鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

ナチュラルテイストの施主参加型家造りPart2

と言う事で前回、葉山一色にて着工中のオーナー様自ら自然塗料の着色に挑戦して頂いた訳でございます。

ところが後日話しを聞いてみると、なんと拭き取りするのを忘れてしまった。。なんて事を伺いました。

自然塗料と言うのは、普通のペンキと違って拭き取りが必要になります。
普通のペンキは塗料で表面をコーティングしてしまうので、木部に塗料を置いて行く感覚が必要です。

でも自然塗料の場合は反対で、塗料を木部が吸い込んで、吸い込めない分の塗料はキレイに拭き取る必要があるんです。

そのため『塗ったら拭き取ったりとか、ちょっと高度なテクニックを使うと、塗料を塗りながら伸ばして〜、伸ばして〜、そして拭き取りをしない!』
そんなテクニックもあったりします。

私はもうかなりハイレベルな自然塗料の塗り方を極めていますので、どちらかと言えば後者の塗り方を行います。

でも今回、オーナーの奥様には『拭き取りが大事なんですよ』って事で、基本に忠実な施工をして頂きました。

所が時間的に厳しかったのか、拭き取り忘れがあったとの事。

でも拭き取るだけにもう一度来てもらうのもかわいそうな感じがしますので、こちらで拭き取りをしてあげたんです。

その塗り上がったドアは、こんな感じに着色されました!

hayama-mukudoor-chakushoku-o.jpg

チェッカーガラスとオーク色がいい感じにマッチしてますね。
やっぱりライトシーダーにしなくて正解だったかと思います。

自然塗料で塗装をする場合、この後も実は更に良くする為の方法があるんです。

それは何かって言うと、塗って〜、拭き取って〜、乾かして〜、乾いた後にもう一遍木部を布などで擦ってあげる事なんです。

塗料を塗って乾燥したばかりの時って、割と木肌が起き上がってくるので、ざらざらとした感じになります。
これは人間のお肌と同じで、毛羽立って来る感じですね。

女性なら良く分かるんじゃないかなって思います。

木も自然な植物油を吸い込む事によって、気持ちよくなるのでしょう。
そこで毛羽立った木部の表面を、布などで擦ってあげると、更に木部も嬉しがって、つるつるなお肌に仕上がるんです。

今回は拭き取りもあったので、ついでと言ってはなんですが、こちらの方で擦っておいてあげました。
なので良い感じで仕上がったかと思います。

やはり手を掛ければ、掛けた分だけ応えてくれるのって嬉しいですよね!

hayama-mukudoor-chakushoku-o2.jpg


養生の為のマスキングもキレイに出来ていたので、着色後はこんなにキレイに仕上がりました!

むしろキレイ過ぎて、チェッカーガラスの造りのアラが、目立ってしまう感じです•••

まー、これはオーナー様が好きでネットで購入されたドアですんで、この辺りはご愛嬌になるでしょう。

ここまでキレイに仕上がったのですから、後は取り付けを楽しみにしたいですね!

私の暇な時間を見つけて、ちょこちょこ擦りあげたいと思いま〜す☆

オーナーのO様、これで一つか二つ貸しが出来たからねー(笑)
あ、でも頂いたお菓子はとっても美味しかったです!
ごちそうさまでしたー☆

日時:2012年11月16日 23:17

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。