やっぱりきちんと使えるなら使いたいので、ちょっとだけ出費をする事で、愛機であるMacintoshを再度復活させました!

今回、修理をしたのはキーボードの部分になります!

これをなんとか直したかったんですよね。

でも、部品的には単体で販売している部品ではありません。

商品として販売されているキーボードは数千円からうん万円もします。

たった二つだけの部品を交換する為だけに、うん万円はさすがに使えない。

でも、このMacintoshをこれからもまだまだ使うって考えた時に『数千円だったら、いっか』と言う考えを思い浮かべてました。

んで『勿体ないか・・』と思いつつも、海外にキーボード全体の部品を発注!

そして本日、キーボードが到着しましたので、さっそくキーボードをばらして愛機の修理を行ないました!

Macintosh-shuuri.jpg

この二つの部品が壊れてしまい、キートップ(文字を打つ部分の事)だけは、大事に取っておきました。


2013年2月 1日